タグ:茶臼山動物園 ( 39 ) タグの人気記事
モモコ、大勢の傍で過ごした夏
茶臼山動物園で暮らすウォンバット、モモコ
a0164204_11331538.jpg
a0164204_12441624.jpg
いつだって気ままに、いつだっておとなしく、いつだって優しく温かく
モモコは変わらず不思議にウォンバット
a0164204_11364239.jpg
サマーナイトZOO、最後の日

みんなが楽しみしているウォンバットに近くで会えるガイド
そしてなにより素敵な夜のウォンバットに出会える時間
a0164204_11331490.jpg
a0164204_11331571.jpg
いつもよりも長い開園時間、頑張り続けたモモコの一週間はこの日で終わり
また来年までのんびり茶臼山動物園
そんな最後のひと頑張りの日、モモコ
a0164204_11442937.jpg
a0164204_11442802.jpg
スミレよりも少し遅れて庭へとモモコ
残念なのかいいことなのか、空は少し暗めの曇り空
a0164204_11452734.jpg
a0164204_11452823.jpg
───今夜も星が見えない

モモコ、ふと思う朝
a0164204_11452724.jpg
疲れが溜まり残る夏の終わり
のんびりしたい、壊れたプラネタリウムのような星空にただ包まれたい
そう思うのはモモコも一緒、動物達も一緒
a0164204_11500366.jpg
夜が好きなウォンバットなら、誰よりもそう思う
a0164204_11500467.jpg
斜面をモモコが登る時
モモコが坂道登る時
a0164204_11540391.jpg
a0164204_11540460.jpg
自然と目に入るのは山の空
そよ風にもならない弱い風、厚い雲は動かない
a0164204_11540558.jpg
a0164204_11540487.jpg
きっとこのまま、今日はこのまま
このままこのまま雲の向こうで陽は昇り、雲の向こうで陽は沈み
a0164204_11564118.jpg
a0164204_11500361.jpg
きっと早く暗くなる
月も星も見えない夜がやって来る
a0164204_11590975.jpg
「月が明るく輝いて、たくさんの星がキラキラキラキラ瞬いて───そんな夜は不思議に静か」
a0164204_11590904.jpg
「誰もがその素敵な夜空に『わぁ』ってなるからね」
a0164204_11590877.jpg
「みんなで『わーっ』って賑やかなのもいいけれど、私はやっぱり静かな夜が好き」
a0164204_12030545.jpg
「気持ちがいい夜風に揺れた葉の音、枝の音。優しい言葉の虫の声。そっと聞こえる静かな夜のほうが好き───」
a0164204_12030565.jpg
a0164204_12030494.jpg
「静かな静かな夜になったとしたら動物達の小さな声も届くかも、って私は思う」
a0164204_12064742.jpg
「私の声は凄く小さい。特別静かじゃないとみんなには届かないかもしれないからね───」
a0164204_12064856.jpg
a0164204_12064746.jpg
「月が明るく輝いて、たくさんの星がキラキラキラキラ瞬いて───そんな夜は不思議に静か」
a0164204_12132050.jpg
「───わかるかな」
a0164204_12132031.jpg
「気持ちがいい夜風に揺れた葉の音、枝の音。優しい言葉の虫の声。そっと聞こえる静かな夜のほうが好き───」
a0164204_12131980.jpg
「───そんな気持ち、わかってもらうこと出来るかな」
a0164204_12185286.jpg
「今日の夜空は曇り空。月も星もぜんぜん見えない曇り空」
a0164204_12185283.jpg
「残念、少し寂しいね」
a0164204_12185131.jpg
「お部屋に戻って少し休むね」
a0164204_12215904.jpg
「夜になる前、また傍へ行くからね」
a0164204_12220064.jpg
「みんなの傍へ行くからね───」
a0164204_12215978.jpg
a0164204_12233491.jpg
ガイドは始まり、モモコはみんなの傍へ
a0164204_12233599.jpg
a0164204_12233432.jpg
ウォンバットモモコ
そっとお部屋の外へ出て、そっと静かにみんなの傍へ
a0164204_12233544.jpg
みんなのすぐ傍、ウォンバットが傍にいるよ
a0164204_12252757.jpg
a0164204_12252709.jpg
少し眠そうにしているウォンバットがみんなの傍へ来てくれているよ
a0164204_12252698.jpg
ウォンバットのこと、みんなにもっと知ってもらうため
優しいモモコがみんなの傍へ、そっとそっと来てくれているよ
a0164204_12270136.jpg
a0164204_12270003.jpg
優しさ貰って優しさ溜めて、心で増やして動物達に返してあげて
その繰り返し、みんなもっと優しくなれる
a0164204_12270142.jpg
きっとそれが動物園
世界への入り口、色々なところへの不思議な入り口
a0164204_12270093.jpg
きっとそれが動物園


曇った空はすぐに暗くなる、夏の終わりはすぐに暗くなっていく
a0164204_12312963.jpg
a0164204_12313055.jpg
その時スミレは夢を見て
a0164204_12313014.jpg
モモコはみんなのことを眺め終わって夜の中へ───
a0164204_12312994.jpg
a0164204_12334488.jpg
a0164204_12334362.jpg
サマーナイトZOO、最後の夜が辺りを包む
a0164204_12334388.jpg
a0164204_12350376.jpg
今年の夏もあと少し
山の秋は足早に
a0164204_12350471.jpg
a0164204_12350334.jpg
もう辺りは暗い
夕方境目、少し夜寄り
a0164204_12441703.jpg
行こうよモモコ
a0164204_12454314.jpg
───夜の庭へ
a0164204_12454487.jpg
a0164204_12454302.jpg
のんびりゆっくり最後の夜を
のんびりゆっくりただそのままそっと佇み通り抜けていく
a0164204_12474355.jpg
今年の夏はもう終わる
短い秋へと季節は進む
a0164204_12474329.jpg
毎日毎日休みなく、毎日毎日ただ進む
a0164204_12474231.jpg
a0164204_12512094.jpg
「気持ちがいい夜風に揺れた葉の音、枝の音。優しい言葉の虫の声。そっと聞こえる静かな夜が好き───」
a0164204_12512198.jpg
「───わかるかな」
a0164204_12512185.jpg
「このトウモロコシをちょっと食べて今日は休もう」
a0164204_12512009.jpg
「お客さんもその内すぐにお家に帰る───私も部屋に戻ろう」




