<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
朝の静かなこども動物園
こども動物園の朝です。朝一番というわけではなかったけれど、ちょっと早めのお昼まえ。
もう10日くらい前のことなのですが、朝からとても暑かった日、でも思えば今よりはまだ全然過ごしやすい日でした。


おはよう、インディアンランナーさん。
a0164204_22304038.jpg

新しく見るお顔でした。まだよたよた歩きの若いランナーさんだけれど、のびたままの姿勢は抜群、でもヨタヨタ……


朝のヤギ山では、こうやってみんながおでこをつきあわせてごっつんしてました。
なぜなんだろう……朝のトレーニングなのでしょうか? 
a0164204_2227273.jpg

ゆうべ見た夢のおはなしをしているような、のんびりしたごっつんペアもいましたけれど。



奥の日陰の下には、ヒツジのアリスとオーロラちゃん。おかあさんにうもれて苦しいかな、お顔を一生懸命あげてました。
ふかふか増えたね、オーロラちゃん。
a0164204_22274229.jpg

もちろん、大好きなセントクロイのサクラちゃんは、相変わらずシニカルなお顔。
a0164204_22282180.jpg




オーロラちゃん、美しいって漢字は羊が大きいって書くんだよ。この前テレビで言ってた。
a0164204_22285594.jpg

サマーカットをしていないオーロラちゃんは、とてつもなく暑いことでしょう。夏にウールのセーターは、暑過ぎます。
でも、あんまり気にしていないようなオーロラちゃん、これから秋までは暑いよ、間違いなく。



いつもおしゃべりなシナガチョウさんは、朝だからかな、ちょっとだけおとなしい。
a0164204_22293045.jpg

それでも、クワクワ、クワクワおはなししてくれました。


七面鳥さんは、これで正しかったでしょうか?  平日の朝は、とてもフリーダム。思いのまま歩き回ります。
a0164204_22313314.jpg




そして、はじめましての5月うまれのふたごヤギ。スズランちゃんとナズナちゃん。
ゆっくりとふたりでおしゃべりをしているようでとてもかわいくて、さわりたいけどそっとしておきたいような。
a0164204_22322969.jpg

休日はこどもたちに可愛がられているんだろうな、せわしなく。
ヒトが少ないときは、新しい世界を思うぞんぶん楽しんで、たくさんの発見をしてね。多摩のマメタたちのようにね。

チキータおかあさんは、毛づくろい中でした。暑いけれど、かわいいふたごの子育てをよろしく。
a0164204_2235463.jpg




ハクビシンさんのお食事。この丸太は、あなたのものなのね。だけどだれも奪わないと思います。
a0164204_22385592.jpg




ともだち牧場では、ふれあいの時間。
だけれども、なかなか近くにきてくれないモコちゃんでした。
前髪がかわいいサマーカットのモコちゃん。私も今度そんな風な髪型にしようと思います。
a0164204_22364756.jpg

でもこの写真でかわいいのは、モコちゃんだけじゃないのです……
撮影したときは気付きませんでした。ラーマったら、とってもかわいいです。
by bon_soir | 2012-07-28 23:50 | 上野動物園 | Comments(4)
ツキノワグマのむすめ、ウタ
ウタちゃんのお庭から消えたたるは、おとなりのカワウソさんのご夫婦のおうちに運ばれていました。
「カワウソさんたちが喜んでくれてるといいなぁ。たるはなくなったけど、こうして綱があるから、楽しく遊べるよ」
a0164204_21483817.jpg

「フジのおうちみたいに高い木はないけど、やっぱり高いところに登ると気持ちがいいの。みんなにも近くなるから」


ウタちゃんの足がものすごく長いです。カメレオンさんの舌みたいになってます。
a0164204_21491664.jpg

「よいしょ。あともう少し」
a0164204_2150170.jpg

「上の方は、けっこう風が涼しいよ」
a0164204_21504942.jpg

「むこうの窓のみなさん、こんにちは」
a0164204_21514613.jpg

「下で写真を撮ってる方! 上の方にあがってきたら? 少しは涼しいよ!」
a0164204_21523510.jpg




おとなりのフジのお庭では、ハトさんたちが集まって、ボゥボゥボーボーと歌をうたいはじめました。
楽しそうにウタも眺めます。多分ハトさんたちの不思議な歌声が気になっているのでしょう。


