タグ:マルジューナ、メイディーナ ( 14 ) タグの人気記事
残る雪にメイディーナ
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、メイディーナ
a0164204_13032260.jpg
a0164204_13032284.jpg
大雪降ってまだ、全部は溶け切らない
a0164204_13032208.jpg
a0164204_13061126.jpg
庭に出てきて眺めてみれば、そこかしこ
固くなった雪、冷たい氷
a0164204_13061168.jpg
a0164204_13061158.jpg
a0164204_13061141.jpg
朝、メイディーナはダーウェントとお部屋で眠る
a0164204_13075624.jpg
この日、テイマーだけが別のお部屋に別の庭
a0164204_13075637.jpg
陽の当たる場所、探して一人うとうとうとうと
a0164204_13075518.jpg
庭に残る雪は少しづつ少しづつ
少しづつ溶けてだんだん小さくなって、季節、春に向かって少しづつ
a0164204_13100001.jpg
a0164204_13112732.jpg
メイディーナ、一人出てきた庭でしばらく散歩
a0164204_13112734.jpg
a0164204_13112779.jpg
a0164204_13145821.jpg
日陰、ひんやり寒いけど
日向はほんのりぽかぽかしてる
a0164204_13145824.jpg
a0164204_13145863.jpg
日陰を通る
ひんやりひんやり
日向に入ればぽかぽかぽかぽか
a0164204_13163060.jpg
a0164204_13163094.jpg
a0164204_13163010.jpg
夏の散歩
どこにいても暑すぎたあのときに比べれば、きっと今は過ごしやすい
a0164204_13173982.jpg
a0164204_13173812.jpg
a0164204_13173893.jpg
陽は日時計
動く影、変わる日向
合わせて動いて眠るテイマー
a0164204_13185895.jpg
a0164204_13185790.jpg
a0164204_13185786.jpg
天気はとてもいいからさ、お昼寝少し飽きたなら
夢、一度終わりを迎えたら、お散歩すればいいのにとメイディーナはふと思う
a0164204_13203894.jpg
a0164204_13203839.jpg
a0164204_13203818.jpg
一人で駆けるより、誰かと一緒に駆けたほうが楽しい
今までそれがマルジューナだったメイディーナ
a0164204_13220207.jpg
a0164204_13220196.jpg
a0164204_13220209.jpg
退屈退屈
ちょっと退屈
a0164204_13232704.jpg
a0164204_13232751.jpg
a0164204_13232711.jpg
退屈退屈
一人は退屈
ダーウェントも起きてこない
a0164204_13244294.jpg
a0164204_13244265.jpg
a0164204_13244105.jpg
大雪降ってまだ、全部は溶け切らない
庭に出てきて眺めてみれば、そこかしこ
固くなった雪、冷たい氷
a0164204_13253422.jpg
a0164204_13253499.jpg
a0164204_13253431.jpg
テイマー一人、今日は一人
毎日毎日ちょっと違うこと
タスマニアデビルデビルにとって大切なこと
a0164204_13282050.jpg
a0164204_13282135.jpg
a0164204_13282047.jpg
メイディーナの声、聞こえるか
テイマーの声、聞こえたか
a0164204_13294283.jpg
a0164204_13294273.jpg
a0164204_13282135.jpg
いるよ、壁の向こう側
いるよ、壁のこちら側
a0164204_13294236.jpg
a0164204_13320973.jpg
a0164204_13320858.jpg
タスマニアデビルはどこかにいるよ
a0164204_13320916.jpg
今日は誰とも遊ばない日
今日はみんなのんびりする日
a0164204_13331378.jpg
a0164204_13331465.jpg
a0164204_13331323.jpg
冬も色々
季節色々、毎日色々
a0164204_13342769.jpg
a0164204_13342720.jpg
a0164204_13342725.jpg
同じ日きっと一つもない
だから大切、一日一日
無駄な日無いよ、一日一日
a0164204_13342733.jpg
a0164204_13373072.jpg
a0164204_13373038.jpg
空、見上げて歩いてみれば
鳥が遠くを飛んでいった
a0164204_13373065.jpg
a0164204_13390565.jpg
a0164204_13390651.jpg
雪はだいぶ溶けて歩きやすい、駆けやすい
a0164204_13393900.jpg
a0164204_13394072.jpg
a0164204_13393976.jpg
春を探して、考えれば楽しくて
一人もいいなと感じてまた春、探して回る
a0164204_13404948.jpg
a0164204_13404927.jpg
a0164204_13404998.jpg
すると時間は短くて、すると時間は早足
時間速く駆けてそっといつか追い抜かれ
a0164204_13425589.jpg
a0164204_13425516.jpg
日は暮れだして風、空気冷たく身体を冷やしだす
a0164204_13425595.jpg
夢を見るための準備
少しは出来ているのかどうか
これから加えてもう少し
準備を重ねて夜、待っていようか
a0164204_13460043.jpg
a0164204_13460162.jpg
a0164204_13460082.jpg
もしもこんな時、マルジューナが傍にいてくれたなら
もしもこんな時、マルジューナの笑顔が隣にあったなら
どんな話をしたんだろう
二人一緒の夢見るように、二人一緒に準備を続けていたんだろう
a0164204_13475716.jpg
a0164204_13475703.jpg
a0164204_13475617.jpg
雪が少し残る庭での話
全部溶けきるまでは時間がかかる
a0164204_13503272.jpg
a0164204_13503267.jpg
a0164204_13503285.jpg
手のひらに雪の冷たさ、氷の冷たさ感じたら
一度戻って温める
a0164204_13514978.jpg
a0164204_13514900.jpg
a0164204_13514935.jpg
陽はもう随分伸びた
春になるのもあと少し
a0164204_13531620.jpg
a0164204_13531611.jpg
a0164204_13531613.jpg
少し苦手な雪だけど、無くなってしまえば次に降るのはずっと先
もしかすれば一年近くかかるかも
もっともっとかかるかも
a0164204_13543282.jpg
a0164204_13543274.jpg
a0164204_13543199.jpg
そう考えればやっぱり大切
だからちょっと雪の側
a0164204_13562002.jpg
a0164204_13562000.jpg
a0164204_13562071.jpg
“取っ手の舞台”にまだまだ残る
白い白い雪の側
a0164204_13574799.jpg
a0164204_13574794.jpg
a0164204_13574758.jpg
ひんやりひんやり
残った雪は変にひんやり
a0164204_13584182.jpg
a0164204_13584226.jpg
a0164204_13584276.jpg
夕暮れ、ただそれだけで
動物園はひんやりひんやり、まだ冬の風
a0164204_13584107.jpg
a0164204_14012239.jpg
a0164204_14012334.jpg
冬の星座、まだまだ夜空に広がり包む
動物達に透明な世界を見せて微笑む
a0164204_14012278.jpg
残る雪には触らない
残る雪の上は歩かない
a0164204_14040531.jpg
a0164204_14040585.jpg
a0164204_14040567.jpg
自然に溶けていくからね
季節はそのうちそっと変わっていくからね
a0164204_14051670.jpg
a0164204_14051608.jpg
a0164204_14051647.jpg
ダーウェント、今日はずっと眠ってる
温かい部屋、気持ちが良くて眠ってる
a0164204_14063245.jpg
a0164204_14063325.jpg
ちょっともったいないよと、メイディーナは時々教え、起こすよう
a0164204_14063202.jpg
a0164204_14083279.jpg
a0164204_14083284.jpg
雪が溶けて春を迎えて
またそのときに、またそのときまでに探して回る
春の気配を探して回る
a0164204_14083209.jpg
マルジューナと過ごした日々を思い出して、今の風景に上手く重ねて思い出全部忘れない
この雪見たらマルジューナはなんて言う
この雪見たらきっと笑顔でささやく
「冷たいね」
a0164204_14110384.jpg
a0164204_14110387.jpg
a0164204_14110290.jpg
明日はもっと溶けるだろう
庭に残る雪は少しづつ少しづつ
少しづつ溶けてだんだん小さくなって、季節、春に向かって少しづつ
a0164204_14141228.jpg
a0164204_14141279.jpg
a0164204_14141283.jpg
テイマー、隣
壁の向こう
a0164204_14161348.jpg
a0164204_14161312.jpg
a0164204_14161343.jpg
気持ち、ちょっと温かく
寒さを少し忘れてちょっと温かく
a0164204_14161324.jpg
雪が残る庭のこと
春へと向かう季節、毎日、空のこと
a0164204_14183895.jpg
a0164204_14183703.jpg
a0164204_14183820.jpg
お部屋に戻って二人で眠るよ
マルジューナと眠っていたように、一緒に眠っていたように
a0164204_14183896.jpg
夕暮れ、ただそれだけで
動物園はひんやりひんやり、まだ冬の風
a0164204_14211812.jpg




