ユキを追って
コウとユキ
一緒に過ごしている日々は、また一つの物語
まだまだ始まったばかり、終わりなんてちっとも見えない書き溜めていく物語
a0164204_13331869.jpg
五月山動物園で暮らすウォンバット、コウとユキ
a0164204_13371253.jpg
a0164204_13371264.jpg
日向がとっても暖かい、離れたくなくなれば季節は冬
二人にとって初めての日本の冬
イチョウは散って地面を温め、明るく明るく動物園を黄色く照らす
a0164204_13392759.jpg
a0164204_13392775.jpg
毎日自由気ままに過ごす女の子、ユキ
a0164204_13392638.jpg
トンネルからそっと出てきてお昼ごはん
今日はちょっとお寝坊さん
a0164204_13392833.jpg
ご飯の場所に陽がそっと
そっと当たって気持ちがいい
a0164204_13450268.jpg
そう、きっと今日も素敵な日
a0164204_13450167.jpg
a0164204_13450227.jpg
遅れて外へ出てくれば、ユキの姿を先ず探し
日差しが眩しくコウを照らす
a0164204_13474021.jpg
a0164204_13474094.jpg
a0164204_13474064.jpg
コウはいつもユキを追う
きっとずっといつまでも、何かにそっと導かれ
コウはいつもユキを追う
a0164204_13494919.jpg
a0164204_13494959.jpg
a0164204_13494942.jpg
一緒に食べよう、隣でそっと
a0164204_13495064.jpg
a0164204_13541934.jpg
今日の青草、二つの入れ物
潤沢、潤沢
まだまだたくさん
a0164204_13541960.jpg
ユキは静かな女の子
普段はコウに何も言わずにただ気まま
a0164204_13564743.jpg
a0164204_13564833.jpg
お行儀良いのかどうなのか
静かに静かに二人でご飯
a0164204_13564775.jpg
美味しいね!
a0164204_13564554.jpg
向かいで食べる? 隣で食べる?
コウはやっぱり隣で食べる
a0164204_13594791.jpg
a0164204_13594625.jpg
コウも静かに何も言わずに隣でそっと
二人のご飯はただそっと
a0164204_13594771.jpg
a0164204_14013956.jpg
a0164204_14014060.jpg
交わす言葉
そっと一言「美味しいね」
a0164204_14013907.jpg
お客さんも少ない日
コウもユキも、動物園もなんだか静か
風の音も聞こえない
a0164204_14051584.jpg
a0164204_14051613.jpg
食べている、陽に照らされている
ゆっくりゆっくりぽかぽかぽかぽか
a0164204_14051595.jpg
a0164204_14091571.jpg
冬の晴れた日、日向がみんなを温めて
ぽかぽかぽかぽか、気持ちぽかぽか
a0164204_14091687.jpg
a0164204_14091434.jpg
ぽかぽかぽかぽか
傍にいればみんなでぽかぽか
温かさ、暖かさ
伝わる伝える温かさと暖かさ
a0164204_14114310.jpg
a0164204_14114267.jpg
はみ出しちゃったご飯を食べるコウ
お皿のご飯を食べるユキ
a0164204_14141639.jpg
a0164204_14141529.jpg
そっとごめんね「ありがとう」
a0164204_14141666.jpg
a0164204_14162511.jpg
a0164204_14174661.jpg
「─────僕はユキの傍がいい」
a0164204_14162649.jpg
a0164204_14174790.jpg
「ユキは何も言わないけれど、大丈夫」
a0164204_14174754.jpg
「そう、僕も何も言わなきゃいい─────」
a0164204_14194840.jpg
a0164204_14194830.jpg
「追いかけて傍にいるだけ、それだけで楽しいからね」
a0164204_14194732.jpg
a0164204_14215255.jpg
「ユキは僕を誘うわけじゃない、ただ一人そっと出かける」
a0164204_14215121.jpg
a0164204_14215215.jpg
「静かに急いで追いかける、そんな僕さ」
a0164204_14241109.jpg
a0164204_14240951.jpg
「『ユキ、今日はそこ開かないよ』と、わかっていても僕は言わない」
a0164204_14241069.jpg
a0164204_14255434.jpg
「がっかりさせたくないからね」
a0164204_14255396.jpg
a0164204_14255465.jpg
「大丈夫、またそのうち開くよ。そのドアは、ね」
a0164204_14271782.jpg
a0164204_14271653.jpg
「お昼寝でもするのかと思ったけれど、ユキはまた出かけた」
a0164204_14271761.jpg
「毛づくろいしていて出遅れた、そんな僕さ」
a0164204_14302315.jpg
a0164204_14302409.jpg
「……止まらないよ」
a0164204_14302280.jpg
a0164204_14302361.jpg
「ユキは何処だと、探す僕」
a0164204_14313726.jpg
a0164204_14313656.jpg
a0164204_14313797.jpg
「寄り道してたら見失う」
a0164204_14325358.jpg
「─────ユキ、僕はここにいるよ」
a0164204_14325294.jpg
a0164204_14325270.jpg
「どうやら僕と入れ違い」
a0164204_14341571.jpg
a0164204_14341413.jpg
a0164204_14341439.jpg
「やっぱりさ、僕が声をかけなきゃいけないね」
a0164204_14351763.jpg
a0164204_14351755.jpg
a0164204_14351649.jpg
「やっぱりさ、早く大人になりたいね」
a0164204_14371532.jpg
「ユキのこと、追いかけてるだけじゃ駄目だよね」
a0164204_14371579.jpg
「でもさ─────僕は今、それが楽しいんだよ」
a0164204_14371582.jpg
a0164204_14385738.jpg
晴れた空の青と散り行くイチョウの黄色の中で、コウとユキはころころころころ
a0164204_14405037.jpg
a0164204_14405190.jpg
a0164204_14404941.jpg
コウは静かにユキを追って、ころころころころ
a0164204_14420613.jpg
a0164204_14420692.jpg
a0164204_14420575.jpg
二人はころころ
そっところころ、小さな二人
ころころころころ
a0164204_14433412.jpg
a0164204_14433500.jpg
a0164204_14433326.jpg
今は後を付いていくだけだけれど
いつか二人、隣で手を取りいつまでも
ワインとワンダー、二人のようにずっと、ずっといつまでも
a0164204_14443741.jpg
a0164204_14443884.jpg
a0164204_14443789.jpg
二人の暮らし、まだ始まったばかり
a0164204_14472593.jpg
a0164204_14472687.jpg
a0164204_14472487.jpg
追いかけて、追いかけあって
支えて支えて、支えられて
二人大人になっていく
a0164204_14515600.jpg
a0164204_14515704.jpg
a0164204_14495898.jpg
今はただユキを追って─────
a0164204_14515624.jpg
ユキを追って、いつも隣に
ずっとずっと隣で二人一緒
─────ここで暮らそう
a0164204_14540276.jpg
五月山動物園で二人、一緒に暮らしていこう





