タグ:多摩動物公園 ( 226 ) タグの人気記事
少し先に産まれた小さなゴールデンターキン
多摩動物公園で暮らすゴールデンターキン、ムツ
a0164204_12413667.jpg
お父さんは「オウテン」
a0164204_12422826.jpg
お母さんは「ホイ」
a0164204_12430830.jpg
1月12日生まれの男の子
a0164204_12422756.jpg
お母さんの足元からひょこっと
a0164204_12422700.jpg
a0164204_12450203.jpg
こんにちは
a0164204_12450232.jpg
少しあとに生まれたフク→☆☆☆☆☆よりは少しだけ大きい
子供の成長はとても早い
a0164204_12450202.jpg
落ちてる枝を少し気にしたムツ
a0164204_12491672.jpg
なんでも興味
それがいい
a0164204_12491536.jpg
別の枝にも
a0164204_12491533.jpg
楽しいね!
a0164204_12512056.jpg
この日一番の興味
a0164204_12522109.jpg
a0164204_12522217.jpg
それはお父さんのオウテン
a0164204_12522178.jpg
まわりをうろうろ
a0164204_12562870.jpg
きっと遊んでもらいたい
a0164204_12562840.jpg
a0164204_12562951.jpg
崖を気にして
a0164204_12593941.jpg
お母さんに見守られ
a0164204_12594045.jpg
a0164204_12594001.jpg
モートへの斜面を少し散歩していても
a0164204_13030887.jpg
a0164204_13030981.jpg
お父さんの所へ戻ってきた
a0164204_12562883.jpg
───あそんでもらいたいな
a0164204_12562990.jpg
a0164204_12562903.jpg
お父さんのオウテン
休んでいるときもムツはやって来る
a0164204_13061259.jpg
頭ぐりぐり
a0164204_13061359.jpg
オウテン優しく微笑んでる
優しく微笑む、優しいお父さん
a0164204_13061218.jpg
眺めるお母さん、ホイ
a0164204_13084570.jpg
幸せだね
a0164204_13084601.jpg
当たり前だけど昔は同じように小さかったオウテン→☆☆☆☆☆
立派なお父さん、優しい笑顔のお父さんになっている
a0164204_13101377.jpg
いつかムツも大きくなってお父さんになるのかな
a0164204_13101342.jpg
それが未来で、それで作られる歴史
幸せだね
a0164204_13101382.jpg
お父さんとお母さん
大好き
a0164204_13145629.jpg
a0164204_13145503.jpg
大きく育って、いつか金色
まだ小さなゴールデンターキン、ムツ
a0164204_13145561.jpg
a0164204_13203581.jpg



       

by bon_soir | 2017-03-19 13:24 | 多摩動物公園 | Comments(2)
アルチョム
多摩動物公園で暮らすアムールトラ、アルチョム
a0164204_02005424.jpg
ドイツ生まれ
四つ子の一人、まだ2歳にもなっていない男の子
a0164204_02311685.jpg
茂みの中でゆっくり
トラ模様が役に立つ
a0164204_02311644.jpg
顔、頭は立派に大きいのに、身体がまだ子供な感じ
a0164204_02311534.jpg
どうもちょくちょく口が開いちゃう
a0164204_02343354.jpg
少ししたら向きが変わってたアルチョム
a0164204_02343490.jpg
柔らかな射しで春はぽかぽか
眠いかな
a0164204_02343323.jpg
あくびに見えてあくびじゃない
ただ口が開いちゃう
そんなアルチョム
a0164204_02373429.jpg
少しお散歩
a0164204_02391701.jpg
a0164204_02391865.jpg
口、開いちゃうけどね
a0164204_02391733.jpg
かわいいね
a0164204_02391793.jpg
口、開いちゃうね
a0164204_02411805.jpg
眠いのかな、眩しいのかな
a0164204_02411859.jpg
まだ幼いのにドイツから日本までやって来てくれたアルチョム
色々と慣れないこと、そんなことばかりなのに頑張ってる
a0164204_02424627.jpg
今はただ早く慣れて元気で暮してくれるだけでいい
お客さんの声も日本語になっちゃった
a0164204_02424647.jpg
わからないよね