モモコとスミレ
二人と過ごすサマーナイトZOO
また来年まで楽しみに
二人と過ごせるサマーナイトZOO
a0164204_12544985.jpg
a0164204_12572156.jpg




   

by bon_soir | 2017-08-28 12:57 | 茶臼山動物園 | Comments(4)
スミレ夏の夜
茶臼山動物園で暮らすウォンバット、スミレ
a0164204_22112652.jpg
a0164204_22271690.jpg
夕方までのスミレ(→☆☆☆☆☆)は夜を前に一眠り
部屋では眠らず、賑やかになり始めた声が聞こえるお庭でちょっと一眠り
a0164204_22140423.jpg
a0164204_22150601.jpg
夜はすぐそこ
短い夢はどんな夢
a0164204_22155309.jpg
a0164204_22170855.jpg
a0164204_02020864.jpg
目を覚ませば曇った空が薄暗い
時間が経ったと一安心
a0164204_22140469.jpg
a0164204_22170884.jpg
桃はそのまま
甘い香りが平たい鼻にそっとあたる
a0164204_22170963.jpg
a0164204_22170807.jpg
a0164204_22204283.jpg
いつもだったらお部屋でご飯
今日は夜までナイトZOO
a0164204_22204256.jpg
a0164204_22204360.jpg
今日の夢はどんな夢
さっき見た夢どんな夢
a0164204_22233386.jpg
庭を駆けたら夏から秋へ
さっと変わって色づく季節
a0164204_22233446.jpg
a0164204_22233362.jpg
今日の夢はそんな夢
夢で先取り、秋のこと
a0164204_22271581.jpg
a0164204_22271550.jpg
a0164204_02040073.jpg
寝る場所変えてもう一眠り
長い長い、真っ暗になるまでまだまだまだまだ
a0164204_02020803.jpg
a0164204_02020824.jpg
a0164204_02062767.jpg
モモコがガイドをしている声が夢の中に小さく聞こえ、夢との境目行ったり来たり
夢から醒めるまできっとあともう少し
a0164204_02062770.jpg
a0164204_02062639.jpg
夜の入り口、抜けていくまであともう少し
頑張る動物、少しづつ少しづつ夜の中
a0164204_02131713.jpg
a0164204_02062755.jpg
a0164204_02131686.jpg
────外灯が月のかわり、ウォンバットに出会う夜
a0164204_02201784.jpg
a0164204_02131781.jpg
スミレは今、夏の夜のウォンバット
暗くなってものんびりゆっくり
a0164204_02201744.jpg
a0164204_02201788.jpg
今日もお客さんの声が聞こえる動物園
夏の一週間、少し特別な動物園
a0164204_02222398.jpg
a0164204_02222212.jpg
スミレも歩く、みんなが歩く
曇った夜空、星は頭の中へ思い描いてゆっくり歩く
a0164204_02240571.jpg
a0164204_02240523.jpg
a0164204_02240476.jpg
残しておいたとっておき
甘い香りの濃いピンク
a0164204_02255751.jpg
a0164204_02255783.jpg
a0164204_02255700.jpg
香りと一緒の甘い果物
桃を食べて夜を過ごす
a0164204_02270682.jpg
a0164204_02270614.jpg
美味しいね
a0164204_02270695.jpg
a0164204_02291517.jpg
a0164204_02291535.jpg
a0164204_02291553.jpg
こうして動物達をそっと眺めて時間は過ぎる
長い長いと思っていても、夜になればあっという間

ゆっくりゆっくり動物時間
ゆっくりだけどどんどん進む
a0164204_02314455.jpg
a0164204_02314420.jpg
「のんびりのんびり、慌てないでもいいんだよ」
動物たちがそう言うよう、言っているよう
a0164204_02314481.jpg
a0164204_02340665.jpg
a0164204_02340594.jpg
a0164204_02340682.jpg
素敵な時間、夜の庭を少し散策
食べてばかりじゃもったいない
a0164204_02351543.jpg
a0164204_02351663.jpg
a0164204_02351565.jpg
戻って来たのは桃のところ
a0164204_02364775.jpg
ころり
ふと、桃ころり
a0164204_02364709.jpg
a0164204_02364768.jpg
転がって見失う
そんな夜
a0164204_02380551.jpg
a0164204_02380636.jpg
a0164204_02380513.jpg
しかたないからまた散策
楽しい夜のウォンバット
本当はきっと今日もどこかでこんなふうなウォンバット
a0164204_02385553.jpg
a0164204_02385512.jpg
a0164204_02385663.jpg
今日の夜空は曇り空
外灯が月のかわりに明るく光る
a0164204_02403593.jpg
a0164204_02403564.jpg
a0164204_02414644.jpg
a0164204_02414574.jpg
桃が帰って来ていたよ
元の場所へ戻っていたよ
a0164204_02432322.jpg
a0164204_02432321.jpg
a0164204_02432253.jpg
a0164204_02511922.jpg
齧って歩いて
戻って齧って
a0164204_02442992.jpg
a0164204_02442914.jpg
a0164204_02442933.jpg
今日の夜はそんな夜
桃と過ごした甘い夜
a0164204_02460643.jpg
a0164204_02460748.jpg
a0164204_02474794.jpg
a0164204_02460702.jpg
また来年
夜に会おうよ、また来年
a0164204_02474857.jpg
a0164204_02474899.jpg
きっと来年は星が溢れるそんな夜
月が照らすよ、ウォンバット
a0164204_02485517.jpg
a0164204_02485429.jpg
a0164204_02485474.jpg
a0164204_02474862.jpg
スミレ夏の夜
今年は過ぎた、そんな夜
a0164204_02511847.jpg
a0164204_02511874.jpg