    

# by bon_soir | 2017-12-10 14:56 | 五月山動物園 | Comments(2)
イッちゃん、テレビの日
天王寺動物園で暮らすホッキョクグマ、イッちゃん
a0164204_13383026.jpg
半分浸かる
水、きっと冷たいね
a0164204_13393962.jpg
a0164204_13393967.jpg
このちょっと前まで遊んでいたっぽいけど、タイミングで
a0164204_13401505.jpg
a0164204_13401586.jpg
冬のホッキョクグマ
夏よりきっといい顔
静かなイッちゃん、なんだかとても温かい
a0164204_13401479.jpg
ちょっと冷たい冬の風
雲一つない冬の空
少しざわつく前の静かな静かな動物園
a0164204_13444839.jpg
a0164204_13444827.jpg
a0164204_13444749.jpg
時間は少し経って、なんだか賑やか
お客さんの向こう側、何かある、誰かいる
a0164204_13472444.jpg
a0164204_13472401.jpg
a0164204_13472321.jpg
今日はどんな日、昨日はどんな日
明日はどんな日
a0164204_13434362.jpg
楽しみにしているのはどんなこと
a0164204_13494509.jpg
a0164204_13494674.jpg
イッちゃん、少しあくび
何度もあくび
a0164204_13494553.jpg
a0164204_13515969.jpg
なにかあることわかるから、待っている間の退屈だ
小さな幸せ、小さな楽しさ嬉しさ
やって来ることわかるから、その前少し退屈だ
a0164204_13515978.jpg
a0164204_13515841.jpg
a0164204_13543441.jpg
早く早く
待ちきれないよ
a0164204_13543595.jpg
a0164204_13543405.jpg
飼育係さんが近くに来たら笑顔になった
何かある、きっとある
退屈ばかりはしてられない
a0164204_13553624.jpg
a0164204_13553705.jpg
a0164204_13553649.jpg
表情変わるタイミング
何度かあるよそのタイミング
楽しいこと、嬉しいこと
一日何度か、そんなとき
a0164204_13571930.jpg
a0164204_13571916.jpg
a0164204_13571879.jpg
今は待っているしかないけれど、そのうちきっとすごい幸せ見えてくる日がきっとある
見えてきたらあと少し、イッちゃんちょっと手を伸ばし、幸せ向かって二人で歩く
a0164204_13594984.jpg
a0164204_13595032.jpg
a0164204_13594918.jpg
イッちゃん、今日はテレビだよ
a0164204_14040559.jpg
a0164204_14031008.jpg
少し待ってね、もう少しだけ待っててね
a0164204_14030944.jpg
a0164204_14044682.jpg
a0164204_14044774.jpg
あくび多めだね
a0164204_14044655.jpg
a0164204_14055297.jpg
来るよ来るよ
a0164204_14055342.jpg
a0164204_14055285.jpg
飛んできたよ
a0164204_14064777.jpg
a0164204_14064713.jpg
a0164204_14064718.jpg
おやつが来たよ
ころりとおやつが出てくるよ
a0164204_14072281.jpg
a0164204_14072223.jpg
美味しいね!
a0164204_14072236.jpg
この日はどんなテレビかな
イッちゃん、素敵に映るかな
飼育係さんもイッちゃん愛する人達も、ちゃんと素敵に映るかな
a0164204_14081587.jpg
a0164204_14081525.jpg
a0164204_14081540.jpg
食べ終わって何しよう
a0164204_14100932.jpg
a0164204_14101041.jpg
食べ終わってどうしよう
a0164204_14100963.jpg
a0164204_14110742.jpg
a0164204_14110884.jpg
冷たい風、冬の風
雪が降ったら楽しいね
a0164204_14110705.jpg
12月11日、イッちゃんのお誕生日
美味しいご馳走、食べられるね
a0164204_14132274.jpg
a0164204_14132297.jpg
a0164204_14132189.jpg
最高のプレゼント
それはいつ
ゆっくり待とうよ、今はゆっくり
a0164204_14132220.jpg
みんなと一緒にゆっくり待とうよ




   

