<   2018年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧
みゆき
王子動物園で暮らすホッキョクグマ、みゆき
a0164204_13050710.jpg
a0164204_13050707.jpg
a0164204_13270078.jpg
春のお天気、ころころころころ

今日はこのまま晴れたまま
そう思った朝は敷物
a0164204_13060149.jpg
a0164204_13060111.jpg
a0164204_13060116.jpg
敷物みゆき
目を閉じて
a0164204_13060089.jpg
見上げた空の雲は速く
春のお天気ころころころころ
a0164204_13100328.jpg
雨、降るかもね
a0164204_13100075.jpg
お気に入りの黄色いパイプ
転がすたびに、動かすたびに音がする
ぽこんぱこん
ずっずっごろごろ
a0164204_13113053.jpg
a0164204_13113125.jpg
a0164204_13113073.jpg
ぽこんぱこん
ずっずっごろごろ
a0164204_13130903.jpg
a0164204_13130850.jpg
a0164204_13130899.jpg
きっとそれはパイプの声で
春だ春だとはしゃぐ声で
a0164204_13133989.jpg
a0164204_13133935.jpg
a0164204_13133981.jpg
一人のみゆきといつも一緒
ぽこんぱこんと、これからも
a0164204_13164124.jpg
a0164204_13164106.jpg
a0164204_13164174.jpg
積もる雪山
春の陽射しできらきら光る
a0164204_13180485.jpg
a0164204_13180495.jpg
a0164204_13180420.jpg
雲、変わらず速く動いてる
a0164204_13191687.jpg
a0164204_13191565.jpg
a0164204_13191548.jpg
春のお天気ころころころころ

ほら、雨が降ってきた
a0164204_13203725.jpg
a0164204_13203703.jpg
a0164204_13203669.jpg
a0164204_13203648.jpg
ふわふわふわふわ
みゆきの毛
雨に濡れだし
しっとりしっとり
a0164204_13214963.jpg
a0164204_13214961.jpg
a0164204_13214817.jpg
そんなときちょうど
ちょうどちょうどそんなとき
a0164204_13230000.jpg
a0164204_13230060.jpg
a0164204_13230032.jpg
お部屋に戻る
a0164204_13240248.jpg
a0164204_13240284.jpg
a0164204_13240123.jpg
知ってるよ
みゆきはちゃんと知ってるよ
おやつの用意
みゆきはちゃんと知ってるよ
a0164204_13244057.jpg
a0164204_13244030.jpg
a0164204_13244055.jpg
美味しそうな香り、匂い
みゆきをそっと走らせて
a0164204_13253326.jpg
a0164204_13253311.jpg
a0164204_13253337.jpg
きっといつものことだけど
その“いつも”が一番幸せ
a0164204_13270139.jpg
a0164204_13270114.jpg
a0164204_13270015.jpg
のんびり穏やか
いつもの春のことだから
不安も何も、何もない
のんびりのんびり動物時間
a0164204_13293698.jpg
a0164204_13293500.jpg
a0164204_13293566.jpg
そんな日そっと繰り返す
大切なこと、いつものいつもの、今日もいつもの春のことだから
a0164204_13314318.jpg
a0164204_13314352.jpg
a0164204_13392385.jpg
雪山にお願い
優しくお願い
a0164204_13314390.jpg
─────これからちょっとだけ崩させて
a0164204_13342742.jpg
a0164204_13342726.jpg
a0164204_13342691.jpg
雪山、どこかにおやつが埋まる
だからお願い
─────これからちょっとだけ崩させて
a0164204_13351546.jpg
a0164204_13351540.jpg
a0164204_13351535.jpg
雨、まだまだ少し降り続く
でもそのうち上がる、雲速い
a0164204_13362539.jpg
a0164204_13362534.jpg
a0164204_13362573.jpg
春のお天気、ころころころころ
a0164204_13371576.jpg
a0164204_13371514.jpg
a0164204_13371483.jpg
見上げた空の雲は速く
春のお天気ころころころころ
a0164204_13383318.jpg
a0164204_13383220.jpg
a0164204_13383222.jpg
冷たい雨か優しい雨か
降ったり止んだり
辺りで傘、開いたり閉じたり

みんなころころ
ころころころころ
a0164204_13392318.jpg
a0164204_13392345.jpg
雨、上がるかな
a0164204_13414982.jpg
a0164204_13414877.jpg
a0164204_13414829.jpg
見上げた空の雲は速く
春のお天気ころころころころ
a0164204_13505496.jpg
a0164204_13505490.jpg
a0164204_13505491.jpg
雲、変わらず速く動いてる
a0164204_13505455.jpg





    

by bon_soir | 2018-03-31 13:55 | 王子動物園 | Comments(0)
新しい海、進む船
船が出るよ
不思議な形、スピードそんなに速くない
a0164204_12393604.jpg
a0164204_12393618.jpg
素敵なおばあちゃんをそっと乗せ
ゆっくりした波、輝く水面にさざなみきらり
優しさの海へと船が出るよ
a0164204_12393630.jpg
a0164204_12430596.jpg
みんなの気持ち、愛情、いつしかたくさん集まり一緒に載せている
それはきっといつまでも冷めることない温かさ
今までワリから貰ったもので温めてきた、その温かさ
a0164204_12430516.jpg
a0164204_12430553.jpg
航海この先、目的地なんか決まってない
ただゆっくりと、ゆっくりと穏やかな長い旅
船は穏やか波に揺れ、思い出という名前の小さな島に時々、時々そっとワリは寄る
a0164204_12460148.jpg
a0164204_12460152.jpg
目的地なんか決まってない
船は厚い雲を避け、明るい日向をゆっくり進む

そう、どんなときでも日向ぼっこは気持ちいい
a0164204_12481570.jpg
a0164204_12481597.jpg
大きなスクリューぐるぐる回る、大きな帆を上げぐっと膨らみ風を受け
一人小さなオールに力を込めて

続けた航海、みんなの傍で
─────横浜で
a0164204_12530139.jpg
a0164204_12530116.jpg
横浜での長い航海、長い旅
穏やかな海、そっと吹き抜け後押す四季の風
ワリの船、静かに静かに進み続けた
a0164204_13021195.jpg
a0164204_13021156.jpg
終わりに近づき大嵐、うねる荒波、転覆の危機
それを越えて何度も越えて、大好きな春までたどり着く

─────桜のピンク、瞳に映る
a0164204_13044121.jpg
a0164204_13051167.jpg
3月14日─────

今また、船が出るよ
新しい海へとワリの船が、今また船が出るよ
a0164204_13070256.jpg
a0164204_13070199.jpg
Bon voyage!