   

by bon_soir | 2017-08-24 07:00 | 茶臼山動物園 | Comments(4)
スミレと桃と夜の入り口

茶臼山動物園で暮らすウォンバット、スミレ
a0164204_10570583.jpg
いつものように気ままにのんびり過ごしている朝
a0164204_11011750.jpg
a0164204_10591045.jpg
a0164204_10591076.jpg
ここ何日か、いつもと少し違うこと
動物園に少し賑やかな夜がやって来るということ
a0164204_11011759.jpg
a0164204_11024830.jpg
a0164204_11032576.jpg
空は曇り
雨がぎりぎり、厚い雲
a0164204_11042158.jpg
a0164204_11042125.jpg
茶臼山動物園、サマーナイトZOO
一週間だけの特別な夏の日々
a0164204_11042171.jpg
その最後の日のスミレは少しお疲れ
いつも以上にのんびりゆっくり、そんな朝
a0164204_11071307.jpg
a0164204_11071354.jpg
朝の道草するのもどこかゆっくり
a0164204_11071247.jpg
夜の涼しさそっと残り、少し涼しい素敵な朝に
どこかゆっくり、ウォンバット
a0164204_11103467.jpg
一度お部屋へ
a0164204_11103434.jpg
少し開いてるドアの隙間
鼻でぐっと持ち上げて帰るつもり、でも諦めた
a0164204_11103586.jpg
a0164204_11103463.jpg
a0164204_11125186.jpg
戻ってお散歩
a0164204_11125152.jpg
a0164204_11125057.jpg
てくてくてくてく
さっさっさ
a0164204_11145905.jpg
a0164204_11150097.jpg
歩いて感じる夏の終わり
山の上には少し早く秋の気配
a0164204_11163711.jpg
a0164204_11145935.jpg
スミレは感じる
スミレは探す
a0164204_11171463.jpg
a0164204_11171489.jpg
秋を運ぶ風の音、山のメロディー
小さく聞こえてウォンバットの足音リズムと奏で、歌う
a0164204_11171469.jpg
a0164204_11222136.jpg
スミレ大好き毛づくろい
a0164204_11222178.jpg
a0164204_11222015.jpg
a0164204_11235498.jpg
お部屋が気になる
a0164204_11235428.jpg
a0164204_11235414.jpg
戻りたいようなそうでもないような
季節の変わり目少し寂しい、辛くもないから外もいい
a0164204_11284886.jpg
「そう、こんな日は外でのんびりそれがいい────」
a0164204_11305830.jpg
「ずっと暑い暑いって言っていたけど、気がつけば秋はすぐそこ。そういうこと」
a0164204_11305800.jpg
「なんでだろうね、あんなに嫌な暑い毎日だったけど、終わるのかって思うと少し寂しい」
a0164204_11374327.jpg
a0164204_11374308.jpg
「ここのところお客さんが夜になっても笑ってる、気がつけば私達も夜の庭で星空見上げて笑ってる」
a0164204_11410311.jpg
a0164204_11410362.jpg
「そう、夏を見送り秋を迎える、そんな時いつものこと────毎年のこと」
a0164204_11410202.jpg
「庭のモミジもそのうち色がついてくるね」
a0164204_11442737.jpg
a0164204_11442771.jpg
「また秋の色でいっぱいに、なるんだね」
a0164204_11442941.jpg
「少しお部屋に、と思ったけれど……」
a0164204_11465191.jpg
「なんだか背中がむずむずする」
a0164204_11465197.jpg
a0164204_11465138.jpg
「楽しかったんだ、嬉しかったんだ────」
a0164204_11503547.jpg
a0164204_11490468.jpg
a0164204_11490446.jpg
「おめでとうって────「スミレちゃん、お誕生日おめでとう」って、みんなが笑顔でいてくれた」
a0164204_11523919.jpg
a0164204_11523983.jpg
「こんなに嬉しいことってなかなかない。モモコちゃんも喜んでくれていた」
a0164204_11523927.jpg
a0164204_11554118.jpg
モモコ

「今年の夏も色々あったなぁって、思い返してまた考える────」
a0164204_11554222.jpg
a0164204_11554138.jpg
「また来年のお誕生日、またその先の夏へ、季節へって、どんどん楽しくなってくる」
a0164204_11583716.jpg
a0164204_11583630.jpg
「────モモコちゃんと二人、私はいつも楽しいよ」
a0164204_11583755.jpg
「伝わっているかな、こんな気持ち」
a0164204_12264360.jpg
a0164204_12261835.jpg
「モモコちゃんと全く同じってわけにはいかないけれど、私も穴を掘ったんだ」
a0164204_12563498.jpg
a0164204_12023051.jpg
a0164204_12022989.jpg
「ちゃんと掘れたよ、ちゃんと入れるよ」
a0164204_12275862.jpg
a0164204_12275875.jpg
「凄いでしょ────そう、私もウォンバット。穴を掘ることが出来る動物、ウォンバット」
a0164204_12275901.jpg
「穴掘り、楽しいね」
a0164204_12294744.jpg
a0164204_12294811.jpg
a0164204_12294867.jpg
「ウォンバットは木には登れない、でも穴を掘ることが出来る────」
a0164204_12310567.jpg
a0164204_12310505.jpg
a0164204_12310493.jpg
「今年の夏、私は大きな穴を掘った。特別な夏なんだ────」
a0164204_12321202.jpg
a0164204_12321190.jpg
a0164204_12321153.jpg
スミレ、お昼寝に戻る
a0164204_12340964.jpg
a0164204_12340933.jpg
a0164204_12341049.jpg
a0164204_12340924.jpg
すぐに出てくる
a0164204_12354693.jpg
a0164204_12354654.jpg
a0164204_12354657.jpg
自慢の穴をもう一度確認
a0164204_12364595.jpg
a0164204_12364566.jpg
a0164204_12364430.jpg
楽しそうに気持ちが良さそうに、足取り軽い26歳になったスミレ
a0164204_12373035.jpg
a0164204_12373196.jpg
a0164204_12373079.jpg
きっとそれは風のせい
a0164204_12390074.jpg
a0164204_12390109.jpg
秋を運ぶ風、その先頭が二人のところへさしかかって来た
そんなせい
a0164204_12390067.jpg
夏はまた来年、と、そんな気持ち
秋はまた今年も───と、そんな気持ち
a0164204_12410134.jpg
a0164204_12410039.jpg
繰り返す繰り返す
繰り返して二人、歳をとり
繰り返して二人、思い出を重ねていく
a0164204_12410016.jpg
風に吹かれて食べていく
a0164204_12440826.jpg
風に乗って香る
そんな物がある
a0164204_12440833.jpg
a0164204_12440818.jpg
a0164204_12452500.jpg
それは何?
それはどんな香り?
a0164204_12452456.jpg
a0164204_12452491.jpg
a0164204_12452418.jpg
「それは何?」
少し戸惑うウォンバット、スミレ
a0164204_12471088.jpg
a0164204_12471045.jpg
みんなが見ている次のスミレ
照れ隠しに毛づくろい
a0164204_12471065.jpg
a0164204_12490888.jpg
a0164204_12490820.jpg
「甘い香りだ────」
a0164204_12490704.jpg
a0164204_12501259.jpg
a0164204_12501387.jpg
美味しそうな桃
濃いピンク
a0164204_12501219.jpg
齧る
そっと齧る
a0164204_12511740.jpg
a0164204_12511719.jpg
a0164204_12511611.jpg
そっとそっと
そっと齧る
a0164204_12521154.jpg
a0164204_12521148.jpg
a0164204_12521027.jpg
目を閉じればもっと感じる味と香り
五感の一つをそっと閉じれば残りが増して感じる感じる
a0164204_12542558.jpg
a0164204_12542555.jpg
感じた気持ち
「────美味しいね」
a0164204_12542471.jpg
「桃を残して私は眠る」
a0164204_12553824.jpg
a0164204_12553818.jpg
a0164204_12553868.jpg
「きっと今夜もみんなと一緒。少し賑やかな夜が来る」
a0164204_12574843.jpg
a0164204_12574915.jpg
「星空見上げて食べるんだ、夜のおやつに食べるんだ」
a0164204_12591711.jpg
a0164204_12591712.jpg
a0164204_13005090.jpg

