<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
コアラのワカちゃん、ひとりがんばる
夜のコアラのおうちは照明の緑色がいちだんと際立ちます。
テルちゃんがやさしく見ているのは
a0164204_0553414.jpg

すやすや眠るむすめのバニラ。
a0164204_0544829.jpg

そしてウメちゃんがじーっと見つめているのは
a0164204_0555619.jpg

うとうとし始めた、むすめのかわいいワカちゃん。
a0164204_055943.jpg

ふたりともむすめを見守っていたけれど、それもほんのひととき。テルちゃんもむすめ同様かわいい寝顔になりました。
a0164204_0562892.jpg

そのあと、おとなたちが眠ったコアラのおうちの中で、ひとりがんばる赤ちゃんのワカ。
a0164204_0592074.jpg

みんながちっちゃなワカを応援しています。かわいいかわいいって声は聞こえてる? ワカちゃん。
a0164204_058699.jpg

今日と明日で週末のにぎやかな夜も終わります。ワカの夏のいちばんの楽しい思い出はなんでしょう?
「楽しいことを忘れないようにするにはどうしたらいいの? おかあさんにおはなしようとしても何だか忘れちゃうの」
a0164204_0565411.jpg

“たくさん眠ってたくさん夢をみるんだよ。夢の中でみんなにおはなしするんだ、楽しいことをね。何度も何度も”
a0164204_0573081.jpg

「だからおかあさんやテルさんは眠ってばかりなんだね、バニラお姉ちゃんはそうでもないけど」
a0164204_0583267.jpg

あ、でもこれは誰の声だろう、ワカにはまだはっきりとはわかりません。
だけどバニラおねえさんが時々おはなししていることと関係がありそうな、そんな気がしています。

今日もワカちゃんはどんな発見をしているのでしょうか。たくさんの夏の思い出を作ってね、ワカ。
今夜は花火大会もあるようで、金沢動物園はにぎやかになりそうです。
by bon_soir | 2013-08-31 11:52 | 金沢動物園 | Comments(6)
ヒロキのナイトZOO おなかが空いたよ編
この前の日曜日。ザーザー降りの雨もあがり始めた夕暮れ、夜の金沢動物園、夜のヒロキを覗きに行ってきました。
先週までは19:30過ぎないとなかなか起きてくれなかったのに、なぜかこの日は19:00前からこんな様子。
この日はお客さん側のライトが故障中で、暗い写真ばかりになってしまいました……
a0164204_23333344.jpg

