<   2015年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ダッシュ君
ズーラシアのアムールヒョウ、ダッシュくん
a0164204_22400942.jpg
ダッシュくんは猫らしく顔を洗います
a0164204_22405850.jpg
大きなベロで手を綺麗にしたりもします
a0164204_22412262.jpg
個性的な顔立ちがかわいいダッシュくん
a0164204_22421592.jpg
この日は大勢のお客さんに囲まれていました
a0164204_22440763.jpg
動物達が空を見つめる先に、何が見えているのかいつも気になりますね


ダッシュくんはみんなからよく見える所で寝てしまいました
a0164204_22454385.jpg
おでこを撫でてみたくなりますね






   



by bon_soir | 2015-01-31 22:48 | ズーラシア | Comments(0)
キンタツーとヒナタ、二人の暮らし
ズーラシアのゴールデンターキンの女の子、ヒナタ
a0164204_22271819.jpg
と、お父さんのキンタツー
a0164204_22275366.jpg
昨年末、お母さんのターコさんが亡くなってしまい、二人で暮らしています
a0164204_22290858.jpg
きっと二人は寂しい思いをしているはず
a0164204_22311287.jpg
まだまだ小さなヒナタもかわいいけれど、ターコさんも本当にかわいかったんです
a0164204_22321946.jpg
まだまだ小さなヒナタのことを、キンタツーは見守ります
a0164204_22331901.jpg
ヒナタ、頑張れ
a0164204_22341787.jpg
横顔がとっても美人になったヒナタ
a0164204_22345767.jpg
ヒナタはきっとお母さん似
a0164204_22364448.jpg
キンタツーもそのことはわかっているはず
a0164204_22393894.jpg
ヒナタの見つめる先には、お母さんがどこかで二人を見守っているようです
a0164204_22363183.jpg
このまま元気で、もっともっと大きくなってね
a0164204_22481262.jpg





   
      

by bon_soir | 2015-01-30 00:01 | ズーラシア | Comments(2)
タニと冬の動物園
ズーラシアのセスジキノボリカンガルー、タニ
a0164204_23022028.jpg
アマゾンセンターのお部屋から、オセアニアの草原の中、長い間留守だったキノボリカンガルーのお庭で会えるようになりました
a0164204_23081486.jpg
アマゾンセンターのお部屋ではガラス越しでしたが近くで会うことができました。でもやっぱりお庭で会いたいとずっと思っていたので、とても嬉しいです
a0164204_23121528.jpg
ワリも元気だということなので、安心してタニを見つめることが出来ました
a0164204_23140476.jpg
あいにくの曇りの日、キノボリカンガルーのお庭でお客さんを待っていたタニ
a0164204_23154448.jpg
少し寒いかもしれないけれど、冬のお庭でタニは微笑んでいました
a0164204_23175997.jpg
ほっぺがかわいい、キノボリカンガルーのタニ
a0164204_23185450.jpg
タニはいつも楽しそう

タニはよく空を見上げます
a0164204_23203631.jpg
そういえば、アマゾンセンターのお部屋でも外をよく眺めていたタニ
a0164204_23232658.jpg
きっとタニは空が、広い大地が本当に好きなんでしょうね
a0164204_23243835.jpg
ご飯を食べていても、
a0164204_23264974.jpg
何かを探して空を見上げます
a0164204_23272324.jpg
タニはどこにいても楽しそうにしています
a0164204_23282150.jpg
その可愛らしさは、ワリ、そしてビワと一緒
a0164204_23285558.jpg
キノボリカンガルーの女の子の儚く健気な可愛らしさ
a0164204_23304768.jpg
タニのお庭に行った時後ろ姿しか見えなくたって、あと少しそこで待っていてあげてください
a0164204_23321989.jpg
きっとそのうち可愛い顔を、楽しい動き方を見せてくれるはず
a0164204_23332803.jpg
a0164204_23334099.jpg
a0164204_23340357.jpg
きっと誰もがタニを好きになり、
a0164204_23360861.jpg
世界中のキノボリカンガルーを好きになるでしょう
a0164204_23374347.jpg
タニ、パース動物園から遠く日本までやって来てくれてありがとう
a0164204_23402676.jpg
さみしそうだったワリの話し相手になってくれてありがとう
a0164204_23414005.jpg
タニは高い所が好き
a0164204_23432901.jpg
そして、高いところから空を見上げることが大好き
a0164204_23440002.jpg
曇り空の向こう側、そこからなにが見えましたか?
a0164204_23453271.jpg
隣の大きなお庭には誰が見えますか?
a0164204_23462394.jpg
カンガルー達の声が聞こえてきますか?
a0164204_23471473.jpg
ワラビー達の声が聞こえてきますか?
a0164204_23481884.jpg
エミューの足音はどんなふうに聞こえてきますか?

