タグ:ヒロキ ( 221 ) タグの人気記事
オセアニア区の青い空
大好きなオセアニア区の青い空
a0164204_06161978.jpg
ヒロキ、テルちゃん
白い雲が浮かぶオセアニア区の晴れた空はやっぱり最高だね
a0164204_06183812.jpg
a0164204_06183868.jpg
カンガルーの庭からオセアニア区の青い空
a0164204_06161817.jpg
夕暮れ時にオセアニア区の青い空
a0164204_06161853.jpg
大きなユーカリと青い空
それはオセアニア区の青い空



   

by bon_soir | 2017-02-08 06:20 | 金沢動物園 | Comments(9)
8月24日
金沢動物園で暮らしていたウォンバット、ヒロキが最後の旅へと出発してから1年が過ぎた日
a0164204_21134037.jpg
それは去年の夏と同じか、それ以上に暑い日となりました
a0164204_21141731.jpg
a0164204_21270272.jpg
ヒロキがいなくなってから1年たっても、ここは「ヒロキの庭」
空き家となった家と庭には、まだ誰もやって来ていません
a0164204_21183849.jpg
オセアニア区への坂道に新しく植えられた緑が輝くとても晴れた日となり、去年の暑さを思い出す
a0164204_03472667.jpg
デイゴもブラシの木も去年と同じくらいの花が残っている
a0164204_03484063.jpg
a0164204_03483954.jpg
どこよりも青いオセアニア区の空
a0164204_03494681.jpg
全部去年と同じよう
a0164204_03494539.jpg
a0164204_03494632.jpg


 
ヒロキの所へ大勢の方が会いに来た、あの夏の日々
ヒロキに会えなくなるなんて誰も考えていなかった───
そんな一年前の8月のこと、ヒロキ“29歳の夏休み”
そんな日々のとある日のお話
a0164204_21245338.jpg
a0164204_21245276.jpg
「夜、暗くなるまでお客さんが一緒にいてくれる日が今日も終わった」
a0164204_21420586.jpg
───僕はお客さんを見送ったあと、外灯が消えてたくさんの星が見えるようになるまで庭で過ごしたんだ
a0164204_21435968.jpg
「どうしても見たい星があったからね。そう、子供の頃に女の子たちと眺めたあの星だ」

───久しぶりに見たその星はなんだかとても明るく、ゆっくりと瞬いていた
「キヨコ、スーティ、そしてお母さん───そこから僕を見ているんだろう? その星の側から僕を眺めているんだろう?」
a0164204_21504145.jpg
───その時僕は感じてしまったんだ
「僕が最後の旅へと出発する日、きっとそれはそんなに先のことじゃない───」


───僕はゆっくりゆっくり坂道を歩いて部屋へと戻った
「なんだか少し疲れたよ」
a0164204_21571369.jpg
───僕が部屋へと戻り、しばらくすると安心したのか、飼育係のお姉さんはいつもと同じ様に言ったんだ
『ヒロキ、また明日ね』

「また明日。おやすみ、お姉さん」
a0164204_22004301.jpg
───雨戸が閉められた窓に映るウォンバット、おでこに“しわ模様”がある
それは僕の顔だ
僕は少し笑っているその顔に話しかけた
大丈夫、もう近くには誰もいない

「やぁ、オセアニア区のおじいさん、“ウォンバットのヒロキ”」
───窓に映った僕も、僕に話しかけているようだ

「そうだ、あの星の光を見ていて気がついただろ?わかっただろう? 僕はもう大好きなタンポポのお花を見ることは出来ない」
───僕はさっき見たあの星をもう一度思い出した
a0164204_22352094.jpg


───窓に映った僕、おでこに“しわ模様”のウォンバットは微笑みながら涙を溢している
僕は泣いていた
悲しい訳じゃない、こんなふうに少し先のことがわかる日はいつか必ずやって来る
誰のところにもいつかやって来るんだ
ただ今までのこと、楽しかった毎日のことを思い出せば涙くらい出るものなんだ

「今日はもう終わりだ。飼育係のお姉さんも帰っていった。僕も眠ろう」
───“夢を見る準備”が出来ていた僕は干し草のベッドに横になった

そして僕はすぐに眠り、大好きなオセアニア区の夢を見た
夢の中の僕はいつものように少し変な顔で笑っている
「サルスベリがまだ咲いている、頑張って咲き続けている───」
a0164204_22263794.jpg
───どのくらいの時間が経った時だろう。懐かしい気配を感じた僕は、ゆっくり目を開き辺りを見回した
するとそこには「ウォンバットの神様」が傍で静かに立っていたんだ
a0164204_22325140.jpg
『ヒロキ君、久しぶりだね』