お部屋の中をとぼとぼ歩きまわるヒロキ。
a0164204_23335076.jpg

目が覚めているのやらどうかもわからない、こんなぽやんとしているお顔のときは
a0164204_2334436.jpg

「おなかが空きました……ごはんまだですか?」
a0164204_23341971.jpg

おなかが空いて寝てもいられない、そんなモードのヒロキ。窓辺にも何度もやってきてくれました。
a0164204_23343494.jpg

「あのね、おなかが空くっていいことだよね。だってたくさんごはんが食べられるから」
a0164204_23344866.jpg

「体重も減らない。そうすると飼育員のおねえさんたちも少しは安心してくれる。毎年僕は心配ばかりさせてるんだ」
a0164204_2335263.jpg

ヒロキはわずかに残った葉っぱをぱくぱく食べはじめます。
a0164204_23351997.jpg

この夏は、このソルゴーという草をよく食べているヒロキ。今まで大好きだった笹はこの夏は食べていないようです。
a0164204_23353417.jpg

「ところで僕のお部屋、ところどころ黄色くなってるのが見えるかな?」
a0164204_23354958.jpg

「ほらここもね。ここで僕は毛づくろいをするんだよ。ごしごしこすっているうちに、ペンキがとれてきちゃったんだ」
a0164204_2336740.jpg

「固いブラシのようにぼくの毛は結構かたいんだ、おなかのまわりはふわふわしてるけど、これウォンバットの豆知識だよ」
a0164204_23362333.jpg

「あ、フワフワ見つけた」 ほんの小さなフワフワをヒロキは干し草の中から掘り当てました。
a0164204_23364136.jpg

「このごはん入れにももうほとんど入っていないし…」
a0164204_23365746.jpg

ヒロキは、おやつの残りを求めてとぼとぼと歩き回ります。
a0164204_23372428.jpg

窓辺でごはんを持った飼育員のおねえさんを待ってみるけれど、まだその時間ではなさそうです。
a0164204_23374375.jpg

丸太をかじるように、ステンレスの入れ物も一口かじってみて、はっと我に帰ったヒロキ。何かが聞こえたの?
a0164204_2338580.jpg

雨上がりの夜、ちょっと涼しくなったヒロキのテラスで、窓越しでたくさんかわいいお顔を見せてくれたヒロキ。
木に降った雨粒がポタポタ屋根におちてくる音を聞きながら、楽しい夜になりました。
a0164204_23384362.jpg

飼育員さんのお顔が見えたかな、ヒロキのお顔が一瞬にして最高にかわいい顔になりました。
a0164204_23382328.jpg

もうすぐそこまで秋がきています。ヒロキとお庭で会えるのは、もうちょっと時間がかかりそうです。
みんながお庭で過ごすヒロキを待っています。もちろん、ヒロキも待っています。
a0164204_132153.jpg

だけど夜の窓越しのヒロキを見られるのも、今週末の土日で今年は終わりです。
是非かわいいヒロキに会いに行ってくださいね。
by bon_soir | 2013-08-29 01:03 | 金沢動物園 | Comments(0)
ヒロキとフワフワ
幸せいっぱいのヒロキの寝顔に「そろそろ夜だよ、ヒロキ」とみんなが優しく声をかけてくれます。
a0164204_17514537.jpg

ヒロキもなんとなく寝ながらも動き始めたのですけれど、じりじりじりじりと目指したのは……
a0164204_17521032.jpg

「おやつの残りがあったはずなんだ」 ヒロキもそろそろおなかがすいてきたようです。
a0164204_181465.jpg

「みなさんこんばんは」 ヒロキはこの日もほんの数分でしたけれど窓からごあいさつをしてくれました。
a0164204_1103794.jpg

「そろそろおねえさんがごはんを持って来てくれると思うんだ」
a0164204_112274.jpg

先週はヒロキご自慢のごはん入れのペレットをむしゃむしゃしていたけれど、この時は全く食べる様子もなかったヒロキ。
「大好きだったものが食べたくなくなったり、でもまた食べたくなったり……ぼくのおなかの気まぐれったらないよ」
a0164204_22351015.jpg

ヒロキはちょっとうろうろしはじめます。おねえさんの気配がするのでしょうか。
奥のお部屋で扉をコツコツする音がきこえたら、突然山盛りの葉っぱがあらわれました。
a0164204_22353733.jpg