タロコおかあさんから独り立ちして、とってもかわいいツキノワのむすめさんになった、ウタ。
a0164204_21531189.jpg

ひとりの楽しさがだんだんわかってきたような、でもやっぱりさみしかったり、ちょっとつまんなかったり。
a0164204_21543598.jpg




遠くの森に住む、ウタと同じようなツキノワのむすめさんたちのことを思います。
彼女たちは、きれいな色の葉っぱやいい匂いのするお花を集めたり、かわいいものを探してお散歩しているのでしょう。

ウタちゃんには、残念だけれどお散歩できる素敵な大きな森はありません。
でも上野には、森では出会うことのないマレーグマのフジや長い鼻のゾウさんたち、たくさんのお友達がいます。
それに何といっても、かわいくてきれいな色の服やキラキラしたくびかざりやゆびわ、素敵なもようのバッグ・・・・・・
ウタを応援しにきてくれるお客さんたちは、たくさんのかわいいものを、ウタに見せてくれます。
それを楽しむのが、ウタの大好きな時間です。



あ、何か見つけたのかな?  
a0164204_2155658.jpg

ツキノワのむすめ、ウタちゃん。今は、ひとりを十分に楽しんで、たくさんのかわいいものを見つけてね。



いつも楽しくおしゃべりしてくれるおとなりのタヌキさんは、ちょっと暑すぎるみたいだね。
a0164204_21561088.jpg




ウタちゃん、もうお庭のお散歩は飽きてしまったみたい。
ちょっとした気まぐれも、女の子にはありがちなことです。


「今、ガチャって音がしたから、帰る時間だよ」
a0164204_21573974.jpg

確かに音はしたけれど、おそうじのお兄さんの音だと思うよ、ウタちゃん。


「まだだった・・・・・・」
a0164204_21582683.jpg

とびらから戻ってくるウタ、お顔には、はっきりうつってないけど、ちょっとふてくされてる様子です。
それも、女の子にはありがちな感じですね。


みなさんも、ウタちゃんにかわいくてきれいなおしゃれを、たくさんみせてあげてくださいね。
ウタも、みんなをチェックしているはずですから、こっそりと。
by bon_soir | 2012-07-27 23:09 | 上野動物園 | Comments(4)
ふたつのいいこと
今日は7月25日。

「今日はね、ぼくのおとうさんの誕生日っていうやつなんだ」
a0164204_23434918.jpg

フジの父アズマ、今日で20歳になりました。おめでとう、アズマ。
a0164204_23442667.jpg

(2012年2月撮影です)


「誕生日ってうまれた日のことをいうんだってさ、さっき知ったよ。おとうさんのおかあさんってどんなだったのかな」
a0164204_23451557.jpg

フジ、おとうさんのおかあさんのことは、おばあちゃんっていうんだよ。
「ふーん、おばあちゃんか。モモコおかあさんのおかあさんも、おばあちゃんていうんだね、そうでしょ」

