タグ:ユイ ( 20 ) タグの人気記事
ユイ、一人の散歩

金沢動物園で暮らすコアラ、ユイ
a0164204_08281859.jpg
a0164204_08281781.jpg
そっと一人で暮らす日々
今は一人、そっと一人で暮らす日々
a0164204_08281851.jpg
ユイは知っている
大好きなお母さんやお姉ちゃん、みんなが今どこにいるのかを
a0164204_08334295.jpg
a0164204_08334215.jpg
果てしなく遠くはなれているはずなのに、いつもどこかで繋がっているということを
a0164204_08334221.jpg
同じもの、同じような風景を今でも一緒に見ているということを
a0164204_08363762.jpg
a0164204_08373783.jpg
寂しいけれど大丈夫
ユイは寂しいと感じているけれど、きっと大丈夫
a0164204_08392353.jpg
a0164204_08392376.jpg
バニラが残してくれたもの
たくさんのものを心の奥にそっとしまっているから大丈夫
a0164204_08392231.jpg
オセアニア区の優しさ、そして温かさ
全部感じて大丈夫
a0164204_08441854.jpg
a0164204_08441813.jpg
a0164204_08441743.jpg
もう一人のお母さん、傍で笑顔
きっと大丈夫
a0164204_08470196.jpg
a0164204_08470142.jpg
a0164204_08470212.jpg
ユイ、一人で過ごす初めての夏
それはまだ梅雨から始めてみたばかり、まだまだ続く暑い夏
a0164204_08540788.jpg
「かりかり、ぎっぎっ」

────どこかで声が聞こえてる
a0164204_08531370.jpg
声のする方を私は探す
ヤマモモの実がなっている

────あそこだ
a0164204_08531379.jpg
a0164204_08531363.jpg
リス、タイワンリス君だ────
a0164204_08531280.jpg
「────外へおいでよ」
リス君は私を誘う

雨が降ったり止んだり、そんな季節
お姉ちゃんと撒いた種、雨が芽を出し育てていく
a0164204_08594717.jpg
私がお水をかけなくても大丈夫、今の時期、雨降り多い時期なら大丈夫
私はあまり外へは出ていない

あのヤマモモの実の色────季節はすっかり進んでいるようだ
a0164204_08594703.jpg
a0164204_08594760.jpg
a0164204_09033786.jpg
季節は私の心を追い越して、少し先で待っている
「早くおいでよ、外へおいでよ────」
リス君の声は季節の声だ
a0164204_09115671.jpg
────あの声、あれはきっと夏の声だ
a0164204_09115609.jpg
気がついてしまったら動かなければいけない
気がついてしまったらやらなくっちゃいけない
a0164204_09115755.jpg
a0164204_09115623.jpg
知っているのに、気がついているのに────何もしないこと
知らないこと、気がつかないこと────それより駄目なこと、寂しくて悲しくて嫌になること

そんなこと
a0164204_09172040.jpg
a0164204_09221791.jpg
飼育係さんにはちょっと内緒
内緒のお散歩
a0164204_09262788.jpg
a0164204_09221679.jpg
そんなお散歩に出かけよう
夏が私を待っている
そんな気がする
a0164204_09273845.jpg
くもり空でもしかたない
思ったとき、次へと進まなければ忘れてしまう
きっと忘れてしまう
a0164204_09273941.jpg
a0164204_09273966.jpg
a0164204_09273882.jpg
夏は私を待っている
a0164204_09303845.jpg
リス君の声で気がついた
私はやっと気がついたんだ
a0164204_09342190.jpg
きっと去年と変わらない夏が来てる
色々なことがまた、またそっと変わっている
a0164204_09572986.jpg
出かけよう、お散歩に出かけよう
オセアニア区にまた、またあの夏がやって来てる
a0164204_09572900.jpg
a0164204_09573047.jpg
a0164204_09573038.jpg
お母さん、お姉ちゃん
ヒロキさん
みんなが知ってる夏が来ている
a0164204_09590010.jpg
a0164204_09590097.jpg
もう来ているんだ
a0164204_09590175.jpg
a0164204_09585984.jpg
一人のお散歩、一人でお散歩
出かけよう

ドアをそっと開けてすり抜けて、コアラの家をそっと抜け出す
────オセアニア区へ出かけよう
a0164204_10010929.jpg
a0164204_10011090.jpg
a0164204_10010938.jpg
ヒロキさんの庭の前、デイゴのお花咲いている
a0164204_10035129.jpg
デイゴは急に芽が伸びて、急いで蕾が膨らんで
急いで咲いて散っていく
a0164204_10035282.jpg
a0164204_10035189.jpg
a0164204_10061118.jpg
そんなお花、赤いお花
a0164204_10035101.jpg
お尻がちょっと引っかかる
a0164204_10074077.jpg
a0164204_10073917.jpg
あぶないあぶない
a0164204_10081314.jpg
ヒロキさんのお庭のミモザ
また種になっているね
a0164204_10090075.jpg
a0164204_10085991.jpg
今年もちゃんと種になっているんだね
a0164204_10090037.jpg
a0164204_10090077.jpg
今日も空は曇ってる
また雨になるかもしれない
a0164204_10103902.jpg
a0164204_10103911.jpg
でも大丈夫
少しくらい濡れたって大丈夫
a0164204_10103888.jpg
気にしてばかりじゃどこにも行けない
大丈夫、すぐにまた乾くよ
a0164204_10103887.jpg
a0164204_10143926.jpg
a0164204_10143904.jpg
雨の日は雲が低い
きっとお空のみんなも近くへ来てる
a0164204_10144069.jpg
きっと近くまで来てるんだ
a0164204_10143843.jpg
耳をすませば声だって、みんなの笑う声だって聞こえてくるかもしれないね
a0164204_10182016.jpg
a0164204_10181957.jpg
「大丈夫、元気でやってるよ────」
小さな私の声だって、みんなのところに届くのかもしれないね
a0164204_10181908.jpg
a0164204_10211949.jpg
a0164204_10211938.jpg
雨の日、曇りの日
こんな日にお散歩するのも悪くない、そう考えれば悪くない
a0164204_10211846.jpg
a0164204_10254917.jpg
a0164204_10255086.jpg
かえって楽しいかもしれないね
a0164204_10254923.jpg
a0164204_10272514.jpg
────キウイ、そうだキウイだ
a0164204_10272495.jpg
a0164204_10272555.jpg
お姉ちゃんと“もいだ”あの実
かわいいキウイの実────
a0164204_10295067.jpg
a0164204_10295016.jpg
今年もなっているのかな
大きくなっているのかな
a0164204_10294947.jpg
探す
私は探すよ、キウイの実
a0164204_10305272.jpg
a0164204_10305336.jpg
どこかにあるよ、きっと今年もなっているよ
a0164204_10305387.jpg
a0164204_10323277.jpg
a0164204_10323296.jpg
a0164204_10323119.jpg
「あっ」

────キウイの実は今年もちゃんと、ちゃんとなっていた
a0164204_10332917.jpg
a0164204_10332953.jpg
a0164204_10333053.jpg
毎年お姉ちゃんと一緒に“もいだ”あのキウイ
今年もちゃんとなっていた
a0164204_10345029.jpg
a0164204_10344905.jpg
a0164204_10355019.jpg
「お姉ちゃん、見えてる? ヒロキさんの庭のあのキウイ、なってるよ────今年もまたなってるよ」
a0164204_10345029.jpg
a0164204_10384938.jpg
「戻ろう」
私は一言呟いて、部屋に戻る
a0164204_10345074.jpg
a0164204_10385098.jpg
「どこへ行ってたの?」
飼育係さんは私に優しく聞いてくる
a0164204_10410996.jpg
a0164204_10411006.jpg
「夏を見てきたよ」
私は一言そう伝える
a0164204_10411013.jpg
「そうか────」
飼育係さんはそっと微笑む
a0164204_10433267.jpg
a0164204_10433119.jpg
a0164204_10433115.jpg
夏が来たことに気がついて良かった
気がついたらあとは動くだけ
a0164204_10433115.jpg
a0164204_10433196.jpg
a0164204_10433119.jpg
気がついたら動くだけ
ただそれだけ────だよ
a0164204_10490083.jpg
a0164204_10490105.jpg
楽しいね!
a0164204_10490035.jpg
a0164204_10504062.jpg
夢を見るための準備
終わったかな
a0164204_10504005.jpg
動物園に遊びに来たみんな
みんなの準備は終わったのかな
a0164204_10504050.jpg
一緒に寝ようよ
夢の中でまた会えるかもしれないよ
a0164204_10531037.jpg




    