# by bon_soir | 2017-12-09 14:16 | 天王寺動物園 | Comments(0)
アークに会おう、コアラに会おう

小さなユーカリの森、天王寺動物園の中
一人のコアラ、その森の中 
a0164204_13060061.jpg

小さな森でアークは自由
やりたいこと、したいこと
春も夏も、秋も冬も
コアラの暮らしでアークは自由
a0164204_13085354.jpg
a0164204_13085348.jpg
a0164204_14064411.jpg
雲一つない冬の初めの朝のこと
a0164204_13095068.jpg
開園時間から少し遅れてアークは外へ
さっさっさと歩いて静かに外へ
a0164204_13102520.jpg
a0164204_13102414.jpg
アーク、もうじき11歳
a0164204_13102479.jpg
南方系の大きな身体、大きな手足、冬も平気な長めの毛足
もうこの時期に暖かいのは陽が当たる場所だけ、短い時間だけ
それでもアーク、外へ外へ
a0164204_13135569.jpg
a0164204_13135677.jpg
a0164204_13135680.jpg
たくさんの種類、たくさんのユーカリの木
登りたい木はアークが決める
その時期その季節、その日のお天気考えて、登りたい木を自分で決める
a0164204_13154639.jpg
a0164204_13154753.jpg
a0164204_13154697.jpg
もうずっと決めていたらしい
登る木、登りたい高さ、腰掛ける場所
そこに向かって一直線
a0164204_13180919.jpg
これに登るよ
a0164204_13180918.jpg
a0164204_13180826.jpg
こんなに太い幹にだってしっかりつかまり、さっさと登る
これもコアラ、これがコアラ
アークはたいてい樹上暮らし
a0164204_13201398.jpg
もっと上にいかないと陽にはあたれない
a0164204_13201331.jpg
a0164204_13225355.jpg
冬のコアラ
お部屋の中ではわからない
暑い日、寒い日、晴れた日、雨の日
野生に近く、ここで会える
a0164204_13225346.jpg
a0164204_13201353.jpg
そろそろ上まで登っていこう
a0164204_13225351.jpg
a0164204_13260814.jpg
a0164204_13260849.jpg
よく見てみよう
コアラの爪
よく見てみよう
こあらの木の登り方
a0164204_13270243.jpg
a0164204_13270233.jpg
アークが全部教えてくれる
a0164204_13270137.jpg
耳の毛ふさふさ
コアラの耳はどんな耳
よく見てみよう
コアラの耳はどんな耳
a0164204_13283831.jpg
a0164204_13283870.jpg
今日は風がない
木は揺れない
陽が当たる場所はぽかぽかぽかぽか
a0164204_13294864.jpg
a0164204_13294841.jpg
a0164204_13294896.jpg
どこまで登ろう
どこに行こう
どこに腰掛け休んで眠って
どこでどんな夢見よう
a0164204_13310902.jpg
a0164204_13310845.jpg
ちょっと移動
a0164204_13310734.jpg
a0164204_13310871.jpg
きょろきょろきょろきょろ
a0164204_13322615.jpg
a0164204_13322697.jpg
どこへ行こう
a0164204_13322777.jpg
この後、アークは飛んで隣の幹へ
a0164204_13343793.jpg
a0164204_13343748.jpg
a0164204_13343715.jpg
登ってもっと、もっと上
a0164204_13352612.jpg
a0164204_13352732.jpg
a0164204_13352664.jpg
夏は日が当たりにくい場所、下の方だったり
冬は上の方まで登って陽に当たる
当たり前のこと、アークじゃないとコアラのことを気がつけない
a0164204_13364755.jpg
a0164204_13364733.jpg
コアラってどんなふう
春夏秋冬、その日のお天気
その時コアラはどんなふう
a0164204_13364669.jpg
a0164204_13400658.jpg
a0164204_13400512.jpg
木の上からお客さん達見下ろして、アークはきっと笑ってる
「動かないって、よく見えないって? 僕はここにいるよ、僕はちゃんと動いているよ」
a0164204_13400607.jpg
a0164204_13562829.jpg
「動かないって、よく見えないって? それはあなたがコアラを見ていないからだよ、きちんと探していないからだよ」
a0164204_13444224.jpg
a0164204_13444211.jpg
「見上げてごらんよ、探してごらんよ─────ほら、僕はここにいるよ」
a0164204_13454250.jpg
a0164204_13454110.jpg
通りすがりに見たものは、そっと一つ咲いてたタンポポ
a0164204_13471043.jpg
冬の次には春が来る
アークの夢も今日はきっと春の夢
木枯らしから春風に、アークは季節を感じてる
a0164204_13471144.jpg
a0164204_13471118.jpg
a0164204_13562865.jpg
夢から醒めて、時々ちゃんと今を見て
アークは色めく一年、ちゃんとコアラをしてる
その日その時、毎日毎日違う日々の中
コアラの本当、教えてくれてる、見せてくれている
a0164204_13494830.jpg
a0164204_13494970.jpg
a0164204_13494910.jpg
時間が経てば、動いていくのは陽の光
タンポポだってそっと開く
a0164204_13525184.jpg
a0164204_13525073.jpg
アーク、静かにそっと森の中
ユーカリ揺れる小さな森で、アークはそっと夢の中
a0164204_13525153.jpg
森の前のセコイアも、もうすっかり冬の色
そのうち全部葉が落ちて、地面で凍えるみんないあげるよ陽の光
a0164204_13545770.jpg
a0164204_13545762.jpg
a0164204_13545781.jpg
冬の空は鮮やかだけど、時間がつとすぐに暗くなってくる
a0164204_13571731.jpg
a0164204_13571739.jpg
青空すっと色消えて、夜が来ることそっとお知らせ
a0164204_13571659.jpg
アークのところにお迎え来たよ
今日は一日ここで眠って、冬のコアラをしていたよ
a0164204_14003618.jpg
a0164204_14003580.jpg
伸びたハシゴ
登ってきた優しい声
a0164204_14012973.jpg
a0164204_14012920.jpg
アークはお話しながら閉園時間
ユーカリ少し食べながら、今日も優しく話の時間
a0164204_14012901.jpg
辺りはどんどん暗くなって、冬のコアラと今日はお別れ
冬のアークにそのうちまたすぐ、会おうよここでまたすぐに
a0164204_14041493.jpg
a0164204_14041481.jpg
アークはきっとそのうちここをくぐってお部屋へ
a0164204_14041442.jpg
街の灯
冬の色
a0164204_14041457.jpg
a0164204_14064482.jpg



   