ヒロキも一目散でやってはきたけれど
a0164204_055524.jpg

「おねえさんごめんね、この葉っぱじゃなくて、フワフワが食べたいんだ、あれをお願いします……」
a0164204_0553277.jpg

さめざめと、仕方なくおやつの残りの草を食べています。フワフワじゃなくてチリチリだけど食べるヒロキ。
a0164204_0555889.jpg

「おねえさんの足音が聞こえる……もしかしてもしかすると……」
a0164204_0561672.jpg

フワフワの登場です。あのネコじゃらしのようなフワフワ。ヒロキのお庭にも、そしてどこでも見かけるあのフワフワ。
a0164204_056388.jpg

フワフワを口にいれて
a0164204_0574986.jpg

ぎゅっと引っ張ります。何度もくりかえして食べるヒロキ。
a0164204_0572868.jpg

「おいしいものをたべるとね、食べ過ぎるとね、あくびがでます」 
a0164204_058842.jpg

ちょっとひといきついた後も、とまりません。
a0164204_0584166.jpg

ちゃくちゃくちゃくちゃく、ヒロキはフワフワを食べ続けます。
a0164204_10624.jpg

しばらくフリーズしたあと、おもむろに終了してしまったヒロキ。
a0164204_11071.jpg

そしてお隣へ移動します、心なしかおしりもさっきよりフクフクと大きく立派になったように見えますね。
a0164204_112720.jpg

見事にヒロキ、フワフワだけを食べつくしてしまいました。葉っぱも食べないとチリチリになってしまうよ、ヒロキ。
a0164204_125973.jpg

ヒロキ、聞こえているの? もうごはんは終わりなのかってみんな心配してるよ。かわいいおしりが揺れながらみえます。
壁の向こうにはお水がおいてあるそうなので、ヒロキはお水をいただいているようです。ゆっくりゆっくり。
a0164204_134235.jpg

閉園時間がやってきます。まだまだお水をいただいているヒロキ。小さく見えるかわいいおしりにバイバイをして、ゆっくりゆっくり金沢動物園をあとにしました。

どうかヒロキのおなかの気まぐれがひどくなりませんように……
by bon_soir | 2013-08-23 02:44 | 金沢動物園 | Comments(2)
おやすみヒロキ
先週末、夜のヒロキに再度会ってきました。
こんなにやさしい寝顔は初めて見たように思います。今までたくさんヒロキの姿を見て来たはずだけれど。
a0164204_3285742.jpg

ぺたーんとした寝姿も
a0164204_3243764.jpg

横寝したおしりも、ヒロキそのもの。寝ていたって貴重な夜のヒロキの姿です、
a0164204_310334.jpg

ヒロキはすやすや眠ります。ヒロキが起きたくなるまで眠ります。
a0164204_3133745.jpg

おやすみ、ヒロキ。この日は20:00過ぎまでヒロキは眠りました。
by bon_soir | 2013-08-21 03:00 | 金沢動物園 | Comments(2)
落ち着こう、チューバッカ
今月はじめに訪れた多摩動物園のチューバッカ。酷暑に入る前の普通に暑い日でした。

いつも通りお昼寝中心のお昼を過ぎたころ、チューバッカの活動がはじめりました。
a0164204_23482081.jpg

丸太くんをお鼻で押しころがしてみたり
a0164204_23485838.jpg

たいへんりりしい顔でさっささっさと歩いてみたり
a0164204_23494144.jpg

麻の袋くんとおすもうをとっては
a0164204_23502586.jpg

休んだり……のくりかえし、くりかえし、くりかえし。
a0164204_23505641.jpg

この日のチューバッカは、パンツの中に虫が入ってしまった(もちろんはいてはいませんが)ような様子で
a0164204_2352636.jpg

落ち着こう、チューバッカ! と心の中で唱えたこと多し。
a0164204_23523253.jpg

そしてまた丸太くんとのはげしいダンスのような攻防をして
a0164204_23524812.jpg

そしてまた何食わぬ顔でお庭を歩く……またそれもかわいいお顔です。
a0164204_2353616.jpg

しゃっしゃしゃっしゃ、あげる土煙チューバッカもとても久しぶり。
a0164204_03343.jpg

そして飼育員さんの待つお部屋の扉へと、落ち着く間もなく帰って行くチューバッカでした。
この日はちょうどナイトZOOの日でしたので、チューバッカは残業がなくとも少しだけ帰宅が遅かったようでした。
a0164204_0363340.jpg

だけれどそれが原因で暴れていたわけではなさそうです。

お昼寝三昧で、帰る姿しか動いている様子を見られなかった日もあれば
こうしてちょっとイラつき気味の日もあって、それぞれフラットな気持ちではいられないんだよ。チューバッカ。
何かがあったんじゃないかってね、どうしても心配になってしまいます。
a0164204_23595482.jpg

