<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
チューバッカとオレンジブイくん、そしてよいお年を
今日もチューバッカはお庭のパトロールに余念がないんだ。
a0164204_2237999.jpg

いつもモデルの仕事をこなすステージだって、パトロール中は見張りの砦になる。
a0164204_22372631.jpg

夏の間は緑でいっぱいだった庭も、今年の冬は枯れ草でいっぱい。
a0164204_22374181.jpg

ひとり孤独に荒野を歩くチューバッカ。わるいやつだって、こんなお顔を見たら降参しちゃうよね。
a0164204_22375949.jpg

まだ帰る時間には早すぎる。そんなことはわかってる。でも一応見ておかなきゃいけない、それがパトロールなんだね。
a0164204_22381368.jpg

山の方から怪しい音が聞こえてくる、それがちょっと気になるよ。
a0164204_22382666.jpg

新しいアジアゾウのおうちを造る工事が始まったんだよ、体が大きい彼らのおうちはさぞかしでっかいんだろうね。
a0164204_22384154.jpg

取っ手のステージも問題ないようだね、チューバッカ。
a0164204_22385530.jpg

チューバッカ、ぼくはね、いつも見ているんだ。君の毎日を。
a0164204_2239769.jpg

ごきげんな日も
a0164204_22391987.jpg

ちょっと調子が悪そうなときだって、ぼくはわかる。だってこうしてずーっときみのお庭できみを見ているから。
a0164204_22393640.jpg

最近はドンゴロスくんと仲良しなようだけれど、それでもいいんだ。僕だってほら、君たちと一緒に写真にうつってる。
a0164204_22395134.jpg

きみがお部屋に帰ったあとは、しっかりぼくがこのお庭を見ているからね。
a0164204_224061.jpg

チューバッカ、今年も本当にがんばったよね。どうしてなんだろう。きみのパワーはどこからくるんだろう。
a0164204_22402268.jpg

そろそろ、パトロールはおしまいかな。
a0164204_224037100.jpg

ライオンバスのおしまいの時間の音楽がきこえてきたね。
a0164204_22405227.jpg

ちょうどこれくらいの時間になると、おとなりのシマオさんたちが活発になってくるんだ。
a0164204_2241765.jpg

大丈夫、ワラルーたちともうまくやってる。
a0164204_22412323.jpg

向こうを見るチューバッカの背中はちょっと寂しそうなんだ。ぼく、それがちょっとつらいよ。
a0164204_22414158.jpg

チューバッカとぼく。大きなミカンだっていわれたんだ、かわいい男の子がね、チューバッカの好物なんだっていってたよ。
a0164204_2242445.jpg

それはちょっと違うけど、でも何だかうれしいよね。


今日もオレンジのブイくんはゆらゆらとチューバッカを見守ります。
何事もない、普通な1日がまた終ろうとしています。それがいちばんの安心。ほっとした空気がお庭にも流れているようです。
こうしてパトロールも終わり、ブイくんのおしゃべりも終わりのようです。見張りの砦は大きなステージに変わります。



さっきまでの真剣なまなざしはどこへやら。かわいいお顔のチューバッカがあらわれます。
a0164204_22421779.jpg

大きな目で、たくさんのお客さんを今年も見てきたんだね。今年も本当にありがとうね。
a0164204_22423678.jpg

私の今年の動物園の訪問は、この日の多摩動物園が最後でした。
a0164204_22425966.jpg

チューバッカ、来年も楽しい姿を見せてね。もうすぐそこまで来年がやってきています。
a0164204_22432048.jpg

みなさん、今年もたくさんのご訪問ありがとうございました!
a0164204_22433786.jpg

真新しい年はもうすぐそこまできています。
みなさんにとって、どうぶつたちにとって本当に素敵な年になりますように。
来年もどうぞ、たくさんの動物園の動物たちにやさしい応援をお願いいたします。
by bon_soir | 2013-12-31 23:35 | 多摩動物公園 | Comments(4)
突然のおしらせ
街中からクリスマスの音楽が消えて、来年のあしおとがずんずんと聞こえはじめたころ
とっても大切なおしらせがとても静かに流れてきました。
それは金沢動物園のウメちゃんが、12月26日に王子動物園へのお引っ越しのニュースです。
a0164204_0181355.jpg