BonBon voyage!

ワリ!
a0164204_13083214.jpg
a0164204_13083161.jpg
ごきげんよう
良い旅を
a0164204_13172401.jpg
a0164204_13172455.jpg
Bon voyage!

BonBon voyage!

大好きなワリ!
a0164204_13182491.jpg
a0164204_13182447.jpg
ありがとう
いつでも待っていてくれて
いつでも庭で、あの部屋で、大好きなあの台の上で
待っていてくれて

ありがとう
a0164204_13245902.jpg
a0164204_13245998.jpg
a0164204_13245963.jpg
a0164204_13290471.jpg
最後に会ったのは非展示になる日の少し前、朝から弱い雨が降っていた静かな日
年齢のことを考えれば「もう最後なのかもしれない」と考えてはいけないことを考えてしまうアマゾンセンターの部屋
a0164204_13310531.jpg
a0164204_13310480.jpg
ワリを苦しめ、ワリと飼育係さん、みんなを悩ませたお尻のこと
心配することしか出来ません
a0164204_13334585.jpg
a0164204_13334654.jpg
a0164204_13334509.jpg
でもお尻のこと以外は本当に大丈夫そうだったというワリ
a0164204_13381896.jpg
a0164204_13381891.jpg
床に降りて裏手を気にしていたり
a0164204_13395086.jpg
a0164204_13394961.jpg
時にはそのまま耳を澄ませたり
a0164204_13405957.jpg
a0164204_13405823.jpg
変わらない可愛い顔、姿で一生懸命
一生懸命、動いていたワリ
a0164204_13414861.jpg
a0164204_13424931.jpg
a0164204_13424988.jpg
悪い予感はしていても「もしかすればまた、きっとまた─────」とも感じ、願い祈りました
a0164204_13435060.jpg
a0164204_13434976.jpg
静かな静かな動物園
ワリはお尻以外変わりない姿で頑張っていました
a0164204_13453516.jpg
a0164204_13453505.jpg
いつもの横顔
a0164204_13465561.jpg
a0164204_13465579.jpg
時々見せるワリらしい眼差し
a0164204_13475755.jpg
a0164204_13475724.jpg
いつもの素敵なおばあちゃん
かわいい、儚くただ愛おしい
本当に素敵なセスジキノボリカンガルー、ワリ
a0164204_13502840.jpg
a0164204_13502999.jpg
a0164204_13502906.jpg
いつものよう、いつもよりも元気に壁登り
a0164204_13511839.jpg
a0164204_13511941.jpg
a0164204_13511892.jpg
いつものよう、いつもよりも楽しそうにドア登り
a0164204_13521847.jpg
a0164204_13521898.jpg
元気にしか見えないワリ
a0164204_13531868.jpg
a0164204_13531890.jpg
本当は痛かったり苦しかったり

きっとそうだったはずなのに
a0164204_13540845.jpg
a0164204_13540878.jpg
a0164204_13540993.jpg
そして時間は静かにすぐに過ぎていき、いつものようにワリとお別れ
ただ違うことは、ここへ次に来てもワリの姿が見えないということ
a0164204_13552334.jpg
a0164204_13552490.jpg
a0164204_13552371.jpg
ワリの船は水平線の向こう側
確かにそこにいるはずだけれど見えない場所で過ごすようになったこと
それがこの日までとは違うこと
a0164204_13581811.jpg
a0164204_14000903.jpg
a0164204_14000804.jpg
ワリのことが大好きな、ワリが大好きな飼育係さんからのお便りのようなブログ
ただそれがワリのことを知る、ワリの笑顔を見るためのただ一つのこと
a0164204_14000825.jpg
a0164204_14052903.jpg
a0164204_14052957.jpg
見えなくても続く、続いているワリの長い航海
ただ日々の安心を、その旅の感動を願うしか無い
そんな水平線の向こう側
a0164204_14073924.jpg
a0164204_14073983.jpg
a0164204_14073981.jpg
ワリは美味しいものを食べ、そのときそのとき笑顔であり続けました
食べることを止めず、生き続けていく
食べればそれはその後の苦しみにもつながることだけど、それがワリ
a0164204_14102833.jpg
a0164204_14102875.jpg
a0164204_14102878.jpg
強い心
ワリ
a0164204_14150974.jpg
a0164204_14150923.jpg
a0164204_14150936.jpg
春近づけば「あと少しで─────」と願うこと
それは桜
a0164204_14163937.jpg
a0164204_14164076.jpg
ワリは桜を食べることが大好きでした

a0164204_14163920.jpg
a0164204_14184044.jpg
a0164204_14184041.jpg
早咲きの桜を飼育係さんは手配して咲かせ、ワリにプレゼントしてくれたようです
a0164204_14184003.jpg
a0164204_14203634.jpg
a0164204_14203780.jpg
ワリはそれを夢中で本当に美味しそうに食べ、またもっと、もっとと思ったに違いありません
a0164204_14203670.jpg
春は進み、今度は普通に、自然に桜が咲き出すその時まで
その時までまた頑張ろう、ワリは思い
a0164204_14224437.jpg
a0164204_14224425.jpg
a0164204_14224455.jpg
その時まで、それからもっともっと先まで
望むならずっとずっと、とみんなは涙をこぼす

そんな桜の花のピンク色
a0164204_14271926.jpg
a0164204_14271923.jpg
a0164204_14271910.jpg
自然に咲いた桜の花をそっと食べ、そしてワリは今までとは別の海へと船を出しました
a0164204_14283978.jpg
a0164204_14283932.jpg
a0164204_14283913.jpg
桜、美味しかったね
ワリ
a0164204_14293945.jpg
a0164204_14294073.jpg
a0164204_14293964.jpg
a0164204_14323462.jpg
寂しく続く、もう少し続く
そんな春のこと
a0164204_14340254.jpg
a0164204_14340240.jpg
a0164204_14340114.jpg
『ワリワリ』
それは“長い航海”という意味

a0164204_14355877.jpg
a0164204_14355838.jpg
a0164204_14355889.jpg
その長い航海の中で大勢の人に愛情を伝え、その姿、その暮らしでみんなを優しい気持ちにしてくれた
ゆっくりのんびり、グルメで、日向ぼっこが大好きで
いつも傍にいてくれたワリ
a0164204_14364141.jpg
a0164204_14364180.jpg
a0164204_14364101.jpg
外にいた頃は少し恥ずかしがりや
なかなか正面向かないキノボリカンガルー
a0164204_14405299.jpg
a0164204_14405137.jpg
2011年頃


