2017年 05月 10日 ( 1 )
バニラとユイの幸せの種
「今日も戻ってこなかった───」
飼育係さんがいなくなった夜の動物園でふと呟いた
a0164204_11455282.jpg
a0164204_11372190.jpg
お姉ちゃんが一人の部屋で過ごすようになってからだいぶ経つ。私だけの広い部屋、今は薄暗さと静けさが息苦しい
わかっていた───お母さん、ハヤト、そしてワカちゃん
あの部屋で過ごすようになるとある日いつのまにか、そして急にお空の向こうへとみんな行ってしまう
a0164204_11372200.jpg
───怖くて怖くてしかたない。どんどんやって来る嫌な予感に私は脅され続けている
「大丈夫、お姉ちゃんは大丈夫」って、負けないように何度も何度も声に出してみても、またすぐにその嫌な予感に押しつぶされる
a0164204_11372166.jpg
お姉ちゃんとお別れなんか絶対にしたくない───大好きなお姉ちゃんとずっと二人、一緒に窓の外を眺め微笑んで、一緒にお散歩に出かけて笑って、二人同じ夢を見て気持ちよく眠っていたい
a0164204_22562214.jpg
a0164204_11455394.jpg
優しいお姉ちゃんといつまでも、ここでのんびりいつまでも暮していたい───ただそっと暮していたい
a0164204_11455202.jpg
ふと眺めた窓の外の星空に、きらりと一つ大きな大きな流れ星
「あっ───」とただそれだけ声が出た
a0164204_12021437.jpg
a0164204_12035134.jpg
“本当はもう、ドアの向こうにはもう誰も───”
怖くてずっと動けなかった私の気持ちはその大きな流れ星に気付かされ、そして急かされた
a0164204_12035177.jpg
静まり返ったオセアニア区、コアラの家
私の小さな足音だけが小さく響く
立ち止まったドアの向こうで寝息と寝言、ここの部屋はユウキ君が眠っている
a0164204_12070468.jpg
a0164204_12035172.jpg
「こっちかな───」
別のドアの前に立ち、少し迷ってから静かにドアを開けてみた
私の目から涙が溢れた
a0164204_12070389.jpg
聞き慣れた寝息といつもの匂い
きっと何か夢を見ているんだろう───時々その小さな口を動かしてお姉ちゃんは一人眠っていた
a0164204_12091364.jpg
a0164204_12070387.jpg
「来たよ、お姉ちゃん」
私は眠っているお姉ちゃんを起こさないように気をつけて隣に座り、むにゃむにゃと動く小さな手をそっと握った───
a0164204_12105362.jpg
a0164204_12105366.jpg
a0164204_12123624.jpg


「おはよう」
今日もちゃんと朝が来て、飼育係のお姉さんの顔を見ることが出来た
a0164204_12184909.jpg
この小さな部屋で過ごすようになってどのくらい経ったんだろう
もう何日もユイの顔をずっと見ていない
a0164204_12185009.jpg
a0164204_12185025.jpg
ユイは今何をしているんだろう
大きな部屋で一人、静かに窓の外を眺め、怖くなればユーカリにの中へ逃げ込んで、毎日きっと寂しくしている───
a0164204_12355892.jpg
a0164204_12355808.jpg

ずっと一緒に暮らしてきた私、ユイの気持ちはどんなことでもよくわかる
a0164204_12355704.jpg
今すぐユイの傍へ行きたいけれど、なんだか身体が上手く動かない
a0164204_12474818.jpg
ここで過ごすようになったときからわかっていた
───そう、私は病気になってしまったんだ
a0164204_12474867.jpg
a0164204_12590292.jpg
朝が来て段々と明るくなるオセアニア区、大きなユーカリの木の向う側へと沈む太陽───そして晴れた夜の明るい月とたくさんの星
この部屋からはどれも眺めることが出来ない
小さな窓から小さな景色がみえるだけだ
私はその景色を好きになれなくて、小さな窓の向こうを見ないようにしていた
a0164204_16142742.jpg
飼育係のお姉さんの「おはよう」で朝に気がつき、「また明日ね」という優しい笑顔でまた夜になることを知る
a0164204_12590376.jpg
“夢を見るための準備”はあまり上手く進まない
ぼんやりといつのまにか眠りについた私が見る夢は昔の風景、そして楽しかった思い出のことばかり
a0164204_12474881.jpg
───しかたない
病気になってしまった私、ずっと待っていた春の風景をまだ見ていないのだから
a0164204_13113591.jpg
「春、終わっちゃうね」と、チューリップのお花が風に揺れる様子を頭のなかに描いてふと呟いた
ユイと一緒にお花を見にいくこと、今年はこのまま出来ないかもしれない
a0164204_13172426.jpg
───ごめんね、ユイ
a0164204_13213228.jpg
a0164204_14215927.jpg
「おはよう」とドアは開き、また変わらない朝が来る
飼育係のお姉さんは一日に何度も何度も様子を見に来てくれて、そのたび優しい笑顔を見せてくれる
a0164204_13320793.jpg