ウメちゃんの写真を見返すも、あまりの突然のことで何だか落ち着かなくてなかなかよい写真が見当たりません。
かわいい写真を残しておきたいのに、ユーカリの葉っぱをむしゃむしゃ食べる姿のウメちゃんばかり。ごめんね、ウメ。
a0164204_0183756.jpg

食べてるか眠ってるか、テルちゃんバニラ母娘の横で、マイペースにコアラらしく過ごしてくれたウメちゃん。
a0164204_018578.jpg

いつかはどこかへお引っ越しするかもとは思っていたけれど、この時期にいきなりとは、少し辛いです。
いつもそっとそばにいた無口なお友達が、突然引っ越しちゃったような寂しさです。
a0164204_0425617.jpg

去年の秋におかあさんになって、今年は本当に本当にかわいいコアラの母娘の姿を見せてくれました。
a0164204_0374926.jpg

どこで教わってきたのかなと思うくらい、はじめてとは思えないような、落ち着いたおかあさんぶりだったウメ。
a0164204_0212598.jpg

さびしいくらいにあっという間に独り立ちしたワカちゃんも、ちゃんとおいしいユーカリを見つけることができてます。
a0164204_0543578.jpg

もりもり食べてぐっすりねむる、ワカちゃんも健やかに元気に育っていくことでしょう。だから心配はご無用ですよ、ウメ。
a0164204_022959.jpg

かわいい赤ちゃんを見せてくれたのはもちろんだけれど、ライタくん似の赤ちゃんを産んでくれたことは本当にうれしい。
a0164204_0261866.jpg

おとうさん似とは、ウメちゃんには不本意かな……でもまだまだ成長するワカちゃんの中に、きっといくつもウメを見ることでしょう。
それを母娘いっしょに並んでくらべて見ることができないのが、とても寂しいです。


ウメちゃん、金沢動物園のすてきなオセアニア区のことは、王子動物園でも時々は思い出せると思います。
王子には赤ちゃんのときに引越していった大好きな、モミジおかあさんやテルちゃんのおねえさんのソラちゃんがいます。
王子動物園にいる女の子コアラたちは、みんな知っているのです。
a0164204_382061.jpg

カンガルーたちのパタパタとした乾いた足音や
a0164204_35154.jpg

ワライカワセミの楽しいおしゃべり
a0164204_363991.jpg

そしてヒロキのお庭からきこえる笑い声を。
a0164204_371591.jpg

今頃はきっとたくさんのおみやげばなしを、みんなでしているかもしれません。
a0164204_0224588.jpg

ソラちゃんにはテルちゃんとバニラのお転婆を、モミジさんには、おかあさんになったことの報告をしているでしょうね。
a0164204_0232144.jpg

向こうでもたくさんの応援をもらって、たくさんたくさんおいしいユーカリの葉っぱを食べて
a0164204_0235792.jpg

王子の素敵な男の子コアラと仲良くなって、またかわいいかわいい赤ちゃんを見せてほしいと思います。
a0164204_026031.jpg

私もいつか会いにいくからね。その時まで、またね。まずは無事に王子に到着していますように。
by bon_soir | 2013-12-27 03:36 | 金沢動物園 | Comments(4)
ヒロキ、紙芝居について考える
前回の記事ではちょっと失礼しちゃいましたね、ごめんねヒロキ。
あの日のヒロキは、こんな風にあたたかくてやさしい陽のあたるトンネルで朝からのんびり。
a0164204_7544688.jpg

