<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
おやすみ、赤ちゃん
おひさまもだんだんとかげってきて、閉園時間がせまるだれもいない静かな静かなコアラのおうち。
「しーっ。おかあさんが寝ているから静かにしてね」
a0164204_23545055.jpg

静まりかえった仄暗いお部屋の中でも、おかあさんの胸の中にいればこわいことなんかありません。
ウメちゃんの赤ちゃんは、しっかりと目をあけてきょろきょろとお部屋の様子を見ています。
a0164204_23551055.jpg

この日も1日ウメちゃんは、赤ちゃんのためにがんばりました。
いつもならくぅくぅ寝てしまう時間も、ただひたすらごはんを食べていたウメちゃん。
a0164204_23552890.jpg

時にはおひるねもしつつ、ウメちゃんのたからものの、かわいいかわいい赤ちゃんをお客さんにも見せてくれました。
a0164204_23554584.jpg

毎日が大発見の日々です。この日もたくさんのいろんな不思議を見つけたね、赤ちゃん。
a0164204_2356596.jpg

そろそろねむたくなってきた、赤ちゃん。たくさんたくさん夢をみてね。
a0164204_23562924.jpg

そして明日の大発見のために、ゆっくりおやすみ、赤ちゃん。
by bon_soir | 2013-05-31 23:50 | 金沢動物園 | Comments(2)
ヒロキは小さなブルドーザー
うんと長いお昼寝に入るまえ、ヒロキは大きな穴を掘りました。
風がはこんできた「今日の何だかいい感じ」を、ヒロキもつかまえたようです。
a0164204_233639100.jpg

朝ごはんもおいしく食べて、毛づくろいも少しして。
a0164204_23365926.jpg

ここのお庭の草やお花は、おねえさんがそのままにしてくれています。
a0164204_23371499.jpg

ゴールデンウィークには、ここでかわいいポーズをとって、大勢のお客さんがヒロキのことを好きになってくれたとききました。
a0164204_23372877.jpg

「あの頃はかわいいお花がいっぱい咲いてたけれど、5月ももう終わりだ。あっという間に夏が来てしまいそうで、本当にこわいんだ」
a0164204_23375194.jpg

「でも今日は気持ちのいい風が流れてる。ぼくも今日はやりたいことができそうで、わくわくするよ」
a0164204_2338850.jpg

トンネルの中に入ってくれると思いきや、ヒロキはそのまま丸太さんをコツコツかじりはじめました。
コツコツコツコツ、お庭に響くかわいい音。ヒロキと丸太さんのリズムはとても正確に刻まれます。
a0164204_23383587.jpg

ただひたすらにコツコツ、コツコツ。100コツコツでひといき。さらに120コツコツ。
a0164204_2339252.jpg

さてこれで、朝のしたくはおしまい……かわいいお顔についた丸太さんのかけらは、ヒロキ的にはOKなのでしょう。


次はどんな顔を見せてくれるの、ヒロキ。ヒロキをそっと見守れる幸せな時間です。
a0164204_23384048.jpg

ヒロキはためらうことなく壁へ向かいます。この日のヒロキの朝の時間割は大きな穴を掘ることでした。
しゅっ、しゅっ。しゅっ、しゅっ。ヒロキのまきあげるお庭の土が軽やかに音を立てて、どんどん掘り起こされていきます。
a0164204_23403729.jpg

ウォンバットは、小さなブルドーザー。かわいいかわいいブルドーザーです。
a0164204_2304774.jpg

「少し残念だけど、この穴もいずれはおねえさんが埋めてしまう。一緒に、丸太さんも埋めてくれたりするから、また掘り起こすのも楽しいんだ。それがたまたまなのか、わざと埋めてくれてるのかはわからないけれどね」
a0164204_231393.jpg

