<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ヒロキの暖かい日曜日
冷たい雨が降っていた三連休、日曜日だけはすっきりとした青空が広がる暖かい日でした。
もちろんウォンバットのヒロキも気持よくすごしていました。
a0164204_11521843.jpg


そしてこの日は動物園が無料の日、たくさんのお客様が金沢動物園のオセアニア区を訪れてくれていました。
a0164204_11542314.jpg

オセアニア区の青空、どこの青空よりも澄んで見えます。

たくさんのお客様でにぎやかなオセアニア区、動物達も嬉しそうです。
a0164204_11572552.jpg


朝方の冷え込みはヒロキにとってあまりいいものではありません。夕方からも気温が下がるので最近ではお部屋の暖房のためエアコンをつけると担当の飼育係さんがおっしゃってました。
夏の暑い日々同様、ご飯が食べられなくなってしまうそうです。
そのため、お庭が少し暖かくなってきてから、ヒロキはみんなの前にやってきます。
a0164204_1221676.jpg

ドアをくぐり、たくさんのお客様を確認するヒロキ。
a0164204_12274374.jpg

ヒロキ、みんなが言ってるよ。 かわいいって言ってるよ。


「良かった、今日はとても暖かいね。雨がふる日は寒くてしょうがないんだ」
a0164204_12382288.jpg

「僕は寒さにも少し弱い。知ってましたか?」

「やっぱりお庭から見上げる空は青空がいい」
a0164204_12403616.jpg

「僕の大好きな空だ」

「そうだ、ここのところ僕はトンネルで朝食を食べる」
a0164204_124441.jpg

「飼育係のお姉さんが用意してくれる朝食だ」

「今日は本当にお客さんでいっぱいだ、今そっちに行くからね」
a0164204_12455479.jpg

a0164204_12481267.jpg

「ふぅ、たどり着いた。僕はこう見えておじいさんなんだ。歩くのが少し遅いのはごめんね」
a0164204_12493562.jpg

「お姉さん、おはよう。今日も1日よろしくね」
a0164204_12511457.jpg

「みんな、僕はお姉さん達が大好きなんだ。本当に大好きなんだ」
a0164204_12532860.jpg

「いつもこうして頭や体を撫でてくれる。とても気持ちいい」
a0164204_12553430.jpg

「ふれあうって素晴らしいこと、みんなもそう思わないかい?」


近くで会うことのできるヒロキを見て、お客様みんながかわいいと言ってくれます。
a0164204_12581125.jpg

初めてウォンバットを見る人も、何度もヒロキに会っている人も、みんなが大好きなヒロキ。
a0164204_1301423.jpg

もちろん私も何より大好きなヒロキ。
a0164204_1354520.jpg

担当の飼育係さんが言っていました。
a0164204_1371469.jpg


ウォンバットには “かわいい全てがつまっている” と幸せそうに話してくださいました。
a0164204_139162.jpg

私も本当にそう思います。 特にヒロキの可愛さ、愛おしさは特別です。

a0164204_13103716.jpg


「本当に今日はいいお天気だ。こんな日は坂道のお散歩をしよう」
a0164204_1312283.jpg

「この板の事を知っていますか?」
a0164204_13142031.jpg

「これはね、いつもコンクリートの上で寝ている僕が、冷たくないようにってお姉さんが置いてくれたんだ」
a0164204_13152991.jpg

「でも僕はなぜか使っていない。 ごめんねお姉さん」


「ここの角は、もうおなじみだね」
a0164204_13173266.jpg

「こうすると気持ちがいい所なんだ」
a0164204_13185216.jpg

「あぁ、みんながこっちを見てるよ。 少し恥ずかしいかな」


「僕のことをね、みんながヒロキと名前で呼んでくれる」
a0164204_13195620.jpg

「僕は幸せなんだ」
a0164204_13234588.jpg



「日向って、とても暖かい」