たくさんのお客さんの応援になかなか寝つけなかったようでしたが
a0164204_7565588.jpg

ときおりすぅすぅと寝息がきこえてきて、うつらうつらのおひるねを楽しんでいたヒロキ。あったかいもんね、おひさまは。
a0164204_7563060.jpg

おとなりのカンガルーさんたちもいつもの場所からヒロキを応援している、いつもと変わらないあたたかな冬の日ようび。
a0164204_7573681.jpg

いつもより早めにお昼寝を切り上げて、人が集まったテラスの方をうかがいます。
そうです、ヒロキも紙芝居のことはとっても気になっていたようでした。
a0164204_7582457.jpg

「紙芝居ってなんだろう。ヒロキの1日っていうタイトルがついてる。ぼくが芝居をするの? っておねえさんにきいてみたんだ」
a0164204_7592716.jpg

「今笑ったりしなかったかい? ぼくが芝居をしているところを想像したりしたんじゃないかな」
a0164204_759505.jpg

「マントをつけて剣をもったり、王冠をつけてはだかで歩いたりとか……ぼくもちょっとだけ想像してみたんだ」
a0164204_802481.jpg

「ふふふ……」
a0164204_81613.jpg

「でもね残念ながら、紙芝居っていうのは絵なんだって。だから扮装もないし、ぼくの役は読み手の人がやってくれる」
a0164204_814658.jpg

「ぼくの役をぼくがやったらお芝居じゃないもの、あたりまえだよ」
a0164204_82676.jpg

「ちょっと浅はかすぎたね……あなたもぼくも……ただ扮装のこと考えてみたかっただけだったかもしれない」
a0164204_822153.jpg

うーんとテラスの方へ体を伸ばしたヒロキ。そろそろ紙芝居が始まります。そこからだと見るのは難しいかな。
a0164204_824119.jpg

ふふふふふ。楽しい笑い声がきこえてきます。ヒロキも一緒に楽しんでいるのでしょうか。
a0164204_831360.jpg

「声しかきこえなかったけれど、楽しいものなんだね、紙芝居って。みんな笑ってるよ、あなたも笑ってる」
a0164204_833364.jpg

ゆっくりまわりを見渡して、ヒロキはとても穏やかにほほえみます。
「本当の毎日は紙芝居のようにはいかないけれど、いつもこうしてみんながそばにいてくれることがとてもうれしいよ」
a0164204_835788.jpg

「いつも同じ結末じゃないし、拍手喝采で1日が終わるわけではないけれど、それはそれでいいものなんだ。だって昨日もおとといも、明日も明後日も四六時中ずーっと楽しさが続いていたら、忘れちゃいそうだ、昨日のこともおとといのことも」


そろそろ風も冷たくなってきたころ、お部屋への扉をおねえさんがあけてくれました。
a0164204_841910.jpg

さてもう一度紙芝居が始まるようです。ヒロキ、そこからならばっちり絵も見えますね。
a0164204_844061.jpg

ヒロキの今日はどんな1日だったでしょうか、今はごはんをもりもり食べてる頃かな。
いつももりもりガリガリ食べている彼の大好物のペレットは、実は九官鳥さん用のものなのだそうです。
飼育員さんがヒロキの健康のことを考えて出してくれているようですよ、紙芝居が教えてくれました。
by bon_soir | 2013-12-22 17:34 | 金沢動物園 | Comments(2)
うんちと紙芝居
今回の記事はヒロキのうんちの写真がたくさん出てきます……その手のものが苦手な方はごめんなさい。
a0164204_2505176.jpg

ののはな館にいくと、ヒロキや他の動物たちのうんちを見ることができます。
ウォンバットは四角いうんち、といわれています。画像検索するとずばりサイコロ、キューブ形のものもみかけますね。
a0164204_2521093.jpg