「ウォンバットの神様、僕は旅のお礼をしてなかった。あの六つの大陸の旅のお礼だよ───ありがとう、素敵な旅だったよ」
a0164204_22424069.jpg
a0164204_22441057.jpg
『こちらこそ最後までヒロキ君を助けてあげられなくてごめんなさい。でもみんなが助けてくれたようで良かった。私も嬉しかったよ』

「そうだね、最高の旅になった。いつまでも忘れない大切な思い出、連れだしてくれて本当にありがとう」
a0164204_22502321.jpg
───僕はわかっていた
ウォンバットの神様も僕の身体のことに気がついたんだ
「ウォンバットの神様、僕は───」
そう切り出した瞬間、ウォンバットの神様は微笑みながら首を横に振り僕を見つめ、小さな声で言った

「大丈夫だ。ヒロキ君は30歳の誕生日を迎えることが出来る。みんなが待ち望んでいる、みんなに祝福してもらえる10月、誕生日だ」
a0164204_22570493.jpg
───今度は僕が微笑みながら首を横に振り、ウォンバットの神様を見つめて、少し大きな声で言った
「違うんだ、残念だけど僕は10月まで待てない。僕を最後の旅へ連れていってくれないかい? 今すぐじゃなくていい、夏が終わる前ならいいんだ」
a0164204_23065488.jpg
「工事、オセアニア区の工事が始まる前だ。僕は決めたんだ、工事が始まる前に旅に出ようと思う」

『工事が怖いのかい? 大丈夫、君がつらい思いをなるべくしないように、飼育係さん達みんなが一生懸命にずっと前から考えてくれている───』

───僕はもう一度首を横に振った
「それはわかっているんだ。でも僕だって考えていた。少し僕の話を聞いてくれないかい?」
a0164204_23182174.jpg
───夜が明けるまでの長い話。きっと今もあの星は輝き、ゆっくりと瞬いているに違いない
空の上のみんなも一緒に聞いてくれないかい?
僕の話を聞いていてくれないか?
a0164204_23224134.jpg
「工事の始まりは少し遅くなっているようなんだ。カンガルー達はもうみんな引っ越しているっていうのにまだ始まっていないからね。始まりが遅いってことは終わるのも遅くなるってことだ。いや、それはどうでもいいことなのかもしれない。きっと夏が終わる頃には始まる、10月なんて工事の最中だろう」
a0164204_23280744.jpg
「カンガルー達は工事が終わるまで引っ越しだけど、僕はこのままこの部屋で過ごす予定なんだ。28年と少し、ずっと暮らしてきたこの家だ。環境が変わって体調がおかしくなったら大変だからね。慣れたお部屋のまま、工事の音がうるさくないように、ビリビリって振動しないようにしてもらって暮らすことにしてくれたみたいなんだ。それは本当に嬉しいと思ったし、もちろん安心しているよ」
a0164204_23375117.jpg
「ただね、どんなに色々なことをしてもらっても駄目なこと、無くならないことがある───そう、みんなの“心配”だ」
a0164204_23375129.jpg
「工事が始まればみんなは僕を心配する。飼育係さん達もお客さん達も、みんなみんな優しい人達だ。僕が『大丈夫』って顔をいくらしても絶対に心配ばかりすることになる。毎日毎日、朝から夕方、工事が終わるまで、僕の心配ばかり。特に飼育係のお姉さんは気が気じゃないだろう───わかるだろ?僕はおじいさんだ。工事なんかはじまっていなくても心配をかけてしまっているんだ。今は苦手な夏だしね」
a0164204_23442143.jpg
「心配ばかりかけられないよ。大好きな人達に心配ばかりかけたくないんだよ。今まで、もう十分心配してもらってきたんだ。僕の世話をしてきてくれた飼育係さんみんな、みんな優しくて大好きなんだ。だからこそだ、もう僕のことで心配ばかりさせたくない」
a0164204_23442108.jpg
「それに、さっき僕は気がついたんだ。僕の身体はそのうち動けなくなってしまいそうなんだ。怪我じゃない、病気をしたわけじゃない。ただ僕は歳をとったってことなんだ。ウォンバットの神様ならわかるだろ?ウォンバットがどのくらい生きるのか、ってことをね。僕はあの“チューバッカ”の年齢を少しだけ超えたんだ。凄いことだと思わないかい?今まで本当に幸せな毎日だった。たくさんの人達に優しくしてもらえた。ただもう大好きなタンポポを見ることは出来ないと思う。いつ眠ったままになるか正確になんかはわからないけれど、そのくらいは僕でもわかるんだ」
a0164204_00042470.jpg
「そう、自分自身のことでも正確にはわからない。さっきウォンバットの神様は10月くらい大丈夫と言ってくれた。信じているけど、目が開かなくなる時、身体が冷たくなってしまう時というのはもしかしたら明日かもしれない、明後日かも、来週のことかもしれない。そしてなにより、どんなに頑張ったって“工事の期間中”になってしまうだろう───」
a0164204_23442199.jpg
「もし工事の期間中に僕が死んでしまったらどうなると思う? 飼育係のお姉さんは酷く悲しむだろう、泣いてばかりになるだろう。もっと何かできたんじゃないか、もっと別のことをすれば良かったんじゃないか、自分が悪いんじゃないかって責任を感じてしまうだろう。ずっと心配し続けてくれて、最後には責任を感じさせてしまう───僕はそんなの嫌なんだ。大好きな飼育係さんにそんな思いをしてもらいたくなんかないんだ」
a0164204_00160427.jpg
「それに今は色々な言葉が簡単に溢れてしまう時代なんだってことを僕は知っている。なにもわからなくたって想像で、決めつけで言葉があふれだす。嬉しいこと楽しいことならいいけれど、嫌な言葉だって簡単に溢れていく。もし工事の期間中に何かあったら、“工事の期間中”ってだけでそんな言葉が溢れてしまうだろう。なんで工事なんかしたんだ、どうしてカンガルーのように引っ越しさせなかったんだ───何故、なんで、どうして、ってね」
a0164204_01061218.jpg

