<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ひびき動物ワールドのカンガルー達
ひびき動物ワールドの訪問からもう2ヶ月半過ぎてしまいました。
夏を迎える北九州の小さなオーストラリアの動物達は今どうしているのでしょうか。
a0164204_16543067.jpg
前回の訪問でますます大好きになったカンガルー達。
日本全国の動物園で会うことが出来ますが、ひびき動物ワールドのカンガルー達は中でも特別。
a0164204_16571640.jpg
こんなに近くで会えるばかりか、お友達になってくれるんです。
それは私が考える理想の動物園。
a0164204_17000325.jpg
一緒に横になって寝てしまってもいいのかもしれません。
a0164204_17010353.jpg
カンガルー達の小さな声も吐息も聞こえてくる夢の様な場所。
a0164204_17031872.jpg
大勢の赤ちゃんに声をかけてあげて、
a0164204_17045030.jpg
a0164204_17053351.jpg
まだ小さな坊やにひびき動物ワールドのことを聞いてみたり。
a0164204_17072928.jpg
a0164204_17090117.jpg
ゆっくりと時間が流れているのに、時間が足らなくなってしまう素敵な動物園。


a0164204_17111254.jpg
人間のことを好きになってもらうために、飼育係さん達が動物達みんなに本当に優しくしてくれています。
a0164204_17132124.jpg
そんな光景を眺めているだけで安心できる小さなオーストラリア、ひびき動物ワールド。


もちろんウォンバットのゴロさんや、
a0164204_17165317.jpg
足がかわいいシマオイワワラビー達も待ってくれています。
a0164204_17183331.jpg
a0164204_17191563.jpg
オセアニアの動物達が大好きな皆さん、動物園が大好きな皆さん。
ひびき動物ワールドを訪問してみてください。
a0164204_17213350.jpg
きっと色々なことに気が付き、そして大好きになれる所だと思います。
a0164204_17240952.jpg
オセアニアの動物達が世界中でもっともっと人気者になれますように。
a0164204_17234646.jpg

あくびの終わりはこんなふう……
a0164204_17280999.jpg



 

by bon_soir | 2014-06-29 17:30 | ひびき動物ワールド | Comments(0)
ちょっとはらへり、コアラのユイちゃん
先日やっとお名前が決まって、「テルちゃんの赤ちゃん」から晴れて「ユイちゃん」になったまんまるお顔のかわいいコアラ。
今回は、まだお名前が決まっていなかった6月初めのユイちゃんとテルおかあさんのかわいい様子です。
a0164204_134959.jpg

よいしょよいしょと、体をのばして葉っぱをもぐもぐ。手の届くところのおいしい葉っぱはユイちゃんがぜんぶいただきました。
ユイちゃんはおなかがすいています。テルおかあさんもおなかがすいています。はらへり親子はぼんやり……
a0164204_1343330.jpg

そんな空気がガラス越しに伝わってきたそのとき。ユーカリを手に颯爽と飼育員さんがやってきました。
その姿を何とも不思議に見つめるテルちゃんとユイちゃん。
a0164204_246216.jpg

飼育員さんは魔法使いみたいだね。なんでおなかがすいてることがわかったのかな? 
a0164204_135294.jpg

どうしてかな、だってまだお昼の時間じゃないもん。飼育員さんはどっかから私たちのこと見てるよね、おかあさん。
a0164204_135442.jpg

ねぇねぇおかあさん、不思議だね。
a0164204_13614100.jpg

あ、くるりんってなってる葉っぱは私が食べるからね。
a0164204_1363194.jpg

まだ出てきたばかりの小さなやわらかい葉っぱは、毒が少ないからおなかにやさしいんだって。
a0164204_1372715.jpg

でもちょっと大きな葉っぱだって大丈夫、もうちゃんと上手に食べられるよ。
a0164204_1374229.jpg

かわいくってちょっと食いしん坊。ユイちゃん。小さな赤ちゃんと思っていても、来月にはもう1歳になります。
a0164204_1375999.jpg

赤ちゃんからこどもになっていく時期の愉快な様子は、本当に楽しくてかわいい。
a0164204_348367.jpg

非公開だった時間のぶんだけ、今の愉快なユイちゃんと楽しい楽しい時間を過ごせますように。
この夏のオセアニア区は、にぎやかに楽しくなりそうです。
by bon_soir | 2014-06-25 04:00 | 金沢動物園 | Comments(2)
ヒロキさん、もう4時だよ!
とても日ざしが強くてちょっと暑くて、それでもみんなが笑顔で、すぅすぅ眠るヒロキを見ていた日ようびの午後。
a0164204_22343911.jpg