動物園のみんなはタニのお友達、日本でのタニの大切なお友達
a0164204_23504640.jpg
日本に来て2回目の冬、それはタニにとって忘れられない冬になるでしょう
a0164204_00115381.jpg
「どこからか漂ってくる甘くていい香りが私の鼻をくすぐるの」
a0164204_00173433.jpg
「去年の冬はわからなかった、お花の香り」
a0164204_00252424.jpg
「高いところから探してみたら遠くに見えたあのお花、きっとあのお花の香りなんだ」
a0164204_00272623.jpg
「覚えておこう、冬になればあのお花がいい香りを届けてくれる」
a0164204_00293472.jpg
「お隣のお庭のみんなはあの黄色いお花のことを知ってるのかな」
a0164204_00421133.jpg
「みんなは冬の動物園のことが好きなのかな」
a0164204_00454009.jpg
「冬は寒いだけじゃない。お庭にいれば色々なことがよくわかる」
a0164204_00542975.jpg
「あのお花の香りで気が付いた」
a0164204_01003042.jpg
「冬じゃなければ見られない、感じることが出来ないことがたくさんあるみたい」
a0164204_01073985.jpg
「冬の次は春がくる。初めての春がくる。このお庭で感じることが出来る、とっておきの春がくる」
a0164204_01093112.jpg
「このお庭の冬の次は、このお庭の春が必ずやって来る」
a0164204_01133083.jpg
「もうこのお庭の冬のことは好きになった。次は春のことを好きになる番なんだ」
a0164204_01153879.jpg
「春も夏も、そして秋も、きっと私は好きになる」
a0164204_01171079.jpg
「今日は綺麗な曇り空。きっと明日は青い空」
a0164204_01245175.jpg
「私は今、動物園を楽しんでる」
a0164204_01254757.jpg
「会いに来てくれるお客さんと一緒に、動物園の冬を楽しんでいる」






    




by bon_soir | 2015-01-29 01:26 | ズーラシア | Comments(0)
大きくなっていく美雪
ズーラシアのメガネグマ、女の子の美雪
a0164204_22080248.jpg
体つきがメガネグマのそれになってきました
a0164204_22085104.jpg
男の子の雪雄よりも活発
a0164204_22103737.jpg
寝たりとかは相変わらずしないで動き回ります
a0164204_22111235.jpg
高いところ、というかここが大好き
a0164204_22121916.jpg
この間もやっていた、“変な踊り”を今日もやりました
a0164204_22125861.jpg
a0164204_22130533.jpg
a0164204_22131375.jpg
ずっとこのお庭を楽しんでもらえますように
a0164204_22152492.jpg
今、ズーラシアはオカピの仔、トラの仔、そのうちにオランウータンの仔も、そして春に開園のサバンナではシマウマの仔など見どころが多いかもしれません
a0164204_22175272.jpg
でもメガネグマの子供、美雪と雪雄にも会いに来てあげてくださいね




 

by bon_soir | 2015-01-27 22:21 | ズーラシア | Comments(0)
ウォレスと土管のトンネル
東山動物園のウォンバット、ウォレス
ウォレスには大事な仕事があります
a0164204_14092513.jpg
それは、ウォンバットの神様から任された大切な仕事
動物園の土管を管理すること。
a0164204_14125920.jpg
そして、大好きな動物達を、動物園のことを大好きな人達を素敵な旅に連れ出すこと


「今日はどうやら大雨の日だ」
a0164204_14144178.jpg
「もちろん、動物達やお客さん、みんなびしょ濡れになってしまうし、暗いくてなんだかさみしい」
a0164204_14163206.jpg
「それに今、日本は冬だ。寒くてしかたない」


「いつも、毎日のように僕に会いに来てくれる女の子は今日も来てくれるのだろうか……」
a0164204_14193819.jpg
「こんな雨の日に、動物園のみんなに会いに来てくれるのだろうか」
a0164204_14202187.jpg
「ウォレス、ウォレスくん」