「今日は調子がとってもいいよ。おとなりのカンガルーくんにもそう伝えてね、アイビーさん」
a0164204_2311731.jpg

ヒロキのお顔はどろだらけ。それでも小さなブルドーザーはおかまいなしに進みます。
a0164204_231317.jpg

「カンガルーさんたちは、どうして穴を掘らないんだろう……掘ってくれたらすぐにトンネル開通なのにね」
a0164204_4155440.jpg

ヒロキは宿敵、明るい茶色の丸太さん、ミモザの丸太さんに出会ってしまいました。
大きくてとっても元気な丸太さんは、ヒロキの大きな鼻やおでこをもってしても、なかなか動いてくれないのです。
a0164204_2341093.jpg

かなりの時間、丸太さんを説得してみたヒロキですが、力ずくではかなわず……
a0164204_23412522.jpg

「今日のところはやめておくね。でもいつかはぼくのお願いもきいて欲しいんだ。ぼくもまだ君をかじりたくないからね」
a0164204_4191843.jpg

すいぶんと高くなったおひさまがヒロキを照らしはじめます。こうしてヒロキの大きな穴掘りの時間は終わりました。
ヒロキは気がつきました、朝からずいぶんと頑張りすぎてしまったことを。でも大満足な気持ちのよい朝です。
a0164204_23414234.jpg

日陰へ移動する前に、眠くなってしまったヒロキ。
オセアニア区のユーカリテラスでは、そろそろ子どもたちがお弁当を広げて、にぎやかになる時間です。
a0164204_2342170.jpg

裏山ではうぐいすも鳴きはじめました。
ヒロキはいつも通りの楽しい金沢動物園の音をききながら、長い長いおひるねをはじめます。

おひるねに見る夢は、怖い夢はほとんどありません。
もし見てもみんながそばにいてくれているから怖くありません。だからヒロキも安心して眠ります。
by bon_soir | 2013-05-30 07:00 | 金沢動物園 | Comments(0)
朝から眠くなったヒロキです
「あのね、ここで寝ちゃいけないのはわかってる」
a0164204_224178.jpg

土曜日の朝のヒロキです。朝ごはんもしっかり食べて、とっても大きな穴を掘ったら急に眠くなってしまいました。
a0164204_23039.jpg

「おひさまもかんかんしてきたし、もっと日陰に行きたいんだけれど」
a0164204_231895.jpg

「こんな風に寝ちゃったときは、ぐっすり眠れないのも知ってるし」
a0164204_234019.jpg

「それに何よりも、あなたとたくさんおはなしをしたいんだけれど」
a0164204_23587.jpg

「でも今はだめなんだ。ねむたくてねむたくて、ねむすぎるよ……ごめんね」
a0164204_24129.jpg

風は心地よくて、気持ちのよい朝です。それでも日ざしが強くなってきて、容赦なくおひさまはヒロキを照らします。
a0164204_243412.jpg

おひさまよけに、ヒロキも負けじと土のお布団をかけ始めるのですが、眠くてまったくうまくいきません。
a0164204_245062.jpg

「ちょっと暑いけれどぼくは眠るね。またすぐ起きるから、そのときまでおやすみ」

ごはんを食べてひと仕事、これはヒロキのいつも通りの朝の時間割。それでもこの日はちょっと頑張りすぎてしまいました。
どろんこのお顔をこちらにむけたヒロキ。その姿は、多摩のチューバッカに負けないくらいのかわいさでした。
by bon_soir | 2013-05-27 03:00 | 金沢動物園 | Comments(2)
ウメちゃんの、そして金沢動物園の小さな赤ちゃん
小さな小さな姿を映し出すように、天窓から差し込むやさしいひとすじの光。
a0164204_0122199.jpg