    

by bon_soir | 2018-02-10 14:24 | 多摩動物公園 | Comments(0)
いつまでも一緒だよ
二人で旅して暮らしてきたからさ、ずっとずっといつまでも一緒だって思ってた
a0164204_12593247.jpg
a0164204_12593123.jpg
二人で駆けて、二人で大声出し合って
そっと二人で眠ってた
a0164204_12593159.jpg
a0164204_13033871.jpg
時々離れて過ごす日あったけど
これからはそんなことが少し長い
また会える日はずっと先
a0164204_13033716.jpg
a0164204_13033791.jpg
a0164204_13033897.jpg
仲良し姉妹
マルジューナとメイディーナ
一人になったメイディーナ
a0164204_13081773.jpg
a0164204_13081675.jpg
しばらくさようなら
マルジューナ、向かった先の空を見上げて
大丈夫、きっといつかまた会える
a0164204_13093837.jpg
a0164204_13093872.jpg
テイマー、ダーウェント
今は二人と一緒
仲良くやっていけるはず
a0164204_13103395.jpg
メイディーナ、夢から醒めて明るくおしゃべり
a0164204_13103490.jpg
a0164204_13103316.jpg
今日はテイマー、仲良く話す
a0164204_13154770.jpg
a0164204_13154688.jpg
a0164204_13170043.jpg
誘って出かける冬のお庭
後から付いてダーウェント
みんな一緒にと思ったら、テイマー先に行っちゃって、ダーウェントは方向変えていく
a0164204_13170169.jpg
a0164204_13170039.jpg
なんだか一人でメイディーナ
a0164204_13223069.jpg
a0164204_13223010.jpg
石の舞台で立ち止まり
ふとタスマニアデビルらしさであくびした
a0164204_13222981.jpg
a0164204_13244565.jpg
a0164204_13244634.jpg
タスマニアデビルらしく、メイディーナらしく
出来る限り“のびのびのびのび”
a0164204_13244512.jpg
大きな大きな
大きなあくび
a0164204_13260935.jpg
a0164204_13260923.jpg
いつもどおりのメイディーナ
マルジューナも何処かから眺めてきっと微笑み安心してる
a0164204_13342084.jpg
a0164204_13342195.jpg
a0164204_13342076.jpg
苦手な夏はとっくに過ぎて、秋を通り抜けて今は冬
a0164204_13360807.jpg
a0164204_13360875.jpg
a0164204_13360885.jpg
ぽかぽか日向
まだ残ってる草の匂い
a0164204_13381466.jpg
a0164204_13381346.jpg
見上げた空は何処か寂しい青い色
a0164204_13381460.jpg
見るもの感じること、想うこと
全部全部、今年の冬だ
a0164204_13385902.jpg
a0164204_13390010.jpg
a0164204_13385981.jpg
毎日の変化を求めるタスマニアデビル
出来ることなら寂しい悲しいそんな変化はいらないね
a0164204_13401262.jpg
a0164204_13401122.jpg
a0164204_13401286.jpg
今は草の匂いと誰かの声がふわりと優しい
a0164204_13413972.jpg
a0164204_13413957.jpg
大好きなマルジューナの声、今は頭の中で心の中で
a0164204_13413991.jpg
a0164204_13433562.jpg
寂しい時に誰かが傍にいてくれる
ありがとう
a0164204_13433586.jpg
a0164204_13433565.jpg
寂しい気持ちで一人見る夢
きっと悲しい夢だから
a0164204_13481050.jpg
a0164204_13481076.jpg
a0164204_13481157.jpg
目を閉じてしまうことがちょっと怖い
a0164204_13492715.jpg
a0164204_13492731.jpg
a0164204_13492865.jpg
そんなとき傍に来てくれてありがとう
a0164204_13514877.jpg
a0164204_13514850.jpg
テイマー
本当に本当、ありがとう
a0164204_13514825.jpg
a0164204_13531557.jpg
a0164204_13531509.jpg
a0164204_13531526.jpg
お昼寝しよう
ぽかぽかぽかぽか
あずま屋の中に陽が当たる
a0164204_13543733.jpg
a0164204_13543706.jpg
a0164204_13543896.jpg
うとうとうとうと
a0164204_13555848.jpg
a0164204_13555873.jpg
a0164204_13555733.jpg
うとうとうとうと
二人うとうと夢の中
a0164204_13592109.jpg
a0164204_13592161.jpg
きっと寂しい、きっと悲しい
きっと辛い
a0164204_13592026.jpg
メイディーナをそっと見つめる優しいテイマー
a0164204_14011155.jpg
みんなで仲良く
それがいい
a0164204_14011432.jpg
a0164204_14011148.jpg
a0164204_14024210.jpg
今日の夢はどんな夢
4人で出かけた何処か深い森の夢
みんなで笑ったあの日の声する、そんな夢
a0164204_14024110.jpg
a0164204_14011432.jpg
温かいね優しいね
動物達は優しいね
a0164204_14051491.jpg
a0164204_14051438.jpg
a0164204_14051385.jpg
日向で眠ればもっともっと温かいね
a0164204_14063804.jpg
a0164204_14063966.jpg
a0164204_14063957.jpg
「ありがとう」
a0164204_14074644.jpg
a0164204_14074782.jpg
a0164204_14074741.jpg
どこかで見ててねマルジューナ
日本で暮らすタスマニアデビル達をどこかで見ててねマルジューナ
a0164204_14084363.jpg
a0164204_14084387.jpg
a0164204_14084279.jpg
いつかずっと先のことだけど、傍にメイディーナも旅立つまでは
どこかで見ててねマルジューナ
a0164204_14093314.jpg
a0164204_14093331.jpg
a0164204_14093370.jpg
ほっぺに当たる風はちょっと冷たい冬の風
a0164204_14103349.jpg
a0164204_14103220.jpg
冬のお庭を駆けていく
いつものように“たたったたっ”と駆けていく
a0164204_14120232.jpg
a0164204_14120349.jpg
a0164204_14120203.jpg
途中ちょっと一休み
a0164204_14131768.jpg
a0164204_14131673.jpg
a0164204_14142696.jpg
テイマーとまたおしゃべり
a0164204_14131785.jpg
駆けて駆けてメイディーナ
いつものようにいつまでも
マルジューナの分までも
a0164204_14151663.jpg
a0164204_14151714.jpg
儚く健気に冬を駆けて
元気でずっとやってこう
a0164204_14162618.jpg
今日はどんな日
思い出す
涙はどれだけ出たのかな
a0164204_14183698.jpg
a0164204_14183619.jpg
a0164204_14183557.jpg
明日はどんな日なるのかな
a0164204_14194563.jpg
a0164204_14183691.jpg
雲は何処へ向かうかな
a0164204_14202288.jpg