雨の中、なるべく濡れないように小走りで土管に入ったウォレスに声をかける小さな女の子がいました
a0164204_14214514.jpg
「やぁ、今日も来てくれたんだね。大雨で君は来れないかと思っていたから、なんだかとても嬉しいよ」
a0164204_14235831.jpg
「でも、ごめん。いつものように眠くなって来てしまった。僕の目が覚めるまで、雨でも寒くても頑張るみんなに会ってあげてきてくれないか」
a0164204_14261907.jpg
「きっとその頃に雨も上がる。僕にはわかる。またあとで、夕方に君と会いたいね」
そう言ってウォレスは眠りました。雨の音が大きなってきた東山動物園、ウォレスの寝息は聞こえません。
a0164204_14294946.jpg
いつもウォレスに会いに来て、ウォレスを優しく見つめる小さな女の子は雨の東山動物園を歩き出しました。
大好きな動物達みんなに声をかけ、雨で寒い動物園でも楽しそうに笑っています。
a0164204_14405859.jpg
東山動物園のウォンバット、ウォレスはそんな毎日のように会いに来てくれる小さな女の子のことが大好きでした。


夕方になり、ウォレスの言うとおり雨が上がっていました。ときおり小雨が降りますが、夜が来る前の短い時間の空が明るくなりだしました。
a0164204_14423699.jpg
朝に言われたとおり、女の子はウォレスに会うためお庭に戻ってきた女の子。優しくウォレスを呼び、話しかけます。
「ウォレスー、ウォレスくん」

「やぁ、来てくれたんだね。ちょうど僕の目も覚めた」
a0164204_14450926.jpg
「どうやら雨も上がっているようだ。ただ少し寒いね」
a0164204_14502655.jpg
「今日一日、動物園は楽しかったかい? みんなは元気だったかい?」
a0164204_14515022.jpg
「今日も東山動物園は楽しかったかい?」

女の子はウォレスに話しました。
今日の東山動物園のことを、動物園のみんなのことを―

「そうか、こんな雨の日でも動物園を楽しんでくれたんだね。動物達みんなも嬉しいと思うよ」
a0164204_14561828.jpg
「僕は決めたんだ。そんな君にプレゼントだ。大好きな君に、僕とウォンバットの神様からのプレゼント」
a0164204_14582433.jpg
そう言ったウォレスは、ウォレスのお庭とお客さん達を隔てているガラスに近づきました。
a0164204_15000135.jpg
「……ごめん、やっぱり今日は駄目かな。大雨のおかげでガラスが透明じゃない」
a0164204_15021998.jpg
「せっかく青空が少し出たのに、ガラスが透明になるのを待っていたら夜になってしまう」
a0164204_15034359.jpg
「僕とウォンバットの神様からのプレゼント、そのプレゼントを渡す日は青空の日がいい」


「明日、明日またいつものように僕に会いに来てくれるかい?」
a0164204_15063557.jpg
「きっとガラスを飼育係さんが綺麗にしておいてくれる。それに明日は晴れの日だ」


「今日はさようなら。また明日、また明日必ず会おう。明日僕と会えたなら、必ず素敵な日になる」
a0164204_15111915.jpg
いつもウォレスを応援している小さな女の子は、ウォレスがお部屋に帰る姿を見送り、自分も家に帰りました

―また明日必ず会おう

ウォレスのその言葉を楽しみに、今日一日の動物園のことを夢に見て、ぐっすりと眠りました
a0164204_15183839.jpg
「ウォレスくんに会えるだけ、それだけで素敵な毎日だよ……」
小さな女の子はそんな寝言を暖かい布団の中でつぶやきました
今はまだ外は寒いけど、きっと暖かくなる予感がする朝が来るちょっと前の時間のことです


小さな女の子がウォレスと約束をした日の朝、東山動物園は綺麗に晴れていました。
a0164204_15253827.jpg
暖かくなる予感もきっと当たりそうな、気持ちのいい冬の朝の動物園です。

「ウォレス、ウォレスくん」
小さな女の子がウォレスの所に行くと、いつものように土管の中でウォレスは眠っていました。
a0164204_15334740.jpg
「あっ」

いつものようにウォレスが眠る土管、覗きこんだ土管の反対側に広がる何かが一瞬見えた気がしました。
小さな女の子がつぶやきました。

a0164204_15374141.jpg
「今のはなんだったんだろう、もう見えない」

小さな女の子はウォレスに一度さようならをして、また起きてくる頃に会いに来ようと思いました。

「こんにちは。よく晴れた日だね」
今日も楽しい東山動物園。大勢のお客さん達が小さな女の子に声をかけていきます。よく晴れた動物園には楽しい声がたくさん聞こえてきます。

