カテゴリ:多摩動物公園( 263 )
コタロウ君
多摩動物公園で暮らすコアラ、コタロウ
a0164204_12543321.jpg
a0164204_13185332.jpg
a0164204_13210928.jpg
去年の終わり、12月
王子動物園からお引越ししてきてくれてまだまだ間もないコタロウ君
a0164204_12570729.jpg
a0164204_12570605.jpg
まだ落ち着かないうち、金沢動物園からユイとユウキが一時的にやって来たりといろいろなことを経験した
そんなコタロウ君
a0164204_12583503.jpg
a0164204_12583567.jpg

高い天井には慣れたかな
a0164204_13002116.jpg
a0164204_12583543.jpg
外では雪が積もったけれどみえないところがちょっと残念
a0164204_12583513.jpg
a0164204_13024481.jpg
大きくなったコタロウ君
少し黒っぽいのはお母さんと一緒
a0164204_13024547.jpg
a0164204_13024425.jpg
お鼻が大きいのはお父さんの影響かな
a0164204_13045034.jpg
a0164204_13045050.jpg
まだ少し緊張見えるコタロウ君
昼の間はあまり動かずなるべくここで過ごしてる
a0164204_13061189.jpg
a0164204_13061112.jpg
a0164204_13061083.jpg
お父さんもそうだった、お母さんも金沢動物園で暮らしていた頃からけっこうそう
落ち着いている家系なのかもしれません
a0164204_13080236.jpg
この日はお腹が空いていたのか、ユーカリ交換前に少しうろうろ
a0164204_13100838.jpg
a0164204_13100965.jpg
食べたい葉っぱ探し
コアラだからね
a0164204_13100807.jpg
a0164204_13121313.jpg
a0164204_13121321.jpg
新しいユーカリまだまだ来ない
まだまだ開園してすぐ
待つと時間は本当に長い
a0164204_13121376.jpg
a0164204_13131165.jpg
a0164204_13131142.jpg
振り返ればあっという間
一日一日すぐに過ぎてしまったよう
多摩での暮らし、振り返ればあっという間、ちょっと先のこと
それはなぜかまだまだまだまだ
a0164204_13145488.jpg
a0164204_13145422.jpg
a0164204_13145367.jpg
早くユーカリ来ないかな
a0164204_13185400.jpg
a0164204_13185405.jpg
早く早く
早くユーカリ来ないかな
a0164204_13210928.jpg
a0164204_13210945.jpg
a0164204_13210927.jpg
ここは美味しいところかな
これは好きな葉っぱかな
探して考え、食べて思う
a0164204_13222290.jpg
a0164204_13222119.jpg
a0164204_13222118.jpg
食べてそっと思い出す
お母さんが好きなユーカリ、葉っぱのことを
「美味しいね」って食べて微笑むお母さんの優しさを
a0164204_13233088.jpg
a0164204_13233083.jpg
a0164204_13232907.jpg
お部屋は広い
天井は高い
ここは多摩、多摩動物公園のコアラの家
a0164204_13252822.jpg
a0164204_13252844.jpg
a0164204_13252812.jpg
コタロウ君が大人になっていく、きっとその途中
色々ある日々、今はきっとその途中
a0164204_13263616.jpg
a0164204_13263724.jpg
a0164204_13263628.jpg
食べて眠って、身体、大きくなって
何度も何度も、長い時間
コアラ達は夢をたくさん見続けて
a0164204_13282918.jpg
a0164204_13282903.jpg
a0164204_13282969.jpg
儚く健気に暮らしてる
儚く健気に暮らしていくよ
a0164204_13311235.jpg
a0164204_13311282.jpg
a0164204_13311238.jpg
新しいユーカリの匂い
それはどこか爽やか、何故か強くて美味しそう
a0164204_13320830.jpg
a0164204_13320812.jpg
a0164204_13320853.jpg
どれが自分の好きな葉っぱか、どれが今回美味しいか
わかりやすい、見つけやすい
そしてまた、そんなユーカリの中に潜りたい
a0164204_13344495.jpg
a0164204_13344507.jpg
a0164204_13344445.jpg
ユーカリ達に囲まれたい
それが落ち着く、それがコアラ
夢の中でもユーカリの香りするように
素敵な夢を見られるように
a0164204_13372582.jpg
a0164204_13372518.jpg
a0164204_13372516.jpg
今日の夢はどんな夢
これから見る夢どんな夢
コアラが見る夢どんな夢
a0164204_13394751.jpg




    

by bon_soir | 2018-02-18 13:42 | 多摩動物公園 | Comments(1)
タオファとフランケン
多摩動物公園で暮らすレッサーパンダ、タオファと
a0164204_12540350.jpg
フランケン
a0164204_12540342.jpg
少し前のまだ雪が残る日のこと
a0164204_12552658.jpg
a0164204_12552621.jpg
二人は同居を始めてまだ間もない
どちらかが追いかける素振り
興味のないふり
でも時々は優しい声で鳴いて呼ぶ
a0164204_12552664.jpg
a0164204_13003781.jpg
a0164204_13003749.jpg
きっと今は違うはず
きっと今はもっともっと仲がいい、はず
a0164204_13034641.jpg
a0164204_13034571.jpg
笹を食べていたタオファ
てくてく歩いて、雪だいぶ溶けてきて
a0164204_13060461.jpg
a0164204_13060503.jpg
a0164204_13060586.jpg
雪にはしゃいだ日がもうだいぶ前のことのよう
a0164204_13060476.jpg
上の方まで登ってフランケンを呼ぶように、可愛い声で鳴いたりしていてかわいいタオファ
a0164204_13083096.jpg
a0164204_13083064.jpg
a0164204_13082946.jpg
そんな声が聞こえてるはずなのに
どういう心持ちかな、どんな感じかな
a0164204_13100417.jpg
a0164204_13100478.jpg
a0164204_13100322.jpg
お腹が空いているのかな
ご飯は後じゃ駄目なのかな
a0164204_13120326.jpg
a0164204_13120307.jpg
a0164204_13120395.jpg
見ている方が勝手に思う
くっつけくっつけ、並んで歩いて仲良く仲良く仲良く
a0164204_13132388.jpg
a0164204_13132393.jpg
a0164204_13132362.jpg
ごめんね
a0164204_13151911.jpg
そっとそっと見守ろう
ただ二人に、時間に任せ
そっとそっと見守ろう
a0164204_13151954.jpg
a0164204_13151901.jpg
雪どけ、春はすぐそこで
きっと色々なこと、色々な気持ちが動き出す
a0164204_13165349.jpg
a0164204_13165321.jpg
a0164204_13165290.jpg
晴れた日は明るい陽射し
負けてないのはかわいい二人
暖かさ越えて動物達はもっともっと温かく
a0164204_13203519.jpg
a0164204_13203517.jpg
a0164204_13203645.jpg
美味しく食べて満足増やして、それ積み重ねて楽しく暮らしてその先のこと
a0164204_13233124.jpg
a0164204_13233165.jpg
a0164204_13233072.jpg
登って追いかけた
a0164204_13284510.jpg
a0164204_13284500.jpg
a0164204_13284529.jpg
けれどフランケンは眠いんだって言う
a0164204_13295581.jpg
a0164204_13295518.jpg
しかたないね
待ってようよ
誰だって眠いときは眠りたい
a0164204_13423496.jpg
a0164204_13423412.jpg
夢を見るための準備が出来た時間のことだから
a0164204_13423307.jpg
a0164204_13423461.jpg
春が来るね
もうすぐそこまでやって来てるね
a0164204_13445290.jpg
a0164204_13445294.jpg



