傍の顔と冬の星空
五月山動物園で暮らすウォンバット、フク
a0164204_13233612.jpg
毎日毎日少しずつ
冷えていく空気と増えていく星の数

「イチョウの葉っぱ、まだ散らないのかな」
a0164204_13250456.jpg
冬が来ること、来たことを感じだしてふと呟いたフク
でもただそれはただ、考えもなし深く思うこともなし
ただ呟いただけ
a0164204_13340812.jpg
あの日に見えた、思い描いた未来のこと
そのことがフクの頭の中、心の中にいつまでも残り
マルの顔をふと見るたびにそれはまた色濃く大きなっていく
a0164204_13250470.jpg
a0164204_13250436.jpg
a0164204_13250411.jpg
毎年この時期に気にしていたこと
イチョウの葉っぱの綺麗な黄色、青く高くなった空のことや軽く流れていく雲のこと
冷たいと感じだした水のことや、かなり減ってきた庭に生える草
a0164204_13340775.jpg
今までは毎日いつも眺め、考えていたこと
そんなこと全部、今はただ瞳に映るだけ
a0164204_13433829.jpg
a0164204_13433740.jpg
思うこと、想うこと
起きている間、散歩している時間、ご飯を食べている間
そして夢の中までも
a0164204_13524376.jpg
マルの顔と思い描いた未来がフクの今、全部
隣で、傍で温かく
微笑む顔がただ、今のフクには全ての毎日
a0164204_13524317.jpg
a0164204_13553116.jpg
a0164204_13524372.jpg
向こう側で散歩を続けるマルを眺めふと思い呟いたフク
a0164204_14011911.jpg
「────今度はいつ、いつこのフェンスは開くんだろう」
a0164204_13553143.jpg
a0164204_13553105.jpg
「なんだか恥ずかしいからさ、君に言ったことはないけれど、僕の頭はいっぱいなんだ。これ以上溜めておくことはもう無理、溢れ出してる」
a0164204_14011841.jpg
a0164204_14031891.jpg
a0164204_14031792.jpg
「あの時に見えてしまった幸せそうなあの未来、そこへ行くにはどうしたらいいのかって考え続けてさ、もう僕の頭の中はいっぱいなんだ」
a0164204_14011879.jpg
a0164204_14011874.jpg
「傍で微笑む君の顔をずっと眺めてる、目が合うたびにまたいろんなことを考える」
a0164204_14064063.jpg
a0164204_14064144.jpg
a0164204_14064085.jpg
「馬鹿みたいだろ────もう僕は大人なのにさ」
a0164204_14093091.jpg
a0164204_14092917.jpg
a0164204_14093072.jpg
「馬鹿みたいだろ────本当にさ」
a0164204_14131922.jpg
a0164204_14115410.jpg
a0164204_14115495.jpg
「こんなに晴れた日の朝はさ、少し離れて散歩したっていいんだよ。君の可愛い顔に変な影がかかっちゃうからね」
a0164204_14145113.jpg
a0164204_14145298.jpg
「これだけ明るいんだ。少し離れていたって君の顔はよく見える。だから少し離れていたっていいんだよ」
a0164204_14170465.jpg
「ごめん、嘘ついた。どんな時でも傍に居てくれたほうがいい」
a0164204_14170585.jpg
a0164204_14170482.jpg
「可愛い顔を傍で見せてくれたほうが嬉しいよ」
a0164204_14190915.jpg
a0164204_14191000.jpg
a0164204_14191028.jpg
「やっぱり恥ずかしくってさ、こんなこと声には出来ないけどね────」
a0164204_14214346.jpg
a0164204_14214307.jpg
「ワインさん、こんな時に僕はどうしたらいいんだい? こんな気持の時は何を考えればいいんだい?」
a0164204_14241764.jpg
a0164204_14241751.jpg
「ワインさんとワンダーさんのようにさ、ずっとずっと幸せに暮していくにはどうすればいいんだい?」
a0164204_14241767.jpg
a0164204_14332240.jpg
a0164204_14344151.jpg
「僕の思い描いた未来はさ、ワインさんとワンダーさんの暮しそのものなんだよ」
a0164204_14344078.jpg
「ワインさん、僕もそこまでいけるかな────マルと二人、僕らは越えていけるかな」
a0164204_14413196.jpg
a0164204_14432897.jpg