「そんなのことになったら辛いだろ?今までずっとずっと一生懸命に僕を世話して助けてくれてきた優しい人達に、もしそんな言葉が投げかけられてしまったら悲しいだろ?本当に寂しいことだろう? だって動物園は楽しくて優しい場所だってことを僕は知っているんだから。もし工事の期間中だとしても、本当の理由なんか誰も何もわからないのにね。それは僕にだってわからないこと、きっとそうなのにね」
a0164204_00415517.jpg
「今日だってそうだ。こんなに暑い中、外で昼寝したいって僕のわがままを飼育係さんは聞いてくれた。扇風機をつけてくれて涼しい風が吹いてきた。何度も何度も様子を見に来てくれた。そんな優しい人達に、優しい動物園に悲しい言葉なんかいらないんだよ」
a0164204_00415541.jpg
a0164204_00415513.jpg
「ウォンバットの神様、僕の考えを少しはわかってもらえたかい?工事が始まってからじゃ駄目だってことをわかってもらえたかい? せっかくの30歳の誕生日、みんなが10月を待っていてくれていること、もちろんわかってるし本当に嬉しいよ。タンポポやミモザ、かわいいお花が咲いてくる春を僕といっしょに過ごしたいって言ってくれてることも知ってるよ」
a0164204_00514737.jpg
「もちろん僕だってずっとオセアニア区で暮らしたい、みんなの笑顔を見ていたい。でも僕は工事が始まる前に最後の旅に出る───これはずっと長い間、今まで本当に幸せに暮らしてこれたことへ、僕からの精一杯の恩返しなんだ」
a0164204_00490698.jpg
「僕の顔を見てくれればわかるだろ、僕は本当に幸せだった。みんなにもそれは伝わってるはずなんだ」
a0164204_01020647.jpg
「秋が来れば庭のキンモクセイにお花が咲くね」
a0164204_01050878.jpg
「春の終わりに飛んでいったタンポポの綿毛はみんなの家まで飛んでいったのかな」
a0164204_00160474.jpg
「金沢動物園がこのまま優しく温かく、みんなが笑顔で楽しく続いていってくれるように、」
a0164204_01102599.jpg
「少し早いかもしれないけど、今なら身体はどこも痛くない。御飯だってたくさん食べることが出来る。僕も辛くないし、飼育係さんも大変な思いをしなくてすむ───そういうことなんだ」
a0164204_01133180.jpg
『ヒロキ君。次に私がここへ来た時、最後の旅へ一緒に行こう』
───ウォンバットの神様はそう言って、いつのまにか明るくなりだしていた空の中へと消えていった
a0164204_01314208.jpg
───朝や夜の間はだいぶ涼しくなってきていた
数日後、僕は部屋の中で暮らすようになった
お客さんとも他の動物達とも会わない、そんな日々がまた何日か過ぎていった
a0164204_01415029.jpg
でも暑さのためなのか、少し調子が悪いだけで僕はちゃんと歩いていたし、御飯だって飼育係のお姉さんが安心できるくらい食べていたんだ
a0164204_01415087.jpg
───眠っている時はいつもと同じ様に夢を見た
a0164204_01453120.jpg
a0164204_01453122.jpg
例えばこんな夢だ───