その光とともに、オセアニア区を守るかみさまが、あたたかい祝福をウメの赤ちゃんに授けにきてくれました。
a0164204_0123718.jpg

「ここだよ、ここだよ」 ユーカリの葉影の下からかわいい声がきこえてきます。
a0164204_0135029.jpg

本当に小さな赤ちゃん、こんにちは。ウメちゃんが、大切に大切に守ってきた赤ちゃんにやっと会うことができました。
a0164204_0125847.jpg

おめでとう、ウメちゃん。かわいい赤ちゃんをありがとう。
a0164204_01427100.jpg

おとなりのテルちゃんがおかあさんになり、バニラとかわいい騒動を起こしていても、クールに過ごしていたウメちゃん。
だけど、長い手足をうんと丸めて丸太の陰で隠れるように眠る姿は、少し寂しそうに見えたものでした。


でももう寂しくありません。手足を丸めて眠ることもできません。だってこんなにもかわいい赤ちゃんがいるんだもの。
a0164204_0151425.jpg

窓から差しこむおひさま、天窓から流れてくるさわさわした風、ゆらゆら動くユーカリの葉っぱ、
a0164204_015514.jpg

そしてふわふわであたたかい、何よりも大好きなおかあさん、ウメおかあさんの匂い。
a0164204_016955.jpg

赤ちゃんはひとつひとつ、ゆっくりと確かめながら、覚えていきます。それはとっても大切な赤ちゃんのおしごと。
a0164204_0162772.jpg

そしていっぱい眠ってたくさん食べて、元気に健やかに育つこと、これがいちばん大事な赤ちゃんのおしごとです。
a0164204_0165279.jpg

やさしいウメおかあさんと、おかあさんの次にやさしい飼育員のおねえさんがちゃんと見守ってくれるからね。
安心して大きくなっていくことでしょう。


もちろん、おとなりのテルちゃんも。
a0164204_2123446.jpg

そしてバニラおねえさん! も、大切に大切に見守っています。
a0164204_2143726.jpg

このところイレギュラーでしか会えないけれど、もちろん、おとうさんのライタくんも見ていてくれてます。
a0164204_2481210.jpg




きらきらした目でこれからどんな景色を見ていくのでしょう。かわいいお耳でどんなおはなしを聞くのでしょう。
a0164204_0171081.jpg

ウメちゃん、金沢動物園のみんなが待っていた赤ちゃんを本当にありがとう。
a0164204_0172881.jpg

これからどんどんかわいくなっていく、赤ちゃんとウメちゃん。
ちいさな命が健やかにそだっていきますように。たくさんの応援を送りたいと心から思います。
by bon_soir | 2013-05-22 03:05 | 金沢動物園 | Comments(2)
いつも通りのふたり、チューバッカとヒロキ
こちらは先週の日曜日の午後のチューバッカ。
わらのベッドにお顔をうずめて、すやすやすやすや。いつも通りのおひるねかと思いきや、朝からずっとこの調子。
a0164204_3255850.jpg

あ、起きた! 大きな歓声があがります。この日は素敵な女性の方々がとても多かったチューバッカのおうちです。
a0164204_3261619.jpg

お昼過ぎてるけど、おはようチューバッカ!  
a0164204_3264024.jpg

とってもかわいいいつも通りのチューバッカです……が
a0164204_327337.jpg

どうしてなのチューバッカ、またもや、わらのベッドへごろんとなりました。
a0164204_338187.jpg

大好きな舞台の丸太さんとも遊ぶことなく、お部屋の扉があくまでこのままおひるねを続けたチューバッカ。
どこか具合でも悪いのかなと、少し悲しくなりました。



そしてこちらは、昨日の日曜日の午後のヒロキです。こちらもすやすや。トンネルにおやつがあってもすやすや。
a0164204_3275885.jpg

朝は少し動いていたようですが、それでもけだるそうに起きたヒロキ。
a0164204_3281889.jpg

ヒロキおはよう! 朝じゃないけど。
a0164204_3284319.jpg

「ごめんね、今日はまだ起きられないんだ」 うつらうつらと、目を開けたり閉じたりするヒロキ。
a0164204_329184.jpg

先週のチューバッカといい、ヒロキといい、少し元気のないように見えるふたり。
急に暑くなったおひさまが、体に堪えているのでしょうか。
不安で胸がどきどきしてしまいます。ふたりとも若くないのですから。


