<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
よいお年を
もうすぐに今年が終わります。
今年もたくさんの方におこしいただき、また心のこもったコメントもたくさんいただき本当にありがとうございました。
a0164204_2243744.jpg

たくさんのかわいい姿や
a0164204_2245848.jpg

楽しいお顔
a0164204_2251312.jpg

やさしい表情を
a0164204_2252948.jpg

今年もたくさん動物園のみなさんに見せてもらいました。
a0164204_2254327.jpg

動物園のみなさまありがとうございました。



やはり、今年もヒロキに会いに行く回数がいちばん多かったと思います。
暑くなると食欲が減ってとってもスリムになってしまうヒロキ。今年も長い夏休みを過ごしました。
a0164204_226038.jpg

会える時にはたくさんの楽しい姿を見せてくれるヒロキです。
a0164204_2261543.jpg

今年はたくさんのニュースがあったね、ヒロキ。
a0164204_2263589.jpg

30周年のかわいい手ぬぐいに登場したり、長寿のイベントがあったり。私たちを楽しませてくれて本当にありがとう。


もちろん特別なニュースがなくても、ヒロキはいつも通り、私にやさしい時間を見せてくれます。
a0164204_2265041.jpg

今夜のヒロキの見る夢はどんな夢でしょう。昨日と同じような夜だけれど、今夜で今年はおしまい。でもそこまで来年がきてるね。
a0164204_2281492.jpg

ヒロキも、みなさんもよいお年を!

More
by bon_soir | 2012-12-31 23:54 | 金沢動物園 | Comments(2)
ヒロキの丸太さん
あっという間にもう今年も残りあとわずかになってしまいました。
ヒロキにも年末にあいさつに行きたかったのですが、忙しくて会えずじまい。どうしてるかなぁ、あたたかいお部屋でのんびり過ごしているでしょうか。
ヒロキが大好きなみなさんも、同じように思っていてくれると思います。

11月のヒロキです。ちょっと撮影設定をうっかりして、ねぼけた写真で失礼します。

お庭にあった枯れ木を切ってもらったり、枝打ちをしてもらったりでお庭がとっても明るくなりました。
その切った丸太をお庭に入れてもらってごきげんなヒロキ。
a0164204_23385666.jpg

この丸太さんは、ヒロキの花壇の中に立っていたものです。
a0164204_2339985.jpg

コツコツコツコツ、少しづつゆっくりと削っていくことに決めたヒロキ。
a0164204_23392324.jpg

この丸太さんは何歳ぐらいだろうね、ヒロキ。
a0164204_23393860.jpg

「ちょっと年輪を数えてはみたけれど……たぶんぼくよりも年上だ」
a0164204_23395194.jpg

「丸太さんの元の樹はいつの間にか枯れてしまってたんだけれど、それでもいつもぼくを見守ってくれていたんだ」
a0164204_234078.jpg

「根元にはいつでもたくさんのタンポポが咲いたね、丸太さん」


丸太さんと仲良くしながら、遠くに過ぎて行った毎日を思い出します。
毎日はあっという間だけど、毎日がいくつも重なると、なんと長いことでしょう。
でもこうして一緒に思い出してくれる丸太さんがいると、ひとりで思うより、もっとたくさんのことを思い出せるね。



「大好きな丸太さんは、こうしてかじることも許してくれる。大事な相棒だ」
a0164204_23402011.jpg

「こんなに大きく皮がとれたよ! 」
a0164204_23403395.jpg

食欲不振の時にフランスパンを少しだけ食べたヒロキ。この皮もフランスパンのような歯ごたえなのかもしれません。



そしていつものように、ゆっくりとウォーキングの時間にうつるヒロキ。
a0164204_23404775.jpg

この日もたくさんのお客さんがヒロキのことを応援してくれていました。
今年はいつもよりもたくさんのお客さんが来てくれていたように思います。
ヒロキは金沢動物園の人気もの。みんなヒロキが大好き。
a0164204_2341060.jpg

そして、ヒロキもみんなが大好き。笑顔や楽しい笑い声でいっぱいのお客さんは、丸太さんと同じく大切なお友達です。


ヒロキは、今年も素敵な姿を見せてくれてどうもありがとう。とても幸せな時間でした。
また来年も応援に行くからね。ヒロキのいつもの姿を、ヒロキの好きなように過ごす時間を見せてくださいね。