「やっぱり晴れた日の動物園は楽しい。ただ今日はウォレスくんがおきる前に戻らないと……」

ただ一ついつもの東山動物園と違うこと、それはウォレスと約束をしていたことでした。
ウォレスがおきた時に心配しないように、と小さな女の子は時間を気にして、この日は東山動物園をまわりました。

a0164204_15503542.jpg
早めに戻ってきた時、ウォレスはまだ眠っていました。
夜の間に大きな穴を掘ったウォレスは、どうしてもたくさん眠る必要があったのです。

「ウォレスー、ウォレスー」
この日は昨日と違って大勢のお客さん達がウォレスを見ていました。

「よく寝た、やっぱり今日は冬のわりに暖かい」
ウォレスは大勢のお客さん達の声に気が付き、ゆっくりと起きだしました。
a0164204_15554533.jpg
「あの女の子は来ているかな……」

a0164204_15565723.jpg

ウォレスは辺りを見まわしました。

「ウォレスくん」
大勢のお客さんがいるので、小さな女の子はウォレスに向かって小さく手をふりました。

「やぁ。良かった、よく来たね」
a0164204_15594233.jpg
「空も青いしきちんとガラスも透明だ。すぐにでもプレゼントをしたいんだけど、今大勢のお客さんがいるだろ?」
a0164204_16012434.jpg
「お客さんのみんなには内緒にしなければいけないんだ、だからもう少し待とうね。そう、内緒だよ」
a0164204_16025917.jpg
「約束しよう。お客さんのみんなには内緒のことなんだ」

小さな女の子は微笑みながら頷きました。
ウォレスと内緒の約束ができることを、なんだか嬉しく思いました。

「たくさん眠ったら少しお腹が空いたよ。ご飯を食べていいかな?」
a0164204_16053123.jpg
「そうだ、君はお昼を何か食べたかい?」
a0164204_16091199.jpg
「sakaeyaでおうどんを食べたよ」
小さな女の子が笑ってウォレスに言いました。

「それはいい」
a0164204_16142519.jpg
ウォレスも笑って頷きました。


内緒のプレゼントを渡せる時まで、ウォレスは青草を食べ続けました。
お腹をいっぱいにしておくこと、それはプレゼントのために大切なことだったのです。
a0164204_16164980.jpg
a0164204_16171820.jpg
a0164204_16174062.jpg
小さな女の子だけを残し、お客さんがウォレスのお庭の前からいなくなりました。
「よし、今なら大丈夫だ。まだ空も青いままだしね」
a0164204_16222255.jpg
その声を聞き、小さな女の子はガラスの目の前まで行きました。
「ウォレスくん、なにをプレゼントしてくれるの?」
a0164204_16200203.jpg
「僕とウォンバットの神様からのプレゼント、それはね」
a0164204_16245060.jpg
「オーストラリア大陸への旅だ」

ウォレスの言葉を聞いた小さな女の子は、目を丸くしてびっくりしました。
a0164204_16271450.jpg
「この、僕の土管を通り抜けていくんだ。この土管はオーストラリア大陸と東山動物園をつなぐ、大切なトンネルだ」
a0164204_16291110.jpg
「僕と君の間にあるガラス。そのガラスに手を触れてごらん」

小さな女の子はウォレスに言われるまま、ウォレスのお庭とお客さん達を隔てているガラスにそっと手を触れてみました。
「あっ、通り抜ける」

そっとガラスに触れた手が、そしてそのまま吸い込まれるように小さな女の子の身体全体が、ウォレスのお庭とお客さん達を隔てているガラスを通り抜けました。


「そうだ、それでいい」
a0164204_16333111.jpg
「昨日はガラスに雨粒がいっぱいついていただろう?あれでは通り抜けることが出来ないんだ。透明じゃなければ駄目だ。雨粒にひっかかってしまう」

「そうだったんだ。不思議だね」
ガラスを通り抜けた小さな女の子は、ウォレスがいる土管の奥を覗きこんでみました。
a0164204_16394566.jpg
そんな小さな女の子を見たウォレスは小さな優しい声でささやきました。
「ほら、見えるだろう?向こう側は僕の故郷、オーストラリア大陸だ。行こう、みんなでオーストラリア大陸に旅に出かけよう」

「みんな?」
小さな女の子は不思議に思い、辺りを見回してみました。
a0164204_16423467.jpg
「そう、みんなだ。今日はオセアニアのみんなを呼んである」