    

by bon_soir | 2017-03-17 07:00 | 多摩動物公園 | Comments(0)
まだまだ小さなゴールデンターキン、フク
多摩動物公園で暮らすゴールデンターキン、フク
a0164204_01291118.jpg
2月3日生まれの女の子
a0164204_01291164.jpg
a0164204_01291137.jpg
小さなゴールデンターキン
ヒツジのように毛はくるくる
a0164204_01320171.jpg
a0164204_01320113.jpg
きっとやわらかい
a0164204_01320011.jpg
この日、フクをかまっているのは去年生まれのお姉ちゃん、メイ
a0164204_01340219.jpg
a0164204_01340370.jpg
のんびりしているお母さん、オーキにかわってずっと見てる
a0164204_01340203.jpg
a0164204_01373771.jpg
よく出来たお姉ちゃんで良かったね、とお母さんのオーキ
a0164204_01373612.jpg
1歳違いで大きさ違うね
a0164204_01373707.jpg
a0164204_01402913.jpg
フクがとても小さいんだね
a0164204_01402937.jpg
気になる妹
かわいい妹
a0164204_01402985.jpg
くすぐったいね
a0164204_01431849.jpg
日向はぽかぽか
春の初め
a0164204_01431823.jpg
遊びたいような眠ってしまいたいような
a0164204_01431785.jpg
a0164204_01451004.jpg
お父さんのテンのようにのんびりしていたいような
a0164204_01451036.jpg
a0164204_01451024.jpg
まだまだ赤ちゃん
落ち着かない
a0164204_01462920.jpg
お母さんのお尻だよ
a0164204_01462929.jpg
a0164204_01462858.jpg
眠いのかな
a0164204_01490529.jpg
なんだかやっぱり落ち着かない
そんな春の初めのよく晴れた午前中
a0164204_01473736.jpg
a0164204_01473617.jpg
「お姉ちゃん、遊ぼうよ」
そんなフク
a0164204_01473628.jpg
a0164204_01495723.jpg
メイ、優しいお姉ちゃん
a0164204_01495891.jpg
お姉ちゃんには角があるね
a0164204_01495856.jpg
a0164204_01522214.jpg
ターキン達の遊び
頭でぐいぐい
a0164204_01522277.jpg
a0164204_01522376.jpg
楽しいね!
a0164204_01542530.jpg
お姉ちゃんといると楽しいね!
a0164204_01542591.jpg
a0164204_01542465.jpg
1歳違いで大きさ違うね
a0164204_01554233.jpg
大好きなお姉ちゃんのやっていること
a0164204_01570547.jpg
真似したい
a0164204_01570413.jpg
上手く出来たかな
なんか違うかな
a0164204_01570457.jpg
ターキンの子供といえば崖登り
a0164204_01585004.jpg
a0164204_01585055.jpg
フク、簡単に登れる
メイ、ちゃんと見てる
a0164204_01585158.jpg
a0164204_02055361.jpg
「フク、大丈夫?」
a0164204_02055499.jpg
a0164204_02055325.jpg
「だいじょうぶ」
a0164204_02080592.jpg
a0164204_02080436.jpg
と、駆けたフク
a0164204_02092419.jpg
崖から落ちた
a0164204_02092513.jpg
a0164204_02092435.jpg
「だいじょうぶったらだいじょうぶっ」
a0164204_02104787.jpg
ゴールデンターキンの赤ちゃん
だいじょうぶ
a0164204_02104766.jpg
だいじょうぶだから何度でも
a0164204_02104681.jpg
a0164204_02123902.jpg
優しい家族に見守られ
a0164204_02123929.jpg
a0164204_02123938.jpg
ゴールデンターキンの赤ちゃんは何度でも
何度でも、何度でも
a0164204_02144924.jpg
a0164204_02144995.jpg
こうして大きくなっていくんだね
a0164204_02164196.jpg
a0164204_02184288.jpg
家族と一緒に大きくなっていくんだね
a0164204_02175304.jpg
a0164204_02164186.jpg
動物達の家族はやっぱり素敵な家族
赤ちゃん生まれてきらきら光る
a0164204_02175422.jpg
溢れる愛情
なんだかやっぱり素敵な家族