そんなワリ、そして娘のビワ
二人にキノボリカンガルーを教えて貰った動物園
a0164204_14445766.jpg
a0164204_14445795.jpg
a0164204_14445694.jpg
a0164204_14445636.jpg
ずっとずっと、ずっとここで会えますように
キノボリカンガルーに会えますように
ワリの航海、ずっとみんなの心の中で続きますように
a0164204_14465590.jpg
a0164204_14465542.jpg
a0164204_14465584.jpg
ワリの思い、届きますように─────
a0164204_14465543.jpg
a0164204_14483234.jpg
a0164204_14483264.jpg
a0164204_14483284.jpg
Bon voyage!

BonBon voyage!

大好きなワリ!
a0164204_14490901.jpg
a0164204_14490982.jpg
a0164204_14490864.jpg
ワリ、今日はさようなら

さようなら
ありがとう
a0164204_14510879.jpg
a0164204_14510815.jpg
a0164204_14510783.jpg
Bon voyage!

BonBon voyage!

ワリ、セスジキノボリカンガルーのおばあちゃん
a0164204_14524785.jpg
a0164204_14524790.jpg
a0164204_14524697.jpg
かわいいかわいいおばあちゃん

a0164204_14534609.jpg
a0164204_14534536.jpg
a0164204_14534572.jpg
世界最高齢
それは本当に凄いこと
でもそれは本当に一番重要ってことじゃない
a0164204_14562430.jpg
a0164204_14562528.jpg
a0164204_14562409.jpg
大好きな飼育係さんと一緒に暮らして、大好きなものを美味しく食べて
いつも二人で笑って時々泣いて暮らした日々、ただそれの積み重ね

温かい、優しさ感じたその時間、それが一番大切な物
a0164204_14580246.jpg
a0164204_14580276.jpg
a0164204_14580261.jpg
誰もいない部屋
明るいけれどただただ寂しく広がって
a0164204_15004519.jpg
a0164204_15004551.jpg
でもまだワリの台には何かが残っているようで
a0164204_15022404.jpg
a0164204_15022474.jpg
a0164204_15022418.jpg
2017年、雪の降った日

港に船はもういないのに、まだ─────

まだ見送り切れてない
a0164204_15055939.jpg
a0164204_15055984.jpg
頭で心で、その中で
これからこれから、これからも
ずっとこれから思うこと
a0164204_15065687.jpg
a0164204_15065684.jpg
a0164204_15065630.jpg
船が出るよ
不思議な形、スピードそんなに速くない

素敵なおばあちゃんをそっと乗せ
ゆっくりした波、輝く水面にさざなみきらり
優しさの海へと船が出るよ

目的地なんか決まってない
船は厚い雲を避け、明るい日向をゆっくり進む

そう、どんなときでも日向ぼっこは気持ちいい
a0164204_15082315.jpg
a0164204_15090300.jpg
今の航海、その旅はずっとずっと穏やかに荒れること無く続く旅


ワリ、今までありがとう
a0164204_15102326.jpg
a0164204_15102311.jpg
a0164204_15102445.jpg



   

     

by bon_soir | 2018-03-30 15:16 | ズーラシア | Comments(4)
ブンタとシカエ
王子動物園で暮らすロバ、ブンタ
a0164204_04124928.jpg
お友達のシカ、シカエさん
a0164204_04134888.jpg
a0164204_04124835.jpg
桜、開き始めた雨上がりの日のこと
a0164204_04124939.jpg
a0164204_04144096.jpg
ブンタ君とシカエさん
二人は友達、お友達
a0164204_04151210.jpg
a0164204_04151377.jpg
a0164204_04151362.jpg
時々こうして何かの話し
フェンス越しの穏やか優しい二人の時間
a0164204_04175867.jpg
a0164204_04173310.jpg
a0164204_04173270.jpg
─────桜が咲くね

って、きっとそんな話し
a0164204_04195926.jpg
そっと離れたブンタ君
a0164204_04195912.jpg
a0164204_04195867.jpg
地面は昨日の雨、さっきの雨の水たまり
地面に染み込み、少し蒸発
春の空気、作ってく
a0164204_04204913.jpg
a0164204_04204986.jpg
a0164204_04204974.jpg
咲けばきっと綺麗な桜の木
膨らむ蕾、その下ブンタ
a0164204_04222247.jpg
a0164204_04222312.jpg
ブンタ君
a0164204_04222251.jpg
a0164204_04232268.jpg
美味しいね
a0164204_04232181.jpg
a0164204_04232124.jpg
雨が多い春
それだけ草木、春の花
お水が欲しいと言っている
ブンタ君、水たまりに自分の顔、桜の蕾を映して漂う
a0164204_04250111.jpg
a0164204_04250131.jpg
a0164204_04250003.jpg
春、なんだね
桜の花が動物園を包んでいくね
a0164204_04275192.jpg
a0164204_04275155.jpg
a0164204_04275139.jpg
香りも漂う
桜の香り
香りは漂う
ブンタ君も春を漂う
a0164204_04284305.jpg
a0164204_04284319.jpg
そっと、そっと
そっと漂い桜の木の下流れは止まる
そっとそっと引っかかる
a0164204_04284318.jpg
桜の香り

桜の香り
a0164204_04305847.jpg
a0164204_04305853.jpg
a0164204_04305856.jpg
咲き出す桜
桜の香り
春の香り
a0164204_04314266.jpg
a0164204_04314101.jpg
a0164204_04314131.jpg
冬の背中
とっくに見えない春の日のこと
a0164204_04323527.jpg
a0164204_04323403.jpg
a0164204_04323595.jpg
春、春なんです
香り、漂い動物達に引っかかる
そんな春