「ヒロキさん、もう4時だよ、起きてよ」 ちっちゃなすずめさんがヒロキを起こしにやってきました。
a0164204_2235326.jpg

何度か寝返りをうったり向きをかえたりしていたけれど、基本的にはぐっすりのんびり眠れたヒロキ。
a0164204_23121418.jpg

それでもぱっちりすっきりな目覚めとはいかず、ぼんやりと、とぼとぼ歩きます。
a0164204_22535216.jpg

ヒロキ、お庭の扉が開いていたの知ってた?  この日もいつでもお部屋に戻れるようにすべての扉が開放されていました。
a0164204_22542095.jpg

ぼんやりした目覚めには、そんな声も届きません。足取りはとぼとぼ。そしておしりはごしごし。
a0164204_22544615.jpg

「この落とし物はぼくのもの、確かに間違いない。今日も僕のお庭は静かだったんだね。おしゃべりなすずめさん以外は」
a0164204_22551280.jpg

さっきよりは、若干目は覚めたようだけれど、それでもぼんやり。ヒロキはそのまま扉へ向かいます。
a0164204_22553715.jpg

中庭でちょっと休憩。バックヤードのワライカワセミさんをチェックするヒロキ。
a0164204_2256260.jpg

毛づくろいをして、今日はおしまい……のはずでしたが
a0164204_22562512.jpg

お庭に戻ってきてしまいました。
a0164204_22564827.jpg

まだまだお庭で過ごしていたい……そういうわけでもないように思います。
a0164204_22572231.jpg

じっとお耳をすましたり
a0164204_22575436.jpg

ほんの小さなすきまをくんくんしたり。
a0164204_22582136.jpg

「まだもうちょっとだけ。坂道をあるいてみようと思うんだ」
a0164204_22585261.jpg

「お部屋の扉は開いているけれど、このまま僕がお部屋に入ってしまったら、だめなんだ」
a0164204_22591913.jpg

「もしこのまま飼育員さんが来なかったらどうする? お庭の扉は開いたままだよ。悪い奴らが来ちゃったら大変だ」
a0164204_22594471.jpg

「この干し草の上を何度も何度も歩いていたのに、今気がついたよ」
a0164204_2301198.jpg

「ぼく、おなかがすいていたんだ」
a0164204_2304563.jpg

この坂道で見せてくれる笑顔。何度も何度も見ているけど、この顔に出会えた日はやっぱり嬉しくなります。
a0164204_2311455.jpg

そんな笑顔のあと、ヒロキはおもむろに丸太くんをごろごろと……
a0164204_2314757.jpg

そして扉にどーーーん!! 多摩のチューバッカがやっていた、丸太太鼓。ヒロキがやるとは驚きです。
a0164204_23244211.jpg

チューバッカの方が大きな音を出してたけど、それはヒロキには言わないでおきますね。
a0164204_2334847.jpg

ちょっと疲れたかわいい背中。ずーっと見ていたいけれど、そろそろ動物園も閉まる時間です。
a0164204_23185771.jpg

もうじき帰らなくちゃいけないのに、どんどんご機嫌になっていくヒロキ。
a0164204_2341940.jpg

ご機嫌はうれしいけれど、今日がおわるのはさみしい。
a0164204_2344642.jpg

ヒロキの前には私しかいません。もしかして、私がいるからお部屋に帰らないのかなと思ってちょっと隠れてみたけれど
a0164204_235145.jpg

ヒロキはごきげんなお顔で、まわりを見ながらウォーキングを続けていました。
a0164204_2362087.jpg

お部屋に帰らない本当の理由。ヒロキは待っているのです。そしてそれはもうじきにやってくるのでしょう。
a0164204_237259.jpg

それはきっとあの大きな茶色の扉の向こうから聞こえてくるのでしょう。
「帰ろう、ヒロキ!! 」 大好きな飼育員さんの声を、ヒロキは待っているようです。
a0164204_2375683.jpg

