タグ:東山動物園 ( 54 ) タグの人気記事
ウォレスと人間の神様③

☆☆☆☆☆←前回よりの続きです
a0164204_19165263.jpg
「僕が頼まなければいけないのは───人間の神様だ」

いつもどおりの優しい笑顔に会い、いつもどおりの楽しい日々を過ごしたい
「特別嬉しいことは必要ない、ただこれまでどおりいつもどおり───」
閉園後、一度部屋に戻ったウォレスは今日お昼寝をしているときに見た怖くて寂しい夢のことを思い返し、“これからもいつもどおりに──”ということだけを願うように考えていました
a0164204_19224831.jpg
そうして考えついたのは
「人間の神様にお願いすること」
そのことでした
a0164204_19224991.jpg
「ウォンバットのことはウォンバットの神様にお願いしている。今の飼育係さんとずっと一緒に過ごせるようにお願いするには、きっと人間の神様にお願いしなくちゃいけない───」
何度も頭のなかでそのことを考え、何度か小さな声でそのことを呟いた
そんなウォレス
a0164204_19282663.jpg
大きな月が夜空に浮かぶ冬の寒い真夜中、ウォレスは一人そっと外へ出ました
澄んだ夜空には月だけじゃなく、たくさんの星が動物園をそっと照らし、どこか動物達を呼んでいるようでした
a0164204_19282787.jpg
綺麗な夜空の下、穴を掘り始めたウォレス
ウォレスはウォンバット、木には登れないけど穴を掘ることができます
静かな夜、ただ静かに“さっさっさっ”と穴を掘り続けるウォレス
a0164204_19390905.jpg
「人間の神様に会ってお願いをする、それはどういうことなんだ。僕はどうすれば人間の神様に会えるんだろう───」
a0164204_19390926.jpg
穴を掘っていた手を一度止め、ウォレスは夜空を見上げました
東の空は光で滲み始め、不思議な色で朝が近づいてきたことを知らせています
「寒いね」
冷たい地面に穴を掘り続けたウォレスは少し前から泥で汚れ、かじかんできていた自分の手を一度見つめ寂しそうに微笑み、温かい干し草のベッドが待つお部屋へと戻っていきました
a0164204_19544564.jpg
a0164204_19544588.jpg
「また朝になれば飼育係さんが迎えに来てくれる、眠っている僕を起こしに来てくれる───」
a0164204_19585500.jpg
ウォレスはそっと目を閉じ、すぐに夢の中へと滑り込んでいきました
「飼育係さん、これがオーストラリアだよ」
小さな声で寝言を言ったウォレス
a0164204_20032779.jpg
明け方から朝に見ていた夢
それは夜の動物園で見る星を100倍にもしてぶちまけたような星空の下、大好きな飼育係さんと一緒にオーストラリアの高原を散歩してまわる、そんな夢でした
もちろんひときわ明るく輝く南十字星も二人の目にはそのまま輝いています
a0164204_20105535.jpg
a0164204_20105552.jpg
「最高の気分だ」
動物園にはすっかりと朝日が登っていましたが、ウォレスはもう一度寝言を言い、楽しい夢を見続けていました
a0164204_20131532.jpg
夢の中で飼育係さんがウォレスを呼びます
「ウォレス、ウォレスっ!」
a0164204_20131488.jpg
「ウォレス」
その声はそのまま眠っているウォレスを呼ぶ声へと変わっていきました
a0164204_20131577.jpg
「朝だ、ウォレス」
そのいつもの優しい声に起こされたウォレス
少し寝ぼけながら庭へ向かい、ふと立ち止まり晴れた空を見上げ、ウォレスを待ついつもの笑顔を見つめます
a0164204_20220221.jpg
a0164204_20251957.jpg
「良かった、今日もいつもどおりの朝だ」
a0164204_20220259.jpg
「そう、またいつもどおりの一日が始まる───」
a0164204_20220169.jpg
ウォレスは毎朝と同じように壁を見て、そして土管へと向かいます
a0164204_20252083.jpg
a0164204_20252034.jpg
a0164204_20322670.jpg
「今日は昨日よりも少し暖かい」と呟き、とことこと歩くウォレス
いつもと少し違うのは動物園を歩く人の中に“人間の神様”を探すこと───
a0164204_20322753.jpg
a0164204_20322514.jpg
少し探したくらいでは見つかりません
そもそも今、人間の神様が傍にいるのかいないのか、ウォンバットのウォレスには全くわかりません
a0164204_20343398.jpg
a0164204_20343341.jpg
「この土管の向う側に神様がいればいいのにな」
ウォレスはそう言って、いつものように土管の中に入りました
a0164204_20343259.jpg
「神様に会うためには、そしてお願いをするためには、やっぱりお行儀よくしていた方がいいかもね」
そう考え、はみ出た干し草を集める
そんなウォレス
a0164204_20421443.jpg
a0164204_20421382.jpg
全部土管の中へ───
それはお昼寝も気持ちよくするためには重要なこと
a0164204_20421392.jpg
a0164204_20462341.jpg
丁寧に丁寧に
手前から奥の方へと、丁寧に丁寧に
a0164204_20462356.jpg
そして今日もお昼寝の間の夢の中
温かい干し草に顔を埋めて夢の中
a0164204_20483310.jpg
テポリンゴ達の声もだんだんと小さくなって夢の中
a0164204_20512317.jpg
ウォレスはいつものように土管の中で夢の中
きっと心配なんていらない、そんないつもどおりの動物園でいつもどおり夢の中
a0164204_20512214.jpg
a0164204_21035940.jpg
夏の虫、虫の声に代わり聞こえてくるのは渡ってきている鳥の声
少し冷たい冬の風、空気を澄ませる冬の風
風と一緒に空は澄んで、動物達は青い世界に包まれる
a0164204_21045098.jpg
a0164204_21060868.jpg
「ウォレス、ウォレス」
いつものように飼育係さんがウォレスを優しく起こす優しい声がしました
a0164204_20483358.jpg
すぐに目を覚ましたウォレス
「やあ、今日は少し早いんだね。朝の夢が途中で終わってしまったよ」
そう言ったウォレスの顔は嬉しそうに微笑んでいました
a0164204_20483391.jpg
ウォレスが楽しむ動物園、ウォレスが幸せだと感じる動物園
a0164204_21140473.jpg
ウォレスと楽しむ動物園、ウォレスに愛情を、幸せを貰う
そんないつもどおりの東山動物園
a0164204_21140429.jpg
ウォンバットの神様がいるように、どこかに人間の神様がいてくれるなら
この小さな幸せがずっと続くように、ずっといつまでもみんなの幸せが続くように、と
ただそれだけを、お願いします
a0164204_21232143.jpg
人が幸せを祈るように、動物達も幸せであることを祈ります
いつもどおり、いままでどおり
ただそれだけの小さな幸せ
ただそれだけを、お願いします
a0164204_21140384.jpg
「今日は“ほうき”じゃないんだね。草を持ってきてくれたのかい?」
a0164204_21273182.jpg
「みんなにとっての幸せってどんなこと?僕にとっての幸せってこんなこと」
a0164204_21273152.jpg
「好きな人の笑顔を見て僕も笑う、そうやってただ毎日過ごす。今日も明日も明後日も───」
a0164204_21324539.jpg
a0164204_21335288.jpg
「僕の幸せって、ただそんなこと」
a0164204_21273076.jpg
a0164204_21360140.jpg
「飼育係さんが干し草を撒く。新しいふかふかの干し草だ」
a0164204_21360135.jpg
a0164204_21360219.jpg
「僕は干し草を土管の中に集める。また、もっともっと、あるだけ全部集めていく」
a0164204_21385551.jpg
a0164204_21385563.jpg
「干し草と一緒に集めるのは愛情だ」
a0164204_21560837.jpg
a0164204_21560760.jpg
「みんなになら僕の言っていることがわかるだろ」
a0164204_21405684.jpg
「えっ、反対側から出ちゃってるって?」
a0164204_21420091.jpg
a0164204_21445413.jpg
「ああ、本当だね……」
a0164204_21445448.jpg
「大丈夫、少しくらいどうってことない」
a0164204_21460818.jpg
「飼育係さんがたくさん持ってきてくれたんだ、大丈夫」
a0164204_21460953.jpg
「干し草は潤沢だ」
a0164204_21460942.jpg
「一緒に集めた愛情もね、もちろん潤沢だ」