この日は、驚くほどたくさんの穴も掘りました。ご機嫌だった証拠だね、ヒロキ。
a0164204_23411747.jpg

by bon_soir | 2012-12-31 00:49 | 金沢動物園 | Comments(0)
チューバッカへのプレゼント
うんと空気が澄んで、でもとっても寒くなったクリスマスの夜。チューバッカはどんな夜を過ごしたのでしょうか。
「多摩動物園の本当のクリスマスは、26日なんだ。クリスマスの当日は、トナカイさんたちが大忙しだからね」
a0164204_1111337.jpg

「だから、多摩では本当のプレゼントは26日にもらえるんだ」
a0164204_1121392.jpg

「ぼく、今年は靴下でなくて、このブラジル袋改めコロンビア袋にってお願いしていたのにな……入ってなかった」
a0164204_0261896.jpg

「ねぇ、ブイくん。きみは見たんでしょ。サンタさんがやってくるのを」
a0164204_0272594.jpg

「お部屋のここから丸太くんとごろごろしながら覗いて待ってたんだけれど、いつの間にか寝ちゃったよ。全くお決まりの話だよ」
a0164204_0293382.jpg

「ただとても素敵な鈴の音は聞こえてた、お空の方でずっと聞こえてたよ、とってもきれいな音だった…」
a0164204_0284570.jpg

「もしかしたら、サンタさんは疲れて来なかったのかもしれないなあ。何しろ忙しかっただろうから」
a0164204_0291596.jpg

「あの素敵な鈴の音はトナカイさんだね、トナカイさんたちがきっとサンタさんのかわりに配達もしてくれたんだろう」



チューバッカはとても楽しそうに笑いました。
お願いしたものはコロンビア袋には入っていなかったけれど、でもかわりのプレゼントもとても素敵なものでした。




「袋の中は、干し草でいっぱいだったんだ。それも何だかキラキラしたものがまぶしてあるように、やさしく輝いていたんだ」
a0164204_0295113.jpg

「とってもきれいで早速食べてみたら、不思議と力が湧いてきたんだ。忘れられないクリスマスプレゼントだよ」
a0164204_0301180.jpg




でもチューバッカの欲しかったものは、なんだったのでしょう。
「そのことをゾウのアヌーラさんにお話ししたらね、そりゃあサンタさんにも無理じゃない? って言われたんだ」
a0164204_0303196.jpg

「サンタさんにお願いしたものは、ポルシェなんだ。クランプがいっつもいっつも素敵だっていってたから」
a0164204_0304777.jpg

「でもでも元気が出る干し草も、同じくらい素敵だったよ。何しろ本当にキラキラしていたんだよ!」
a0164204_031353.jpg





「…だけれどそうはいっても、一度はポルシェに乗ってみたいよね。クランプが言ってたように、それで街じゅうドライブするんだ」
a0164204_0311767.jpg

ちょっと難しかったチューバッカのブレゼント。でも、きっといつかは願いが叶うことを信じます。
a0164204_1124826.jpg

「ぼくは知ってるよ、本当に欲しいものって、待ってるうちはやってこないんだ」

私もチューバッカへのプレゼントを考えたことがあります。
羽毛のおふとんがいいなあと思ったのですが、いっしょにゴロゴロしているうちに、きっとすぐにだめになっちゃうでしょうね。
ぬくぬくあたたかいおふとんにくるまったチューバッカ、考えただけでも幸せです。

残念だけど、ポルシェは私も用意ができないよ、ごめんね、チューバッカ。
by bon_soir | 2012-12-27 02:10 | 多摩動物公園 | Comments(2)
甘えん坊のタンバ
先日撮影したタンバとデコおかあさん。
日だまりでのんびり過ごす甘えん坊さんがあまりにもかわいくて、クリスマスの記事にしようと大事にとっておいたのです。
a0164204_23515820.jpg

でもまるでクリスマスツリーのてっぺんのお星様に呼ばれたように
かわいくて小さなタンバが23日にお空の上へ旅立ってしまいました。



7月にうまれて、しばらくはおうちの中で過ごしていたタンバ。
おうちの中からかわいい声が聞こえるたびに、会える日を心待ちにしていました。
a0164204_23521878.jpg

もっともっとかわいい姿を見せて欲しかったけれど、もう会えません。
だけど多摩のお庭のひだまりにいた、甘えん坊さんのことは忘れません。
a0164204_23523893.jpg

本当に悲しいけれど、お空の上のとってもあたたかい日だまりでタンさんが待っててくれていますように。
多摩のみんなを見守っていてくれますように。みんな元気に健やかに過ごせますように。
by bon_soir | 2012-12-24 23:55 | 多摩動物公園 | Comments(2)
オグロワラビーのくいしんぼうちゃん
ヒロキがお部屋でお昼寝をしていた午後のオグロワラビーさん。今月初めのころです。
ワラビーさんは少しばかり恥ずかしがりやさん。なかなか近くに来てくれず、個体の識別ができないのが少しさみしいです。


