<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ゴロさんの夜のはじまり
ひびきの午後、ゴロさんはトコトコ、うろうろ。
a0164204_2521366.jpg

そろそろおなかも本格的に空いてきたころかな。ゴロさんの時間割、16時頃がごはんの時間です。
a0164204_2524435.jpg

フェンスの向こうのしゅっしゅとした草。手を伸ばして届くところは、すっかりゴロさんがおやつとして食べたみたい。
a0164204_253721.jpg

ごはんまで、あと1時間。お部屋の干し草をしょぼしょぼ食べてみたり。
a0164204_2533477.jpg

飼育員さんはまだかしら。
a0164204_2535268.jpg

おなかが空いているときはじっとしていたらいいのかもしれないけれど
a0164204_2542446.jpg

やっぱりウロウロしちゃうね、どうしてだろうね。
a0164204_2543921.jpg

ゴロさんの鼻おしつけ。ぎゅーっとぎゅーっ、ウォンバットの鼻おしつけは、とても楽しそう。
a0164204_25534.jpg

鼻おしつけのおまじないがきいたのか、あっという間に時計の針が進んだみたい。飼育員さんがやってきました。
a0164204_2552635.jpg

おいしいおいもやにんじんも持ってきてくれたのに、まずは干し草から食べるゴロさん。
小さな手をさっささっさと動かす様子が、とってもかわいいのです。
a0164204_2555113.jpg

と、思ったらお口でもぐもぐ。
a0164204_2561318.jpg

干し草の次は、おいもで
a0164204_2564148.jpg

また干し草。干し草が白いごはんで、おいもがおかず。バランスよく食べるけれど、ちょっとせわしなく見えるゴロさんのごはん。
a0164204_2564146.jpg

「ゆうごはんが、ぼくの夜のはじまりなんだ」
a0164204_2573565.jpg

「今夜はどんなことが起きてくれるんだろう。春の夜は気持ちがいいから、ついつい遊び過ぎちゃうんだよ」
a0164204_2574850.jpg

ゴロさんはお庭に出てきます。お皿の中にはおいもがいっぱいで、まだまだごちそうさまはいえそうにありません。
a0164204_2581235.jpg

「お部屋にはたくさんのおいもとふかふかの干し草のベッドが待ってる、それはとても幸せなことだよ」
a0164204_2583438.jpg

お部屋のごはんは、夜のためのごちそう。お庭の草は暗闇の夜には、なかなか見つけられないものね。
a0164204_259469.jpg

ゴロさんはおとなりを眺めます。たくさんの草がいっぱいのお庭、それは大好きだった仲間たちが暮らしたお庭です。
a0164204_259225.jpg

「そろそろシマオさんたちが、園内をお散歩を始めるころなんだ。今夜はどんな話をしようかな」
a0164204_429487.jpg

ゴロさんの夜、どうぶつたちの夜。楽しい夢をたくさん見るために。たくさん食べて、たくさん遊んで。
月のあかりがみんなを見守る星がいっぱいの空の下で。
a0164204_2593762.jpg

知りたくても知ることのできない、ゴロさんたちの秘密の夜です。
by bon_soir | 2014-04-29 06:45 | ひびき動物ワールド | Comments(0)
会いにいけばきっと大好きになるシマオイワワラビー


ゴロさんの事を考えて訪問したひびき動物ワールド。
でもここには種類は少ないけれど暮らしているみんながのびのびと暮らし、そして可愛く魅力的でした。
a0164204_09522207.jpg
シマオイワワラビー達(ロックワラビー)がこんなにも魅力的に感じられるようになったのはここ、ひびき動物ワールドのおかげです。

一番大切な動物達が暮らす環境、なによりそれが抜群です。
a0164204_09555054.jpg
こんなに広くて緑もあってシマオイワワラビーの暮らす岩山がきちんとあり空も広い、こんなに素敵な放飼場が他にあるでしょうか?