お姉さんの言葉に耳を澄まし、ふと思う───私はちゃんと笑顔を返してあげられているのか
それが気がかりだった

日に日にぼんやりとしていく私
“自分が今どんな顔をしているのか”、それがわからないでいた
a0164204_13331936.jpg
精一杯、一生懸命に精一杯、だから私は笑顔を作る
私が笑顔なら、コアラが笑顔なら───動物達が笑顔であったなら
きっとみんな笑顔になれる、みんなの笑顔で優しく温かくなっていく
動物園ってきっとそんな場所
a0164204_13320709.jpg
飼育係のお姉さんの笑顔を見ていつだってそう思っていた
悲しいことがあった日もそうして毎日少しづつ、私は素敵な笑顔に元気を貰っていたから
a0164204_13482261.jpg
a0164204_13490242.jpg
お母さんの笑顔を思い出す
ワカちゃんとハヤトの笑顔を思い出す
a0164204_14043053.jpg
a0164204_14043103.jpg
少ししかないお父さんの思い出も頭の中に浮かんでくる
a0164204_14043074.jpg
みんなの声が聞こえてくるようだ
小さく、時々はっきりと楽しいコアラの声が聞こえてくるようだ
a0164204_14132103.jpg
なのにユイは今一人、きっと一人
「ごめんね、ユイ」と声に出すと涙が一粒、また一粒とこぼれていくのがわかった
a0164204_14132173.jpg
気がついていた
───私がみんなの所、“お空の上”へといく日が近づいている
a0164204_14132047.jpg
病気になること
それは悲しくて悔しくて、そして凄く怖いことだ
a0164204_14392997.jpg
私はコアラだった
どんなときでも眠くなる、いつのまにか眠っている
a0164204_14492825.jpg
必要だった眠ること、大好きだった夢の中
今は不安でしかたない
一度閉じた目はまた開くのかがわからない、「おはよう」って声をまた聞くことが出来るのか───
今は不安でしかたない
a0164204_14482976.jpg
夢の中でユイに会う
泣いてる私の傍へ来る、そっと傍へ来てくれる
一緒に暮らしてきたあの日のように、ユイは私の傍へ来る
a0164204_14562751.jpg
a0164204_14492899.jpg
a0164204_15082096.jpg
夢の中のユイが私の手をそっと握る
あったかくて柔らかい、私はゆっくり目を開く
a0164204_15035419.jpg
「お姉ちゃん───」

「ユイ───」


a0164204_15082024.jpg
「おはよう」
a0164204_15082084.jpg
a0164204_15100546.jpg
その日からユイは毎日来てくれるようになった
飼育係のお姉さんが帰ればすぐにドアを開け、朝日が登りだせばそっと静かに帰っていく
そんな日が何日か続いていった
a0164204_15125999.jpg
ユイの話に頷いて、ユイの笑顔で私も微笑む
怖い気持ち、不安な気持ちは少しずつ少しずつ、そっとどこかへ消えていった
a0164204_15125983.jpg
ユイは私の妹、たった一人の大切なかわいい妹だ
今までも、これからもずっとずっと変わらない
ユイは私の妹だ
a0164204_15125973.jpg
一度お別れをする日のことはもう怖くない、もう不安じゃない
ただ寂しく、ただ悲しいだけ