「僕は今、小さな箱の中だ」
a0164204_01144546.jpg
「なんだか懐かしくて大切な箱だ。自動車の上らしい。箱は心地よく揺れている」
a0164204_01144534.jpg

「坂道を登って自動車は止まった。大勢の人の声が聞こえてくる」
a0164204_01500812.jpg
「そして箱の扉が開き、太陽が眩しく輝き、小さな僕を照らす」

a0164204_01144661.jpg
a0164204_01331756.jpg
「隣にはかわいい女の子がいる───僕は日本へ来たんだ」
a0164204_01532968.jpg
a0164204_01552022.jpg
───懐かしい風景が広がり、懐かしい声が聞こえる。そんな夢を僕はよく見るようになっていた
a0164204_01571863.jpg
a0164204_01581484.jpg
『ヒロキ、すぐにまたお客さんに会えそうだね』
───飼育係のお姉さんはたくさんの御飯を食べる僕にそう言った
a0164204_02083517.jpg
『また明日、また明日早く来るからね』と飼育係のお姉さん達は僕に優しく言ってオセアニア区をあとにする
───動物園は閉園していた。雨戸が閉まっているからわかりにくいけど、中庭の方が暗いことには気がついた

「そうか、また夜が来たんだ」
a0164204_02294132.jpg

一人になってから少し時間が経ち、日付が変わろうとしていた時のことだ
ウォンバットの神様がドアをくぐり、眠ろうとしていた僕の傍へと静かに入ってきた
a0164204_02200123.jpg
『ヒロキ君、準備はいいかい?』
ウォンバットの神様は小さな声で言い涙を一粒こぼして、そしてそっと微笑んだ

「さっきたくさんの御飯を食べたんだ。お腹いっぱい──旅の準備は大丈夫、ちゃんと出来てるよ」

───僕たちは中庭へと出た
見上げた空にはたくさんの星が輝き、心地いい風が吹いている
a0164204_02285584.jpg
いつも“おやつ”にしていたエノコログサや色々な野草がその風に揺れているのが見える

「少しいいかな?」
僕がそう訊くと、ウォンバットの神様はただ静かに頷いた

あの夜、お客さんを見送った時と同じ場所に僕は座り、僕の庭やオセアニア区の大きなユーカリの木を時間をかけて眺めた
a0164204_02350509.jpg
「ここには思い出がいっぱいだ。悲しいこと、寂しいこともあったけど、それ以上に楽しいこと、嬉しいことがたくさんあった」
a0164204_02381115.jpg
「忘れないよ。一緒に暮らしてきた動物園の動物達のこと、遊びに来るタイワンリスやノウサギ、ハトやカラス達のこと、そして会いに来てくれたお客さん達、本当に優しく一緒に笑って遊んだ飼育係さん達───みんな、みんな忘れないよ」

僕は草の香りがする庭をゆっくり歩いていた
ときおり“子供の頃に女の子たちと眺めたあの星”を見上げ、声にはしないで言った
a0164204_02381117.jpg
「今からそこへ行くよ」
a0164204_02512267.jpg
『出発しよう』

───僕はウォンバットの神様の声に頷く
すると地面からそっと足が離れ、僕とウォンバットの神様は夜空へと浮かんでいく
庭の坂道を歩くような、いつもと同じリズムで足を動かすと、あの星に向かって歩いていける
a0164204_02543368.jpg
「テルちゃん、バニラ、ユイ、ワカ、ユウキ君、そしてワカのポッケの中の赤ちゃん───大好きなコアラ達、みんな元気で頑張るんだよ」
a0164204_03011043.jpg
「カンガルー達、工事が終わるまではブッチやペンケ、それからオオツノヒツジ達の傍だ。みんなと話し、またオセアニア区に元気で帰ってくるんだよ」
a0164204_03020062.jpg
「ワライカワセミのみんな。どんなに寂しいことがあっても君達は大きな声で笑うんだ。たくさん笑ってみんなも笑顔にしてあげるんだ。約束だよ」
a0164204_03055063.jpg
「ナミヘイ、隠れていなくても大丈夫。みんな優しい人達だ。飼育係さんと仲良くするんだよ」
a0164204_03111294.jpg
「金沢動物園のみんな、もう少し暑い日が続くけど、無理をしないで過ごしてね。みんな、みんな元気でね」