# by bon_soir | 2017-12-08 14:08 | 天王寺動物園 | Comments(2)
いつかまた、二人
イチョウ舞い散る黄色い地面、僕はそっと切り取って、君をふわっと包む毛布にしよう
あの空、上手に切り取って、君を映し僕等を映す水色の窓にしよう
あの雲、幾重に重ねてさ、君が大空羽ばたき翔る羽にしよう
a0164204_07342107.jpg
a0164204_07375561.jpg
─────①ワイン
a0164204_07422396.jpg
────朝と夜、太陽が見えない間はずいぶんと寒くなった
秋が終わって冬が来たんだ
a0164204_07422235.jpg
冬に向かって空の様子はどんどん変る
晴れた空はより青く、夜空の星はどんどん数が増えていく
そう、一日一日と空気は澄みきっていくんだ
a0164204_07473628.jpg
a0164204_07473678.jpg
「あの星座はなんて言ったかな────」
みんなが寝静まった頃、なぜか眠れない僕は一人夜空を見上げ、なんとなく呟いた
月明かりに明るく照らされた動物園と僕、そして少しづつ動き夜空を漂う雲
冷えた空気の中、すべての形がはっきりと浮かび上がっていた
a0164204_07534792.jpg
ワンダーさんは部屋で眠っている
寝息と一緒にときおり動く手と足は昔から変わらず小さい
ずっと見てきた、触れてきたかわいい手とかわいい足だ
a0164204_07422271.jpg
a0164204_07534784.jpg
「ワンダーさん、大丈夫かい────」
なにか楽しい夢を見てそうにそっと微笑むワンダーさんの寝顔を近くで眺め、そっと呟いてみる
僕は気になっていた
a0164204_07565051.jpg
a0164204_08034904.jpg
足元から影が伸び始めた夕暮れ時
なんだか少し身体が重い、ご飯があまり美味しくないと、ワンダーさんから聞いたからだ
a0164204_07565096.jpg
a0164204_08034827.jpg
a0164204_08055463.jpg
あの時の無理して見えた力の無い笑顔に僕は胸騒ぎ
色々なこと、昔のとある日々のことを思い出す
気がつけば見上げた月の色と模様がいつもと少し違って見える
「どんなことでも“いつもどおり”がいいんだけどね」
a0164204_08121434.jpg
a0164204_08055534.jpg
a0164204_08121484.jpg
穏やかだった夜風がふいに強く吹き、イチョウの枝と僕の身体を少し震わせる
「寒いね」
無意識なうちに出たのは冬の言葉だ
急に寒くなったからワンダーさんも少し調子を崩したんだろう、慣れればきっと大丈夫────と、不安を無理に隠すように僕は自分勝手を納得させる
a0164204_08215561.jpg
────そう、誰だって嫌なこと、嫌な気持ちからは離れていたい
ごまかしてばかり
良くないことだと知っておきながら、駄目な僕は自分の気持ちから距離を置こうとしてしまう

「知っていることあったらさ、僕に教えてくれないか────」
a0164204_08215546.jpg
僕は気配を感じた方へ向かってささやいた
「いるんだろ、僕に教えてくれないか────不安で不安でどうにかなりそうなんだ」
a0164204_08364833.jpg
a0164204_08364922.jpg
「ワンダーさんを眺めていたんだ。ワイン君、気がついていたのかい?────久しぶりだね」

静かな優しい声と一緒に部屋の中へ影が伸び、すっと入ってくる
感じた気配どおり、ウォンバットの神様は部屋の外
変に明るい月明かり、星明かりにそっと照らされていた
a0164204_08430692.jpg
a0164204_08430661.jpg
「────ワインさん、誰かいるの?」

ワンダーさんは静かに、そっと目を覚ました
a0164204_08492954.jpg
─────②ワンダー
a0164204_08512696.jpg
─────ワインさんの庭との間、私はフェンスの横を走り回ることが好きだった

お天気の良い日、気分がいい日に外へ出ればワインさんは必ず近くへ来てくれた
すれ違いざま何度も何度も目が合って、私達は他愛もない短い話を何度もかわし、小さな幸せの中、ゆっくりと日が暮れる

そんないつもどおりの日々の中、私はフェンスの横を走り回ることが好きだった
a0164204_08512697.jpg
a0164204_08512590.jpg
─────ワインさんの庭との間、私はフェンスの横を走り回ることが好きだった
a0164204_09061660.jpg
a0164204_09061615.jpg
a0164204_09061647.jpg
a0164204_09081652.jpg
ふとしたある日、私は自分が少しおかしいことに気がついた
a0164204_09111694.jpg
a0164204_09081715.jpg
a0164204_09081651.jpg
今までのように身体は動かず、あまり急いで走れない
すぐに疲れてぺたりと座りたくなってしまう
a0164204_09171531.jpg
a0164204_09171405.jpg
ご飯もあまり美味しいとは感じない
見る夢も短くて、その景色は不思議と色が薄く見えた
a0164204_09171461.jpg
a0164204_09291464.jpg
そう、私が私でないように
色々考えてみたとしても、頭の中に浮かんでくるのは不安なことばかり
なんだか寂しいことばかり
a0164204_09223606.jpg
a0164204_09223693.jpg
a0164204_09223785.jpg
ワインさんはぐっすりと眠っているような、とある日、晴れた夜のこと
夜風はそっと優しくて、月も星もふんわり明るく私を照らす
a0164204_09271440.jpg
a0164204_09271412.jpg
a0164204_09271445.jpg
なぜか眠れない私は一人夜空を見上げ、星と星とを見えない糸で繋いで星座を作る
下手くそだったり、少し無理があったり
一つ作って、二つ作って何度も笑う
「こうして、こうして、あっちとこっち─────できた、これがワインさん座」
a0164204_09291417.jpg
夜空に浮かぶワインさん
ワインさんはその夜空でも優しく笑っていた
a0164204_09291464.jpg
a0164204_10431358.jpg
穏やかだった夜風がふいに強く吹き、イチョウの枝と私の身体を少し震わせる
「寒い」
夜露が降った庭の中、空気は冷えて温かい手を恋しくさせる
a0164204_09291480.jpg
いつも触る、いつも握る優しくて温かい
そんなワインさんの大きな手
身体がうまく動かない、今の私はいつもどおりの優しさに触れることもままならない
a0164204_09455797.jpg
a0164204_09455769.jpg
a0164204_09455788.jpg
「これから私、どうなっちゃうんだろう────」
声に出るのはそんな弱音
a0164204_09564981.jpg
a0164204_09564905.jpg
そう今、私の身体は弱っている
a0164204_09564902.jpg
ぽろりと一粒、涙が落ちた
─────ワインさんの庭との間、ゆっくりでもいいからフェンスの横を走り回ること
私は後どのくらい出来るんだろう────
a0164204_09581102.jpg
a0164204_09581048.jpg
今すぐワインさんを小突いて起こして優しい声を聞いていたい
今すぐワインさんの目を見つめながらその手にそっと触りたい
a0164204_10014332.jpg
a0164204_10042692.jpg
a0164204_10014394.jpg
いつもどおりの日々というのは優しさ愛情溢れた日々のこと
─────知っている
私は凄く幸せなウォンバットなんだ
a0164204_10042636.jpg
a0164204_10083141.jpg
a0164204_10092043.jpg
涙を私はもう一つ、続けてこぼれてもう一つ
ほっぺをつたって落ちるその瞬間、流れ星も一つ二つと輝き、消えた
a0164204_10122879.jpg
a0164204_10151063.jpg
a0164204_10122834.jpg
「お母さん」
私を呼んだ懐かしい声
a0164204_10174503.jpg
振り返るとそこには二人のウォンバット
サツキとサクラ─────私とワインさんの大切な子供達
a0164204_10174509.jpg
a0164204_10174686.jpg
私は二人をぎゅっと抱きしめる
なんだか上手く動かなかった身体にその時ぐっと力が入った
a0164204_10233417.jpg
a0164204_10254450.jpg
「お父さん、眠っているけど起こそうか。今まであんまり何も言ってなかったようだけど、きっとあなた達には会いたいと思っていたはずだから」
そう言った私にサツキとサクラ、二人は涙をこぼして横に首を振る
a0164204_10275602.jpg
a0164204_10233347.jpg
「駄目、お父さんにはまだ言えないこと、これからお母さんには伝えなければいけないから」