    

by bon_soir | 2018-02-17 13:46 | 多摩動物公園 | Comments(0)
ナズナちゃん
ゴールデンターキンの赤ちゃんにまた会えるように
お名前は「ナズナ」
かわいい女の子
a0164204_12254733.jpg
a0164204_12254711.jpg
まだまだ本当に小さな小さなゴールデンターキン
a0164204_12254756.jpg
ナズナとお母さんのホイが出てきてくれる前のお昼過ぎまで
お庭にいるのはオウテンとムツ
ムツも大きくなって、色が金色なりかけお年頃
a0164204_12263591.jpg
a0164204_12263508.jpg
a0164204_12263450.jpg
お父さんはのんびりのんびり
a0164204_12291231.jpg
a0164204_12291232.jpg
眠いんだってよ
a0164204_12291254.jpg
a0164204_12291219.jpg
a0164204_12320181.jpg
時間が過ぎてナズナちゃん
a0164204_12332225.jpg
壁に向かう
a0164204_12332222.jpg
どしん!といったかいかないか
a0164204_12332325.jpg
a0164204_12332293.jpg
そんな最初
ナズナちゃん
a0164204_12345880.jpg
a0164204_12345803.jpg
まだまだ小さい
a0164204_12354998.jpg
やっぱり赤ちゃん、子供のターキン
落ち着かないね
a0164204_12364601.jpg
落ち着いた
落ち着かない
ただそう、元気いっぱい
a0164204_12364640.jpg
a0164204_12364671.jpg
この日はお兄ちゃん(お父さん違い)のムツも一緒に出ていたから
ナズナちゃん、ムツにも寄り添う
a0164204_12381928.jpg
a0164204_12381974.jpg
賑やかなゴールデンターキンの小さい方の庭
a0164204_12381845.jpg
a0164204_12401898.jpg
たたたって小走り
踏み固められた雪の上
a0164204_12401931.jpg
a0164204_12401988.jpg
a0164204_12401828.jpg
ムツのことがどうやら大好き
a0164204_12420025.jpg
a0164204_12420041.jpg
a0164204_12415988.jpg
色々なことが気になるよ
色々なことを眺めて覚えて大きくなって行くんだよ
a0164204_12425993.jpg
a0164204_12425971.jpg
a0164204_12425997.jpg
崖に挑む
ゴールデンターキンの子供達はいつもそう
a0164204_12434855.jpg
a0164204_12434815.jpg
a0164204_12434976.jpg
へっちゃらだ
a0164204_12434884.jpg
足腰本当に丈夫なゴールデンターキン
a0164204_12450997.jpg
a0164204_12450999.jpg
a0164204_12450821.jpg
ムツにくっつくことが本当に好き
a0164204_13411443.jpg
a0164204_13411474.jpg
a0164204_13411451.jpg
ムツはどう思っているのか、とても優しい
それはお父さんのオウテン譲りなのかもしれないね
a0164204_13425012.jpg
a0164204_13425078.jpg
a0164204_13425061.jpg
葉っぱ、持ち上げて落とす
そんな遊び
a0164204_13433262.jpg
a0164204_13433272.jpg
a0164204_13433117.jpg
a0164204_13441180.jpg
かんたんには登れなくて頑張ったり
a0164204_13441108.jpg
a0164204_13441135.jpg
a0164204_13441248.jpg
一度落ち着きもう一度
a0164204_13451044.jpg
a0164204_13451031.jpg

なかなか
なかなか
a0164204_13451151.jpg
何度も何度も
やっと登れた
頑張った
a0164204_13451108.jpg
a0164204_13465148.jpg
a0164204_13465191.jpg
頑張った
a0164204_13465111.jpg
a0164204_13465191.jpg
a0164204_13465113.jpg
a0164204_13484963.jpg
あまりベタベタしないお母さん
けっこう厳しいお母さん
ゴールデンターキン、そうして子育て
a0164204_13484983.jpg
時々あまえに
a0164204_13484817.jpg
傍が良さそう
でもベタベタしない
a0164204_13502531.jpg
a0164204_13502577.jpg
a0164204_13502529.jpg
傍へ傍へ
ちょっと満足
a0164204_13513927.jpg
a0164204_13513987.jpg
a0164204_13513994.jpg
何か言われたのかな
また離れ
a0164204_13522159.jpg
a0164204_13522185.jpg
a0164204_13522160.jpg
ムツもナズナちゃんの後ろで角つき角つき小競り合い後
駆けていく
a0164204_13530620.jpg
a0164204_13530630.jpg
a0164204_13530547.jpg
ナズナちゃん
蹴っ飛ばされてしまいそう
a0164204_13545524.jpg
a0164204_13545511.jpg
a0164204_13545588.jpg
伏せたからかも
やり過ごす
a0164204_13561206.jpg
ちょとびっくり
a0164204_13561260.jpg
a0164204_13561230.jpg
危ないよ
a0164204_13570907.jpg
危なかったね
a0164204_13570900.jpg
a0164204_13570850.jpg
a0164204_13570958.jpg
ぐいぐい
a0164204_13581900.jpg
ぐいぐい
a0164204_13582003.jpg
ぐいぐいぐいぐい
a0164204_13581959.jpg
負けてわーい!
a0164204_13592491.jpg
a0164204_13592481.jpg
a0164204_13592436.jpg
ホイとムツの角つき
また、また何度も何度も
a0164204_14000582.jpg
a0164204_14000595.jpg
目は真剣
a0164204_14000589.jpg
ムツもまだ1歳
お母さんにはかなわない
a0164204_14010854.jpg
動物達の子供はかわいく無邪気で
ただただ活発
a0164204_14010891.jpg
a0164204_14010839.jpg
いつか大人になるんだよ
みんな大人になるんだよ
a0164204_14035496.jpg
a0164204_14035450.jpg
a0164204_14035481.jpg
みんな大きくなるんだよ
大きくなってきたんだよ
a0164204_14051464.jpg
a0164204_14051477.jpg
a0164204_14051484.jpg
「私も大きくなるのかな」
a0164204_14061945.jpg
a0164204_14061900.jpg
「私も大きく大きくなるのかな」
a0164204_14070906.jpg
a0164204_14070971.jpg