そしてなによりお友達がたくさんいてくれてさみしくないこと。
a0164204_10003283.jpg
みんなの顔を見れば楽しく暮らしていることが本当に良くわかります。
a0164204_10053383.jpg
やっぱり楽しそうにしている動物達を見ることはなにより幸せなことです。

リラックスしてる時にとるらしいこの座り方。
a0164204_10080697.jpg
本当にかわいいですね。

あっちでも、こっちでも。
a0164204_10091520.jpg
a0164204_10100013.jpg
シマオイワワラビー達の暮らしがとても良くわかり本当に楽しいです。

ここの大きな魅力の一つ、それは近くで会えて触れ合えること。
a0164204_10133735.jpg
ご飯をあげて一緒に写真を撮れる時間があります。

こんなに近くでみんなに会えて、かわいい写真が撮れるってだけでも嬉しいことなのに……
a0164204_10161938.jpg
a0164204_10164226.jpg
a0164204_10170227.jpg
今までわからなかったシマオイワワラビー達の表情や可愛い手の動き、色々な可愛さに気が付きます。
足の可愛さもたまりません。

ご飯をねだる可愛さは見ている誰もが幸せになれる最高の時。
a0164204_10244117.jpg
a0164204_10245812.jpg
a0164204_10251376.jpg
飼育係さんにご飯をもらい、そしてお客さんにもねだります。
a0164204_10272325.jpg
a0164204_10273025.jpg
a0164204_10283333.jpg
写真だけではこの楽しさは全部を伝えきれません。
私もご飯をあげ、触らせてもらいましたが触れ合えることって凄く素敵なことだと思います。
a0164204_10333426.jpg
a0164204_10342641.jpg
a0164204_10345319.jpg
こんなに素敵な環境を日々努力して作られているスタッフに方々皆さんに心から感謝したいと思います。
全ての動物園で出来る事ではないけれど、ここひびき動物ワールドは誰もが動物のことを好きになり、世界への入り口に出来る素敵な動物園です。

楽しそうなシマオイワワラビー達、見ていると時間が経つことを忘れてしまいます。
a0164204_10412212.jpg
a0164204_10410020.jpg
a0164204_10411115.jpg
ゴロさんの所にも挨拶しに行かなければいけないので、と思うのですがなかなかシマオイワワラビー達の所から離れることが出来ません。

a0164204_10475118.jpg
a0164204_10462732.jpg
a0164204_10455016.jpg
a0164204_10435803.jpg
カンガルー達とも触れ合い、
a0164204_10501882.jpg
ゴロさんとずっと過ごしていると……
a0164204_10515318.jpg
夕方ころ、ゴロさんの家の周りに一人のシマオイワワラビーがやって来ていました。
a0164204_10534189.jpg
きっとゴロさんの大切なお友達。
a0164204_10553735.jpg
夜になれば大勢のシマオイワワラビー達が園内中をお散歩しているそうです。
その光景を想像すれば、それは本当に楽しそうで楽しそうで、夢の様な理想の動物園です。

昼の間もお散歩してる子がいました。
a0164204_10592325.jpg
a0164204_10594660.jpg
人懐っこい子は外でも逃げずに遊んでくれました。

a0164204_11012440.jpg
a0164204_11011912.jpg
幸せな気持ちになります。

時間が来ればみんなで夕ご飯。
a0164204_11025933.jpg
美味しそうに食べています。
a0164204_11044249.jpg
a0164204_11030841.jpg
食べている音が聞こえてくるのも楽しいところ、近いって本当にいいですね。
a0164204_11082450.jpg
飼育係さんみんなが一生懸命で愛情をもって動物たちと接していて、動物達みんなが幸せそうにしている。
そんな素敵な動物園です。
a0164204_11104599.jpg
a0164204_11103118.jpg
a0164204_11102563.jpg
ウォンバットが好きな人だけではなく、ここを訪問できればきっとオセアニアの動物達に愛情と興味がわき世界中の動物のことを好きになれることでしょう。
a0164204_11140896.jpg
a0164204_11132755.jpg
シマオイワワラビー達を通して、オセアニアの動物達がまたさらに大好きになりました。
a0164204_11162419.jpg
遊んでくれて本当にありがとう、シマオイワワラビーさん。
a0164204_11171703.jpg
またきっとここに来ます。
a0164204_11181039.jpg
小さくたって存在はとっても大きなシマオイワワラビーとひびき動物ワールドです。