a0164204_14445840.jpg
「わかってるよ。僕が思い描いた未来のこと、それは僕次第。わかってる、僕次第ってことなんだろうね」
a0164204_14394964.jpg
a0164204_14493147.jpg
色々考えているうち陽は傾きゆっくりと、なんだか早く沈みだし
動物園は閉園を告げる声
a0164204_15015706.jpg
a0164204_15015542.jpg
フクの傍に居たマルは日課のような道草おやつ
a0164204_15035347.jpg
a0164204_15035422.jpg
a0164204_15035305.jpg
「マル、そろそろ閉園の時間だよ」
a0164204_15082764.jpg
a0164204_15082711.jpg
フクがそっと声をかけても楽しそうに駆け回り、お気に入りの道草おやつ
a0164204_15095930.jpg
a0164204_15095932.jpg
a0164204_15100023.jpg
「────あぁ、まただ。また見える。幸せな未来がさ」
a0164204_15122643.jpg
a0164204_15122647.jpg
「マルの後ろをついてまわる小さな小さなウォンバット、君のことがまた見えてくるよ────」
a0164204_15095949.jpg
「はっきりと、ぼんやりと。僕の目には見えてくる。思い描いたあの未来────そう、見えてくる」
a0164204_15173113.jpg
a0164204_15173080.jpg
「そこへ行くには、手にするにはどうすればいいんだろう────そのことでまた頭と心がいっぱいだ」
a0164204_15231854.jpg
a0164204_15173187.jpg
a0164204_15231763.jpg
「そしてそのまま、お部屋に戻る僕さ。そのうちマルも戻るだろう」
a0164204_15252560.jpg
a0164204_15252589.jpg
a0164204_15252628.jpg
「マル、夜になると冷えるね。冬だよ、もう、ね」
a0164204_15292521.jpg
a0164204_15271649.jpg
a0164204_15292648.jpg
────部屋に戻ってすぐに眠り、僕はいつものように夢を見た
a0164204_15322144.jpg
庭のガラスに映った僕の変な顔
a0164204_15363802.jpg
a0164204_15363805.jpg
そしてすぐ傍となり、マルの顔と猫の声
a0164204_15322149.jpg
a0164204_15271741.jpg
a0164204_15322053.jpg
その猫達の声で僕はそっと目を覚ます
良くあること
また夢の中へ現実が滲んでいたらしい
a0164204_15363730.jpg
a0164204_15271600.jpg
a0164204_15353784.jpg
僕は部屋のドアをそっと開け庭へ出た
a0164204_15400251.jpg
a0164204_15400268.jpg
真冬のような寒い夜
息は白く、ふとしたはずみに身体は震える
a0164204_15431261.jpg
ただそんなことが関係ないほどに素敵なことももちろんあった
a0164204_15471420.jpg
a0164204_15471554.jpg
────見上げた夜空を埋め尽くすたくさんの星
a0164204_15431278.jpg
冬の星座が賑やかに踊りだす
見たことがない星空が冷えた身体を心の中から温める

そんな夜の空気のように僕の気持ち、もやもやとしていた僕の気持ちは透き通っていったんだ────
a0164204_15550549.jpg
───続く





       

# by bon_soir | 2017-11-12 15:56 | 五月山動物園 | Comments(4)
キズナ君
ズーラシアで暮らすカピバラ、キズナ
a0164204_12102579.jpg
キズナ君のガイドは雨の上がった庭で始まって
a0164204_12164505.jpg
a0164204_12164629.jpg
a0164204_12164552.jpg
ニンジンだって、はい!
美味しい
a0164204_12181644.jpg
a0164204_12181625.jpg
手から伝わる気持ち
大事
a0164204_12242948.jpg
そっと食べてくキズナ君
きっと優しいキズナ君
a0164204_12191660.jpg
a0164204_12191623.jpg
そのうち寒くなれば小屋で一日
キズナ君
a0164204_12191616.jpg
去年の雪の日
キズナ君
a0164204_12253239.jpg
今年も雪は降るのかな
a0164204_12253278.jpg
キズナ君の大きな歯を見る
そんなガイド
a0164204_12253185.jpg
こうかな?
a0164204_12283278.jpg
大きな歯は見えたかな?
a0164204_12283381.jpg
その大きな歯で食べていく
美味しく、そっと
そっと美味しく
a0164204_12283263.jpg
a0164204_12295167.jpg
カピバラ
尻尾は無いんだよ
a0164204_12295198.jpg
カピバラ
水かきがあるんだよ
a0164204_12345992.jpg
触れば毛が結構硬いんだよ
a0164204_12350056.jpg
最後のおやつ
a0164204_12370956.jpg
a0164204_12370909.jpg
お疲れ様のキズナ君
a0164204_12370991.jpg



    

# by bon_soir | 2017-11-11 12:38 | ズーラシア | Comments(0)
ジャンブイ、もう冬だ
ズーラシアで暮らすホッキョクグマ、ジャンブイ
a0164204_11002907.jpg
立冬過ぎて今年ももう冬の気配
a0164204_11035191.jpg
秋は短く何も言わずにさよなら準備
ホッキョクグマの大好きな季節来た
a0164204_11035280.jpg
a0164204_11035162.jpg
のんびり散歩
ごきげん体操
いつものジャンブイ
a0164204_11071133.jpg
a0164204_11035280.jpg
ぱらぱらしていた評判の悪い雨
だんだんと上がり気味
雨雲越しに光ぼんやり
a0164204_11071001.jpg
ジャンブイはごきげんなまま