by bon_soir | 2017-06-28 10:53 | 金沢動物園 | Comments(2)
夏が来て
金沢動物園で暮らすコアラ、ユイ
a0164204_14314471.jpg
雨が降らない日々、それでも梅雨のこと
オセアニア区は夏の空
a0164204_14350491.jpg
a0164204_14314506.jpg
ユイが見る夢、それはもう夏の夢
a0164204_14362021.jpg
a0164204_14314470.jpg
コアラが見る夢、きっと夏の夢
a0164204_14361924.jpg
a0164204_14362007.jpg
「一人で過ごす夏が来て、動物園は少し静か」
a0164204_14401581.jpg
a0164204_14401681.jpg
「部屋で過ごしてばかりいるとわからない。外はもうぐーっと暑くって、太陽、青空も夏のもの」
a0164204_14443199.jpg
a0164204_14443207.jpg
「去年の夏はどんなだったか、みんなは覚えているのかな」
a0164204_14401570.jpg
a0164204_14443221.jpg
「去年の暑さ、去年の夕立、去年聞いた虫の声」
a0164204_14491633.jpg
a0164204_14491568.jpg
「みんなは覚えているのかな、みんな覚えているのかな」
a0164204_14491601.jpg
a0164204_14510554.jpg
「一人で過ごす夏が来て、私は全部覚えてる」
a0164204_14510530.jpg
a0164204_14510638.jpg
「一人で過ごす夏が来て、私は全部思い出す」
a0164204_14525955.jpg
a0164204_14530035.jpg
「私はコアラ。コアラのこと、私が一番覚えてる」
a0164204_14530074.jpg
a0164204_14571552.jpg
「大切な思い出ばかり───大丈夫、私は全部覚えてる」
a0164204_14571580.jpg
a0164204_14571570.jpg
a0164204_15004411.jpg
a0164204_15004484.jpg
「一人で過ごす夏だから、どんなことでも思い出す」
a0164204_15004386.jpg
a0164204_15004384.jpg
「一人で過ごす夏が来て、コアラの家はどこか静か」
a0164204_15022750.jpg
a0164204_15022647.jpg
「話し声、私の独り言ばかり」
a0164204_15022621.jpg
「早く夕方来ないかな」
a0164204_15065778.jpg
a0164204_15065730.jpg
「早く夕方来ないかな」
a0164204_15065863.jpg
a0164204_15065753.jpg
「夏の陽射し、輝く景色」
a0164204_15084068.jpg
a0164204_15084174.jpg
「コアラには少し眩しすぎる」
a0164204_15122063.jpg
a0164204_15122003.jpg
a0164204_15122187.jpg
「太陽まだまだ枝の隙間。大きなユーカリ、枝の隙間」
a0164204_15122048.jpg
「動いて動いて向こうの方へ」
a0164204_15145578.jpg
a0164204_15145577.jpg
a0164204_15163217.jpg
「早く夕方来ないかな」
a0164204_15145551.jpg
a0164204_15175591.jpg
a0164204_15175678.jpg
「きっとみんなも涼しいね」
a0164204_15163267.jpg
a0164204_15175569.jpg
a0164204_15195718.jpg
a0164204_15195730.jpg
「今頃一番日が長い。なかなか太陽沈まない」
a0164204_15195710.jpg
a0164204_15195600.jpg
「一人で過ごす夏が来て、私は色々考えてばかり」
a0164204_15222645.jpg
a0164204_15222655.jpg
a0164204_15222549.jpg
「一人で過ごす夏の日に、一人私は考えてばかり」
a0164204_15233754.jpg
a0164204_15233764.jpg
a0164204_15233760.jpg
a0164204_15233726.jpg
「窓の側から目をこらして外を眺める」
a0164204_15253376.jpg
「ヒロキさんの家にもちゃんと夏が来ている」
a0164204_15253448.jpg
a0164204_15253211.jpg
a0164204_15253477.jpg
「春は過ぎた。動物園を夏色に変えて過ぎていった」
a0164204_15272317.jpg
a0164204_15272389.jpg
「あじさい咲けば夏の始まり、いつもどおり」
a0164204_15301585.jpg
a0164204_15272119.jpg
「去年と違う一人で過ごす夏、私の夏」
a0164204_15301644.jpg
a0164204_15272130.jpg
「みんな、みんなは変わりない?」
a0164204_15325507.jpg
a0164204_15325488.jpg
a0164204_15325499.jpg
「みんなの夏は変わりない?」
a0164204_15340762.jpg
a0164204_15340646.jpg
a0164204_15340536.jpg
「私は色々思ってる、色々色々思い出している」
a0164204_15340778.jpg
「みんな、みんなは変わりない? みんなの夏は変わりない?」
a0164204_15362597.jpg
a0164204_15362684.jpg
a0164204_15362695.jpg
a0164204_15362530.jpg
「早く夕方来ないかな」
a0164204_15375997.jpg
a0164204_15380007.jpg
「一人で過ごす夏が来て、私は色々考えて」
a0164204_15375916.jpg
a0164204_15375886.jpg
「一人で過ごす夏が来て、私は色々思い出した」
a0164204_15411842.jpg
a0164204_15411888.jpg
a0164204_15411973.jpg
「寂しい寂しい毎日に、私は色々思い出した」
a0164204_15424927.jpg
「早く夕方来ないかな───それは」
a0164204_15424735.jpg
「───それは、お母さんに会えるから」
a0164204_15424631.jpg
「思い出した───私にはもう一人お母さんがいる」
a0164204_15464729.jpg
a0164204_15464736.jpg
「優しくて温かい、私にはもう一人お母さんがいる。飼育係さんは私のお母さん、もう一人のお母さん」
a0164204_15464654.jpg
「お姉ちゃん、私は大丈夫。本当に大丈夫」
a0164204_15480698.jpg
「もう一人のお母さんが一緒にいてくれるから、私はきっと大丈夫───夏が来て私はきっと大丈夫」
a0164204_15480699.jpg
a0164204_15480649.jpg




    

by bon_soir | 2017-06-17 15:50 | 金沢動物園 | Comments(8)
バニラとユイの幸せの種
「今日も戻ってこなかった───」
飼育係さんがいなくなった夜の動物園でふと呟いた
a0164204_11455282.jpg
a0164204_11372190.jpg
お姉ちゃんが一人の部屋で過ごすようになってからだいぶ経つ。私だけの広い部屋、今は薄暗さと静けさが息苦しい
わかっていた───お母さん、ハヤト、そしてワカちゃん
あの部屋で過ごすようになるとある日いつのまにか、そして急にお空の向こうへとみんな行ってしまう
a0164204_11372200.jpg
───怖くて怖くてしかたない。どんどんやって来る嫌な予感に私は脅され続けている
「大丈夫、お姉ちゃんは大丈夫」って、負けないように何度も何度も声に出してみても、またすぐにその嫌な予感に押しつぶされる
a0164204_11372166.jpg
お姉ちゃんとお別れなんか絶対にしたくない───大好きなお姉ちゃんとずっと二人、一緒に窓の外を眺め微笑んで、一緒にお散歩に出かけて笑って、二人同じ夢を見て気持ちよく眠っていたい
a0164204_22562214.jpg
a0164204_11455394.jpg
優しいお姉ちゃんといつまでも、ここでのんびりいつまでも暮していたい───ただそっと暮していたい
a0164204_11455202.jpg
ふと眺めた窓の外の星空に、きらりと一つ大きな大きな流れ星
「あっ───」とただそれだけ声が出た
a0164204_12021437.jpg
a0164204_12035134.jpg
“本当はもう、ドアの向こうにはもう誰も───”
怖くてずっと動けなかった私の気持ちはその大きな流れ星に気付かされ、そして急かされた
a0164204_12035177.jpg
静まり返ったオセアニア区、コアラの家
私の小さな足音だけが小さく響く
立ち止まったドアの向こうで寝息と寝言、ここの部屋はユウキ君が眠っている
a0164204_12070468.jpg
a0164204_12035172.jpg
「こっちかな───」
別のドアの前に立ち、少し迷ってから静かにドアを開けてみた
私の目から涙が溢れた
a0164204_12070389.jpg
聞き慣れた寝息といつもの匂い
きっと何か夢を見ているんだろう───時々その小さな口を動かしてお姉ちゃんは一人眠っていた
a0164204_12091364.jpg
a0164204_12070387.jpg
「来たよ、お姉ちゃん」
私は眠っているお姉ちゃんを起こさないように気をつけて隣に座り、むにゃむにゃと動く小さな手をそっと握った───
a0164204_12105362.jpg
a0164204_12105366.jpg
a0164204_12123624.jpg


「おはよう」
今日もちゃんと朝が来て、飼育係のお姉さんの顔を見ることが出来た
a0164204_12184909.jpg
この小さな部屋で過ごすようになってどのくらい経ったんだろう
もう何日もユイの顔をずっと見ていない
a0164204_12185009.jpg
a0164204_12185025.jpg
ユイは今何をしているんだろう
大きな部屋で一人、静かに窓の外を眺め、怖くなればユーカリにの中へ逃げ込んで、毎日きっと寂しくしている───
a0164204_12355892.jpg
a0164204_12355808.jpg

ずっと一緒に暮らしてきた私、ユイの気持ちはどんなことでもよくわかる
a0164204_12355704.jpg
今すぐユイの傍へ行きたいけれど、なんだか身体が上手く動かない
a0164204_12474818.jpg
ここで過ごすようになったときからわかっていた
───そう、私は病気になってしまったんだ
a0164204_12474867.jpg
a0164204_12590292.jpg
朝が来て段々と明るくなるオセアニア区、大きなユーカリの木の向う側へと沈む太陽───そして晴れた夜の明るい月とたくさんの星
この部屋からはどれも眺めることが出来ない
小さな窓から小さな景色がみえるだけだ
私はその景色を好きになれなくて、小さな窓の向こうを見ないようにしていた
a0164204_16142742.jpg
飼育係のお姉さんの「おはよう」で朝に気がつき、「また明日ね」という優しい笑顔でまた夜になることを知る
a0164204_12590376.jpg
“夢を見るための準備”はあまり上手く進まない
ぼんやりといつのまにか眠りについた私が見る夢は昔の風景、そして楽しかった思い出のことばかり
a0164204_12474881.jpg
───しかたない
病気になってしまった私、ずっと待っていた春の風景をまだ見ていないのだから
a0164204_13113591.jpg
「春、終わっちゃうね」と、チューリップのお花が風に揺れる様子を頭のなかに描いてふと呟いた
ユイと一緒にお花を見にいくこと、今年はこのまま出来ないかもしれない
a0164204_13172426.jpg
───ごめんね、ユイ
a0164204_13213228.jpg
a0164204_14215927.jpg
「おはよう」とドアは開き、また変わらない朝が来る
飼育係のお姉さんは一日に何度も何度も様子を見に来てくれて、そのたび優しい笑顔を見せてくれる
a0164204_13320793.jpg

お姉さんの言葉に耳を澄まし、ふと思う───私はちゃんと笑顔を返してあげられているのか
それが気がかりだった

日に日にぼんやりとしていく私
“自分が今どんな顔をしているのか”、それがわからないでいた
a0164204_13331936.jpg
精一杯、一生懸命に精一杯、だから私は笑顔を作る
私が笑顔なら、コアラが笑顔なら───動物達が笑顔であったなら
きっとみんな笑顔になれる、みんなの笑顔で優しく温かくなっていく
動物園ってきっとそんな場所
a0164204_13320709.jpg
飼育係のお姉さんの笑顔を見ていつだってそう思っていた
悲しいことがあった日もそうして毎日少しづつ、私は素敵な笑顔に元気を貰っていたから
a0164204_13482261.jpg
a0164204_13490242.jpg
お母さんの笑顔を思い出す
ワカちゃんとハヤトの笑顔を思い出す
a0164204_14043053.jpg
a0164204_14043103.jpg
少ししかないお父さんの思い出も頭の中に浮かんでくる
a0164204_14043074.jpg
みんなの声が聞こえてくるようだ
小さく、時々はっきりと楽しいコアラの声が聞こえてくるようだ
a0164204_14132103.jpg
なのにユイは今一人、きっと一人
「ごめんね、ユイ」と声に出すと涙が一粒、また一粒とこぼれていくのがわかった
a0164204_14132173.jpg
気がついていた
───私がみんなの所、“お空の上”へといく日が近づいている
a0164204_14132047.jpg
病気になること
それは悲しくて悔しくて、そして凄く怖いことだ
a0164204_14392997.jpg
私はコアラだった
どんなときでも眠くなる、いつのまにか眠っている
a0164204_14492825.jpg
必要だった眠ること、大好きだった夢の中
今は不安でしかたない
一度閉じた目はまた開くのかがわからない、「おはよう」って声をまた聞くことが出来るのか───
今は不安でしかたない
a0164204_14482976.jpg
夢の中でユイに会う
泣いてる私の傍へ来る、そっと傍へ来てくれる
一緒に暮らしてきたあの日のように、ユイは私の傍へ来る
a0164204_14562751.jpg
a0164204_14492899.jpg
a0164204_15082096.jpg
夢の中のユイが私の手をそっと握る
あったかくて柔らかい、私はゆっくり目を開く
a0164204_15035419.jpg
「お姉ちゃん───」