それでも、この日はこの子に注目です。葉っぱをせっせと食べていました。
a0164204_033252.jpg

おいしーい。けっこうたくさんお口に入るんだね。
a0164204_0334696.jpg

今度は近くまで来てくれましたが、こちらを向いてはくれません……気付いてるはずなんですけれどね。
ワラビーさんもとっても長くて素敵なまつげです。
a0164204_034570.jpg

ぴょーんと飛んで、お庭の真ん中で。ちょっと腕の点検をします。
a0164204_0342730.jpg

ちょっと視線を外したら、またもや葉っぱを食べてました。葉っぱ、どこにかくしていたの?
a0164204_0344338.jpg

ちなみに、他には誰も葉っぱを食べているワラビーさんはいませんでした。


くいしんぼうちゃん。
a0164204_035643.jpg

気持ちがいいね、おひさまと一緒に葉っぱを食べるのは。
a0164204_0352577.jpg

金沢動物園のワラビーさんは、とても人見知り。でも結構楽しく思い思いに過ごしているようです。
そーっと見てみてくださいね。
by bon_soir | 2012-12-21 01:03 | 金沢動物園 | Comments(0)
ヤギのおうちの悲しいお知らせ
マメタはいつでも飼育員のおねえさんが大好き。
a0164204_22541734.jpg

おかあさんの次にきっと大好き。
a0164204_22545187.jpg

マメタの大好きなタンおかあさんが亡くなってしまいました。なんとも悲しいお知らせです。
a0164204_22552091.jpg

うんと小さくうまれたマメタ。生後1週間くらいのころです。
a0164204_2256544.jpg

タンおかあさんはのんびりと大らか。
a0164204_22564098.jpg
a0164204_225713100.jpg

でも孫娘のあんちゃんときなこちゃんにはちょっと甘かったかな……
a0164204_22574847.jpg

みんなでなかよく。
a0164204_22583171.jpg

息子にはさりげなく甘えさせていたような気がします。
a0164204_2259883.jpg





ヤギの1歳が大人なら、まだマメタはこどもです。
おかあさんがいなくなってしまって、トコトコひとりで歩き回るマメタを、みんなかわいい、かわいいって言ってます。
a0164204_22593951.jpg

みんなに応援してもらいながら、かわいい声で鳴きました。みんなが笑顔になるかわいい声です。
でもちょっと寂しそうに聞こえたのは私だけかな。


この写真見づらいけれど、マメタがダイおとうさんの口ひげにタッチしてます。
a0164204_2303860.jpg

あまりに突然で、このあとダイおとうさんも目を丸くして固まっていました……。
好奇心旺盛でみんなの人気者、それにみんながこわがるダイおとうさんにも果敢にタッチするマメタ。
きっと大丈夫。体はまだまだちっちゃいけれど、マメタはかわいくてすてきなヤギの男の子。お客さんはみんな知っています。



だから安心して、ゆっくり休んでくださいね、タンおかあさん。
a0164204_2301152.jpg

a0164204_2345429.jpg

さっきマメタが鳴いたのは、「今日も動物園はお客さんでいっぱいだよ」っておかあさんにお話していたのかもしれません。
by bon_soir | 2012-12-19 23:53 | 多摩動物公園 | Comments(4)
黒い毛のウォンバット
とってもおひさまがあたたかかった日曜日。チューバッカに会いに行きました。
a0164204_0383853.jpg

このところずっとずっと寒かったから、おひさまのひかりをいっぱい体にあてて、少しだけおひるね。
a0164204_0395376.jpg

あたたかいとごはんもすすみます。干し草はおひさまの栄養がいっぱい詰まっているからね。
a0164204_0401966.jpg

相変わらずとても上品に食べてるけれど、少しばかり夢中になりすぎて干し草がおうちからこぼれてしまいました。
a0164204_0405128.jpg

おとなりを、のんびり確認するチューバッカ。バツバツバツ……チューバッカの落書きがかわいいです。
a0164204_0411977.jpg

飼育員さんがくれた木の枝はとってもお気に入り。カリカリカリ……
a0164204_042673.jpg

a0164204_0414692.jpg

「葉っぱは残してあるからね。お庭のいろんなところに、いろんな葉っぱが落ちてるから。好きなだけ食べられるよ、クランプ」
a0164204_0423437.jpg

葉っぱをサクサク食べるのが大好きだったクランプ。
葉っぱをサクサク踏めばいつでも、クランプのことを思い出します。
クランプと葉っぱは、いつでも一緒でした。
a0164204_043033.jpg