ただそれだけだ
a0164204_15235143.jpg
a0164204_15235104.jpg
本当はいつまでもこの優しい日々が続いて欲しい
ただそれだけだ
a0164204_15250380.jpg

───私はいつものようにお昼寝をして、またユイが来る夜を待っていた
a0164204_15344463.jpg
新しいユーカリの匂いでふいに目を覚ます
ゆっくりと目を開けると飼育係のお姉さんの目に涙が溜まっているのが見えた
a0164204_15344553.jpg
「泣かないで」
そう言ったつもりだったけど飼育係のお姉さんに私の声は届かなかったみたいだ
ほっぺを涙がつたっていき、ぽたりとそのまま床へ落ちる
a0164204_15425927.jpg
「私は元気、こんなに元気だよ」と、そう言いたいのに上手くしゃべることが出来ない

───食べてるところを見ればきっと安心してくれる
そう思った私は新しいユーカリに手を伸ばす
a0164204_15503297.jpg
「おかしいな」
力が入らない
ユーカリをいつものように上手く掴むこと、それが私にはもうできなかった
a0164204_15531631.jpg

a0164204_16305215.jpg
それからはもう眠くならなかった
私は今まで好きになれなかった小さな窓から外を眺め夜を待ち、そしてユイが来るのを待った

───お母さんの声がどこからかずっと聞こえてきている
a0164204_16002887.jpg
a0164204_16002835.jpg
「よくがんばったね、バニラ。本当によくがんばったね」
a0164204_16002845.jpg
声がするたび私は頷き、頷くたびに涙がこぼれる
夜が来るのはあっという間だ
空はまた暗くなる

「お姉ちゃん───」
いつものように笑顔のユイがドアを開ける
a0164204_16180476.jpg
「ユイ───」
涙を手でぬぐい大好きな名前を言葉にすると、少し温かい気持ちになった
a0164204_16242844.jpg
───大丈夫、私もユイもきっと大丈夫
a0164204_16253872.jpg
a0164204_16242829.jpg
「ユイ、今日はお願いがあるの」


「何?なんでも言って」
a0164204_16242899.jpg
a0164204_16305340.jpg
「ヒロキさんの家に“旅の箱”が置いてあるのは知ってるよね。その中にミモザの種が置いてあるの。去年の夏にヒロキさんの庭で拾って集めて入れておいた種が内緒で置いてあるの。それを取ってきて欲しいんだ」
a0164204_16435764.jpg
a0164204_16435864.jpg
「大丈夫、私はここで待ってるから。ユイが戻ってくるのをここで待ってるから、ね───」
a0164204_16435854.jpg
a0164204_16305267.jpg
a0164204_22562123.jpg
「───あった、ミモザの種。お姉ちゃんが言ってたのはこれだ」

a0164204_16463745.jpg
a0164204_16463669.jpg
「取ってきたよ、お姉ちゃん。これのことでしょ───」
ユイは少し息を切らしてバニラの待つ部屋へと戻ってきました
手には一掴みの“ミモザの種”
去年、ヒロキの庭のミモザが落とした種でした
a0164204_16535402.jpg
「これ、どうするの?」
そう訊くユイにバニラはそっと微笑み、そのミモザの種を受け取り半分に分け、そっとまたユイに渡しました
a0164204_16571446.jpg
「ユイ、今から言うこと、少し聞いて───」
バニラはユイの目を優しくそっと見つめ、ゆっくりと話を始めました
a0164204_18050724.jpg
a0164204_16571480.jpg
「ユイ、今渡したミモザの種をどこかに蒔いてお水をかけてみて。そう、陽の当たる所がいい。いつか芽を出し伸びていきお花が咲く。あの黄色いお花が咲いてくる。ただヒロキさんのミモザのように大きくなって木になるには何年も何年もかかるはず。木が大きくなるにはたくさんの時間がかかるの。動物園にある大きな木、みんな長い時間をかけてあれだけ大きくなった。動物達みんなが木陰で休めるくらい大きくなった。凄いでしょう、大きな木は長く長く生きてるの。この種、半分は私が蒔く。お母さん達と一緒に、お空の上の方でね───」
a0164204_23230768.jpg