    

by bon_soir | 2017-12-24 14:21 | 多摩動物公園 | Comments(2)
隣にいない日、会えない日
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、メイディーナ
a0164204_09145716.jpg
苦手な夏が残したものは少しづつ
薄くなって秋の色
a0164204_09124769.jpg
夏の滲みは秋を重ね重ねて綺麗に消える
見上げた空に秋の雲
a0164204_09124640.jpg
聞こえているのは秋の虫の声に風の音
少ないセミが居心地悪く鳴いている
a0164204_09124638.jpg
夏の草
秋の草に変わって枯れる
a0164204_09233174.jpg
a0164204_09233145.jpg
緑の色
変わって緑
まだ緑
秋の草も最初は緑
a0164204_09233157.jpg
黄色くなるのは赤くなるのは茶色くなるのは、枯れるのは
まだ先、もう少し
まだもう少し先のこと
a0164204_09314270.jpg
a0164204_09314335.jpg
秋の風に吹かれ散歩するのは少し楽しく心地いい
夢を見るための準備は優しく進む
a0164204_09314247.jpg
a0164204_09361717.jpg
a0164204_09361859.jpg
a0164204_09361792.jpg
でもこの日、マルジューナは隣にいない
一人一人壁のこちらと向こう側
a0164204_09361781.jpg
ちょっと寂しくて、ちょっと退屈
時々ある日、静かなそんな日
a0164204_09403378.jpg
新しい何かが出来て風景が変わる
a0164204_09422249.jpg
a0164204_09403270.jpg
前に暮した動物の気配はそっと消えかかり
a0164204_09422238.jpg
代わりに声が聞こえて来るようで
a0164204_09403395.jpg
歩いて感じて目の前何かが通り過ぎる
a0164204_09422237.jpg
その度見上げて目で追って
その度空に消えていくのを見届ける
a0164204_09461963.jpg
a0164204_09461863.jpg
日が暮れるのがずいぶん早い
空はまた暗くなる
a0164204_09473680.jpg
a0164204_09461927.jpg
a0164204_09493028.jpg
苦手な夏が残したものは少しづつ
薄くなって秋の色
a0164204_09492997.jpg
夏の滲みは秋を重ね重ねて綺麗に消える
見上げた空に夕闇滲む
a0164204_09534772.jpg
雲の切れ間に星を探す
メイディーナの大好きなマルジューナ
a0164204_09534732.jpg
マルジューナは「星」だと聞いた
今日はマルジューナの顔、まだ見ていない
だから先に星を探す
a0164204_09534610.jpg
見つけて笑えばまた会える
そう信じて星を探す
a0164204_09583275.jpg
a0164204_09583298.jpg
星明かり、落とす影
マルジューナとメイディーナ
二人の夜まであと少し
a0164204_09583211.jpg
秋の始まり日は暮れて
夜風はとても涼しくて
a0164204_10012288.jpg
a0164204_10012277.jpg
夏のことが思い出に
a0164204_10012119.jpg
a0164204_10012263.jpg
秋の色がつらい季節を思い出に、そっと静かに塗り替える
a0164204_10044550.jpg
登れば空に近づくか、もっと星に近づくか
a0164204_10044449.jpg

a0164204_10044585.jpg
a0164204_10044467.jpg
────壁の向こう、マルジューナが見えるのか
a0164204_10094289.jpg
a0164204_10094313.jpg
「マルジューナ、今登るから────待ってて、ね」
a0164204_10104875.jpg
a0164204_10104893.jpg
「マルジューナ、私はここだよ────」
a0164204_10104800.jpg
「マルジューナ、私はここにいるよ。────見える?」
a0164204_10125529.jpg
a0164204_10125624.jpg
a0164204_10125541.jpg
「マルジューナ、どこ?どこにいるの?」
a0164204_10145484.jpg
「秋の風はこんなに強い────」
a0164204_10145500.jpg
a0164204_10145500.jpg
「雲の隙間に星が光る。マルジューナにも見えたかな」
a0164204_10175084.jpg
a0164204_10175070.jpg
「大丈夫、マルジューナは壁の向こうにちゃんといる。さっきから優しい匂いがしてくるもの────」
a0164204_10175078.jpg
a0164204_10174970.jpg
「そろそろ動物園は終わりの時間。きっとマルジューナにはお部屋で会えるね」
a0164204_10212328.jpg
a0164204_10212306.jpg
「戻ろう」
a0164204_10212244.jpg
a0164204_10242853.jpg
a0164204_10242721.jpg
「メイディーナの声がしていた気がする」
a0164204_10265395.jpg
「空が暗い。もう、こんな時間」
a0164204_10265407.jpg
「涼しい風。もうこんな季節」
a0164204_10280621.jpg
a0164204_10280666.jpg

「早いね、どんなことも」
a0164204_10280772.jpg
a0164204_10295691.jpg
「明日は一日一緒かな、メイディーナと一緒かな」
a0164204_10295614.jpg
a0164204_10324918.jpg
「明日のこと、わからない。わからないから大切なんだ」
a0164204_10324854.jpg
a0164204_10324883.jpg
「二人でいること、わからないから大切なんだ」
a0164204_10375221.jpg
「二人の時間、一緒の時間、大好きだから大切なんだ」
a0164204_10375298.jpg
「────無駄にしたら駄目なんだ」
a0164204_10375215.jpg
「大丈夫、メイディーナは壁の向こうにちゃんといる。さっきから優しい声がしてくるもの────」
a0164204_10403028.jpg
「そろそろ動物園は終わりの時間。きっとメイディーナにはお部屋で会えるね」
a0164204_10403059.jpg
「戻ろう」
a0164204_10402920.jpg
「お部屋に戻ろう」
「お部屋に戻ろう」
a0164204_10425708.jpg
a0164204_10425784.jpg
「私達二人、お部屋に戻ろう」
a0164204_10425752.jpg
a0164204_10425808.jpg
「何を話そう、どこから話そう────隣にいない日はもう終わり」
a0164204_10451181.jpg
a0164204_10451168.jpg
「早くお部屋に戻ろう」