干し草が少し多いこと
それ以外何も変わらない、みんなが望むいつもどおりの一日
a0164204_21485404.jpg
a0164204_21485451.jpg
眠っているといつの間にか閉園の時間
a0164204_21485397.jpg
a0164204_22071496.jpg
目を覚ましたウォレスはすぐに部屋へと戻っていきました
a0164204_22071495.jpg
a0164204_22071321.jpg
「人間の神様、聞こえているかい?どこかで聞いてくれているかい? 今日一日、特に何も無いような一日だった。ただの冬の一日さ」
a0164204_22162529.jpg
a0164204_22162501.jpg
「これでいいんだ、これだけでいいんだ。このくらいでも望んじゃだめかい? お願いしちゃ駄目なのかい?」
a0164204_22162693.jpg
「いつもどおり、何も変わらずいつもどおり、こんな日々はずっと続いていくんだよね?」
a0164204_22193127.jpg
「続けさせてくれるんだよね?」
a0164204_22193088.jpg
「特別美味しいものを食べさせろとか、そんなことは言わないよ」
a0164204_22212591.jpg
「草だけでもいいんだ」
a0164204_22212606.jpg
「眠る場所も土管でいい。いままでどおりだって言っただろ。あの土管は大切な物だ」
a0164204_22224484.jpg
「人間の神様、ウォンバットの声は聞こえるかい? 変わらないいつもどおりの毎日を、ずっと、これからも───」

「ウォレス、何を話しているんだ?」
ウォレスが呟いていると、大好きな飼育係さんが家に帰る前にウォレスの様子を見に来ていました
a0164204_22234911.jpg
a0164204_22235079.jpg
見上げればいつもの優しい笑顔
「あぁ、ごめん。なんでもないよ」
ウォレスは首を少し横に振り、微笑みながら飼育係さんの目を見つめます
a0164204_22234918.jpg
「そうだ、これから僕と一緒にオーストラリアに行かないかい?」
ウォレスがそう聞くと少し驚いて、飼育係さんが笑いました
「今からかい? そんなこと、できたら楽しいだろうね───」
a0164204_22340101.jpg
「本当さ、僕はからかってるわけじゃない。嘘を言ってるわけでもない───本当のことさ」
a0164204_22340049.jpg
「オーストラリア大陸へ、行こう。僕と一緒に、今から、ね」
a0164204_22340113.jpg
「いいね。行こうか、ウォレス」
飼育係さんは今までで一番優しい顔で微笑みました
ウォレスも微笑んで頷き、「着いてきて」と一言言って歩き出しました
a0164204_22450628.jpg
a0164204_22450636.jpg
「オーストラリアへは土管のトンネルを抜けていく。知っているかい?庭にあるあの土管はオーストラリアと繋がっているんだ」
a0164204_22490787.jpg
a0164204_22490675.jpg
「行こう、僕と一緒にオーストラリア大陸の旅に出かけよう」
a0164204_22530763.jpg
「わくわくする気持ち、それだけあれば旅の準備は出来ている」
a0164204_22530772.jpg
「優しい人、大好きな人。僕と一緒にオーストラリア大陸へ旅に行こう。土管のトンネルを僕と一緒にくぐり抜けて出かけよう」
a0164204_22530673.jpg
「ちゃんと帰ってくるから怖くない。優しい人、みんなを僕はオーストラリアへと連れて行く」
a0164204_22595551.jpg
「それが僕の役目だ」
a0164204_23042384.jpg