「もちろん、こうして近くで呼んでくれるのもうれしいけれど、うんと遠くからうんと小さな声でだっていいんだ」
a0164204_2384219.jpg

「1日の終わりに誰かが自分を呼んでくれること、それはとても大切なこと、そして幸せなことなんだ」
a0164204_2391995.jpg

テラスのキウイがあれよあれよという間に、ぎょっとするくらいどんどんと大きくなってました。
ヒロキもお庭に出られなくなる暑い暑い夏も、もうすぐそこまでやってきているのでしょうか。
どうか、ゆっくりゆっくりやってきてくれますように。キウイもきっとその方がおいしくなるように思います。
by bon_soir | 2014-06-19 03:00 | 金沢動物園 | Comments(0)
ワカメとモモのおうちにやってきた小さなおきゃくさん
金沢動物園のモモイロペリカン、ワカメとモモ。
まだまだおうちへ帰る時間でもないのに、扉のところで何やらひそひそ……
a0164204_23492320.jpg

「あとは私に任せて。ちょっと向こうで待ってて!」と、モモをモートへと追いやったワカメが見ていたのは
a0164204_23495672.jpg

ちいさなちいさなお客さん……ワカメとモモは、どうやらこのちいさなお客さんに戸惑っていたようでした。
a0164204_23502092.jpg

ワカメはじーっとじーっと見ているのだけれど、おかまいなしにおうちへ入ってきたヘビくん。
a0164204_23504159.jpg

その様子を見ていないようで、絶対目のはしっこの方で見ているモモ。
a0164204_2351391.jpg

「やぁこんにちは。申し訳ないんだけど、ちょっと横切らせてもらいますね」 ヘビくんがあいさつしたのだけれど
足はぎゅっと広げるわ羽と首はぎゅっと縮めるわ、威嚇なのかそれとも萎縮なのか、どうにもわからないワカメです。
a0164204_23512483.jpg

するっするーーーと軽やかなヘビくん。じーーーっとフリーズするワカメ。珍しいお客さんに何といったらよいのやら。
a0164204_2351458.jpg

網のむこうへ一度は出て行ったヘビくん、またまたするっとこちらへやってきます。
a0164204_2352269.jpg

ワカメにじっと見つめられてちょっと困ったようなお顔をして、するっと向こうのモートへ消えていったヘビくん……
もっとみんなと仲良しになりたかったのか、それとも大変なペリカン推しのヘビくんだったのかもしれないよ、ワカメ。
a0164204_23521833.jpg

モートに消えたヘビくんにひと安心のワカメ。だけど…後ろに別の赤ヘビちゃんが……内緒にしておきましょう。
a0164204_23523637.jpg

今の季節はヘビさんたちも活発になるのでしょうか。アフリカ区でヘビくんたちに会ったのは今回が初めてです。
パトロールはワカメに任せて、最高にリラックスしたあいかわらずかわいいモモ。
a0164204_23525978.jpg

そしてそわそわと警戒中のワカメ。小さなおきゃくさんたちは、このあと姿を見せることはありませんでした。
a0164204_23531662.jpg

たくさんの木立がだんだんと深い緑になっていく美しいアフリカ区。ここは金沢動物園の始まりのエリア。
ワカメたちのところにきたヘビくんは、ちょっとイレギュラーだったけれど
お客さんたちのたくさんの歓声や、笑い声でいつでもにぎやかであって欲しい大好きな場所です。
a0164204_23533635.jpg

クロサイ、ローラさんのやさしい目。
a0164204_23535529.jpg

アミメキリンのワンダーのおしりフムフム。
a0164204_23542466.jpg

たくさんの葉っぱのお庭を悠々と歩くキィァンガ。
a0164204_23544995.jpg

ゆったりとした時間が流れる、いつも通りのアフリカ区の動物たち。
ここのところ他のエリアよりも少し寂しいニュースが続いたけれど、先日そっと流れてきたニュースはとても嬉しいものでした。
アラビアオリックスのカナさんが出産準備に入ったこと。そろそろでしょうか?  (写真はリズさん)
a0164204_23551221.jpg