いつの間にかに魚を投げられ、またごきげん
a0164204_11081750.jpg
a0164204_11122419.jpg
魚、魚
齧るよ魚
a0164204_11142219.jpg
ごきげんに
a0164204_11142283.jpg
a0164204_11142180.jpg
朝も夜もなんだか寒い
「もう冬だ」
a0164204_11161058.jpg
a0164204_11161063.jpg
水が冷たい
「もう冬だ」
a0164204_11182076.jpg
a0164204_11182129.jpg
風の音に風の向き
「もう冬だ」
a0164204_11231092.jpg
a0164204_11231074.jpg
冬、冬、冬
もう冬
a0164204_11253422.jpg
a0164204_11253302.jpg
冬、冬、冬
もう冬だ
a0164204_11264362.jpg
a0164204_11264364.jpg
冬の装い
先取りあなたにウインクだ
a0164204_11273405.jpg
秋は短く何も言わずにさよなら準備
ホッキョクグマの大好きな季節来た
a0164204_11283296.jpg
a0164204_11283252.jpg
のんびりしながら一人笑顔こぼれて
a0164204_11294424.jpg
a0164204_11294576.jpg
「今年はまた雪降るのかな────」
だなんて空見て思う
a0164204_11310606.jpg
a0164204_11310599.jpg
おやつの魚
早めに終わり
a0164204_11323590.jpg
a0164204_11323589.jpg
後は空
見上げにいくだけ
a0164204_11353860.jpg
a0164204_11353719.jpg
チロちゃんの面影
雲の柔らかさの中にジャンブイ一人想うだけ
a0164204_11374828.jpg
遠足の喧騒過ぎて今
静けさの中に溶け込んでいくだけ
a0164204_11374777.jpg
水に風に冬
感じて想うだけ






# by bon_soir | 2017-11-10 11:40 | ズーラシア | Comments(0)
ワリ4
前回(→☆☆☆☆☆)から続いて4回目
お休み前の週のワリ
a0164204_10131787.jpg
日向ぼっこは続く
ときおり通り抜けていく車を目で追い、裏で働く人を眺める
a0164204_10134999.jpg
きっとそれはここでずっとしてきたこと
ワリの日課
a0164204_10134966.jpg
a0164204_10131784.jpg
時々ゆっくり姿勢を変えて
a0164204_10131617.jpg
またこうして
a0164204_10134812.jpg
ワリの台
大切な場所
a0164204_10194098.jpg
a0164204_10194184.jpg
a0164204_10194074.jpg
時間が過ぎて太陽の場所は変わる
少しずつ
a0164204_10204424.jpg
外に見る影、自分にあたる陽の角度
全部ワリの時計かな
a0164204_10204459.jpg
a0164204_10230623.jpg
奥にいるとき
顔よく見えるとき
a0164204_10230699.jpg
a0164204_10243655.jpg
きっとお休み中の今もこうして
奥とワリの台を行ったり来たり
晴れた日とくに行ったり来たり
行ったり来たりしているね
a0164204_10243628.jpg
a0164204_10243686.jpg
晴れたらいい
毎日毎日晴れればいい
a0164204_10270566.jpg
a0164204_10270630.jpg
ワリに陽の光はよく似合う
a0164204_10270585.jpg
朝のおやつは分けて食べる
一度に食べてしまわないよう少しずつ
a0164204_10282496.jpg
少しずつ少しずつ
a0164204_10282470.jpg
美味しいね
a0164204_10282424.jpg
a0164204_10293203.jpg
a0164204_10293208.jpg
ワリ
遠くへ出かけていけるわけじゃないけれど
晴れた日、青空、お弁当
そう、ワリは今ピクニック

ワリの台の上
あの日、あの森、頭の中に思い浮かべて今
ワリは今ピクニック
a0164204_10293205.jpg
a0164204_10354103.jpg
陽は動く
時間が過ぎる
時間は過ぎる
陽は少しずつ動いていく
a0164204_10354278.jpg
大切な時間
どんなとき、どんな日でも大切なのは時間
a0164204_10403455.jpg
この午前中がずっと続けばと願ったとしても
時間は進む、一秒一秒
こちこちこち
a0164204_10403447.jpg
今、ワリは少しの間のお休み中
大丈夫、時間は進む
今度はまた会える日信じて時間は進む
一秒一秒
こちこちこち
a0164204_10495267.jpg
時間は進む
未来へ向かってこちこちこち
こちこちこち
こちこちこち



    

# by bon_soir | 2017-11-09 10:50 | ズーラシア | Comments(0)