人気ブログランキング |

アークと“コアラ”に会える動物園

天王寺動物園で暮らすコアラ、アーク
a0164204_12274059.jpg
日本の動物園で暮らすコアラの中で、多分きっと一番コアラらしく暮すコアラ
a0164204_12273910.jpg
オーストラリア大陸、ユーカリの森
そこでコアラ達はきっとこうして暮らしている───
a0164204_12324082.jpg
a0164204_12324081.jpg
それを感じさせてくれる、コアラの本当を教えてくれる
そんなアークと天王寺動物園
a0164204_12352444.jpg
a0164204_12274015.jpg
アーク、今朝は曇り空
まだまだ寒い冬の終わりかけ
a0164204_12352364.jpg
朝一番で登ったユーカリの木
それはアークが選んだ木
a0164204_12380909.jpg
「今日はこの木で眠ろうか───」
朝ドアをくぐり外へ出て、自分で少し考えて、今日一日のことを考えて
a0164204_12395032.jpg
そうしてアークが選んだ木
a0164204_12381070.jpg
「今日もお客さんが僕を見上げているよ、見上げてコアラを探しているよ」
a0164204_12431921.jpg
「もっと、もっと上の方───そうだよ、僕はここにいるよ」
a0164204_12431928.jpg
「見つけることが出来たかい? 僕のことが見えるかい? そうだよ、僕はここにいるよ。コアラはユーカリの木の上にいるんだよ」
a0164204_12474498.jpg
a0164204_12470043.jpg
「いつも僕に会いにきてくれる人の姿が見えるね───見上げるみんな、見下ろす僕さ」
a0164204_12501269.jpg
風に吹かれて木が揺れる
枝に揺られてコアラも揺れる
そんな毎日、そんなアーク
a0164204_12501230.jpg
吹かれて揺れてユーカリの上
今日ものんびりユーカリと一緒
a0164204_12501340.jpg
落ちたりしないよ、大丈夫
コアラだから
アークはコアラだから大丈夫
a0164204_12563871.jpg
小さな小さなユーカリの森
アークが暮らす、小さな小さなユーカリの森
a0164204_12570985.jpg
アークがすやすや静かに眠っているとやって来るのは小鳥たち
今日の友達、ヒヨドリさん
a0164204_12570859.jpg
アークはずっと眠ったまま
時間はそっと過ぎ、いつの間にか雲が流れて動く
a0164204_13022977.jpg
a0164204_12573921.jpg
a0164204_12570802.jpg
働くアオサギ
アークの側を飛んでいったら、見上げる空はすっかり冬の青空
a0164204_12573923.jpg
a0164204_13015976.jpg
眠ったままのアークに陽が当たる
風にそよぐユーカリの葉の間を抜け、アークのところに陽が当たる
a0164204_13063471.jpg
a0164204_13063377.jpg
「暖かいね」
アークが見渡す動物園
今日ものんびり、ゆっくりゆっくりコアラの時間は過ぎてった
a0164204_13063375.jpg
閉園まではあと少し
吹かれて揺れて夢を見るのもあと少し
アークがユーカリと一緒に揺られて見る夢も、もうあと少し
a0164204_13112571.jpg