「ユイ───」


a0164204_15082024.jpg
「おはよう」
a0164204_15082084.jpg
a0164204_15100546.jpg
その日からユイは毎日来てくれるようになった
飼育係のお姉さんが帰ればすぐにドアを開け、朝日が登りだせばそっと静かに帰っていく
そんな日が何日か続いていった
a0164204_15125999.jpg
ユイの話に頷いて、ユイの笑顔で私も微笑む
怖い気持ち、不安な気持ちは少しずつ少しずつ、そっとどこかへ消えていった
a0164204_15125983.jpg
ユイは私の妹、たった一人の大切なかわいい妹だ
今までも、これからもずっとずっと変わらない
ユイは私の妹だ
a0164204_15125973.jpg
一度お別れをする日のことはもう怖くない、もう不安じゃない
ただ寂しく、ただ悲しいだけ

ただそれだけだ
a0164204_15235143.jpg
a0164204_15235104.jpg
本当はいつまでもこの優しい日々が続いて欲しい
ただそれだけだ
a0164204_15250380.jpg

───私はいつものようにお昼寝をして、またユイが来る夜を待っていた
a0164204_15344463.jpg
新しいユーカリの匂いでふいに目を覚ます
ゆっくりと目を開けると飼育係のお姉さんの目に涙が溜まっているのが見えた
a0164204_15344553.jpg
「泣かないで」
そう言ったつもりだったけど飼育係のお姉さんに私の声は届かなかったみたいだ
ほっぺを涙がつたっていき、ぽたりとそのまま床へ落ちる
a0164204_15425927.jpg
「私は元気、こんなに元気だよ」と、そう言いたいのに上手くしゃべることが出来ない

───食べてるところを見ればきっと安心してくれる
そう思った私は新しいユーカリに手を伸ばす
a0164204_15503297.jpg
「おかしいな」
力が入らない
ユーカリをいつものように上手く掴むこと、それが私にはもうできなかった
a0164204_15531631.jpg

a0164204_16305215.jpg
それからはもう眠くならなかった
私は今まで好きになれなかった小さな窓から外を眺め夜を待ち、そしてユイが来るのを待った

───お母さんの声がどこからかずっと聞こえてきている
a0164204_16002887.jpg
a0164204_16002835.jpg
「よくがんばったね、バニラ。本当によくがんばったね」
a0164204_16002845.jpg
声がするたび私は頷き、頷くたびに涙がこぼれる
夜が来るのはあっという間だ
空はまた暗くなる

「お姉ちゃん───」
いつものように笑顔のユイがドアを開ける
a0164204_16180476.jpg
「ユイ───」
涙を手でぬぐい大好きな名前を言葉にすると、少し温かい気持ちになった
a0164204_16242844.jpg
───大丈夫、私もユイもきっと大丈夫
a0164204_16253872.jpg
a0164204_16242829.jpg
「ユイ、今日はお願いがあるの」


「何?なんでも言って」
a0164204_16242899.jpg
a0164204_16305340.jpg
「ヒロキさんの家に“旅の箱”が置いてあるのは知ってるよね。その中にミモザの種が置いてあるの。去年の夏にヒロキさんの庭で拾って集めて入れておいた種が内緒で置いてあるの。それを取ってきて欲しいんだ」
a0164204_16435764.jpg
a0164204_16435864.jpg
「大丈夫、私はここで待ってるから。ユイが戻ってくるのをここで待ってるから、ね───」
a0164204_16435854.jpg
a0164204_16305267.jpg
a0164204_22562123.jpg
「───あった、ミモザの種。お姉ちゃんが言ってたのはこれだ」

a0164204_16463745.jpg
a0164204_16463669.jpg
「取ってきたよ、お姉ちゃん。これのことでしょ───」
ユイは少し息を切らしてバニラの待つ部屋へと戻ってきました
手には一掴みの“ミモザの種”
去年、ヒロキの庭のミモザが落とした種でした
a0164204_16535402.jpg
「これ、どうするの?」
そう訊くユイにバニラはそっと微笑み、そのミモザの種を受け取り半分に分け、そっとまたユイに渡しました
a0164204_16571446.jpg
「ユイ、今から言うこと、少し聞いて───」
バニラはユイの目を優しくそっと見つめ、ゆっくりと話を始めました
a0164204_18050724.jpg
a0164204_16571480.jpg
「ユイ、今渡したミモザの種をどこかに蒔いてお水をかけてみて。そう、陽の当たる所がいい。いつか芽を出し伸びていきお花が咲く。あの黄色いお花が咲いてくる。ただヒロキさんのミモザのように大きくなって木になるには何年も何年もかかるはず。木が大きくなるにはたくさんの時間がかかるの。動物園にある大きな木、みんな長い時間をかけてあれだけ大きくなった。動物達みんなが木陰で休めるくらい大きくなった。凄いでしょう、大きな木は長く長く生きてるの。この種、半分は私が蒔く。お母さん達と一緒に、お空の上の方でね───」
a0164204_23230768.jpg


「そう、私はお母さんとお父さん、そしてワカちゃんとハヤト、そしてヒロキさんの所へいかなければいけない時が来た───」

a0164204_17183159.jpg
「そんなの嫌だよお姉ちゃん、私も一緒に───」

「駄目、絶対に駄目だよ。お母さんも言っていた、自分から望んじゃ駄目なこと、絶対にいけないことがある。いつになるのか、どんな風になるのかは誰にもわからない。今の私のようにその日が来るまで、その日が来るまでただ毎日のんびりと頑張って、ここで暮してみんなと笑顔でいなければいけないんだよ。もし自分でお空へ行こうとしてしまったら、きっと私達に会うことは出来ないんだよ。ユイ一人どこか変な所へたどり着いてしまうんだよ。そんなの私は嫌、またいつか大好きなユイに会いたいよ。みんなでユイを迎えたいよ。またみんなで笑いたいよ。わかって、ちゃんと───」
a0164204_17183143.jpg
「だからね、ユイはミモザが種から大きな木になるまでを見ていくの。さっきも言ったとおり何年も何年もかかること。それでも途中で止めちゃ駄目だよ。大きく育ってたくさんのお花が咲くのを見ていないと駄目なんだよ。私はお空の上で同じように種を蒔き、お花が咲いて大きな木になっていくのを見ているよ。最初に芽が出てきたら同じように芽が出たかなって考えて、最初にお花が咲けばユイのミモザも咲いたかなって笑顔になれる。何年も何年もずっと先、ずっとずっと先のこと、立派な大きい木になれば───そろそろユイに会えるかなって涙を流すことができるでしょ───」
a0164204_17551104.jpg
a0164204_17183153.jpg
「ユイ、大丈夫だよ最初のお花が咲く頃にはきっとお友達が増えてるよ。木になって、木が大きくなってたくさんのお花が咲く頃になればこのコアラの家も賑やかになってるよ───今こうして分けたミモザの種は私達二人の幸せの種。コアラの未来へ続く私達二人の幸せの種。みんなをきっと笑顔にしてくれる、そんな種は幸せの種───」
a0164204_17551014.jpg
a0164204_17551042.jpg
「わかったよ、お姉ちゃん───」
バニラが別の部屋で過ごすようになってからずっと溜めていた涙をユイは一度に溢していました
a0164204_18002502.jpg
バニラは何度も何度もユイのほっぺをぬぐっても涙はどんどんあふれ、ぜんぜんぬぐいきれません
「泣きすぎだよ」
バニラは優しく微笑み、そしていつのまにか溜まっていた涙を同じようにあふれさせました
a0164204_18153301.jpg
二人はいつまでも涙を溢し続け、バニラはユイを、そしてユイはバニラを優しくぎゅっと抱きしめて二人最後の朝を迎えました
a0164204_18112272.jpg
a0164204_17572117.jpg
「行かなくちゃ」
そう一言小さく声に出し、そしてバニラはミモザの種を自分のポッケにしまって部屋のドアを開けました
a0164204_18525124.jpg
明るくなり始めた空の不思議な色、綺麗な光はドアの隙間をそっと抜け、バニラを温かく包みます
a0164204_17572023.jpg
a0164204_18344281.jpg
a0164204_20223723.jpg

光に照らされたバニラはの身体はユーカリの葉っぱを掴むことが出来なかったことを忘れてしまうほどに動くようになり、足は自然とオセアニア区の大きなユーカリの木の方へと向います
a0164204_20223871.jpg

a0164204_18344235.jpg
ユイは何も言わずバニラの後ろを歩き背中を見つめ、バニラと過ごした日々のことを思い出していました
a0164204_18505345.jpg
どんなことでも頭の中へ浮かび、そっと心の奥へとしまわれていきます
悲しいこと寂しいこともたくさんあったコアラの家での二人の思い出
いつだって二人一緒に泣いて、笑って過ごした大切な思い出はきっと忘れることがありません
a0164204_18505321.jpg
「ポッケの中のミモザの種は幸せの種。きっと大きく育ってく───」
あと少し、これからは離れてしまう二人
一緒に芽を出し長い時間をかけて大きく育っていくミモザの木
きっとそれは二人の心を繋いだままにしてくれると信じ、種の入ったポッケをそっと触り、ユイはふと“種の源”ヒロキの庭のミモザの木を眺めました
a0164204_18524980.jpg
夜の間は気がつかなかった風景───
朝日の中で見たミモザの木は満開に咲いていました
a0164204_19165088.jpg
本当ならもう花も終わっているはずのミモザの木は眩しく、黄色く輝き、ヒロキがまだ暮していたあの頃のように立派な枝を風に揺らせていました
バニラを少しでも明るく送り出すために“ヒロキがかけてくれた魔法”だとユイは信じ、「ヒロキさんらしいな」と小さく呟き、どんどんと前を行くバニラを早足で追いかけました
a0164204_19464597.jpg
a0164204_19414674.jpg
a0164204_19414748.jpg
「お姉ちゃん、待ってよお姉ちゃん」
a0164204_20210486.jpg
a0164204_19410014.jpg



「たんぽぽだ。たんぽぽは咲いてるんだ。今年もこんなにたくさんかわいらしく咲いているんだ───」
大きなユーカリの木に向かう途中でたくさんのたんぽぽが咲いていることに私は気がついた
a0164204_20223730.jpg
a0164204_20210490.jpg
どこにでも咲いている花だけど、どこで出会っても優しさをくれる花、たんぽぽ
私はたんぽぽが大好きだった
「───きっとお母さんも、ワカちゃんとハヤトも、ヒロキさんはもちろんのこと、お父さんも大好きなんだろうな」
a0164204_20304276.jpg
かわいらしく咲いているたんぽぽの傍に綿毛を見つけた
まだ丸い綿毛、少し欠けた綿毛───色々なたくさんの綿毛