a0164204_144212.jpg

「坂道の途中の小さな日向、ここも僕の大切な場所だ」
a0164204_1453388.jpg

「夏はあんなに嫌だった日向が、冬は大好きになる。 毎年そう思う」


「ここで少しかゆい所をこする」
a0164204_14101720.jpg

「そして穴を掘るよ」
a0164204_14104296.jpg

「少し掘れば顔に土がつく」
a0164204_1412857.jpg

「たくさん掘れば……」

「ほら、顔が泥んこだ」
a0164204_14131243.jpg

「面白いね」


「ウォンバットは木には登れない」
a0164204_14143838.jpg

「だけど穴を掘ることが出来る」
a0164204_14163769.jpg

「それって凄いことだと思いませんか?」



ヒロキはその泥んこの顔のまんま、またトンネルでご飯を食べ出しました。
a0164204_1418853.jpg

とても幸せそうな笑顔、みんなのすぐ近くで見ることが出来ます。
a0164204_1419547.jpg

今、ヒロキは金沢動物園での暮らしを心から楽しんでいます。
a0164204_1420577.jpg




以前、ご紹介出来たヒロキの来園時の写真、小さなヒロキと一緒に写っている小さなもう一人のウォンバット。
その子のお話を飼育係さんにお聞きすることが出来ました。
「キヨコ」だと思っていたその小さなウォンバットは「スーティー」というかわいい女の子だそうです。(※諸説あり。確認中です)
内容はここには書きませんが、信じられないような事故で亡くなってしまったとのことでした。

その後に来てくれたのが名前だけ知っていた「キヨコ」。 そのキヨコも病気で亡くなってしまったそうです。



ヒロキは懸命に生きています。その子たちの分までずっと長生き出来るように一生懸命に生きています。



またヒロキのことを大好きな飼育係さん達が、ヒロキのことを気にかけ、ヒロキと一緒に頑張ってくれています。
色々な思いを胸にヒロキは心から笑うのです。
a0164204_14293761.jpg

ヒロキが金沢動物園で暮らしていてくれて本当に良かった。




動物園は、儚い動物達とわがままな人間を繋いでくれるかけがえのない場所。
ヒロキがいなかったらその事に気づかなかったかもしれません。
a0164204_14381162.jpg





ヒロキが近くにいたり、眠っているときは大きな声や音で驚かさないであげてください。
a0164204_14395514.jpg

少しでもヒロキが幸せに長生きしてくれるように。



 

by bon_soir | 2012-11-27 14:50 | 金沢動物園 | Comments(4)
いちばんかっこいいのは誰
金沢動物園で、いちばんかっこいい動物はだれだろう。時おり動物たちのおしゃべりの中で出る話題です。
男の子たちは、自分がいちばんかっこいいだろうって思っているけれど、それでも、彼だけには異議を唱える子はいません。



ヒクイドリのナミヘイです。とても臆病なナミヘイ。
私がいつも会いに行く時はこうやってうつむき加減ばかりで、なかなかお顔を見ることができなかったのですけれど
a0164204_1325035.jpg

この日は、きちんとこっちを見てくれました。
文句なく、かっこいいよ、ナミヘイ。
a0164204_1331818.jpg

ヒクイドリさんは、このあごの下の赤い肉垂れが火を食べているように見えることから、
ちょっとばかりワイルドな名前になってしまいました。
a0164204_1334644.jpg

火を食べるわけではありません。おなかが燃えてしまいます、食べたら。


ヒクイドリさんの女の子はたまごを産んだら、別の男の子のところへいってしまいます。
だから、たまごをあたためて赤ちゃんを育てるのは男の子なのです。
以前に、小さなしましまのひなたちと一緒によちよちお散歩して、大きな森の中でひとり子育てをする映像をみました。


その姿はかっこよくて、それでいて優しくて、とっても強く見えました。実際、とっても強いのですけれど。
大きな森の中での子育ては、おとうさんのほうがむいているのかもしれません。
a0164204_134142.jpg