美しい緑いっぱいのアフリカ区にも、どうか健やかで幸せなニュースが舞い込んできてくれますように。
この日やってきた小さなヘビくんたちも、きっと心待ちにしてくれていることでしょう。たぶん。
by bon_soir | 2014-06-12 01:34 | 金沢動物園 | Comments(0)
バニラの小さな妹、バニラの大好きなお母さん
金沢動物園のコアラ達。ライタ、テルちゃん、バニラ、そしてワカ。
ライタとテルちゃんに赤ちゃんが産まれました。
a0164204_18330891.jpg
それはバニラがお姉ちゃんになったということ。

梅雨が始まリそうなある日、バニラが大好きなお母さんのテルちゃんは子育てに忙しくしていました。
a0164204_18393843.jpg
そんなお母さんを見ていたバニラはずっと考えています。

早くかわいい妹とお話をしたいということ。
a0164204_18440725.jpg
ワカにお話をしてあげたように、かわいい妹に楽しいお話をしてあげることが出来る日が待ち遠しくてたまりません。
バニラから聞く楽しいお話が毎日楽しくて、お母さんと離れて暮らす少し寂しい日々もワカは平気でした。
a0164204_18471306.jpg
そうしてワカが大きくなったある日、テルちゃんからバニラが聞いた嬉しいお知らせ。
a0164204_18555858.jpg
本当のお姉ちゃんになったこと。

お話が大好きなバニラはかわいい妹に話してあげたいことがたくさんあったのです。
a0164204_19052633.jpg
オセアニア区の大きなユーカリの木から見た金沢動物園の動物達、ペリカンのモモの背中に乗って空から見た素敵な景色。
a0164204_19090468.jpg
バニラがかわいい妹にお話してあげたいことはたくさんありました。

バニラはお母さんのテルちゃんに聞いてみました。
「お母さん、いつ頃お話できるかな?」
a0164204_19175210.jpg
テルちゃんは言いました。
「もうすぐこの子のお名前が決まるよ。その頃にはきっとお話ができる」
a0164204_19202844.jpg
「そう、もうすぐお話ができるようになる。だからバニラ、きちんとお名前を呼んであげてね」
a0164204_19241689.jpg
「ワカちゃんも大好きだったバニラのお話、赤ちゃんにもしてあげてね」
a0164204_19280637.jpg
テルちゃんにお願いされたバニラ、お姉ちゃんになったことが本当に嬉しくてたまりません。

「ヒロキさんに報告してこよう」
バニラはこの嬉しいお知らせをヒロキに伝えたいと思いました。
a0164204_19582448.jpg
かわいい妹の顔を見ながらバニラは夕方になるのを待ちました。
夕方になればドアが開くと思ったのです。
a0164204_20093032.jpg
「ヒロキさんならもう知ってるのかも……でも報告したい。私はお姉ちゃんになったってこと」


そして閉園の音楽が金沢動物園に流れ、夕方になりました。
バニラはドアの所に行ってみました。
a0164204_20204532.jpg
そっとドアを押すとゆっくりと開きました。
バニラはお母さんのテルちゃんの方に振り返ると、テルちゃんはバニラを優しく見つめています。

「いってらっしゃい」
a0164204_20312220.jpg
テルちゃんは小さな声でバニラに言いました。

「行ってきます」
バニラも小さな声で言いました。

6月に入った動物園は閉園してもまだまだ明るく、月もたくさんの星もまだありません。
a0164204_20500838.jpg
バニラはヒロキのお庭を覗きましたがヒロキはいませんでした。
ヒロキはお部屋に戻っていました。
a0164204_20565109.jpg
「ヒロキさん、ヒロキさんいますか?」
バニラはヒロキを窓越しに呼びました。

「おや?バニラじゃないか。久しぶりだねぇ」
a0164204_20584757.jpg
「ヒロキさん、こんにちは。元気そうですね」
バニラはヒロキの顔を見て安心しました。
a0164204_21044836.jpg
「ヒロキさん、私はお姉ちゃんになったの。お母さんに女の子の赤ちゃんが産まれたの。お客さんに見てもらえるようになったの」
a0164204_21071833.jpg
ヒロキは微笑みながらバニラに言いました。
「それは良かった。今年のオセアニア区で一番のお知らせだ」