   

by bon_soir | 2017-03-16 07:00 | 多摩動物公園 | Comments(6)
マルジューナ
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、マルジューナとメイディーナ
a0164204_06474630.jpg
a0164204_06474664.jpg
二人一緒の春が来て、二人一緒に探し出す
春らしいこと、春らしい物
二人一緒に探し出す
a0164204_06474631.jpg
a0164204_06505960.jpg
a0164204_06505990.jpg
メイディーナより少し物静かなマルジューナ
a0164204_06523355.jpg
南半球の夜空から、北半球、日本の夜空に輝く星へとなった
マルジューナ
a0164204_06555836.jpg
マルジューナ”
それは星のこと
a0164204_06555728.jpg
澄んだ夜空、静かにまたたく星のように───儚く健気に、そっと暮らすタスマニアデビル
それがマルジューナ
a0164204_06592172.jpg
a0164204_06592145.jpg
『あなたの名前は星───』
a0164204_07010634.jpg
「私はそう教えられた」
a0164204_07020712.jpg
「戸惑った。私が星でメイディーナが影だなんて、そんなことあるのかと、私は戸惑った」
a0164204_07020879.jpg
a0164204_07020783.jpg
「ずっと走り回るメイディーナの方が私よりもずっと光ってるって思っていたから」
a0164204_07054219.jpg
a0164204_07054114.jpg
「名前、これでいいのかな───」
a0164204_07081818.jpg
a0164204_07081966.jpg
「いつのことだったか、私はメイディーナそうささやいた」
a0164204_07093592.jpg
a0164204_07093513.jpg
「メイディーナは少し怒って私に言った」
a0164204_07125010.jpg
『自分で気がついていないだけ───マルジューナはいつだって輝いてる、私の傍でそっと優しく輝いている』
a0164204_07171283.jpg
a0164204_07163415.jpg
「メイディーナは言う───夜空にある星、はっきり明るい星ばかりじゃないよ、と」
a0164204_07163406.jpg
傍にいるから温かい
傍で言うからここちいい
a0164204_07203472.jpg
───いつだって二人は傍に、傍にいるから星と影
a0164204_07203242.jpg
はっきり輝く星の傍に、はっきりとした影が伸び
ぼんやり輝く星の傍に、ぼんやり優しい影が浮かぶ
a0164204_07263276.jpg
a0164204_07263205.jpg
どっちか片っぽづつ───
そんなことは無い
a0164204_07263140.jpg
マルジューナとメイディーナ
二人も一緒、星と影
a0164204_07322893.jpg
a0164204_07322836.jpg
メイディーナとマルジューナ
ずっと一緒、傍で暮らす
輝き、照らされ、二人一緒の星と影
a0164204_07345600.jpg
どっちか片っぽ
それは無い、きっと無い
a0164204_07345570.jpg
a0164204_07564234.jpg
タスマニアから日本へ、二人一緒にやって来た
マルジューナとメイディーナ
二人は一緒にやって来た
a0164204_07564264.jpg
a0164204_08010446.jpg
同じ瞬間、同じ時間
a0164204_07564165.jpg
a0164204_08015490.jpg
同じ日、同じ月、同じ年
a0164204_08051365.jpg
a0164204_08051893.jpg
同じ季節、同じ春───
a0164204_08065221.jpg
a0164204_08065249.jpg
マルジューナとメイディーナ
星と影はいつも一緒
a0164204_08065311.jpg
a0164204_08083729.jpg
a0164204_08083878.jpg
「ねえメイディーナ。さっき私は夢を見た」
a0164204_08103125.jpg
a0164204_08103174.jpg
a0164204_08103167.jpg
「そこがどこなのかはわからない、続く道が何処へ行くのかわからない」
a0164204_08125845.jpg
a0164204_08125756.jpg
「強く風追い越して、私達は駆けていた」
a0164204_08125825.jpg
「走って跳んで、私達は笑ってた」
a0164204_08165754.jpg
a0164204_08165824.jpg
「ねえメイディーナ。春が来たね」
a0164204_08191861.jpg
a0164204_08191874.jpg
「ねえメイディーナ。かわいいお花を探しにいこうよ」
a0164204_08191770.jpg
「夢の中と同じように、二人で駆けて可愛いもの探しに行こうよ」
a0164204_08215037.jpg
a0164204_08215162.jpg
「早く見つけて、二人で笑おうよ」
a0164204_08231568.jpg
「早くしないと苦手な夏が来ちゃうから、ね」
a0164204_08231447.jpg