     

by bon_soir | 2017-09-21 10:48 | 多摩動物公園 | Comments(0)
二人、夏の入り口

多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、マルジューナとメイディーナ
a0164204_10464278.jpg
a0164204_10464263.jpg
とても苦手な夏
今、その入口
a0164204_10483258.jpg
a0164204_10483204.jpg
二人、今────夏の入り口
a0164204_10510578.jpg
a0164204_12331544.jpg
うとうと、ぐっすり
夢の中
a0164204_10524318.jpg
a0164204_10524232.jpg
少し涼しめ、こんな日は
小屋でうとうとぐっすり、夢の中
何かに急かされ目を開いても、またコロリとうとうと
a0164204_10524276.jpg
a0164204_10552946.jpg
夢から醒めるか、また戻るのか
なんだかとても気持ちがいい
a0164204_10553086.jpg
a0164204_10552973.jpg
眺めた空は明るい曇
風、少し
a0164204_10573107.jpg
a0164204_10573223.jpg
起き抜け眺めるもう一度
曇り空の向う側
a0164204_10573146.jpg
何かを咥えてメイディーナ
取りにいって急いで戻ってメイディーナ
a0164204_10595632.jpg
a0164204_10595657.jpg
マルジューナも夢から醒めたかな
a0164204_10595681.jpg
a0164204_11023774.jpg
二人はいつも
いつも一緒
仲良く日本にやってきて、仲良く日本で暮らしてる
a0164204_11023791.jpg
一年過ぎて今
今、二人は夏の入り口
a0164204_11023630.jpg
日本の夏、二回目の入り口
a0164204_11070348.jpg
a0164204_11070324.jpg
少し辛い夏へまた向かう
秋の入口探し始めて二人、少し辛い夏を暮らす
a0164204_11070445.jpg
がりがり
ぺろぺろ
a0164204_11102323.jpg
メイディーナ
a0164204_11102445.jpg
がりがり
ぺろぺろ
メイディーナ
a0164204_11102339.jpg
風に吹かれにマルジューナ
a0164204_11112224.jpg
a0164204_11112105.jpg
今日の夢は長い夢
醒めてみればもう夕方
a0164204_11112396.jpg
a0164204_11131654.jpg
ぶるっと
a0164204_11131643.jpg
a0164204_11131613.jpg
まだ聞こえてこないセミの声
小さく聞こえる風の音
a0164204_11161297.jpg
風に吹かれた夕方、空は曇り空
a0164204_11161252.jpg
a0164204_11161116.jpg
本当に暑くなるのはもう少し
雨の季節を抜けた先、じりじりあの夏思い出す
a0164204_11191400.jpg
「────暑かったな」
思い出す
a0164204_11191523.jpg
a0164204_11191440.jpg
じりじり暑いあの夏をこれから抜ける
a0164204_11231231.jpg
春の名残、夏の予感
季節は進む
a0164204_11231262.jpg
春夏秋冬、ゆっくり早く季節が進む
a0164204_11231134.jpg
a0164204_11283580.jpg
a0164204_11283678.jpg
まだ齧る、メイディーナ
a0164204_11283554.jpg
今日の閉園、あと少し
a0164204_11305012.jpg
a0164204_11304903.jpg
昼の長さに気がつけば、夏が来たことよくわかる
a0164204_11304992.jpg
星空短く、昼長く
月さえ隠す厚い雲
a0164204_11362080.jpg
見上げた空に何見える
見上げた空に何見えた
a0164204_11362119.jpg
a0164204_11362125.jpg
夏の空に、夜がゆっくり近づく空に
見上げた空に何見えた
a0164204_11374837.jpg
a0164204_11374731.jpg
二人の空に
二人の夏に
a0164204_11374888.jpg
a0164204_11374831.jpg
見上げた先に何見えた
a0164204_11404964.jpg
a0164204_11404941.jpg
「ねえ、マルジューナ」
a0164204_11422483.jpg
a0164204_11422528.jpg
「どうしたの、メイディーナ」
a0164204_11422542.jpg
a0164204_11422599.jpg
「なんでもないよ」
a0164204_11434006.jpg
a0164204_11433918.jpg
「水は少し冷たい。お腹を冷やすよ」
a0164204_11444823.jpg
a0164204_11444895.jpg
「足跡だって残るんだ」
a0164204_11444960.jpg
「マルジューナも浸かるかな」
a0164204_11461323.jpg
a0164204_11461267.jpg
「もう夏だから、ね」
a0164204_11461316.jpg
a0164204_11480216.jpg
「メイディーナ、今年はどれだけ暑いかな?」
a0164204_11501993.jpg
a0164204_11502076.jpg
「今年はいつまで暑いかな」
a0164204_11502017.jpg
a0164204_11523158.jpg
「心配だね」
a0164204_11523228.jpg
a0164204_11523106.jpg
「どこにいるの? メイディーナ」
a0164204_11534686.jpg
a0164204_11534534.jpg
「これもういいの? メイディーナ」
a0164204_11534656.jpg
「私はここだよ、マルジューナ」
a0164204_11551492.jpg
a0164204_11551462.jpg
「今日はここが通れないんだね」
a0164204_11551496.jpg
a0164204_12020114.jpg
「マルジューナ、知ってる? 雨降りの季節のこと」
a0164204_12020116.jpg
a0164204_12020079.jpg
「庭の草はね、雨が降るたびどんどん伸びるんだよ」
a0164204_12020186.jpg
「マルジューナ、聞いてる?」
a0164204_12051400.jpg
a0164204_12051421.jpg
「まだ少し残った春の草を夏の草は追い抜いていくんだよ」
a0164204_12051493.jpg
a0164204_12051333.jpg
a0164204_12073230.jpg
a0164204_12073236.jpg
「そう、もうすっかり夏────雨の季節はもうすぐ終わるよ」
a0164204_12112428.jpg
a0164204_12083970.jpg
a0164204_12083944.jpg
「暑くなるね。またとても暑くなるね」
a0164204_12121517.jpg
a0164204_12121557.jpg
「ちょっと嫌だな────」
a0164204_12121491.jpg
「風、風がもっと強く吹けばいいのに」
a0164204_12133590.jpg
a0164204_12133465.jpg
「もっともっと強く、もっと強く吹けばいいのに────」
a0164204_12133445.jpg
「なんとなくそう思った────なんとなく、ね」
a0164204_12172547.jpg
「マルジューナ、そこにいたの?」
a0164204_12172554.jpg
a0164204_12172598.jpg
「小川は冷たくて気持ちいいもんね」
a0164204_12172451.jpg
「そう、私達は暑いのが苦手。本当に苦手」
a0164204_12192983.jpg
a0164204_12192982.jpg
a0164204_12192951.jpg
「でもしかたない。夏だけいらないとか、そんなことは出来ないよ」
a0164204_12203628.jpg
a0164204_12203522.jpg
「春夏秋冬、そろって季節。4つの季節」
a0164204_12203500.jpg
「どれか一つ欠けたって、それは寂しい」
a0164204_12222573.jpg
a0164204_12222560.jpg
「色々な風景、草花を見たいから」
a0164204_12222459.jpg
「私達はタスマニアデビル。タスマニアからやって来た」
a0164204_12241700.jpg
a0164204_12241720.jpg
「季節も反対、草花も色々と違う」
a0164204_12241673.jpg
a0164204_12241727.jpg
「まだまだ知らないことばかり、まだまだ驚くことばかり」
a0164204_12281444.jpg
a0164204_12271350.jpg
a0164204_12271226.jpg
「二人で探していくこと、二人で夢に見ること────まだまだたくさん、たくさんあるよ」
a0164204_12315344.jpg
a0164204_12315443.jpg
「日本で二回目の夏、やって来た。今、その入口────」
a0164204_12331511.jpg
a0164204_12315369.jpg
a0164204_12315434.jpg