そしておもむろに、起きて動き始めたヒロキ。
「おひさまがあたたかくなってくるスピードが速いんだ。もう少しゆっくりでいてほしいんだけど」
a0164204_3292198.jpg

「昼がこうしてあたたかくなったから夜もそんなに寒くないし、とっても過ごしやすくなってきたね。これはいいことだね」
a0164204_3294298.jpg

「だからこの時期は夜が楽しくて仕方ないんだよ! 動物たちの夜はとっても長いんだ」 
a0164204_330227.jpg

夜に眠らなければ、昼が眠くなるのは当たり前。だけどチューバッカもヒロキも、夜はどんな風に過ごしているのでしょう。
閉園の時間から夜明けまで、動物園の夜は本当に長いのです。夜の動物園は、動物たちのお楽しみ。チューバッカはゾウのアヌーラさんのところへ、ヒロキはもちろんオセアニア区のみんなのところへ出かけて行くのでしょう。


お部屋の扉があきました。さっきまでぐずぐずしていた姿がうそのよう。いつも通りにさっささっさと歩くチューバッカ。
a0164204_3302173.jpg

そしてヒロキはいつも通り、のんびりとお部屋へ向かいます。
a0164204_330415.jpg



「動物園の夜は楽しいよ。誰かを訪ねたり、訪ねてきてくれたり。みんなこの裏口からやってくるんだ」
a0164204_3313010.jpg

このお顔を見たら安心しました。いつも通りのヒロキ。具合が悪そうでも機嫌が悪そうでもありません。


そしてチューバッカもこの通り元気そうです。飼育員のおねえさんに、何やら訴えている様子。
a0164204_3315457.jpg

扉の開け方に少し問題があるようですね。金網越しにクレーム中のようです。でもかわいいね、チューバッカ。
a0164204_3322032.jpg

お部屋の壁、ちょっと汚れてます。ちょうど扉の鍵のあたりだけど……お部屋の中で何をしてるの? 
a0164204_3324089.jpg

「ではみなさんごきげんよう、またね!」 
a0164204_333217.jpg

おはなしが終わったら、さっさとお部屋へ帰るのもいつも通り。チューバッカって案外几帳面なウォンバットなんです。


そして、昨日のヒロキはちゃんとお部屋に入れたでしょうか。
飼育員のおねえさんが、おいしい笹の葉を用意しているのを見つめるヒロキですが
a0164204_3332981.jpg

なぜか、また中庭へ戻ってしまいました。ヒロキはどこからも見えません。お庭にもお部屋にも、どこにもいないヒロキ。
a0164204_333523.jpg

チューバッカとは全くの正反対。
ヒロキがお部屋に帰るのは、ヒロキが帰りたくなってから。いつでもマイペースなウォンバット。
a0164204_3342025.jpg

これもいつも通りといえばいつも通りです。


27歳のヒロキ。
a0164204_3344897.jpg

28歳のチューバッカ。
a0164204_335149.jpg

ふたりが揃って元気で暮らせるのは、それぞれ好きなように思うがまま、毎日を過ごしているからなのでしょう。
かわいくて頑固で甘えんぼうなふたりに、いつも通りに会えることは、本当に幸せなことです。
それはお世話してくれている飼育員さんたちが、彼らのことを思ってくださっているからこそ。
ふたりが、好きなように暮らせるわがままを許してくださる動物園にも感謝です。
体はきついときもあるだろうけれど、どうか無理せずに、健やかにそして朗らかに暮らしていかれますように。
by bon_soir | 2013-05-20 06:00 | 多摩動物公園 | Comments(4)
バニラ、ちょっと甘えん坊になる
ポッケの赤ちゃんの出現に、とってもにぎわっていたウメちゃんのお部屋の前ですが
a0164204_23533290.jpg