サツキとサクラはそう言ってもう一度涙をこぼす
最初よりもたくさんの涙、月明かりと星明かりできらきら光る
a0164204_10275623.jpg
a0164204_10254450.jpg
私にはわかる
二人が何を言おうとしているのか、それがわかる
「大丈夫、あなた達の顔を見た時に全部わかったよ」
そう話すと私達三人は静かに抱き合い、そして静かに涙をこぼし続けた
a0164204_10380334.jpg
二人が言うとおり、ワインさんにはまだ伝えることができない
悲しい気持ち、寂しい気持ち
ただそれだけの日、ただそれだけの残り時間になってしまいそうだから
a0164204_10380313.jpg
a0164204_10380365.jpg
a0164204_10462339.jpg
残り何日かはまだわからない
ただ遠く高い所でサツキとサクラは待っている
心配そうに見つめてくるワインさんに身体のことだけ少し話し、いつもどおりの日々が少しでも長く続くように力を振り絞って私は笑った
a0164204_10513956.jpg
a0164204_10513981.jpg
a0164204_10513810.jpg
なるべく多くお昼寝をして身体を休める
そして夜にもまた長く眠っていた
不思議と怖い夢を一つも見ない
a0164204_10590203.jpg
夢の世界の良い所
夢の中なら毎日毎日少しだるい私の身体もちょっと自由
ささいだけれど大切な、そういうこと
a0164204_11011458.jpg
a0164204_11011402.jpg
夢でワインさんとサツキとサクラが遊んでいる
それは家族写真のように幸せを映して私の頭の中へ
お客さんたちのように私達は写真なんて撮らないけれど、幸せな家族写真のように心の中へとしっかり残る
a0164204_11011386.jpg
みんな笑ってる
ワインさんもサツキとサクラも
みんな、みんな夢の中で笑ってる
私には今、なんの不安も無い
a0164204_11100425.jpg
a0164204_11100576.jpg
夢の中に誰なのか知らない声がそっと聞こえてきた
誰の声かは知らないけれど、優しそうで温かそうで
─────とても素敵な声がそっと聞こえた
a0164204_11100504.jpg
夢の中に現実のことが少し滲んでいるみたい─────
滲み出した元の方を見るように、私は夢から一度醒め、声のする方そっと見る
a0164204_11163332.jpg
a0164204_11163353.jpg
「────ワインさん、誰かいるの?」

ワインさんの横には大きなウォンバットが立っている
─────きっとウォンバットの神様だ
a0164204_11192400.jpg
a0164204_11163282.jpg
a0164204_11195490.jpg
「二人共、僕の話を聞いてくれないかい─────」
a0164204_11192400.jpg
a0164204_11192442.jpg
─────③二人の旅
a0164204_11540822.jpg
a0164204_11540720.jpg
「本当なら目的地まで行く途中のことも楽しめるのが旅なんだ。でもいつか説明したいけど今回は時間が無い。二人でそっと目を閉じて、二人で一緒の夢を見なさい。二人一緒に目を覚ました時、そこは旅の目的地─────君達はタスマニアにいるはずさ」


────そうだ、僕とワンダーさんは今タスマニアにいる
a0164204_11540869.jpg
a0164204_11540841.jpg
あの時、ウォンバットの神様は僕と後から目を覚ましたワンダーさんに言った
「遅くなってしまったけど旅に出かけよう。いつかワイン君が言っていたはずさ。フクの所にお嫁さんが来たら、その時出かけようって言っていた旅だ」
a0164204_12031762.jpg
a0164204_12031870.jpg
a0164204_12031730.jpg
そう、いつか確かに僕は言った
僕等の遠い記憶の片隅、タスマニア
色々見て回ってフクや動物園のみんなに土産話をすればきっと楽しいよって、ね
a0164204_12105498.jpg
その時の話、タスマニア旅行へ今僕等は出かけてきている
帰ったらちゃんとみんなに旅の話をしてあげよう
でも、そうだ─────フクはもうマルに色々聞いているのかもしれないね
a0164204_12105693.jpg
a0164204_12105657.jpg
まあいいさ、大丈夫
僕等はマルもコウとユキも知らないタスマニアを見て回ればいいだけのこと
きっとそういうことだ
a0164204_12131202.jpg
a0164204_12131239.jpg
少し歩いた所で気がついた
身体が重いと言っていたワンダーさんは今は平気だと笑顔で走り回って見せてみる
僕等はやっぱり夢を見ているのだろうと考えたけど、大丈夫
夢じゃないようだ
a0164204_12321518.jpg
a0164204_12321569.jpg
楽しいことを夢に見るのもいいけれど、やっぱりちゃんと起きている時にしっかりと自分の目で見て回ること
きっとそれがいちばん大切なのさ
なぜなんだろう、夢というのはいつか忘れてしまうもの
なぜなんだろう、実際に見たこと感じたことっていうのはいつまでも忘れたりはしないもの
a0164204_15013644.jpg
a0164204_15013533.jpg
できるというなら後回しなんてしては駄目
少し無理してでも頑張るべきなんだ──────

a0164204_15044486.jpg
a0164204_15044432.jpg
a0164204_15044476.jpg
綺麗な街、たくさんの公園、たくさんの大きな公園
たくさんの山、滝、洞窟に湖と川
ワンダーさんが歩きたがっていた深い森
a0164204_12131210.jpg
a0164204_12131259.jpg
ここタスマニアには本当に多くの自然がある
流れる空気、吹き抜ける風、冷たいお水に澄んだ空