アズマやモモコの小さなころってどんなだったんでしょうね。



そして、もうひとつのいいこと。今日からパンダのシンシンとまた会えるようになったそうですね。

これはリーリー。もうひとあんしん。さみしくありませんね。
a0164204_23454951.jpg

それにしても
a0164204_23463879.jpg

この日はもちろんリーリーひとりで頑張っていたのですが
a0164204_23472445.jpg

なんだかなあ、もう、むっしゃむっしゃ食べてます。
a0164204_23475930.jpg

笑ってますし。
a0164204_23483774.jpg

何だかうまくいえないのですけれど
たたずまいやら様子やらを見ていると、リーリーはパンダにしておくにはもったいないような気がします。



フジは、マレーグマでよかったね。
a0164204_23491155.jpg

「パンダさんは、かわいいよ。ただ、ササはいやだよ。だって口の中が痛いと思うんだ」
a0164204_23501750.jpg

「このきのこみたいな木のかけらで遊ぶの楽しいよ」


フジのおうちの前にはってありました。
a0164204_2350499.jpg

28kgって、どんな重さなのでしょうか……ウォンバットのヒロキのほうが重たいだろうなあ。
by bon_soir | 2012-07-25 23:42 | 上野動物園 | Comments(2)
静かなオーストラリア園
先日の日曜日、多摩動物園に行ってきました。
チューバッカのお庭には、こんなかっこいい日よけのテントが張られていました。
a0164204_0525633.jpg

この日チューバッカが早退しているということを教えていただき、お庭にはいないことはわかっていたものの……
つい足が向かってしまいました。


シマオイワワラビーさんも、何度となくお庭をのぞきます。
a0164204_0532020.jpg

チューバッカはどう? 
a0164204_0534720.jpg

おはなしできたらいいのにと、今日はつくづく思います。

岩の上のシマオさん。上の方が風が通るのでしょうか。
a0164204_0541144.jpg

チューバッカが見てないからって、だらしなくしちゃいけないよ。
a0164204_0543820.jpg

この日はそんなにひどい暑さではなかったけれど、少しむしむししてきた午後でした。



反対側のチビワラルーも、時おりチューバッカのお庭を気にしながら、とびらの前できょろきょろ。
a0164204_055426.jpg




チューバッカ、がんばって。あやまらなくてもいいよ。ゆっくり体を直して休んでくれていいからね。
a0164204_0552761.jpg

金沢動物園のヒロキのように、夏のシフトという感じであればいいのですけれどね。



シマオさん、チューバッカをよろしくね。
a0164204_0562587.jpg

本当に大きな目。
a0164204_0564639.jpg

雨の匂いでもしてるの? 
a0164204_05787.jpg

おとなりのワラルーさんも、何かをキャッチしてるよう。
a0164204_0572887.jpg

反対側のワラビーさんも、同じようにお鼻のアンテナで受信中でした。
a0164204_057532.jpg

オーストラリア園のおともだちは、みんな静かにチューバッカを応援しています。
チューバッカも安心して、お休みできるかな。でもあまり静かでも、きっと気にしてしまうでしょう。
だって、チューバッカだもん。


ちなみにこの日は、元気に姿を見せていましたけれど
ユキヒョウさんのお庭にも、こんなかわいいサインが。
a0164204_0581626.jpg

夏が悪いわけじゃないのです。それでもやっぱり動物たちのことが気にかかってしまいます。
a0164204_0555171.jpg



最後に疲れを癒してくれる、ヤギさんたち。多摩動物園の素敵な場所です。
マメタは、元気に夕ごはんを食べていました。マメタらしく。
a0164204_0584386.jpg

いっぱい食べて、初めての夏を元気にすごしてね。お願いだよ。
by bon_soir | 2012-07-24 02:40 | 多摩動物公園 | Comments(6)
フジと梅雨明け
梅雨明けが発表された日のマレーグマ、フジ。
a0164204_19572710.jpg