「でも今日は曇り空、夜もきっと曇り空」
a0164204_12591611.jpg
「星は想像、星座も想像」
a0164204_13005065.jpg
「それでいい。きっと綺麗に輝くよ」
a0164204_13005160.jpg
「世界中、宇宙中の星を一度に集めて溢れたような、そんな星空きっと見えるよ」
a0164204_13031251.jpg



“スミレ夏の夜”へと続く






   

by bon_soir | 2017-08-23 13:05 | 茶臼山動物園 | Comments(2)
アース
茶臼山動物園で暮らすアルダブラゾウガメ、アース
a0164204_12380828.jpg
体重、約110kg
a0164204_12404923.jpg
年齢
60~100歳
a0164204_12395227.jpg
ちょっと開きがあるけれど、60歳でも凄い
もし100歳だとしたらとっても凄い
a0164204_12435572.jpg
ゆっくり歩く、いつのまにか色々な所へ動いてる
そんなアース
a0164204_12450176.jpg
歩いていると時々こうなるアース君
避けたくない、避けてももらえない
a0164204_12454953.jpg
困ったね
a0164204_12474021.jpg
のんびりしてても結構大変
カメの世界も結構大変
a0164204_12484039.jpg
がんばれカメ達
a0164204_12520089.jpg

by bon_soir | 2017-08-22 12:50 | 茶臼山動物園 | Comments(0)
山にはもう秋が

茶臼山動物園で暮らすレッサーパンダ達
a0164204_09554324.jpg
雨はぎりぎり
少し暗くて優しい曇り
ときおり吹く風、それはもうきっと秋の風
a0164204_09554463.jpg
a0164204_09554430.jpg
これなら外で過ごしやすい日
遠くに見える山は上のほうが雲の中
a0164204_10010955.jpg
「ノン」かな
気持ちが良くて、ついつい眠くなる
a0164204_10010957.jpg
a0164204_10010937.jpg
ペロペロ
a0164204_10024764.jpg
a0164204_10024755.jpg
ペロペロペロペロ
a0164204_10024719.jpg
a0164204_10035547.jpg
隣、「チャオ」かな
a0164204_10035541.jpg
気持ちがいい風、秋を運ぶ風
吹かれてうとうと
a0164204_10035698.jpg
夢の中にもきっと吹いてる秋の風
曇った空の優しい木漏れ日、そっと照らす
a0164204_10092667.jpg
a0164204_10092619.jpg
のんびりのんびり
外のみんなはのんびりのんびり
a0164204_10092677.jpg
a0164204_10120612.jpg
a0164204_10120588.jpg
秋の風、運ばれくる季節、巡る季節
雨はぎりぎり、少し暗めの曇り空
みんな優しい、レッサーパンダ達に優しい一日
a0164204_10160293.jpg
a0164204_10160216.jpg
a0164204_10165523.jpg
「アジサイ」ちゃんかな
a0164204_10120636.jpg
もちろんうとうと
こんな日はみんなうとうと
a0164204_10174449.jpg
a0164204_10174537.jpg
寝相はこんなふう
a0164204_10184250.jpg
こんなふう
a0164204_10174573.jpg
お部屋の中のみんな
まだ冷房が少し効いている、そんなお部屋
a0164204_10195132.jpg
「ロン」君
a0164204_10195186.jpg
お部屋の中、窓から差し込む曇り空の優しい光
a0164204_10242530.jpg
雲ように白い光
雲を通した白い光
a0164204_10242449.jpg
そんな光とレッサーパンダ
a0164204_10242502.jpg
「ヒカル」と「ヒビキ」
a0164204_10265002.jpg
a0164204_10265121.jpg
楽しく過ごしてもちゃもちゃ
もちゃもちゃ楽しいじゃれ合い
a0164204_10265061.jpg
a0164204_10265006.jpg
梁をてくてく
a0164204_10301404.jpg
a0164204_10301499.jpg
もちゃもちゃもちゃもちゃ
a0164204_10313678.jpg
a0164204_10313612.jpg
楽しいね!
a0164204_10313510.jpg
a0164204_10313555.jpg
レッサーパンダとのんびりのんびり
のんびりのんびり夜を待つ
a0164204_10380474.jpg
a0164204_10380429.jpg
この日は「サマーナイトZOO」最後の日
a0164204_10380335.jpg
時間は過ぎてもロンくん一人
てくてくてくてく
a0164204_10412829.jpg
a0164204_10412850.jpg
a0164204_10412713.jpg
なんだか気にする上の方
a0164204_10423934.jpg
何が見える
そっと見上げて何見える
a0164204_10423986.jpg
何見える
見上げた先には何が見える
a0164204_10423936.jpg
外もお部屋も今日は穏やか
秋の気配にみんなはそっと触れはじめ、外もお部屋も今日は穏やか
真冬になるまで穏やか穏やか、優しく穏やか
a0164204_10443898.jpg
a0164204_10443816.jpg
a0164204_10443871.jpg
「アジサイ」ちゃんかな
a0164204_10463139.jpg
山の季節は少し早めに秋になる
季節が流れる
秋は空から、春は地面の方から
きっとそう
a0164204_10474703.jpg
a0164204_10474739.jpg
a0164204_10500666.jpg
葉は色づいていつか落葉
茶臼山動物園は雪で真っ白
a0164204_10474697.jpg
それがこれから
季節の予定
a0164204_10500573.jpg
「アジサイ」ちゃんかな
a0164204_10500520.jpg