ちょっとぼけちゃいましたが、うしろの赤色はとっても鮮やかです。
a0164204_1343657.jpg

ナミヘイのお庭にも少し剪定が入ったのでしょうか、ヒロキのお庭同様明るくなったように見えます。
a0164204_13506.jpg

金沢動物園でいちばんかっこいい男です。オセアニア区の外れに住んでいます。
応援よろしくお願いしますね。ナミヘイも恥ずかしがりやだけれど、みんなを待っています。たぶん。
by bon_soir | 2012-11-27 02:08 | 金沢動物園 | Comments(2)
おはようのヒロキ
「みんなおはようございます」
a0164204_243653.jpg

連休明けの月曜日の朝に、かわいいヒロキのごあいさつ。

剪定が入り明るくなったお庭で、たくさんのお客さんに応援してもらって、ごきげんだった日曜のヒロキでした。
by bon_soir | 2012-11-26 05:00 | 金沢動物園 | Comments(0)
蜂蜜色のキョウコさん
マレーグマのキョウコさん。ゆったり穏やかに過ごしていました。
静かにこちらを確認するように、時おり視線が動きます。
a0164204_2338359.jpg

そのたびにどきどきしてしまうのは、なぜなんでしょう。
a0164204_23392760.jpg

そんなに長い舌をどうやって口の中に収納しているの? キョウコさん。
a0164204_23403155.jpg

またもや動く視線は、心の中を見透かされているような気持ちになります。本当に純粋なひとみです。
a0164204_23412692.jpg

そろそろ扉が開く頃でしょうか。モモコとフジ親子で賑やかになる前のひととき。
a0164204_2343394.jpg

蜂蜜色のお顔に完璧なマレーグマのくま皮。
ちょっとだけ年をとったけど、とてもチャーミングなキョウコさん、今頃どんな夢を見ているのでしょうね。
by bon_soir | 2012-11-25 01:25 | 上野動物園 | Comments(2)
ヒロキがおうちに帰る前にすること
なかなかヒロキに会いにいかれません。先月に会いに行った時のヒロキの写真です。

扉が開いてもお部屋に帰らないヒロキ。この日もやはり帰りません。
お昼寝時間が長過ぎて、今日やりたかったことを、まだ全然やっていなかったようです。

「今日は寝てばっかりだったけど、やり残したことはやっておかないと。いつでもできるって思っていたらだめなんだ」
a0164204_2375712.jpg

ウォンバットの大事なアイテム、ステンレスの入れものをちょっとチラ見。ヒロキはお水を入れてもらっています。
a0164204_2382823.jpg

「いつもと同じようなお庭だと思うかもしれないけれど、一日だって同じだったことはないんだ」
a0164204_239328.jpg

「だからお庭に出ている時は、ちゃんと見ておかなきゃならない」
a0164204_2393884.jpg

ヒロキはコンシンネの葉っぱを見つけました。カシカシカシカシ、歯ごたえ抜群の葉っぱだけれど少し長過ぎました。
a0164204_23101937.jpg

「今日は丸太さんをかじってなかった、ごめんね丸太さん。お詫びにいっぱいいまから噛むよ」
a0164204_2311316.jpg

決してリズムが乱れることのない音。コッコッコッコッ、夕暮れのオセアニア区に乾いた静かな音が響きます。




そしてヒロキの大事な原っぱ。秋の香りがたくさんです。
a0164204_23115194.jpg

ヒロキのとっても楽しそうな顔は、いつ見てもやさしい気持ちにさせてくれます。
a0164204_23124126.jpg

「ぼくの大好きな秋の香りは、お日さまの乾いた香りなんだ。それと、秋でもタンポポの葉っぱは苦い」
a0164204_23134686.jpg

ヒロキは満足そう。きっと今日のやることリストに、すべてチェックが入ったようです。
「これでおうちに帰れるよ。おねえさん、お待ちどおさま」
a0164204_23143344.jpg