「飼育係のお姉さん、ごめんね。朝、僕の所へ来たらびっくりしちゃうよね。でも仕方がなかったんだ。御飯、いつもありがとう。最後の御飯も本当に美味しかったよ。だからお腹いっぱい食べたんだ。僕の金沢動物園での暮らしは飼育係さん達がいなければこんなに幸せじゃなかったよ。本当にありがとう」
a0164204_03152433.jpg
───僕達はオセアニア区の大きなユーカリの木をすぐに越え、地面の灯りは遠くなり、そのかわりに星が近づいてくる
みんなが待つあの星まであと少しだ

「ウォンバットの神様、そういえば今日は8月の何日になるんだい? 一年経ったらオセアニア区を眺めに降りて来ようと思ってさ」
a0164204_03274933.jpg
『大切な日を忘れてはいけないね───今日は8月24日だよ』




   


    

by bon_soir | 2016-08-26 07:00 | 金沢動物園 | Comments(14)
ヒロキの命日
今日はお花を持っていってあげないと───   
a0164204_02001494.jpg

この投稿をした日、8月24日は金沢動物園で暮らしたウォンバット、ヒロキの命日です      
a0164204_01475541.jpg
ほぼ一年前
今年の夏も暑いけど、きっと去年の暑さほどじゃない
そんなときの写真です

暑い中、庭の野草を食べたヒロキ
a0164204_01485583.jpg
部屋との出入りは自由だったけど、中庭に入ってはまた出てくる
そんなヒロキ
a0164204_01485580.jpg
そして1987年の来園から最後の年まで飼育係さん以外の人、誰も見ることのなかった夜のお散歩をするヒロキ
a0164204_01485544.jpg
私はヒロキが大好きです
今日、8月24日のことはまたいずれ、




     

by bon_soir | 2016-08-24 06:00 | 金沢動物園 | Comments(12)
ヒロキを愛する人達へ


  ───ヒロキを愛する人達へ
a0164204_06560377.jpg
金沢動物園で暮らしていたウォンバット、ヒロキが旅立った日
「8月24日」が近づいてきました

気にされていた方も大勢いらっしゃると思いますが、私からも問い合わせ、お願いをしていたことへのお返事を「緑の協会」、「金沢動物園」様より頂きました
a0164204_07414823.jpg
ヒロキの命日に合わせ、皆様からの綺麗でかわいいお花を置く「献花台」を設けて頂けることになりました
そしてまだ“予定”とのことですが「思い出の写真の展示」を行って頂けるようです
詳しい日程に関しては金沢動物園のHP、そしてSNSで告知して頂きます
a0164204_07434023.jpg
ヒロキを愛し、そしてその旅立ちに何度も何度もさよならを言って来られた方、心の奥底からずっと悼んでおられる方
大勢の優しい方達にその告知して頂いた日程の中でお花を供えに来て頂けたら嬉しく思います
大きなユーカリの木と青い空の下、あの暑かった去年のオセアニア区のことを思い出し、なにより皆様の大好きな“おでこにシワ模様のウォンバット、ヒロキ”に思いを馳せ温かい涙をこぼして頂きたく、私からもお願い致します

そしてヒロキも大好きだった金沢動物園、暑くても一生懸命に頑張る金沢動物園の動物達をのんびり眺めてもらえたら──と、思います
a0164204_07434014.jpg
a0164204_08111258.jpg
今年も暑い夏が続きますが、心で感じる世界での暑さは去年の夏には敵いません
ヒロキのいないオセアニア区は本当に本当に寂しいものです
a0164204_07451422.jpg
a0164204_08111238.jpg
ヒロキはただ顔がかわいいだけの動物ではありませんでした
a0164204_07451427.jpg
ただキャラクターとして少し有名になったってだけのウォンバットではありませんでした
でもそれが何か、どういうことなのかと伝えようとしても、ヒロキから感じたことは人によって違うことだと思うので“こうなんです──”とはお話し出来ません
a0164204_07542440.jpg
ただひとつ───
ヒロキのことを好きになってくれた人、きっとみんなが動物達が持っている愛情を受け取り、そして今度はその愛情を何倍にもして動物達に返し、ヒロキもお客さんも、もっともっと優しくなっていったんだと思います
a0164204_07542418.jpg
わかりにくいけどきっとそんなこと、大事なこと
a0164204_07542431.jpg
ロマンチックな思いを動物達に感じること
そしてそれを言葉や文字にすることを嘲笑ったりしらけてしまわない人達にならきっとわかって頂けるんじゃないのかなと思います
a0164204_08023696.jpg
下の写真は私が見た最後のヒロキです
2015年8月16日、20:30頃
そして20日頃から非展示となり、そのままお別れになりました
a0164204_08023681.jpg
この16日のヒロキはウォンバットらしく月明かりの下、夜のお庭をお散歩していました
夜の動物園の閉園間際、一度はお部屋に戻りかけたのにまた外へ出てきて坂道の途中で辺りを見つめていました
それは帰っていくお客さんをずっと見送ってくれているような不思議なヒロキでした