バニラの嬉しそうな顔を見たヒロキは自分も嬉しくなりました。

「ヒロキさん、ヒロキさんもやっぱり嬉しくしてくれる?お祝いしてくれる?」
a0164204_21213184.jpg
「あたりまえじゃないか。みんなが嬉しそう、楽しそうにしていることが僕は大好きなんだ。昔からずっとね」
a0164204_21243964.jpg
a0164204_21252108.jpg
「テルちゃん、君のお母さんが生まれた時も本当に嬉しかったよ。でも悲しいこと、寂しいことも時々はあるよ。長くここで暮らしていればね」
a0164204_21304789.jpg
「でもそれはしょうがない。それが動物園なんだ」
a0164204_21322632.jpg
「悲しいこと、寂しいことより、嬉しいことがほんの少しだけ多ければいいんだ」

ヒロキはバニラにゆっくりと話しました。すっかりお姉さんになっていたバニラにはヒロキの言っていることが全部わかっていました。

「いいかいバニラ、どんなことがあっても優しく頑張って生きるんだ。いつだって飼育係さん達が一生懸命良くしてくれる」
a0164204_21562617.jpg
「バニラにもテルちゃんにもワカちゃんにも、そして赤ちゃんにも、きっとこれからもいいことがたくさんあるよ」

バニラは時々うなずいてヒロキの話を静かに聞きました。

「ヒロキさん、ありがとう。では私はこれでさよならします。明るいうちに大きなユーカリの木に登って金沢動物園を見回したいんです」
a0164204_22035251.jpg
「赤ちゃんにも、ワカちゃんにも、それからお母さんにもお話してあげたいことをもっともっと増やしたい。時間ならたくさんあるから」


「それはいいことだ。気をつけて行ってきてね。ウォンバットは木には登れない。バニラが羨ましいよ」
ヒロキはバニラを見送りました。
最後にお庭のキウイにまた実が付いたことを教えました。
a0164204_22092205.jpg
「赤ちゃんがもう少し大きくなる頃、きっとキウイの実も大きくなっているよ。またキウイの実を採りにきなさいね」




バニラはオセアニア区の大きなユーカリの木にするすると登って行きました。
金沢動物園の動物達が見えてきます。

「初めまして、インドサイの赤ちゃん。赤ちゃんなのに大きいね」
a0164204_22221614.jpg
a0164204_22264032.jpg
大きなユーカリの木から見る金沢動物園、新しいお友達の姿も見えれば、いつも動物達の姿もはっきりと見えました。
a0164204_22323878.jpg
a0164204_22320442.jpg
嬉しい事もありましたが悲しいことにもバニラは気が付きました。
「嬉しいこと、悲しいこと。今はどっちが多いんだろう」
a0164204_22330570.jpg

a0164204_22334512.jpg
「ヒロキさんの言ったとおり悲しいこと、寂しいことより、嬉しいことがほんの少しだけ多ければいい。嬉しいことばっかり欲しがってたら駄目なんだ」

バニラはオセアニア区の大きなユーカリの木の上からさっき登ってきた月を眺めてつぶやきました。

「お母さんのお母さんも、お母さんがまだ小さなうちにいなくなっちゃった。それでもお母さんは微笑んでいる」
a0164204_22445540.jpg
「それが悲しくないわけじゃないんだけど、嬉しいことがほんの少しだけ多ければいい。 お母さんも飼育係さん達もそれはわかってるんだ。きっと」
a0164204_22534837.jpg
「今私の嬉しいこと。妹が出来たこと」
a0164204_22562419.jpg
「ワカちゃんが大きくなったこと」
a0164204_22581764.jpg
「お母さんが元気なこと」
a0164204_23030447.jpg
「私のお話をみんなが楽しみにしてる。そろそろ戻らなくちゃ」

夜が訪れた金沢動物園のオセアニア区には穏やかな風が吹いていました。
a0164204_23061753.jpg
夜露が降ったコアラ舎までの道のりをバニラは肌寒く感じました。
a0164204_23084473.jpg
今は赤ちゃんが抱きついているお母さんの背中の温かさをバニラは懐かしく思いました。
「お母さんのふわふわの背中にまたくっつきたい」
a0164204_23124324.jpg
「今度お母さんにお願いしよう。甘えん坊って思われちゃうかもしれないけれど」

バニラはコアラ舎のドアをそっと開けました。みんなは眠っていました。
a0164204_23173960.jpg

バニラはテルちゃんの背中にくっついて眠っている赤ちゃんにそっとささやきました。
「赤ちゃん、大きくなったら二人でお散歩に行こう。そしてペリカンさん達の背中に乗せてもらって遠くに行こう」

a0164204_23110827.jpg
「世の中には凄いことや不思議で素敵なことがたくさんあるんだよ」
a0164204_23263764.jpg
「私もまだ少ししか見たことないの。二人で仲良く色々見て回ろう」
a0164204_23283381.jpg
「それまで色々お話ししようね」