「まったくそんなことは心配ご無用だからね。ご心配なく」  
チューバッカ、元気でこの夏をのりきって欲しいです。無理せずに、いつも通りおいしいおいもを食べながら。
by bon_soir | 2013-08-17 23:46 | 多摩動物公園 | Comments(2)
ヒロキのナイトZOO、窓からこんばんは
ヒロキは寝ています。年に一度の金沢動物園の夏祭りの夜だけれどぐうぐう寝ています。
a0164204_10585351.jpg

ガラスの向こうの暗がりから、たくさんのお客さんの顔が覗けば
a0164204_1059971.jpg

ヒロキといえども、ちょっとばかり考える時間をもらいたい……と奥のお部屋へ入りひと眠りしながらも
a0164204_10592522.jpg

ちょっと薄目をあけて、様子をうかがってるね、ヒロキ。
a0164204_10594391.jpg

「お部屋の中では穴もほれないし、丸太さんもトンネルもない……あまりぼくの活躍を見てもらえないから」
a0164204_10595853.jpg

ヒロキは大きくてながーいあくびをしました
a0164204_1101782.jpg

「ぼくの口の中をごらんください」
a0164204_1103944.jpg

「ぼくのこと気に入ってくれたかな。初めて会うこどもたちもいっぱいいるようだ」
a0164204_111099.jpg

「こんばんは、みなさん」
a0164204_114851.jpg

19:30をまわったころ、ヒロキは動きはじめました。大体これくらいの時間に起きてごはんを食べるようです。
もちろん、おなじみのヒロキのご機嫌で、早くなったり遅くなったりするようです。



かわいいあいさつが済んで、リラックスしたヒロキ。毛づくろいをはじめます。
a0164204_1112137.jpg

そして大きな背中を向けて毛づくろいを見せてくれたヒロキ。
a0164204_1114059.jpg

しゃっしゃしゃっしゃ、音が聞こえてきそうなほど機敏な毛づくろいのあと
a0164204_1115554.jpg

奥のお部屋でも毛づくろいをして、そしてまた大きなあくびをひとつ。またもやかわいい歓声があがります。
a0164204_1124825.jpg

「じゃあそろそろ」 迫った閉園時間を知らせるアナウンスが聞こえてくるころ、ヒロキのおなかが空き始めたようです。
a0164204_113593.jpg

「ごはんを食べることにするね。お外で食べるおやつと違って、お部屋で食べるごはんはかなり真剣だよ」
a0164204_1132345.jpg

お皿に顔を突っ込んで、勢いよく食べ始めたヒロキ。もうあたりにはほとんど数えるほどのお客さんしかいません。
a0164204_1134776.jpg

「夕ごはんの時はね、できるだけ集中したいんだ」

だけど、もう少し早く食べてくれたら……ヒロキのごはんの器を、こどもたちが滑り台だって誤解せずに済んだよ。
きっと彼らの絵日記には、ウォンバットのお部屋には滑り台がありました、って書かれたと思います。
だけどヒロキのおしりですべるには、だいぶ狭そうですよね。

今年のナイトZOOはあと5回あります。ヒロキもきっと回を重ねてごとにたくさんの姿を見ることができると思います。
a0164204_1282630.jpg

ヒロキ、またね。
by bon_soir | 2013-08-14 23:41 | 金沢動物園 | Comments(4)
バニラの夏休み
バニラのかわいいお母さん、テルちゃん
a0164204_20254898.jpg