そして何よりクレイドルマウンテンだ
a0164204_12321518.jpg
a0164204_12321668.jpg
その景色に僕とワンダーさんは言葉を失う
そうだ、表現なんてできっこない

ここの景色をどうすれば伝えることが出来るのだろうか
ここで感じたこの気持ち、僕等はどうすれば伝えることが出来るのだろうか
a0164204_12321563.jpg
a0164204_12321668.jpg
─────答えは出ない、出るわけない
来るしかないんだ、見るしかない、感じるしかないことなんだ
a0164204_15131191.jpg
a0164204_15131291.jpg
a0164204_15131265.jpg
タスマニアの11月は春から夏に変わる時期
高原は色とりどり、見たことのないお花がたくさん咲いている
「ワイルドフラワー」
見渡すかぎりのお花に囲まれたワンダーさんはそう言うんだって幸せそうに笑って喜ぶ
a0164204_15173591.jpg
a0164204_15173556.jpg
a0164204_15173547.jpg
「このお花、中でも一番かわいいね」
ワンダーさんがとびきりの笑顔を見せた
a0164204_15201044.jpg
a0164204_15223570.jpg
この笑顔、僕は今まで何回か、何回も見ているはずさ
凄く凄く懐かしい、そんな気持ちが心の中をそっと少しずつ熱くする
a0164204_15200951.jpg
a0164204_15223582.jpg
「このままここで星が見たい」
ワンダーさんはそう言って、暗くなり始めた空をいつもの何倍にも輝く瞳で見上げていた
夕暮れ綺麗なタスマニアの空に一番星が光りだす
明るく輝いていた太陽は山あいにゆっくり沈む
きっと最高の夜が僕等の所にこれから静かにやって来る
a0164204_15315944.jpg
a0164204_15315936.jpg
この夜、僕等と一緒にいるのは百万本のワイルドフラワー
そういうことだ
a0164204_15315910.jpg
a0164204_15354762.jpg
a0164204_15354753.jpg
a0164204_15354697.jpg
いつも見ている夜空とは違う星空
南半球、タスマニア
僕等は今、遠く離れた場所にいる
本当は懐かしいはずなのに僕は何も覚えちゃいない
僕等は日本のウォンバット、素敵な動物園で優しい人達と一緒にずっと過ごしてきた日本のウォンバット
a0164204_15432800.jpg
a0164204_15432860.jpg
そういうこと
きっとそういうこと
a0164204_15432858.jpg
a0164204_15444140.jpg
「ワインさん、素敵な旅だね」
僕のすぐ傍、隣で肩寄せ、ワンダーさんはそっと小さく声に出す
「本当だね」と、僕はただ一言

きっとそれだけ言えばいいはずだ
a0164204_15454194.jpg
「日本へ一緒に行った、ずっと一緒に暮らしてきた男の子がワインさんで良かった─────ありがとう」
ふいにそんなことを言い出すから僕は戸惑いあわてて夜空を指差し、少し早口
「ワンダーさん、ほらあれが南十字星─────」
a0164204_16013539.jpg
a0164204_16013678.jpg
お返事は聞こえない
ワンダーさんは眠っていた
a0164204_15454167.jpg
a0164204_15454064.jpg
たくさん歩き回ってたくさん喋ってたくさん笑って、きっと疲れてしまったんだろう
月明かりが幸せそうに微笑みながらそっと横になったワンダーさんを優しく照らす
「ワンダーさん、そろそろ動物園に帰ろう─────」
僕はワンダーさんの隣で横になり、そっと目を閉じた
a0164204_16055730.jpg
a0164204_16055726.jpg
a0164204_16055830.jpg
二人でそっと目を閉じて、二人で一緒の夢を見る。二人一緒に目を覚ました時、そこはきっと動物園
僕等の大好きな五月山動物園──────そういうこと、きっとそういうこと
a0164204_16084622.jpg
a0164204_16084687.jpg
a0164204_16084503.jpg
─────④いつかまた、二人
a0164204_16112922.jpg
a0164204_16112985.jpg
──────僕はどれくらい眠ってしまったんだろう
目を覚ますとどうやら辺りは薄暗い
これから夜になるのか、それともこれから夜が明けるのか
a0164204_16151998.jpg
a0164204_16151844.jpg
「─────お父さん」
どこか懐かしい言葉を聞いた僕は、その声がした庭の方を部屋の中からそっと見た
a0164204_16192130.jpg
a0164204_16192038.jpg
二人の女の子─────僕の目から涙が溢れる
「サツキ、サクラ、どうしたんだい?」
僕は二人のところへ駆け寄った
僕はすっかり歳をとってしまったけれど、サツキもサクラはあの頃と何も変わらない
サツキ、サクラ─────僕とワンダーさんのかわいい子供達
a0164204_16284299.jpg
a0164204_16284218.jpg
「ワインさん」
気がつくとワンダーさんは僕達のすぐ後ろで泣いていた
僕等の庭とお部屋の間の金網が今は綺麗さっぱり何も無い
a0164204_16294860.jpg
a0164204_16294841.jpg
「しばらく内緒にしておいたことがあります。ワインさん、私はサツキとサクラと一緒に出かけなければいけなくなりました」
a0164204_16294823.jpg
a0164204_16382001.jpg
─────サツキとサクラの姿を見た時に、嬉しさと一緒に感じたこと
それはやっぱり間違いじゃなかったんだ
a0164204_16382002.jpg
a0164204_16381985.jpg
明日の深夜か明日の朝
そのくらいで最後の旅に出ると言う
わかっていたほうがいいのか、わからないままお別れしてしまうのがいいことなのか
今の僕にはわからない、考えることもできやしない
ただ後から後から溢れる涙をこらえ、ときおり拭うだけで精一杯だった
a0164204_16454866.jpg
a0164204_16454765.jpg
a0164204_16454867.jpg
a0164204_16472199.jpg
イチョウ舞い散る黄色い地面、僕はそっと切り取って、君をふわっと包む毛布にしよう

