春を迎えに

『春だ、春だ』
と、はしゃぐ君

素敵な笑顔
a0164204_13585961.jpg
秋が黄色だって言うならさ、春は何色に見えるんだい─────
そう、全部君の瞳に映る色
─────映る色、僕にそのまま教えてくれたらいいよ
a0164204_07245738.jpg
a0164204_07245650.jpg
a0164204_07245743.jpg
顔出したばかりの緑色、柔らかい空、少しくすんで見える青い色
a0164204_07245618.jpg
a0164204_07245610.jpg
今、君の傍に僕は行くよ
僕の隣で教えてくれたらいいよ、僕の隣で伝えてくれたらいいよ
a0164204_07285531.jpg
a0164204_07285679.jpg
a0164204_07285551.jpg
色の名前を僕は聞いて、そっとその色うなずく僕さ
そう、その瞬間から春はその色
a0164204_07305766.jpg
a0164204_07305671.jpg
a0164204_07305689.jpg
何処かの誰かがそんな色に名前を付けた
色の名前、色んな色の色の名前
僕は覚える、一つづつ
僕はそっと声に出す、一つづつ
a0164204_07371052.jpg
たんぽぽ、たけのこ、小さなつくし
庭の片隅、何も言わずに顔出すよ
a0164204_07371094.jpg
a0164204_07371052.jpg
a0164204_07371064.jpg
気がつけば辺りは春─────春を迎えに行くのを忘れていたよ
気がついたときにはすぐに、僕は季節の中、溺れてる
a0164204_07435195.jpg
a0164204_07455561.jpg
a0164204_07455524.jpg
秋の終わりに、冬の終わりに、悲しいことがあったりさ
僕もずっと上手くいかないことばかり
待っていた春だったのに、考え過ぎて僕は迎えに行くのを忘れたよ
a0164204_13104522.jpg
a0164204_13104643.jpg
a0164204_13104556.jpg
良く、ないね
a0164204_13094921.jpg
a0164204_13094913.jpg
a0164204_13094949.jpg
a0164204_13143723.jpg
みんなの洋服、春色さ
動物園に色が動く
a0164204_13143787.jpg
a0164204_13143734.jpg
a0164204_13143694.jpg
小鳥の声も春の声
この季節だけの声ばかり
a0164204_13190204.jpg
a0164204_13190295.jpg
a0164204_13190155.jpg
レモンライムも「あったかい」って、おしゃべり増える
毛布の出番、減るだろう
a0164204_13205027.jpg
a0164204_13205029.jpg
a0164204_13232408.jpg
探しに行かなくたってもう何処も春
時々とても寒かったり、雨が増えてしまうのはしかたない
そんな日本の春だから
a0164204_13232448.jpg
a0164204_13232599.jpg
a0164204_13232437.jpg
コウ、ユキ
待ちわびた春、どうだろう
これから毎年、だいたいこうさ
a0164204_13282162.jpg
a0164204_13282152.jpg
a0164204_13282182.jpg
マル、僕ら待ちわびた春、こんな感じで始まり進むのさ
これから毎年、僕と一緒で構わないかい
a0164204_13442133.jpg
a0164204_13442106.jpg
a0164204_13442178.jpg
来年は忘れずに
─────二人で春を迎えに行こう
a0164204_13461590.jpg
a0164204_13461641.jpg
a0164204_13461594.jpg
春を迎えに、春をそっと迎えに行こう
探して歩くのもいいさ
でも、迎えに行くのはもっと楽しいはずさ
a0164204_13473562.jpg
a0164204_13473555.jpg
a0164204_13473668.jpg
今年はごめんよ、大失敗
僕は忘れてしまってた
a0164204_13521500.jpg
a0164204_13521573.jpg
a0164204_13521501.jpg
秋の終わりに、冬の終わりに、悲しいことがあったりさ
僕もずっと上手くいかないことばかり
待っていた春だったのに、考え過ぎて僕は迎えに行くのを忘れたよ
a0164204_13545844.jpg
a0164204_13545862.jpg
a0164204_13545986.jpg
僕は大人になって“フクちゃん”のまま
そういうことさ
a0164204_13563581.jpg
a0164204_13563470.jpg
a0164204_13563403.jpg
ワインさんのようにはまだなれない
a0164204_14010115.jpg
a0164204_14010138.jpg
a0164204_14010167.jpg
のんびりいこう─────
それもいいけど少しは焦る
a0164204_14020477.jpg
a0164204_14020409.jpg
a0164204_14020510.jpg
a0164204_14020406.jpg
それで上手くいかない悪循環
ワインさんも頷いてるよ
a0164204_14044445.jpg
a0164204_14044360.jpg
a0164204_14044435.jpg
a0164204_14044381.jpg
そう
なかなか上手くいかないもんさ
気にしたってしかたないって、わかっているよ
ありがとう
a0164204_14110353.jpg
a0164204_14110381.jpg
a0164204_14110359.jpg
夢の中ではあんなに自由─────なのにね
a0164204_14122145.jpg
a0164204_14122129.jpg
a0164204_14110342.jpg
誰かが言うのさ
─────影の境目はっきりと
それは陽射しが強くなった合図
a0164204_14144830.jpg
a0164204_14144897.jpg
a0164204_14144964.jpg
a0164204_14144811.jpg
春は足早、すぐに見かける春の背中
夏はすぐに来てしまう
a0164204_14161733.jpg
a0164204_14161732.jpg
a0164204_14161623.jpg
僕らはウォンバット
暑いのみんな、苦手なのさ
a0164204_14193964.jpg
a0164204_14193966.jpg
a0164204_14193851.jpg
マルは僕よりずっと、ずっと落ちついて
なんだか時々寂しくなるのさ
a0164204_14183063.jpg
a0164204_14182930.jpg
a0164204_14183044.jpg
大勢の人と話をしたり、撫でてもらっていたりしてさ
僕は少し駄々こねる
マルだけ先に行っているようで、僕とは離れてしまうようで
僕は少し不安なのさ
a0164204_14244956.jpg
a0164204_14244800.jpg
a0164204_14265751.jpg
─────もっと傍に、傍においでよ
a0164204_14265779.jpg
a0164204_14265752.jpg
a0164204_14265781.jpg
進む毎日
僕を焦らせ、背中を押すのさ
ときおり吹いた強い春風
僕の言葉を何気なくかき消した
a0164204_14284667.jpg
a0164204_14284735.jpg
a0164204_14284686.jpg