バニラが大きくなるのをずっと見守って来ました。
小さかったウメにもいつの間にかに赤ちゃんが産まれて、過ぎていく時間を考えるのです。


a0164204_20324832.jpg

「いつかバニラにも赤ちゃんが出来るのかしら。とびっきりかわいい赤ちゃんが」
a0164204_20361142.jpg

「ウメちゃんの赤ちゃんを眺めていると、バニラが産まれた時のことを思い出します」
a0164204_20415058.jpg

「あの時私は緊張してたのかもしれない。なぜかウメちゃんはすごく落ち着いているけど……」
a0164204_2047353.jpg

「私も赤ちゃんだった、でももう思い出せない。お母さんのポッケの柔らかさとかの事を」
a0164204_2056959.jpg

「バニラはまだ覚えているのかな」
a0164204_20573610.jpg

「二人で暮らすことが出来る、あの幸せな日の事を」


「今年もあっという間に暑い夏が来た。今年は特別暑い夏みたい」
a0164204_213282.jpg

「きっとバニラは相談してくる。あの子は外の世界が気になっている」
a0164204_20591749.jpg

「バニラの夏休み、そろそろ一人でお出かけするのもいいのかもしれない」


「お母さん、何をつぶやいているの?」
a0164204_21154240.jpg


バニラはお昼寝から目を覚ましました。いつものように隣にはお母さんがいてくれています。
a0164204_21205256.jpg


「こんにちは、ウメさんの赤ちゃん。少しずつ大きくなっていくね。私も追い抜かされないようにしなくちゃね」
a0164204_21231922.jpg



バニラはコアラ舎から外を眺め、まだ空が明るいことを確認してからテルちゃんに話しました。

「お母さん、ヒロキさんの所に行ってもいい?」
a0164204_21293930.jpg


「ヒロキさんの所?」
a0164204_21304415.jpg

「ヒロキさんは夏が苦手なんだよ。きっとお部屋で眠っているんじゃないかな」
a0164204_21313242.jpg


テルちゃんはそう言いつつも優しく微笑みながらバニラにお話をしました。
「バニラ、今日はそこの扉が開いてるよ。飼育係さんに気づかれないようにそっと外に行きなさい」
a0164204_21371361.jpg


テルちゃんは奥の扉の方を見て、バニラにそう言いました。


「お母さんは行かないの?」
バニラは少し不安そうにしました。

テルちゃんは優しくうなづき、バニラを勇気づけました。
「バニラ、あなたももう2歳、立派なお姉さんだよ。一人でお出かけしておいで。そしてウメちゃんの赤ちゃんにお話してあげなさいね」
a0164204_21522182.jpg


「もちろんお母さんにもお話をしてね。バニラのお話をお母さんは聞きたいの」

バニラはテルちゃんに「いってきます」と言いました。その表情はワクワクしているようでした。
もう不安はありません。

バニラは出発しました。まずは扉に向かいます。
a0164204_21561852.jpg

そしてコアラ舎の外にそっと出ました。空には大きな夏の雲がバニラを見下ろしています。

「暑いなぁ、たくさんのセミの声も聞こえてくる。去年と違うのは私がお姉さんになって、こうして一人でお出かけ出来るようになった事」
a0164204_2224642.jpg


外に出ててくてくと歩いていくバニラをテルちゃんはお部屋の木の上から見送っていました。
a0164204_228125.jpg

「バニラ、大きくなったね。お母さんは嬉しい」
a0164204_2211358.jpg


「気をつけてね」
そう言ってテルちゃんはユーカリの葉を少し食べてから眠りました。


「まずはヒロキさんの所に行かなくちゃ」
バニラはヒロキのお庭に向かいましたが、やっぱり外にヒロキはいませんでした。
そっとヒロキのお部屋を覗きます。
a0164204_22145126.jpg


「やっぱり眠っている……」
バニラは眠っているヒロキを少し見つめました。
「ヒロキさんの手がむにゅむにゅ動いている。きっと楽しい夢を見ているんだ」
a0164204_22175872.jpg

「ヒロキさんは夢を見る準備をいっぱいしたんだね。私もこれからいっぱいしなくちゃ」
そう言ってバニラは少し微笑みました。

ふと上を見上げたバニラが何かを見つけました。
a0164204_222236100.jpg

それはヒロキの家に毎年できる、かわいいキウイの実でした。

「ヒロキさん、一つ貰っていい? こんどはユーカリの木をヒロキさんに持ってくるからね」
そう言ってバニラはするすると木を登り、キウイの実をそっと一つもぎました。
ヒロキを起こさないように音を立てないように静かに……そっと。