まん丸だところころ転がってしまうからなのでしょうか。穴をねぐらにしていたら確かに転がるうんちは具合が悪いです……。


さてさて、トンネルでのおひるねを切り上げたヒロキ。坂道でのウォーキングの合間にちょっとしつれい。
a0164204_2533326.jpg

なんとも大きなかたまりが! これはちょっとばかりウォンバットのセオリーに反するよ、ヒロキ。
a0164204_4154828.jpg

おいしいおいもをいっぱい食べたからかな。
a0164204_2551992.jpg

もちろん、ののはな館にあったようなものが出ることもあるし、おなかを壊し気味かな? っていう時もあります。
a0164204_2581853.jpg

うんちは健康状態がわかる大切なもの。だから飼育員のおねえさんがお掃除のときにはちゃーんとチェックしてくれてます。
a0164204_259461.jpg

安心だね、ヒロキ。でも今回のはちょっと大きすぎて、その横をヒロキが通るたびにおかしくて吹き出しそうになるよ。
a0164204_312942.jpg

とクスクスしてたらいきなりの毛づくろいが始まります。
a0164204_331466.jpg

おしりをうーんとあげて、さっささっさと軽快な毛づくろい。おどろきのヒロキの柔軟性。
a0164204_345253.jpg

もしかして大きな『おとしもの』を出したから、体も軽やかなのかしら、ヒロキ。
a0164204_361931.jpg

なんとなくお顔も晴れ晴れとしてるような。
a0164204_381064.jpg

ヒロキ、うんちと共に。何だかとても誇らしげに見えます。
a0164204_384754.jpg

「きっちりさいころ型に出てきてくれるときと同じくらい、大きな『おとしもの』はわけもなくうれしいんだ」
a0164204_39151.jpg

空の上に顔を向けて笑います。お空の上の誰とおはなししているの? ヒロキ。
a0164204_393896.jpg

やさしくおだやかな顔でヒロキはお散歩を続けます。
a0164204_395244.jpg

「そろそろ始まるはずだよ、ぼくのテラスでね。みんなゆっくりしていってね」
a0164204_3112179.jpg

小さな子どもたちが、集まります。この日はこんなかわいいヒロキの紙芝居がテラスで行われていました。
a0164204_310620.jpg

帝京科学大学zoo研の学生さんたちの愛情いっぱいの紙芝居。第1・3日曜日に行われているようです。
たくさんの方々がヒロキのことを知ってくれたらいいなと思います。
とりあえずは、ヒロキはウォンバットということを知ってほしい。
世界最大の齧歯目ではありません(笑)
by bon_soir | 2013-12-20 02:48 | 金沢動物園 | Comments(4)
クランプへのお願い
早いものでもう3年になります。3年経ってもクランプが残していったたくさんの思いは忘れることはありません。
a0164204_0335522.jpg

クランプが遠い遠いところへ旅立ったのは2010年の冬のこと。突然のお知らせはあまりにも悲しいできごとでした。
a0164204_0341742.jpg

私たちのまえに突然とあらわれた黒い毛のウォンバット、クランプ。
チューバッカのお嫁と間違えてしまったくらいかわいくて、おとなしいちょっと小さなウォンバットでした。
a0164204_0344353.jpg

12年暮らしたドイツのハノーバー動物園から飛行機に乗せられて、着いた場所が懐かしい多摩動物園だったなんて。
さらにチューバッカがまだまだ元気で頑張ってくれてたなんて。
a0164204_03516100.jpg

私たち以上に驚いていたんでしょうね、クランプ。もちろんチューバッカだってびっくりしていたと思います。
a0164204_036622.jpg

春にやってきたクランプは日が経つにつれてどんどんよいお顔になって、夏の日ざしがかんかんと照るころには
すっかりヨーロッパ帰りのかっこいいウォンバットになっていきました。
a0164204_0362662.jpg

いつも穏やかでトコトコゆっくりと歩いていたくせに、ヨーロッパの話もそこそこにあっという間に旅立ってしまったクランプ。
みんなに元気な姿も見せてごぶさたの挨拶がまるでさよならだったかのように、クランプは逝ってしまいました。
a0164204_0364632.jpg

もっともっとクランプのことを知りたかった。雪の日のクランプ、桜の花びらの下のクランプ……
頭の中での楽しい妄想も増えていくけれど、さみしい気持ちもいつまでたっても消えることはありません。