綿毛は風に乗り色々な所を旅して回る
そしてお気に入りの場所を見つけて、またお花を咲かせるんだ
a0164204_20362618.jpg
a0164204_20382285.jpg
「よかったら私と一緒に来てくれない?」
綿毛にそうお願いをした
出来ることなら私の傍でも咲いていてほしい、みんなの傍でかわいらしく咲いていて欲しい
そう思った
a0164204_20362565.jpg
a0164204_20382228.jpg
すると一本の綿毛がこくりと頷いた
ただ春の風に揺れたってわけじゃない、本当に頷いてくれたんだ───
a0164204_20382378.jpg
「痛かったらごめんね」
私は頷いてくれた綿毛をなるべく優しく切り取った
そして潰れてしまわないようにそっとポッケの中へとしまった
a0164204_20470011.jpg
「後はあの木に登るだけだ」
一本の大きなユーカリの前で立ち止まり、幹や枝、そして葉っぱの形をよく確かめた
a0164204_20470127.jpg
a0164204_20470188.jpg
間違いない、この木を登ってお母さんは旅立った
あの時途中まで追いかけたからちゃんと覚えてる
この大きなユーカリは雲の上、もっともっとずっと上まで伸びている
───金沢動物園のコアラのためのユーカリだ
a0164204_20581197.jpg
a0164204_20581083.jpg
「ユイ、寂しいけれどここでお別れ。一度さよならだよ」
私がそう伝えるとユイはやっぱりまた泣き出した
でも大丈夫、もうユイはちゃんとわかっている
このお別れはどうしてもしかたないことを、そしてまたいつか会える日が来るということを
a0164204_21033134.jpg
a0164204_21052008.jpg
ユイの涙は止まらない
ぼやけて何も見えなくなりそうなくらい涙は溢れ続けていた
「動物園が始まっちゃったら大変だから私は行くね」と言うとユイは泣きわめいたまま何度も何度も頷いた
今では私よりも身体の大きなユイ、そのときだけは何故かとても小さく見えた

───私達が一緒に暮らし始めたあの日のように
a0164204_21033297.jpg
「ありがとう」
私は最後の言葉をユイに言う
a0164204_21145930.jpg

「ありがとう」

それが金沢動物園、オセアニア区でユイから聞いた最後の言葉だった


オセアニア区の大きなユーカリの木を登っていくのは簡単なことじゃない
普段よりもずっと高く伸びているユーカリの木だ、何故か身体は疲れないけれどやっぱり時間はかかる
ただ上を見て登っている間にはたくさんの思い出が青い空に浮かび上がってきてくる
a0164204_21261553.jpg
楽しい毎日だった
a0164204_21243349.jpg
a0164204_21243427.jpg
a0164204_21243491.jpg
本当に楽しい毎日だったんだ
a0164204_21484313.jpg
a0164204_21273493.jpg
a0164204_21273415.jpg

楽しかったね、ユイ
ユイは私の妹、これからもずっと、ずっとかわいい私の妹
a0164204_21305111.jpg
a0164204_21341890.jpg
a0164204_21305116.jpg
楽しかったよ、ユイ
毎日毎日本当に、本当に楽しかったよ
a0164204_21305077.jpg
思い出した───お母さんのポッケ、あったかかったな

一番あったかい場所
私はそこへ行くのかもしれないな───
a0164204_21380827.jpg
a0164204_22380100.jpg
a0164204_22380117.jpg
a0164204_22380163.jpg
a0164204_21380920.jpg

a0164204_21380997.jpg
───お姉ちゃんが大きなユーカリの木を登っていく
私はあの姿を忘れない、絶対に忘れない
a0164204_21434322.jpg
登ってきた太陽が眩しい
けれど目を離しちゃ駄目なんだ
a0164204_21413891.jpg
窓の向こう、段々と遠くへ飛んでいく鳥たちは一度でも目を離すともう二度と見つけることは出来なかった
きらりと光る飛行機だってそうだった
一度でも目を離しちゃ駄目、特に大切なことからは絶対に目を離しちゃ駄目なんだ
a0164204_21484341.jpg
a0164204_21484279.jpg
「ありがとう」
私はお姉ちゃんにそれだけしか言えなかった
もっともっとたくさん伝えたい事があったはずなのに「ありがとう」ただそれだけだ
a0164204_21574036.jpg
お姉ちゃんが青い空に溶けていく
オセアニア区を離れ、空の向こうへだんだんと
だんだんと青い空に溶けていく

一度お別れ、さよならだ
a0164204_22112815.jpg
「お姉ちゃん、今まで本当にありがとう」
a0164204_21574003.jpg
「ありがとう」は不思議な言葉
みんなを笑顔にさせる、そんなことば「ありがとう」

「ありがとう」は別れの言葉
綺麗な涙をみんなにそっと落とさせる、そんな別れの言葉

a0164204_21574085.jpg
「ありがとう」は大切な言葉
心を込めて伝えればただそれだけでも大丈夫
a0164204_22080640.jpg
a0164204_22080646.jpg


「ありがとう」


「ありがとう」
a0164204_22080540.jpg
バニラ、今まで本当にありがとう
a0164204_22101001.jpg
a0164204_22122827.jpg
「あっ、お母さん」
お空の上で最初に出迎えてくれたのはやっぱりお母さんだった
a0164204_22141355.jpg
何も言わずただ笑顔で私のことをぎゅっと抱きしめる
懐かしい匂いと懐かしい温かさ
やっぱり私はお母さんの子供だ───
a0164204_22112700.jpg
綿毛をそっと取り出して、コアラのポッケからそっと優しく取り出して
まん丸欠けてしまわないよう丁寧に、そっと優しく取り出して
a0164204_22112887.jpg
綿毛にふーっと息を吹きかけて、一人一人が旅の空
春の風にすーっと吹かれて思い思いに旅の空
オセアニア区へアメリカ区へ、ユーラシア区、アフリカ区そしてほのぼの広場のみんなの所へ
一人一人が思い思いに旅の空
a0164204_22122840.jpg
a0164204_22470429.jpg
a0164204_22362419.jpg
a0164204_22362536.jpg
a0164204_22470467.jpg
バニラのことを好きだったみんなの所へ優しさ持って旅の空
コアラを好きなみんなの所へ愛情込めて旅の空

優しい春風、綿毛をそっと
お空の上のみんなの所へ───
a0164204_22534173.jpg
a0164204_22534245.jpg
a0164204_22545864.jpg
a0164204_22534216.jpg
バニラ
大好きなコアラ

金沢動物園で暮らしたかわいいコアラ
みんなのバニラ
a0164204_22565297.jpg













by bon_soir | 2017-05-10 23:42 | 金沢動物園 | Comments(10)
ユイと春の願い
金沢動物園で暮らすコアラ、ユイ
a0164204_00192155.jpg
春が終わってしまったかのような暑い日、それは初夏のような眩しい陽射し
a0164204_00262786.jpg
あのミモザも花も散りだして、ヒロキがいれば今頃きっと食べて歩いてる
a0164204_00401776.jpg
a0164204_00401733.jpg
そんな速い季節の流れに置いていかれないように、急いでたんぽぽ咲き出した
春のそんなオセアニア区
a0164204_00262829.jpg
楽しい季節のはずなのに、今ユイは部屋に一人
a0164204_00262740.jpg
大好きなお姉ちゃん「バニラ」は今、別のお部屋で過ごしていました
a0164204_00443077.jpg
どんなにお客さんが賑やかにしていても、かわいいお花がどんなにたくさん咲いていても
コアラの家はとても静か
a0164204_00475664.jpg
a0164204_00475602.jpg
仲良しの二人、ずっと一緒に暮らしてきた二人が揃わなければ楽しいコアラの歌は聞こえてこない

一人寂しい思いの中で健気に過ごし、寂しそうに時々微笑むユイ
a0164204_00443199.jpg
a0164204_00541824.jpg
今はただ、バニラがまた戻ってきてくれる日を信じ、色とりどりでも寂しい春を、なぜか無表情で進む季節の流れを涙こらえて眺めていました
a0164204_01012955.jpg
a0164204_00591492.jpg
「ポッケの中のどんぐりはいつも私に微笑みかけてくる───そう、お姉ちゃんがくれたあのどんぐりがそっと優しく」
a0164204_01055708.jpg
「部屋に一人でいること、ここがこんなに静かでこんなに寂しくて、そしてこんなに心細いなんて知らなかった」
a0164204_01055781.jpg
「私の傍にはいつだって笑顔があった。今までずっと優しい笑顔に励まされていたんだ」
a0164204_01055680.jpg
「コアラの笑顔にずっと、そっと励まされてずっと───」
a0164204_01144751.jpg
「飼育係のお姉さんにお姉ちゃんのことは聞けないよ。だって怖くてしかたない」
a0164204_01163811.jpg
a0164204_01163898.jpg
「何も聞けないよ、怖くて怖くて何も、何も聞けないよ」
a0164204_01163713.jpg
「お姉ちゃん、今どうしているのかな。いつものように笑っているのかな。今頃夢でも見ているのかな」
a0164204_01212852.jpg
「こうして優しく抱っこして貰っているのかな」