バニラのお部屋の前もとってもにぎやかです。
遠足の園児たちとおかあさんたち。ガラス越しだけれど、バニラと一緒の写真撮影大会がはじまっていました。
a0164204_23535174.jpg

バニラは、かわいいこどもたちに興味しんしん。この日のこどもたちはみんな「バニラアイス!!」って呼んでくれてました。
a0164204_235469.jpg

そんなにぎやかな子どもたちの波もあっという間に引いて、静かにお気に入りの丸太のテラスに座るバニラ。
a0164204_23542075.jpg

気持ちよい風がザワザワと吹き流れて、お外の大きなユーカリの枝たちも気持ちよさそうになびくのが見えました。


「遠足って楽しそう。私もおかあさんとお出かけしたり、動物と一緒に写真を撮ってみたいな」
a0164204_23543532.jpg

ウメちゃんの赤ちゃんのこともあるのでしょう、バニラもおとなりのテルおかあさんに甘えたくなってしまったようです。

ぶるぶるっと上を見上げて「うーん」。バニラがなくのを初めてみました。もちろん音は聞こえませんけれど。
a0164204_23545321.jpg

おとなりのテルちゃん、テルおかさんにはその声はしっかり届いていたようです。
a0164204_23559100.jpg

「あ、おかあさんがこっち見てる」
a0164204_23555196.jpg

「おかあさーん、あのね……あ、そうだ! おかあさん、バニラを見ててね」
a0164204_2356615.jpg

おもむろに、丸太のテラスのまわりをサカサカ走り始めて
a0164204_23561978.jpg

バニラはユーカリポッドのある丸太を登ります。とっても速く。おかあさんが見てくれているうちに登らなきゃ。
a0164204_23563481.jpg

ポッドよりもさらにさらに高く登るバニラ。私もこんなに高いところまで登るバニラは見たことがありません。
a0164204_2356475.jpg

「ほらね、おかあさん、バニラ、ここまでちゃんと登れるようになったんだよ」
a0164204_2357033.jpg

「今は私がいちばん高いところにいるの。ウメちゃんと赤ちゃんもここからなら、よく見えそう」
a0164204_23571584.jpg

「あっ!」 高いところは本当に気持ちがよいのです。天窓からそわそわと風が流れてくるのもわかります。
だけど、よそ見はとっても危ないよ、バニラ。
a0164204_0189.jpg

テルちゃんも、ちょっと心配そうに見ています。
a0164204_2357311.jpg

2さいのバニラ。コアラの2歳はもう大人だけれど、ちょっとちっちゃくて甘えん坊のバニラ。
やっと丸太のてっぺんまで登れるようになって、とってもうれしいお顔をしました。
a0164204_23574586.jpg

「夢のなかでなら、大きな大きなユーカリの木をサクサク登れるのに……いつでも」 


まだ少しおしりがむずむずするような、ちょっと高いところがこわいバニラ。
テルおかあさんのように、このてっぺんで片手放しで、立ち上がったりすることはまだまだ先になりそうです。
by bon_soir | 2013-05-17 02:30 | 金沢動物園 | Comments(2)
赤ちゃんの小さな手
ヒロキが長いお昼寝に入ってしまったら、ヒロキのお庭の向かいの大きな建物、コアラのおうちへ向かいます。

2歳になった小さな小さな女の子のバニラ。
a0164204_0164948.jpg

バニラのおかあさん、テルちゃん。
a0164204_01787.jpg

そしてただいまおなかのポッケにかわいい赤ちゃんがいる、ウメちゃん……熟睡中。
a0164204_0173464.jpg

そろそろ赤ちゃんもお顔を出し始めているようで、何とか私も赤ちゃんに会いたくてウメちゃんに念を送りますが
a0164204_0175694.jpg

クールなウメちゃん、そう簡単には赤ちゃんを見せてはくれません。
a0164204_0181774.jpg

起きたり食べたり眠ったり、おかあさんは大忙し。おなかのポッケの中でも、赤ちゃんがモゴモゴ大忙しなのでしょう。
a0164204_01836100.jpg

すっかり寝入ってしまったウメおかあさん。しばらくは動かないので、カンガルーさんの庭をのぞきに行くことにします。


金沢動物園にいるオオカンガルーさん。
多摩やズーラシアのアカカンガルーさんよりも毛がむくむくしていて、何だか愛らしいのです。
a0164204_0191465.jpg