     

by bon_soir | 2018-02-13 14:07 | 多摩動物公園 | Comments(6)
たぬき山
ここはタヌキ達の山
たぬき山
a0164204_12542096.jpg
a0164204_12541948.jpg
a0164204_12541968.jpg
a0164204_12541910.jpg
ぽかぽかぽかぽか
よく陽が当たる
a0164204_12585163.jpg
a0164204_12585282.jpg
a0164204_12585159.jpg
カラスが置いてあるお肉を探して見つけて
少しどろぼう
a0164204_12585174.jpg
a0164204_13003016.jpg
a0164204_13003071.jpg
とくに気にしてない
a0164204_13003099.jpg
a0164204_13002932.jpg
まだ食べ物たくさんあるからね
a0164204_13023332.jpg
こうして美味しく食べられるからね
a0164204_13023312.jpg
a0164204_13023233.jpg
こっち側からも中に入ることが出来るけど
ちょっと躊躇
a0164204_13034270.jpg
今は別の子、食べている
a0164204_13034207.jpg
a0164204_13034259.jpg
それは美味しそう
a0164204_13034248.jpg
朝のお散歩楽しいね
晴れた日、雨の日、この前の雪の日
どんな日がいいのかな
どんな日でも楽しいのかな
a0164204_13051829.jpg
a0164204_13051781.jpg
a0164204_13051757.jpg
家の中から出てきたよ
まだまだタヌキが暮らしているよ
a0164204_13080288.jpg
a0164204_13080380.jpg
出てきて朝の太陽眩しくて
でもこんな日は暖かくて
a0164204_13080215.jpg
また眠くなってしまいそう
a0164204_13102109.jpg
a0164204_13102112.jpg
ここは多摩動物公園、たぬき山
タヌキ達のたぬき山
a0164204_13120004.jpg
a0164204_13120131.jpg
もう一人、出てきたよ
a0164204_13120096.jpg
a0164204_13175123.jpg
揃うとにぎやか
たぬき山
a0164204_13175106.jpg
a0164204_13175138.jpg
a0164204_13102125.jpg
今は何頭
たぬき山
a0164204_13185119.jpg
a0164204_13185109.jpg
ご飯もそのうち無くなりそう
a0164204_13195473.jpg
a0164204_13195435.jpg
a0164204_13195482.jpg
この中、風無くただただ陽射しが届いて温かそう
a0164204_13205146.jpg
a0164204_13205178.jpg
a0164204_13205111.jpg
たんたんタヌキは山の中
動物園のたぬき山
a0164204_13221499.jpg
a0164204_13221466.jpg
朝の山にタヌキがてくてく
てくてくてくてくお散歩お散歩
a0164204_13221417.jpg
a0164204_13221447.jpg
東向きだね、たぬき山




   