   
 

by bon_soir | 2017-02-10 11:00 | 東山動物園 | Comments(8)
ウォレスと人間の神様②
☆☆☆☆☆←前回よりの続きです
a0164204_11104116.jpg
「“ほうき”だ───」
───いつもと同じあの“ほうき”が目の前で動く
a0164204_11104118.jpg
夢の中にいるのか、もう目は覚めているのか───
どっちなのかわからなくなっていた僕は“いつものように”手を伸ばす
a0164204_11104032.jpg
呼ばれるように、迎え入れるように───求めるように
手を伸ばし、起き上がり、そして近づきさえすれば“ほうき”は僕を気持ちよくしてくれる
───そのはずなのに
a0164204_11210545.jpg
「待ってくれよ」
僕が追いかけてもなかなか手は届かない、僕の身体は土管から出ようとしない
“ほうき”を動かす人は黙っているまま、何も言わない
辺りからは誰の声も聞こえない、なんの音も聞こえてこない
───僕は怖くなってきていた
a0164204_11210551.jpg
a0164204_11315933.jpg
「飼育係さん、どうしたんだい?意地悪しないでくれよ───」
僕は必死になって声をあげ、土管から出ようとした

“ほうき”を持つ人、僕と遊んでくれる、安心させてくれる優しい人───
a0164204_11320016.jpg
いつもの飼育係さんの顔が見たい、僕をその温かい目で見つめてもらいたい
『ウォレス』
あの声で呼んでもらいたい───
a0164204_11372605.jpg
“ほうき”を追いかけ、土管からなんとか出た僕は見上げたんだ
a0164204_11474139.jpg
a0164204_11372671.jpg
そこにはじっと見下ろす光りの無い目があった
冷たく無表情で、僕を見ているようで見てくれていない
そう、どこも見ていない、動物達のことなんかきっと見てはいない
a0164204_11474169.jpg
a0164204_11580368.jpg
「あなたは誰、あなたは誰なんだ───」


色々な人がウォンバットの庭を眺め、「寝てるね」と微笑んでいました
ウォレスはいつものように土管の中でぐっすりと眠っていたのです
a0164204_11580230.jpg
ウォレスが見た“ほうき”が揺れていた光景、見上げた知らない人、何もかも全て夢だったのです
a0164204_12105544.jpg
「ウォレス、ウォレスっ!」
いつもの声を聞いたウォレスは終わりかけの嫌な夢から醒めはじめ、楽しい動物園の日々の中へ戻ろうとしていました
a0164204_12105439.jpg
a0164204_12105401.jpg
少し顔を上げた時、「ウォレス、起きたー!」と、喜ぶお客さん達の声も聞こえ、陽の光やフカフカの干し草の温かさがウォレスを包みます
a0164204_12210452.jpg
「ウォレス!」
その声が聞こえる方をそっと見上げると、大好きな飼育係さんの優しい顔がウォレスをいつものように見つめ、静かに微笑んでいます
a0164204_12242163.jpg
「ウォレス、起きたか?」
その声、その笑顔、動かしてくれるいつもの“ほうき”
a0164204_12242296.jpg
全てに愛情を感じたウォレス
ふと安心して、ついついと呟いてしまいます
「さっきのは夢だ、全部、全部夢だ───」
a0164204_12242258.jpg
何もかもが“いつもどおり”
いつもどおりの動物園の、いつもどおりの楽しい時間
a0164204_12200806.jpg
a0164204_12340768.jpg
会いにきてくれるみんなのいつもどおりの顔、喜ぶ声
何もかもがいつもどおりの東山動物園
a0164204_12340852.jpg
それがウォレスの大好きな日々
ウォンバットのウォレス、ずっと過ごしてきた日々
a0164204_12340710.jpg
a0164204_12411351.jpg
「ウォレス」
何度も呼びかけてくれるその優しい声
a0164204_12411311.jpg
そして優しく温かい手
a0164204_12411249.jpg
a0164204_12461579.jpg
ウォレスは思います
「こんな日がずっと続いていけばいい。僕が生きている間、ずっとずっと続いていけばそれでいい───」
a0164204_12461545.jpg
a0164204_12461697.jpg
「みんなもそう思うだろう? こんな楽しい日々が続いていけば、ずっと続いていけばって、ね」
a0164204_12484452.jpg
a0164204_12484460.jpg
「動物園は動物達と人が交わる場所、繋がっていく場所なんだ」
a0164204_12534844.jpg
「楽しい声、優しい笑顔、色々なものが溢れる毎日がこの先ずっと、ずっと続いていけばいい───」
a0164204_12534860.jpg
a0164204_12534972.jpg
「そう思うだろう?」
a0164204_13022899.jpg
「そのために、僕には、こんな毎日のためには必要なんだ」
a0164204_12575448.jpg
「僕は大好きなんだ───」
a0164204_12575362.jpg
「───この人、この飼育係さんが大好きなんだ」
a0164204_12575462.jpg
動物園にみんなの笑顔が溢れ、ウォレスもまたそっと眠ります
風も収まり少し暖かくなった、そんな冬の動物園
a0164204_13033440.jpg
今度は楽しい夢を見てウォレスはそっと眠ります
ウォンバットは穏やかに、動物園の動物達はそっと穏やかに眠ります
a0164204_13123269.jpg
会いにきた人に愛情を伝え、会いにきた人から愛情を感じて動物達は眠ります
幸せだって感じること、動物達のも人も皆、みんなが幸せだって感じること
それが楽しい動物園、それでやっと楽しく素敵な動物園