雲のない空はどんなに晴れていても何故か寂しい
風が無ければ木はささやかない、自然の声は聞こえてこない
a0164204_01231204.jpg
そんなどこか居心地悪い春の日
a0164204_01262067.jpg
ユイは一人コアラの家からそっと抜け出し、思い出の場所へと歩いていきました
a0164204_01231268.jpg
a0164204_01231140.jpg
それはバニラと二人、まだまだ小さかった頃に出かけた場所
───アメリカ区の小さなロッキーマウンテン
a0164204_01372481.jpg
a0164204_01383105.jpg
楽しくわいわいと騒ぎながら歩いていったあの日と違い、遠く感じるアメリカ区
長く感じる一人の時間
ユイはただ前を見つめ頭にバニラの顔を思い浮かべ、そしてできる限りの早足で向かいました
a0164204_01383064.jpg
「お姉ちゃんと見たあのチューリップ達に会いたい───力強くそっと伸びてころりとふわっとかわいく咲く、あのチューリップ達に会いたい」
a0164204_01481023.jpg
「きっと今頃、きっとあそこで咲いているはず───きっと、きっとそう」
a0164204_01481020.jpg
静かな静かな金沢動物園
アメリカ区に着いたユイをそっと眺める動物がいました
プロングホーンのブッチです
a0164204_01563958.jpg
ロッキーマウンテンのショートカットの階段を一段一段登っていくユイを見つめ、ブッチはなんども頷くように優しく微笑みました
a0164204_01593678.jpg
「───ユイ。そうだ、お花は今綺麗に咲いている。かわいい女の子を笑顔にするように一生懸命に咲いている」
a0164204_02011626.jpg
「まるで君のことを待っていたように、たくさん咲きだし、そして揺れているんだよ」
a0164204_02055619.jpg
a0164204_01563953.jpg
「そうだ、そこに咲いているだろう、あそこにもあっちにも、みんな咲いて君を待っていたんだよ」
a0164204_02091824.jpg
「みんな揺れて笑っているだろう───ここには風が吹いている。小さなロッキーマウンテンにはいつだって風が吹いている」
a0164204_02091846.jpg
小高い丘にたくさんのお花、優しく咲いたチューリップ
みんなユイに話しかけているようでした
a0164204_02114983.jpg
a0164204_02114924.jpg
春の風に花は揺れ、会いに来た動物達もみんな一緒に微笑んで
春の優しさ楽しさそっと伝え、また来年と希望をつなぐ
a0164204_02114966.jpg
「ありがとう。そしてお願い───」
a0164204_02262366.jpg
ユイは花と一緒に風に吹かれ、話をしながら一緒に揺れ
溢した涙は土に染み、それを眺め自然の優しさいっぱい感じ───
a0164204_02512108.jpg
a0164204_02262397.jpg
a0164204_02262430.jpg
いつのまにか小さな笑顔を取り戻したユイ
「また来るね───」とそっと手を振り、小さなロッキーマウンテンを後にしようと階段を降りていきました
a0164204_02453423.jpg
「ユイ」
呼ぶ声の方を振り返ればそこにはブッチ
プロングホーンのブッチがユイに声をかけました
a0164204_02512108.jpg
「ブッチさん。お昼寝かと思って声かけなかったの。こんにちは、なんだか久しぶりになっちゃった」
ユイはブッチの傍へ行き、まだ少し涙のあとが残る笑顔でそっと腰掛けました
a0164204_02491199.jpg
「バニラの様子はどうなんだい」と心配するブッチに「お姉ちゃんはきっと大丈夫」と自分にも言い聞かせるように話し、ポッケの中のどんぐりを見せてもう一度微笑みました
a0164204_03063044.jpg
「お花を、チューリップを眺めてたら元気になった。ここは風も気持ちがいいね」
そう話すユイにブッチはそっと頷きました

「バニラにお花を摘んでいってあげたらどうだい? バニラも元気が出るかもしれない」
ブッチはユイに微笑みます

「それは、駄目。きっと駄目なの。お姉ちゃんもきっと喜ばない」
a0164204_03063065.jpg
「お花を見ること、触れることは本当に優しいこと、素敵なこと。でも今ここで摘んでいったらきっとすぐに萎れてしまう。ここで風に吹かれながら咲いていればもっともっと大勢の動物達に会うことができる。もっと長い時間かわいく咲いていられるよ。お姉ちゃんもきっとすぐに気がつき、そう考えるはず。お姉ちゃんとお花を見にいった時同じようなこと、もっと優しくそう言っていた。私は優しいお姉ちゃんに優しいことを教わった。大切なお姉ちゃんに色々なことを教わってきた。お花達には元気になったお姉ちゃんと一緒にまた見にくる、会いに来ることにしたの。だからさっきお花に、神様にお願いしたの───お姉ちゃんが元気になりますように、って───」
a0164204_03225293.jpg
a0164204_03225250.jpg
「そうか、そうだな。それがいい。ユイ、君達は優しい───本当に優しいね」
a0164204_02491159.jpg
a0164204_03225285.jpg
願いをこめて過ごすこと
願う前に想い、心に抱いて毎日過ごすこと
a0164204_03264899.jpg
それはきっと辛く寂しく、大切なこと
a0164204_03264861.jpg
a0164204_03330480.jpg
みんな誰かに寄り添い優しさ貰って生きていく
a0164204_03372053.jpg
お花、植物、土、大地
風と太陽、全ての自然
───自然と自然に力を貰って生きている

a0164204_03371949.jpg
楽しい時、上手くいっているように感じている時
心がはしゃぎ浮かれている時
見えなくなっていること必ずある
a0164204_03371989.jpg
どんなに好きだと思っていてもどんなに大切だと考えていても、動物達にはいつでも会えるわけじゃない
いつまでも会えるわけじゃない
a0164204_03372045.jpg
動物達を想うこと、大切だというのなら日々忘れずに想うこと
それからはじめて願うこと、願い続けるということ
a0164204_03495987.jpg
願うだけなら叶わない

大切なことなのに忘れてる
大変なことが起こるまで気がつかない


「帰ろう。オセアニア区へ」
a0164204_03264879.jpg
a0164204_03523799.jpg
「お母さんの写真が待つ、あのオセアニア区へ早く帰ろう───」
a0164204_03523758.jpg
「私達はコアラ。金沢動物園で暮らすコアラ」
a0164204_03523881.jpg



   

by bon_soir | 2017-04-20 07:00 | 金沢動物園 | Comments(12)
ユイのポッケにどんぐり一つ



金沢動物園で暮らすコアラ、バニラとユイ
a0164204_16161367.jpg
a0164204_16312445.jpg
ずっと一緒、くっついて暮してきた二人
お姉ちゃんのバニラ、そして妹のユイ
a0164204_16212971.jpg
a0164204_16212871.jpg
今、同じ家のままだけど少しだけ距離は離れ、二人はのんびりのんびり
のんびりと暮らす毎日
a0164204_16250053.jpg
a0164204_16250191.jpg
時々は前のように肩寄せあって小さな声で話をする
a0164204_16250156.jpg
そんなバニラとユイ、オセアニア区のコアラの家
a0164204_16270664.jpg
悲しいこと(☆☆☆☆☆)があってからずっと涙をこぼし続けてきたユイ、いつも傍にいたバニラ
a0164204_16161311.jpg
a0164204_16301260.jpg
オセアニア区の大きなユーカリに見守られる動物達の誰も気が付かない小さな物語
誰よりも優しいコアラ“バニラ”の誰も知らない物語
a0164204_16341314.jpg
a0164204_16341386.jpg
a0164204_16333272.jpg
a0164204_16333110.jpg
「ユイは私の大切な妹───ユイが笑って私に話すこと、私がいつでも笑顔になれるそんなこと」
a0164204_16474878.jpg
───あの日からユイの笑顔は変わった
a0164204_16525544.jpg
今までよりももっともっと輝いて、もっともっと幸せそうな優しい笑顔
何度もあった悲しいことをそっと優しく包んでやわらげる、そんななにより素敵な笑顔───

それは“お母さんの笑顔”と一緒だった
a0164204_17052553.jpg

a0164204_17030458.jpg
ユイはそんな笑顔で私に言う

「お姉ちゃん、ポッケの中に赤ちゃんが入っていった」
「お姉ちゃん、ポッケの中の赤ちゃんが少し大きくなってきた」
「お姉ちゃん、ポッケの中の赤ちゃんがもぞもぞ動いてるよ」
「お姉ちゃん、ポッケの中の赤ちゃんが小さな小さな小さな小さな声を出した」
a0164204_16301348.jpg
ユイは幸せそうだった
飼育係さんもお客さんもみんな、みんなが笑顔で、みんながユイを眺めていた

でもある日、ユイからそんな笑顔が消えた

「お姉ちゃん、ポッケの中の赤ちゃんが動いていないの───」
a0164204_17174001.jpg
「眠っているだけだよ。コアラだもん、長いこと眠っているだけ───」
私の言葉を遮るようにユイは何度も首を振った
a0164204_17235561.jpg
a0164204_17235496.jpg
「お姉ちゃん、言わなかっただけ。もうしばらくこのまま、このままなんだ───」
ユイの目から最初はぽろぽろと、そしていつのまにかたくさんの涙が溢れ出していた

気がついてからもしばらくユイは頑張って笑っていたんだろう
みんなを心配させないように、もう一度動き出すと信じて───明日にはまた心から笑えるように
a0164204_17335550.jpg
a0164204_17281383.jpg
しばらくして飼育係さんがユイのポッケの中をそっと覗く
ユイは飼育係さんの顔を見ようとはしないで遥か遠くを眺めていた
a0164204_17430525.jpg
飼育係さんは手で顔を覆い肩を落とし、ふらふらと戻っていく
私の心が悲しさでいっぱいになっていく
a0164204_17483121.jpg
ユイにもそれは伝わった、きっとわかってしまった
本当は最初からわかっていたことを、もう一度確認してしまっただけのことなのかもしれない
泣いてない、もちろん笑ってもいない
ただ一言呟いた
「お母さん、私はお母さんのようになれなかった、みたいだよ」

ユイから表情が消えてしまっていた───
a0164204_17515970.jpg
そのまま時間は過ぎていく
楽しいことがあっても悲しいことがあっても、時間だけはどんなときでも変わらず過ぎていく
a0164204_18050476.jpg
夕暮れオセアニア区が夜へと変わる
冬の始まり夜空には、冬の星座とたくさんの星
青い夜空を飛んでくる、青い羽の一羽の鶏
a0164204_18000335.jpg
ユイのポッケをちょっとつつく
優しくそっと、ちょっとつつく
そんな不思議な青い羽の不思議な鳥
a0164204_18114052.jpg
今が何時かなんてわからない
星空見えても昼なのか、青空見えても夜なのか
a0164204_18140274.jpg
a0164204_18042492.jpg
ユイのポッケがぼんやり光る
小さな小さな、小さなコアラがポッケの中から顔を出す
青い羽の鳥の背中にそっと乗る

小さなコアラ、ユイの赤ちゃん
儚くそっと笑ってる
聞き取れない、声にもならない小さな声でユイに言う
口の動きを見ていればすぐにわかる

「あ り が と う」

私の目から涙が溢れる
a0164204_18252926.jpg

ユイに声をかけたけど、私はちゃんと喋れなかった
言ってあげたいことがあったのに、私はちゃんと喋れなかった
きっとユイには何も聞こえていない
ユイはただぼんやり空を見上げ、もう枯れてしまっていた涙の最後のひと粒をぽろりとこぼした
a0164204_18335199.jpg
ぱたぱたぱたぱた
小さなコアラを背中に乗せて青い羽の鳥が飛んで行く
a0164204_18344542.jpg
大きなユーカリの大きな枝の間を抜けて、オセアニア区の上でぐるっと大きく一回り

ぱたぱたぱたぱた、ぱたぱたぱたぱた
ふわっと浮かぶ白い雲の上まで、青空の中、星空の中へ

ぱたぱたぱたぱた
小さなコアラを背中に乗せて青い羽の鳥が飛んで行く
a0164204_18432460.jpg
「ユイ、ユイはちゃんとお母さんだよ。その子の大切なただ一人のお母さんだよ───」
私はさっき言ったことをもう一度言った
でもユイにはまた届いていない、きっと届くはずがない

お腹のポッケが空っぽになる、考えてもなかった出来事でポッケの中には何も無くなってしまう
きっと、そんなに悲しいことは他にない

ユイは疲れたのかいつのまにか眠っていた
a0164204_18500773.jpg
ユイが見る夢どんな夢───
コアラのお母さんが見る夢どんな夢───
小さな赤ちゃん抱っこする、小さな赤ちゃんおんぶする
風に吹かれて木に揺れて、二人で笑って二人でお昼寝
a0164204_19131439.jpg
a0164204_19134498.jpg
ユイが見る夢どんな夢───
コアラのお母さんが見る夢どんな夢───
a0164204_19295161.jpg