いつまでもその時のこと、光景が忘れられません


ヒロキの命日
きっとまたたくさんのお花でいっぱいになることと思います
そう願っています
a0164204_07591430.jpg


私は当日8月24日のお昼頃よりお花を供えにいく予定です
a0164204_08111275.jpg
ヒロキにお花を
小さくても大きくても、一輪でもたくさんでも───



   

by bon_soir | 2016-08-09 08:22 | 金沢動物園 | Comments(8)
ここにヒロキが、テルちゃんがいてくれたなら
金沢動物園で暮らしていたウォンバット、ヒロキ
a0164204_08334511.jpg
そしてコアラのテルちゃん
a0164204_08343823.jpg
言ってはいけないことかもしれないけれど、高く遠くへ旅立った二人がオセアニア区にまだずっといてくれたなら
どんなに楽しいことだったのでしょう
a0164204_08364614.jpg
a0164204_08370400.jpg
何故こんなことを思うのか
それは新しいオセアニア区がとっても素敵だったから
a0164204_08401763.jpg
考えていたよりずっと温かいカンガルーの庭
a0164204_08404954.jpg
足音がよく聞こえ、
a0164204_08420796.jpg
耳を澄ませばみんなの小さなかわいい声が聞こえてくる
a0164204_08422374.jpg
とっても素敵なカンガルーの庭
a0164204_08413389.jpg
a0164204_08433076.jpg
驚かせたり不安がらせたりしなければ、
a0164204_08445627.jpg
こちらから無理に触ろうとか考えなければ、
a0164204_08473514.jpg
ただ静かにそっと座っていれば、
a0164204_08462525.jpg
こうしてみんなと仲良くなれる
a0164204_08481289.jpg
a0164204_08483011.jpg
カンガルーの楽しくて素敵な庭があるオセアニア区
a0164204_08492133.jpg
ヒロキが、テルちゃんがまだずっといてくれたなら、バニラとユイの笑顔はきっと、もっと輝いているはず
a0164204_08520361.jpg
a0164204_08532304.jpg
ワライカワセミ達ももっともっと笑うはず
a0164204_08541079.jpg
こんなこと言ってもしかたがないけれど、ヒロキとテルちゃんがいてくれたなら
a0164204_08545082.jpg
と、ふとそればかり考える
新しいオセアニア区にも慣れてきた、そんな春と夏の間の時期
a0164204_08564471.jpg
カンガルーはかわいいね
a0164204_08573106.jpg
カンガルーは楽しいね
a0164204_08575641.jpg
a0164204_08582178.jpg
a0164204_08485510.jpg
みんな、みんな優しいね
a0164204_08593207.jpg
みんな優しくって温かいね
a0164204_08595210.jpg
出来ることならヒロキもここをお散歩していて欲しかったね
夢の中でも見たことがない素敵なことだね
a0164204_09004226.jpg
テルちゃん、バニラは元気だよ
a0164204_09021591.jpg
新しいオセアニア区は楽しいよ
新しいオセアニア区は、カンガルーの庭はとっても素敵だよ
a0164204_09033045.jpg
a0164204_09050003.jpg
a0164204_09051214.jpg
ヒロキが、テルちゃんがここにいてくれたなら
どんなに楽しい日々だろう、どんなに素敵な朝だろう

一年なんてすぐ
一日なんて一ヶ月なんて、もっとすぐ

a0164204_09045057.jpg
一年なんて本当にすぐ

ナミヘイも元気かな
a0164204_09061322.jpg




   

by bon_soir | 2016-05-16 09:10 | 金沢動物園 | Comments(6)
タンポポとヒロキ
ズーラシアで咲いていたタンポポ
a0164204_15430821.jpg
タンポポを見るとそこが何処であれ、ヒロキのことばかり思い出します
a0164204_15434385.jpg
タンポポとヒロキ
一番大好きな季節の大切なヒロキ