どんなに暑くてもいつものかわいいフジでした。


「ちょっと前から、ここがベッドみたいになっている」
a0164204_19584399.jpg

「ササって言うんでしょ?パンダがたくさん食べるっていう、ササ」

「残念ながら僕はマレーグマ、しかも子供だ」
a0164204_2003780.jpg

「ササは食べない。上にのっかってるフルーツしか食べないよ」

「やっぱり木の上がいいね、風が吹いているんだよ」
a0164204_202093.jpg

「ここのところ雨があまり降らないんだ、毎日晴れの日なんだよ」

「なんだか暑くないかい?お母さんなんか、食べたらすぐにドアの前なんだ」
a0164204_2063323.jpg


「僕は木の上が好きだから1度は登るよ。この前はちょっとこわい思いをしたけどね」
a0164204_2082421.jpg


「今日雨が降らないかな?僕は雨が好きなんだ。なんだか気持ちいいから」
a0164204_2011570.jpg


「空からお水が降ってくるのが雨。お水だもん、いろいろ綺麗にしてくれるようなんだ」
a0164204_20134143.jpg


「ただ、地面は泥んこになってしまう。それだけが雨のいやなところかな」
a0164204_20145945.jpg


「地面を掘って遊ぶと、顔まで泥んこになる。楽しいけれど叱られるんだ」
a0164204_20172459.jpg

「そうしたらまた雨で綺麗にすればいい。これが雨についての発見なんだ」

「お母さんは春が終わったって言う。次は夏なんだ。」
a0164204_20202534.jpg

「セミというらしい虫の声が聞こえてくる。なんだか夏ってにぎやかだ」


「今日は本当に暑いね。日陰で一休みなんだ」
a0164204_20225863.jpg


「日陰から見る空は青いよね」
a0164204_20251596.jpg



フジが公開されてから3ヶ月ちょっと経ちました。
a0164204_20254594.jpg

でもこの放飼場での四季をフジはまだ春の一つしか知りません。


2つ目になる夏がやって来ました。
a0164204_20265316.jpg

暑くて賑やかな夏。空が高い秋。寒くて空気が澄んだ冬。それぞれの毎日が楽しいことをこれからフジは知っていきます。


ウメキチと同じように知っていきます。
日本で、上野動物園で産まれてよかったねと思います。


   
by bon_soir | 2012-07-22 20:36 | 上野動物園 | Comments(4)
カンガルーさんはじっと見ています
カンガルーさんが見ています。
a0164204_15796.jpg

そーっとじーっと見ています。
a0164204_153561.jpg

「ねぇおかあさんてば、なに見てるの?」
a0164204_16926.jpg

カンガルーさんのお庭の木陰。今年はとてもたくさん枝が茂っているのでしょうか。
ちょうどよい日陰になって、いつでも誰かがここからのぞいています。
a0164204_164543.jpg



カンガルーさんがいつもそーっとのぞいているのは、ヒロキのお庭。みんな大好きなのです、ヒロキのことが。
a0164204_173396.jpg

ヒロキは、わかっているのでしょうか……たぶんそれについては、ヒロキは気付いていないような気がします。



カンガルーの赤ちゃん、ポッケに入っていなくても存在感ばつぐんですね。
おかあさんの優しい手。
a0164204_18113.jpg

ちっちゃな手のあまえんぼう。
a0164204_183136.jpg



「おかあさん、わたしと同じことしてね」 こちらでは真似っこごっこが始まります。
a0164204_191940.jpg

「ひざをこうして曲げてね」 おかあさんも同じポーズ。
a0164204_194712.jpg

そして同じように横たわる親子。たぶん親子。
a0164204_1102187.jpg

金沢動物園のカンガルーさんたちのお庭は、適度な広さなので、かわいい表情や自由な動きが楽しめます。


ポッケにはもう入れないちっちゃな子の様子も、とってもかわいい。
a0164204_1105988.jpg

うろうろ、きょとん。

大きな耳となで肩がかわいさ倍増。ちょっとだけ手に幽霊が入ってますけどね。
a0164204_1113072.jpg


ヒロキもそろそろ起きたようです。
a0164204_1385056.jpg

ヒロキのお昼寝中は、こうしてたくさんのかわいいカンガルーさんたちを見ながら、お互いヒロキが起きるのを待っています。
オセアニア区のポッケを持ってるかわいい子たち。
おじさんが入ってるマッチョなカンガルーさんたちの姿も、もちろんかっこいいんだけれど、
ちっちゃな親子たちの様子はそれ以上に魅力的。いつでも目で追ってしまうのは、そんな親子たちです。