by bon_soir | 2018-02-12 13:29 | 多摩動物公園 | Comments(0)
残る雪にメイディーナ
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、メイディーナ
a0164204_13032260.jpg
a0164204_13032284.jpg
大雪降ってまだ、全部は溶け切らない
a0164204_13032208.jpg
a0164204_13061126.jpg
庭に出てきて眺めてみれば、そこかしこ
固くなった雪、冷たい氷
a0164204_13061168.jpg
a0164204_13061158.jpg
a0164204_13061141.jpg
朝、メイディーナはダーウェントとお部屋で眠る
a0164204_13075624.jpg
この日、テイマーだけが別のお部屋に別の庭
a0164204_13075637.jpg
陽の当たる場所、探して一人うとうとうとうと
a0164204_13075518.jpg
庭に残る雪は少しづつ少しづつ
少しづつ溶けてだんだん小さくなって、季節、春に向かって少しづつ
a0164204_13100001.jpg
a0164204_13112732.jpg
メイディーナ、一人出てきた庭でしばらく散歩
a0164204_13112734.jpg
a0164204_13112779.jpg
a0164204_13145821.jpg
日陰、ひんやり寒いけど
日向はほんのりぽかぽかしてる
a0164204_13145824.jpg
a0164204_13145863.jpg
日陰を通る
ひんやりひんやり
日向に入ればぽかぽかぽかぽか
a0164204_13163060.jpg
a0164204_13163094.jpg
a0164204_13163010.jpg
夏の散歩
どこにいても暑すぎたあのときに比べれば、きっと今は過ごしやすい
a0164204_13173982.jpg
a0164204_13173812.jpg
a0164204_13173893.jpg
陽は日時計
動く影、変わる日向
合わせて動いて眠るテイマー
a0164204_13185895.jpg
a0164204_13185790.jpg
a0164204_13185786.jpg
天気はとてもいいからさ、お昼寝少し飽きたなら
夢、一度終わりを迎えたら、お散歩すればいいのにとメイディーナはふと思う
a0164204_13203894.jpg
a0164204_13203839.jpg
a0164204_13203818.jpg
一人で駆けるより、誰かと一緒に駆けたほうが楽しい
今までそれがマルジューナだったメイディーナ
a0164204_13220207.jpg
a0164204_13220196.jpg
a0164204_13220209.jpg
退屈退屈
ちょっと退屈
a0164204_13232704.jpg
a0164204_13232751.jpg
a0164204_13232711.jpg
退屈退屈
一人は退屈
ダーウェントも起きてこない
a0164204_13244294.jpg
a0164204_13244265.jpg
a0164204_13244105.jpg
大雪降ってまだ、全部は溶け切らない
庭に出てきて眺めてみれば、そこかしこ
固くなった雪、冷たい氷
a0164204_13253422.jpg
a0164204_13253499.jpg
a0164204_13253431.jpg
テイマー一人、今日は一人
毎日毎日ちょっと違うこと
タスマニアデビルデビルにとって大切なこと
a0164204_13282050.jpg
a0164204_13282135.jpg
a0164204_13282047.jpg
メイディーナの声、聞こえるか
テイマーの声、聞こえたか
a0164204_13294283.jpg
a0164204_13294273.jpg
a0164204_13282135.jpg
いるよ、壁の向こう側
いるよ、壁のこちら側
a0164204_13294236.jpg
a0164204_13320973.jpg
a0164204_13320858.jpg
タスマニアデビルはどこかにいるよ
a0164204_13320916.jpg
今日は誰とも遊ばない日
今日はみんなのんびりする日
a0164204_13331378.jpg
a0164204_13331465.jpg
a0164204_13331323.jpg
冬も色々
季節色々、毎日色々
a0164204_13342769.jpg
a0164204_13342720.jpg
a0164204_13342725.jpg
同じ日きっと一つもない
だから大切、一日一日
無駄な日無いよ、一日一日
a0164204_13342733.jpg
a0164204_13373072.jpg
a0164204_13373038.jpg
空、見上げて歩いてみれば
鳥が遠くを飛んでいった
a0164204_13373065.jpg
a0164204_13390565.jpg
a0164204_13390651.jpg
雪はだいぶ溶けて歩きやすい、駆けやすい
a0164204_13393900.jpg
a0164204_13394072.jpg
a0164204_13393976.jpg
春を探して、考えれば楽しくて
一人もいいなと感じてまた春、探して回る
a0164204_13404948.jpg
a0164204_13404927.jpg
a0164204_13404998.jpg
すると時間は短くて、すると時間は早足
時間速く駆けてそっといつか追い抜かれ
a0164204_13425589.jpg
a0164204_13425516.jpg
日は暮れだして風、空気冷たく身体を冷やしだす
a0164204_13425595.jpg
夢を見るための準備
少しは出来ているのかどうか
これから加えてもう少し
準備を重ねて夜、待っていようか
a0164204_13460043.jpg
a0164204_13460162.jpg
a0164204_13460082.jpg
もしもこんな時、マルジューナが傍にいてくれたなら
もしもこんな時、マルジューナの笑顔が隣にあったなら
どんな話をしたんだろう
二人一緒の夢見るように、二人一緒に準備を続けていたんだろう
a0164204_13475716.jpg
a0164204_13475703.jpg
a0164204_13475617.jpg
雪が少し残る庭での話
全部溶けきるまでは時間がかかる
a0164204_13503272.jpg
a0164204_13503267.jpg
a0164204_13503285.jpg
手のひらに雪の冷たさ、氷の冷たさ感じたら
一度戻って温める
a0164204_13514978.jpg
a0164204_13514900.jpg
a0164204_13514935.jpg
陽はもう随分伸びた
春になるのもあと少し
a0164204_13531620.jpg
a0164204_13531611.jpg
a0164204_13531613.jpg
少し苦手な雪だけど、無くなってしまえば次に降るのはずっと先
もしかすれば一年近くかかるかも
もっともっとかかるかも
a0164204_13543282.jpg
a0164204_13543274.jpg
a0164204_13543199.jpg
そう考えればやっぱり大切
だからちょっと雪の側
a0164204_13562002.jpg
a0164204_13562000.jpg
a0164204_13562071.jpg
“取っ手の舞台”にまだまだ残る
白い白い雪の側
a0164204_13574799.jpg
a0164204_13574794.jpg
a0164204_13574758.jpg
ひんやりひんやり
残った雪は変にひんやり
a0164204_13584182.jpg
a0164204_13584226.jpg
a0164204_13584276.jpg
夕暮れ、ただそれだけで
動物園はひんやりひんやり、まだ冬の風
a0164204_13584107.jpg
a0164204_14012239.jpg
a0164204_14012334.jpg
冬の星座、まだまだ夜空に広がり包む
動物達に透明な世界を見せて微笑む
a0164204_14012278.jpg
残る雪には触らない
残る雪の上は歩かない
a0164204_14040531.jpg
a0164204_14040585.jpg
a0164204_14040567.jpg
自然に溶けていくからね
季節はそのうちそっと変わっていくからね
a0164204_14051670.jpg
a0164204_14051608.jpg
a0164204_14051647.jpg
ダーウェント、今日はずっと眠ってる
温かい部屋、気持ちが良くて眠ってる
a0164204_14063245.jpg
a0164204_14063325.jpg
ちょっともったいないよと、メイディーナは時々教え、起こすよう
a0164204_14063202.jpg
a0164204_14083279.jpg
a0164204_14083284.jpg
雪が溶けて春を迎えて
またそのときに、またそのときまでに探して回る
春の気配を探して回る
a0164204_14083209.jpg
マルジューナと過ごした日々を思い出して、今の風景に上手く重ねて思い出全部忘れない
この雪見たらマルジューナはなんて言う
この雪見たらきっと笑顔でささやく
「冷たいね」
a0164204_14110384.jpg
a0164204_14110387.jpg
a0164204_14110290.jpg
明日はもっと溶けるだろう
庭に残る雪は少しづつ少しづつ
少しづつ溶けてだんだん小さくなって、季節、春に向かって少しづつ
a0164204_14141228.jpg
a0164204_14141279.jpg
a0164204_14141283.jpg
テイマー、隣
壁の向こう
a0164204_14161348.jpg
a0164204_14161312.jpg
a0164204_14161343.jpg
気持ち、ちょっと温かく
寒さを少し忘れてちょっと温かく
a0164204_14161324.jpg
雪が残る庭のこと
春へと向かう季節、毎日、空のこと
a0164204_14183895.jpg
a0164204_14183703.jpg
a0164204_14183820.jpg
お部屋に戻って二人で眠るよ
マルジューナと眠っていたように、一緒に眠っていたように
a0164204_14183896.jpg
夕暮れ、ただそれだけで
動物園はひんやりひんやり、まだ冬の風
a0164204_14211812.jpg