あの日からユイに私は話しかけることが出来ないでいた

ただ毎日お願いだけをしていた

「ユイを守ってあげてね、お母さん───」
オセアニア区の大きなユーカリの木よりももっと上を見つめ、どこかで見守ってくれているお母さんにただ毎日お願いをして過ごした
a0164204_17395811.jpg
a0164204_19193728.jpg

「お姉ちゃん、なんでコアラにはポッケがあるの?」

クリスマスが近づいたある日、ふと遠くを眺めながらユイが言った
ユイの方を見ると目に涙が浮かんでいる
a0164204_19262485.jpg
a0164204_19262334.jpg
「ポッケ、無くてもいいよね」

ユイの声はどこか冷たく、かわいい顔は涙に濡れ、そしてその日は少しも動かず少しもユーカリを食べなかった


「ユイ、駄目だよ───思い出してよ、私達のお母さんのポッケのことを。あの温かくって柔らかくって優しくて幸せだった、あのポッケのことを思い出してよ───」
そう言えばいい、と思っても言葉に出来ない
a0164204_19395294.jpg
a0164204_23055069.jpg
私にはユイの気持ちがよくわかる
そして勇気の出ない私は弱虫だ
大切な妹一人励ましてあげることが出来ない
あの日からずっと、私はずっと弱虫コアラだった
a0164204_19410725.jpg
元気がないユイを見ていると何かしなくちゃって思う
それはユイのためかもしれない、弱虫コアラのままの私のためなのかもしれない

「───お母さん、ヒロキさん」
大好きだった二人の顔がぼんやり浮かぶ
私は外へのドアをそっと開け、ヒロキさんのお庭へと歩いた
a0164204_20084928.jpg
「何も変わってないね、ヒロキさん
涙で霞むヒロキさんの庭、そしてヒロキさんの写真を眺めているとふと小さく声に出た
a0164204_20084975.jpg
すると今にも開きそうなドアの向こう、中庭から声が聞こえたような気がした
「ヒロキさん? ヒロキさんなの?」

少し隙間の出来たドアの向こうにそっと浮かぶヒロキさんの顔
それが本当のことなのか、私の頭の中だけのことなのかはわからない
変わらない、優しいヒロキさんが今目の前にいる
a0164204_21014565.jpg

(バニラ、君は優しいコアラ、コアラの女の子だ。そしてみんなが言うとおり少し不思議な不思議コアラ、昔からそうだろう。ユイのために出来ること、当たり前のことばかり考えていたってしかたないよ。君がすること、なんでもみんなを楽しくさせてきた。想像力だ、バニラ。君が思っているほど君は駄目じゃない)


「ヒロキさん、私駄目なの。私は弱虫、弱虫コアラなの。大切だと思っていても、思っているだけ。怖くて怖くて、何か言ってあげる、してあげることも出来ない弱虫コアラなの」
a0164204_21094168.jpg
(バニラ、君は弱くない、虫でもない。そうだ、弱虫コアラなんかじゃないよ。ユイのために何かをしなくちゃいけないよ、そしてきっと何かしてあげられるはずだ。想像するんだ、楽しいことを。ユイを笑わせる、なんだか楽しいことを想像するんだ。大切な妹のことを想い、想像する。君が笑った時、きっとユイも笑顔になるよ)
a0164204_21114886.jpg
「ヒロキさん」


(バニラ、僕の庭の花壇を見てごらん。もし君の顔に笑顔が戻ったのなら、今度は君が、君がユイを笑顔にしてあげるんだ。いいね、バニラ───)


私はヒロキさんの庭の花壇を見た───
季節外れのたんぽぽ一つ、ヒロキさんも私もユイも大好きな、黄色いたんぽぽ一つ
a0164204_21292765.jpg
a0164204_21020111.jpg
なんだかニコニコ笑ってる
黄色いたんぽぽ一つ、花壇のすみに咲いていた

「ヒロキさん───」
振り返るともうそこにヒロキさんはいない
───大丈夫、夢でもなんでも大丈夫
ヒロキさんが言ったとおり私は笑顔になっていた
a0164204_21371585.jpg
涙をぬぐって走り出す
大きなユーカリの木が揺れて応援してくれる
a0164204_21405673.jpg
a0164204_21405671.jpg
ユイの笑顔が頭に浮かぶ
a0164204_21440590.jpg
楽しい毎日、お母さんも隣で笑うあの楽しい日々
色々なことが頭に浮かぶ
a0164204_21493314.jpg
a0164204_21461567.jpg
a0164204_21493221.jpg
「あの日からずっと、ユイはポッケを見ていない」
a0164204_21520444.jpg
「お母さんになれなかった───そう考えてしまっているから駄目なんだ」
a0164204_21520367.jpg
「ユイはちゃんとお母さんできていたのに、ポッケの中にかわいい赤ちゃんがちゃんと入ってたのに。赤ちゃん、笑顔でお空の向こうへ行ったのに───」
a0164204_21520350.jpg
「───それなのに」
a0164204_21580934.jpg
「ユイはポッケのことを見ようとしない」
a0164204_21581059.jpg
「ユイがこのまま、ユイがこのままポッケを嫌いになる前に」
a0164204_22021144.jpg
a0164204_22044051.jpg
「大切なポッケを嫌いになって、そのまま嫌いなまま、笑顔も取り戻せなくなるその前に───」
a0164204_22013475.jpg
「私は何をすればいいんだろう、何してあげればいいんだろう」
a0164204_22071716.jpg
「ユイがそっと笑うには、可愛い笑顔を見せてくれるには、私は何をすればいいんだろう───」
a0164204_22071743.jpg
a0164204_22071714.jpg
a0164204_22163350.jpg
クリスマス前のオセアニア区
冬の風が吹き外を駆けるバニラの身体をだんだんと冷やしました
a0164204_22183899.jpg
アフリカ区へ向かう坂道の途中で少し休憩をして、「アフリカ区、それともユーラシア区かなぁ」と呟いたバニラ
ヒロキに言われたように一生懸命にユイのことを想い、そして笑顔になるその時を想像していました
a0164204_22142396.jpg
a0164204_22230143.jpg
「ユイ、やっぱりポッケは大切だよ。あの温かさ、覚えてるでしょ。ポッケを嫌いになんかならないで、ユイ───」
a0164204_22230020.jpg
a0164204_22330971.jpg
「ユーラシア区に行ってみよう」
そう呟いたバニラがあるき出したその時、藪の中からコロリと転がり出てきた物がありました
a0164204_22331018.jpg
それは一粒のどんぐり
リスたちが食べ忘れた、少し大きめの丸いどんぐりでした

「どんぐりさん?どんぐり君? どっちかわからないけどこんにちは」
爪を立てないように、そっとどんぐりを掴んだバニラ
秋のこと───ハヤト、そしてワカが旅立ってしまった日のことがどんぐりに写っているような気がして、ふと寂しく微笑みました
a0164204_22404152.jpg
「ワカちゃん、ハヤト、私達を見守っていてね」
ぎゅっとどんぐりを掴み、そっと呟いたバニラ
ゆっくりと手を開き、またどんぐりを見つめました
a0164204_22404097.jpg
その時風が吹き、どんぐりがぶるっと震えたような気がしました

「お帽子、無いんだね。落っことしちゃったのかな、忘れてきちゃったのかな。もう冬だもん、寒いよね」
a0164204_22543451.jpg
「そうだ───ねえ、温かい所に行かない? 連れてってあげる、決めた!」
a0164204_23004542.jpg
a0164204_23055001.jpg
ユイのポッケにどんぐり一つ
ユイのポッケにどんぐり一つ連れていこう
a0164204_23085368.jpg
ユイのポッケにどんぐり一つ
ユイのポッケにどんぐり一つ入れておこう
a0164204_23054991.jpg
ユイのポッケにどんぐり一つ
ユイのポッケにどんぐり一つ笑っているよ
a0164204_23102352.jpg
ユイのポッケにどんぐり一つ
ユイのポッケに丸くてかわいいどんぐり一つ

ユイのポッケに、ユイのポッケにどんぐり一つ
a0164204_23123237.jpg
a0164204_23123346.jpg
a0164204_23123271.jpg
バニラは眠っているユイにそっと近づき、帽子の無い丸いどんぐりをそっとポッケの中にしまいました
a0164204_23161030.jpg
a0164204_23161151.jpg
バニラはそっと自分の部屋に戻り、静かに振り返るとユイはまだ眠ったままでした
「おやすみ、ユイ」
a0164204_00285286.jpg
バニラは微笑み、そして自分も夢の中へと滑り込んでいきます
“夢を見るための準備”
今日一日いろいろなことを考え、いろいろな物を見てきたバニラにはたくさんの準備が出来ていました
a0164204_23223527.jpg
ユイの見ていた夢は途中から変わっていました
バニラがポッケの中へどんぐりをしまってからすぐのこと
a0164204_23410725.jpg
それはコアラのお母さんの夢
ポッケの中で赤ちゃんが育っていっていた、あの幸せなとき毎日のように見ていた
そんな夢でした

a0164204_23434565.jpg
コアラが見る夢どんな夢───
コアラのお母さんが見る夢どんな夢───
小さな赤ちゃん抱っこする、小さな赤ちゃんおんぶする
風に吹かれて木に揺れて、二人で笑って二人でお昼寝

a0164204_23442701.jpg
「なんだろう、なんでこんなに温かい、幸せな夢を見てしまったんだろう」
ユーカリの中でそっと目を覚ましたユイは、明るくなってきた窓の向こうを眺めながら今見た夢を思い返しました
a0164204_23505860.jpg
a0164204_23534400.jpg
自分の顔が笑顔になっている、そのことには気がつかないユイ
でも気がついたのはポッケの中に何かがしまってある、ということ
a0164204_00134994.jpg
笑顔になっていたユイはあの日から今まで出来なかったこと
“ポッケの中を覗く”
そんなことが出来るような気がしました
a0164204_00004092.jpg
そっと手でポッケを開き、中を覗いたユイ
そこにはコアラのような顔が描いてあるどんぐりが一つ入っていました
そっと取り出してどんぐりを見つめました
裏側には小さな文字で「あ り が と う」と書いてあります