いつもどおりが続くこと、なにより幸せないつもどおりが続くこと
もっともっとを求めなくても大丈夫
ただこんな日が、いつもと同じ幸せな日々がただ続くこと───


夕方になりもう一度優しく起こされたウォレス
a0164204_13220081.jpg
根っこごと抜いてもらった草を少し食べ、きちんと目を覚ます
a0164204_13220160.jpg
a0164204_13220182.jpg
そんなウォンバット、ウォレス
a0164204_13234121.jpg
a0164204_13234106.jpg
もそもそと食べ、奥でお水を少し飲む
そんな閉園前の静かな動物園
a0164204_13253167.jpg
a0164204_13314089.jpg
a0164204_13314034.jpg
儚く健気に、ウォンバット達は暮します
今日も一日、地球は一回転
a0164204_13340134.jpg
また明日、また次の一回転のために、ウォレスは部屋へと戻ります
a0164204_13340182.jpg
a0164204_13340002.jpg
部屋に戻ったウォレスは今日の一日のことを思い返していました
a0164204_13383346.jpg
いつもだったらそのうち、いつの間にか忘れてしまう夢
でも今日見た夢のことは忘れてしまっていけない
a0164204_13383455.jpg
なぜだかそう思いました
a0164204_13383352.jpg
「夢に出てきたあの人は誰だったんだろう───」
a0164204_13421132.jpg
a0164204_13421194.jpg
「怖くて寂しい夢だったけれど、僕はそれでわかったよ」
a0164204_13440663.jpg
「僕にはあの飼育係さんが必要だ」
a0164204_13440667.jpg
「その人はここのところ赤い手袋をしている」
a0164204_13460344.jpg
a0164204_13460308.jpg
「僕はあの人が好きだ」
a0164204_13483521.jpg
「あの飼育係さんが来てくれるようになってから、僕にもお客さん達にも笑顔が増えたんだ」
a0164204_13505741.jpg
a0164204_13505795.jpg
「ただいつ今日の夢のように“違う人”が来るようになるのか、それがわからない」
a0164204_13520602.jpg
「ずっとあの飼育係さんと、大好きなあの人と過ごせるように、僕はそう願うんだ」
a0164204_13520700.jpg
「でもそれは人の世界のこと───僕が決めることじゃない、決められることじゃない」
a0164204_13562326.jpg
「そうだ、ウォンバットの神様にお願いしても駄目だろう」
a0164204_13562211.jpg
「───誰にお願いすればいい、誰に頼めばこの毎日は続いていくんだい?」
a0164204_13562222.jpg
a0164204_13582513.jpg
「やっぱりそうか。そうだね、わかったよ」
a0164204_14005556.jpg
a0164204_14023229.jpg
「僕が頼まなければいけないのは───人間の神様だ」



続く




   