2月も半ば
閉園の時間が近づいてきても空はまだ明るい
a0164204_13135530.jpg
a0164204_13112479.jpg
アーク、時間だよ
今日はそろそろ時間だよ
a0164204_13112501.jpg
アークを呼びにいくためのハシゴはそっとかけられた
a0164204_13163433.jpg
a0164204_13163581.jpg
するする伸びていくハシゴ
のぼってアークをそっと起こす
a0164204_13163415.jpg
a0164204_13175898.jpg
アーク、今日は時間だよ
ほんとのコアラの楽しい時間、今日はそろそろ終わりだよ
a0164204_13175865.jpg
大丈夫、また明日
地球は回ってまた明日
a0164204_13175843.jpg
今日は帰ってまた明日
一度さよなら、そしてまた
a0164204_13220418.jpg
また、明日
a0164204_13220404.jpg
“コアラ”のアークにまた明日
a0164204_13220440.jpg
ゆっくりゆっくり丁寧に
アークを人の世界に迎えるように、そっと迎えるように
a0164204_13244695.jpg
a0164204_13244608.jpg
儚く健気な優しい動物
もっともっと、もっと優しい気持ちで迎えるように
a0164204_13244650.jpg
アーク、今日はありがとう
“コアラ”に会わせてくれて、本当に今日はありがとう
a0164204_13274680.jpg
a0164204_13274674.jpg
何時間かぶりの地面だね
a0164204_13274685.jpg
アーク、今日はさようなら
会いにきてくれたお客さんと、今日はさようなら
a0164204_13292552.jpg
a0164204_13292537.jpg
アーク、空を眺めてふと思う
a0164204_13292553.jpg
a0164204_13312605.jpg
明日の空はどんな空、明日の風はどんな風───
a0164204_13312627.jpg
明日はどのユーカリを登ろうか───
a0164204_13312573.jpg
どこまで登って、どの枝にそっと腰掛けて───
a0164204_13354697.jpg
明日の夢はどんな夢、明日見る夢どんな夢───
a0164204_13354570.jpg
あなたの夢はどんな夢、今日ここでコアラを見上げたあなたの夢は
───あなたの夢はどんな夢

a0164204_13354584.jpg
今日はさようなら
“コアラ”のアーク、今日は一度さようなら
a0164204_13380585.jpg
a0164204_13380567.jpg
a0164204_13385228.jpg
次の日の午後
朝から晴れてぽかぽかぽかぽか、みんなは冬を忘れてる
a0164204_13400153.jpg
輝くユーカリ、風に揺れてきらきらきらきら
a0164204_13400006.jpg
アークはどこにいるのかな
a0164204_13400092.jpg
あそこだよ
あそこでコアラは眠っているよ
a0164204_13421515.jpg
ぽかぽかぽかぽか
“コアラ”のアークは眠ってる
a0164204_13431485.jpg
今日のユーカリ、登ったユーカリ一番陽が当たる
小さな小さなユーカリの森の中、一番多く陽が当たる、そんなユーカリ
a0164204_13431526.jpg
「今日はどの木に登ろうか、どこまで登って、どの枝に腰掛けて───」
どんなことでもアークが決める
a0164204_13484623.jpg
それはアークが“コアラ”だから
a0164204_13474537.jpg
いつもユーカリだけを食べ、ずっとユーカリと一緒に生きていく
そんな動物“コアラ”だから
a0164204_13474530.jpg
アーク、夢の合間
動物園を静かに眺める
a0164204_13514601.jpg
そこから見える景色はどんなかな
聞こえる音はどんなかな
a0164204_13514691.jpg
誰の声が聞こえてくるのかな
a0164204_13514660.jpg
a0164204_13551006.jpg
今日の陽射しに輝くユーカリ、そよぐ風に枝は揺れ
a0164204_13551091.jpg
a0164204_13551165.jpg
アークを包んできらきらきらきら
きらきらきらきら
a0164204_14002488.jpg
a0164204_14012930.jpg
ユーカリの花もかわいらしく咲きだしきらきらきらきら
きらきらきらきら
a0164204_14002331.jpg
アークとユーカリ
一緒になってきらきらきらきら
アークとユーカリ
一緒になって風に揺れ
a0164204_14043180.jpg
きらきらきらきら
きらきらきらきら
a0164204_14060133.jpg
見上げてみなよ、コアラがいるよ
あんなところにコアラがいるよ
a0164204_14002357.jpg
凄いね、コアラがいるよ
あんな高いところにコアラがいるよ
a0164204_14085697.jpg
風に揺れたコアラがいるよ
のんびり暮らすコアラがいるよ
a0164204_14085524.jpg
“コアラ”がいるよ
動物園に“コアラ”がいるよ
a0164204_14123727.jpg
いつもの一日
コアラの一日
今日ものんびり過ぎていく
a0164204_14123603.jpg
a0164204_14115907.jpg
そう、また今日も閉園の時間
a0164204_14143318.jpg
a0164204_14143381.jpg
アークのところに今日もハシゴが伸びてきた
a0164204_14143343.jpg
今日もまたさようならの時間
“コアラ”のアークと今日もまたさようなら
一度さようなら
a0164204_14161057.jpg
迎えに来たのは“大きなコアラ”
a0164204_14161063.jpg
ただし、木登りは慎重
a0164204_14161046.jpg
a0164204_14203169.jpg
登り始めた足には地下足袋
a0164204_14203114.jpg
アークを迎えるために、慎重に
とても優しく
そんな大きなコアラ
a0164204_14203005.jpg
a0164204_14220889.jpg
ゆっくりゆっくり降りてくる
a0164204_14220891.jpg
大きなコアラとお話しながら
ゆっくりゆっくり
a0164204_14220714.jpg
a0164204_14250577.jpg
二人で一緒に
ゆっくりゆっくり
ゆっくりゆっくり今日も終わるよ
a0164204_14250420.jpg
a0164204_14250530.jpg
天王寺動物園にコアラは一頭だけで暮らしてる
少し寂しいけど、コアラは一頭だけで暮らしてる
a0164204_14264795.jpg
a0164204_14264618.jpg
でもアークは一人じゃない
a0164204_14305602.jpg
a0164204_14305727.jpg
いつも見上げる大勢のお客さん
なによりアークを支える優しい人達
a0164204_14305608.jpg
コアラは一頭でもアークは一人じゃない
のんびり暮らすアーク、きっと寂しいわけじゃない
a0164204_14351632.jpg
a0164204_14351654.jpg
今日もまた何時間ぶりの地面だね
a0164204_14351605.jpg
アーク、今日はさようなら
会いにきてくれたお客さんと、今日もまたさようなら
a0164204_14390400.jpg
a0164204_14390443.jpg
アーク、アークは本当に一人じゃないよ
a0164204_14401517.jpg
a0164204_14401578.jpg
いつも会いにきてくれる人がいる
何時間も見守ってくれている優しい人がいる
a0164204_14401448.jpg
そしていつも一生懸命に支えてくれてる優しい人がいる
いつもアークの傍にいてくれる
a0164204_14433667.jpg
a0164204_14442576.jpg
そしてこんなに素敵な笑顔だってあるんだよ
a0164204_14433677.jpg
コアラは一頭
でもアークは一人じゃない