    

by bon_soir | 2018-02-10 14:24 | 多摩動物公園 | Comments(0)
雪の後のモンブラン
多摩動物公園で暮らすシャモア、モンブラン
a0164204_13181978.jpg
この日、だいぶ残雪落ち着いて
きっと心も穏やか
a0164204_13192411.jpg
a0164204_13192378.jpg
雪の当日、モンブランはどう思っていただろう
a0164204_13192436.jpg
わくわくしていたのか、ドキドキしていたのか
楽しかったのか、どうなっていくのかと心配だったのか
a0164204_13212003.jpg
a0164204_13211955.jpg
そこから何が見えるのか
じっと眺めるモンブランを見ているといつも思う
そう思う
a0164204_13211930.jpg
a0164204_13225787.jpg
のどが渇けば雪を舐める
強い寒さが続く多摩動物公園
きっと凍ってお水は出ない
a0164204_13225822.jpg
a0164204_13225781.jpg
雪、みんな食べる
雪、みんなで舐める
それがきっと普通のこと
a0164204_13251826.jpg
a0164204_13251825.jpg
自然に自然
自然で自然に
a0164204_13255913.jpg
それがきっと普通のこと
a0164204_13255940.jpg
モンブランは、シャモアは目が綺麗
大きくて光ってて
a0164204_13294880.jpg
モンブランは、シャモアは口元かわいい
いつも何かを話しそう
a0164204_13294829.jpg
でも人に小さな声、聞き取れない
a0164204_13321302.jpg
もう一度、もう一度
何か言ってよモンブラン
a0164204_13321338.jpg
かわいいシャモア
モンブラン
a0164204_13321453.jpg
足元、雪は溶けてまた凍って
そんな繰り返し
a0164204_13343616.jpg
a0164204_13343509.jpg
なかなか全部無くならない
a0164204_13343538.jpg
雪、少しいじる
少しつつく
a0164204_13355704.jpg
a0164204_13355751.jpg
優しい優しいモンブランの手
一人静かに、動物時間の中で漂う
a0164204_13355813.jpg
また、また少し雪かもね
a0164204_13375040.jpg
モンブランは、シャモアは目が綺麗
a0164204_13374967.jpg




   