のんびりと風に吹かれて、カンガルーテラスでのんびりと過ごしていたら
a0164204_0193475.jpg

「今コアラの赤ちゃん見て来たよ!」という声が、聞こえてきます。




走りたい気持ちををおさえつつ、超早歩きでコアラのおうちに向かいました。
a0164204_0195011.jpg

ウメちゃんのおなか……モゴモゴと手が動きます。
a0164204_0202281.jpg

小さな小さな手です。一生懸命、手を振っているようにもみえました。こんにちは、赤ちゃん。
a0164204_0204710.jpg

かわいい耳も少し見えますね。ポッケの中で一生懸命もがいているようですが、この日は小さな手に会えただけでした。


クールなウメの赤ちゃんは、いったいどんな子になるのでしょう。
a0164204_0311080.jpg

ウメの子育ては、どんな風になるのでしょう。
a0164204_0213416.jpg

おかあさんになったウメちゃんですが、なんだか前よりも愛らしくてかわいい表情を見せてくれました。
うれしくてたまらない、そんな様子のウメちゃんでした。
a0164204_0185289.jpg

赤ちゃんの頃のバニラにとってもよく似ています。
a0164204_022343.jpg

おかあさんはちがうけれど、バニラの弟か妹ですもんね。
a0164204_0222876.jpg

バニラは赤ちゃんを見て、どんな反応をするのでしょうか。それもとても楽しみです。
a0164204_023089.jpg


どうか健やかに、かわいい姿を見せてくれますように。
ウメの赤ちゃん、そして金沢動物園を祝福してくださいますように。
オセアニアの神様、どうかお願いいたします。
by bon_soir | 2013-05-16 02:00 | 金沢動物園 | Comments(0)
ヒロキのぜいたくな朝の時間
5月の金沢動物園には、おやすみがありません。ヒロキも休みなくがんばってみなさんを出迎えてくれるでしょうか。
平日の朝のぜいたく。開園すぐの朝いちばんのヒロキの様子です。
a0164204_0515981.jpg