      

by bon_soir | 2017-03-15 08:25 | 多摩動物公園 | Comments(2)
きっと増えていく、きっと広がっていく、それは愛情と
多摩動物公園で暮らすシマオイワワラビーの家族達
a0164204_08253978.jpg
この日
誰もあわてること無く、誰も興奮すること無く
a0164204_08280359.jpg

春の日はみんな穏やか
風の無い春の日は霞む青空のように、静かにゆっくりのんびり
a0164204_08415728.jpg
a0164204_08280232.jpg
小さかったヴィオラちゃん、大きくなって落ち着いた
a0164204_08372488.jpg
a0164204_08372463.jpg
センもこの日はのんびりのんびり
女の子達にちょっかい出さない
a0164204_08383689.jpg
それはきっとロミのこのお腹のせい
a0164204_08424260.jpg
そしてチェロのお腹もきっとセンの気分を良くさせてる
a0164204_08280356.jpg
a0164204_08480164.jpg
ポッケの動物達
そのポッケは温かくてたくさんの愛情を入れる大切な場所
a0164204_08452889.jpg
a0164204_08452749.jpg
最初はみんなポッケで暮らす
お母さんの温かさ、お母さんの優しさたっぷり
不思議で素敵なお腹のポッケ
a0164204_08501799.jpg
お母さんの傍にいるとなんだかとっても温かい
それは春が来たせいってだけじゃない
a0164204_08501878.jpg
a0164204_08521261.jpg
お母さんとこうしていると
a0164204_08521318.jpg
a0164204_08521211.jpg
なんだかとっても幸せで、なんだかとっても温かい
a0164204_08550690.jpg
つい最近まで入ってたお母さんのポッケ
思い出す、あの感じ
a0164204_08565290.jpg
赤ちゃんが顔出した
a0164204_08584044.jpg
もうしっかりとシマオイワワラビー
a0164204_08584087.jpg
木陰から見た春の景色
a0164204_08583929.jpg
小さくてもきらきら光るその瞳
瞳に広がる青空と、どこかふわふわ春の動物園
a0164204_09002762.jpg
a0164204_09002739.jpg
ポッケから顔を出すだけ、それだけで広がるその景色
a0164204_09002765.jpg
振り返り、見上げれば大好きなお母さん
今赤ちゃんはポッケの中にいる
a0164204_09044492.jpg
a0164204_09044480.jpg
ポッケの中
それはお母さんに一番近い、そんな場所
a0164204_09044419.jpg
お母さんの声が聞こえる
お母さんは笑ってる
a0164204_09070998.jpg
a0164204_09070917.jpg
一番傍でいつだって優しく温かく、誰より優しく笑ってる
a0164204_09070947.jpg
a0164204_09100898.jpg
産まれて必死にたどり着く
守ってくれるその場所まで、一生懸命たどり着く
a0164204_09100769.jpg
大きな試練の先の大きな幸せ
それがポッケ
お母さんのポッケ
a0164204_09100726.jpg
たどり着けばもう大丈夫、こんなに安心な場所は他にない
───それがポッケ、お母さんのポッケ

「お母さんの手だ」
a0164204_09154688.jpg
『くすぐったいよ』
a0164204_09154640.jpg
a0164204_09154597.jpg
それはね、自分の足だよ
a0164204_09180045.jpg
シマオイワワラビー、それは“Yellow-footed rock-wallaby”
a0164204_09180050.jpg
足だってかわいいチャームポイント
a0164204_09180013.jpg
何が見える
a0164204_09214441.jpg
そこから何が見える
a0164204_09214345.jpg
顔を上げたら何見える、そこから何が見える
a0164204_09214366.jpg
a0164204_09231555.jpg
ゾウの家と青い空、白い雲が見える
a0164204_09231552.jpg
a0164204_09240784.jpg
春のそよ風、そよ風通り道
お鼻をくすぐる風が見える
a0164204_09240828.jpg
a0164204_09274895.jpg
ヴィオラちゃん
本当にこの日はのんびり
チェロに追いかけられたりもな
a0164204_09291794.jpg
ヴィオラちゃんの所に贈り物
カラスの羽の贈り物
a0164204_09302517.jpg
食べることは出来ないよ
a0164204_09302589.jpg
a0164204_09302552.jpg
この日は静かな女の子、チェロ
a0164204_09322308.jpg
ポッケいっぱいに感じる
自分が初めて顔を出した日のこと一生懸命思い出す
a0164204_09322312.jpg
初めて見たのはなんだっけ
初めて触った物はなんだっけ
a0164204_09322258.jpg
時々くすくすっと笑いながら思い出す
大切なこと、きっとそれは忘れない
ずっとずっと、この先ずっと
ポッケの動物達は忘れない


