2017年 09月 17日 ( 1 )
懐かしい場所、温かい声
多摩動物公園で暮らすコアラ、ミライ
a0164204_08030575.jpg
a0164204_10541558.jpg
去年の10月初め、埼玉県こども動物自然公園に一度引っ越したミライ
7月半ばにまた多摩へと戻ってきてくれました
a0164204_08063327.jpg
a0164204_08063442.jpg
埼玉では姿を見ることが出来なかったミライ
久しぶりに見る姿は前と変わらないまま、小柄で穏やかな印象のかわいいコアラ
a0164204_08063367.jpg
交換してくれる前のユーカリを美味しそうに
a0164204_08100292.jpg
a0164204_08100381.jpg
お腹空いているのかな
食べること、安心すること素敵なこと
a0164204_08100215.jpg
a0164204_08114841.jpg
眠ること
ぐっすりと眠ること
a0164204_08114912.jpg
一番コアラらしいこと────

a0164204_08141098.jpg
────隣のお部屋のコアラ達の声が聴こえないほどセミの声が大きなある日、私はまた箱の中に入り車に揺られていた
最後、そのセミの声の隙間に聞こえてきた声
短い間だったけど一緒に暮したコアラ達の声
a0164204_08152615.jpg
「ミライさん、元気でね────」
a0164204_08152644.jpg
a0164204_08152635.jpg
私はまたお引っ越し────
そういうことだった
a0164204_08205266.jpg
a0164204_08205150.jpg
「────今度はどこへ行くんだろう」
少しの不安はそれがもっと大きくなってくる前に、小さな安心に変わった
a0164204_08205170.jpg
『ミライ、おかえりなさい────』
飼育係さんの声が聞こえる
a0164204_08251483.jpg
箱が開くとそこは懐かしい匂いがする場所、ずっと暮してきた元のお部屋─────
私は大好きな動物園に帰ってきていた
a0164204_08251386.jpg
広いお部屋を見渡すとタイチが眠っているのが見えた
私のことにはまだ気がついていないようだ
きっと楽しい夢を見ているんだろう、時々不思議な寝言が聞こえる
a0164204_08314889.jpg
タイチの他にコアラはいない
私の目から涙がこぼれ落ちる
一粒、二粒、次から次へと音もなく流れ落ちて床に当たって跳ねて馴染む
「ただいま、お母さん────」
a0164204_08251457.jpg
誰もいないお部屋の片隅を見つめて私はそっと呟き、そして涙をこぼし続けた
────今年の初め、お母さんが遠くへ旅立ったことは埼玉の動物園で聞いた
最後に会えないなんてあんまりだと、悲しくて寂しくてもうどうしたらいいのかわからなかった
a0164204_08444047.jpg
今、こぼれ落ちる涙はあの時と同じ、悲しい涙だ
拭っても拭っても拭いきれない、悲しい涙
────あの時、その涙を止めてくれたのは温かい声だった
a0164204_08443938.jpg
埼玉のコアラ達は私の傍へみんなやって来て、「ミライさん、ミライさん────」と一緒に涙をこぼし、そして温かい声をかけてくれた
私達のたくさんの涙はユーカリの葉っぱをつたって床へ落ち、少し光ってそっと消える
それを眺めているうちに私は眠くなり、いつもよりもゆっくりとした夢を見た
a0164204_08541676.jpg
夢の中で子守唄のように聞こえる温かい声
辛い気持ち、悲しい気持ち、どんな気持ちもそっと優しく包んでくれた温かい声
それが誰の声なのかはわからない
埼玉のコアラ達の声を聞いたのは夢の外
a0164204_09002180.jpg
夢の中で聞こえた声は誰の声
────あの温かい声は誰の声
a0164204_09002294.jpg
a0164204_09002109.jpg
もうここにお母さんはいない
今頃きっとあの空の上
白くて綺麗な雲の上
青く透き通った空の上
明るく、優しくきらりとまたたく星の傍
あの一面の星空のまた向こう
────今頃きっとあの空の、遥か高く空の上
a0164204_09014452.jpg
今度お母さんに会えるのはきっとずっと先のこと
ずっとずっと、ずっと先
きっと少し忘れかけた頃
a0164204_09180168.jpg
a0164204_09180289.jpg
いつになるのかわからない
自分から会おうだなんて考えるのもいけないこと────
a0164204_09180167.jpg
いつかきっとお母さんにまた会える時が来る
私の大切な女の子「パピー」にもその時一緒に会えるんだ────
a0164204_09232479.jpg
a0164204_09232460.jpg
a0164204_09232352.jpg
そんなことを考える
涙は止まらない、溢れ、こぼれ、落ちる、跳ねる
大人になっても私は泣き虫、泣き虫コアラだ────
a0164204_09323431.jpg
a0164204_09323435.jpg
お母さんが旅立って一人、この大きなお部屋でただ一人
あれからずっとタイチはここで一人頑張ってきた