ここにはヒロキと私だけ。朝ごはんのフサフサの穂がついた青草がおかれたトンネルに、ヒロキはやってきます。


「おはよう」 誰もいないヒロキのお庭、思い切って大きな声でヒロキに声をかけてみます。
a0164204_0521548.jpg

もちろんヒロキのお返事はありません。それでもいいんです。大切な大切なごはんの時間なんだもの。



大好きな穂のところを一気にいただくヒロキ。ヒロキは知っています。おいしいものをいっぺんに食べるぜいたくを。
a0164204_052336.jpg

ぐっとフサフサを口に入れて、一気に引っ張るヒロキのちいさな手。ヒロキの持ってるかわいいもののひとつです。
a0164204_0525285.jpg

もう言葉もいりません。しあわせな朝の時間です。
a0164204_053716.jpg



様子をのぞきにきたおねえさんに、背中の毛づくろいをおねえさんにおねだりしたヒロキ。
a0164204_0532294.jpg

連休中頑張ったヒロキのごほうびでしょうか、おねえさんもたくさん掻いてくれました。
a0164204_0533690.jpg

あたまの後ろのうなじの部分が、ヒロキの気持ちのいいところ。本当に気持ちがいいね、ヒロキ。


とっても近くにいるけれどおねえさん以外は決してふれることのできないヒロキ。
見えない大きな壁を超えることはできません。
a0164204_0535126.jpg

「おねえさんはぼくを掻きながらも、悪いところがないかチェックしてる。時々心配しすぎじゃないかって思うんだけど」
a0164204_054969.jpg

「でもおねえさんが安心してくれることがいちばんなんだ。それがぼくにとってもいちばんのいいことだから」
a0164204_0542799.jpg

「今朝はとっても気持ちがいい素敵な朝だ。毎日がこうだったらいいのにね」
a0164204_0544527.jpg

触れることはできないけれど、こんなに素敵な顔を見せてくれるんだもの。それでいいのです。私はとてもしあわせ。



「夏のしたくも始まってる。食欲がなくなってしまう夏に向けて、今から僕が食べられるものをいろいろ試してくれてる」
a0164204_620232.jpg

「これはキャベツの芯らしい、おいしい春キャベツの匂いだけ……いただいておきました。おねえさんごめんね」



トンネルの素敵な朝ごはんを終えて、ヒロキは朝のおひるねの準備です。
a0164204_055031.jpg

しゃっ、しゃっ、と軽く土をほったあとごろんとなるヒロキ。
a0164204_0551883.jpg

何度か寝相をかえたあとで、すーっと眠ってしまったヒロキ。葉っぱの影たちが、ヒロキの上でゆらゆらおどりはじめました。
a0164204_0553327.jpg

開園すぐのひととき。静かだった園内もそろそろ賑やかになってくるころ。ヒロキの朝のおひるねは始まります。
a0164204_0563816.jpg

かわいい顔は見えないけれど、穏やかな空気がヒロキのお庭いっぱいに広がる瞬間です。



ヒロキの毛づくろいをしたあとのおねえさんの手です。27年ぶんの土ほこりが体中につまっているヒロキ。
a0164204_0554562.jpg

カピバラさんみたいに、お風呂にはいれたらどれだけの汚れが出てくるのでしょうか。
もしかして…お風呂に入ったら少しは体重が減るかもしれませんね、ヒロキ。
by bon_soir | 2013-05-13 07:30 | 金沢動物園 | Comments(4)
ヒロキの新しいテラスとうれしいニュース
ヒロキは夢のお告げのことを、ちょっと気にしていました。
「よいお告げは、繰り返し思い出してみるよ。いつかはお告げが本物になると思うから。大体はその前に忘れちゃうけれど」
a0164204_6521132.jpg

「いろいろ考えてみたけど、ぼくに起きるいいことって、素敵なテラスのことなんじゃないかな?」
a0164204_6522972.jpg




金沢動物園のブログにもあったとおり、ヒロキのお部屋の窓に素敵なテラスができあがりました。
今まではお日さまがガラスに反射して窓越しにヒロキを見るには少しつらかったのですが、これならじゅうぶん、見えるようになったと思います。それに屋根もあるので、雨の日だって傘なしでも大丈夫。コアラさんのおうちにも負けないね。
a0164204_6524550.jpg

できたてほやほやのテラスは、木の香りでいっぱいです。
a0164204_653267.jpg

飼育員のおねえさんが貼ってくれた、かわいいヒロキの写真。
a0164204_6531784.jpg

体重計にのるヒロキの写真。飼育員のおねえさんたちには、こんなごきげんなお顔を見せるんだね……
a0164204_6533517.jpg

お庭に出られない時には、こんな風にお部屋の窓からあいさつしてくれるヒロキ。(2013.3 撮影)
a0164204_6534878.jpg

テラスには屋根もあるので、ヒロキがこうして窓のところにきてくれたら雨が降っていても問題なし。
a0164204_65431.jpg

a0164204_6541448.jpg

もちろん、お外に出られなくなる真夏にだって、おひるねするヒロキのことをしっかりと見続けることができそうです。


「飼育員のおねえさんも、着々と夏への支度をしてくれてる。これで安心して夏を迎えることができる」
a0164204_6543035.jpg

「だんだんと夏が近づいてくるけれど、今年の夏はせっかちさんじゃないといいね。のんびりやってきてくれないかな」
a0164204_6545877.jpg

「おひさまもだいぶまぶしくなってきたし、風もだんだんとしゅっとしてきて本当に気持ちがいい」
a0164204_6551640.jpg

「おねえさんがかいてくれるのは、いつでも本当に気持ちいいよ、ちょっとはずかしいけど」
a0164204_6553883.jpg


この日はたくさんの子どもたちが遠足でやってきていました。ヒロキものんびりとこどもたちを眺めます。
「みんながかぶってるカラフルな帽子を見るのが大好きなんだ。いろんな色がある。あれ本当にかわいいよね」
a0164204_6555571.jpg