by bon_soir | 2017-02-09 14:03 | 東山動物園 | Comments(2)
ウォレスと人間の神様①
東山動物園で暮らすウォンバット、ウォレス
a0164204_07094351.jpg
“土管王子”、ウォレス
ウォレスの普段の毎日は特に何も無い、そんな何も変わらない平穏な毎日
a0164204_07130081.jpg
でも別に退屈じゃない、そんな毎日
いつも見に来てくれる優しいお客さん、色々な動物達の賑やかな声
a0164204_07130152.jpg
そして、誰よりも大好きな飼育係さん
何よりも楽しい飼育係さんと遊ぶ時間
a0164204_07170510.jpg
a0164204_07170580.jpg
「特に何も無い、そんな何も変わらない」
それはウォレスにとって、そして会いに来るお客さん、一緒に暮らす動物達
みんなにとっての安心でした
a0164204_07130136.jpg
a0164204_07212164.jpg
眠っていてばかりだけれど、それがウォンバット
土管の中で眠っていてばかりだけれど、それがウォレス
a0164204_07242308.jpg
それが東山動物園、“とある場所”でのいつもの風景
ゆっくりと動物達の時間が流れる、いつも変わらない優しい毎日でした
a0164204_07212103.jpg
ウォレスの毎日は変わらない、動物達の微笑みは変わらない
もし変わることがあれば、それはたいてい人間の都合
a0164204_07311212.jpg
変わることがいいときもある、変わらないことがいいときもある
どんなことでももちろん、それは誰にもわからないことばかり
a0164204_07311348.jpg
晴れているけど寒い
そんな冬のある日のこと───
a0164204_07311288.jpg
a0164204_07393770.jpg
「朝だ。良く晴れた、当たり前のように寒いけど爽やかな朝だ」
a0164204_07393796.jpg
「こんな日はそうだ───いつも会いにきてくれるお客さん、みんなの笑顔がガラスの向こうで待っている」
a0164204_07393685.jpg
「部屋から出た僕はゆっくりと歩き、一度壁を眺める」
a0164204_07453109.jpg
「眠っている間におかしな場所へ来てしまっていないかを確認するんだ。いつもの壁が見えればOKだ」
a0164204_07453276.jpg
「そして次にゆっくりと振り返る」
a0164204_07453124.jpg
a0164204_07492375.jpg
a0164204_07492307.jpg
「みんな、いつもの笑顔だ」
a0164204_07492316.jpg
「今日も僕に会いにきてくれてありがとう」
a0164204_07520575.jpg
「今、そっちへ行くよ」
a0164204_07535170.jpg
a0164204_07535234.jpg
「いつもの土管のところだ。今そっちへ、僕は行くよ」
a0164204_07535116.jpg
a0164204_07555677.jpg
「ゆっくりゆっくり歩くんだ。みんなに僕の顔が見えるように、僕はゆっくりと歩くんだ」
a0164204_07555743.jpg
「ちゃんと意識しながら、ね」
a0164204_07555667.jpg
a0164204_07592578.jpg
「僕は今日もここにいる、ちゃんとここで暮らしてる」
a0164204_07592558.jpg
「当たり前だけど、当たり前のようなことだけど嬉しいね、当たり前で嬉しいね」
a0164204_08011952.jpg
「みんなも笑顔さ。嬉しいね、僕を見ている優しい笑顔───きっと日向よりも温かいのさ」
a0164204_08011973.jpg
a0164204_08011855.jpg
「今日も変わらない、きっと何も変わらない一日になる」
a0164204_08064129.jpg
「───本当に嬉しいね」
a0164204_08064020.jpg
a0164204_08064190.jpg
「今朝もみんなに会えた、いつもと変わらないみんなの笑顔を見ることが出来た」
a0164204_08085453.jpg
「さぁ、行くよ」
a0164204_08085558.jpg
a0164204_08085437.jpg
「そう、土管の中へと歩くんだ」
a0164204_08111316.jpg
a0164204_08111307.jpg
「大丈夫、夢を見るための準備はもう出来ている───僕は大好きな土管の中で眠るんだ」
a0164204_08111221.jpg
a0164204_08153232.jpg
───今日の夢はどんな夢

そう呟きながら土管の中へと入っていったウォレス
a0164204_08153314.jpg
a0164204_08153286.jpg
土管の中、ふかふかの干し草、ほんのり照らす“あったかライト”
a0164204_08215579.jpg
ウォレスはすぐに夢の中へと入っていきました
ガラスの向こう、お客さんの笑顔を眺めながらまぶたをゆっくりと閉じていきました
a0164204_08215458.jpg
a0164204_08215493.jpg
今日の夢はどんな夢
ウォレスが見る夢、ウォンバットが見る夢はどんな夢───
a0164204_08281441.jpg
「僕はいつものようにお昼寝だった」
a0164204_14580001.jpg
「うとうとうとうと、ときおり目を覚ましたりしてまた目を閉じる。そんなお昼寝だ」
a0164204_14580090.jpg
a0164204_14575996.jpg
a0164204_14594911.jpg
「そうしているといろいろな声が途切れ途切れで聞こえてくる。気持ちよく眠る前に聞く言葉だ、ほとんど忘れてしまうけどね」
a0164204_15044820.jpg
「今日もそんな声が頭の中を通り過ぎていく。僕はいつも通り夢の中へとゆっくり向かっていく」
a0164204_15044819.jpg
「───今日の夢はどんな夢。そう、いつも通りのことだ。大好きな土管の中でお昼寝だ」
a0164204_15044754.jpg
「隣で暮らすテポリンゴ達が跳ねている。今日の夢は動物園の夢らしい───」
a0164204_15093515.jpg
a0164204_15093535.jpg
「ただね、この動物園の夢っていうのは少し厄介なんだ。夢の話なのか本当の話なのか、わからなくなってしまう時がある」
a0164204_15093646.jpg
「みんなもそうだろう? 『なんだ夢か……』って思ったり『良かった、夢か……』って思ったり」
a0164204_15142833.jpg
「夢は夢らしい方がいい。世界中を旅するような、そんな夢らしい夢の方がいい───」
a0164204_15142813.jpg
a0164204_15142780.jpg
「そんな夢を見れるのは、“夢を見るための準備”が上手く行った時、そんなときだけだけどね」
a0164204_15174872.jpg
「今日の夢は動物園の夢───本当に夢なのか、本当はもう目が覚めているのか、どちらなのかわからない」
a0164204_15174902.jpg
a0164204_15174921.jpg
「そんな夢だ」
a0164204_15203579.jpg
「動物園の風景だ。夢の中でも特別なことは起こらない。ゆっくり流れていく時間、のんびりとした僕」
a0164204_15203554.jpg
a0164204_15240507.jpg
a0164204_15240549.jpg
「夢の中でも同じこと。僕に会いに来るお客さん達の優しい笑顔、楽しそうな声───温かい干し草の匂い」
a0164204_15203569.jpg
「だんだんと本当にわからなくなってくる。僕は今、夢の中にいるのかい?それとももう目は覚めているのかい?」
a0164204_15270501.jpg
a0164204_15292419.jpg
「教えてくれよ、テポリンゴ。僕達は今、どっちの世界にいるんだい───」
a0164204_15292556.jpg
a0164204_15312925.jpg
「今日は何故か不安なんだ。一度目を覚まそうと思っても上手く行かない───僕は今、どっちの世界にいるんだろう」
a0164204_15362360.jpg
「どっちの世界を散歩して、どっちの世界でお昼寝しているんだろう───」
a0164204_15362279.jpg
a0164204_15362278.jpg
今日のウォレスは夢の中をさまよっていました
上手く進むことも出来ず、目を覚ましてやり直すことも出来ない
少し怖くて、なんだか不安でしかたない
a0164204_15413953.jpg
そんな今日のお昼寝
そんな今日のウォレスの夢
a0164204_15414016.jpg
夢の中にいるはずなのに、考えてばかりいるウォレス
夢の中にいるのか、もう目は覚めているのか───いつまで経ってもわからない
a0164204_15431650.jpg
“動物園の夢”
それはウォレスを悩ませ続けていました
a0164204_15431733.jpg
a0164204_15292419.jpg
「あっ!」
僕は目の前で動く物に気がついた───
a0164204_15270687.jpg
「僕を気持ちよくする、あのいつもの“ほうき”がやって来た───」
a0164204_15270569.jpg
a0164204_15533001.jpg