春、なんです
a0164204_04334264.jpg
a0164204_04334259.jpg
a0164204_04334145.jpg
気持ちいい

気持ちいい
a0164204_04350076.jpg
a0164204_04345980.jpg
a0164204_04350019.jpg
春、気持ちがいい
気分がいい
a0164204_04355355.jpg
a0164204_04355321.jpg
a0164204_04355398.jpg
こうしている間にも、桜は次々咲いてくる
辺りに香り、春のこと
a0164204_06120152.jpg
a0164204_06120174.jpg
a0164204_06120046.jpg

シカエさんとまた話し、今日もそのうち終わります
a0164204_06135108.jpg
a0164204_06135199.jpg
a0164204_06135097.jpg
春、お花の間
色と色のその間
漂っていて微笑んでいて
a0164204_06152516.jpg
a0164204_06152546.jpg
a0164204_06152559.jpg
お客さんにもその報告
a0164204_06191528.jpg
a0164204_06191508.jpg
ブンタ君とシカエさん
何故、二人共ロバじゃないんだろう
何故、二人共シカじゃないんだろう
a0164204_06201720.jpg
a0164204_06201754.jpg
a0164204_06201604.jpg
二人、春を抜け、徐々に抜け
暑い夏、きっとすぐにやって来る
a0164204_06220676.jpg
a0164204_06220566.jpg
今日の夢はどんな夢
桜咲きだし満開いつか舞い落ちる
薄いピンク、ピンク色の夢
今日の夢はそんな夢
a0164204_06235485.jpg
a0164204_06235442.jpg
a0164204_06235513.jpg
二人で見る夢
そんな夢
a0164204_06220554.jpg




    

by bon_soir | 2018-03-29 06:26 | 王子動物園 | Comments(0)
タニと10分
ズーラシアで暮らすセスジキノボリカンガルー、タニ
a0164204_07383689.jpg
a0164204_07383522.jpg
暖かくなりそうな日の朝のこと
a0164204_07383627.jpg
ここのところお気に入りの場所
キノボリカンガルーらしくゆっくりゆっくり
佇みゆっくり
a0164204_07465652.jpg
a0164204_07465550.jpg
a0164204_07465615.jpg
眠いかな
眠くないかな
a0164204_07483056.jpg
a0164204_07483050.jpg
おはよう、タニ
a0164204_07483008.jpg
悲しいこと、寂しいことがあったこと
一緒に暮らした日々のこと
ただ思い出すあの日々のこと
a0164204_07492931.jpg
a0164204_07492825.jpg
a0164204_07492915.jpg
今年は暖かくなるのがちょっと早い
あんなに冬は寒かったのに、もうこんなに暖かい
a0164204_07513560.jpg
a0164204_07513427.jpg
a0164204_07513474.jpg
ノウサギ達の顔に感じる春
今年は寂しい春のこと
a0164204_07531574.jpg
a0164204_07531510.jpg
a0164204_07531538.jpg
ミモザの黄色
タニの瞳の中で揺れている
涙で光る瞳の中で、風にそっと揺れている
a0164204_07550770.jpg
a0164204_07550734.jpg
a0164204_07550712.jpg
10分程度の朝のこと
寂しいお別れ、した日の朝の10分程度の心の会話

─────もう何も起こらないように
a0164204_07563650.jpg
a0164204_07563767.jpg
a0164204_07563619.jpg
一生懸命微笑みそっと、心で話した10分程度
10分程度の朝のこと
a0164204_07580806.jpg
a0164204_07580873.jpg
もう何も
もう何も無いように
もう悲しいことは無いように

そんな10分程度の朝のこと




   


by bon_soir | 2018-03-28 08:08 | ズーラシア | Comments(0)
ボタン
王子動物園で暮らすコアラ、ボタン
a0164204_14192028.jpg
前回の訪問(→☆☆☆☆☆)からだいたい2ヶ月
大きくなりました
a0164204_14231547.jpg
a0164204_14231495.jpg
どうやらここの場所がお気に入り
a0164204_14231591.jpg
a0164204_14242802.jpg
小さな口、小さなあくび
a0164204_14242888.jpg
a0164204_14242973.jpg
a0164204_14242815.jpg
あくびの終わり
a0164204_14255808.jpg
お母さんのウメ
子育てしっかり
クールだけれど、温かい愛情のお母さん
a0164204_14255896.jpg
またあくび
眠いのはコアラだから、春だから
a0164204_14292541.jpg
a0164204_14292685.jpg
a0164204_14292634.jpg
そう、コアラだから
春だから
a0164204_14311409.jpg
a0164204_14311484.jpg
a0164204_14311456.jpg
a0164204_14331383.jpg
眠いんだ
a0164204_14331400.jpg
a0164204_14331440.jpg
a0164204_14331496.jpg
ミナト君が隣で見つめる
ウメとボタン、二人も見つめる
a0164204_14342038.jpg
a0164204_14342026.jpg
それは動くユーカリ
ユーカリワゴン
a0164204_14342139.jpg
a0164204_14354345.jpg
美味しそうなユーカリ来たよ