アーク、今日はさようなら
また今度会う日まで、今日は一度さようなら
a0164204_14464849.jpg
a0164204_14464820.jpg
明日はどのユーカリに登るかな
どこまで登って、どの枝に腰掛ける───
a0164204_14464738.jpg
そしてどんな夢を見るのかな
a0164204_14491479.jpg
本当はもっと大勢のコアラがいてくれたのなら
かわいい女の子や子どもたち
一緒に、傍にいてくれたのならいいね

本当はそれもいいね
きっと楽しいだろうね







  

Commented by 高野 充彦 at 2017-02-17 18:10 x
こんばんは。
アークは閉園時間に こんな風に戻っていくのですね。

子供とも離れ離れで もしかしたら寂しいのかな?と思っていましたが、
風に揺れるアーク、お日様を見上げるアーク、
優しい人たちに囲まれて安心するアーク、
まるで自然の良いところと動物園の良いところを
合わせたような素敵な環境ですね。

明日もきっと気ままに木登り「コアラ」のアークですね。
Commented by プルメリア at 2017-02-17 19:00 x
閉園の時間は一番大変なのに飼育員さんがアークを迎えにいく時に着るコアラの服。それが一番アイデアで素敵ですね。
大勢のコアラが来たらいいのにね。あの・・誰にも言えずにいられないの。大変失礼だけど、一番心配なのがアーク君は最後となり 天王寺動物園のコアラ舎が消えるんです!? 大きなユーカリ木がもったいなくて心配。できれば淡路島のイングランド丘へ引っ越しすれば 南系のコアラ達はきっと喜んで遊べることを信じてます。皆さんに協力し合いながら 何とかしたい気持ちでいます。
Commented by プルメリア at 2017-02-17 19:44 x
ユーカリのお花もいつか種となるんだね。
アーク君の暮らしは冬でも負けずに凄い。こんなに見た事ないアーク君の動画を唖然しましたよ。天王寺動物園スタッフブログにあの動画が載せてあります。強い風で揺れても落ちないコアラの爪によって役に立てられますよね。寒さに弱い私は参りました。照れる。笑。
Commented by パイン at 2017-02-17 20:41 x
しむらさん、こんばんは^^