そんなことをしていたからってわけじゃないと思うのですが……
a0164204_1121182.jpg

私も見られてました……ずーっと。
by bon_soir | 2012-07-21 01:53 | 金沢動物園 | Comments(4)
とまらないワカメと、とめたいモモ
金沢動物園のなかよしトンネルを抜けて、いちばんはじめに目に入るのはモモイロペリカンさん。
みんなの応援を待って、ワカメとモモ、ふたりの女の子が暮らしています。

こんにちはモモ。モモはワカメより少し、小さくて少しふっくら。かわいい感じの女の子です。
a0164204_22412771.jpg

一人で暮らしていたワカメのおともだちとして、数年前に金沢動物園にやってきました。
a0164204_22422078.jpg

話しかけると、応えてくれる人なつこいモモです。この日もちょっと写真をとらせてね、っておはなししていたところ・・・・・・



離れたところで、バンバンバンバン大きな音が聞こえてきました。水面を叩くワカメ。
大きな羽を広げて。バンバンバンバン。
a0164204_22425671.jpg

ワカメもみてよ! って。
元気いっぱいなのか、それともちょっとやきもちをやいているのかしら。



「やれやれ、さっきからあんな調子なの」
a0164204_22432338.jpg

ワカメのかわいいわがままぶりを、今日はモモがやさしくいさめるつもりのようです。


ワカメの方に目をやると、このカメラ目線。ワカメ、首が何だかすごいことになってるけども大丈夫なのでしょうか。
a0164204_22441295.jpg

そしてまたバンバンバン、面白いように音を立てるワカメ。ケガしなければいいんだけれど。
a0164204_22452087.jpg

「ワカメさん、一緒に遊びましょう」 モモがやさしく声をかけますが
a0164204_22465923.jpg

ワカメのバンバンは止まりません・・・・・・・・・・・・と思ったら
a0164204_22543768.jpg

数秒後には、こんな風におさまりました。モモの安心しきった顔。
a0164204_2256555.jpg

と静まったのも、ほんの数秒。



なんと今度はモモがバンバンはじめます。
a0164204_22571430.jpg

でも、さっきのワカメのようにはうまくいきません。
a0164204_22584780.jpg

そして今度はワカメがはじめて・・・・・・・・・
a0164204_2301281.jpg

もうわけがわからなくなってきてしまいました。他のお客さんもみんなびっくりしてるよ、ワカメ!!!
a0164204_231630.jpg

止まらなくなったワカメを見るモモのお顔。心底感心してる様子です。


そして、肩をすくめるモモ。
a0164204_234795.jpg

「ワカメさんのごきげん、やっと治ったみたいです」
a0164204_2352936.jpg

「ちょっと疲れたから、一口お水をいただきますね」
a0164204_2370100.jpg

と、潜ったところをワカメが後ろから・・・・・・・・・くすぐったのかな?
a0164204_2393720.jpg

キャーって歓声はなかったものの、
a0164204_23131631.jpg

モモがバシャバシャ。
a0164204_231435100.jpg

ワカメはバンバンバン。
a0164204_23163768.jpg

「ワカメさん、もうやめて!!! お願いします!!!」
a0164204_23175727.jpg




・・・・・・このワカメのドヤ顔のかわいいこと。
a0164204_23192795.jpg

そして回れ右。
a0164204_23203480.jpg

パサッパサッ。優雅に羽を乾かしはじめます。
a0164204_23221519.jpg

ワカメ、それぐらいにしないとまた止まらなくなっちゃうよ。
a0164204_2324284.jpg




ワカメが上陸したので、やっとモモも羽をのばしてバシャバシャ。
「今日はお水がきれいだから、羽つくろいにはちょうどいい日なの」
a0164204_23261784.jpg