「お姉ちゃん」
ユイはそう言いながら、隣の部屋を見るとバニラは微笑みながらまだ眠ったままでした
a0164204_00045009.jpg
「お姉ちゃん、こんな下手くそな顔描いちゃ、どんぐりがかわいそうだよ」
そう言ってユイは笑いました
久しぶりに見せるその笑顔はどんぐりに描かれたコアラの笑顔と同じくらい楽しそうに、そして輝いていました
a0164204_23533203.jpg
a0164204_00142162.jpg
コアラの姉妹が今日も暮らす、金沢動物園のオセアニア区
a0164204_00152553.jpg
a0164204_00155645.jpg
この先どんなことがあったとしても、二人はずっと仲良し姉妹
いつも二人で笑って暮らす、不思議コアラの仲良し姉妹
a0164204_00181463.jpg
a0164204_00181481.jpg
a0164204_00181446.jpg
二人で一緒に楽しんで、二人で一緒に喜んで
a0164204_00202644.jpg
a0164204_00202674.jpg
a0164204_00202547.jpg
二人で一緒に涙をこぼす
a0164204_00220389.jpg
a0164204_00220340.jpg
バニラとユイ
かけがえのないコアラの二人
a0164204_00241894.jpg
「ユイのポッケにどんぐり一つ、私のポッケにもう一つ」
a0164204_00241858.jpg
「ユイのポッケにどんぐり一つ、みんなのポッケにどんぐりたくさん一つづつ」
a0164204_00264022.jpg
「ユイのポッケにどんぐり一つ、帽子が外れたどんぐり一つ」
a0164204_00301640.jpg
「ユイのポッケにどんぐり一つ、魔法をかけたどんぐり一つ」






    

by bon_soir | 2017-03-03 00:45 | 金沢動物園 | Comments(6)
変わったこと、変わらないこと
金沢動物園で暮らすコアラ、ユイ
a0164204_01001538.jpg
一年前に悲しいお知らせを聞いたのは、日向がまだ暑い夏の終わりかけ
a0164204_01001526.jpg
コアラ達の家の外にはお花を持ったお客さん
気がつくユイ
a0164204_01001490.jpg
「そうか、今日はそんな日───もう1年、か」
a0164204_01115127.jpg
オセアニア区の青い空を見上げたユイは一言呟き、一年前のあの日から今日までのことをふと考えました
a0164204_01140195.jpg
家の中には水が流れていく音
それは、朝時々聞こえるいつもの音
a0164204_01190599.jpg
「お掃除ありがとう」
a0164204_01190578.jpg
「ワカちゃんも起きてる。そうだよ、お部屋を綺麗にしてくれてるんだよ」
a0164204_01201979.jpg
「いつもと同じだね。お水の音がした後にはお部屋中が綺麗になってるね」
a0164204_01221127.jpg
「夏の間、暑い日にはお水の音はどこか涼しげ。冬になるとお水の音が何故か少し嫌になる」
a0164204_01261288.jpg
「冬になったらカンガルー達もお水には浸かれないね。冷たくって、きっと手足がかじかんじゃう」
a0164204_01240018.jpg
「季節の巡りは変わらない。去年も夏は暑かったし、冬は寒かった。晴れた日には空が青い───でもそれ以外は一年で色々なことが変わったな」
a0164204_01295495.jpg
「ワカちゃんのポッケからはハヤトくんが出てきた」
a0164204_01303251.jpg
「のんびりコアラのワカちゃん、いつの間にかお母さんになった」
a0164204_01353616.jpg
a0164204_01353660.jpg
「ハヤトくんが大きくなるのに一年なんて必要なかった。もう私達と同じくらいになれたもんね」
a0164204_01380872.jpg
a0164204_01380837.jpg
「またあと一年経ったら───また来年、ヒロキさんの家のところにお花を置いてもらえる日になったら、きっと大きなコアラになるね」
a0164204_01380895.jpg
「ハヤトくんは変わっていくんだね」
a0164204_01404786.jpg
「ワカちゃん、ハヤトくん、一年で二人は変わったのに、お姉ちゃんと私はなんだか変わってない気がする」
a0164204_01411411.jpg
「私が気がついてないだけなのかもしれないけれど、お姉ちゃんと私は変わってない」
a0164204_01411445.jpg
「あ、違う───お母さんがいなくなってしまった。私とお姉ちゃん、このコアラの家で凄く変わったことだった」
a0164204_01462784.jpg
「オセアニア区の大きなユーカリ、それを越えて空の上へ───高く高く登っていったって、泣きながらお姉ちゃんは言った」
a0164204_01470545.jpg
「変わらないこともたくさんある。変わったこと、変わってしまったこともたくさんある。動物園にも色々なことがある」
a0164204_01502801.jpg
「ナミヘイさんも引っ越しちゃった。残念だけどハヤトくんは会えなかった。やっぱり会わせてあげたかったね」
a0164204_01514287.jpg
「のんびり暮らす私達。暮らしているのはオセアニア区」
a0164204_01582356.jpg
a0164204_01514209.jpg
a0164204_01543896.jpg
「変わらないことは嬉しいこと、変わっていくことも嬉しいこと」
a0164204_01594738.jpg
「変わらないことは悲しいこと、変わってしまうことも悲しいこと」
a0164204_02011975.jpg
「いろいろ考えていると思い出す。お母さんのポッケのことを思い出す」
a0164204_01594855.jpg
a0164204_01594866.jpg
「私たちはポッケの動物。ポッケの中が一番好き」
a0164204_02025786.jpg
「ハヤトくんもワカちゃんのポッケを探してる。お母さんのことをいつだって探してる」
a0164204_02025739.jpg
a0164204_02025726.jpg
「でも見つけたってもうポッケの中には入れない。みんな大きくなっていくからね」
a0164204_02041834.jpg
「変わっていくね、変わってしまったね。変わらないね、何も変わらないね───」
a0164204_02080383.jpg
「明日はどうなるんだろ、来週はどうなるんだろう。来月はどうなるんだろう───また一年経ったらどうなっているんだろう」




   

by bon_soir | 2016-08-31 07:00 | 金沢動物園 | Comments(2)
バニラとユイ
金沢動物園で暮らすコアラ、バニラとユイ
a0164204_07533064.jpg
a0164204_07542195.jpg
二人のお父さんはライタ
二人のお母さんはテルちゃん
a0164204_07580160.jpg
a0164204_07580124.jpg
お父さんもお母さんも悲しいけれどもういない
金沢動物園にはもういない
a0164204_07590870.jpg
a0164204_07590852.jpg
笑顔の二人だけど、時々思い出せばきっと涙をこぼしてる
a0164204_08012347.jpg
a0164204_08012358.jpg
ぽろりと一粒
空を見上げてぽろりと一粒、きっと涙をこぼしてる
a0164204_08034682.jpg
a0164204_08034697.jpg
二人は金沢動物園で暮らすコアラ
きっといつまでも金沢動物園のコアラ
a0164204_08044379.jpg
a0164204_08044384.jpg
ライタとテルちゃん
二人に見守られて暮らす、そんなコアラ
a0164204_08062132.jpg
a0164204_08062232.jpg
ふとした瞬間が本当にテルちゃんに似てきた、かわいい二人のコアラ
a0164204_08085978.jpg
a0164204_08090002.jpg
それにしても大きな葉っぱばかり食べるバニラ
a0164204_08102105.jpg
a0164204_08102120.jpg
a0164204_08102172.jpg
朝早く、まだ交換前のユーカリを食べるユイの下
a0164204_08113245.jpg
a0164204_08113331.jpg
変な所で眠るバニラ
a0164204_08113323.jpg
不思議なコアラ
不思議な姉妹
a0164204_08113280.jpg
a0164204_08113207.jpg
特にバニラはどこか不器用
a0164204_08143445.jpg
そんなコアラ、大好きなバニラ
a0164204_08143405.jpg
a0164204_08143475.jpg
みんな優しいから大丈夫
きっと、ずっと大丈夫
a0164204_08143447.jpg



   


by bon_soir | 2016-06-27 19:00 | 金沢動物園 | Comments(2)
ユイと涙とブラシの木
金沢動物園で暮らすコアラ、ユイ
a0164204_05174492.jpg
まだ子供の頃、床を飛び跳ね走りまわり、部屋に来た大好きな飼育係さんに甘えたりと、明るい昼の間もよく起きていたユイ
でもここ最近、ここ何ヶ月か、ユイは昼の間は長く眠り、他の誰よりもコアラらしく過ごすことが多くなっていました
a0164204_05225378.jpg
それはユイが大人になったから
もしかするとそうなのかもしれません
a0164204_05260040.jpg
大好きだったウォンバットのヒロキ、そして大好きなお母さんのテルちゃんがオセアニア区から遠く旅立ち、悲しいということがどんなことなのか──
それを経験してきたユイ
ユイは色々なことを経験し、色々なことを想い、考え、色々な夢を見るようになってきているのです
a0164204_05303821.jpg
同じ部屋の中で赤ちゃんが産まれ育っていく、そんな嬉しいこともあれば悲しくて涙をこぼし続けなければいけないこともある
この世界には目の前の辛いこと、温かい気持ちになる素敵なこと、そして何故だかわからない不思議なこと
色々なことを考えればみんな夢を見るための準備になる、そしていつのまにかぐっすりとゆっくりと長く眠る
a0164204_05372720.jpg
そんなユイの毎日

今日の夢はどんな夢、さっき見た夢はどんな夢
これから見る夢はどんな夢
a0164204_05401365.jpg
「ブラシの木、真っ赤に咲いたブラシの木」
a0164204_05410788.jpg
「眠る前にずっと眺めていたブラシの木。やっぱり夢の中にも出てきてくれた」
a0164204_05450196.jpg
「今日見た夢はブラシの木。風に吹かれてそっと揺れ、虫が集まるブラシの木。間を抜けたり登ったり、そんな私と真っ赤な世界のそんな夢」
a0164204_05485507.jpg
「去年の今頃も咲いていた。そう、去年のことを思い出した」
a0164204_05513995.jpg
「──あの時ブラシの木を眺めていたヒロキさんは泣いていた。大人なのに泣いていたんだ」
a0164204_05533473.jpg
「遠く離れたお友達がいなくなったと言って泣いていた。泣き顔が恥ずかしいと背中を向けたり、一生懸命に笑顔を見せたり」
a0164204_05574034.jpg
「大人なのに泣いていたんだ」
a0164204_05585654.jpg
「でも今ならわかる。大人だから泣いていたんだ」


