人気ブログランキング |

大きな木の声、ユキの瞳に溢れた涙 ~~~後編~~~

  
  
前回→☆☆☆☆☆からの続きになります 
a0164204_11155698.jpg
a0164204_14475873.jpg
────ユキは今どんな夢を見てるんだい
それは楽しい夢なのかい
僕は今、ワラビー達の庭にいる
a0164204_11155621.jpg
a0164204_11155617.jpg
a0164204_11184983.jpg
僕ら何度も出かけた場所だけど、今日からは今までと様子が違う
また新しい隣の世界、小さな旅と冒険の始まりなのさ
a0164204_11200706.jpg
a0164204_11200769.jpg
a0164204_11200690.jpg
ユキ、覚えているかい
僕らマルと三人で、この動物園まで引越しした日のことを
箱から外に出た日のこと、庭を歩いた日のことを
a0164204_11223791.jpg
a0164204_11223810.jpg
a0164204_11223751.jpg
大きな木が黄色く染まったのを初めて見た日のことを
その葉っぱが風に吹かれ舞い散って、周りが黄色く輝いたのを初めて見たあの日のことを

────「きれい」ってユキが目を輝かせたあの日のことを
a0164204_11305523.jpg
a0164204_11305547.jpg
a0164204_11305485.jpg
ユキ、僕はね
どんな思い出にもユキの顔と背中が一緒に映っているんだよ
今だって本当は一緒にいたい、二人で大きな木の声を聞きに行きたかった

でもしかたない────
a0164204_11383594.jpg
a0164204_11383590.jpg
a0164204_11383484.jpg
僕らはウォンバット
眠りたいときはずっとずっと眠っていたい
夢は途中で終わりにしたくはないものさ
a0164204_11404885.jpg
a0164204_11404876.jpg
a0164204_11404702.jpg
今までとは違う景色
僕を奥へ奥へと誘い出す

大きな木の声、聞こえるか
聞こえてくるか
僕を奥へ奥へと呼んでいる
a0164204_11530344.jpg
a0164204_11530460.jpg
a0164204_11530377.jpg
「こんにちは」

「こんにちは」

a0164204_11551828.jpg
a0164204_11551812.jpg
a0164204_11551884.jpg
「こんにちは」

「こんにちは」
 
a0164204_11562074.jpg
a0164204_11562094.jpg
a0164204_11562066.jpg
「動物園はすっかりと、静かになったようだね────こんにちは」

────こんにちは
どこからか声が聞こえる
a0164204_11572228.jpg
a0164204_11572274.jpg
「こんにちは」
 
a0164204_11572125.jpg
a0164204_11593031.jpg
a0164204_11593075.jpg
見上げてばかりいた大きな木
今は傍だね、傍で話をしているんだね
a0164204_11593036.jpg
a0164204_12022676.jpg
a0164204_12022680.jpg
今いくよ
傍へ行くよ
もっともっと傍へ
傍へと行くよ
a0164204_12040849.jpg
a0164204_12040893.jpg
a0164204_12040814.jpg
僕に話をしてくれないかい、聞かせてくれはしないかい
興味を持って歩いている僕だから
色々なことを聞かせてあげたい女の子がいる

────そんな僕にみんなの声を聞かせてはくれないかい
a0164204_12122084.jpg
a0164204_12122150.jpg
a0164204_12122096.jpg
「こんにちは」

「こんにちは」

声が聞こえる

「こんにちは」
 
 
a0164204_12141415.jpg
a0164204_12141404.jpg
a0164204_12141322.jpg
「やあ、よく来たね」

「大丈夫かい」

「ありがとう大丈夫。君は、君達は優しいね」

「大丈夫なら大丈夫、きっとユキも大丈夫」

「そう、なら大丈夫。僕達みんな大丈夫」

「────そうだねきっと大丈夫」
a0164204_12155546.jpg
a0164204_12155508.jpg
a0164204_12155551.jpg
────やっぱり話はちゃんと聞くものさ、ちゃんとするものなのさ
僕は大きな木の声をたくさん聞いた
忘れないよ、忘れることはできないよ
自分で聞いたことだから、ユキに伝える大切なことだから

a0164204_12255613.jpg
a0164204_12255622.jpg
a0164204_12255577.jpg
色々なこと見てみて触ってみたりして
一つ一つ、一つ一つの経験を重ねて思い出しっかり心に留めて