a0164204_14354359.jpg
a0164204_14354392.jpg
うずうずしてる
食べたくっていい匂いに包まれたくて
a0164204_14365119.jpg
a0164204_14381578.jpg
みんなうずうず
うずうずしてる
a0164204_14381535.jpg
a0164204_14381562.jpg
a0164204_14390671.jpg
身体が動くのなんでだろう
うずうずそわそわ
なんでだろう
a0164204_14390670.jpg
a0164204_14390630.jpg
a0164204_14390575.jpg
跳ぼうとしたボタン
止めたボタン
a0164204_14404697.jpg
a0164204_14404690.jpg
a0164204_14404632.jpg
ミナト君の所から先、ユーカリついた
次はここ、次はここ
うずうずしてる
a0164204_14413675.jpg
a0164204_14413678.jpg
a0164204_14413693.jpg
今度は跳んでウメの所
a0164204_14424960.jpg
a0164204_14424946.jpg
a0164204_14424943.jpg
a0164204_14424978.jpg
きっとこれから人が来る
ユーカリつけに人が来る
そんな時はどうしよう
そんな時はお母さんの背中だよ
a0164204_14500098.jpg
a0164204_14500029.jpg
a0164204_14500051.jpg
コアラのおんぶ
それはとっても大切なもの
お母さんの優しさ温かさ
感じて自分も優しくなれる
a0164204_14512144.jpg
a0164204_14512172.jpg
a0164204_14512214.jpg
バランス感覚、高さの感じ
身につけるため、感じるために
一緒に覚える大切な
a0164204_14540800.jpg
a0164204_14540878.jpg
大切なこと
a0164204_14562094.jpg
a0164204_14545928.jpg
ウメは少し大変だ
そろそろ少し大変だ
a0164204_14540893.jpg
コアラの親子は儚く健気に
ただそっと暮らして頑張る、頑張っている
a0164204_14562092.jpg
a0164204_14562081.jpg
ゆっくり下りて、その間
きっといろんなことを親子で話す
離れてしまう時が来るまでの短い時間
なにより大切、親子の時間
a0164204_14590823.jpg
a0164204_14590968.jpg
a0164204_14590899.jpg
オーストラリア、森の中
野生のコアラもこんなかな
一生懸命頑張って、大きな困難乗り越えて
小さな子供は大きくなっていくのかな
a0164204_15015054.jpg
a0164204_15015000.jpg
a0164204_15014974.jpg
おんぶしたまま風に揺れ、ポッケの中で胸の中で
こうして背中で聞くのかな
a0164204_15035500.jpg
a0164204_15035561.jpg
a0164204_15035516.jpg
お母さんの優しい言葉
お母さんが歌う子守唄
a0164204_15052052.jpg
a0164204_15052122.jpg
a0164204_15052020.jpg
毎日聞いて安心して、少しずつ大きくなっていくのかな
a0164204_15061985.jpg
a0164204_15061922.jpg
a0164204_15061979.jpg
ユーカリの匂い
お母さんと一緒に包まれたあの匂い
忘れないように、どれが美味しいのか教えてもらったとおり
忘れないように
a0164204_15071437.jpg
a0164204_15071450.jpg
a0164204_15082218.jpg
この温かさ
忘れないように
a0164204_15085612.jpg
a0164204_15085651.jpg
a0164204_15094720.jpg
一人になってもこの日のこと、あの日のことを忘れてしまわないように
いつか自分がお母さんになる日、そのとき思い出すように
a0164204_15094707.jpg
a0164204_15094743.jpg
a0164204_15094795.jpg
お母さんは傍にいる
そっと見つめて、そっと優しくささやきながら
お母さんは傍にいる
a0164204_15113661.jpg
a0164204_15113658.jpg
a0164204_15113659.jpg
お母さん、大好き
a0164204_15123905.jpg
a0164204_15123946.jpg
ユーカリ、大好き
a0164204_15123950.jpg
a0164204_15133739.jpg
いつの間にかそっと離れる時間が多く
a0164204_15133702.jpg
a0164204_15133786.jpg
a0164204_15133661.jpg
身体も大きく、心は大人に
いつしか必ずやって来る
親離れ、子離れ
少し寂しい親離れ、子離れ
a0164204_15150329.jpg
a0164204_15150498.jpg
a0164204_15150322.jpg
ポッケの記憶、抱っこの記憶
おんぶで見た世界の記憶
全部抱えていつかの未来
a0164204_15163061.jpg
a0164204_15163094.jpg
a0164204_15163091.jpg
a0164204_15163064.jpg
まだまだ小さなコアラだけれど、ボタンも大人になっていく
すぐにすぐに、いつの間にか
目を離してはいけないよ
a0164204_15182589.jpg
a0164204_15182469.jpg
a0164204_15182593.jpg
コアラ頑張れ
頑張れ頑張れ
a0164204_15200762.jpg
a0164204_15200758.jpg
a0164204_15200894.jpg
a0164204_15200747.jpg
お気に入りの場所だね
a0164204_15213709.jpg
a0164204_15213718.jpg
a0164204_15213895.jpg
a0164204_15213784.jpg
コアラ頑張れ
頑張れ頑張れ
a0164204_15224985.jpg
a0164204_15225096.jpg
頑張れ頑張れ
a0164204_15234219.jpg
a0164204_15234242.jpg
a0164204_15234385.jpg
a0164204_15234371.jpg




    

by bon_soir | 2018-03-27 15:24 | 王子動物園 | Comments(2)
プレーリードッグも登ります
王子動物園で暮らすプレーリードッグ達
a0164204_13464804.jpg
a0164204_14104735.jpg
地面に掘った穴の中
それがよく見るプレーリードッグ
ふとみたこの子達は金網よじ登り
a0164204_13464952.jpg
a0164204_13464920.jpg
見張りなのかな
a0164204_13512870.jpg
a0164204_13512835.jpg
a0164204_13512881.jpg
乗り出して外を眺める
そこから何が見えるのか
何が見えたのか
a0164204_13523174.jpg
a0164204_13523188.jpg
何が見えるのか教えてほしいと、視線の先を追ってみてもわからない
きっとそこからじゃないと
わからない
a0164204_13523046.jpg
プレーリードッグも登ります
一生懸命、何かを見るため探すため
プレーリードッグも登ります
a0164204_13565305.jpg
a0164204_13565369.jpg
上の方ばかり見つめていたら下の方にももう一人
a0164204_13565380.jpg
みんな登る
金網登る
知らなかったけど普通のこと
a0164204_13592304.jpg
a0164204_13592338.jpg
きっと普通
普通のこと
a0164204_13592319.jpg
上の方の子、降りてきた
a0164204_14020423.jpg
a0164204_14020590.jpg
「交代ね」
と言ったか言わないか
この後最初上にいた子ガラスの高さを飛び降りた
a0164204_14020402.jpg
a0164204_14044457.jpg
なんだか凄い
プレーリードッグ
a0164204_14041037.jpg
a0164204_14041093.jpg
一度上まで登った二人目
a0164204_14055041.jpg
a0164204_14055028.jpg
意外と早く降りてきた
a0164204_14054978.jpg
こんなふう
一生懸命こんなふう
a0164204_14065273.jpg
a0164204_14065297.jpg
a0164204_14065153.jpg
プレーリードッグも登ります
一生懸命、何かを見るため探すため
プレーリードッグも登ります
a0164204_14073817.jpg
a0164204_14073847.jpg
a0164204_14073844.jpg
登ればほら、地面にいるよりずっとずっと遠くまで見えるから
a0164204_14092837.jpg
a0164204_14092847.jpg
ずっとずっと遠くまで