窓際のロミ
a0164204_09394120.jpg
ロミのポッケ
またそっと顔を出す
a0164204_09394057.jpg
そして、スルッと
外へ出た
a0164204_09394135.jpg
a0164204_09423656.jpg
儚く強く
それが動物達の赤ちゃん
a0164204_09423720.jpg
そして一番傍で支えるお母さん
a0164204_09423608.jpg
一人跳ね回るまであと少し
あと少しでもっともっと世界は広がる

シマオイワワラビーの家族達
きっとこれからも増えていく、きっとこれからも広がっていく
a0164204_09452952.jpg
きっとずっと先へ、先へと続いていくために
a0164204_09452937.jpg
素敵なことだね
a0164204_09452998.jpg



    

by bon_soir | 2017-03-14 09:50 | 多摩動物公園 | Comments(2)
フクロギツネの子供
多摩動物公園で暮らすフクロギツネの親子

子供と
a0164204_14050674.jpg
お母さん
a0164204_14050616.jpg
ここはとても暗いので性別がちょっとわからない
a0164204_14073125.jpg
名前も今はわからない
a0164204_14073077.jpg
前に「キャロット」さんというお母さんがいたけれど、このお母さんはその「キャロット」さんなのかどうか
それもちょっとわからない
a0164204_14110857.jpg
なんだか色々わからない
ごめんね
a0164204_14123616.jpg
子供のフクロギツネ
もう結構大きくなったけど、お母さんと比べるとまだ小さい
a0164204_14084543.jpg
ピンクの鼻がかわいいね
a0164204_14123780.jpg
オーストラリアでは人の住むまわりでも頻繁に会えるというフクロギツネ
それは羨ましいような気がするかわいらしさ
a0164204_14173139.jpg
かわいい動物、ポッケの動物
a0164204_14173128.jpg
ポッケの動物、かわいい子ばかり




   

by bon_soir | 2017-03-13 14:19 | 多摩動物公園 | Comments(0)
メイディーナ
多摩動物公園で暮らすタスマニアデビル、マルジューナとメイディーナ
a0164204_12550108.jpg
a0164204_12550160.jpg
暖かい春の陽射しの日向ぼっこ
駆け回る庭
じゃれあう二人
a0164204_12571969.jpg
a0164204_12592364.jpg
a0164204_12571981.jpg
冬を過ごし、冬を越え
一番楽しい春の始まり春の中
a0164204_13023533.jpg
a0164204_13034890.jpg
タスマニアから日本へ
暑すぎた夏を、色づいた秋を、雪の舞う冬
a0164204_13064445.jpg
a0164204_13140330.jpg
二人で過ごした四分の三
残る季節は花の春