a0164204_09083480.jpg
a0164204_09335320.jpg
きっと寂しかっただろう
私が埼玉で泣いている間、どんな思いで一人暮らしてきたんだろう
a0164204_09335474.jpg
a0164204_09014585.jpg
「頑張ったね、タイチ────」
こぼれ続ける涙でタイチの姿が霞んで見える
a0164204_09014502.jpg
a0164204_09083557.jpg
起こしてしまわないように小さな声で言ったつもりだったけどタイチはそっと目を覚まし、寝ぼけまなこにゆっくりと辺りを見回している
a0164204_09161800.jpg
a0164204_09161907.jpg
a0164204_09161811.jpg
その姿は去年よりもどことなく大人びて、優しい顔はもっと優しくなったように見えた
a0164204_09424542.jpg
a0164204_09083469.jpg
タイチが私に気がついた
気がつき、私と目が合った
a0164204_09391777.jpg
a0164204_09335353.jpg
「ただいま」
私はそれだけ言って精一杯の笑顔を作る
a0164204_09424640.jpg
『ミライさん────おかえりなさい』

a0164204_09492590.jpg
タイチは最初びっくりした様子で私を見つめ、そして落ちついているけど少し照れくさそうにそう言った
a0164204_09445585.jpg

a0164204_09492590.jpg
『ミライさん、泣いているのかい?』
a0164204_09532754.jpg
タイチは私の顔を覗き込み、そっとささやく
a0164204_09492589.jpg
a0164204_09532843.jpg
「泣いてないよ」
私は涙を拭いながら少し大きな声を出して言う
a0164204_09554057.jpg
a0164204_09553965.jpg
『ミライさん───』
タイチは優しく微笑み、私の傍で優しく話す
a0164204_10000749.jpg
『涙は止まるし、すぐに乾くよ────大丈夫』
a0164204_10000817.jpg
『ミライさんと僕、きっとこれからは一緒だよ。僕達きっと、ずっとこのお部屋で一緒だよ』
a0164204_10054386.jpg
a0164204_10054459.jpg
『笑おう、笑おうよミライさん。僕だって時々泣きたくなる日もあるけれど、また笑おう。二人で一緒に笑おうよ』
a0164204_10054331.jpg
『誰かが泣いていたらさ、誰かが傍で一緒になって涙見せるんだ。そうすると何故だか笑顔に変わるんだ』
a0164204_10094799.jpg
a0164204_10094783.jpg
『不思議だろ? でも本当のことなんだ。僕等二人ここで、二人が傍で一緒に暮してたらさ、きっといつでも笑顔になれるんだ』
a0164204_10094732.jpg
『何かを想って感じて涙こぼすことは大切なことさ。でも今日はもう涙はお終い、十分だ────笑おうよ。笑ってユーカリ食べようよ』
a0164204_10183805.jpg
a0164204_10183868.jpg
『笑って始めよう、笑いながら進めよう────夢を見るための準備、二人で笑って始めよう』
a0164204_10183782.jpg
a0164204_10214282.jpg
『笑顔で準備したならば、きっと楽しい夢を見ることが出来るはず。わかるだろ?』
a0164204_10214187.jpg
『もう少しで今日は閉園。お客さんもいなくなって静かになるよ』
a0164204_10272847.jpg
a0164204_10272742.jpg
『今日からここは二人の部屋、大きな部屋さ─────』
a0164204_10260332.jpg
a0164204_10260242.jpg
────私は気がついた
あの時、夢の中で聞こえていたのはタイチ、タイチの声だ
a0164204_10294419.jpg
a0164204_10294460.jpg
温かい心から温かい声
温かい声で膨らむ温かい気持ち
a0164204_10294556.jpg
a0164204_10322479.jpg
私はまた帰ってきた
お母さんが、パピーが暮らしたこの家、この部屋に
a0164204_10363821.jpg
a0164204_10363862.jpg
私は帰ってきた
いつだって温かい声がそっと聞こえるこの家、この部屋に
a0164204_10391091.jpg
a0164204_10363757.jpg
────私は帰ってきた




    

by bon_soir | 2017-09-17 10:52 | 多摩動物公園 | Comments(6)