     

by bon_soir | 2017-07-01 12:36 | 多摩動物公園 | Comments(6)
日本の春だよ
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、マルジューナとメイディーナ
a0164204_12325763.jpg
a0164204_12325751.jpg
去年の春と夏の境い目に日本へやって来た二人
日本の春を最初から感じていく初めての時
a0164204_12381610.jpg
今何を見て、今何を思い、今何を思い出す
a0164204_12381628.jpg
そんなマルジューナとメイディーナ
a0164204_12381635.jpg
花びらひらり
どこから来たの
a0164204_12412911.jpg
a0164204_12412860.jpg
暖かい風
どこから来たの
a0164204_12484941.jpg
a0164204_12485079.jpg
なんだか眠い
どうして眠いの
a0164204_12502999.jpg
a0164204_12502954.jpg
a0164204_12502878.jpg
あの綺麗な花は何ていうの
a0164204_12412936.jpg
夢に出てくるあの舞台
そこには誰が立っていたの
a0164204_12512027.jpg
a0164204_12512188.jpg
a0164204_12512143.jpg
花をくすぐる春の風
桜の花びらときおり舞ってメイディーナを駆けさせる
a0164204_12534759.jpg
a0164204_12534774.jpg
タタッタタッと、いつものリズム
かわいらしくそしてタフに駆けていく
a0164204_12534739.jpg
a0164204_12584829.jpg
もうすぐ日本で暮して一年経つ
走り続けて駆け抜けて
マルジューナとメイディーナ、二人で一緒に過ごした日々
a0164204_13032443.jpg
a0164204_12584764.jpg
見上げた星空、違う星座
二人が来たのは北半球
a0164204_12584868.jpg
a0164204_13064528.jpg
そっと来たと思ったらまた戻り
少し進んでまた戻り
そして急に進み出す
a0164204_13064577.jpg
a0164204_13064680.jpg
メイディーナと一緒
走り出せばもう止まらない
a0164204_13111895.jpg
季節は転がる、もう止まらない
a0164204_13111831.jpg
流れ続ける時の川
隣を進む春夏秋冬
a0164204_13181557.jpg
a0164204_13181424.jpg
すぐにあの暑い夏がやって来る
暑くて暑くてたまらない、日本の夏がやってくる
a0164204_13200857.jpg
マルジューナとメイディーナ
もうすぐ苦手な夏が来る
a0164204_13200935.jpg
「庭の様子、毎日毎日違ってる」
a0164204_13223970.jpg
「どんどん伸びる草の側を私は通り過ぎている」
a0164204_13223867.jpg
a0164204_13223940.jpg
「これはなんて草だろう」
a0164204_13275449.jpg
a0164204_13275300.jpg
「きっとマルジューナも知らないね。日本のこと、私達はまだまだ色々わからない」
a0164204_13275398.jpg
a0164204_13305551.jpg
「今日の夜空はどんなだろうね、明日はどんな日だろうね───ね、マルジューナ」
a0164204_13305681.jpg
「夏の気配、感じてる? 去年は暑かったね、本当に暑かったね」
a0164204_13355953.jpg
「少しお水を飲んだ」
a0164204_13355949.jpg
a0164204_13355903.jpg
「メイディーナが走ってる。いつものように走ってる」
a0164204_13430422.jpg
a0164204_13415974.jpg
「私は少し毛づくろい」
a0164204_13415887.jpg
「そしてあくびが止まらない」
a0164204_13415920.jpg
「春はいいね。日本でも、思い出すタスマニアでもやっぱり春はいいね」
a0164204_13473113.jpg
「知ってる? ここに登るとよく見えるんだよ」
a0164204_13473245.jpg
a0164204_13501473.jpg
「向う側にある優しいピンクのお花、大きな木───サクラっていうみたいだよ」
a0164204_13501505.jpg
「綺麗だな、かわいいな。また来年も咲くのかな」
a0164204_13550021.jpg
「ほら、花びらが飛んで来るよ───見て、メイディーナ」
a0164204_13524741.jpg
「向こうに草が───」
「あそこにお花が───」
a0164204_13524712.jpg
マルジューナとメイディーナ
二人はいつも話してる、見たこと聞いたこと感じたこと
a0164204_13524845.jpg
二人はいつも話してる
楽しいこと、嬉しいこと
いつも仲良く話してる
a0164204_14004956.jpg
a0164204_14004944.jpg
遠くはるばる日本まで、タスマニアから急ぎ足で来てくれた───そんな二人はタスマニアデビル
なんだか不思議でやっぱりかわいいタスマニアデビル
a0164204_14004855.jpg
仲良し姉妹、日本の春をそっと過ごす
かわいい二人は儚く健気に夏へと向かう
a0164204_14072099.jpg
a0164204_14072086.jpg
ギャーギャーギャーって可愛い声で話しして、二人静に身を寄せて
過ぎてく時間はのんびりゆっくり、時には急だと感じたり
a0164204_14071959.jpg
a0164204_14123913.jpg
花は散り葉が茂る
過ぎてく春が夏の準備
a0164204_14123968.jpg
少し不安を感じたら、少し寂しさ感じたら
すぐに二人で抱き合って、すぐに二人は微笑んで
a0164204_14144382.jpg
二人一緒に夢の中
二人は一緒の夢の中
a0164204_14144425.jpg
a0164204_14185200.jpg
抱き合い優しく夢の中
二人一緒に、二人は一緒の夢の中
a0164204_14185293.jpg
夢を見ながらぺろぺろぺろぺろ
a0164204_14205166.jpg
二人でぺろぺろ
優しく優しくぺろぺろぺろぺろ
a0164204_14222049.jpg
a0164204_14205021.jpg
マルジューナとメイディーナ
かわいい二人、大切な二人
二人は姉妹、タスマニアデビル
a0164204_14185248.jpg
マルジューナとメイディーナ
日本の春をそっと行く
a0164204_14270334.jpg
マルジューナとメイディーナ
日本で季節は一巡り
もうすぐ一年、春夏秋冬一巡り
a0164204_14270474.jpg