クランプはお空の上から、こんな風にチューバッカを見守ってくれていると思います。ちょっと心配そうかな。
でも大丈夫、こう見えてもクランプはうんと長生きして最後は日本へかえってきてくれた立派なウォンバットだもの
大きな大きな守り神様になったと思います。
a0164204_037511.jpg

だから今日もクランプにお願いするのです。
どうかチューバッカや日本のウォンバットたちが、穏やかに元気でくらせるように。
a0164204_0372424.jpg

クランプいつも見守ってくれていて、本当にありがとう。
そして今まで以上にこれからが本当のお願いのような気がするのです。
どうかどうかウォンバットたちが命を縮めることのないよう、健やかに穏やかに幸せに暮らせますように。
クランプ、よろしくお願いしますね。
by bon_soir | 2013-12-16 02:15 | 多摩動物公園 | Comments(2)
ビワがいない寒い冬
キノボリカンガルーは野生下、飼育下ともに数が少なく大変貴重な動物です。
世界的な保護、繁殖活動のためにズーラシアで暮らしていたビワも春にオーストラリアの
メルボルン動物園に旅立ってしまいました。


ズーラシアに、日本に一人残されたビワのお母さん、ワリ
a0164204_8572689.jpg

ワリはビワがいなくなった小さいけれど素敵なお庭で春から夏、そして短い秋と暮らし、気がつけば寒い冬になっていました。

ビワをポッケの中に入れて日本にやってきたワリ
a0164204_954986.jpg

かわいいお母さん

ずっと一緒だったビワのことを考えると少し心配になるワリ
a0164204_9261833.jpg

でも、その心配よりビワがお母さんになるかもしれないことが楽しみです。

ビワがお母さんになればかわいいおばあちゃんになるワリ
a0164204_9294162.jpg

ワリがおばあちゃんになる日はきっと遠くありません。

ときおり空を見上げ、聞こえるはずはないビワの声を探すワリ
a0164204_9422949.jpg

聞こえてくるのは秋の終わりの風の音、その中に小さく聞こえるビワの声を探します。

優しいキノボリカンガルー、優しくかわいいキノボリカンガルーのワリ
a0164204_9591817.jpg

キノボリカンガルーは毛並みも綺麗ですが、瞳はもっと綺麗です。
ワリは澄んだ瞳でビワのことをずっと見てきました。

寒い今年の冬にワリのそばにビワはいません。
a0164204_1043324.jpg

今までよりさみしい冬になります。

ワリは一生懸命思い出します。
日本に来る時、移動してる間に「静かにしててね」とビワに言った日のことや、一緒に桑の葉を食べた日のことを。

メルボルン動物園で暮らすビワもきっとワリのことを気にしていることでしょう。
ワリもそれをわかっています。

ワリはつぶやきます
「ビワ、私のことは心配いらないよ」
a0164204_102215.jpg

「今年も冬が来たけれど、こうして陽が当たる所はまだ暖かいから」
a0164204_10234294.jpg

「そのうち、またアマゾンセンターの所に行くのかもね」
a0164204_10252059.jpg

「あそこはとても暖かいから」
a0164204_10255158.jpg

「ビワ、そちらの暮らしにはもう慣れましたか」
a0164204_10533066.jpg

「ご飯は美味しいですか」
a0164204_10543793.jpg

「みんなは仲良くしてくれてますか」
a0164204_10565744.jpg

「何か困っていることはありませんか」
a0164204_1128271.jpg

「そこから空は見えますか」
a0164204_10593796.jpg

「たくさんの星は見えますか」
a0164204_111611.jpg

「風の音は聞こえますか」
a0164204_1121264.jpg

「私の声は聞こえますか」


遠く離れた日本での暮らしをワリは楽しんでいます。
お庭にたくさんのお花が咲く春、暑いけど時々吹き抜ける風が気持ちいい夏
a0164204_1165249.jpg

涼しくなって虫の声もたくさん聞こえてくる秋を
a0164204_119078.jpg

寒いけど澄んだ青い空がとても高く気持ちがいい冬を