by bon_soir | 2018-01-30 13:39 | 多摩動物公園 | Comments(0)
慣れること、いつか思い出に変わること
「─────少し不思議な事だけど、私はここのお部屋に慣れてきた」
a0164204_07394221.jpg
a0164204_07394249.jpg
「最初、あんなにドキドキしていたことだけど、私、ここのお部屋に慣れてきた」
a0164204_07394298.jpg
a0164204_07414575.jpg
「高い天井、吸い込まれそうになっていたけど今はもう大丈夫。その天井の向こう側、星空だって何故か自然に見えるよう─────」
a0164204_07463394.jpg
a0164204_07414584.jpg
a0164204_07414663.jpg
「飼育係のお姉さん、心配しないで待っててね。私もユウキ君も大丈夫。もう平気、きっときっと大丈夫」
a0164204_07471809.jpg
a0164204_07471946.jpg
a0164204_07500911.jpg
今だけ多摩動物公園で過ごすコアラ、ユイ
a0164204_07511675.jpg
a0164204_07511575.jpg
そしてユウキ
a0164204_07511651.jpg
お引っ越し
はじめはあんなに緊張していた二人
何日かが過ぎた多摩動物公園、コアラ達の家
a0164204_07552092.jpg
ユイはせっせっせっせと横木を渡り
a0164204_07552180.jpg
ユウキ君は難しい顔して辺りを見渡してみたり、居眠り繰り返してみたり
a0164204_07552100.jpg
a0164204_08053085.jpg
特別な時には特別なこと続けて起こり
動物園にはたくさんの雪が降って、今まで知らない寒くて寒くてしかたのない日々続いてる
a0164204_08033933.jpg
a0164204_08033997.jpg
a0164204_08053141.jpg
二人の近くにヤモリが一匹
a0164204_08064745.jpg
a0164204_08064844.jpg
a0164204_08064711.jpg
そっと見守る誰かの視線
いつもどこかで誰かが傍に
a0164204_11463086.jpg
a0164204_11463199.jpg
a0164204_11463047.jpg
多摩動物公園に短い間のお引っ越し
慣れていくユイ、思い出に変わる経験積んでいくユイ
a0164204_11471405.jpg
a0164204_11471590.jpg
ここで嗅いだユーカリの香り
きっと特別、きっと必ず忘れない
a0164204_11471418.jpg
ここで出会ったお友達
それも特別、それもきっと忘れない
a0164204_11495361.jpg
a0164204_11495286.jpg
a0164204_11495247.jpg
見上げた天井、高い天井
忘れない、きっと忘れない
色々なこと、想う途中、今それは旅の途中
a0164204_11510774.jpg
a0164204_11510689.jpg
a0164204_11510715.jpg
「飼育係のお姉さん、誰もみんな優しくて─────お話しまだどこかぎこちないけど、飼育係のお姉さん、やっぱりとっても優しくて」
a0164204_11524612.jpg
a0164204_11524683.jpg
a0164204_11524798.jpg
「そう、旅に出れば新しい出会いがあるって私は一人頷いた」
a0164204_11551518.jpg
a0164204_11551503.jpg
a0164204_11551556.jpg
a0164204_11551433.jpg
「色々なこと想えるくらい今、私は慣れた。きっとみんな少しずつ少しずつ、この状況に慣れていった」
a0164204_11561825.jpg
a0164204_11561981.jpg
a0164204_11561863.jpg
a0164204_11561819.jpg
「弱虫な私、一度さようなら」
a0164204_11585915.jpg
a0164204_11585943.jpg
a0164204_11585949.jpg
「──────きっとオセアニア区では工事がどんどん進んでる」
a0164204_12000222.jpg
a0164204_12000321.jpg
a0164204_12000223.jpg
「雪、オセアニア区にも積もったのかな」
a0164204_12031732.jpg
a0164204_12025129.jpg
a0164204_12025176.jpg
「カンガルー達、寒そうだね」
a0164204_12025077.jpg
「ユウキ君、昼の間に目が覚めたらすごい顔してたりするけど、暗くなってくればいつもの顔に戻るようになった」
a0164204_12102379.jpg
a0164204_12102347.jpg
a0164204_12102294.jpg
「ユウキ君はユウキ君なり、慣れたんだ」
a0164204_12122312.jpg
a0164204_12122447.jpg
a0164204_12122335.jpg
「ほら、毛づくろいをしているよ」
a0164204_12132861.jpg
a0164204_12132895.jpg
a0164204_12132975.jpg
a0164204_12132982.jpg
「小さな旅はまだ途中。いつまで続くかわからない」
a0164204_12143054.jpg
a0164204_12143002.jpg
a0164204_12143092.jpg
「わかっているのはまたちゃんとオセアニア区に帰るってこと、チャーリーと三人、またオセアニア区に戻るってこと。そんなこと」
a0164204_12162271.jpg
a0164204_12162311.jpg
a0164204_12162237.jpg
「またオセアニア区の大きなユーカリ、見上げて頷く。そんなこと」
a0164204_12183150.jpg
a0164204_12183154.jpg
a0164204_12183283.jpg
「帰るときまでその日まで「、私は静かに一生懸命。色々なもの見つけてみるよ」
a0164204_12214108.jpg
a0164204_12214191.jpg
a0164204_12214211.jpg
「なにかある、なにか聞こえる─────どれもみんな思い出に変わってく」
a0164204_12233113.jpg
a0164204_12233187.jpg
a0164204_12233232.jpg
「ほら、コタロウ君が寝ぼけているよ」
a0164204_12250753.jpg
a0164204_12250770.jpg
a0164204_12250750.jpg
「風、そっと、吹いてそっと。小さな音が聞こえてくるね」
a0164204_12261414.jpg
a0164204_12261406.jpg
a0164204_12261464.jpg
「ユウキ君、ほら早く起きないと。ユーカリ交換の時間だよ」
a0164204_12285294.jpg
a0164204_12285204.jpg
a0164204_12285231.jpg
a0164204_12285328.jpg
「いい香り、してきてるでしょ。目を覚まして待ってよう」
a0164204_12300593.jpg
a0164204_12300576.jpg
a0164204_12300526.jpg
「同じ味、違う味─────ユーカリ、やっぱりみんないい香り」
a0164204_12312227.jpg
a0164204_12312246.jpg
a0164204_12312162.jpg
「慣れた私、たくさん食べるよ。ちょっと暗くなってから、私たちはたくさん食べるよ」
a0164204_12330841.jpg
a0164204_12330750.jpg
a0164204_12330726.jpg
「元気でいないとね、元気で戻らないとね。本当にそうなんだよね」
a0164204_12344506.jpg
a0164204_12344582.jpg
a0164204_12344666.jpg
「大好きな飼育係さん、心配ばかりかけている飼育係さんに笑顔見せてあげないと、ね」
a0164204_12365803.jpg
a0164204_12365997.jpg
a0164204_12365834.jpg
「お母さんとお姉ちゃんにも心配させたら駄目だもの─────」
a0164204_12385432.jpg
a0164204_12385420.jpg
a0164204_12385560.jpg
心配ばかりのユイの短いお引越
ちゃんと慣れて、少しずつ
少しずつ少しずつ時間は進んで、旅の途中
a0164204_12414821.jpg
a0164204_12414805.jpg
優しい人はどこででも
コアラ達を見守るきっとどこででも
a0164204_12414813.jpg
a0164204_12435660.jpg
動物達のペース、動物時間はゆっくりゆっくり、本当は早く進んでいく
a0164204_12463027.jpg
コアラの家にも夕方、そして夜が来る
a0164204_12463049.jpg
コアラ達の本当の顔、これから始まる
そう、コアラは薄明薄暮性
a0164204_12463025.jpg
a0164204_12463126.jpg
薄暗くなって動き出す
身体も心も、何から何まで動き出す
a0164204_12502075.jpg
a0164204_12502003.jpg
a0164204_12501928.jpg
多摩動物公園でも金沢動物園でも、それは雲の上、青空星空彼方でも
きっと同じことかもしれません
a0164204_12513616.jpg
a0164204_12513586.jpg
a0164204_12513415.jpg
オセアニアの動物達と一緒に始まる時間が来たよ
a0164204_12513562.jpg
ユイもユウキ君も、きっとコタロウ君も大丈夫
慣れてくよ、毎日、毎分、毎秒、刹那
全部思い出に、思い出に変わっていくよ、変えてくよ
a0164204_12535697.jpg
a0164204_12535799.jpg
a0164204_12535625.jpg
a0164204_12554903.jpg
みんなみんなコアラだよ
かわいいかわいいコアラだよ
儚く健気にそっと暮らす、みんなみんなコアラだよ
a0164204_12555012.jpg
ユーカリと一緒に暮らす、コアラだよ





   

by bon_soir | 2018-01-29 12:57 | 多摩動物公園 | Comments(4)
見知らぬ鳥
たくさんの雪が残るインドサイ達の庭
一緒に暮らすインドガン達、雪の上
a0164204_15015444.jpg
a0164204_15015417.jpg
朝、インドサイは庭にいない
インドガン達、いつものようにてくてくてくてく
a0164204_15031603.jpg
よく見てみれば傍には見知らぬ鳥が
a0164204_15015416.jpg
野鳥かな
a0164204_15015578.jpg
なんだか楽しげ
インドガン
a0164204_15043966.jpg
見知らぬ鳥がお客さん
冷たい風、ときおりそっと
そんな朝
a0164204_15043909.jpg
a0164204_15044077.jpg
閉園間際
強烈に寒くなってもインドガン達てくてくてくてく
a0164204_15055292.jpg
足、冷たくないのかな
a0164204_15055238.jpg