「わぁ」
小さな女の子が気が付くと、東山動物園のオセアニアの動物達がウォレスのお庭に集まってきていました。
a0164204_16472033.jpg
a0164204_16473976.jpg
「そして、僕の隣のお友達のテポリンゴも一緒だ」
a0164204_16484993.jpg
「みんな、揃ったね。さぁ、行こう。オーストラリア大陸への旅に出かけよう」
a0164204_16495597.jpg
「僕が先頭で土管を通り抜ける。みんなは僕の後をついてきてね」
ウォレスはそう言って、いつもは寝床にしている土管を通り抜けて行きました。
小さな女の子が土管の横からみてもそこにウォレスはいません。ウォレスは土管の中を先に通り抜け、今オーストラリア大陸にいるのです。

「ほら、みんなついてきなよ。ウォンバットの神様もこちら側で待っている」
a0164204_16595331.jpg
ウォレスのその声で微笑んだ東山動物園のオセアニアの動物達とテポリンゴ、みんなも土管を通り抜けて行きました。

小さな女の子だけは土管のトンネルを通り抜けることができないでいました。
旅のことを楽しそうとも思いましたが、“遠くに行くこと”、それが少し不安だったのです。

「早く早く、大丈夫だよ、怖くないよ」
ワラビーの声が聞こえてきます。
a0164204_17062492.jpg
まだ向こう側、動物園の中にいる小さな女の子に向かってウォレスが言いました。

「君は東山動物園に来る時、いつもどんな気持ちで来ているんだい? いつも、わくわくしながら来ているんじゃないのかい? そう、君は動物園をいつも楽しんでいる。 僕はいつも動物園で楽しそうにしている君が大好きなんだ」
a0164204_17123533.jpg
「今、少しでもわくわくする気持ちがあるのなら、こちら側に来るんだ。迷っている時間は無い。迷ってばかりじゃきっと後悔する。 君のわくわくする気持ちと一緒に僕達と旅をするんだ」
a0164204_17290787.jpg

「初めてのことで怖がらなくてもいい、また東山動物園まで必ず帰ってくる。これは旅だ。僕とウォンバットの神様からのプレゼント、動物達にいつも優しくしてくれる君への今日一日だけのオーストラリア大陸への旅のプレゼント。オーストラリア大陸の素晴らしい景色、そして大勢のウォンバット、大勢の動物達がいつも楽しそうにしている君を待っている」

ウォレスは土管の向こう側から優しい声で話しました。
a0164204_17300488.jpg
「僕は旅のために、さっきたくさんのご飯を食べた。お腹が減っていたら旅は楽しめない」
a0164204_17221959.jpg
「君もお昼におうどんを食べたんだろう? わくわくする気持ちがあって、そしてお腹がいっぱいなら旅の準備は出来ている。旅に出かけよう」

「私、わくわくする。オーストラリア大陸のことを思い浮かべて、今とてもわくわくしている」
小さな女の子はそうつぶやいて、土管のトンネルを抜けて行きました。

ウォレスと小さな女の子のオーストラリア大陸の旅が始まりました。一日だけの特別な旅です。


a0164204_17413586.jpg
次の日、いつものように東山動物園に来た小さな女の子は、動物達だけにウォレスとの旅のお話をしました。
楽しかった旅の、楽しいお話です。

a0164204_18065465.jpg

他のお客さんには内緒の、ウォレスとウォンバットの神様からのプレゼント
次にプレゼントする人を、きっと毎日ウォレスは探しています

動物達を、動物園をずっと大好きでいてくれる、優しい人をウォレスはいつも探しています


    



by bon_soir | 2015-01-26 18:21 | 東山動物園 | Comments(2)
とてもかわいいユーラシアカワウソ、オッチー
会いに行くたびに眠っているのか、なかなか顔を見られなかったズーラシアのユーラシアカワウソ、オッチー
a0164204_23112955.jpg