by bon_soir | 2017-08-18 10:53 | 茶臼山動物園 | Comments(0)
モモコと夏の声探し
茶臼山動物園で暮らすウォンバット、モモコ
a0164204_09390314.jpg
山の動物園の夏は進む
朝の陽射しで暑くなり、午後の風で少し涼しくなっていく
a0164204_09390334.jpg
その繰り返しで一日一日、夏は進む
空高く涼しい秋へと夏は進む
a0164204_09390292.jpg
a0164204_09390268.jpg
動物達の時間はきっと人の時間よりものんびりゆっくり急がず進む
a0164204_09504379.jpg
a0164204_09504274.jpg
24時間、365日
それは何も変わらないけどのんびりゆっくり急がず進む
a0164204_09504344.jpg
動物園では動物達に時間を合わせてのんびりゆっくり
のんびりゆっくり
a0164204_09533903.jpg
声に音に耳を傾け、いつかみんなものんびりゆっくり
a0164204_09533904.jpg
a0164204_09533903.jpg
動物達の傍にいるときくらいはのんびりゆっくり
夏を進む
a0164204_09534087.jpg
a0164204_09563289.jpg
モモコの朝は人を待つ
いつもの優しい声を聞きたくて聞きたくて
ドアの前で人を待つ
a0164204_09575809.jpg
a0164204_09575938.jpg
「おはよう」