かわいいかけらが口もとについてるクランプ。
a0164204_1215138.jpg

「確か黒い毛の子もいたはず……」っていう声を、この日ききました。
この声、チューバッカにも聞こえていたかな。
a0164204_1355654.jpg

お天気もよくて、にぎやかだった日曜日。
クランプもきっとおうちの屋根のあたりで、ニコニコ見ていてくれたことでしょう、葉っぱをサクサク食べながら。
by bon_soir | 2012-12-18 01:41 | 多摩動物公園 | Comments(4)
チューバッカの大切な日
「今夜はお客さんがくるんだ、寒いけどさ」
a0164204_341177.jpg

ペリカンさんがおともしてくれるのは
a0164204_35430.jpg

アフリカゾウのアコさん。
a0164204_353021.jpg

そして、おなかぽんぽこヤギのマメタが付き添うのは
a0164204_355965.jpg

ヒグマのミチさん。
a0164204_362672.jpg

みんなゆっくりゆっくりやってきます。チューバッカのおうちへ。
「でもね、アヌーラさんはおうちの工事でどうしても来られないんだ。こっそりでられないんだって」



今日はクランプが遠いところに旅立った日。もう2年もたってしまいました。
チューバッカにとっては忘れられない大切な日。
いつもは、平気なのですが
今日ばかりは、あの日を思うと胸の奥の方から、ずーんと何かがやってくるようでふるえてしまうのです。
泣き出しそうで、涙がとまらくなりそうで悲しくなってしまいました。
そこで今夜、チューバッカのおうちにみんなで集まり賑やかに過ごすことにしました。
寂しい思いは決して消えないけれど、賑やかにすごしたら、クランプもきっと喜んで会いにきてくれると思うのです。
ミチさんとアコさんは、クランプやチューバッカが多摩にやってきたときのことを知っている大先輩です。
みんなに、クランプのおはなしをしたくて、やってきてくれることになりました。



スイギュウさんだって来ます。
a0164204_365271.jpg

オランウータンさんは、たくさんの葉っぱをもってきてくれることになっています。
a0164204_371728.jpg

クランプは、本当に葉っぱ、それもパリパリしたクランキーな葉っぱが大好きでした。

レッサーさんは、笹の葉をもってきました。 ヒロキは大好物だけれど、クランプは食べるかな。
a0164204_374343.jpg

パピーちゃんは、一応ユーカリの葉っぱをもって、よこよこよこよこやってきました。
a0164204_381380.jpg

もちろんおとなりのトラの親子さんもきてくれます。クランプは、トラさんの大きな声をきいてうっとりしていたのです。
a0164204_384150.jpg

「今日はたくさんクランプの話をするよ、クランプ、面白い話があったら、きみもここに戻ってきてくれて構わないからね」
a0164204_39711.jpg

a0164204_4203156.jpg

「ぼく、クランプがおばけになっておどかそうとしても、全然平気だよ。まだまだ話足りないんだよ、クランプ」

クランプはいつでも、チューバッカのおうちの屋根の上あたりでニコニコしながら見ています。
チューバッカも、そこにいることはわかっています。だから、今夜はみんなでクランプのことをおはなしして過ごします。

今日の多摩動物園で、とっても眠そうな動物がいたなら、きっとこのチューバッカの会に出席したにちがいありません。

クランプ、どうかチューバッカのことを守ってあげてね。
日本のウォンバットのことも、どうか幸せに健康で過ごせるように、神様と一緒に見守ってください。
いつもお願いばかりだけれど、どうぞよろしくお願いします。
a0164204_4313748.jpg




追記* 当初の投稿で、アフリカゾウのアコさんのことをチーキさんと書いてしまいました。今は訂正したものを更新し直しました。読んでくださった方々、アコさん、チーキさん、本当にごめんなさい。

by bon_soir | 2012-12-15 05:00 | 多摩動物公園 | Comments(0)
日曜日のヒロキの窓からこんにちは
お天気はよくてもとっても寒かった日曜日の午後。ヒロキは、お部屋の中でとってもご機嫌な様子でした。
a0164204_23472198.jpg