「そう、私はお母さんとお父さん、そしてワカちゃんとハヤト、そしてヒロキさんの所へいかなければいけない時が来た───」

a0164204_17183159.jpg
「そんなの嫌だよお姉ちゃん、私も一緒に───」

「駄目、絶対に駄目だよ。お母さんも言っていた、自分から望んじゃ駄目なこと、絶対にいけないことがある。いつになるのか、どんな風になるのかは誰にもわからない。今の私のようにその日が来るまで、その日が来るまでただ毎日のんびりと頑張って、ここで暮してみんなと笑顔でいなければいけないんだよ。もし自分でお空へ行こうとしてしまったら、きっと私達に会うことは出来ないんだよ。ユイ一人どこか変な所へたどり着いてしまうんだよ。そんなの私は嫌、またいつか大好きなユイに会いたいよ。みんなでユイを迎えたいよ。またみんなで笑いたいよ。わかって、ちゃんと───」
a0164204_17183143.jpg
「だからね、ユイはミモザが種から大きな木になるまでを見ていくの。さっきも言ったとおり何年も何年もかかること。それでも途中で止めちゃ駄目だよ。大きく育ってたくさんのお花が咲くのを見ていないと駄目なんだよ。私はお空の上で同じように種を蒔き、お花が咲いて大きな木になっていくのを見ているよ。最初に芽が出てきたら同じように芽が出たかなって考えて、最初にお花が咲けばユイのミモザも咲いたかなって笑顔になれる。何年も何年もずっと先、ずっとずっと先のこと、立派な大きい木になれば───そろそろユイに会えるかなって涙を流すことができるでしょ───」
a0164204_17551104.jpg
a0164204_17183153.jpg
「ユイ、大丈夫だよ最初のお花が咲く頃にはきっとお友達が増えてるよ。木になって、木が大きくなってたくさんのお花が咲く頃になればこのコアラの家も賑やかになってるよ───今こうして分けたミモザの種は私達二人の幸せの種。コアラの未来へ続く私達二人の幸せの種。みんなをきっと笑顔にしてくれる、そんな種は幸せの種───」
a0164204_17551014.jpg
a0164204_17551042.jpg
「わかったよ、お姉ちゃん───」
バニラが別の部屋で過ごすようになってからずっと溜めていた涙をユイは一度に溢していました
a0164204_18002502.jpg
バニラは何度も何度もユイのほっぺをぬぐっても涙はどんどんあふれ、ぜんぜんぬぐいきれません
「泣きすぎだよ」
バニラは優しく微笑み、そしていつのまにか溜まっていた涙を同じようにあふれさせました
a0164204_18153301.jpg
二人はいつまでも涙を溢し続け、バニラはユイを、そしてユイはバニラを優しくぎゅっと抱きしめて二人最後の朝を迎えました
a0164204_18112272.jpg
a0164204_17572117.jpg
「行かなくちゃ」
そう一言小さく声に出し、そしてバニラはミモザの種を自分のポッケにしまって部屋のドアを開けました
a0164204_18525124.jpg
明るくなり始めた空の不思議な色、綺麗な光はドアの隙間をそっと抜け、バニラを温かく包みます
a0164204_17572023.jpg
a0164204_18344281.jpg
a0164204_20223723.jpg

光に照らされたバニラはの身体はユーカリの葉っぱを掴むことが出来なかったことを忘れてしまうほどに動くようになり、足は自然とオセアニア区の大きなユーカリの木の方へと向います
a0164204_20223871.jpg