   

by bon_soir | 2017-04-16 14:29 | 多摩動物公園 | Comments(0)
マルジューナ
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、マルジューナとメイディーナ
a0164204_06474630.jpg
a0164204_06474664.jpg
二人一緒の春が来て、二人一緒に探し出す
春らしいこと、春らしい物
二人一緒に探し出す
a0164204_06474631.jpg
a0164204_06505960.jpg
a0164204_06505990.jpg
メイディーナより少し物静かなマルジューナ
a0164204_06523355.jpg
南半球の夜空から、北半球、日本の夜空に輝く星へとなった
マルジューナ
a0164204_06555836.jpg
マルジューナ”
それは星のこと
a0164204_06555728.jpg
澄んだ夜空、静かにまたたく星のように───儚く健気に、そっと暮らすタスマニアデビル
それがマルジューナ
a0164204_06592172.jpg
a0164204_06592145.jpg
『あなたの名前は星───』
a0164204_07010634.jpg
「私はそう教えられた」
a0164204_07020712.jpg
「戸惑った。私が星でメイディーナが影だなんて、そんなことあるのかと、私は戸惑った」
a0164204_07020879.jpg
a0164204_07020783.jpg
「ずっと走り回るメイディーナの方が私よりもずっと光ってるって思っていたから」
a0164204_07054219.jpg
a0164204_07054114.jpg
「名前、これでいいのかな───」
a0164204_07081818.jpg
a0164204_07081966.jpg
「いつのことだったか、私はメイディーナそうささやいた」
a0164204_07093592.jpg
a0164204_07093513.jpg
「メイディーナは少し怒って私に言った」
a0164204_07125010.jpg
『自分で気がついていないだけ───マルジューナはいつだって輝いてる、私の傍でそっと優しく輝いている』
a0164204_07171283.jpg
a0164204_07163415.jpg
「メイディーナは言う───夜空にある星、はっきり明るい星ばかりじゃないよ、と」
a0164204_07163406.jpg
傍にいるから温かい
傍で言うからここちいい
a0164204_07203472.jpg
───いつだって二人は傍に、傍にいるから星と影
a0164204_07203242.jpg
はっきり輝く星の傍に、はっきりとした影が伸び
ぼんやり輝く星の傍に、ぼんやり優しい影が浮かぶ
a0164204_07263276.jpg
a0164204_07263205.jpg
どっちか片っぽづつ───
そんなことは無い
a0164204_07263140.jpg
マルジューナとメイディーナ
二人も一緒、星と影
a0164204_07322893.jpg
a0164204_07322836.jpg
メイディーナとマルジューナ
ずっと一緒、傍で暮らす
輝き、照らされ、二人一緒の星と影
a0164204_07345600.jpg
どっちか片っぽ
それは無い、きっと無い
a0164204_07345570.jpg
a0164204_07564234.jpg
タスマニアから日本へ、二人一緒にやって来た
マルジューナとメイディーナ
二人は一緒にやって来た
a0164204_07564264.jpg
a0164204_08010446.jpg
同じ瞬間、同じ時間
a0164204_07564165.jpg
a0164204_08015490.jpg
同じ日、同じ月、同じ年
a0164204_08051365.jpg
a0164204_08051893.jpg
同じ季節、同じ春───
a0164204_08065221.jpg
a0164204_08065249.jpg
マルジューナとメイディーナ
星と影はいつも一緒
a0164204_08065311.jpg
a0164204_08083729.jpg
a0164204_08083878.jpg
「ねえメイディーナ。さっき私は夢を見た」
a0164204_08103125.jpg
a0164204_08103174.jpg
a0164204_08103167.jpg
「そこがどこなのかはわからない、続く道が何処へ行くのかわからない」
a0164204_08125845.jpg
a0164204_08125756.jpg
「強く風追い越して、私達は駆けていた」
a0164204_08125825.jpg
「走って跳んで、私達は笑ってた」
a0164204_08165754.jpg
a0164204_08165824.jpg
「ねえメイディーナ。春が来たね」
a0164204_08191861.jpg
a0164204_08191874.jpg
「ねえメイディーナ。かわいいお花を探しにいこうよ」
a0164204_08191770.jpg
「夢の中と同じように、二人で駆けて可愛いもの探しに行こうよ」
a0164204_08215037.jpg
a0164204_08215162.jpg
「早く見つけて、二人で笑おうよ」
a0164204_08231568.jpg
「早くしないと苦手な夏が来ちゃうから、ね」
a0164204_08231447.jpg



      

by bon_soir | 2017-03-15 08:25 | 多摩動物公園 | Comments(2)
メイディーナ
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、マルジューナとメイディーナ
a0164204_12550108.jpg
a0164204_12550160.jpg
暖かい春の陽射しの日向ぼっこ
駆け回る庭
じゃれあう二人
a0164204_12571969.jpg
a0164204_12592364.jpg
a0164204_12571981.jpg
冬を過ごし、冬を越え
一番楽しい春の始まり春の中
a0164204_13023533.jpg
a0164204_13034890.jpg
タスマニアから日本へ
暑すぎた夏を、色づいた秋を、雪の舞う冬
a0164204_13064445.jpg
a0164204_13140330.jpg
二人で過ごした四分の三
残る季節は花の春