想像、憶測それだけで怒りだすものじゃない、勝手に悲しむことじゃない

そう、誰かにちゃんと伝えるってこういうことさ────
a0164204_12324860.jpg
a0164204_12324838.jpg
a0164204_12324877.jpg
ユキ、切られてしまった木だけれど
ちゃんと僕らの傍にいる
僕らと一緒に時間を過ごしてる
どこかに行ってしまったってわけじゃない
a0164204_12334438.jpg
a0164204_12334543.jpg
a0164204_12340556.jpg
晴れたら一緒に陽に当たり、僕らと一緒に風吹かれ
時には雨が、時には雪が
嵐、台風、そしてまた穏やかな晴れ模様
a0164204_12393337.jpg
a0164204_12393303.jpg
a0164204_12393472.jpg
春夏秋冬、僕らと一緒に過ごすのさ
動物園で暮らすのさ
a0164204_12431164.jpg
a0164204_12431088.jpg
a0164204_12431103.jpg
大きな木は僕に話をしてくれた
動物園の歴史と一緒に大きくなって来たんだってことを
そう、木は、植物は、ちゃんとしっかり生きている
a0164204_12444284.jpg
a0164204_12444164.jpg
a0164204_12444256.jpg
切られてしまうことは少しつらいことだけど、しっかりと意味があればしかたない
例えば陽の光がもっと地面に当たるように、他の植物をもっとたくさん、もっと大きく育てるように
a0164204_12483877.jpg
a0164204_12483872.jpg
a0164204_12483860.jpg
それにね、今までと形は違ってしまうけど、残った場所からまた木は伸びる
また枝伸ばし、また大きくなっていく

そしていつか、いつかまた
時間は少しかかるだろうけど
ずっと高い所から、空に近い所から動物園を見守ってくれるんだ
a0164204_12511370.jpg
a0164204_12511219.jpg
a0164204_12511254.jpg
切り離された枝に幹
それは形を変えてほら、傍で僕らを癒やし温もり楽しませ
毎日毎日少しずつ色も形も変わったりして
それは生きているっていうことさ
a0164204_12571808.jpg
a0164204_12571704.jpg
a0164204_12571884.jpg
僕らと一緒に大きくなっていくことのもう一つの始まりなんだと教えてくれた
ずっと一緒に過ごしていくこと、育って変わって大きくなっていくことは、動物達と一緒なんだっていうことさ
a0164204_13023577.jpg
a0164204_13023515.jpg
a0164204_13054998.jpg
イチョウの木だけはしばらく秋に寂しいけれど、いつかまたたくさんの葉をつけて
その葉が夏に涼しい日陰を作り、秋の終わりに黄色く染まり
そしてあの冬のはじめ、風で舞い散りみんなを笑顔にしてくれるのさ
a0164204_13023451.jpg
a0164204_13054905.jpg
a0164204_13054886.jpg
その頃僕らはどんな大人になっているんだろう
a0164204_13115001.jpg
a0164204_13115075.jpg
a0164204_13114950.jpg
そうだ────大人っていう話
a0164204_13134382.jpg
a0164204_13134310.jpg
a0164204_13164650.jpg
ユキが泣いている、涙がずっと溢れ出しているんだって、大きな木に話したんだ
僕達だってもう子供じゃないのにずっとずっと泣いているって話、そのことさ

僕は心配だったから、ね
a0164204_13134352.jpg
a0164204_13180359.jpg
a0164204_13180291.jpg
そうしたらさ、大きな木はこう言った

「それはきっと大人の涙、大人だから泣いているんだ────」

って、ね
a0164204_13220428.jpg
a0164204_13220533.jpg
a0164204_13220467.jpg
誰かのために涙を浮かべ、誰かのために泣くことができること
それが大人になったことの一つだって大きな木は言った
子供の時にそういう涙をこぼしたら、その時一つ大人になったんだって言うんだよ
a0164204_13250122.jpg
a0164204_13250158.jpg
a0164204_13250193.jpg
僕は何度、そういう涙を浮かべただろう
僕達何度、そういう泣き方したんだろう

今まで何度、そしてこれから何度
大人の涙、これから何度
僕達こぼしていくんだろう
a0164204_13293888.jpg
a0164204_13293852.jpg
a0164204_13293704.jpg
大きな木の声、僕はたくさん優しく聞いて

いっぱい安心したよ、そしてね────
a0164204_13335542.jpg
a0164204_13335610.jpg
a0164204_13335579.jpg
ユキのことをまた一つ

知ったのさ、好きになったのさ

ユキのことをまた一つ

ユキのことを、また────
a0164204_13360670.jpg
a0164204_13360782.jpg
a0164204_13360645.jpg
少し前から少しずつ
気がついていたのさ、感じていたのさ
a0164204_13393199.jpg
a0164204_13393145.jpg
a0164204_13393189.jpg
マルは少し早く、そして僕とユキ
みんな大人になったんだな、ってさ
a0164204_13471102.jpg
a0164204_13411197.jpg
a0164204_13411160.jpg
大きな木が切られたこと、そして木の声を聞きに行きなと誰かが僕に言ったこと
こうして声を、話を聞いてきたことはきっと偶然なんかじゃない
a0164204_13411151.jpg
a0164204_13495761.jpg
a0164204_13495726.jpg
木が切られる────
少し悲しく寂しいことだけど、これは大切な経験、大切な思い出
そして僕達が大人になった、なっていたってこと