a0164204_18344235.jpg
ユイは何も言わずバニラの後ろを歩き背中を見つめ、バニラと過ごした日々のことを思い出していました
a0164204_18505345.jpg
どんなことでも頭の中へ浮かび、そっと心の奥へとしまわれていきます
悲しいこと寂しいこともたくさんあったコアラの家での二人の思い出
いつだって二人一緒に泣いて、笑って過ごした大切な思い出はきっと忘れることがありません
a0164204_18505321.jpg
「ポッケの中のミモザの種は幸せの種。きっと大きく育ってく───」
あと少し、これからは離れてしまう二人
一緒に芽を出し長い時間をかけて大きく育っていくミモザの木
きっとそれは二人の心を繋いだままにしてくれると信じ、種の入ったポッケをそっと触り、ユイはふと“種の源”ヒロキの庭のミモザの木を眺めました
a0164204_18524980.jpg
夜の間は気がつかなかった風景───
朝日の中で見たミモザの木は満開に咲いていました
a0164204_19165088.jpg
本当ならもう花も終わっているはずのミモザの木は眩しく、黄色く輝き、ヒロキがまだ暮していたあの頃のように立派な枝を風に揺らせていました
バニラを少しでも明るく送り出すために“ヒロキがかけてくれた魔法”だとユイは信じ、「ヒロキさんらしいな」と小さく呟き、どんどんと前を行くバニラを早足で追いかけました
a0164204_19464597.jpg
a0164204_19414674.jpg
a0164204_19414748.jpg
「お姉ちゃん、待ってよお姉ちゃん」
a0164204_20210486.jpg
a0164204_19410014.jpg



「たんぽぽだ。たんぽぽは咲いてるんだ。今年もこんなにたくさんかわいらしく咲いているんだ───」
大きなユーカリの木に向かう途中でたくさんのたんぽぽが咲いていることに私は気がついた
a0164204_20223730.jpg
a0164204_20210490.jpg
どこにでも咲いている花だけど、どこで出会っても優しさをくれる花、たんぽぽ
私はたんぽぽが大好きだった
「───きっとお母さんも、ワカちゃんとハヤトも、ヒロキさんはもちろんのこと、お父さんも大好きなんだろうな」
a0164204_20304276.jpg
かわいらしく咲いているたんぽぽの傍に綿毛を見つけた
まだ丸い綿毛、少し欠けた綿毛───色々なたくさんの綿毛

綿毛は風に乗り色々な所を旅して回る
そしてお気に入りの場所を見つけて、またお花を咲かせるんだ
a0164204_20362618.jpg
a0164204_20382285.jpg
「よかったら私と一緒に来てくれない?」
綿毛にそうお願いをした
出来ることなら私の傍でも咲いていてほしい、みんなの傍でかわいらしく咲いていて欲しい
そう思った
a0164204_20362565.jpg
a0164204_20382228.jpg
すると一本の綿毛がこくりと頷いた
ただ春の風に揺れたってわけじゃない、本当に頷いてくれたんだ───
a0164204_20382378.jpg
「痛かったらごめんね」
私は頷いてくれた綿毛をなるべく優しく切り取った
そして潰れてしまわないようにそっとポッケの中へとしまった
a0164204_20470011.jpg
「後はあの木に登るだけだ」
一本の大きなユーカリの前で立ち止まり、幹や枝、そして葉っぱの形をよく確かめた
a0164204_20470127.jpg
a0164204_20470188.jpg
間違いない、この木を登ってお母さんは旅立った
あの時途中まで追いかけたからちゃんと覚えてる
この大きなユーカリは雲の上、もっともっとずっと上まで伸びている
───金沢動物園のコアラのためのユーカリだ
a0164204_20581197.jpg
a0164204_20581083.jpg
「ユイ、寂しいけれどここでお別れ。一度さよならだよ」
私がそう伝えるとユイはやっぱりまた泣き出した
でも大丈夫、もうユイはちゃんとわかっている
このお別れはどうしてもしかたないことを、そしてまたいつか会える日が来るということを
a0164204_21033134.jpg
a0164204_21052008.jpg
ユイの涙は止まらない
ぼやけて何も見えなくなりそうなくらい涙は溢れ続けていた
「動物園が始まっちゃったら大変だから私は行くね」と言うとユイは泣きわめいたまま何度も何度も頷いた
今では私よりも身体の大きなユイ、そのときだけは何故かとても小さく見えた

───私達が一緒に暮らし始めたあの日のように
a0164204_21033297.jpg
「ありがとう」
私は最後の言葉をユイに言う
a0164204_21145930.jpg

「ありがとう」

それが金沢動物園、オセアニア区でユイから聞いた最後の言葉だった


オセアニア区の大きなユーカリの木を登っていくのは簡単なことじゃない
普段よりもずっと高く伸びているユーカリの木だ、何故か身体は疲れないけれどやっぱり時間はかかる
ただ上を見て登っている間にはたくさんの思い出が青い空に浮かび上がってきてくる
a0164204_21261553.jpg
楽しい毎日だった
a0164204_21243349.jpg
a0164204_21243427.jpg
a0164204_21243491.jpg
本当に楽しい毎日だったんだ
a0164204_21484313.jpg
a0164204_21273493.jpg
a0164204_21273415.jpg