「おはよう」

言葉を交わす
モモコは人の声を聞く
人はモモコの声を聞く
a0164204_09575843.jpg
人の声が聞こえるよ
ウォンバットの声が伝わるよ
優しい声は伝わるよ
優しい声が聞こえてくるよ
a0164204_10001990.jpg
「人の口が動いてる。ぱくぱくぱくぱく、きっと何かを喋ってる」
a0164204_10001897.jpg
「なんでだろう、私には何も聞こえてこない。きっとみんなは話していて、話しかけられているはずなのに、何も聞こえてこない」
a0164204_10001830.jpg
「飼育係さんの声は聞こえる、優しい声、いつもの声」
a0164204_10063692.jpg
「他の人の声は聞こえてこない。口がぱくぱく、口だけぱくぱくぱくぱく────聞こえてこない」
a0164204_10063684.jpg
「私はウォンバット、ウォンバットの声で話す。伝わるのかな、伝わっているのかな」
a0164204_10063549.jpg
a0164204_10105676.jpg
「聞こえてこない声に耳を傾け考える。私はウォンバット、今ここにいるみんなは人────」
a0164204_10105584.jpg
「夏の声の一つ、セミの声。何を言っているのかわからない。伝わらないこと、それは少し寂しいこと」
a0164204_10130429.jpg
a0164204_10130385.jpg
「近くにいる人、口がぱくぱく。口だけぱくぱく。少し寂しい聞こえない声、聞こえてこない声」
a0164204_10130312.jpg
「飼育係さんの声はちゃんと優しく聞こえてくる、きっと私の声も伝わっていく。なのになんで────ぱくぱくぱくぱく」
a0164204_10193870.jpg
「私の声、伝わるのかな。伝わっているのかな」
a0164204_10202151.jpg
a0164204_10202203.jpg
「みんなの声を探さなきゃ。私、声を探さなきゃ。夏の声を探さなきゃ────いけないね」
a0164204_10202173.jpg
「さっきもらった食べ物、『トウモロコシ』って飼育係さんが言っていた」
a0164204_10171064.jpg
「黄色いところはまだあるみたい。まだ食べるところはあるのかな」
a0164204_10170973.jpg
a0164204_10170908.jpg
a0164204_10243010.jpg
a0164204_10243057.jpg
a0164204_10242934.jpg
「ふわりと優しく甘い味。夏の食べ物なのかもしれない、そんな味」
a0164204_10285450.jpg
「そういえば、今日の私はいつもと違う場所にいる。隣の庭、フェンスの向こうのお庭にいるよう」
a0164204_10285496.jpg
a0164204_10285373.jpg
「すぐ隣の場所だけど、なんだか少し違う雰囲気。そんな動物園」
a0164204_10303524.jpg
a0164204_10303533.jpg
「聞こえなかった声と何か関係あるのかな」
a0164204_10303544.jpg
「私は夏の声探し。いつもと違う庭を歩いて、景色を眺めて声探し」
a0164204_10331625.jpg
a0164204_10331673.jpg
「秋が来る前、夏だけの───夏に聞こえて夏と一緒にそっと通り過ぎてく声探し」
a0164204_10331561.jpg
「それは何の声。それは夏の虫の声、それは夏の鳥の声、それは夏の空の声に風の声」
a0164204_10364787.jpg
a0164204_10364866.jpg
「そして優しい人の声」
a0164204_10395274.jpg
「ここにあるかな、向こうかな」
a0164204_10364763.jpg
a0164204_10410837.jpg
a0164204_10410933.jpg
「私は夏の声探し」
a0164204_10410800.jpg
「口がぱくぱくぱくぱく、それだけだったら寂しいよ」
a0164204_10434657.jpg
「私に声を聞かせてよ、夏の声を聞かせてよ」
a0164204_10434751.jpg
「優しい声で優しく私に話してよ」
a0164204_10434624.jpg
「優しいあなたの声を聞かせてよ────傍にいるから、傍へ行くから、私にあなたの優しい声を聞かせてよ」
a0164204_10451394.jpg
a0164204_10451343.jpg
「私の声も伝わるよ、あなたにきっと伝わるよ」
a0164204_10451264.jpg
a0164204_10475082.jpg
a0164204_10474974.jpg
モモコはこの日もみんなの傍へ────
a0164204_10475057.jpg
a0164204_10475146.jpg
優しいモモコはこの日もみんなのすぐ傍へ────
a0164204_10494289.jpg
a0164204_10494371.jpg
みんなの優しい声を聞きに来る
みんなに優しい声を届けに傍へ傍へとやって来る
a0164204_10494236.jpg
ウォンバットの声が聞こえてきた時、ウォンバットに声が伝わった時
a0164204_10522330.jpg
優しいモモコに優しい気持ちで
a0164204_10522239.jpg
a0164204_10522368.jpg
モモコの手、優しい手
a0164204_10540265.jpg
a0164204_10540118.jpg
そんなモモコに触れる時は優しい気持ちで優しい手で
a0164204_10540230.jpg
そっと、そっと
優しく優しく温かく
a0164204_10553862.jpg
頑張るモモコをそっと優しく温かく
a0164204_10553805.jpg
a0164204_10553999.jpg
夢見るモモコを邪魔しないように
モモコの夢を途中で終わらせてしまわないように
a0164204_10572876.jpg
優しい気持ちの優しい声はモモコに届く
夢の中へもそっと届く
a0164204_11002204.jpg
モモコの声が聞こえたら、モモコに気持ちが届いてる
モモコに声が届いた時は、モモコの気持ちを貰ってる
a0164204_11002305.jpg
a0164204_10572865.jpg
それはモモコの心の中に、それはみんなの心の中に
a0164204_10572741.jpg
口だけぱくぱく
伝わらないでぱくぱくぱくぱく
そればっかりじゃ少し寂しい
a0164204_11052305.jpg
a0164204_11052339.jpg
声を感じて声を伝えて
a0164204_11052384.jpg
みんな夏の声探し
a0164204_11090350.jpg
a0164204_11090324.jpg
口だけぱくぱく
伝わらないでぱくぱくぱくぱく
お互いぱくぱく
寂しい気持ちにならないように優しさ持って、温かい気持ちを伝えて過ごす夏のこと
a0164204_11090228.jpg
a0164204_11112364.jpg
a0164204_11141462.jpg
「今は聞こえる、声が聞こえる」
a0164204_11112479.jpg
「私はウォンバット、みんなは人。それでも聞こえる、ちゃんと聞こえる」
a0164204_11112362.jpg
「優しい気持ちの優しい声はちゃんと聞こえて、それならきっとそこへ伝わる、広がっていく」
a0164204_11164943.jpg
a0164204_11164969.jpg
「飼育係さんが私を連れ出してくれる場所、そこには優しい気持ちがあふれてる」
a0164204_11164931.jpg
「夏の声探しは、いつもと同じ温かい気持ち探し。ウォンバットはのんびりゆっくりだけど止まらない」
a0164204_11231395.jpg
a0164204_11231204.jpg
「進む季節に、優しい飼育係さんに導かれて止まらない」
a0164204_11231315.jpg
「私の夏の声探し、夢の中までずっと続く大切な声探し────」




   

by bon_soir | 2017-08-10 11:40 | 茶臼山動物園 | Comments(2)
夏のスミレ
茶臼山動物園で暮らすウォンバット、スミレ
a0164204_06595075.jpg
木陰涼しい山の上
朝日は枝葉をすり抜けて、眩しく庭を照らしてる
a0164204_06595029.jpg
山の動物園にウォンバットが二人
a0164204_06595081.jpg
スミレとモモコ

女の子のウォンバットが二人
二人はそっと待っている

a0164204_07032832.jpg
スミレ
a0164204_07032781.jpg
モモコ

そっと会いに来てくれる人、そっと二人は待っている
山の上の動物園、街とは違う風、そんな二人の所にそっと吹く
a0164204_07105311.jpg
a0164204_07114868.jpg
a0164204_07105378.jpg
なんだか賑やか夏の朝
a0164204_07131743.jpg
a0164204_07131725.jpg
a0164204_07131682.jpg

スミレが朝見た風景は、飼育係さんと知らない人がモモコを囲む、その風景
a0164204_07131643.jpg
a0164204_07163496.jpg
※取材でした

a0164204_07163357.jpg
そんな時、スミレがいつも思うこと
────モモコは自分に出来ないことをやっている、モモコにしか出来ないことをやっている
a0164204_07163486.jpg
a0164204_07203497.jpg
モモコ
きっとそんなこと