「あれ?」
a0164204_23152714.jpg

「確かにここにあったはずなのに……さっきまで。大変だよ! おねえさん!」
a0164204_23172060.jpg

ほんのちょっとだけ、スピードをあげてとびらに向かうけれど
a0164204_23181154.jpg

「あ……おねえさんがしまってくれたんだよね、ぼくが丸太さんをコツコツしている間に」
a0164204_2319259.jpg

扉の手前でほっとひといき。ヒロキは安心しました。
「ほらね、やっぱりお庭の点検はいつでもしておかなければいけないんだ。ぼくのお庭、とても大切な大切なお庭だから」
扉の前で、ヒロキは今日のいちにちを思い返します。
a0164204_23203422.jpg

お昼寝をしてお散歩をして、お庭の点検をして。同じように見えても、まったく同じ日なんてありません。
ヒロキが好きなように過ごせる幸せ。それを思うだけで、ちょっとだけ暖かくなれます。

でも風邪ひかないようにね、ヒロキ。
by bon_soir | 2012-11-23 23:58 | 金沢動物園 | Comments(0)
リクの新しいおうち
大好きなアカカワイノシシのリク。とてもきれいなキャラメル色の背中です。
a0164204_3101747.jpg

まんまるなおしりにしっぽをふりふり。せわしなくとっとこ、とっとこ歩くリク。
a0164204_3111098.jpg

「とっちらかってるように見えるけれど、ぼくのいいようにお庭を作ってるんだ」
a0164204_31255.jpg

リクは、新しいおうちへお引っ越ししました。もとはオオアリクイのガンコさんが住んでいたところ。イソップ橋のたもとです。
「ぼくだけのお庭なんだ。とっても楽しいよ、ちょっと寒いけどね」
a0164204_3134244.jpg

リクは元気に歩き回ります。
たくさんリクとおはなししたいけれど、名前を呼ぶだけで精一杯。本当にせわしなく動くリクなのです。
a0164204_3142172.jpg

時々止まって考えごと。リクの素敵な横顔。
a0164204_315382.jpg

微妙に遠い金網とアクリルの板で、リクのかわいい顔をなかなかうまくとれません。ごめんね、リク。




おしゃべりでさみしがりやのリク。リクはこれから、ここでどんな景色を見ていくのでしょう。
空の上をはしるモノレール、ヤマアラシさんの木登り、道路を走る車や橋の向こうのトカラヤギさんたち……
レッサーパンダさんやカナダヤマアラシのランブーとは、もうお友達になったかな、リク。



リク、リク! って呼んだら、グェーと返事をしてくれました。このうえないよろこびです。
a0164204_315517.jpg

アカカワイノシシの男の子、リク。
a0164204_316426.jpg

これからも応援よろしくお願いいたします。
by bon_soir | 2012-11-22 03:09 | 上野動物園 | Comments(0)
アフリカ区のうわさ
今月はじめのころの金沢動物園です。秋のやさしいおひさまがオセアニア区をあたたかく照らしていました。いつものように。
そして、ヒロキはごろんとおひるね。よく見ると干し草をよけて寝ています。
a0164204_0295676.jpg

バニラもおひるね。かわいいけれど、絶対に疲れるポーズです、あいかわらず。
a0164204_0303936.jpg

カンガルーさんもよくわからないポーズで、ごろごろ。
a0164204_0311113.jpg

そんなのんびりとしたいつものオセアニア区のひるさがり、ヒロキを起こしたのは誰でしょう?
a0164204_0314329.jpg

「ヒロキさん、知ってる? 下のアフリカ区でね……流れてる変なうわさのこと」
その声は、コアラのライタくん。いたずらっぽい目でライタくんがおしゃべりを続けます。
a0164204_0322239.jpg