モモの大きな羽、ごめんね、見きれちゃいました。
a0164204_2328013.jpg

ワカメのくすぐりや、くちばし突きに負けず、
激しいワカメを先に陸にあげて、ゆったりとバスタイムを過ごしたモモ。
案外大胆なのは、モモだったりします。


そして仲良く身だしなみを整えはじめたふたり。女の子らしく、とてもていねいに、そして今度はとても静かです。
a0164204_23313369.jpg

おねがいだから、なかよく過ごしてね。


黄色っぽいかわいいピンクいろのモモ。
a0164204_23411668.jpg


青っぽいクールなピンクのワカメ。
a0164204_2329529.jpg


とても個性があふれているふたり。
ふたりともちょっとおてんばさんなところがあるので、どうかケガだけはしないでほしいと願うばかりです。

この様子はたったの10分の出来事でしたが、ふたりは一日どんな風にすごしているのでしょう。
一日ずっと眺めていたいですね。

みなさんも金沢動物園に行かれたときは、応援をお願いいたします。くれぐれもワカメとモモにまんべんなく!
by bon_soir | 2012-07-20 00:31 | 金沢動物園 | Comments(2)
ヒロキのやさしい夏の時間・2
ヒロキのやさしい夏のじかんは、ゆったりと過ぎていきました。
少し日ざしがきつくなってきたけれど、かわいた風がやさしくヒロキのお庭を吹き抜けていきます。

トンネルタイムが終わったあとは、鼻で丸太を持ち上げるエクササイズをしました。
終わってにっこり。
a0164204_181832.jpg



「思い出しちゃった! ぼく、おなかがすいてたんだった・・・・・・」
a0164204_191114.jpg


「これ・・・・・・・・・・・・たぶん大丈夫な感じ」
a0164204_184710.jpg

やわらかなビスケットっぽい食感のようで、カプカプカプカプ・・・・・・ヒロキは食べはじめました。
a0164204_1105261.jpg

下くちびる、かわいいね、ヒロキ。



「これ、思ったよりもおいしいね。ちょっとぽそぽそするけど、くせになる味だよ」
a0164204_194379.jpg

さらにおいしくておいしくて。カプカプカプカプ。
a0164204_1112969.jpg

だけど突然まんぷくになりました。
んーー、んーーーと、空に引っ張られるように、伸びます、ヒロキ。
a0164204_112163.jpg

「ごちそうさまの合図だよ」


だれへの合図なのかは、わかりません。
でもさわさわと、山の上のほうで梢が揺れはじめたのは、わかりました。



おなかがいっぱいになったなら、お昼寝の時間がやってきます。
ちょっとひんやりする土が出てくるまで、やわらかくやわらかく、ヒロキはベッドを作ります、さっさか、さっさか、穴を掘って。
a0164204_112502.jpg

放心状態です。お顔もすっかり土まみれになりました。ヒロキ、疲れたのでしょうね。
a0164204_1132091.jpg


お昼寝でもお祈りはかかせません。
「神様、どうか素敵な夢を見せてください。そして目が覚めたら、すぐごはんの時間でありますように・・・」
a0164204_1135119.jpg

そして、いつも通り自由な姿でお昼寝に入りました。
a0164204_1142420.jpg

おなかがすぅすぅふくらんだり、しぼんだりするおなかに、注目です。手も時々ぐっぐっと、動きます。
どんな夢を見ているのでしょう。


a0164204_1145783.jpg




さて、だんだんとまわりが閉園の支度で騒がしくなってきたころ、飼育員のおねえさんがやってきました。
ヒロキはぼんやり。ヒロキ、お祈りどおり、ほら、ごはんの時間だよ! それでも、ヒロキはぼんやりして動きません。