─────遠くまで
a0164204_14092899.jpg
登ればほら

ずっとずっと
ずっと遠くまで
a0164204_14104740.jpg

by bon_soir | 2018-03-26 14:11 | 王子動物園 | Comments(0)
アークが傍の夜のこと
見上げた空の雲の隙間に星、見えるかな
見上げたユーカリの木の葉っぱの隙間、コアラがいるのが見えるかな
a0164204_14073025.jpg
a0164204_14073128.jpg
a0164204_14073005.jpg
天王寺動物園で暮らすコアラ、アーク
春のナイトズー、小さなユーカリの森の中、夜が来ても傍にいてくれている
そんなロマンチック
a0164204_14103304.jpg
a0164204_14103318.jpg
a0164204_14103287.jpg
陽はとうに西の彼方
辺りはだいぶ暗くなって
その中アークは夕ご飯
a0164204_14123011.jpg
a0164204_14123058.jpg
a0164204_14122964.jpg
ゆっくりゆっくり
ゆっくりと食べ続け
その間にも空、さらに暗くなる
a0164204_14123011.jpg
a0164204_14140659.jpg
a0164204_14140661.jpg
もう真っ暗
曇った夜空はただ重く、強い風でユーカリの木揺れる音
a0164204_14153416.jpg
a0164204_14153478.jpg
誰の目にも見えなくなったアーク
スタッフさんが動物達にも優しい“ぼんやりライト”でアークを見つける
a0164204_14164237.jpg
a0164204_14153459.jpg
動物園にはきらきら光、人が喜ぶ
ぼんやりライトだけで十分な動物達
a0164204_14184269.jpg
a0164204_14184243.jpg
a0164204_14184250.jpg
雲は流れて所々に青い夜空
まだ星は見えていない
お部屋の入り口、明るく光る
「そのうち戻っておいでよ」と、アークを誘う
a0164204_14203590.jpg
a0164204_14203507.jpg
a0164204_14203537.jpg
ユーカリざわざわ、揺れてざわざわ
通天閣はきらきらぴかぴか
a0164204_14225288.jpg
a0164204_14225293.jpg
a0164204_14225202.jpg
アークは夕ご飯を食べ終えて、そっと一段登ってそこで一休み
a0164204_14225192.jpg
a0164204_14244054.jpg
夜になってもお部屋に戻らなくてもいい、こんなせっかくの夜だから
星、一つくらい見つけたい
a0164204_14244026.jpg
a0164204_14244049.jpg
─────そう、こんなせっかくの夜だから
a0164204_14282116.jpg
a0164204_14282123.jpg
夜は静かにアークを包む
聞こえてくるのは大好きな風の音
自然が作る音ばかり
a0164204_14282116.jpg

a0164204_14282024.jpg
a0164204_14282060.jpg
アークが登るユーカリの木、ゆらりゆらりと風に揺れ
時々外れるぼんやりライト
a0164204_14303865.jpg
a0164204_14303892.jpg
a0164204_14303823.jpg
風が作る雲の隙間に星を見つけてみませんか
動物達と過ごす夜にロマンを感じてみませんか
a0164204_14322048.jpg
a0164204_14322040.jpg
a0164204_14322061.jpg
アークと過ごす夜だから
コアラを見上げる、そんなロマンチックな夜だから
a0164204_14344248.jpg
a0164204_14344318.jpg
a0164204_14344382.jpg
オーストラリア、何処かユーカリ揺れる森の中
コアラはこうしているのかも
こうしてコアラは暮らして風に揺れているのかも
そうなのかもしれない、そんなアークと過ごす夜
a0164204_14360149.jpg
a0164204_14360031.jpg
a0164204_14360119.jpg
雨を降らした厚い雲
今日は星を見つけることが出来なかもしれないね
少し寂しいことだけど、見つけることが出来ないかもしれないね
a0164204_14382065.jpg
a0164204_14382008.jpg
a0164204_14382048.jpg
地面にまだ虫いない春
ときおり寒い夜のこと
a0164204_14394593.jpg
a0164204_14394586.jpg
a0164204_14394546.jpg
人の光、本当だったら無くてもいい
星が、月が、踊る星座があるだけで、それだけでもいい
それで、きっとそれでいい
a0164204_14414494.jpg
a0164204_14414556.jpg
ただ今日はその星、その月、見つからない
そんな少し寂しい夜の、夜の動物園
大きなビルだけきらきら光る
a0164204_14414500.jpg
a0164204_14414513.jpg
揺れて聞いて風の中
眠ったアークは気がついた
a0164204_14450828.jpg
a0164204_14450846.jpg
a0164204_14450877.jpg
大きなコアラが迎えに来てる
今日はそろそろお部屋に戻る
楽しい夜はそろそろ終わり
a0164204_14461615.jpg
a0164204_14461687.jpg
a0164204_14461756.jpg
「帰ろう、アーク」
それは動物園の終わりの言葉
今日はアークとさようなら
a0164204_14474355.jpg
a0164204_14474364.jpg
a0164204_14474370.jpg
優しく優しく話しかけ、優しく優しく言葉を返してさようなら
今日はアークとさようなら
a0164204_14501201.jpg
a0164204_14501267.jpg
見上げた夜空、雲の隙間に星、光る
アークの瞳に、アークの心に星
キラリと光る星一つ、最後に見つけた星一つ
a0164204_14501281.jpg
a0164204_14501235.jpg
a0164204_14540261.jpg
「ヴェッ、ヴェッ、ヴェッ、ヴェッ」
アークの優しい声が聞こえる
叫ぶ声じゃない、どこか優しいそんな声
a0164204_14540246.jpg
a0164204_14540208.jpg
a0164204_14540175.jpg
今日はさよなら、さよならアーク
今日はさよなら、また今度
a0164204_14572567.jpg
a0164204_14572521.jpg
a0164204_14572531.jpg
コアラと過ごす夜のこと
そろそろ終わり、寂しい寂しい別れ際
a0164204_14583112.jpg