朝はお庭で大きな大きな穴をほって過ごしたヒロキ。
a0164204_23474539.jpg

お昼からは、お部屋に入りました。
a0164204_2348623.jpg

飼育員のおねえさんは、お外に出たくなったら出してあげたいと、ヒロキに言ってたけれど
ヒロキはあたたかいお部屋の中で、お昼寝しておやつの笹も食べて幸せそう、お外に出たい気配はまるでありません。



ガラスにお鼻をぺとってつけて、ふぅふぅするのも久しぶり。それってあったかいんだよね、ヒロキ。
a0164204_23483294.jpg

しかし、このまま全く動かなくなってしまったヒロキ。だんだんと目が閉じて……ヒロキの窓寝も何度も見ました。




「眠たくなっちゃうんだ、ごめんね。でも近くに飼育員のおねえさんやあなたがいてくれるから安心だ」
a0164204_2349130.jpg

『ヒロキの窓からこんにちは』。写真では、ヒロキのごきげんが十分に伝えられなくて、ちょっとかなしくなるね、ヒロキ。
a0164204_23492763.jpg

いつかは、みなさんも『ヒロキのこんにちは』を見てもらいたいなあと本当に本当に思います。



お庭で見せてくれるごきげんなお顔とはまた違ったヒロキの幸せなかおです。
「今日は、もう閉まる時間だよ。またすぐに会いにきてくれるかい?」
a0164204_2349554.jpg

「夏に見てもらえなかったぶん、冬にはいっぱい幸せな顔を見てほしいんだ。きっとすぐに来てくれるよね」


ここから見えるヒロキの窓は、私のお気に入り。
このあとこそっと覗いたら、ヒロキはおねえさんに、おいものおかわりをもらってました。
a0164204_23502544.jpg




先日のちょっと大きな地震の時には、ヒロキのそばには飼育員さんはいらっしゃらなかったようですが、特に慌てたりあばけたりした様子はなかったそうです。ちなみにコアラさんたちは、何かなぁって顔をあげたくらいで、耳が動いたりすることもなく結構普通だったそうです。安心しました。
by bon_soir | 2012-12-13 00:37 | 金沢動物園 | Comments(4)
チューバッカのモデルではないお仕事
ほんの少しのお昼寝のあとに向かった舞台。おしりにかわいい干し草がついてます。
チューバッカの足の毛並みはとっても不思議。しましまのくつしたみたい。
a0164204_22332876.jpg

くつしたっていえば、チューバッカはクリスマスプレゼントは、何をお願いしたのかな……とぼんやりしていたら


始まりました、チューバッカのごろんごろんタイム。
ごろんごろん、と大きな音を立てて丸太さんを転がすチューバッカ。
a0164204_22343516.jpg

そして時々はけずりをいれながら。
a0164204_2235878.jpg

雷がなってるかというくらい、ごろんごろん。ごろんごろん。
a0164204_22353695.jpg

「そば打ちの修行だと、人はいうけれど、ぼくそばってなんだかわからなかった」
a0164204_2235587.jpg

「細長い食べ物なんだってね。それを熱い水につけて食べる……まったく想像がつかないよ」
a0164204_22362336.jpg

「干し草も細長いけど水につけて食べるなんて、ちょっとごめんだよ」


「もうちょっとここのところをけずればいいかな。ここが細いと転がしやすいし、仕事がはかどるんだ」
a0164204_22365573.jpg

「でもねぼくが作りたいのは、残念だけどそばじゃないよ。ごめんね」
a0164204_22375370.jpg

ちょっとひとやすみのチューバッカ。満足気に丸太さんを眺めます。
a0164204_2239951.jpg

やっと少しこちらを見てくれました。休みながらゆっくりやったらいいのに。せっかちだね、チューバッカ。
a0164204_22401880.jpg

でも、まだ削りたりないところがありそうです。チューバッカのこだわり、お仕事のこだわりは、半端じゃありません。
a0164204_2241910.jpg

何かものすごく削ってる……ひと月前はこんなじゃなかったよ。ビーバーのような仕事ぶりです。
a0164204_22415192.jpg




「頑張って修行して、パン職人になるんだ。夢はパンの食べ放題だよ。飼育員のおねえさんにも、お隣のワラビーのやつらにも」
a0164204_22422526.jpg

「おいものパンができたらいいなあ」
a0164204_22425569.jpg

普通においしいパンを作っちゃえそうなチューバッカ。
a0164204_2244872.jpg

オセアニアエリアにおいしいバターの香りがただよっていたら、チューバッカがパンを仕込んでいるかもしれません。
おそばでもよかったんだけどね、チューバッカ。
by bon_soir | 2012-12-10 23:57 | 多摩動物公園 | Comments(2)