 




by bon_soir | 2014-04-24 11:22 | ひびき動物ワールド | Comments(0)
トンネルやステージはないけれど
はじめて訪れる動物園では、まずはお目当ての動物にごあいさつをしてから。それがいつもの動物園訪問のパターン。
a0164204_22535243.jpg

だけれど今回の小さな動物園は違いました。
もちろんすぐに駆けつけてあいさつするつもりだったのです。扉を開けるまでは!
a0164204_22542164.jpg

まずは入ってすぐにこんなにかわいいイエローフーティッドロックワラビー、つまりはシマオイワワラビーさんが! 
a0164204_22541793.jpg

わんさかわんさか、わんさかわんさか。
a0164204_2255751.jpg

そしてその先にはイースタングレーカンガルーさん、つまりはオオカンガルーさんがさわさわさわさわとふれあい放題。
a0164204_22554947.jpg

ポッケどうぶつ好きには、本当にたまらない、夢のような素敵な場所が日本にあったなんて。
a0164204_2255834.jpg

胸が苦しくなるほど感激でいっぱい。
やっと初めましてのあいさつをすることができたのは、入園してから1時間は過ぎていたでしょうか。

ゴロさん。北九州市の小さな小さな動物園、ひびき動物ワールドに暮らすコモンウォンバットのゴロさん。
a0164204_22561242.jpg

真っ白な前足の爪に赤ちゃんのようなかわいい後ろ足の爪。これはゴロさんの特徴かと思います。
a0164204_22562098.jpg

まん丸なおしりをゆらゆら、ウォンバットらしくのんびりとトコトコトコトコ歩きます。
a0164204_22565250.jpg

おうちの入口の角っこも毛づくろいのポイント、どんな顔して毛づくろいしてるの? ゴロさん。
a0164204_22571130.jpg

ゴロさんはこちらの大きなおうちで暮らしています。
反対側は一面に開放的な窓がついており、おうちでの様子がよーく見えるようになっています。
a0164204_22572992.jpg

お庭は運動場のようなフラットなスタイル。広さはヒロキのお庭と同じくらいでしょうか。
a0164204_22572615.jpg

胸の高さくらいまでは、フェンスがありさらに乳白色の板がはめ込んであります。
a0164204_22575545.jpg

その上はカラス避けのグリーンネット。撮影にはちょっと厳しいけれど、フェンス1枚隔てただけの近さ! という感じを
a0164204_2258632.jpg

何度も何度も実感できました。近づいてくる小さな足音やふうふうする息づかい、ゴロさんの音を近くに感じる幸せ。
a0164204_22584437.jpg

おうちの窓からはこんな感じです。おいしく干し草を食べるゴロさん。
a0164204_22585022.jpg

寒竹の枝や葉を食べつつ、さらに干し草。干し草は栄養いっぱいだもんね。
a0164204_2259933.jpg

もちろんお皿のごちそうもいただきます。にんじんとおいも、ペレットなどなど。
a0164204_22592425.jpg

おいしいね、ゴロさん。
a0164204_2302176.jpg

こうして実際に会うまでは、おでこの傷としゅっとしたまなざしが「ゴロさん」という印象だったのですが
a0164204_230292.jpg

実際はとっても優しさいっぱいのハンサムさんで
a0164204_2305457.jpg

普通にかっこよくて
a0164204_2304292.jpg

ゴロさんと、さん付けで呼ぶには、まだまだ若々しい顔立ちです。
もちろんヒロキやチューバッカよりも断然若い23歳だもんね、ゴロ!
a0164204_23124100.jpg

ゴロ! って呼べば
a0164204_2314382.jpg

こんなに幸せそうな顔を見せてくれる。この顔を見ただけで、ゴロの楽しい毎日を想うことができる幸せ。
a0164204_232923.jpg

たくさんのかわいいシマオさんたちや
a0164204_2322121.jpg

のんびりいっぱいのカンガルーさんたち
a0164204_232217.jpg

かわいいケナガワラルー親子たち。
a0164204_2325935.jpg

オーストラリアの仲間たち、そして何よりも大事に大事にお世話をしてくれる飼育員さんたちに囲まれて
ゴロさんは幸せに暮らしています。
a0164204_234368.jpg