続く




     

by bon_soir | 2017-02-07 15:54 | 東山動物園 | Comments(6)
サクラとカラス
東山動物園で暮らすソマリノロバ、サクラ
a0164204_14471809.jpg
サクラ、閉園前の食事中
a0164204_14481711.jpg
a0164204_14481848.jpg
薄暗くなれば出てくる鳥
カラス
a0164204_14481778.jpg
サクラも気にする、そんな鳥
カラス
a0164204_14494052.jpg
なんだかちょっと怒ってる
a0164204_14494115.jpg
無視してたんだけどね
a0164204_14494027.jpg
やっぱり乗っかってきた
a0164204_14512631.jpg
若干楽しそうなカラス
a0164204_14510613.jpg
やっぱりサクラを突いてきた
a0164204_14510589.jpg
カラスってそんな鳥
a0164204_14525190.jpg
優しいサクラも怒る
a0164204_14525257.jpg
a0164204_14525015.jpg
そりゃ怒る
a0164204_14565170.jpg
カラスもびっくり
a0164204_14565223.jpg
飛んでいったら元のサクラ
a0164204_14565138.jpg
優しくてかわいい
ソマリノロバのサクラ
a0164204_14582685.jpg
a0164204_14582771.jpg
今度はスズメが大勢来たね
a0164204_14582635.jpg




    

by bon_soir | 2017-02-06 14:59 | 東山動物園 | Comments(4)
紺と瑠璃、光る小窓
東山動物園で暮らすホンドギツネ、紺と瑠璃
a0164204_08142887.jpg
a0164204_08142835.jpg
a0164204_08194614.jpg
部屋に差し込む陽の光
そっと眠る紺を優しく起こす
a0164204_08153928.jpg
a0164204_08153914.jpg
温かいから、なんだか優しいから
ふと光を舐めてみた
a0164204_08153897.jpg
庭の片隅
座る瑠璃
a0164204_08204421.jpg
そっと静かに眺めていても時々驚かせてしまっているかも
a0164204_08204375.jpg
聞こえてくるのは誰の声
聞こえてくるのは何の音
a0164204_08204333.jpg
瑠璃もお部屋へ
a0164204_08331885.jpg
二人で眺めた光る窓
光る窓と向う側
a0164204_08331724.jpg
どんな話を二人はするのか
きっと人にはいつまで経ってもわからない

紺はぽかぽか陽の光
明るすぎたらちょっと辛い
暗すぎてしまうならちょっと寂しい
a0164204_08331853.jpg
きっとこのくらいがちょうどいい
a0164204_08385893.jpg
小さな窓の向う側
そのまた先の向う側
a0164204_08422054.jpg
目を凝らせて瑠璃は探す
まだ行ったことのない世界、聞いたことのない音と話し声

それはみんな光の奥に浮かぶ静かで綺麗でどこか不思議な輝く景色
a0164204_08422085.jpg
紺も今、夢の中でそれを見ている
瑠璃と同じ景色を紺は夢で見ている
a0164204_08422025.jpg
光る窓の向う側
光差し込むこちら側



   

by bon_soir | 2017-02-03 19:00 | 東山動物園 | Comments(2)
ムックとルーリー


東山動物園で暮らすカナダヤマアラシ、ムックとルーリー
a0164204_13465600.jpg
a0164204_13465544.jpg
ムックは見えやすい高さのいつもの場所
a0164204_13494141.jpg
下を覗く
a0164204_13512166.jpg
ルーリーは地面まで行っちゃったね
a0164204_13494107.jpg
a0164204_13494142.jpg
今日のおやつ
a0164204_13523685.jpg
きっと美味しい今日のおやつ
a0164204_13523741.jpg
選ぶ
a0164204_13534640.jpg
やっぱりお芋だね
a0164204_13564746.jpg
a0164204_14005600.jpg
少しずつ齧る
慌てないよ
a0164204_13564703.jpg
a0164204_13580627.jpg
ここまで齧った
a0164204_14223764.jpg
なぜか飽きてポイ
そして少しうろうろ
a0164204_13585230.jpg
戻ってきてまたお芋
a0164204_13585222.jpg