a0164204_13064576.jpg
その春が来た───
日本で初めての春が二人の所へやっと来た
a0164204_13023511.jpg
a0164204_13064418.jpg
「マルジューナ、今日も暖かいね」
a0164204_13164597.jpg
「ねぇ、聞いてる?」
a0164204_13164507.jpg
a0164204_13164429.jpg
「どこで眠っても暖かいね」
a0164204_13203004.jpg
「さっきから風が鼻をくすぐるんだ。晴れた日の少し冷たい風が私の鼻をくすぐるんだ」
a0164204_13202966.jpg
a0164204_13231345.jpg
「私達の散歩道、毎日毎日少しずつ草が伸びているのがわかる」
a0164204_13231355.jpg
a0164204_13231284.jpg
「季節が変わっていくのがよくわかる」
a0164204_13281052.jpg
「きっと日本のお花はタスマニアとは違う花。ここにはどんなお花が咲くんだろう」
a0164204_13280970.jpg
a0164204_13281055.jpg
「どんな色、どんな形、どれだけ可愛いお花がどのくらい咲くんだろう」
a0164204_13305677.jpg
a0164204_13305616.jpg
「私の身体に陽が当たる。夏へと向かうこの陽射し、影がはっきり───光と影の境い目はくっきり」
a0164204_13305677.jpg
a0164204_13352743.jpg
「はっきりとした影がついてくる、光の中にいるだけで影はずっと傍にいる」
a0164204_13305648.jpg
「メイディーナ───私の名前は“影”って意味だって聞いた」
a0164204_13381340.jpg
a0164204_13381335.jpg
「私も影。そう、マルジューナの傍に私はいる。いつだってついて回るんだ」
a0164204_13381381.jpg
「あ、マルジューナ。起きてたの?」
a0164204_13425128.jpg
「マルジューナは温かいね。今日の陽射しのようだね。いつも、ずっと温かいね」
a0164204_13425191.jpg
a0164204_13425258.jpg
「私達、ずっと一緒だね。そうだよ私は影、マルジューナの傍にいる」
a0164204_13482078.jpg
「あなたは星、星の光で出来る影。ずっと傍で控えめに、そんな影───」
a0164204_13481906.jpg
a0164204_13510326.jpg
「それでいいよね、二人一緒に光の中で、それでいいよねマルジューナ」
a0164204_13530254.jpg
a0164204_13530297.jpg
「今、お花の香りがした気がする。おかしいね、まだ庭には咲いていないのに」
a0164204_13540592.jpg
a0164204_13540594.jpg
「高い所から眺めてみれば見えるかな」
a0164204_13580194.jpg
「春のお花が咲いてる所、ここから少しは見えるかな」
a0164204_13580162.jpg
a0164204_13580277.jpg
「何色なんだろう、黄色?ピンク?白?それとも赤?」
a0164204_14001327.jpg
a0164204_14001346.jpg
「香るお花の色はどんな色、香るお花の形はどんな形」
a0164204_14024196.jpg
a0164204_14024265.jpg
「春のお花、日本のお花───きっとかわいいはずなんだ」
a0164204_14053075.jpg
「お花はそっと咲いてくる、いつのまにか咲いている」
a0164204_14053034.jpg
「見つけてあげなきゃいけないね」
a0164204_14052959.jpg
a0164204_14111361.jpg
「マルジューナも一緒に探してくれたらいいのにな」
a0164204_14111481.jpg
a0164204_14125654.jpg
この日はいつもよりもペースを落として走ったメイディーナ
a0164204_14111309.jpg
変わっていく風景を眺めるために、移りゆく季節を探していくために
少しだけゆっくりと走りました
a0164204_14144537.jpg
a0164204_14144591.jpg
───走り続けました
a0164204_14144512.jpg
日本で過ごす初めての春
楽しみにしていた花の季節
a0164204_14195073.jpg
a0164204_14195023.jpg
メイディーナの春は始まったばかり───
a0164204_14294693.jpg
星のマルジューナ、影のメイディーナ
タスマニアからやって来た二人
a0164204_14230613.jpg
今日も走ろう、タタっタタって走り続ける
メイディーナらしくいつまでも、立ち止まらないでタフに走り続けてどこまでも
a0164204_14253059.jpg
a0164204_14265553.jpg
星のマルジューナ、影のメイディーナ
タスマニアからやって来た二人
a0164204_14195039.jpg



   