そんなバニラを見つめている動物がいました。カンガルーです。
a0164204_22293374.jpg

気がついたバニラは話しかけてみました。
「カンガルーさん、こんにちは。私、これからお出かけするの」

カンガルーさんはバニラに聞きました。どうやら夏が暑くて困っているようです。
「コアラのお嬢さん、あなたは暑くないのかい?私たちは暑くて暑くてしょうがないよ。暑いせいか、お客さんも少ないだろ?」

「私だって暑いよ、カンガルーさん。でもお出かけの事を考えると、暑さが気にならないの。楽しくて楽しくて暑さなんて忘れちゃうの」

カンガルーさんは言いました。
「そうだね、それはそうだ。お出かけは楽しいね。ただ気をつけなさい、暑さで倒れてしまわないように」
a0164204_224291.jpg

「あそこの二人も日陰で休んでいるでしょ、コアラのお嬢さんも時々休んで行きなさいね」

「ありがとう、カンガルーさん」
バニラはカンガルーさんにも行ってきますと言って、アフリカ区への坂道を下って行きました。
坂道は木が生い茂っていて日差しも当たらず、そして風も吹いています。
a0164204_22505154.jpg

「ここは少し涼しい。季節って本当に不思議。夏はきちんと来に葉っぱが出来て日陰ができる。冬には葉っぱが無くなって日向が出来る」

バニラは見上げた葉っぱ越しにキラキラ光る太陽を見て色々考えました。大人になるために大切な事です。

アフリカ区に着いたバニラは大勢の動物達に挨拶をして回りました。この前は大きなユーカリの木の上から見えたみんなです。

「オカピさん、こんにちは。 アラビアオリックスさん、こんにちは。 キリンさん、ホップ君、こんにちは。 クロサイさん、こんにちは」

近くで見ても、みんなバニラよりずっとずっと大きな動物達です。
アフリカ区の終わりまで歩いたバニラは、大きなユーカリの木からは見えなかった鳥に気がつきました。

a0164204_2335574.jpg

モモイロペリカンのモモです。

「こんにちは、私はコアラのバニラです。あなたは誰ですか?」
バニラはきちんと自己紹介をして、それから尋ねました。

「私はモモイロペリカンのモモ。向こうにはもう一人ワカメってモモイロペリカンがいるのよ」
モモはそう言って一人で歩いてきたバニラに聞きました。

「あなたは一人で何をしているの?」

a0164204_2383732.jpg

「一人でお出かけをしているの。 お母さんが気をつけて行ってきなさいって。飼育係さんに内緒のお出かけだよ」

「どこまで行くの?」

「わからないの。ただ遠くまで行ってみたい、見たことの無い景色をたくさん見てみたい。そう思ってるの」

そう言ったバニラにモモは言いました。
「それなら一つ提案があるの」
a0164204_23132978.jpg



「私の背中に乗って行かない? 私はペリカン、どこまでも飛んでいける。一人のお出かけじゃなくなっちゃうけど、きっと楽しい事になると思うよ」

それを聞いたバニラは耳をパタパタさせて驚き、そして嬉しそうに言いました。
「ありがとう、ぺりかんさん。ぜひお願いしたいわ。 お礼にヒロキさんの家から採ってきたこれをあげます」