    

by bon_soir | 2018-01-28 15:06 | 多摩動物公園 | Comments(0)
オオカミ達とまだまだ残る白い雪
動物園に大雪降って雪が残る
晴れても晴れても寒い寒い日が続き、雪はなかなか溶けずに白い庭
キラキラキラキラ、光が反射
a0164204_11265431.jpg
a0164204_11265263.jpg
a0164204_11382649.jpg
雪、いつまで残るかな
雪、次はいつ降るのかな
a0164204_11265383.jpg
a0164204_11265369.jpg
多摩動物公園、オオカミ達の庭は青い空と白い雪
降りしきる日が一番だけれど、晴れた日の雪、それもまたいい
a0164204_11382573.jpg
a0164204_11382521.jpg
見つめる先に何見える
いつもと違う景色が見える
a0164204_11405455.jpg
a0164204_11405486.jpg
凍ったままの池の水
少し歩いてまた見つめても雪
a0164204_11405350.jpg
a0164204_11422236.jpg
a0164204_11422356.jpg
白い雪、輝く雪が今日も風景全部
覆い尽くして広がり続け
ひんやり冷たい足の裏
a0164204_11422242.jpg
a0164204_11460524.jpg
少しずつ少しづつ
解けているはず、少しずつ
a0164204_11460473.jpg
a0164204_11460455.jpg
元々無かった雪だけど、雪のない風景ふと思い出すと少しさみしい
a0164204_11482320.jpg
a0164204_11482249.jpg
それだけ楽しい雪のある日々
a0164204_11482203.jpg
a0164204_11520288.jpg
ふと思いついて雪に腹ばい
お腹も冷たい雪に触れ、身体中で雪を感じた
a0164204_11530271.jpg
a0164204_11530399.jpg
雪、少し齧った
a0164204_11530236.jpg
冷たいね
a0164204_11552858.jpg
a0164204_11552948.jpg
そのまま今度はごろごろごろごろ
少しづつ体積減って固くなってく雪だけど、まだまだ身体埋まるよう
a0164204_11561807.jpg
a0164204_11561968.jpg
a0164204_11561832.jpg
楽しいね
冷たくって楽しいね
a0164204_11573721.jpg
a0164204_11573726.jpg
顔雪まみれ
楽しいね
a0164204_11573720.jpg
寒い寒い多摩動物公園でもなかなかないこと
大雪降って残ること
a0164204_11584518.jpg
a0164204_11584607.jpg
つかの間つかの間
楽しくつかの間
a0164204_11584519.jpg
a0164204_12010100.jpg
雪、冷たいね
冷たくて気持ちがいいね
a0164204_12010166.jpg
a0164204_12010179.jpg
雪はいつかそのうち溶けるから
だから良いものなのか、気持ち切なくなるものか
a0164204_12015607.jpg
a0164204_12015663.jpg
a0164204_12015503.jpg
ゴロゴロすれば儚く聞こえた雪の声
溶けてくの? 固まってくの?
また次降るの?
a0164204_12064954.jpg
a0164204_12064952.jpg
a0164204_12064851.jpg
何年かぶりの大雪は、また何年後かとは限らない
決まった確率、あるわけじゃない
a0164204_12082172.jpg
a0164204_12082185.jpg
a0164204_12082137.jpg
ただ、今はこうして
雪を散歩
雪に散歩
a0164204_12094666.jpg
a0164204_12094612.jpg
a0164204_12094571.jpg
時々あくび
a0164204_12105505.jpg
a0164204_12105676.jpg
またごろごろ
a0164204_12105572.jpg
雪、どうしてこんなに楽しいの
雪、どうしてこんなに綺麗なの
それはきっと刹那の出来事なのだから
それはきっと不思議な形の結晶だから
a0164204_12124068.jpg
a0164204_12124162.jpg
a0164204_12124098.jpg
きっとそういうことだから
a0164204_12154731.jpg
a0164204_12154621.jpg
a0164204_12170652.jpg
遠吠え一人
a0164204_12170604.jpg
小さな声で遠吠え一人
a0164204_12170600.jpg
何伝えるつもりなのか
何伝えてくれるのか
オオカミ、そのとき何思うのか
a0164204_12170592.jpg
歩くたび、駆けるたび
雪感じて足の裏
a0164204_12212353.jpg
a0164204_12212389.jpg
a0164204_12212204.jpg
「よく降ったね」
「積もったね」
a0164204_12335281.jpg
a0164204_12335222.jpg
「よく降ったね」
「積もったね」
a0164204_12335242.jpg
「風、冷たいね」
a0164204_12351826.jpg
a0164204_12351881.jpg
「空気、冷えているね」
a0164204_12351892.jpg
a0164204_12364143.jpg
a0164204_12364267.jpg
雪、残る
雪、光で輝く
a0164204_12364176.jpg
a0164204_12383256.jpg
なんだか幸せ
雪の庭、どこか幸せ
a0164204_12383327.jpg
a0164204_12383351.jpg
雪、いつまで残るかな
雪、次はいつ降るのかな
a0164204_12405967.jpg
a0164204_12405949.jpg
a0164204_12405813.jpg
この世界はどこまで遠く広がっているのかな?
a0164204_12422926.jpg
a0164204_12423095.jpg
a0164204_12423090.jpg
どこまでどこまで
きっとどこまでも
a0164204_12434261.jpg
a0164204_12434374.jpg
この世界、雪の世界は広がっているのかな
a0164204_12434312.jpg
a0164204_12461765.jpg
a0164204_12461818.jpg
a0164204_12461797.jpg
時間が進む
時間だけが進むよう
a0164204_12475698.jpg
a0164204_12475669.jpg
a0164204_12475798.jpg
a0164204_12475771.jpg
静かな静かな動物園
時間だけがゆっくりゆっくりいつの間にか
そうしてそっと進むよう
a0164204_12544376.jpg
a0164204_12554301.jpg
a0164204_12554333.jpg
少ない音さえ雪に包み込まれて消えていく
それだけ静か、不思議な世界
a0164204_12554417.jpg
a0164204_12554480.jpg
雪、いつまで残るかな
雪、次はいつ降るのかな
a0164204_12584319.jpg
a0164204_12584346.jpg
この世界
どこまで広がっているのかな
a0164204_12584359.jpg
a0164204_12584464.jpg
a0164204_13004828.jpg
また一人
小さな遠吠え
a0164204_13004892.jpg
a0164204_13004764.jpg
何を伝えよう
誰に伝えよう
a0164204_13004896.jpg
a0164204_13023344.jpg
遠吠え一人
小さな遠吠え、ただ一人
a0164204_13023360.jpg
a0164204_13023315.jpg
a0164204_13033236.jpg
冷たい冷たい池の水
a0164204_13033282.jpg
a0164204_13033172.jpg
そっと飲んで波紋
そっと広がる
a0164204_13052689.jpg
a0164204_13052569.jpg
a0164204_13052600.jpg
もしかした雪解け水が混ざっているかもしれなくて
それは自然の贈り物
a0164204_13062625.jpg
a0164204_13062552.jpg
大きな自然の、素敵な出来事
雪、その一つ
a0164204_13062589.jpg
綺麗で不思議で
力強い
a0164204_13084847.jpg
a0164204_13084855.jpg
a0164204_13084820.jpg
自然、お天気、地球の上で
感じた、貰った贈り物
a0164204_13094842.jpg
a0164204_13094870.jpg
a0164204_13094877.jpg
冬もいいなと思うもの
春が来る前、お花よりも先に会えた
そんな自然の贈り物
a0164204_13114873.jpg
a0164204_13114795.jpg
a0164204_13114806.jpg
みんなで話すよ
「楽しいね」
a0164204_13132894.jpg
a0164204_13132726.jpg
a0164204_13132791.jpg
一度寒さを忘れたけれど、日が陰る頃には空気またひんやり
a0164204_13154410.jpg
a0164204_13154461.jpg
a0164204_13154546.jpg
合図は何か
夕暮れ始まり
a0164204_13164658.jpg
a0164204_13164766.jpg
a0164204_13164607.jpg
また明日────って思う頃
a0164204_13174305.jpg
a0164204_13182875.jpg
a0164204_13174361.jpg
雪、いつまで残るかな
雪、次はいつ降るのかな
a0164204_13193191.jpg
a0164204_13193113.jpg
a0164204_13193223.jpg
遠く遠く思いを馳せて
雪の山を森を平原を駆けるよう
a0164204_13214377.jpg
a0164204_13214454.jpg
a0164204_13214306.jpg
遠く遠く思いを馳せて
自然、大自然に思いを馳せて
雪に自然を感じて見いだし、気持ち、遥か彼方
a0164204_13232733.jpg
a0164204_13232864.jpg
a0164204_13232845.jpg
オオカミ
みんなはオオカミ
a0164204_13232805.jpg
多摩動物公園で暮らしてる
a0164204_13285649.jpg
a0164204_13313965.jpg
今年は雪が降ったんだ
今年は雪が積もったんだ
a0164204_13314162.jpg
a0164204_13314096.jpg
a0164204_13333869.jpg
雪、いつまで残るかな
雪、次はいつ降るのかな
a0164204_13333790.jpg
a0164204_13333706.jpg
動物園に大雪降って雪が残る
晴れても晴れても寒い寒い日が続き、雪はなかなか溶けずに白い庭
キラキラキラキラ、光が反射