起きてきたユイは窓の外を眺め、少し曇ったオセアニア区に咲くブラシの木を見つめました
a0164204_06012812.jpg
「ヒロキさん、今年も真っ赤なお花がたくさん咲いたよ。ブラシの木がいっぱい咲いたよ」
a0164204_06060957.jpg
a0164204_06063598.jpg
「どこかから見ていますか?あのブラシの木を見てくれていますか?」
a0164204_06092613.jpg
「あの時、涙をこぼし想ったお友達、そのお友達のウォンバットと一緒に見てくれていますか?」
a0164204_06104711.jpg
a0164204_06145767.jpg
「今年もたくさん咲きました。真っ赤にたくさん咲きました。今年もブラシの木は咲きました」
a0164204_06164862.jpg
「ブラシの木だけじゃありません。ヒロキさんの部屋のキウイ、お姉ちゃんと実をもいだキウイも伸びました」
a0164204_06193773.jpg
a0164204_06175214.jpg
「お庭のミモザのお花はもうすっかり種になりました」
a0164204_06202772.jpg
a0164204_06214788.jpg
「春のお花は夏の花、草へと変わり出しました」
a0164204_06223700.jpg
a0164204_06244029.jpg
「ヒロキさんが大好きだった夏の草です。美味しそうなあの夏の草です」
a0164204_06235846.jpg
a0164204_06265264.jpg
「デイゴの葉っぱも茂り出しました」
a0164204_06484847.jpg
a0164204_07291120.jpg
「気がつきましたか? 今年は煙の木も植えてもらったんですよ。ふわふわ揺れる煙の木です」
a0164204_06273886.jpg
a0164204_06301933.jpg
「ブラシの木が咲くともう夏です。眩しくて暑い夏です」
a0164204_06315867.jpg
a0164204_06324855.jpg
「あの時のヒロキさんの涙を思い出し、今ブラシの木を眺めています」
a0164204_06354804.jpg
a0164204_06363837.jpg
「そしてヒロキさん、お母さんのことを想い、同じ様に今私も涙をこぼしています」
a0164204_06393857.jpg
「それはきっとお姉ちゃんも同じ、きっとそうです」
a0164204_06430964.jpg
a0164204_06441941.jpg
「今年も夏がやって来る。ブラシの木と一緒に暑い夏がやって来る」
a0164204_06510327.jpg
a0164204_06521110.jpg
「1年なんてすぐ。1年間はこんなに短い」
a0164204_06531808.jpg
「私もお姉ちゃんもあんまり変わらないけどワカちゃんはお母さんになっていて、ハヤトは大きくなった」
a0164204_06564861.jpg
「ワカちゃんそっくり」


a0164204_06584166.jpg
「咲いたブラシの木が風に微笑み、そして言う。夏が来るよと動物達にそっと言う」
a0164204_07021860.jpg
a0164204_07034484.jpg
「ヒロキさんもお母さんもいない夏。工事が終わって初めての暑い夏」
a0164204_07083180.jpg
a0164204_07072863.jpg
「涙はこれから何回こぼれるんだろう。夏が過ぎるまでに何を想い、思い出して私は泣くんだろう」
a0164204_07134000.jpg
「今はまだ外も賑やか」
a0164204_07153942.jpg
a0164204_07164952.jpg
「真夏になると昼の間は少し静か。コアラの私は良く眠れる」
a0164204_07192054.jpg
「見る夢もその分増える。それはもうわかってる」
a0164204_07203917.jpg
「今日の夢はどんな夢、明日の夢はどんな夢」
a0164204_07215975.jpg
「準備をしてもわからない。見てみなければわからない」
a0164204_07231977.jpg
a0164204_07262909.jpg
「夢はそう。夢はいつもそう」
a0164204_07275667.jpg
a0164204_07272031.jpg
「ただひとつ──夢の中に出てくる動物達は笑ってる。みんな楽しそうに笑ってる」
a0164204_07345421.jpg
「だから笑う。夢の中の私も笑う、みんなと一緒に笑うんだ」
a0164204_07354904.jpg
「涙が出るのは、寂しく悲しい気持ちになるのは決まって目が覚めている時。眠ることが好きなのはそうだからなのかもしれないね」
a0164204_07384377.jpg
「ブラシの木が咲いている。今日も真っ赤に咲いている」
a0164204_07404293.jpg
a0164204_07400016.jpg
「さっきお姉ちゃんも眺めてた。一粒一粒涙をこぼして眺めてた」
a0164204_07414035.jpg
「私と一緒。思い出していること、想っていることはきっと私と一緒」
a0164204_07433945.jpg
a0164204_07451921.jpg
「暑い夏がまた来るね。すぐ1年経っちゃうね」
a0164204_07472923.jpg
「でも去年今年は違う夏。違って見える、違って感じるそんな夏」
a0164204_07514964.jpg
「今年の夏はどんなだろう、あなたの夏はどんなだろう」
a0164204_07574345.jpg
「どんなだろう」





  

by bon_soir | 2016-05-26 07:58 | 金沢動物園 | Comments(6)
ユイ
金沢動物園で暮らすコアラ、ユイ
a0164204_13093015.jpg
いつの頃からか、開園している間は眠っていることが多くなったユイ
a0164204_13104115.jpg
木に登るのは金沢動物園のコアラの中でも得意そうなユイ
a0164204_13122755.jpg
腰掛けるときも器用な感じ
a0164204_13145227.jpg
a0164204_13153825.jpg
甘えん坊なユイがいつも飼育係さんを待っていた場所
a0164204_13160681.jpg
ここにいるユイもなんだか久しぶり
a0164204_13170662.jpg
コアラはかわいい
a0164204_13180329.jpg
ワライカワセミの声が聞こえるね
今までと違う方角から聞こえるね
a0164204_13185652.jpg
a0164204_13194041.jpg
一番高いその場所でいつも何を見ているの?
a0164204_13211124.jpg
a0164204_13230197.jpg
ユイの丸い顔は変わらない
小さな頃からずっと、ずっと変わらない
a0164204_13200949.jpg
a0164204_13232781.jpg
眠っていない時、健康診断な時
a0164204_13255725.jpg
a0164204_13263183.jpg
行きたくないのか足でつかまり、少し抵抗
a0164204_13271134.jpg
伸びたコアラはへんてこで可愛らしい
a0164204_13275582.jpg
いってらっしゃい
a0164204_13283717.jpg
a0164204_13290220.jpg
おかえりなさい
a0164204_13291709.jpg
ユイもいつのまにかしっかりとしたお姉さん
小さい小さいと思っていたのは、もう昔のこと
a0164204_13304797.jpg
でも時々はずっこける
a0164204_13351014.jpg
きっとお部屋が暗い時間、みんなが見ていない時はもっと笑ってる
a0164204_13360185.jpg
みんなはもっと笑ってる
きっとそう
コアラ達はきっとそう
a0164204_13364796.jpg
お姉ちゃんといつまでも一緒に暮らせたらいいね
それがいいね
a0164204_13372171.jpg
静かに、何も変わらずいつまでも
それがいいね
a0164204_13403824.jpg




    

by bon_soir | 2016-04-23 07:00 | 金沢動物園 | Comments(2)
オセアニア区の小さな幸せな時間

そわそわそわそわ
a0164204_08365533.jpg

きょろきょろ きょろきょろ

a0164204_08365577.jpg

いつもの愉快な音楽が聞こえてきたなら それはおまちかね

a0164204_08365676.jpg

ワカちゃんもおまちかね

a0164204_20023803.jpg
まだ顔を見せてくれないポッケの赤ちゃんもきっとおまちかね
a0164204_20023891.jpg

もちろん テルちゃんだっておまちかね
a0164204_08365697.jpg

金沢動物園の午後1時30分 コアラのランチタイム それはおいしいユーカリがコアラたちのもとへやってくる楽しい時間です

a0164204_09095145.jpg

ユーカリしか食べられないコアラたちのために いろんな種類のユーカリを集めたポッドは
たくさんたくさん食べてくれますようにと 飼育係のお姉さんたちが願いが込められた優しいポッド


a0164204_09191082.jpg

おなかいっぱい食べたらすぐにおやすみ おなかいっぱいのおいしいだけではなくて
心地よく過ごせるように ふかふかのソファーのようになったり ベッドになったり

a0164204_20023811.jpg

優しい気持ちがコアラのおうちいっぱいに広がるランチタイム みんなが笑顔になる幸せな時間です

a0164204_20320302.jpg
だけれど もっと特別な時間が 週末にはあります

a0164204_09332361.jpg

大きなくるまが入り 古いれんががきれいにはがされて

a0164204_09344684.jpg

見慣れた風景が 少しずつ変わっていく さみしいオセアニア区を あったかい景色にかえてくれるやさしい時間

a0164204_09344618.jpg

週末の午後3時30分 それはコアラのガイドの時間

お天気がよくて 暖かい日ざしが優しい日には コアラのおうちの入口横の小さなお庭に
かわいいユイちゃん(もしくはバニラ)がやってきてくれます

a0164204_09363475.jpg

少しばかり冷たくなり始めた夕暮れ前の秋の感触 ユイちゃんはどう感じているのでしょう

a0164204_09365681.jpg

同じ景色を眺めて 同じ音を聞いて 外での楽しい時間を一緒に過ごせることは とってもうれしいことだよ ユイちゃん

a0164204_09372160.jpg

コアラの真っ白なおしりにはしっぽはないよ って飼育係のお姉さんのおはなしにあわせて いろいろな様子を見せてくれます

a0164204_09373932.jpg

ユイちゃんはまだおかあさんにはなっていないけれど おなかのふくろはどうなってるかな

a0164204_11053696.jpg

するどいつめはこんな感じ
工事前のユーカリ広場でのガイドよりも 今の方がちょっと高くなってるぶん 近くで詳しく見られるようになったかな

a0164204_11053679.jpg

ユイちゃん それはユーカリじゃないよ 小さな葉っぱはかわいいけれど これはつげの葉っぱだよ

a0164204_11093318.jpg

間近で感じられる動物たちの様子 大事なコアラの生態を知ることはもちろんだけれど
言葉は交わせなくても ユイちゃんの心の動きを感じることができる 優しい時間 みんなユイちゃんのことが大好きになる時間です

a0164204_11105630.jpg

まんまるの目で何が見えたかな 大きな耳で聞こえた音は どんな音
ユイちゃんが見上げた木立の向こうは 港へと続く高速道路

a0164204_11121867.jpg

車に乗ってる人たちは 木立の奥にこんな幸せな時間が流れているなんて まったく知らないだろうね ユイちゃん

a0164204_11121858.jpg

おかしいような うれしいような だけどもちょっと切ない気持ち

a0164204_11132421.jpg

ここオセアニア区以外の場所で 日本の動物園 世界中の動物園で コアラのふるさとオーストラリアで そしてユーカリの森の中で
私たちは知らないけれど 同じように幸せな時間が流れているにちがいありません

a0164204_11132447.jpg

きっと小さなことだけれど幸せな時間 みんなが笑顔で見つめあう時間が流れているよね ユイちゃん

a0164204_11140995.jpg
コアラのガイドは 土日の午後3時30分 お天気がよくて寒くない日には かわいいユイちゃんかバニラがみんなに会いにきてくれます
雨が降ったり、とっても冬の寒い日は コアラのおうちの中で ガラスの向こうのコアラたちを見ながらのガイドになります
間近で会えないのはちょっと寂しいけれど でもガラスの向こうのガイドに興味津々のユイちゃんの愉快な様子も案外楽しいです
























by bon_soir | 2015-10-23 07:02 | 金沢動物園 | Comments(0)