ふくれたほっぺと、ちょっと開いた口がかわいいです
a0164204_23013378.jpg
“いかだ”が似合います
a0164204_23032434.jpg
あくびするオッチー
a0164204_23040675.jpg
カワウソ達、なんだかとてもかわいいですね
a0164204_23045706.jpg
今度はご飯の時間に会いに行きたいです
a0164204_23083068.jpg
最初、オッチーなのかヒメなのかわかりませんでしたが、男の子の印がみえたのでオッチーとわかりました
a0164204_23093553.jpg


by bon_soir | 2015-01-25 23:12 | ズーラシア | Comments(0)
太ましい感じの女の子、ティリー
東山動物園のコアラ30周年を記念して、ついこの間タロンガ動物園から日本にやって来たティリー
a0164204_13525467.jpg
どこか個性的に見える、女の子です
a0164204_13541299.jpg
太って見えるのはたくさんの毛のせい、と飼育係のお姉さんは言っていました
a0164204_13551111.jpg
こればっかりは、実際に抱っこしてみたりしないとわかりません
そのうち毛が生え変わっていく中で、見た目が変わっていくんでしょうか?
a0164204_13560191.jpg
コアラもみんな個性的、誰もみんな同じではありません
a0164204_13590691.jpg
赤ちゃんを期待される、かわいいティリー
a0164204_14000289.jpg
日本の動物園のコアラの未来に向け、はるか日本までやって来てくれました
a0164204_14014310.jpg
ずっと元気でいてください





   

by bon_soir | 2015-01-23 14:04 | 東山動物園 | Comments(0)
またひとりぼっちのサクラ
東山動物園のソマリノロバ、サクラ
a0164204_20280820.jpg
長い間ひとりぼっちで暮らしていた金沢動物園から東山動物園に帰ってきたサクラ、弟のバンブーと仲良く暮らしていました
a0164204_20290873.jpg
バンブーが先に旅立ち、またひとりぼっちになってしまったサクラ
a0164204_20303430.jpg
やっぱりどこかさみしそう
a0164204_20311444.jpg
バンブーがいなくなってしまって、ほんとうにさみしそう
a0164204_20321768.jpg
金沢動物園で暮らしていた時から、なぜだかほっておけなかったサクラ
a0164204_20331423.jpg
いまもサクラのことはほっておけません
a0164204_20335756.jpg
東山動物園の飼育係さん、お客さんにたくさんの愛情を貰って欲しいです
a0164204_20391326.jpg
ほっておけないサクラ
a0164204_20431104.jpg
ほっておけない、大好きなサクラ
a0164204_20540463.jpg
またすぐ会いたい、ソマリノロバのサクラ
a0164204_20554275.jpg





   


by bon_soir | 2015-01-22 20:57 | 東山動物園 | Comments(0)
アーチャー(弓使い)

東山動物園のコアラ、アーチャー
a0164204_16452115.jpg
ウォンバットのウォレスと同じ、タロンガ動物園からやって来たオスのコアラ
a0164204_16471966.jpg
コアラたちはみんな本当に個性的
a0164204_16481402.jpg
顔も体のバランスも、そしてかわいい動き方も
a0164204_16490403.jpg
みんなそれぞれの不思議なもの
a0164204_16510967.jpg
寝ていることも多いけど、コアラたちのことをわかってもらえたなら、きっとみんなを好きになります

東山動物園のコアラ、アーチャー。名前の意味はなんだかかっこいい“弓使い”
a0164204_16553401.jpg
訪問した雨の一日目、午前中から寝ていないアーチャー
a0164204_17004041.jpg
アーチャーに「ウェイクアップ! アーチャー」は必要ありません
a0164204_17013581.jpg
a0164204_17015914.jpg
どんなことも愛らしい、世界で頑張るコアラたち
a0164204_17035046.jpg
とても儚く、不器用だけど健気なコアラたち
a0164204_17043451.jpg
暮らしにくいかもしれないけれど、いつまでも日本の動物園で頑張ってもらいたいです
a0164204_17033705.jpg
アーチャー、会いに来てくれたお客さん達がコアラのことを本当に好きになってもらえるように、無理をしないで頑張ってね
a0164204_17095781.jpg




   

by bon_soir | 2015-01-20 17:11 | 東山動物園 | Comments(0)
コアリクイの赤ちゃん
コアリクイのかわいい赤ちゃん
a0164204_14580446.jpg
お母さんの背中がまだまだ大好きな、小さな赤ちゃん
a0164204_15001366.jpg
こちらがお父さん
a0164204_15004845.jpg
こちらがお母さん
a0164204_15012036.jpg
みんなかわいいです
a0164204_15015416.jpg
ちょっとだけ立ち上がった赤ちゃん
a0164204_15030306.jpg
小さな手も、小さな足も全部かわいいです

元気に大きくなってもらいたいですね
a0164204_15040917.jpg
朝の早い時間がお部屋も明るく、かわいい顔を見やすいようです
a0164204_15092154.jpg
儚い赤ちゃん、無事におおきくなってもらいたいです








  

by bon_soir | 2015-01-19 15:15 | 東山動物園 | Comments(0)