「ごめんねモモコちゃん。私はのんびりしか出来ない、普通のウォンバット」
a0164204_07214339.jpg
a0164204_07225607.jpg
「こうして毛づくろいしたりお散歩したり、私はのんびり過ごしている普通のウォンバット」
a0164204_07225707.jpg
a0164204_07225716.jpg
a0164204_07241688.jpg
「頑張るモモコちゃん、かわいいモモコちゃんの顔を眺めていつも思う────照れくさいから言葉にしたことはない」
a0164204_07241725.jpg
a0164204_07265320.jpg
モモコ
「ありがとう」
a0164204_07282006.jpg
「そう、私がこうしてのんびり気ままに過ごしていられるのはモモコちゃんのおかげ」
a0164204_07241762.jpg
「たいへんなこと全部やってくれる────そんなモモコちゃんのおかげなんだ」
a0164204_07305777.jpg
a0164204_07322341.jpg
a0164204_07322220.jpg
「お庭にちょこんと立っている何かを見つけた」
a0164204_07331345.jpg
「ここにあるっていうことは、きっと食べ物」
a0164204_07331399.jpg
a0164204_07345389.jpg
「どこを食べればいいんだろう……」
a0164204_07345436.jpg
a0164204_07345364.jpg
「緑の香り、少し混じった甘い香り」
a0164204_07372400.jpg
a0164204_07372452.jpg
「私は甘いものが好き。バナナとかね」
a0164204_07372327.jpg
少し齧って、少し剥いてみて
a0164204_07390596.jpg
a0164204_07390666.jpg
a0164204_07390531.jpg
それ以上、その先が出来ないスミレ
a0164204_07402471.jpg
a0164204_07402483.jpg
a0164204_07402307.jpg
いつもの場所でいつものように毛づくろい
a0164204_07412424.jpg
a0164204_07412403.jpg
a0164204_07423438.jpg
そんなスミレ
a0164204_07423424.jpg
a0164204_07423408.jpg
ただ見つめているだけのトウモロコシ
a0164204_07433699.jpg
a0164204_07433716.jpg
中まで齧ればほんのり甘い
今はただ、少し勇気が出ないだけ
a0164204_07433789.jpg
a0164204_07433722.jpg
暑い夏に身体が少しゆっくりしようと思わせる
それだけ
ただそれだけ
a0164204_07454470.jpg
a0164204_07454538.jpg
a0164204_07454468.jpg
雲はむくむく
陽射しをすっと、すっとさえぎる
a0164204_07500468.jpg
隣で頑張るモモコに力をもらう
a0164204_07500303.jpg
a0164204_07500389.jpg
モモコ
a0164204_07520823.jpg
トウモロコシをもう一度
a0164204_07520765.jpg
a0164204_07534015.jpg
a0164204_07520742.jpg
少し考え、少しやる気
a0164204_07533917.jpg
a0164204_07533946.jpg
それでも少しわからない
a0164204_07551406.jpg
a0164204_07551472.jpg
a0164204_07551536.jpg
きっと美味しいはずなのに────
a0164204_07562444.jpg
a0164204_07562478.jpg
スミレ、夏に出会う
夏の草、夏の花、夏の風に夏の日差し
a0164204_08001480.jpg
今日出会ったのはカブトムシ
a0164204_07591431.jpg
小さいけれど一生懸命
自然に生きる、一人
一人のカブトムシ
a0164204_07591451.jpg
a0164204_07591311.jpg
a0164204_08471114.jpg
a0164204_08021476.jpg
部屋で眠り、ぐっすり眠る
夢の中で何をしてるか、時々むにゃむにゃ
a0164204_08021513.jpg
モモコもすやすや
a0164204_08021439.jpg
疲れてすやすや
セミの声は色々で、夢の中でも大合唱
それでもすやすや
a0164204_08021480.jpg
騒々しい声、風で塞いで、風に隠して
すやすやすやすや
二人はすやすや
すやすやすやすや
a0164204_08092301.jpg
モモコ
a0164204_08092319.jpg
モモコが部屋で眠る頃
夕方、閉園近づいてくる頃
a0164204_08112103.jpg
スミレ一人、夕暮れお庭
a0164204_08112082.jpg
a0164204_08112071.jpg
硬めの葉っぱ“ソルゴー”少し食べてみる
a0164204_08125405.jpg
見上げた先にはまた見知らぬ何か
黄色いつぶつぶ、少し光る
a0164204_08125433.jpg
a0164204_08125509.jpg
a0164204_08125380.jpg
「さっきのなのかな────」
a0164204_08164423.jpg
色々考えている間、昼とは違う声のセミ
a0164204_08164579.jpg
a0164204_08164455.jpg
さっき見た夢、齧る夢
a0164204_08182458.jpg
a0164204_08182557.jpg
静かに齧ってモモコと笑った
そんな夢
a0164204_08182432.jpg
a0164204_08205112.jpg
a0164204_08205138.jpg
a0164204_08205142.jpg
近づくことは簡単で、見つめることも簡単で
何かできると思ってた
でもなぜか、なぜかできないあと少し
a0164204_08225488.jpg
a0164204_08225409.jpg
触れることは難しい
話しかけることも少しだけ難しい
あなたは誰なの、君は何なの
a0164204_08225586.jpg
それでも何かを伝えたい
それでも何かを感じたい
早くしないと季節は過ぎて、早くしなければとただ気持ちがはやる
a0164204_08341148.jpg
a0164204_08341048.jpg
誰か一緒に誰かに話しかけようよ
誰か一緒にどこかへお散歩出かけよう
a0164204_08360425.jpg
a0164204_08360575.jpg
夏は進んで秋へとすすすと近づいて
雲は軽く高く青い空、手を伸ばしても何も掴めない
そのままそのまま冬が来る
a0164204_08360461.jpg
モモコと二人、スミレの暮し
山の上の動物園で二人は暮し
a0164204_08384566.jpg
a0164204_08384539.jpg
モモコ
a0164204_08384666.jpg
夏は暑くて辛いけど、夏にしか見られないことたくさんあるから楽しみで
夏の草、夏の花、夏の風に夏の日差し
色とりどりの夏の色
a0164204_08471114.jpg
a0164204_08471284.jpg
いつのまにか陽は沈む
軌道大きく、空に高く、沈む速度は徐々に速く
空を太陽進んで消える山の向こう
まだまだ今でも遠回り
a0164204_08471184.jpg
a0164204_08471121.jpg
夜はだんだん長くなる
夏から秋、秋から冬、空はどんどん高くなるのに夜はだんだん長くなる
a0164204_08524467.jpg
a0164204_08524414.jpg
昨日は昨日の朝日が昇り、今日は今日の雲が浮かぶ
明日は明日の月が出て、夏には夏の星空、繋がる星座

見上げて見えた
a0164204_08524481.jpg
a0164204_08574526.jpg
a0164204_08574465.jpg
暑くて辛い夏だけど、過ぎていく時少し寂しい
変わらないこと少し寂しいことだけど、変わっていく時少し悲しい
a0164204_08574519.jpg
雲が晴れれば星が見える
そんな夜
雲が残れば思い出見える
そんな夏
a0164204_09032700.jpg
a0164204_09032629.jpg
「モモコちゃん、今日ね、トンボを見たよ────」
a0164204_09054651.jpg
「モモコちゃん、今日ね、少し穴を掘ったんだ────」
a0164204_09054680.jpg
a0164204_09114389.jpg
a0164204_09114395.jpg
モモコ