トンネルやステージ、土管や臼のベッドは持ってないけれど、大きな空や気持ちのよい風に包まれてゴロさんは暮らしています。

なかなか会えないゴロさん、いったいどんな暮らしをしているんだろうと不安な気持ちがいっぱいでしたが、まったくの心配ご無用だったようです。大切にお世話してくれる飼育員さんたちは、動物たちのことをまっすぐに考えてくれているあたたかいみなさんでした。

閉園間際、ゴロさんを訪ねてきたシマオさんに遭遇しました。いちばんのなかよしのお友達だね、きっと。
a0164204_2333041.jpg

多摩動物園のくじゃくさんたちのように、普通にシマオさんたちが自由に園内をお散歩しています。
本当に素敵な素敵な動物園、小さなオーストラリア、ひびき動物ワールド。またひとつ大好きな動物園ができました。
by bon_soir | 2014-04-21 23:52 | ひびき動物ワールド | Comments(10)
アマラとヴィドゥラ
多摩動物公園の若いゾウ達。
a0164204_19523243.jpg



アマラと
a0164204_19475512.jpg


ヴィドゥラ
a0164204_19485074.jpg



永く生きるゾウ達にとってはまだまだ子ども


急にプールに入るアマラ
a0164204_19504784.jpg

とっても気持ちよさそう
a0164204_1951328.jpg




二人はいつも仲良し
a0164204_19534718.jpg



a0164204_1954096.jpg



これからもずっと一緒です
a0164204_19543559.jpg


ずっとずっと何十年も一緒
a0164204_2011348.jpg


二人の多摩動物公園での時間はまだ始まったばかり
たくさんの日々を過ごし、たくさんの夢を見ていくことでしょう

アマラとヴィドゥラ
とても可愛い大きな二人です




  
by bon_soir | 2014-04-11 20:16 | 多摩動物公園 | Comments(0)
ヒロキのすてきな朝ねぼう
気持ちよく晴れた日ようびの朝です。
一番乗りでヒロキのお部屋へ向かったけれど、ヒロキはまだまだ夢のなか。
a0164204_0295395.jpg

…………と思ったらいきなりの、おはよう!
a0164204_030386.jpg

干し草のベッドをさっささっさと片付けて、ヒロキの朝のおそうじです。えらいね、ヒロキ!!
a0164204_030163.jpg

…………と思ったらまたもやベッドを整えはじめて
a0164204_0303171.jpg

おやすみ、ヒロキ。ヒロキの寝起きはちょっとぐずぐず。あまりよい寝起きではなさそうだね、ヒロキ。
a0164204_0304712.jpg

ちょっと起きて
a0164204_031685.jpg

あくびをいくつか。
a0164204_0312017.jpg

ヒロキはまた夢の中へ戻ります。
a0164204_0313489.jpg

いくどもいくども、起きては片付け起きては片付け。楽しい夢の続きを見るためのおまじないなのかもしれません。
a0164204_0315285.jpg

ほんのちょっと前のことなのに、目を開けた瞬間に忘れてしまう夢。とっても楽しかったことは覚えているのにね。
こうやってぼーっとしていたら、ねむりの神様がやってきてまた夢の中へ連れて行ってくれるはず……
a0164204_0321425.jpg

だけどそろそろ起きなくちゃ。寒くもなく暑くもなく気持ちのよい春の朝です。
飼育員のおねえさんがやってきます。大きな声でヒロキを呼んで、お部屋の扉が開きます。
a0164204_0322957.jpg