あの空、上手に切り取って、君を映し僕等を映す水色の窓にしよう

あの雲、幾重に重ねてさ、君が大空羽ばたき翔る羽にしよう
a0164204_16484413.jpg
a0164204_16484356.jpg
夜から朝まで寒くて寒くてしょうがない
だから、イチョウ舞い散る黄色い地面、僕はそっと切り取って、君をふわっと包む毛布にしよう
a0164204_16484400.jpg
僕等を映すカメラが新しくなったのさ
だからいつでも君が動物園を眺めることができるように、あの空、上手に切り取って、君を映し僕等を映す水色の窓にしよう
a0164204_16484364.jpg
a0164204_16531078.jpg
空の向こうずっと遠く、行くっていうのは大変さ
途中で疲れてしまわないよう、あの雲、幾重に重ねてさ、君が大空羽ばたき翔る羽にしよう
a0164204_16530934.jpg
a0164204_16530881.jpg
ははっ、なんてことだ
どれも全部僕が必要な物じゃないか
どれも全部僕が欲しい物じゃないか
a0164204_16573969.jpg
寒い日、夜空に君の星を眺めるために
空の上のカメラで君を眺めるために
君の所にいつでも飛んでいけるように

僕が必要だって思う物ばかり─────こんなわがまま言うような僕なのさ
きっと何一つ叶えることなんかできないよ、ワンダーさんにあげることなんかできないよ
a0164204_16573974.jpg
a0164204_16573909.jpg
僕はいつまでたっても君に甘えてばかり
歳をとっても時間が過ぎても、僕は君に甘えてばかり
a0164204_17025411.jpg
a0164204_17025458.jpg
僕にはワンダーさんが必要なんだ
僕にはあの優しい笑顔が必要なんだ

僕は弱虫、僕はこんなにただの弱虫
「ワンダーさん、こんな僕とずっと一緒で、それで本当に良かったのかい─────」
a0164204_17025568.jpg
a0164204_17025391.jpg
a0164204_17130996.jpg
サツキとサクラは帰ること無くずっとワンダーさんの傍にいる

背中に乗った小さなサクラ、隣で笑うかわいいサツキ
僕らはお客さんのように写真を撮ったり出来ないけれど、この風景はそうだ「家族写真」
色鮮やかに小さな幸せそっと写したような、そっと見つめる僕の心に優しい優しい家族写真
a0164204_17173681.jpg
a0164204_17173706.jpg
a0164204_17173660.jpg
─────なぜワンダーさんは遠く旅立ってしまうのか
この前の旅でその理由がわかったって、ワンダーさんはそっと話してくれたんだ
a0164204_17264713.jpg
a0164204_17264833.jpg
「ワインさんと私の物語は終わらない、まだまだずっと続くから────」
涙が光る優しい笑顔でワンダーさんは言ったんだ
a0164204_17264809.jpg
生きてる間じゃ時間はぜんぜん足らないってワンダーさんは涙をこぼして笑うんだ
僕と出会ったから、僕と過ごしてきたから、だから足らない、まだまだ二人の物語は続いてく
物語は同じ場面ばかりじゃない、寂しいこと悲しいこと、嬉しいこと楽しいこと
今までだって色々あったって、熱をこめて話し続ける
a0164204_17303617.jpg
a0164204_17303738.jpg
─────そうだ、今この瞬間も僕達二人の物語
まだまだ続く、ずっと続く僕達二人の物語
一度離れ離れになったって、いつかまた
a0164204_17303726.jpg
a0164204_17410852.jpg
a0164204_17410851.jpg
僕達二人はいつかまた、一緒に歩ける時が来る─────
a0164204_17432000.jpg
a0164204_17432060.jpg
a0164204_17431938.jpg
お別れは本当に寂しいね
今までずっと一緒だったのに、これから先は一度お別れ
飼育係りさんよりずっと長く、誰より長くワンダーさんと一緒いたはずの僕だけど、これから先はみんなと一緒、ワンダーさんと一度お別れさ
これからできることはただ一つ、今までどおりワンダーさんを想うこと
ただそれだけさ
a0164204_17482995.jpg
a0164204_17482766.jpg
a0164204_17482818.jpg
心残りはただ一つ
これから高く遠くまで行かなきゃいけないっていうのにさ、隣でワンダーさんの手を引いてあげることはできないんだ─────サツキとサクラに任せるより他はない
a0164204_17482995.jpg
a0164204_17482766.jpg
a0164204_17543815.jpg
次の日の夜が明ける前のこと、ウォンバットの神様やって来た
朝といえば朝だけど、まだまだ空には星が光る
思った通り寒くて寒くてしかたない
a0164204_17543809.jpg
a0164204_17543758.jpg
「忘れないで」と、ウォンバットの神様が静かに言う
サツキとサクラがワンダーさんを連れて行くのはあの星光る向こう側だと、ウォンバットの神様が僕に言う
ティアもアヤハもすぐ傍にいるという
──────あの幾つかの優しい光、それはウォンバット達の星なんだ
a0164204_18051954.jpg
a0164204_18051989.jpg
a0164204_18052042.jpg
イチョウ舞い散る黄色い地面、僕はそっと切り取って、君をふわっと包む毛布にしよう
あの空、上手に切り取って、君を映し僕等を映す水色の窓にしよう
あの雲、幾重に重ねてさ、君が大空羽ばたき翔る羽にしよう

僕はもう一度そうやって呟いた
心の中で言葉をそっと温めて、一言一言気持ちをこめて呟いた
a0164204_18084268.jpg
a0164204_18084218.jpg
ウォンバットの神様が涙を流して僕に言う
「見てごらん、一つだけ、一つだけは届いたようだ」と、空を見上げて僕に言う
a0164204_18084172.jpg
「あっ」