「ぼくは起きてるよ。起きてるけれど、まだ起きないんだ・・・」
a0164204_1153340.jpg

このかたちのまま、なかなかお部屋に帰らないヒロキを、おねえさんがお迎えにきました。
「ヒロキ、おうちに帰ろう」ってお庭にやってきたところ・・・・・・


ほんの一瞬のできごとです!
ヒロキは猛ダッシュで、お庭を横切りました。
a0164204_116143.jpg

それは、あまりにも突然で、そしてものすごいスピードで、駆け抜けたヒロキ。
びっくりして、写真をとるのを忘れてしまいました。


それは、チューバッカがいつも見せてくれる走りよりも速く、とても力強いダッシュでした。
さらに、シャーとかシューとかちょっと怒ったような声を出したヒロキ。

もう、びっくりするしか、ありませんでした。

そして何もなかったかのように、いつものスピードでゆっくりと、お部屋へ進みます。
a0164204_1164465.jpg

後ろから見てもまんまる。
a0164204_1171218.jpg

ゆっくりとお庭を出て行くヒロキです。
a0164204_118217.jpg

バックヤードのカンガルーさんにおつかれさまとごあいさつしたのかな。しばらくじっと見ていました。
a0164204_119349.jpg

何だかかわいいです、ヒロキ。


ヒロキ、楽しそう・・・・・・だけれどお部屋の方から、ヒロキ! こっちだよって呼んでるよ。
a0164204_1193344.jpg

「真ん中のとびらが開くまでは、ぼくは入らないんだ。ここから入るんだ。これがぼくの今日の決まりごとなんだよ」
a0164204_120478.jpg

ヒロキのかわいいわがままは、元気で幸せなあかし。みんなをおだやかにやさしい気持ちにさせてくれます。

夏のやさしい午後の時間は、こうして過ぎていきました。
梅雨が明けたら、やさしい時間は、そうそうありません。暑くてむしむした夏が、海の向こうでじーっと待っています。


できるだけ、ヒロキが快適で楽しい夏を過ごせますように。
ヒロキがおいしくごはんが食べられますように……。

ちょっとおまけです・・・・・・・
by bon_soir | 2012-07-15 06:00 | 金沢動物園 | Comments(2)
ヒロキのやさしい夏の時間・1
ヒロキは、時々ここでこそこそしているんです。
a0164204_212386.jpg

死角になって何をしているのか、わからないんだけど、結構こそこそしています。

こんな風に、ヒロキの午後は始まりました。

何度も坂道をお散歩して。
a0164204_2131766.jpg

とってもゆっくりと歩きます。いつもと同じようだけれど、決して同じ景色はありません。
a0164204_2134428.jpg

春にふわふわと優しい黄色のお花をつけたミモザも、おまめのような実になりました。
a0164204_2141251.jpg

それがとっても気になるヒロキ。
もしかしたら、おなかが減っているのかもしれません。
a0164204_2143952.jpg


バンバンバンと、ヒロキの鼻ノックはとっても大きな音。いつもはトントンってかわいい音だけれど。
「あかないことはわかっているんだけれど、ぼくおなかが空きました」
a0164204_215718.jpg