a0164204_13064576.jpg
その春が来た───
日本で初めての春が二人の所へやっと来た
a0164204_13023511.jpg
a0164204_13064418.jpg
「マルジューナ、今日も暖かいね」
a0164204_13164597.jpg
「ねぇ、聞いてる?」
a0164204_13164507.jpg
a0164204_13164429.jpg
「どこで眠っても暖かいね」
a0164204_13203004.jpg
「さっきから風が鼻をくすぐるんだ。晴れた日の少し冷たい風が私の鼻をくすぐるんだ」
a0164204_13202966.jpg
a0164204_13231345.jpg
「私達の散歩道、毎日毎日少しずつ草が伸びているのがわかる」
a0164204_13231355.jpg
a0164204_13231284.jpg
「季節が変わっていくのがよくわかる」
a0164204_13281052.jpg
「きっと日本のお花はタスマニアとは違う花。ここにはどんなお花が咲くんだろう」
a0164204_13280970.jpg
a0164204_13281055.jpg
「どんな色、どんな形、どれだけ可愛いお花がどのくらい咲くんだろう」
a0164204_13305677.jpg
a0164204_13305616.jpg
「私の身体に陽が当たる。夏へと向かうこの陽射し、影がはっきり───光と影の境い目はくっきり」
a0164204_13305677.jpg
a0164204_13352743.jpg
「はっきりとした影がついてくる、光の中にいるだけで影はずっと傍にいる」
a0164204_13305648.jpg
「メイディーナ───私の名前は“影”って意味だって聞いた」
a0164204_13381340.jpg
a0164204_13381335.jpg
「私も影。そう、マルジューナの傍に私はいる。いつだってついて回るんだ」
a0164204_13381381.jpg
「あ、マルジューナ。起きてたの?」
a0164204_13425128.jpg
「マルジューナは温かいね。今日の陽射しのようだね。いつも、ずっと温かいね」
a0164204_13425191.jpg
a0164204_13425258.jpg
「私達、ずっと一緒だね。そうだよ私は影、マルジューナの傍にいる」
a0164204_13482078.jpg
「あなたは星、星の光で出来る影。ずっと傍で控えめに、そんな影───」
a0164204_13481906.jpg
a0164204_13510326.jpg
「それでいいよね、二人一緒に光の中で、それでいいよねマルジューナ」
a0164204_13530254.jpg
a0164204_13530297.jpg
「今、お花の香りがした気がする。おかしいね、まだ庭には咲いていないのに」
a0164204_13540592.jpg
a0164204_13540594.jpg
「高い所から眺めてみれば見えるかな」
a0164204_13580194.jpg
「春のお花が咲いてる所、ここから少しは見えるかな」
a0164204_13580162.jpg
a0164204_13580277.jpg
「何色なんだろう、黄色?ピンク?白?それとも赤?」
a0164204_14001327.jpg
a0164204_14001346.jpg
「香るお花の色はどんな色、香るお花の形はどんな形」
a0164204_14024196.jpg
a0164204_14024265.jpg
「春のお花、日本のお花───きっとかわいいはずなんだ」
a0164204_14053075.jpg
「お花はそっと咲いてくる、いつのまにか咲いている」
a0164204_14053034.jpg
「見つけてあげなきゃいけないね」
a0164204_14052959.jpg
a0164204_14111361.jpg
「マルジューナも一緒に探してくれたらいいのにな」
a0164204_14111481.jpg
a0164204_14125654.jpg
この日はいつもよりもペースを落として走ったメイディーナ
a0164204_14111309.jpg
変わっていく風景を眺めるために、移りゆく季節を探していくために
少しだけゆっくりと走りました
a0164204_14144537.jpg
a0164204_14144591.jpg
───走り続けました
a0164204_14144512.jpg
日本で過ごす初めての春
楽しみにしていた花の季節
a0164204_14195073.jpg
a0164204_14195023.jpg
メイディーナの春は始まったばかり───
a0164204_14294693.jpg
星のマルジューナ、影のメイディーナ
タスマニアからやって来た二人
a0164204_14230613.jpg
今日も走ろう、タタっタタって走り続ける
メイディーナらしくいつまでも、立ち止まらないでタフに走り続けてどこまでも
a0164204_14253059.jpg
a0164204_14265553.jpg
星のマルジューナ、影のメイディーナ
タスマニアからやって来た二人
a0164204_14195039.jpg



   

by bon_soir | 2017-03-12 14:34 | 多摩動物公園 | Comments(0)
ずっと走り続けた日
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、メイディーナ
a0164204_12554756.jpg
毎日に変化が感じられるように、とタスマニアデビル
色々と変わった日々に少しでもなるように
a0164204_13015999.jpg
この日はマルジューナとメイディーナ一緒、開園時間の間は多分おやつなし、庭は両方使える
そんな日
a0164204_13030613.jpg
朝からメイディーナ
そうなるとメイディーナ
ずっと走る
a0164204_13030510.jpg
暑いのは駄目だったけど、寒いのは大丈夫
ずっと走る
a0164204_13054662.jpg
ずっとずっと走る
ずっとずっと走ることが出来る
a0164204_13054572.jpg
a0164204_13070601.jpg
ずっとずっと走るから、草のない冬の獣道はピカピカになっていく
磨き途中の泥団子
そんな土の色の獣道
a0164204_13101287.jpg
a0164204_13101345.jpg
ずっと走るメイディーナ
ずっとずっと走るタスマニアデビル
メイディーナ
a0164204_13101330.jpg
毎日毎日、動物達は真剣に生きている
儚く健気に出来ること、したいことをやっている
a0164204_13121587.jpg
今日は走る日
今日はそんな日、ずっとずっと走る日
そんな、とある冬の日
a0164204_13121505.jpg
ただ走って、走って走って走り続ける
そんな日のメイディーナ
a0164204_13121496.jpg
そんなメイディーナに途中から混ざる
それはマルジューナ
a0164204_13172067.jpg
一人外れて奥の庭からこちらを眺める
a0164204_13194294.jpg
あくびした
a0164204_13194272.jpg
大きな大きなあくびした
a0164204_13194306.jpg
長い長いあくびした
a0164204_13213939.jpg
もう一度あくびした
a0164204_13214037.jpg
大きな大きなあくびした
a0164204_13213940.jpg
本気のあくび
一生懸命なあくび
できる限り口をあける
a0164204_13231149.jpg
ゆっくり閉じてく
a0164204_13231213.jpg
あくびの終わり
a0164204_13231167.jpg
a0164204_13245380.jpg
そのままこんな所で寝た
a0164204_13245256.jpg
そんなマルジューナ


ずっとずっと走ってメイディーナ
a0164204_13263326.jpg
雨が降った
強く、弱く、降ったり、止んだり
a0164204_13263211.jpg
メイディーナ、雨に濡れる
a0164204_13284875.jpg
マルジューナも雨に濡れる
a0164204_13284880.jpg
何があっても今日は走る日
走って走って、ずっと走って
a0164204_13295662.jpg
a0164204_13295689.jpg
日本の冬を走って走って、ずっとずっと走って
飽きるなんてことはない
これがタスマニアデビルの暮らし
a0164204_13295704.jpg
時々屋根にも登るけど
a0164204_13330288.jpg
走って走って、ずっとずっと走って
a0164204_13330379.jpg
マルジューナとメイディーナ、二人は雨に濡れてもずっと走って
a0164204_13330332.jpg
走って走って、ずっとずっと
ずっとずっと走って
a0164204_13353426.jpg
a0164204_13353345.jpg
今日は走る日
今日はそんな日
止まらないよ
a0164204_13353364.jpg



     