a0164204_15005497.jpg
a0164204_14583128.jpg
今日はさようなら
アーク、今日は今日はさようなら
a0164204_15013640.jpg
a0164204_15013600.jpg
下りてきたアーク
つかまるつかまる太い幹
a0164204_15013777.jpg
a0164204_15013661.jpg
こんなに太くたって大丈夫
コアラはこうして大丈夫
a0164204_15031192.jpg
a0164204_15031169.jpg
a0164204_15035739.jpg
可愛いコアラ
凄いコアラ
みんなコアラ、コアラの本当
本当のコアラ
a0164204_15031067.jpg
a0164204_15035707.jpg
また朝は来る
動物園に朝は来る
それまでアークはお部屋に戻る
朝の空はどんなかな、明日の夜空はどんなかな
ふと考えてお部屋に戻る
a0164204_15053380.jpg
a0164204_15053206.jpg
a0164204_15053212.jpg
扉の向こうへ、走って戻る
振り返ればまた、また風に吹かれたくなってしまうから
a0164204_15073577.jpg
a0164204_15073543.jpg




     

by bon_soir | 2018-03-25 15:08 | 天王寺動物園 | Comments(6)
春を迎えに
『春だ、春だ』
と、はしゃぐ君

素敵な笑顔
a0164204_13585961.jpg
秋が黄色だって言うならさ、春は何色に見えるんだい─────
そう、全部君の瞳に映る色
─────映る色、僕にそのまま教えてくれたらいいよ
a0164204_07245738.jpg
a0164204_07245650.jpg
a0164204_07245743.jpg
顔出したばかりの緑色、柔らかい空、少しくすんで見える青い色
a0164204_07245618.jpg
a0164204_07245610.jpg
今、君の傍に僕は行くよ
僕の隣で教えてくれたらいいよ、僕の隣で伝えてくれたらいいよ
a0164204_07285531.jpg
a0164204_07285679.jpg
a0164204_07285551.jpg
色の名前を僕は聞いて、そっとその色うなずく僕さ
そう、その瞬間から春はその色
a0164204_07305766.jpg
a0164204_07305671.jpg
a0164204_07305689.jpg
何処かの誰かがそんな色に名前を付けた
色の名前、色んな色の色の名前
僕は覚える、一つづつ
僕はそっと声に出す、一つづつ
a0164204_07371052.jpg
たんぽぽ、たけのこ、小さなつくし
庭の片隅、何も言わずに顔出すよ
a0164204_07371094.jpg
a0164204_07371052.jpg
a0164204_07371064.jpg
気がつけば辺りは春─────春を迎えに行くのを忘れていたよ
気がついたときにはすぐに、僕は季節の中、溺れてる
a0164204_07435195.jpg
a0164204_07455561.jpg
a0164204_07455524.jpg
秋の終わりに、冬の終わりに、悲しいことがあったりさ
僕もずっと上手くいかないことばかり
待っていた春だったのに、考え過ぎて僕は迎えに行くのを忘れたよ
a0164204_13104522.jpg
a0164204_13104643.jpg
a0164204_13104556.jpg
良く、ないね
a0164204_13094921.jpg
a0164204_13094913.jpg
a0164204_13094949.jpg
a0164204_13143723.jpg
みんなの洋服、春色さ
動物園に色が動く
a0164204_13143787.jpg
a0164204_13143734.jpg
a0164204_13143694.jpg
小鳥の声も春の声
この季節だけの声ばかり
a0164204_13190204.jpg
a0164204_13190295.jpg
a0164204_13190155.jpg
レモンライムも「あったかい」って、おしゃべり増える
毛布の出番、減るだろう
a0164204_13205027.jpg
a0164204_13205029.jpg
a0164204_13232408.jpg
探しに行かなくたってもう何処も春
時々とても寒かったり、雨が増えてしまうのはしかたない
そんな日本の春だから
a0164204_13232448.jpg
a0164204_13232599.jpg
a0164204_13232437.jpg
コウ、ユキ
待ちわびた春、どうだろう
これから毎年、だいたいこうさ
a0164204_13282162.jpg
a0164204_13282152.jpg
a0164204_13282182.jpg
マル、僕ら待ちわびた春、こんな感じで始まり進むのさ
これから毎年、僕と一緒で構わないかい
a0164204_13442133.jpg
a0164204_13442106.jpg
a0164204_13442178.jpg
来年は忘れずに
─────二人で春を迎えに行こう
a0164204_13461590.jpg
a0164204_13461641.jpg
a0164204_13461594.jpg
春を迎えに、春をそっと迎えに行こう
探して歩くのもいいさ
でも、迎えに行くのはもっと楽しいはずさ
a0164204_13473562.jpg
a0164204_13473555.jpg
a0164204_13473668.jpg
今年はごめんよ、大失敗
僕は忘れてしまってた
a0164204_13521500.jpg
a0164204_13521573.jpg
a0164204_13521501.jpg
秋の終わりに、冬の終わりに、悲しいことがあったりさ
僕もずっと上手くいかないことばかり
待っていた春だったのに、考え過ぎて僕は迎えに行くのを忘れたよ
a0164204_13545844.jpg
a0164204_13545862.jpg
a0164204_13545986.jpg
僕は大人になって“フクちゃん”のまま
そういうことさ
a0164204_13563581.jpg
a0164204_13563470.jpg
a0164204_13563403.jpg
ワインさんのようにはまだなれない
a0164204_14010115.jpg
a0164204_14010138.jpg
a0164204_14010167.jpg
のんびりいこう─────
それもいいけど少しは焦る
a0164204_14020477.jpg
a0164204_14020409.jpg
a0164204_14020510.jpg
a0164204_14020406.jpg
それで上手くいかない悪循環
ワインさんも頷いてるよ
a0164204_14044445.jpg
a0164204_14044360.jpg
a0164204_14044435.jpg
a0164204_14044381.jpg
そう
なかなか上手くいかないもんさ
気にしたってしかたないって、わかっているよ
ありがとう
a0164204_14110353.jpg
a0164204_14110381.jpg
a0164204_14110359.jpg
夢の中ではあんなに自由─────なのにね
a0164204_14122145.jpg
a0164204_14122129.jpg
a0164204_14110342.jpg
誰かが言うのさ
─────影の境目はっきりと
それは陽射しが強くなった合図
a0164204_14144830.jpg
a0164204_14144897.jpg
a0164204_14144964.jpg
a0164204_14144811.jpg
春は足早、すぐに見かける春の背中
夏はすぐに来てしまう
a0164204_14161733.jpg
a0164204_14161732.jpg
a0164204_14161623.jpg
僕らはウォンバット
暑いのみんな、苦手なのさ
a0164204_14193964.jpg
a0164204_14193966.jpg
a0164204_14193851.jpg
マルは僕よりずっと、ずっと落ちついて
なんだか時々寂しくなるのさ
a0164204_14183063.jpg
a0164204_14182930.jpg
a0164204_14183044.jpg
大勢の人と話をしたり、撫でてもらっていたりしてさ
僕は少し駄々こねる
マルだけ先に行っているようで、僕とは離れてしまうようで
僕は少し不安なのさ
a0164204_14244956.jpg
a0164204_14244800.jpg
a0164204_14265751.jpg
─────もっと傍に、傍においでよ
a0164204_14265779.jpg
a0164204_14265752.jpg
a0164204_14265781.jpg
進む毎日
僕を焦らせ、背中を押すのさ
ときおり吹いた強い春風
僕の言葉を何気なくかき消した
a0164204_14284667.jpg
a0164204_14284735.jpg
a0164204_14284686.jpg