夏のひざしは、とってもまぶしい。
a0164204_2153290.jpg

「みんなとこうして会えるのは、うれしいよ。夏のおひさまにも会えて気持ちがいいな」
a0164204_2155788.jpg

「このミモザの実なんだけれどね、あんまりおいしくなかった」
a0164204_2162859.jpg

「お花のほうがおいしいよ。それもちょっとドライになったミモザがぼくはいちばん好きだよ」
a0164204_2165020.jpg

「ただ心配なことがあるんだ。このミモザの実だけれど、もし…おなかの中で芽が出たらどうなっちゃうの」
a0164204_217215.jpg

「・・・・・・・こういう妄想はやめた方がいいね。ホラーな妄想は、悪い夢を見そうだから」


夏のおひさまは、ヒロキのかわいい影も作ってくれます。丸くってたまごみたいなヒロキの影です。
a0164204_2174949.jpg

お庭の方へうつったヒロキ。このままお昼寝かなと思いましたが
a0164204_219451.jpg

まさかのトンネルへやってきてくれました。ヒロキが近くって、みんな大喜び。
a0164204_2193670.jpg

だけど、ちょっと恥ずかしがりやなヒロキです。
a0164204_220274.jpg

でもちっちゃなこどもたちが、とってもかわいい声で笑ったら、ヒロキもとってもいい笑顔になりました。
a0164204_2215546.jpg

ヒロキは、本当にこどもたちが大好き。それもなぜだか男の子が大好きなんだよね、ヒロキ。



「はい、それではトンネルタイムは、今日はこれでおしまいだよ」
a0164204_2223675.jpg

そしてヒロキはお庭へと帰っていきます。みんなはじっとヒロキのまんまるな後姿を見送ります。

ヒロキのやさしい夏のじかん、もう少し続きます。
by bon_soir | 2012-07-13 06:00 | 金沢動物園 | Comments(4)
夏の午後のヒロキ
この前のにちようびのヒロキ。お部屋暮らしかなと思いつつ、のぞきにいってみたら
ヒロキは、いろいろお外で忙しそうにしていました。

「きのうの土曜日はずっとお部屋だったんだよ」
a0164204_2394532.jpg

しとしとと雨も降り、とてもむしむししていた土曜日にくらべて、この日は日差しは強かったけれど、からっとしていました。

ミモザの実でいっぱいの坂道、久しぶりのヒロキのウォーキング。
「暑いけどおひさまがとっても気持ちがいいね。みんなにも会えて、ぼくうれしいよ。本当だよ」
a0164204_2404141.jpg

それでも、おひるまえはずっとお部屋にいたってきいたよ。


「だから、ほら、こんなにぱっちりと目がさえてるんだよ。それにしてもミモザの実が……落ちすぎてるよ」
a0164204_2412532.jpg

ヒロキは、くんくん、においをかいでいます。ミモザの実は、それほどおいしいものでもないみたい。


草むらのお散歩も、いつも通り。大切なお庭の点検も忘れません。ヒロキはいっぱい歩いて、いっぱい夏草のかおりを楽しみます。
「あ、せみが鳴いてる!」
a0164204_2415590.jpg

うんと遠くだけれど、確かにせみの鳴く声がしました。こどものころ、お昼寝しながら聞いた懐かしい声。


ヒロキはいつも、どんな音を聞いて過ごしているんだろう。
時々やってくるヘリコプターの音、ざわざわとゆれる大きな枝の音、カラスさんの羽の音、
ヒロキの耳はどれくらいまで、音が聞こえるのでしょう。



乾いた風が吹き抜けて、お砂糖いっぱいのお菓子のような甘いかおりがすーっとお庭の方まで流れていきます。
a0164204_2452786.jpg

「くちなしのお花が咲いたんだね。ミモザとは違ってすぐ終わってしまうから、その分いい匂いで楽しませてくれるんだよ」
a0164204_2484096.jpg



トンネルの点検もしながら、今日はここで毛づくろい。
a0164204_2423020.jpg

「みんなのそばがいいんだ。ぼく、今日はちょっと寂しがりなのかもしれない」
トンネル越しのあくびも久しぶりです。
a0164204_2431227.jpg



そして丸太をコツコツ。
ヒロキはゆっくりと、でも止まることなく仕事を続けます。眠くなるまで。眠ったら夢を見る。
a0164204_2444342.jpg

それがヒロキの毎日です。


「ゆうべもお部屋の中でもたくさんの夢を見たんだよ。あんまり楽しい夢だったから、楽し過ぎて大笑いしたら目が覚めちゃったんだ、いいとこだったのに!」
a0164204_246996.jpg

「あとで、ベアードバクのコロンボさんのところへ行って返してもらわなきゃ。コロンボさんは、食いしんぼうだから悪い夢だけじゃなくて、時々いい夢も食べちゃうんだ。でもいい夢も食べたいよね……夢ってどんな味がするんだろう。コロンボさんにききたいことはいっぱいだ」


そんなことを考えながら、ヒロキはベッドを整えてあっという間にお昼寝をはじめました。
a0164204_2464788.jpg

暑かったけれど、気持ちのいい日曜日。
a0164204_2501384.jpg

ヒロキに会えてとても幸せな午後。写真はいまいちでしたけれど、とっても楽しい午後でした。
by bon_soir | 2012-07-12 11:20 | 金沢動物園 | Comments(2)