そしてバニラもゆっくりと眠りました。
バニラがその日に見た夢はペリカンのモモの背中に乗って広く青い空をお散歩した日の夢でした。
a0164204_23340410.jpg
お姉さんになったバニラの金沢動物園での生活は始まったばかりです。








  




by bon_soir | 2014-06-08 23:56 | 金沢動物園 | Comments(2)
たくさんのご飯で満足のヒロキ
本格的に暑くなりだす前の短い季節、ヒロキはたくさんのご飯を食べます。
a0164204_17435377.jpg
気持ちがいい外で食事が出来るのはとても嬉しいこと。
a0164204_17454769.jpg
ヒロキは暑い季節になれば昼に外には出れません。寒すぎても出れません。

元気な姿にいつものお庭で会えることは幸せなことなのです。
a0164204_17545058.jpg
たくさん食べるヒロキ。
a0164204_17563751.jpg
たくさんの美味しいご飯と、ときおり吹く気持ちがいい風でヒロキは笑顔になります。
a0164204_17592854.jpg
お客さんみんなが大好きなヒロキの笑顔。
ヒロキの笑顔の理由は他にもありました。


「この前の夜、僕のお部屋にコアラのバニラが来たんだ」
a0164204_18080455.jpg
「とっても嬉しそうだった」
a0164204_18054901.jpg
「バニラがニコニコしながら僕に教えてくれたんだ」
a0164204_18160998.jpg
「妹が出来た、そう言ってバニラが笑うんだ」



「僕も嬉しかったよ。テルちゃんに赤ちゃんが出来たってだけでも嬉しいのに、あのバニラがお姉ちゃんになるんだ」
a0164204_18214118.jpg
「ワカもバニラにとってはかわいい妹だったのかもしれない。バニラはワカにもたくさんのことを教えてあげて、たくさんのお話をしてあげたようだ」
a0164204_18263181.jpg
「でも今度は大好きなお母さんテルちゃんの赤ちゃんなんだ。バニラは本当に嬉しかったに違いない」
a0164204_18305967.jpg
「本当に嬉しそうにしているバニラを見ていたら僕も幸せな気持ちになった」
a0164204_18340599.jpg
「またたくさんのお話をしてあげるんだって嬉しそうだった。これからもう一度大きなユーカリの木に登って色々なことを記憶するって言ってね」
a0164204_18400921.jpg

「僕は金沢動物園のオセアニア区が大好きだ」
a0164204_18425606.jpg
「一緒に暮らしている動物達、やさしい飼育係さん達。みんな大好きなんだ」
a0164204_18551757.jpg
「大好きなオセアニア区であなた達お客さんと会いたいね」


「いつまでも、ずっとね」



トンネルの向こうのヒロキ。
a0164204_18573138.jpg
ヒロキがトンネルを通り近くに来てくれる時、お客さんみんなが声をあげて喜びます。
a0164204_19032325.jpg
会いに来てくれる大好きなお客さん達をヒロキは見つめます。
a0164204_19050212.jpg
楽しい夢を見るための、大切な準備の一つ。

a0164204_19153389.jpg
a0164204_19221443.jpg
ヒロキの夢を見るための準備は、もしかしたらヒロキに会いに来たお客さん達が夢を見るための準備と同じなのかもしれません。
a0164204_19353115.jpg
ヒロキがオセアニア区の動物達や飼育係さん、そしてその日に見た色々なことを夢に見る時、ヒロキに会いに来たお客さん達も同じ様な夢を見るかもしれません。
a0164204_19490126.jpg
それは本当に素敵なこと。
a0164204_19502465.jpg
動物園、そして金沢動物園は本当に素敵な場所。

a0164204_19541095.jpg
ずっと前からヒロキのお部屋の窓の所に貼ってある言葉。
a0164204_20001671.jpg
“はい!ヒロキです 今日は見に来てくれてどうもありがとう”



大好きなヒロキの一言です。












by bon_soir | 2014-06-02 20:03 | 金沢動物園 | Comments(4)