それもさっきと違うお芋
a0164204_14005600.jpg
少しずつ少しずつ
ゆっくり齧る
a0164204_14005773.jpg
a0164204_14005603.jpg
美味しいね!
a0164204_14021728.jpg
地面のルーリー
a0164204_14021760.jpg
壁伝い
a0164204_14021644.jpg
本当にまん丸なカナダヤマアラシ、ルーリー
今一番のずんぐりむっくり
a0164204_14033797.jpg
a0164204_14033862.jpg
でも小顔
a0164204_14033729.jpg
おやつがあるのをきっと知っているのに、この日は上に上がらない
a0164204_14060343.jpg
飼育係さんにねだっていたらお芋を一つとってもらえた
a0164204_14073355.jpg
a0164204_14073250.jpg
そんなちゃっかりさん
a0164204_14092580.jpg
ムック、箱の入り口に身体ぴったり
a0164204_14102626.jpg

今はそれだけもこもこ、ふわふわ、とげとげしている時
a0164204_14102699.jpg
反対側から見るムック
ルーリーのこと、そっと見てる
a0164204_14102645.jpg
見えたかな、かわいいルーリー
a0164204_14155814.jpg
のんびりのんびりヤマアラシ
a0164204_14165929.jpg
いつものんびりムックとルーリー
a0164204_14165982.jpg
a0164204_14180684.jpg
のんびりのんびりヤマアラシ
東山動物園のカナダヤマアラシ
a0164204_14185191.jpg
身体が丸いカナダヤマアラシ
a0164204_14185221.jpg
ムックとルーリー、カナダヤマアラシ
a0164204_14223707.jpg





   
     

by bon_soir | 2017-02-02 14:25 | 東山動物園 | Comments(6)
サスカッチ
東山動物園で暮らすホッキョクグマ、サスカッチ
a0164204_20283928.jpg
ほんのり温かいお部屋でうとうと
a0164204_20301245.jpg
やわらかそうなくちびる
a0164204_20301159.jpg
一人になって寂しいね
a0164204_20313844.jpg
でもみんな会いにきてるよサスカッチ
「これからもずっと会いたい」
みんな嘘なんか言わないよ
a0164204_20313715.jpg
またね
かわいいサスカッチ
a0164204_20313815.jpg



    

by bon_soir | 2017-02-01 19:00 | 東山動物園 | Comments(2)
クリスマスはお疲れ様
東山動物園で暮らすトナカイ、トナとカリー

トナと
a0164204_19300383.jpg
a0164204_19300525.jpg
カリー
a0164204_19312026.jpg
a0164204_19312169.jpg
ずいぶんと前に落角したらしいオスのトナ
a0164204_19330125.jpg
今また生えてきている途中
少しへんてこりん
a0164204_19330042.jpg
またすぐに立派になるから大丈夫
またすぐにトナカイらしくなるからきっと大丈夫
a0164204_19330183.jpg
去年の11月の終わりにやって来た女の子、カリー
a0164204_19395593.jpg
角ばかり目がいきがちだけど、なんだか足もかわいい

女の子はまだまだ落角しないよう
a0164204_19395601.jpg
優しい瞳のトナカイ、カリー
a0164204_19471439.jpg
11月の終わりにやって来て、クリスマスにはソリを引いたかな
a0164204_19471423.jpg
名古屋のサンタのソリをみんなで引いたかな
ソリ引くトナカイ、やっぱり角がないとね
a0164204_19490744.jpg
なんて言ったらトナが怒るね
a0164204_19501543.jpg
また今年もクリスマスはやって来る
名古屋のサンタのソリを引く
星に光の速さを超えて、トナカイたちはサンタのソリを引いていく
a0164204_19530548.jpg
みんながサンタとトナカイを待っている
去年のクリスマスはお疲れ様
a0164204_19530417.jpg
今年もよろしくお願いします

去勢すると落角しなくなるらしい
でもそれは困るね、トナ
a0164204_19530513.jpg


 