伝えたいこと、まだまだあるけど
何もなかなか上手くいかない僕さ
a0164204_14530160.jpg
a0164204_14530091.jpg
a0164204_14530077.jpg
a0164204_14530126.jpg
この春、そのうちそっと過ぎていき
その頃みんなはどんな顔をしているんだろう
a0164204_14545822.jpg
a0164204_14545842.jpg
a0164204_14545864.jpg
楽しい春、可愛い春、大好きな春
みんなは何を感じ、何を見つけて、どんなことを考えていくんだろう
a0164204_14560712.jpg
a0164204_14560859.jpg
a0164204_14560803.jpg
夏は迎えに行かないよ
暑くて暑くてしかたないからね
a0164204_15080495.jpg
a0164204_15080421.jpg
a0164204_15080417.jpg
a0164204_15080469.jpg
イチョウの葉っぱが茂って日陰を作ってくれる
その下、みんなでしのぐんだ
お部屋の中、穴の中
あとはそうするよりもないんだよ
a0164204_15181960.jpg
a0164204_15181915.jpg
季節はそうして、そうして進みまた帰る
a0164204_15182079.jpg
a0164204_15182040.jpg
来年こそは春を迎えに僕らは行こう
忘れないように、こっちから
待つんじゃなくて迎えに行こう
a0164204_15222689.jpg
a0164204_15222712.jpg
a0164204_15222779.jpg
a0164204_15222600.jpg
今日もお客さんが大勢だ
今年も春が来たんだね
a0164204_15243405.jpg
a0164204_15243398.jpg
a0164204_15243352.jpg
ガラスの中の僕
僕は今、どんな顔をしてるんだい?
a0164204_15262738.jpg
a0164204_15262777.jpg
a0164204_15262791.jpg
君の顔は僕の顔
そうだね、悪くない
のんびりゆっくり、笑っているよう─────
a0164204_15273011.jpg
a0164204_15273084.jpg
a0164204_15273016.jpg
僕は頑張れてるよ
たぶんね

きっと、ね




    

Commented by パイン at 2018-03-25 21:42 x
しむらさん、こんばんは^^

春がきて、ちょっぴり心が騒いでいるフクちゃんですね。
素敵なフクちゃんらしい表情をたくさん撮っていただいてありがとうございます。^^
春の五月山こられていたんですね!

マルちゃんがどんどん先にいく姿を、いつも隣でみているフクちゃんのせつなさが伝わってきます。
フクちゃんは、頑張れてますよね!
気持ちが伝わるといいね!と声を掛けたくなります。^^
Commented by bon_soir at 2018-03-26 14:28
パインさん、コメントありがとうございます。
先日も訪問したんですが、この記事の写真はひと月ほど前の写真です。
なかなか進めず、色々なこともあったりで今になってしまいました。
マルが出てきているときのフクちゃんは一生懸命追いかけたりはやっぱりしますが、時々ふと一人どこか眺めていたりもしていますね。
これからどんなふうにしたらいいのかとふと考えているような気がします。
穏やかなマルが今後は色々な人と会う子になりそうですが、そんなマルを眺めるフクちゃん。
本当に頑張れ頑張れと声をかけたくなりますね。
表情に出てしまうフクちゃんですしね。
Commented by ファルーク・D・マーキュリー at 2018-04-07 00:48 x
今頃に突然、スミマセン…
実は、この2週間…想定外のことが続いて 結構、大変だったんですが
こんな時は、私がシッカリしてあげないと❗…と気負い過ぎて、疲れきった毎日でしたが
いつも このフクちゃんを開いて 癒されてました。
なんか、フクちゃんが 私に話しかけてくれてる気になって かなり、励まされてました。
私も 頑張れてるよ…たぶん、きっと…と思ってるうちに、乗りきれました❗
フクちゃん💓ありがとう😆✨ しむらさん❗ありがとうございます✴
Commented by bon_soir at 2018-04-07 14:20
ファルーク・D・マーキュリーさん、コメントありがとうございます。
動物達に励ましてもらうことというのは本当によくあることで、それが動物達の持っている大きな愛情なんだと思います。
私は特にのんびりとした動物達から強くそれを感じ、ウォンバットの魅力の一つかなと思っていたりしますね。
動物達から貰った愛情は、今度は何倍にもして返してあげたいですね。
夏になればウォンバット達にはつらい季節になっていきます。
健康を祈りたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by bon_soir | 2018-03-23 15:32 | 五月山動物園 | Comments(4)