楽しかったね、ユイ
ユイは私の妹、これからもずっと、ずっとかわいい私の妹
a0164204_21305111.jpg
a0164204_21341890.jpg
a0164204_21305116.jpg
楽しかったよ、ユイ
毎日毎日本当に、本当に楽しかったよ
a0164204_21305077.jpg
思い出した───お母さんのポッケ、あったかかったな

一番あったかい場所
私はそこへ行くのかもしれないな───
a0164204_21380827.jpg
a0164204_22380100.jpg
a0164204_22380117.jpg
a0164204_22380163.jpg
a0164204_21380920.jpg

a0164204_21380997.jpg
───お姉ちゃんが大きなユーカリの木を登っていく
私はあの姿を忘れない、絶対に忘れない
a0164204_21434322.jpg
登ってきた太陽が眩しい
けれど目を離しちゃ駄目なんだ
a0164204_21413891.jpg
窓の向こう、段々と遠くへ飛んでいく鳥たちは一度でも目を離すともう二度と見つけることは出来なかった
きらりと光る飛行機だってそうだった
一度でも目を離しちゃ駄目、特に大切なことからは絶対に目を離しちゃ駄目なんだ
a0164204_21484341.jpg
a0164204_21484279.jpg
「ありがとう」
私はお姉ちゃんにそれだけしか言えなかった
もっともっとたくさん伝えたい事があったはずなのに「ありがとう」ただそれだけだ
a0164204_21574036.jpg
お姉ちゃんが青い空に溶けていく
オセアニア区を離れ、空の向こうへだんだんと
だんだんと青い空に溶けていく

一度お別れ、さよならだ
a0164204_22112815.jpg
「お姉ちゃん、今まで本当にありがとう」
a0164204_21574003.jpg
「ありがとう」は不思議な言葉
みんなを笑顔にさせる、そんなことば「ありがとう」

「ありがとう」は別れの言葉
綺麗な涙をみんなにそっと落とさせる、そんな別れの言葉

a0164204_21574085.jpg
「ありがとう」は大切な言葉
心を込めて伝えればただそれだけでも大丈夫
a0164204_22080640.jpg
a0164204_22080646.jpg


「ありがとう」


「ありがとう」
a0164204_22080540.jpg
バニラ、今まで本当にありがとう
a0164204_22101001.jpg
a0164204_22122827.jpg
「あっ、お母さん」
お空の上で最初に出迎えてくれたのはやっぱりお母さんだった
a0164204_22141355.jpg
何も言わずただ笑顔で私のことをぎゅっと抱きしめる
懐かしい匂いと懐かしい温かさ
やっぱり私はお母さんの子供だ───
a0164204_22112700.jpg
綿毛をそっと取り出して、コアラのポッケからそっと優しく取り出して
まん丸欠けてしまわないよう丁寧に、そっと優しく取り出して
a0164204_22112887.jpg
綿毛にふーっと息を吹きかけて、一人一人が旅の空
春の風にすーっと吹かれて思い思いに旅の空
オセアニア区へアメリカ区へ、ユーラシア区、アフリカ区そしてほのぼの広場のみんなの所へ
一人一人が思い思いに旅の空
a0164204_22122840.jpg
a0164204_22470429.jpg
a0164204_22362419.jpg
a0164204_22362536.jpg
a0164204_22470467.jpg
バニラのことを好きだったみんなの所へ優しさ持って旅の空
コアラを好きなみんなの所へ愛情込めて旅の空

優しい春風、綿毛をそっと
お空の上のみんなの所へ───
a0164204_22534173.jpg
a0164204_22534245.jpg
a0164204_22545864.jpg
a0164204_22534216.jpg
バニラ
大好きなコアラ

金沢動物園で暮らしたかわいいコアラ
みんなのバニラ
a0164204_22565297.jpg













by bon_soir | 2017-05-10 23:42 | 金沢動物園 | Comments(10)