バニラはキウイの実をモモに見せました。

「ごめんね、ペリカンは果物は食べないの。そうね、テナガザルさんにそれはあげようか。お出かけする前にテナガザルさんの所に寄ってから行こうね」

バニラはそっとうなずきました。いつもコアラ舎で聞いている、遠くから聞こえてくる声のテナガザルさんに会えると思うと嬉しくなってきました。



「さあ、背中に乗って。出発よ」



バニラを背中に乗せたモモは、大きく羽ばたき飛んで行きました。高く飛んで行きます。

シロテテナガザルの家に寄った二人、そこにはユウタロウがいました。
キウイをそっとユウタロウに渡し、バニラとモモはまた飛んで行きます。

「モモさん、高く、もっともっと高く飛んでください。遠くまで、ずっと遠くまで景色が見えるように」

バニラには金沢動物園がどんどん小さく見えるようになっていました。
バニラとモモは凄く高く飛んでいるのです。

a0164204_23332495.jpg

ふと目が覚めたテルちゃんは窓の外の夏の空を見上げました。
高い空を飛んでいくバニラとモモに気がつきました。



「ペリカンさん、バニラをよろしくおねがいします」



a0164204_23404233.jpg

「素敵なバニラの夏休み、特別な夏休みが始まったみたい」
テルちゃんはウメの赤ちゃんに小さな声で言いました。



バニラの夏休み、みんなの夏休みはまだまだ続いていくようです。
by bon_soir | 2013-08-10 23:50 | 金沢動物園 | Comments(0)
Wちゃんのだいすきなだっことウメちゃんの小さながまん
すてきな親子コアラになってきた、ウメおかあさんとそのむすめWちゃん。
(もうじきWから始まるお名前が決定すると思いますが、それまではWちゃんと呼ぶことにします)
a0164204_23281022.jpg

おてんばWちゃん、ずいぶんと大きくなってしっかりしてきたけれど
a0164204_23284579.jpg

大好きなのはウメおかあさんのふわふわのおなか。ポッケに入らずともおなかでだっこしてもらったら安心するのでしょう。まだまだ赤ちゃんコアラなのです。
a0164204_2329726.jpg

背中におんぶのコアラ定番の親子アクションを、ウメちゃん親子も見せて欲しいのですが
a0164204_23303875.jpg

どうしてもWちゃんはおなかに戻ってきてしまいます。おんぶでの移動がちょっとこわいのかもしれません。
a0164204_233103.jpg

今度はどうかな、Wちゃん。よいしょよいしょ、おかあさんの背中の方へいくのかと思えば
a0164204_23311564.jpg

くるっと、ひとまわりしてきただけでした。
ちょうどやわらかい葉っぱを手にしようとしていたウメちゃんも、不意をつかれてちょっと危ない親子です。
a0164204_233145100.jpg

どうしてもおいしい葉っぱの近くに行きたいウメちゃん、覚悟をきめてそれっと腰をあげたけれど
a0164204_23322100.jpg

「おかあさん、やっぱりだっこがいい……」 Wちゃんの不安げな顔とウメちゃんのあきらめのお顔。
a0164204_23323227.jpg

「やわらかい葉っぱは、また今度。今は手元のかたそうなユーカリで我慢しよう」 ウメおかあさんの小さな我慢です。
a0164204_23331939.jpg

おかあさんとおんなじユーカリをおかあさんのお顔を見ながら食べると、いつもよりずっーとおいしいね。かたいけど。
a0164204_23324959.jpg

ツンデレとかクールとか、おかあさんになる前のウメちゃんを思い出すのにはちょっと時間がかかってしまう、
今では本当にやさしいコアラのおかあさん、おいしい葉っぱもがまんできるおかあさんです。
a0164204_2333463.jpg

しばらくするとまたもや背中の方へやってきた、Wちゃん。
a0164204_23341081.jpg

抱っこもいいけれど、おかあさんの背中の上から見える景色も楽しいもんだよ、Wちゃん。
a0164204_23343378.jpg

これからたくさんの景色を見て、金沢動物園の素敵な女の子コアラになっていきます。バニラお姉ちゃんのように。
a0164204_23352959.jpg

そーっと首を伸ばしてお外の方へ目をやったWちゃん。いったいどんな景色が見えたのかな。
a0164204_23533852.jpg

そろそろねむたくなってきたかな、やさしくWちゃんを抱き寄せるウメちゃん。
a0164204_011861.jpg

きっとコアラのふるさとオーストラリアのユーカリの森にもおんぶが苦手なコアラの親子が、ウメちゃんたちと同じようにぎゅっとしてお昼寝をしていることでしょう、真冬の風に吹かれながら。
a0164204_015216.jpg