by bon_soir | 2017-03-12 14:34 | 多摩動物公園 | Comments(0)
タイチと広い部屋
多摩動物公園で暮らすコアラ、タイチ
a0164204_13245533.jpg
ミライが埼玉へ行き、ミリーが遠く高い所へと旅立ってしまった
そんなコアラの家
a0164204_13245617.jpg
a0164204_13245535.jpg
今は一人
広い部屋でタイチ一人
a0164204_13281964.jpg
タイチ一人夢の中
夢の中ならみんなに会える時がある
眠ればいいと一人思う
a0164204_13312966.jpg
広い部屋
広すぎる部屋
春が来たこと、話す相手が今はいない
a0164204_13312892.jpg
a0164204_13361432.jpg
a0164204_13382744.jpg
「こんなに広かったんだ───」
僕は呟いた
a0164204_13392705.jpg
三人から二人
二人から一人
a0164204_13392604.jpg
ミライさん、早く戻ってきてくれないか、と思うのは僕のわがままなのか
a0164204_13392607.jpg
今僕はどこの部屋でも自由に使える
橋がかけてあるからね
a0164204_13445406.jpg
a0164204_13445457.jpg
a0164204_13461851.jpg
壁の上をささっと通過
簡単だよ
a0164204_13461826.jpg
a0164204_13461883.jpg
a0164204_14253419.jpg
一人で過ごすことが好きな人
いると思うよ
a0164204_13495411.jpg
でもね、一人で過ごすことと一人ぼっちなのは違うんだ
わかるだろ?
a0164204_13495350.jpg
ミライさんは帰ってきてくれるかもしれない
でもミリーさんの温かさは帰っては来ないんだ
a0164204_13495460.jpg
寂しいね
a0164204_13520960.jpg
広い部屋に僕は一人
今はただ一人ぼっち
a0164204_13520999.jpg
ああ、そうだ
今この部屋は広すぎる、よ
a0164204_13565089.jpg
コアラの家に遊びに来ないかい?
僕の所へ、僕に会いに来ないかい?
a0164204_13581047.jpg

静かにそっと暮す僕だから
静かにそっと会いに来てくれよ
a0164204_13580936.jpg
静かに僕と話そうよ
a0164204_13580951.jpg
コアラの家に遊びに来ないかい?
僕の所へ、僕に会いに来ないかい?
a0164204_14005838.jpg
きっとまた賑やかな部屋になる日が来るよ
みんなが僕に会いに来てくれたらね、また賑やかなコアラの家族に会えるようになるよ
a0164204_14005877.jpg
静かにそっと暮す僕だから
静かにそっと会いに来てくれよ
a0164204_14005861.jpg
a0164204_14043626.jpg
騒々しいのは苦手だよ
静かに僕と話そうよ
a0164204_14043668.jpg
a0164204_14043636.jpg
ミライさんのこと、待っててあげて欲しいんだ
a0164204_14065565.jpg
a0164204_14065539.jpg
ミリーさんのこと、覚えていてあげて欲しいんだ
a0164204_14065599.jpg
僕はここにいる
広い部屋だ、どこかにいるから探してね
a0164204_14092027.jpg
コアラの家に遊びに来ないかい?
僕の所へ、僕に会いに来ないかい?
a0164204_14121157.jpg
静かにそっと暮す僕だから
静かにそっと会いに来てくれよ
a0164204_14121125.jpg
a0164204_14121102.jpg
今日もユーカリが美味しいよ
a0164204_14092063.jpg
夕方が来て夜になる
誰もいないコアラの家は本当に静か
a0164204_14141308.jpg
夏が来れば虫の声が聞こえてくるのかな
a0164204_14141291.jpg
誰かと話す
大切なことだ
a0164204_14170607.jpg
一人になればきっとわかるよ
そんな簡単なことが、ね
a0164204_14170764.jpg
広い部屋に僕は一人
今はただ一人ぼっち
a0164204_14141328.jpg
一人ぼっちの春が来た
a0164204_14253514.jpg






   