「ペリカンのワカメちゃんとモモちゃんが見たんだって!」
a0164204_0325596.jpg

「とっても大きな角が生えてる飼育員さんを見たんだって!!」


ヒロキは、まだ夢の中にいるような気がしました。だって、角が生えてる飼育員さんなんて、見たことも聞いたこともありません。
a0164204_0332411.jpg

もちろんヒロキに会いにきてくれるお客さんだって、角が生えてる人はいません。



「でも、角は生えていても特にいつもと変わりなく、いやむしろ楽しそうだったっていうんだよ」
a0164204_0335545.jpg

「いつもきょろきょろしてるキリンのワンダーも見ていたっていうし、何だか本当な気がしてきたんだ」
a0164204_0342281.jpg

ライタくんは、結構本気で乗り気のようでした。
a0164204_0335545.jpg




「今日の朝、扉をあけてくれたいつもの飼育員のおねえさんに角は生えていなかったし……」
a0164204_0344883.jpg

「さっきお庭の前を通ったおねえさんもいつも通りだったし。ひとから角が生えてくるなんて、ぼくは信じられないよ」
ヒロキは考えます、動物園のみんなを、ひとりひとり思い出しながら。
a0164204_0351320.jpg

「確かに金沢動物園には、角がはえてる動物が多いのは事実だ。オオツノヒツジさんは、動物園のシンボルになってる」



「だからって、お世話してくれてる飼育員さんに角が生えるなんて、ありえないよ、ライタくん」
a0164204_037011.jpg

ヒロキはもとから、何事にも慎重なウォンバットなのです。
a0164204_0353534.jpg

一方で角のうわさばなしに夢中なのはライタくん。
a0164204_036046.jpg

「でもさぁ、ぼく飼育員のおねえさんに、ガウルのいちごちゃんのような角がはえてきたら、うれしいな」
a0164204_036242.jpg

「あのくるんってなってるところにつかまって、みんなの前に登場するんだ。かっこいいよね」


信じられなくとも、ヒロキは考えてみることにしました。担当のおねえさんにどんな角が生えてきたらうれしいかしら。
a0164204_0372653.jpg

「まったく想像がつかないし。あんまり想像もしたくない……でも目撃された飼育員さんは楽しそうだったっていってたなあ」


「ぼくは、自分に角がはえてたらなって思うことはあるよ。おなかの横っちょとか掻くのに便利だし」
a0164204_0375167.jpg

「アノアのさつきちゃんみたいな角だったらちょうどいいと思うよ。脳天もかろうじてごしごしできそうだ」
a0164204_038224.jpg




「でもオセアニア区の他のおともだちはどうだろう」
a0164204_0385421.jpg

「ワラビーさん、角があったらジャンプするたびに、角に何かがひっかかりそうだし、ポッケのそうじはうまくできるだろうか」




「顔まわりに、これ以上何をつければ気が済むんだ! っていわれそうだね。ナミヘイは」
a0164204_0392838.jpg






「でも本当におねえさんに、生えてきたら大変だ。コアラさんのおうちとは違って、ぼくのおうちはこじんまりしてるから」
a0164204_0395642.jpg

「バーラルさんの角だったら、ぼくのお部屋の通路につかえてしまうだろうし」
a0164204_0403177.jpg

「オリックスさんの角だったら、とびらにつかえてお部屋に入ってこられない」
a0164204_041245.jpg

「ぼくのお世話をしてもらえない……」



ヒロキは少ししょんぼりします。
「おねえさんは、いつだってお部屋を掃除してきれいにしてもらって、おいしいごはんを用意してくれるんだ」
a0164204_041418.jpg

「でもさ現実的にいえば、角が生えてきたら、頭が重たくて重たくてそれどころじゃないよね」


ちょっと恨めしそうにライタくんのほうを見るヒロキ。でもライタくんはさっさかおねえさんとお部屋に帰ってしまいました。
a0164204_0421255.jpg




だんだんと秋の夕暮れが迫ってくるなか、いつもの道をいつも通りお散歩するヒロキ。
少し微笑んだのは、角が生えてきた自分の姿のことを想像したからかもしれません。
a0164204_0424250.jpg