by bon_soir | 2017-02-01 07:00 | 東山動物園 | Comments(2)
コアラ

東山動物園で暮らすコアラ達
a0164204_12360943.jpg
かわいい顔はみんなそれぞれ
a0164204_12383822.jpg
眠っていること多いけど、一日の過ごし方もみんなそれぞれ
a0164204_12383973.jpg
a0164204_12383900.jpg
みんなかわいいコアラ達
a0164204_12425613.jpg
まだ小さなコアラ、ピーター
a0164204_12434208.jpg
お母さん、チェリーともちろん一緒
a0164204_12421056.jpg
a0164204_12420993.jpg
ふわっと動いて「こんにちは」
a0164204_12420959.jpg
こうして親子一緒に過ごす時間はいつまでもってわけじゃない
a0164204_12455412.jpg
人が眺めて「かわいいね」って思うより、それ以上
コアラの親子の大切な時間
a0164204_12455410.jpg
お母さんの温かさ、お母さんの柔らかさ、そしてポッケの中の温かさと柔らかさ
ぎゅっと抱きつく小さな手
a0164204_12455346.jpg
ずっと忘れないように、短い間一緒にいる時間の中でみんな忘れないように
優しいコアラになれるように、いつまでも優しいコアラでいるように
a0164204_12524323.jpg
儚く健気な親子の時間をただそっと眺めてみんなは思う
かわいいねって思う気持ちの動物園
a0164204_12524398.jpg
二人一緒にうとうとうとうと
a0164204_12561021.jpg
大きなユーカリの木に登る夢でも見たのかな
a0164204_12561160.jpg
大きなユーカリの、大きな森でどこまでも高く登る夢
それは男のコアラの旅の夢
a0164204_12572941.jpg
大きなお母さんから生まれたピーター
きっとすごいコアラになれる
a0164204_12572861.jpg
ピーターのお父さん、ピース
a0164204_13005454.jpg
東山動物園のいいところ、ピーターとティリーの隣にお父さんがいてくれること
a0164204_13005378.jpg
少し隔てられているけれど、みんな一緒だね
a0164204_13005483.jpg
a0164204_13170641.jpg
コアラらしくかわいい女の子、ココ
a0164204_13173194.jpg
よく上の方から下を覗いているココ
a0164204_13184925.jpg
a0164204_13184963.jpg
パタパタ動く耳の毛がふさふさ
コアラらしくかわいい顔のココ
a0164204_13185081.jpg
この日、施設の点検で飼育係さん達が大勢いたので気にしていたココ
a0164204_13265716.jpg
気になるね
a0164204_13265681.jpg
a0164204_13372730.jpg
やっぱり耳の毛ふさふさ
そんなココ
a0164204_13265645.jpg
去年の春、タロンガ動物園からやって来てくれた女の子、ホリー
a0164204_13382395.jpg
ティリーもそうだけど、オーストラリアからやって来てくれるコアラ達の顔は特に個性的
a0164204_13393843.jpg
かわいいね
a0164204_13382337.jpg
a0164204_13405408.jpg
飼育係さんにお尻を触られても気にしない
a0164204_13455354.jpg
気にしない
a0164204_13455440.jpg
オーストラリアの風と一緒に日本まで
小さな箱にユーカリの葉っぱと一緒に入って飛行機でひとっ飛び
a0164204_13455306.jpg
日本で暮しはじめてもうすぐ、やっと一年経つね
a0164204_13535006.jpg
元気で暮してくれたらいい
それでいい
a0164204_13535009.jpg
来てくれただけでもう特別なこと
そっと暮してくれるだけ、ホリーが楽しく暮してくれるだけ
a0164204_13535120.jpg
それだけでもほんと十分
a0164204_13570226.jpg
チャーリーはまったりと
a0164204_13582242.jpg
クレメンツは奥の方で顔が見えませんでした


新しく、前よりもっと綺麗になったコアラ達の家
a0164204_14002449.jpg
a0164204_14002598.jpg
みんなで暮らすコアラ達
みんなかわいいコアラ達
a0164204_14002461.jpg
a0164204_14022419.jpg





by bon_soir | 2017-01-31 14:04 | 東山動物園 | Comments(4)
ゾウのさくら
東山動物園で暮らすアジアゾウ、さくら
a0164204_14114676.jpg
ソマリノロバの傍で暮らすもう一人の“さくら”
a0164204_14125658.jpg
さくらの冬の寒い朝
お母さんのアヌラと一緒に過ごす朝
a0164204_14141825.jpg
池に氷がはっている
そんな冷たい氷水に少し入る
a0164204_14141791.jpg
a0164204_14141826.jpg
ぱきぱき、かちゃかちゃ
氷を割る音がする
a0164204_14172686.jpg
それはみんなが奏でたくなる冬の音
氷を割るだけ、それで楽しい
a0164204_14172728.jpg
アヌラ、氷水には入らないで鼻を伸ばす
冷たいからね
a0164204_14201575.jpg
a0164204_14214748.jpg
そこはやっぱりお母さん
a0164204_14214642.jpg
上手く氷を掴む
池に入らないから足も冷たくない
a0164204_14172536.jpg
「今度は私が───」
頑張れさくら
a0164204_14253273.jpg
どんなことでも一生懸命
寒い朝に一生懸命
a0164204_14253251.jpg
a0164204_14253259.jpg
なかなか上手く掴めない
氷水は冷たいね
a0164204_14272804.jpg
a0164204_14272932.jpg
掴めた
a0164204_14272868.jpg
「氷、美味しいかな?」
a0164204_14290035.jpg
落とさないようにそっと
割ってしまわないようにそっと
a0164204_14290060.jpg
小さな氷を小さな口へ
そっと、そっと
a0164204_14285996.jpg
a0164204_14304292.jpg
「あっ」
a0164204_14304200.jpg
落ちちゃったね

昼間のさくら
a0164204_14321885.jpg
土まみれでお散歩
a0164204_14321814.jpg
お父さんのコサラが待っていた
a0164204_14321847.jpg
何をしてるのかなと思っていたら
さくらに乗っかる土をはらってた
a0164204_14415742.jpg
掴んで、ポイッと
a0164204_14415779.jpg
自分にかけた
a0164204_14415639.jpg
間に柵があっても楽しい親子
優しいお父さんとかわいい娘
a0164204_14443266.jpg
様子を見守るお母さん
a0164204_14455353.jpg
楽しいね!
a0164204_14443213.jpg
a0164204_14470032.jpg
今度は何を
a0164204_14470004.jpg
今度は何をするのかな
a0164204_14465916.jpg
尻尾の付け根を引っ張る
ぐいぐい引っ張る
a0164204_14505842.jpg
「まだここにいなよ」
a0164204_14505946.jpg
「しかたないな……」
そんな感じ
a0164204_14505858.jpg
a0164204_14530304.jpg
ゾウさん家族は優しい家族
ゾウさん家族は楽しい家族
a0164204_14530319.jpg
a0164204_14553723.jpg
大きくなってきたけれど、さくらはまだまだちいさな女の子
a0164204_14553889.jpg
桜の春はもうすぐそこ
今年もさくらに春が来る
桜の春がさくらの所へやって来る
a0164204_14553793.jpg


   

by bon_soir | 2017-01-30 14:58 | 東山動物園 | Comments(4)