   

by bon_soir | 2016-03-20 15:45 | 金沢動物園 | Comments(6)
ありがとうございます、とお詫び
ヒロキの本、「ヒロキと六つの大陸と一つの島」を読んでくださった皆様、本当にありがとうございます。
a0164204_11362064.jpg
2011年10月のヒロキ

皆様から頂いたお気持ちはアニマルペアレントを通じ、必ず金沢動物園にお届けさせて頂きます。

私が書いたヒロキのお話はどうだったでしょうか?
楽しんで頂けたなら嬉しいです。
a0164204_11434031.jpg
2011年10月のヒロキ

本の文章の中で一つ重大な間違いがみがありまして、申し訳ございませんがここに訂正させていただきたく思います。
120ページ冒頭、「9月」の所は「6月」の間違いです。正しくは「6月」になります。
横書きの原稿を縦書きに直す際に手違いが生じてしまったようです。せっかくご注文していただいたのに本当に申し訳ございません。
現在は修正されていると思いますのでよろしくお願いいたします。
a0164204_11485356.jpg
2011年10月のヒロキ

月日が経つのは本当に早く、あの8月から半年近くが過ぎてしまいました
これからもずっとヒロキのことを皆様の心のどこかにいつまでも――というのが私の一番大切なお願いです

大切なウォンバット、「ヒロキ」とヒロキが暮らした「金沢動物園、オセアニア区」のことをよろしくお願いいたします。
工事が終わり新しくオープンした際にはまた訪問してみてください。

ありがとうございました。そして誤字の件、本当に申し訳ございませんでした。






by bon_soir | 2016-03-15 11:58 | 金沢動物園 | Comments(7)
「ヒロキと六つの大陸と一つの島」――ヒロキの旅の物語
※告知をさせていただきたく、しばらくの間新しい記事はこの記事の下へ表示されています

このブログのヒロキに関しての記事はこちらへ→★★★★★
a0164204_07143156.jpg
前回の告知において紹介させて頂いた「ヒロキのカレンダー」は大勢の方からご注文を頂いたようで、皆様本当にありがとうございます。
ウォンバットのヒロキへの想いを皆様から寄せて頂けたと感じています。

そして元々のお話を出版社様から頂いていました本、私が書いた“ヒロキの本”が昨日の夜から同じ販売サイトより発売となりました。
「ヒロキと六つの大陸と一つの島」という物語です。
こちら→☆☆☆☆☆をクリックするか、『ヒロキ ジャマル 本』などで検索していただけると上の方に出てきます。(※ジャマルとは販売サイトの名前です)
a0164204_07262634.jpg
今回の本もカレンダーと同じく“金沢動物園”及び“横浜市緑の協会”様にもきちんとした形でお話しをさせて頂き、売上の一部が「金沢動物園 アニマルペアレント」に寄贈されることになっています。
頂いたら寄贈しようと考えていた私への報酬のようなもの全てももちろんその中へ含まれます。

最初に「本を出版しませんか?」とお話を頂いたときにはどんな本にしようかとは考えていなかったのですが、ヒロキの生涯をつづるには中途半端なことしか私では書けず、またブログの転載、もしくは同じような内容でも……と思い、過去に私がネットで作るフォトブックで書き続けた、「ヒロキの旅の物語」を皆様に読んでもらいたいと出版社様のご担当の方に伝え、読んで頂いたところ「この物語を出しましょう」と進めて頂きました。
a0164204_07371653.jpg
普段このブログを見て、そして読んで頂いている方なら結構な長編ですが最後まで読んで頂けると思っております。
もちろんこのブログを今まで見たことが無くてもヒロキのことを好きでいてくれる方ならきっと楽しく読んで頂けるのではないかな、と思います
私は大量に出版出来るほどの作家ではありませんし、ページ数も120ページを超えたので価格が少し高い設定になってしまいましたが、ヒロキの暮らしてきた金沢動物園に皆様と一緒に少しでも援助できればと思っておりますので、興味を持って頂けたのなら嬉しいです。
a0164204_07470483.jpg
ブログ内でも度々「動物園は世界への入り口」と書いてきました。それはヒロキをはじめ多くの動物達、そして動物園から教えてもらった言葉です。
今度はその世界へとヒロキを連れ出したい――と考えていた頃に書き始めた物語です。
動物園の動物達ならではの人との繋がり、ヒロキと人間との繋がりなどを盛り込んだお話になっています。
ブログで時々書くお話の集大成的な物になります。私にとってヒロキだけはやっぱり、どうしても特別なんです。
a0164204_07525958.jpg
ヒロキという素晴らしいウォンバットが暮らしていたということをいつまでも心の中に
そして、もう一度ウォンバットを横浜に――
その途方も無い願いを諦めないようにしていきたいと思います。
a0164204_08091403.jpg
ぜひ、このブログの写真やTwitterなどで優しく紹介されているヒロキを眺めながら物語を読んでください
動物園は世界への入り口
これだけは本当のことだと感じて頂けると思います。そして願っております。