ふたりの姿を見ていたら、そんな風景が浮かんできました。はかない親子たちがどうか立派になりますように。
a0164204_022897.jpg

おやすみWちゃん。おやすみ、オセアニアの、世界中のコアラの赤ちゃんたち。
by bon_soir | 2013-08-07 02:47 | 金沢動物園 | Comments(2)
ほのぼの広場のパンツとツクシとあずきちゃん
ヒツジのポポがやさしく見守るのは、新しくほのぼの広場にやってきたこひつじのあずきちゃん。
a0164204_0585895.jpg

あずきちゃんは、「ジャコブ」種というひつじ。とってもお利口そうなおじょうさんです。
a0164204_0591164.jpg

ちょっと茶色がかった白黒のモコモコ。牛柄モコモコの下はどうなってるんでしょうね。あずきちゃん。
a0164204_059441.jpg

この日は(1週間前)、ほのぼの広場のこひつじさんたちの毛刈りの日。
大勢の飼育員さんたちが、準備を始めています。お客さんたちもそろそろぞろぞろ集まってきましたよ。



今日何かあるよね。絶対あるよね。小さなツクシちゃん、偵察をしています。
a0164204_104100.jpg

と思ったら、相棒のパンツちゃんが大好きな飼育員のおとうさんに連れられていってしまいました。
a0164204_102027.jpg

ツクシはパンツちゃんに応援を送ります。べーっと鳴いたら、ポポちゃんも応援してくれました。
a0164204_10484.jpg

彼女たちにははじめての毛刈り。もしかしたらびっくりしてしまって逃げ出すかも…といわれていましたが
a0164204_11652.jpg

なすがまま、意外にもまったく動じないバンツちゃん。
a0164204_1132100.jpg

「今までが暑すぎたんだもん」 頭の毛も刈ってもらって、終了。本当にすっきりご満悦です。
a0164204_114588.jpg

そして次は、あずきちゃん。初めてなはずなのに、この落ち着きぶり。ヒツジさんはみんなそうなのでしょうか。
a0164204_12485.jpg

しっかりと見つめる、パンツとツクシ。
a0164204_131713.jpg

「ねぇ、あれって痛くないの? 熱くもない?」 いつもなかよしのふたり組。
a0164204_135849.jpg

ぎゅっと堪える小さなひつじのこども、あずきちゃん。ジャコブ種の毛はどんな様子なのかな。
a0164204_142288.jpg

なすがままに刈られている間、手前にいる飼育員さんのカメラに、視線を送り続けていたあずきちゃん。
a0164204_144664.jpg

そして、できあがり。いつの間にかヒツジがウシコちゃんに大変身。地肌の方がより白黒がはっきりです。
a0164204_15655.jpg

すっかり牛のようになったあずきを、怪訝に見つめるパンツ……そうだよね……
a0164204_152875.jpg

さいごは小さなヒツジのツクシちゃん。
a0164204_154918.jpg

うっとり幸せそう。シェアラーさん(毛を刈ってくださる方)に身を任せて気持ちがよいのでしょうか。
a0164204_161688.jpg

お利口にじっとしていたツクシちゃんだけれど、実はこのあとみんなの前でおしっこをしてしまいました。
a0164204_16406.jpg

まだまだ生まれたばかりといってもいいような、ひつじのこどもたち。生まれてはじめての毛はとても貴重なものだそうです。


パンツちゃん。
a0164204_17378.jpg

ツクシちゃん。
a0164204_173187.jpg

あずきちゃん。
a0164204_175089.jpg

きっとあとふた月もしないうちに、ウールのセーターが欲しくなるのでしょうね。
今年もまたヒツジさんにお世話になります。
a0164204_181477.jpg

どんなに機能的な暖かい服が発明されたとしても、やっぱりウールのセーターやコートがいちばん好きです。
重くてチクチクしても、ほっと温まるように思います。
汗をダラダラかきながら、ついそのぬくぬくを思い出してしまった、毛刈りの日でした。


早く秋にならないかな。
by bon_soir | 2013-08-05 02:40 | 金沢動物園 | Comments(2)