by bon_soir | 2017-03-11 14:21 | 多摩動物公園
押してくる

多摩動物公園で暮らすゴールデンターキン、メイ
a0164204_12122939.jpg
崖のような壁の小さな出っ張り
小さなメイが小さな出っ張りの上
a0164204_12132154.jpg
a0164204_12161344.jpg
大人より上から見える動物園
なんだか楽しいメイの夕方
a0164204_12161313.jpg
a0164204_12161490.jpg
そんな小さな出っ張りから降りる
a0164204_12173141.jpg
a0164204_12173192.jpg
ぴょんぴょんぴょんっ!とはいかないけれど、結構身軽なゴールデンターキン
a0164204_12173072.jpg
跳んだ
a0164204_12194726.jpg
a0164204_12194690.jpg
楽しいね!
a0164204_12205900.jpg
a0164204_12205906.jpg
お父さん、テン
見ていた
a0164204_12235928.jpg
「お父さんが寄ってきた」
a0164204_12235914.jpg
「なんだろう?」
a0164204_12235810.jpg
「おでこで私を押してくる」
a0164204_12285103.jpg
「ぐいぐいぐいぐい、私のことを押してくる」
a0164204_12303142.jpg
a0164204_12303121.jpg
「なんだこのお父さん……」
a0164204_12303079.jpg
a0164204_12315166.jpg
「丸太に避難。背の高さでも負けなくなった」
a0164204_12315257.jpg
a0164204_12315167.jpg
「それでもまだまだ押してくる」
a0164204_12341570.jpg
「落とされた」
a0164204_12341545.jpg
a0164204_12392730.jpg
「笑ってるよ。お父さんは笑ってるよ」
a0164204_12353364.jpg
「なんなんだろうね」
a0164204_12353222.jpg
「また、また押してくる」
a0164204_12365383.jpg
a0164204_12365335.jpg
「いつまで、でもいつまでこんな風に遊んでいられるんだろうね」
a0164204_12365254.jpg
「お父さんと私、いつまでこうして一緒に遊んでいられるんだろうね」
a0164204_12383160.jpg
また小さな出っ張りへと登ったメイ
a0164204_12403425.jpg
優しいお父さんを、ゴールデンターキンの庭を上の方からそっと眺めた
a0164204_12403428.jpg
a0164204_12403509.jpg
まだ小さなゴールデンターキン、メイ
これからもっと色々な事がある
まだ小さな、まだ子供のゴールデンターキン、メイ
a0164204_12455233.jpg



  

by bon_soir | 2017-01-04 12:49 | 多摩動物公園 | Comments(4)
ツキノワグマ、朝の山登り
多摩動物公園で暮らすツキノワグマ、ソウ
a0164204_11252604.jpg
冬の枯れ葉がまだまだ積もる、寒い日のツキノワグマの庭
a0164204_11272749.jpg
食べられる物
あんまり落ちてない
a0164204_11272781.jpg
お尻に枯れ葉
ソウはきっと気がついてない
a0164204_11272602.jpg
冬の印
かわいいね
a0164204_11293973.jpg
ソファーを使って近道して降りた
a0164204_11293909.jpg
a0164204_11293851.jpg
食べられる物
あんまり落ちてない
a0164204_11311019.jpg
お腹空いたね
a0164204_11311030.jpg
少し暴れる
そんな冬の朝
a0164204_11322006.jpg
探す、きっと食べ物探してる
a0164204_11330913.jpg
a0164204_11331092.jpg
もう諦めた
そのうちきっと飼育係さんが持ってきてくれる
大丈夫、美味しいおやつがきっと来る
a0164204_11330990.jpg
だから今、だからこんな寒い朝は───だなんて考えた
a0164204_11355427.jpg
こんな朝にやってみたい
そんなこと
a0164204_11355543.jpg
a0164204_11355572.jpg
クマが山を登っていくよ
a0164204_11405862.jpg
a0164204_11405984.jpg
黒いクマが山を登っていくよ
a0164204_11405825.jpg
山をどんどん登っていくよ
どこまでも遠く見渡すためにクマは山を登っていくよ
a0164204_11415997.jpg
a0164204_11420070.jpg
一休み
a0164204_11415993.jpg
あくび出た
a0164204_11435631.jpg
そんなソウの寒い朝
冬眠しないツキノワグマの朝、冬の寒い朝
a0164204_11435652.jpg
ヤギの鳴く声、聞こえてくるね
a0164204_11435503.jpg
ゆっくり立って歩き出す
a0164204_11455952.jpg
一人で登った山を、今度は一人で降りてくる
a0164204_11455971.jpg
登った山は自分で降りる
動物達ならみんなする
a0164204_11455845.jpg
降りてきてふと思う
「景色がぜんぜん違うんだ───」
a0164204_11474593.jpg
喉が乾いて水を飲む
a0164204_11491354.jpg
冷たい冷たい冬の水
喉が乾いて水を飲んだ
a0164204_11491409.jpg
a0164204_11491397.jpg
冬の朝の山登り
少しだけの山登り
楽しかったと思い出す
a0164204_11513808.jpg
外にいる時はいつだって、いつだって出かけることが出来るよ
山登り
a0164204_11513860.jpg
何度もしても楽しいね、何度も登って楽しいね
a0164204_11513737.jpg
そんな冬の山登り
そんな朝の山登り




   

by bon_soir | 2017-01-02 19:00 | 多摩動物公園 | Comments(0)