カレンダーも4月始まりが選べるようになっています。
そちらも合わせてよろしくお願いいたします。




   

by bon_soir | 2016-03-11 08:00 | 金沢動物園 | Comments(15)
ご案内
引き続きヒロキのカレンダーを販売中です→☆☆☆☆☆
頂いた売上の中から“金沢動物園アニマルペアレント”へ一部が寄贈されます

よろしくお願いいたします

a0164204_13251280.jpg



  

by bon_soir | 2016-02-02 13:21 | 金沢動物園 | Comments(0)
ありがとうございます
ヒロキのカレンダーを「注文しました」、そして「届きました」というご報告を頂いております
a0164204_12394318.jpg
皆様、本当にありがとうございます
色々な手続きのこともあり、カレンダーとしては遅い販売となってしまいましたが、多くの方に喜んで頂いているようで本当に嬉しく思います
皆様の優しいお気持ち、温かい愛情は必ずやウォンバットのヒロキ、そして金沢動物園へ届いて頂けるものと感じています。

今回やこの次のこともあり過去の写真やブログのヒロキの記事をたくさん見返してきました
写真というものは不思議なもので、見ていると当時のことが鮮明に蘇ってきます

初めてヒロキに会った時、私はカメラも持っていなく、まさか自分で写真を撮るようになるとは思ってもいませんでした。
逆に大きなカメラを持っている人を見かけると「なんだか凄いなぁ」くらいにしか思っていませんでした
ましてやブログを自分で始めるだなんて考えてもいないことでした
ヒロキのことを好きになってから何ヶ月か一年弱くらいのことは写真には残っておらず、記憶の中だけのヒロキです
でもその記憶はきっと忘れることがはありません

ただその私の記憶は皆様にご紹介できるはずもなく、今となってはもっと早くよく撮れるカメラを買っておけば良かったと後悔しています
残せたものはあまり多くないのかもしれません。PCからだとタグでソートしやすいのですが、スマホからだとわかりにくいと思っていますので、このブログの中でのヒロキとタグの付いたものはここから見てください→☆☆☆☆☆

昔の写真は本当に下手くそが撮っていたのであまり良い物が無いのがちょっと寂しいのですが、初めてヒロキを撮った日(多分……)の写真をいくつかご紹介させてください

カレンダーを購入していただいた方、気にしていただいた方
本当にありがとうございました

一番最初だと思う写真です
やっぱりトンネルで眠っていました
ヒロキにピントが合っていないところが酷いですね
a0164204_13023537.jpg
起きてきて、枝でお尻を掻いているところです
a0164204_13040334.jpg
長年のパートナーだった丸太と
やっぱり少し若々しいですね
a0164204_13044971.jpg
毛づくろいをしているヒロキ
最後の時まで同じ格好ですね
a0164204_13060357.jpg
毛並みが少し違うかな
a0164204_13065717.jpg
壁のここに体をこするのもずっと同じ
a0164204_13072201.jpg
大好きな花壇を覗く仕草もずっと一緒
ブレてるしピントも他に合っているところが下手くそな写真です
a0164204_13082175.jpg
あの頃は庭にたくさんの木や竹?がありました
「コツコツコツ」とよく噛んでいました
a0164204_13095075.jpg
そして坂道のヒロキ
ずっとずっと変わらない幸せな光景です
a0164204_13113766.jpg
過去の写真を見返すことはできるけど、もうこれ以上はヒロキの写真は増えません
本当に思います、してもしょうがない後悔をしてしまいます

もっと早くカメラを買っておけば良かった
もっと早くヒロキに会っていれば良かった

最後にもう一度
カレンダーを購入していただいた方、気にしていただいた方
本当にありがとうございました
大切な皆様の気持ちは必ず届けさせて頂きます



  

by bon_soir | 2016-01-31 13:18 | 金沢動物園 | Comments(6)