アークくんに、それとみんなに会いに来て下さったんですね^^
高いところでそよそよ風にふかれてのアークくんの姿、しっかりよーくみてみるとおしりをのっけている枝ってかなり細いですよね。折れないものですね^^、やっぱり不思議です。 
下におりようね、の時間、飼育員さんとのやさしい時間ですね。せかすことなく一緒にですね^^
アークくんに、仲間来てほしいですね。やっぱり。。木に登ってのんびり一緒に過ごす仲間がくるといのにと思っちゃいます。

Commented by bon_soir at 2017-02-18 14:08
プルメリアさん、コメントありがとうございます。
天王寺動物園のスタッフの方の努力には本当に頭が下がる思いです。皆様本当に一生懸命にアークをお世話して、そしてアークのために素晴らしい展示方法をしていただき、そして人気者になってもらうように盛り上げる。
お迎えの動画配信などもその一環ですね。
皆様の思いが伝わる天王寺のコアラのところではいつも胸がじーんとしてきます。
アークを取り巻く環境のことは重々承知しています。
アークがきっと頑張ってくれるであろう10年と何年か。その間にその環境が変わること、それがみんなの思いです。
だからこそ皆様が頑張っているんですよね。
Commented by bon_soir at 2017-02-18 14:15
高野 充彦さん、コメントありがとうございます。
やっぱりユーカリの木の上は気持ちが良いんでしょうね。
特に少し薄暗かった二日目はまだまだ戻りたくなさそうでした。
なんど見てもこの天王寺動物園であうコアラ達には色々な思いを感じ、寄せてしまいます。
抱っこなども確かにいいものなのかもしれませんが、やっぱりみんなの生まれ故郷に、そこでクラス名も無き動物達へロマンを感じられる展示であること。
私はそれが一番好きかなと思いますね。
こちらでお会いするスタッフの方、常連のお客さんも皆本当に愛情注いでおられて、色々と工夫もされてアークは幸せ者だなって思います。

Commented by bon_soir at 2017-02-18 14:22
パインさん、コメントありがとうございます。
凄く久しぶりになってしまいましたがアークに会いたくて大阪へと行ってまいりました。
今回も会ったみんなとてもかわいらしく、楽しい旅になりました。
木というのはそれが生きている限りそうとうに強靭ですね。こんなに細くてもけっして折れたりなんかはしないと思います。
これが枯れ木であれば細いところは折れてしまうでしょうね。
動物達も植物も、生きているということは素晴らしく、そして凄いことなんだと思います。
スタッフの方は本当に優しく、笑顔も素晴らしいかたばかりです。
だからこそ、前のミクやアルンも長生きしてくれたんでしょうね。ここで暮らすこと、みんな幸せだったんだと思います。
仲間といえば、「そら」があまりにも早く出園してしまったこと、それがさみしかったですね。
会いたかったなと、つくづく思います。
Commented by プルメリア at 2017-02-18 17:05 x
又行ったことなく コアラ舎のこと心配してましたが bon_soir様からの気持ちをよく伝われて納得。
頑張ったコアラ担当は素晴らしかったですね。誉めてあげたいです。色々聞かせてくれてありがとう。こちらはよく行ってる王子動物園から近くにあるからできれば初めて行ってみようと思っています。
Commented at 2017-02-18 21:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bon_soir at 2017-02-19 09:55
プルメリアさん、コメントありがとうございます。
アークに関わる方達、そしてなによりアークに会いにいってあげてくださいね。
ただ、ほぼ毎日外で過ごしているようですが、アーク次第でもしかすると中で眠っているかもしれません。
それだけは考えて訪問してみてくださいね。
Commented by bon_soir at 2017-02-19 10:06
鍵コメ様、コメントありがとうございます。
先日はありがとうございました。少しでしたがかわいいライ君にも会えて嬉しかったです。
アークのことを眺めたり、撮った写真を眺めていると物理的なことではなくぎゅっと抱きしめたくなるような気持ちになります。
スタッフの方、そして応援している方達とみんなでずっとずっと長生きしていってほしいですね。
そしてそのアークの頑張りでいい方向に状況が変わることを心より願っています。
次がいつになるかはわかりませんが、その時はまたよろしくお願いいたしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by bon_soir | 2017-02-17 14:52 | 天王寺動物園 | Comments(11)