by bon_soir | 2016-12-26 13:38 | 多摩動物公園 | Comments(5)
マルジューナとメイディーナ
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、マルジューナとメイディーナ
a0164204_04011629.jpg
a0164204_04011635.jpg
厳しかった日本の夏はいつのまにか過ぎ、気がつけば涼しくときおり寒い秋の風
a0164204_04034042.jpg
a0164204_04034076.jpg
みんなが心配もしたけれど大丈夫
二人は元気です
a0164204_04051579.jpg
マルジューナとメイディーナ、二人の朝
日向ですやすや
a0164204_04060520.jpg
ちょっと起きた
そんなメイディーナ
a0164204_04060684.jpg
風の音が心地良いね
どうしても眠いよね
a0164204_04060578.jpg
少ししてからのマルジューナ
a0164204_04082822.jpg
ざわざわする音
今日は少し強めの風が吹く日
a0164204_04082740.jpg
ざわざわ、ざわざわ
ときおり木の葉を飛ばす秋の風
a0164204_04082802.jpg
空は青空
秋の雲一つない、少し味気ない
a0164204_04111521.jpg
落ちてたおやつ
ささっと食べる
a0164204_04124049.jpg
風の音、空気が流れる自然の音
季節を少しずつ前に動かす風の音
a0164204_04123883.jpg
マルジューナとメイディーナ
二人で暮らす日本の秋
a0164204_04193798.jpg
メイディーナはまだ眠っている
マルジューナより少し長い夢、少し多くした夢を見る準備
すっかり目の覚めてるマルジューナ
a0164204_04193666.jpg
丸太の上でまた見つけた
a0164204_04243930.jpg
a0164204_04244071.jpg
もう動かない、もう話すことない小さな命を大切に食べる
タスマニアデビルはお肉を食べないといけない
a0164204_04243989.jpg
a0164204_04274038.jpg
生きるために真面目に食べた
a0164204_04274172.jpg
a0164204_04274095.jpg
少し歩くともう一つ
a0164204_04301694.jpg
a0164204_04301637.jpg
メイディーナの分かもしれないけれど、まだ眠ってる
少し考えてマルジューナは食べた
a0164204_04301566.jpg
これで走れる
これでたくさん走ることが出来る
a0164204_04321191.jpg
今日一日、きっと走って笑っていられる
a0164204_04321127.jpg
「メイディーナには後であげる、私の分の食べ物を少し分けてあげるから大丈夫」
a0164204_04321095.jpg
「メイディーナと遊びたいな、走って探して楽しく笑う」
a0164204_04362942.jpg
「メイディーナと遊びたいな───」
a0164204_04362956.jpg
「ねえ、起きてよメイディーナ」
a0164204_04362802.jpg
「ねぼすけメイディーナ、ちっとも起きないんだ」
a0164204_04382806.jpg
a0164204_04382877.jpg
「一緒に遊びたいな、一緒に駆けたいな。風の音でメイディーナと歌いたいな」
a0164204_04382769.jpg
石の上
ぺたっとするとお腹が冷たい
a0164204_04422766.jpg
a0164204_04422718.jpg
「あくび出ちゃうよ……」
a0164204_04420043.jpg
a0164204_04441320.jpg
「どうしよう」
a0164204_04441395.jpg
a0164204_04451725.jpg
「メイディーナ、ねえ、メイディーナ」
a0164204_04451796.jpg
「結局一人で遊ぶんんだ」
a0164204_04465123.jpg
a0164204_04465149.jpg
a0164204_04475587.jpg
「メイディーナ、苦手な夏はもう過ぎたみたいだよ───」
a0164204_04475502.jpg
「今日はお天気だしね」
a0164204_04503644.jpg
a0164204_04503738.jpg
「声と足音───」
a0164204_04503748.jpg
「捕まえたっ!」
a0164204_04543307.jpg
「メイディーナを捕まえたっ!」
a0164204_04543316.jpg
「いつの間に起きたの?」
a0164204_04543268.jpg
「楽しいね!二人で遊ぶと楽しいね!」
a0164204_04562433.jpg
「ずっと一緒に遊ぼうよ、ずっと一緒に暮らそうよ」
a0164204_04562416.jpg
a0164204_04562454.jpg
「二人で遠くに来たんだよ、二人一緒に日本に来たんだよ」
a0164204_04591156.jpg
a0164204_04591166.jpg
「一緒だよ、いつまでだって一緒だよ」
a0164204_04591080.jpg
a0164204_05012396.jpg
「───あんなこと言ってたのにマルジューナがすぐに寝ちゃった」
a0164204_05023910.jpg
「涼しくなると暗くなるのが早い。嫌いじゃないけれど」
a0164204_05062740.jpg
a0164204_05023978.jpg
「風が少しずつ止んできた。なんだか静かな夕方だな」
a0164204_05023888.jpg
「マルジューナ、きっと夢を見てる」
a0164204_05062772.jpg
「さっき私が見た夢は、マルジューナを追いかけて二人で一緒に笑う夢」
a0164204_05123304.jpg
a0164204_05123367.jpg
「どこまでもどこまでも“タタっタタっ”って二人で走って楽しく一緒に笑う夢」
a0164204_05153286.jpg
a0164204_05123297.jpg
「あ、なんだか私も眠くなってきた。さっきのことを今、夢に見てる───」
a0164204_05205509.jpg
a0164204_05205454.jpg
「二人楽しく遊んでる、二人一緒に笑ってる───」
a0164204_05205411.jpg

閉園前のマルジューナ
a0164204_05234964.jpg
暗い夕方、高いところを一人で走り、
a0164204_05234814.jpg
a0164204_05234958.jpg
手前の岩から空を眺め星を探す
a0164204_05253837.jpg
奥の岩は平らだね
a0164204_05253928.jpg
a0164204_05253968.jpg
少し走ると昼間のことを思い出す
a0164204_05280770.jpg
a0164204_05280684.jpg
冬はすぐにやって来る
凍った水、冷たい木枯らし、庭にはきっと霜柱
a0164204_05300406.jpg
a0164204_05300552.jpg
澄んだ夜空の冬の星座
今まで夏に見ていた星座は冬に輝く
a0164204_05360924.jpg
キンっと冷えた夜空に輝く
マルジューナとメイディーナ、二人一緒だったら寒くない
a0164204_05360814.jpg
ちっとも寒くない




    

by bon_soir | 2016-10-28 07:00 | 多摩動物公園 | Comments(6)
夜と大雨

多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、マルジューナとメイディーナ
a0164204_13433692.jpg
夏が来てマルジューナとメイディーナは日本を知った
温度湿度、季節の巡り方、風の香り
a0164204_13481839.jpg
a0164204_13481887.jpg
みんなタスマニアとは違う

お昼、暑い
お昼、眠い
a0164204_13481824.jpg
二人の夏休みは秋のため、冬から春に向けて身体を休める
そんな夏休み
a0164204_13513049.jpg
a0164204_13513004.jpg
風の音、雨の音で目を覚ます

a0164204_13535646.jpg
a0164204_13535526.jpg
でもすぐに動き出すわけじゃない
「暗くなるまでここにいようね」
「暗くなるまで夢を見ようね」
a0164204_14075833.jpg
そんなマルジューナとメイディーナ
a0164204_14172423.jpg
暗くなり始めた頃、一度雨は止んで大勢のお客さんも集まりだした
a0164204_14100134.jpg
二人は走り続ける
タスマニアデビルらしいスピードとリズム
a0164204_14100104.jpg
夜は待ちきれない
それに今夜は星だって見えるはずがない
a0164204_14132236.jpg
雨の時間の少しの隙間
涼しくて気持ちがいい
a0164204_14153103.jpg
飼育係さんがおやつをもってやって来た
a0164204_14100215.jpg
そんなタイミングで夜は急に近づく
a0164204_14185308.jpg
夜に走り、夜に食べる
そんなタスマニアデビルの暮らし
a0164204_14193809.jpg
乾いていた鼻だっていつのまにかツヤツヤ
a0164204_14204374.jpg
やっぱり涼しい時が好き、やっぱり暗い夜道が好き
a0164204_14204361.jpg
a0164204_14224973.jpg
これからが台風だよ
今日、星は輝かない
a0164204_14222066.jpg
閉園後の二人は何して過ごすのかな
雨の夜のタスマニアデビルは何して遊ぶのかな
a0164204_14221981.jpg
小川に入る頃、辺りはもう真っ暗
a0164204_14254441.jpg
今日の動物園はそろそろ終わる
少し長い時間の動物園はそのうち終わる

早く涼しくなるといいね
a0164204_14254454.jpg
a0164204_14254405.jpg



   

by bon_soir | 2016-08-19 07:00 | 多摩動物公園 | Comments(0)