少しだけ明るくなり始めた東の空に漂う雲が集まりだして、ワンダーさんの傍で幾重に重なり羽になる
ワンダーさんをそっと空へと連れて行く、大きな大きな羽になる
a0164204_18163473.jpg
a0164204_18163404.jpg
「ワインさん、ありがとう」
ワンダーさんの目からは涙がこぼれ、傍にいた僕の手の上にそっと落ちた
その涙は冷たい空気の中でひときわ温かく、悲しみ冷えた僕の心を温める
「ワンダーさん、ありがとう」
a0164204_18163320.jpg
続けた言葉は二人同時に重なった
「いつかまた、二人でさ─────」
a0164204_18221311.jpg
a0164204_18244058.jpg
a0164204_18244080.jpg
大きな羽が羽ばたくたびに黄色く染まったイチョウの葉っぱが何枚も何枚も舞い落ちる
ワンダーさんが夜空を黄色く輝かせ、動物園を真っ黄色に染めていく
a0164204_18274307.jpg
a0164204_18274355.jpg
a0164204_18274287.jpg
サツキとサクラが手を振っているのが見える
「ワンダーさんをよろしくね」
涙で霞む三人の姿から目を離さないように、僕はまばたきもしないで見つめ続けた
a0164204_18303532.jpg
a0164204_18303527.jpg
a0164204_18303558.jpg
空に溶けかけた鳥から一度でも目を離せば、もう決して見つからないことを僕は知っていたからだ
見つめ続け、空の彼方に消えるまで、少しでも長くみんなの背中を見続けなければいけない
僕が最後にできることはただそれだけだ
a0164204_18341402.jpg
a0164204_18341313.jpg
a0164204_18381673.jpg

ワンダーさんが空の向こうへ消える頃、動物園はイチョウの葉っぱでいっぱいになった
今までのどの秋の終わりよりも黄色く染まって輝いている
「凄いや」
僕は辺りを見渡し、涙をていねいに拭ってから教えてもらった星がある方角をもう一度眺めた
星の数がさっきよりも三つ増えている
a0164204_18381747.jpg
a0164204_18381659.jpg
ワンダーさん、空の上から動物園の場所がわかるかい?
君が黄色く染めた場所だよ、そこから僕が見えるかい?
a0164204_18411498.jpg
a0164204_18411433.jpg
その日の朝、飼育係さん達がワンダーさんのいない部屋に驚いて、あたり一面のイチョウの葉っぱと一緒にどういうことなのかを気がついて泣き出した
大人なのに泣くということはウォンバットも人も一緒、同じこと
「ありがとう」
ワンダーさんのために涙をこぼしてくれる人達に僕はお礼をしていくことにした
a0164204_18431736.jpg
今はもう僕の庭の隣にワンダーさんはいない
今頃きっと太陽に照らされ黄色く光る動物園を空の向こうから眺めてる
サツキとサクラ、ティアとアヤハときっと一緒だ
a0164204_18464038.jpg
a0164204_18464123.jpg
a0164204_18464096.jpg
庭へ出た僕をマルが少し不思議そうに目で追った

─────そうだ、一つ困ったことがあったんだ
a0164204_19315981.jpg
a0164204_19333165.jpg
僕はくるくるくるくる左回り
いつのまにかにね
a0164204_19333189.jpg
a0164204_19333067.jpg
いつものように君が優しく呼んでくれないと、僕はどこへ向えばいいのかわからない
だから今日も僕はくるくるくるくる
僕はくるくるくるくる左回り
a0164204_19370419.jpg
a0164204_19370541.jpg
ああ、まただ─────
僕はくるくるくるくる左回り
いつのまにかにね
a0164204_19390097.jpg
a0164204_19390189.jpg
a0164204_19390096.jpg

僕がまっすぐ歩くには、ワンダーさん、君が必要だったのさ
今僕はどこへ行けばいいのかわからない
星が出てない昼間はさ、僕は何を見つめたらいいのかわからない
a0164204_19431642.jpg
a0164204_19431696.jpg
a0164204_19431644.jpg
いつかまた会えると知っていても、今この瞬間が僕のことを寂しく悲しくさせてしまう
a0164204_19444748.jpg
僕は少し疲れて一休み
泣き疲れて僕は一休み
のんびりいこう、僕はもう大人なんだから─────
a0164204_19444733.jpg
a0164204_19444631.jpg
喜びと悲しみを僕等は感じて大人になった
二人笑顔の喜びは突然やって来る悲しみに打ち消され、その悲しみを超える喜び見つけて、重ねて繋げてさ
a0164204_19444647.jpg
僕はこれ以上大人にはなるのかな
喜ぶことはきっとまだまだたくさんあるけれど、ワンダーさんが隣にいない悲しみ以上の悲しみがこの世にあるはず無いのだから
a0164204_19475298.jpg
a0164204_19475275.jpg
a0164204_19475130.jpg
それに僕はもうお爺さんだ
a0164204_19510587.jpg
生きてる間だけじゃわからないこと多すぎる
きっとみんな、全部のことをしらないままいつかそっと旅立っていくんだろう
a0164204_19550502.jpg
a0164204_19550403.jpg
大丈夫、僕達の物語、みんなの物語はずっとずっと続いていく
─────そうだろ、ワンダーさん
a0164204_19550551.jpg
a0164204_19510625.jpg
まだまだこれから
まだこれからだ
a0164204_19582380.jpg
冬だって始まったばかり
きっとそういうことなんだ
a0164204_19582293.jpg
色々なことに悲しんでばかりじゃ駄目なんだ
忘れないこと、想うこと
その気持ちがあれば大丈夫
きっと大丈夫
a0164204_20034123.jpg
a0164204_20010052.jpg
大切な誰かにきっと
わかってもらえるさ
a0164204_19582363.jpg
いつかきっと自分にも
わかる日が来るのさ
a0164204_20005950.jpg


イチョウ舞い散る黄色い地面、僕はそっと切り取って、僕達ふわっと包む毛布にしよう

あの空、上手に切り取って、僕等みんなをそっとを映す水色の窓にしよう

あの雲、幾重に重ねてさ、僕達が大空羽ばたき翔る羽にしよう
a0164204_20100984.jpg
a0164204_20100820.jpg

「いつかまた、二人─────手を取り合って旅に出よう」
a0164204_20100883.jpg
a0164204_20100919.jpg
昼の間、僕は見つめる物を一つ見つけた

タスマニアの旅の時、ワンダーさんが一番かわいいって言っていたワイルドフラワーがそっと一輪咲いていたんだ
庭の片隅、ワンダーさんが日向ぼっこをしていた場所に、ね



    

# by bon_soir | 2017-12-05 20:52 | 五月山動物園 | Comments(10)