「ペリカンのワカメちゃんたちが見たのは、何かの間違いだろうね。だってここオセアニア区はいつも通りだよ」




でもねヒロキ、ワカメちゃんやモモちゃん、ワンダーが目撃したのは本当だったんだよ。
a0164204_043628.jpg

ツノツクというとても楽しそうなワークショップがわくわく広場で行われていました。
ふたたび11月24日にツノツクのワークショップが開かれるそうです。
オセアニア区にも、もしかしたら角の生えたお客さんや飼育員さんがくるかもしれませんね。
ライタくんやヒロキはそれを見てどんな顔をするでしょうか…………。
by bon_soir | 2012-11-20 01:38 | 金沢動物園 | Comments(4)
まだまだ小さなナギとQ
エゾシカのQがテクテク。
a0164204_10345990.jpg

カモシカのナギは、扉のむこうにいました。



何かとナギのところに出かけて行くQです。
a0164204_10352913.jpg

こそこそこそこそ、こそこそこそこそ。
「鍵をいじるより、下を掘った方がはやくない?」 「 いやいやこっちの方がいいって!」
a0164204_10354798.jpg

この扉をなんとかしたいふたり。むこうとこちら、上で下で。


「やばい、見つかった!」 お客さんたちが集まってきて、急いでやってきたQ。
a0164204_1036627.jpg

おすまししてるけど、実は「キューイキューイ」ってなきながらやってきます。



草を食みつつも、作戦を練っているナギ。ふたりの遊びはこれからどうなっていくのやら。
a0164204_10362435.jpg




みんなに写真を撮ってもらってごきげんな様子のQだけど
a0164204_10364983.jpg

「早くさっきの続きがしたいんだよ!!」
a0164204_1037162.jpg

かっこつけてるけど、そわそわ足踏みしていたのは内緒です。


まだまだ小さなふたり、Qとナギ。
それなのに、ふたりがおじいさんになってもこんなふうに遊んでいるような、景色が見えました。
五重塔の下に住む不思議なふたりです。
by bon_soir | 2012-11-17 11:31 | 上野動物園 | Comments(0)
ブッチのお庭そうじ
プロングホーンのブッチくん。奥の方のフウの木の下でじっと見ています。
何してるんだろうなとよそ見をしていたら
a0164204_22594753.jpg

あっという間に目の前にやってきたブッチ。
a0164204_230953.jpg

プロングホーンはとっても俊足で、チータの次に足が速いそうです。
でもここ金沢動物園のアメリカ区では、俊足で走って逃げるような怖いできごとはありません。


カフェオレ色のタートルネックが素敵なブッチ。もうじき落角の時期です。角の間のふわふわしてるとこ、さわってみたいです。
a0164204_2304129.jpg

かゆいときでも、凛々しくてかわいいブッチ。ブッチがかわいいのか、それともプロングホーンさんたちみんなかわいいのかな……
a0164204_2311188.jpg

それは、私にはわかりません。だってね、ブッチは日本にいるたったひとりのプロングホーンなのです。
ブッチありがとうね、いつもかわいい姿を見せてくれて。でもきっと寂しいと思うんです。
ブッチって呼べば、必ずやってきてくれるブッチ。もっと近くでおはなししたいね、ブッチ。