伝えたいこと、まだまだあるけど
何もなかなか上手くいかない僕さ
a0164204_14530160.jpg
a0164204_14530091.jpg
a0164204_14530077.jpg
a0164204_14530126.jpg
この春、そのうちそっと過ぎていき
その頃みんなはどんな顔をしているんだろう
a0164204_14545822.jpg
a0164204_14545842.jpg
a0164204_14545864.jpg
楽しい春、可愛い春、大好きな春
みんなは何を感じ、何を見つけて、どんなことを考えていくんだろう
a0164204_14560712.jpg
a0164204_14560859.jpg
a0164204_14560803.jpg
夏は迎えに行かないよ
暑くて暑くてしかたないからね
a0164204_15080495.jpg
a0164204_15080421.jpg
a0164204_15080417.jpg
a0164204_15080469.jpg
イチョウの葉っぱが茂って日陰を作ってくれる
その下、みんなでしのぐんだ
お部屋の中、穴の中
あとはそうするよりもないんだよ
a0164204_15181960.jpg
a0164204_15181915.jpg
季節はそうして、そうして進みまた帰る
a0164204_15182079.jpg
a0164204_15182040.jpg
来年こそは春を迎えに僕らは行こう
忘れないように、こっちから
待つんじゃなくて迎えに行こう
a0164204_15222689.jpg
a0164204_15222712.jpg
a0164204_15222779.jpg
a0164204_15222600.jpg
今日もお客さんが大勢だ
今年も春が来たんだね
a0164204_15243405.jpg
a0164204_15243398.jpg
a0164204_15243352.jpg
ガラスの中の僕
僕は今、どんな顔をしてるんだい?
a0164204_15262738.jpg
a0164204_15262777.jpg
a0164204_15262791.jpg
君の顔は僕の顔
そうだね、悪くない
のんびりゆっくり、笑っているよう─────
a0164204_15273011.jpg
a0164204_15273084.jpg
a0164204_15273016.jpg
僕は頑張れてるよ
たぶんね

きっと、ね




    

by bon_soir | 2018-03-23 15:32 | 五月山動物園 | Comments(4)
笑顔の奥の悲しみと
埼玉県こども動物自然公園で暮らすコアラ、ジンベラン
a0164204_15161024.jpg
a0164204_15161084.jpg
ポッケから出てくるようになった小さな赤ちゃんを亡くしてしまったばかり
a0164204_15161038.jpg
a0164204_15183254.jpg
ジンベランにはどんな言葉をかけてあげればいいのだろう
でも言葉は通じない
どうしよう、どうすればいいんだろう
a0164204_15183290.jpg
a0164204_15183234.jpg
ジンベランはいつも優しくそっと笑ってる
悲しくないわけないはずだけど、そっと、そっと笑ってる
a0164204_15210308.jpg
a0164204_15210350.jpg
でも今はその笑顔が精一杯に感じられ
健気な笑顔は寂しく、悲しく見えてくる
a0164204_15233478.jpg
a0164204_15233410.jpg
頑張れジンベラン
a0164204_15233375.jpg
頑張れ頑張れ、ジンベラン




    

by bon_soir | 2018-03-22 15:14 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(2)
静かに過ごす春だから
森に林に、大きな木、小さな木
辺りは静かプレーリードッグ
a0164204_14510799.jpg
a0164204_14510788.jpg
a0164204_14510748.jpg
プレーリードッグ達も何も喋らず
静かに静かに
埼玉県こども動物自然公園、場所によりけり
とっても静か、心が落ち着く
a0164204_14510756.jpg
a0164204_14541179.jpg
仕事中だね
a0164204_14541133.jpg
a0164204_14541109.jpg
晴れていればぽかぽかぽかぽか
日向はぽかぽか
陽射しはもうけっこう強い紫外線
a0164204_14562526.jpg
a0164204_14562715.jpg
a0164204_14562361.jpg
影の境目はっきりくっきりしだしたら
それはもうけっこう強い紫外線
a0164204_14574639.jpg
a0164204_14574508.jpg
巣穴はいいね
過ごしやすいね、落ち着くね
a0164204_14574511.jpg
頑張って仕事中
一人大忙しで仕事中
a0164204_14585870.jpg
a0164204_14585997.jpg
a0164204_14585856.jpg
春、お花の季節を迎えて、みんなで通り越し
すぐに夏がやってくる
a0164204_15000118.jpg
a0164204_15000167.jpg
もったいないから何かを見よう、眺めにいこう
時間だけは進む一方減る一方
もったいないから何でもしよう、少しの無理で何でもしよう
a0164204_15000067.jpg
a0164204_15000091.jpg
時間だけは進む一方減る一方
動物達もみんなそう、人もそう
時間だけは進む一方減る一方
a0164204_15024776.jpg
a0164204_15024655.jpg
a0164204_15024653.jpg
a0164204_15024722.jpg
一人頑張って仕事中
a0164204_15035738.jpg
頑張れ頑張れ
頑張れ動物、頑張れ頑張れ





   

by bon_soir | 2018-03-21 12:00 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(2)