これからまた大きく伸びていく木と一緒に新しく未来へ向けて時間が進んでいくってこと
a0164204_13564155.jpg
a0164204_13564189.jpg
a0164204_13564111.jpg
きっと、そのことの始まりなんだよ
a0164204_13581578.jpg
a0164204_13581521.jpg
a0164204_13581633.jpg
傍で見てくれている人、僕らの動物時間を一緒に過ごしてくれる人
大勢いるのさ、嬉しいことさ
それは姿を変えて傍にいてくれる木、伸びてまた育つ、そんな大きな木も一緒なんだ
a0164204_14023815.jpg
a0164204_14023803.jpg
a0164204_14023831.jpg
「こんにちは」

「こんにちは」

大きな木の声、今もしてるよ
a0164204_14082046.jpg
a0164204_14082030.jpg
a0164204_14081996.jpg
「こんにちは」

「こんにちは」

素敵な声だよ
聞こえるかい
いつだって僕達みんなの傍に大きな木
動物園に、色々な所に僕達の傍

大きな木の声、聞こえてくるよ

「こんにちは」

a0164204_14095266.jpg
a0164204_14095395.jpg
a0164204_14095226.jpg
a0164204_14192774.jpg
ユキ

ユキ

大好きなユキ
a0164204_14163945.jpg
a0164204_14163942.jpg
a0164204_14163965.jpg
話をしようよ、これからずっと
話したいこと、話すことはどんどん増えるよ、増えていくよ
a0164204_14285320.jpg
a0164204_14285353.jpg
a0164204_14285222.jpg
もし話ができない日が続くなら、その時僕ら同じ夢を見ればいい
夢の中なら僕らは自由、どんなことでもできるはず
a0164204_14310688.jpg
a0164204_14310615.jpg
a0164204_14310690.jpg
夢の中だけで物足りなくなったらさ、そのときはウォンバットの神様にお願いすればいい
きっと優しくしてくれる
a0164204_14341610.jpg
a0164204_14341631.jpg
a0164204_14341699.jpg
大きな木の声を聞きに行きなと教えてくれたあの声だって、きっとウォンバットの神様さ
僕らをいつも見ていてくれる
そう、優しい人や大きな木、みんなと一緒、
一緒にね
a0164204_14361494.jpg
a0164204_14361417.jpg
a0164204_14361438.jpg
ユキ

ユキ

僕達、大きくなったんだ
a0164204_14393920.jpg
a0164204_14393993.jpg
a0164204_14393947.jpg
いつのまにか

そう、いつのまにかに、ね
a0164204_14425024.jpg
a0164204_14473040.jpg
a0164204_14425033.jpg
大きな木の声、聞いてきた話
僕がそれを話し、伝えると
ユキはそっと微笑み、何も言わずに頷いた
そして姿を変えて傍にいてくれる一つの木に向かい「いい香り」と、一言だけ呟いた
a0164204_14490018.jpg
a0164204_14490091.jpg
a0164204_14490098.jpg
そしてまた、ユキは瞳に涙を溜め、それは熱く溢れ出す
この前とは違う涙だ、僕にはわかる

────そして僕はユキのことをもっと知りたいんだ

a0164204_14582530.jpg
a0164204_14582563.jpg
僕達、大人なのに泣いている
僕達、大人だから泣いている
a0164204_14590862.jpg
そんな春の日、寂しかった日
そんな春の日、また色々なことが始まった日
そんな春の日、そっと微笑んだ日

忘れない春
春風は急に僕等の傍を通り抜けていく

  
  
  
   
    

Commented by またまた寂しいこと at 2019-04-01 09:44 x
こんにちは。
コウちゃん、ユキちゃん、木の事も寂しさのひとつではありますが、これからの変化に思いが続くと思っています。
が…
ここにきてユキちゃん、コウちゃんの別居報道に一層寂しさを感じました。
このブログの最後のお写真のように仲良く並んでいる二人が、懐かしくもこれから様子をみて良い方向にいくことを祈るばかりです。
とはいえ、ワンダーさんのお部屋にウォンバットがやって来てくれることはすべての希望につながるような気がします。
Commented by bon_soir at 2019-04-01 14:26
またまた寂しいことさん、コメントありがとうございます
自分は木は動物園において大切な物と思っていて、訪問した時にとても色々なことを感じていました。
このお話の前編を書いて、後編をと思ったときに別居が始まったと聞き、少しだけそれについての気持ちを足しました。
二人の未来においてその習性上、別れて暮らすことになるのは仕方ないですし、本当なら少し遅いくらいだったのかもしれません。
二人は本当に大人になりましたね。
二人一緒の姿というのは自分もユキとコウが初めてだったので、その光景に楽しさ、可愛らしさを感じていましたが、でもやっぱり二人の未来のため、今現在の福祉のためには必要な一度目のお別れなんですよね。
今はただ、みんなの未来が素晴らしいものになるよう願うばかりです。
ワンダーさんもきっとみんなを見つめてくれているでしょうし、力を貸してくれるんじゃないかなと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by bon_soir | 2019-03-30 15:05 | 五月山動物園 | Comments(2)