おはようヒロキ。朝いちばんは静かだったヒロキのお庭も、とってもにぎやか。ヒロキが起きるのをみんな待っていました。
a0164204_0324663.jpg

いつもの坂道でちょっと毛づくろい。朝の身支度ひとつひとつが、みんなを笑顔にしてくれます。
a0164204_033166.jpg

「あらためてみんなおはよう!」 ヒロキはたくさんのお客さんの笑顔を確かめながら坂道を歩きます。
a0164204_0331955.jpg

朝露がきらきらとひかるお庭の緑の上に置かれた、青草。ヒロキの素敵な朝ごはん。
a0164204_0333817.jpg

ちょっと朝寝坊して、素敵な夢を見て、おいしい朝ごはんを食べて。誰が見ても気持ちのよい日ようの朝。
a0164204_0335999.jpg

今日も楽しいことがいっぱいありますように、やさしい風がオセアニア区を吹き抜けていきました。
a0164204_0341646.jpg

by bon_soir | 2014-04-10 02:12 | 金沢動物園 | Comments(2)
春は眠いよ、チューバッカ
寒かった冬は過ぎ、暖かく眩しい春がいつの間にか南の方からチューバッカの所にもやって来ました。
a0164204_21240431.jpg
苦手な夏が来る前のちょっとの間の気持ちがいい季節、大好きな春です。

ただ本当に気持ちがいいせいか、眠くて仕方がないのです。
a0164204_21381241.jpg
お庭の散策をしていても、
a0164204_21345042.jpg
眠くて眠くてしかたのないチューバッカ。
a0164204_21395577.jpg
たくさん眠らなくてはいけないこと、それはたくさんの夢を見るために必要なこと。
a0164204_21420622.jpg
チューバッカは夢を見る準備を毎日欠かさずやってきました。

たくさんの丸太と戦ったり、
a0164204_21471892.jpg
舞台からお客さん達を眺めたり、
a0164204_21484538.jpg
夢を見る準備が出来たチューバッカは眠らなくてはいけません。

それは神様との約束。
a0164204_21532109.jpg
寂しがり屋のチューバッカはいつも誰かと一緒に夢を見ます。
a0164204_21555134.jpg
今日、一緒に夢を見るのは麻袋。
a0164204_21565442.jpg
仲良く手をつないでチューバッカは夢を見ています。

気持ちのいい春の気持ちのいいお昼寝。

チューバッカが見る夢はきっと楽しい夢に違いありません。
a0164204_22010288.jpg
幸せそうにお昼寝を続けるチューバッカ。
a0164204_22132278.jpg
今日の夢は大好きな多摩動物公園のオーストラリア園の夢。
それは幸せな楽しい夢。



「パルマワラビー達に今年も赤ちゃんが産まれたようだ」
a0164204_22231047.jpg
「そうだよ、お母さんのポッケから出てきたらまずは辺りを見渡してみるんだ」
a0164204_22241291.jpg
「怖がらないでお庭の中の小さな冒険をするんだ。それが君の全ての始まり」
a0164204_22255272.jpg
「楽しいこと、素敵なこと、そして不思議でわくわくすることがきっとある。最高の冒険をするんだ」




「フサオネズミカンガルーさん、僕もね、暗い所は楽しいと思うんだ」
a0164204_22293672.jpg
「でもね、たまには明るいところに来てみてよ」
a0164204_22305480.jpg
「眩しいかもしれないけど目をこらすんだ。きっと綺麗な物がたくさん見えるはず」
a0164204_22335993.jpg
「それはとっても素敵なことなんだ」




「ねぇワラルー、いつも隣にいてくれてありがとう」
a0164204_22355801.jpg
「また僕のお庭に来てくれよ。干し草だったら僕のを食べてもいいからさ」
a0164204_22374785.jpg
「僕と話をしないかい? 話したいことがたくさんあるんだ」






3月、29歳になったチューバッカ。
きっと世界一長寿のコモンウォンバットです。
a0164204_22445221.jpg
心配な所もあるけれど、毎日頑張るチューバッカ。
a0164204_22580717.jpg
チューバッカだけではなくウォンバットというとてもかわいい動物に少しでも興味をもったら会いに行ってあげてください。
a0164204_22593360.jpg
故郷から遠く離れた日本で、みんな儚く健気に静かに暮らしています。


一人一人にドラマを感じ、世界への入り口を想像してください。
a0164204_23100425.jpg
ウォンバット達に会えばそれはきっと簡単なこと。


短い春と短い秋は動物園の季節です。
春が秋と違う所、それはお花がたくさん咲く季節だってところ。




チューバッカやヒロキ、そしてウォレス君やウォンバット達みんなが待っています。

お花を眺めながら待っています。






 




by bon_soir | 2014-04-05 23:15 | 多摩動物公園 | Comments(2)