「────モモコちゃんのトンネルみたいに大っきく掘れるようになれるかな」
a0164204_09054758.jpg
a0164204_09162640.jpg



    

by bon_soir | 2017-08-06 09:16 | 茶臼山動物園 | Comments(4)
ツッキー、おやつの時間
茶臼山動物園で暮らすポニー ツッキー
a0164204_15104120.jpg
ちょっと眠そうだったツッキーも、いつのまにかそわそわそわそわ
a0164204_15112934.jpg
a0164204_15112895.jpg
サクラもそわそわ
a0164204_15122625.jpg
それはおやつの時間だってきっと知っているから

そのとおりのおやつの時間
a0164204_15122786.jpg
a0164204_15122537.jpg
ソルゴーの葉っぱを美味しそうに美味しそうに
a0164204_15122704.jpg
みんながくれる、おやつをくれる
a0164204_15144256.jpg
a0164204_15144210.jpg
ただ美味しそうに食べていく
a0164204_15154252.jpg
a0164204_15154322.jpg
そんなツッキー
a0164204_15154206.jpg
小さなツッキー、みんな友達
かわいいポニーがみんなの傍で
a0164204_15171504.jpg
a0164204_15154322.jpg
美味しいね!
a0164204_15171560.jpg
a0164204_15171525.jpg
空は青いね
山の向こう、遠くツッキー知らない場所は曇っていた
そんなこの日
a0164204_15200227.jpg
a0164204_15200117.jpg
おやつが終わると木陰に避難
暑いからね
a0164204_15215961.jpg



     

by bon_soir | 2017-08-05 15:22 | 茶臼山動物園 | Comments(0)
たまおくん
茶臼山動物園で暮らすマタコミツオビアルマジロ、たまおくん
a0164204_12122387.jpg
誰かいる
a0164204_12122244.jpg
誰かいるよ
a0164204_12122227.jpg
それはアルマジロのたまおくん
a0164204_12143020.jpg
いつもはお部屋で暮らすたまおくんに外で会えるイベント中でした
a0164204_12122140.jpg
自分の紹介POP前
たまおくん
a0164204_12153879.jpg
a0164204_12153995.jpg
枠の中をちょこちょこ
a0164204_12163032.jpg
a0164204_12163025.jpg
ちょこちょこちょこちょこ
たまおくん
a0164204_12163034.jpg
そんなたまおくんに優しく触って
a0164204_12175259.jpg
a0164204_12175199.jpg
a0164204_12175218.jpg
普段経験できないこと
動物達から愛情そっと、そっと貰って
優しくなる
a0164204_12195808.jpg
みんなきっともっと優しくなれる
a0164204_12195965.jpg
a0164204_12195971.jpg
頑張ってくれるたまおくん
目が優しい
a0164204_12215454.jpg
a0164204_12215399.jpg
手がかわいい
a0164204_12215341.jpg
自分の紹介、少し見てみた読んでみた
a0164204_12231254.jpg
a0164204_12231221.jpg
そんなたまおくん
手がかわいい
a0164204_12231105.jpg
そんなアルマジロといえば
a0164204_12242551.jpg
a0164204_12242699.jpg
こうしてコロっと丸くなる
a0164204_12242658.jpg
a0164204_12242575.jpg
こんなにコロっと丸くなるのはミツオビアルマジロだけらしい
a0164204_12261503.jpg
a0164204_12261520.jpg
凄い
不思議
かわいい
a0164204_12261516.jpg
頭の平ら、尖った尻尾
ぴったりキュッと
a0164204_12275035.jpg
a0164204_12275077.jpg
優しく触って大丈夫
a0164204_12274900.jpg
優しく優しく
動物達には優しく優しく
a0164204_12292647.jpg
地面にそっとおいてみた
a0164204_12292602.jpg
a0164204_12292624.jpg
開くかな
顔を見せてくれるかな
a0164204_12370583.jpg
a0164204_12370631.jpg
a0164204_12370581.jpg
ゆっくりゆっくり
動いてる
a0164204_12382973.jpg
a0164204_12382808.jpg
そしてこんにちは
a0164204_12382908.jpg
a0164204_12382856.jpg
やっぱりかわいいアルマジロ
なんだかかわいいたまおくん
a0164204_12394912.jpg
みんなが固唾を呑んでいる
自然と次のことを期待する
a0164204_12422483.jpg
みんなが見つめるたまおくん
a0164204_12422390.jpg
a0164204_12422112.jpg
はいっ!っと一瞬
a0164204_12434227.jpg
a0164204_12434219.jpg
いつもそんなかな?
a0164204_12434248.jpg
かわいいアルマジロ、たまおくん
a0164204_12451392.jpg
a0164204_12451345.jpg
優しくしてね
好きになってね
a0164204_12451267.jpg
儚く健気な動物達に
人の傍で暮らしてくれる動物達に
a0164204_12482244.jpg
a0164204_12482335.jpg
好きになってね
好きでいてね
a0164204_12482204.jpg


   

by bon_soir | 2017-08-04 12:55 | 茶臼山動物園 | Comments(2)
大きなカメ
茶臼山動物園で暮らすカメ達
a0164204_13063826.jpg
a0164204_13063864.jpg
一番大きなカメ
アース、かな?
a0164204_13063829.jpg
a0164204_13080883.jpg
大きなカメはゆっくりゆっくり
a0164204_13080903.jpg
甲羅は重い
手足はとても力強い
a0164204_13080904.jpg
小さなカメ
てっくらてっくラ歩いてくる
小さなカメ
a0164204_13100015.jpg
a0164204_13095989.jpg
色々なカメ
みんな少しずつ違う
色々なカメ
a0164204_13095913.jpg
あんまり動かないと思っていても、気がつくと場所が結構変わってる
そんなカメ達
a0164204_13122320.jpg
a0164204_13122324.jpg
もちろんウサギだって抜けるはず
a0164204_13122385.jpg



   

by bon_soir | 2017-04-17 18:00 | 茶臼山動物園 | Comments(0)