a0164204_1110264.jpg

故郷からは遠くはなれてしまったけど、優しい飼育係さんとたくさんのお客さんに会える動物園での暮らしを、ワリは楽しんでいます。

ずっと一緒だったビワは離れて遠くに行ってしまいました。
今年の冬は初めてのそんな冬。
a0164204_11162913.jpg

さみしくてもワリはそのことを嬉しく思っています。
自分にビワという大切な子供ができたように、ビワにもかわいい大切な赤ちゃんが産まれるかもしれないからです。


ビワのいない寒くて少しさみしい初めての冬。
それでもワリは今までどおり優しく微笑みます。
a0164204_11203079.jpg

今のさみしさよりも少しあとで聞く嬉しいお知らせのほうがずっと楽しみだからです。




「ビワ、元気で暮らしてくださいね。お母さんは大丈夫。そういえば新しいお友達も来てくれたんですよ」





  
by bon_soir | 2013-12-10 11:29 | ズーラシア | Comments(2)
秋のブッチ
冬が来てしまいましたので、今年の秋の写真。

プロングホーンのブッチと素敵なお庭
a0164204_0424595.jpg


本当に秋が短くて悲しいです


 
by bon_soir | 2013-12-09 22:00 | 金沢動物園 | Comments(0)
5歳になったコアラのテルちゃん
ユーカリの葉っぱのベッドの上から下におりてきたかわいいコアラの女の子は、じっと何かを探しているようで
a0164204_4165378.jpg

ゆっくり、とことことことこ歩きまわっていました。
a0164204_4155730.jpg

大きな目で何を探していたの?
a0164204_416242.jpg

今度はお部屋の中でもいちばん背の高い大きな丸太に登ります。ここはおうちの中でもいちばん高いところ。
小さな女の子コアラは見つけました。
お客さんの賑やかな声が聞こえる場所、たくさんの優しい声が聞こえる場所を。
a0164204_4195849.jpg

金沢動物園のコアラのテルちゃん。ひとりだちしてすぐにおかあさんを亡くしたちいさなコアラのテルちゃん。
a0164204_418132.jpg

ひとりでぼっちでさみしくて悲しくなっても、おとなりのコアラさんや、飼育員さん、お客さんたちがいてくれるけど………
ひときわ見晴らしのよい丸太さんの上でじっと悲しさをがまんをしてるような様子に、みんなが優しい声援を送ります。
a0164204_5525669.jpg

みんながそっと見守っていたテルちゃんもあっという間に大きくなって、先月5歳のお誕生日を無事に迎えました。
a0164204_4294178.jpg

いつの間にかおかあさんになって、バニラというちっちゃなちっちゃな赤ちゃんを私たちに見せてくれたテルちゃん。
a0164204_5273533.jpg

いつもさみしさと一緒にいてくれた丸太さんに、赤ちゃんと登るテルちゃんの幸せ、それを見る私たちの幸せ。
相棒だった丸太さんからも、たくさんの祝福をもらったことでしょう。
a0164204_5271936.jpg

バニラが独り立ちをしてまたひとりの生活に戻ったけれど、もうテルちゃんに寂しさを感じることはありません。



少しばかり不思議なコアラに育った娘をお隣からそっと見守ったり
a0164204_434598.jpg

冒険や好奇心がすぎて、いつも何かと飼育員さんにお世話をかけるむすめのバニラに
a0164204_4394226.jpg

ちょっと怖い視線を送る様子は、ヒトのおかあさんとなんのかわりもありません。
a0164204_4421426.jpg

ひとりでもこんなにも優しくて幸せな顔を見せてくれるテルちゃん。
a0164204_4434732.jpg

いつもはコアラ館の真ん中のユーカリポッドの上で、すやすや眠っているテルちゃん。
a0164204_5523433.jpg

ずっとかわらずにいてくれる相棒の丸太さんとともに。何やら楽しい予感がしますね。
a0164204_4382667.jpg

金沢動物園のコアラのテルちゃん。これからも穏やかで楽しい毎日をすごすことができますように。
by bon_soir | 2013-12-02 09:01 | 金沢動物園 | Comments(4)