    

by bon_soir | 2018-01-27 13:38 | 多摩動物公園 | Comments(0)
一緒だったころ
多摩動物公園で暮らすレッサーパンダ、「かのこ」と「まめたろう」
a0164204_12122130.jpg
a0164204_12122128.jpg
二人、大人になって「まめたろう」が独り立ち
その少し前、お母さんの「アズキ」と一緒だった最後の方のころ
a0164204_12151581.jpg
a0164204_12163283.jpg
まめたろう、走り回る
a0164204_12163344.jpg
a0164204_12163329.jpg
a0164204_12163232.jpg
地面の落ち葉も減ってきた冬の庭
時折かさかさっと音を立て、一人走るまめたろう
a0164204_12173741.jpg
a0164204_12173785.jpg
夕暮れ迫る動物園
走る、歩く、登って行くよ、まめたろう
a0164204_12194775.jpg
a0164204_12194731.jpg
a0164204_12194616.jpg
登っていたらアズキが通り過ぎていく

a0164204_12220642.jpg
a0164204_12220634.jpg
だからそっと後を追うよ、まめたろう

a0164204_12232287.jpg
a0164204_12232221.jpg
a0164204_12232182.jpg
この時きっと、何日かして離れるだなんて思ってなかったことかもね
お母さんのと離れるだなんて思ってなかったことかもね
a0164204_12250839.jpg
a0164204_12250733.jpg
まめたろう
大人になっていくんだね
a0164204_12250505.jpg
a0164204_12323114.jpg
まめたろうは男の子
一人先に進む、しかたない
a0164204_12271963.jpg
a0164204_12271915.jpg
かのこ
ずっと色白、かわいい子
a0164204_12350007.jpg
a0164204_12350110.jpg
a0164204_12350161.jpg
お母さんと同じよう
さっさっさって歩いてく
a0164204_12360306.jpg
a0164204_12360396.jpg
a0164204_12360353.jpg
こうして食べて、たくさん食べて大きくなって
お母さんと変わらない大きさに
a0164204_12381994.jpg
a0164204_12381988.jpg
a0164204_12381954.jpg
日が暮れてしまう前
少しだけ薄暗くなりだして
ここから先は駆け足しながら夜が来る
a0164204_12401984.jpg
a0164204_12401981.jpg
a0164204_12401865.jpg
食べよう食べよう
もっと食べよう
a0164204_12430421.jpg
a0164204_12430452.jpg
食べよう食べよう
たくさん食べよう
a0164204_12430383.jpg
a0164204_12430518.jpg
小さかった二人
一緒に暮らした日々は過ぎて
大きくなった二人
一緒に暮らした思い出に
a0164204_12453234.jpg
a0164204_12453220.jpg
a0164204_12453160.jpg
アズキ、かのこ、まめたろう
一緒に暮らしてきたんだね
みんなもっと大人に、歳をとっていくんだね
a0164204_12472347.jpg
a0164204_12472301.jpg
a0164204_12472340.jpg
アズキとかのこはまだ一緒
女の子達、まだ一緒
a0164204_12492715.jpg
a0164204_12492645.jpg
a0164204_12492732.jpg
a0164204_12492647.jpg
まだみんな一緒だったころ
その最後の方のころ
a0164204_12510308.jpg
a0164204_12510362.jpg




    


by bon_soir | 2018-01-24 12:54 | 多摩動物公園 | Comments(0)