と思っていたらトコトコ、向こうへ行ってしまいました。
a0164204_2314798.jpg

そこでは大好きな飼育員さんが、ブイーンと大きな音をたてて草刈り中。
a0164204_2322110.jpg

大きな音はちょっとこわい、でも飼育員さんのそばにいたいブッチです。



「ぼくのお庭も草刈りするのかな、そしたらフェンスも直してね、お願いします」
a0164204_2325773.jpg

ブッチは、本当に出来る子です。
a0164204_233346.jpg

「ぼくのお庭はぼくがきれいにしなきゃね」
a0164204_234143.jpg

「大物がとれたよ!」 こんなうれしい顔を見たのは、久しぶりです。
a0164204_2345662.jpg

よかったね、ブッチ。大物をどうぞ、召しあがれ。
a0164204_23535100.jpg

ごっくん。ごちそうさまでした。
a0164204_236764.jpg

秋の風がふーふーと、アメリカ区の大きな木の間を吹き抜けていきました。
こうしてカメラ越しには近いのだけれど、本当はちょっと遠いブッチ。
それでも、いつでもこうして見ていてくれます。何かおはなししたいような、優しい目で。
a0164204_2364374.jpg

いつかとなりに行ってブッチと一緒にゴロゴロしたいです、アメリカ区の草むらを。
そしてブッチは、何をおはなししてくれるでしょう。
by bon_soir | 2012-11-14 00:01 | 金沢動物園 | Comments(0)
フジのお誕生日会
上野のくまの丘に住むとってもかわいいマレーグマの子のために。
a0164204_1522917.jpg

とってもかわいいお誕生日のおからケーキです。


フジ、お誕生日おめでとう。2011年11月8日にうまれたフジ。
モモコさんがなかなかお庭に現れずどうしたのかと心配していたころには、もう産まれていたんだね。
フジが産まれたってきいた時には、本当にうれしく思いました。
a0164204_1525697.jpg

みんながおめでとうをいいに集まってくれたけれど、フジはとってもかわいいケーキには全然気がつきません。
あ、気付いた! みんなもほっとひといき。
a0164204_1532369.jpg

一応点検します。
a0164204_1535145.jpg

ぐるっとひとまわり。
a0164204_1542338.jpg

「この白いのはなんだろ」
a0164204_1544953.jpg

4つ用意されたケーキのひとつを点検しつつ食べ終わったモモコおかあさん、フジのもとへやってきました。
a0164204_1551881.jpg

「この白いのはおからっていうのよ」 モモコおかあさんは、フジに食べてみせてあげているようでした。
a0164204_1554783.jpg

そんなに噛みしだくものでもないと思うよ、フジ。
a0164204_1562030.jpg

どうも食べ慣れないのか、おかあさんにバトンタッチしたフジです。
a0164204_1564787.jpg

ちなみに、この会の前におからの練習はしたようで、その時には完食したそうなんですけれどね。



そして、またもや見つけたとってもかわいいケーキ。
a0164204_1571448.jpg

またもや点検作業から始めるフジです。
a0164204_1573845.jpg

「こっちのほうがまわりにおいもがたくさんついてるよ」
a0164204_158366.jpg

だいぶ大きくなったフジだけれど、やっぱりまだまだくまの子。
a0164204_1583381.jpg

だってまだ1年しかたっていないんだものね。


モモコおかあさんとフジ。
a0164204_159361.jpg

丸太からおりられなくなったフジをどうすることもできなくて、おろおろしていたモモコおかあさん。
フジがすとんと上から落ちちゃったこともありました。

フジもすっかり大きくなって、今はもう大丈夫……たぶん。
a0164204_1592982.jpg

お誕生日っていうのは、こどもが初めておかあさんに出会った日。
a0164204_202820.jpg

おかあさんもこどもに初めて出会えた日。
a0164204_1595920.jpg

ひとりまっくらなお部屋の中で、フジに出会ったモモコおかあさん。
フジはもしかしたら忘れちゃうかもしれないけれど、モモコおかあさんは、この日のことを忘れることはないでしょう。

なかよしな親子、できるだけながく見ていたいです。
もちろん、父アズマも。そしてキョウコさんも。
上野のクマの丘のみんなが、すこやかに暮らせますように。
by bon_soir | 2012-11-13 03:00 | 上野動物園 | Comments(2)