ヒロキのお庭のカルミアのお花も咲くまでにもう少し時間がかかりそうです。
a0164204_656832.jpg

「ビンクのカルミアが咲いたら、次はクチナシの花、そして真っ赤なデイゴの花が咲くころ、夏がやってくる。それはきっとあっという間だけれど、今は気持ちのよい風を楽しんでいたいんだ」


ヒロキにもみなさんにもお知らせです。ヒロキの夢のお告げは、実はこのお知らせのことでした。
a0164204_6564890.jpg

『金沢動物園のヒロキに注目!!』って、小さなタイトルで anan 5.15号(現在発売中)にヒロキが登場しています。
a0164204_656221.jpg

たくさんのお客さんがヒロキに会いにきてくれること。金沢動物園がたくさんの楽しい笑顔で包まれること。
それがヒロキにとっていちばんのいいこと。
この記事を読んでくれたたくさんの方々が、本物のヒロキに会いにきてくれますように。
穏やかにやさしく応援してくれますように。
a0164204_7195933.jpg

もしヒロキが眠っていたなら、どうか優しく見守っていただけますように。
by bon_soir | 2013-05-10 09:52 | 金沢動物園 | Comments(17)
ヒロキと夢のおつげ、そしてちょうちょさん。
たくさんのお客さんがいても、ちょっと少ないお客さんの日でも、ゆっくりゆっくりと時間のながれる金沢動物園。
おひさまが、きもちいいくらいの穏やかな日のヒロキ。たいていは、朝ごはんのあとに長いおひるねを始めます。
a0164204_353357.jpg

さらにまたおひるね。
a0164204_3535821.jpg

そして動き始めたヒロキ。もそもそと動くわりには、楽しそうな顔に見えるのはなぜなの? ヒロキ。
a0164204_3542747.jpg

トンネルに大好きなおやつの青草があるのを見つけたからなのでしょうか。
a0164204_3545578.jpg

「おひるねの時に見る夢はとても短いから、思い返しておかないとすぐに忘れてしまう。とても気分がいい夢だった」
a0164204_3552342.jpg

「さわさわ風が吹いていてね、風にのって聞こえてくるのは多摩のチューバッカの声なんだ」
a0164204_3555572.jpg

「近いうちにいいことがあるよ、っていう声が聞こえてきて、ふたりでクスクス笑ってる」
a0164204_3571059.jpg

「それでおしまいの夢だったんだ。おかしな夢だね。でもおひるねの時ってそんな夢ばかり。怖い夢はあまり見ない」
a0164204_3564492.jpg

大きなあくびを何度かするヒロキは、とても楽しそうに見えました。
a0164204_3591831.jpg

「ぼくは夢の中のことはたいてい信じているから、きっとなにかいいことがあるんだろう。楽しみだ」
a0164204_3594567.jpg

ヒロキに起こるちょっといいこと、多分いいこと。私は少し知ってる。きっとヒロキもうれしいと思うよ。
a0164204_40820.jpg

みなさんにも、ちょっとうれしいことだといいなあと思います。


ヒロキのおひるね中、さわさわした風にのってかわいい子がお庭をひらひら飛んでいました。
a0164204_3561277.jpg

夢の中できいたチューバッカの声、もしかするとちょうちょさんが運んで来てくれたのかもしれませんね。
by bon_soir | 2013-05-08 05:05 | 金沢動物園 | Comments(2)