ジャンブイとツヨシ
ズーラシアで暮らすホッキョクグマ、ジャンブイとツヨシ
a0164204_13310762.jpg
ツヨシ、横浜での二回目の春
それは二人一緒に過ごす姿、初めての春
a0164204_13375635.jpg
a0164204_13392912.jpg
ぱっと輝く流れ星が交わるように、この刹那、どんなことより特別に
───膨らんだ蕾がそっと咲くように、どこか当たり前のように訪れた二人一緒の春
a0164204_13375547.jpg
a0164204_13482118.jpg
二人のホッキョクグマ、時には温かさを越え熱く、時には穏やかに広がる波紋のように静か
短い春に訪れる短い時間
a0164204_12443461.jpg
ホッキョクグマの庭、恋する気持ちが二つ、何度でも何度でも交わればいいと駆け抜ける
そんな二人の輝く季節
それは大切な物語、まだまだ途中の春のこと
a0164204_13520280.jpg
a0164204_13520338.jpg
「名前? 私、ツヨシ。本当は男の子の名前なんだよね。少し恥ずかしい───」
a0164204_14074313.jpg
「恥ずかしいことなんてあるもんか。とても素敵な名前だよ───優しくてかわいい名前だよ」
a0164204_14100478.jpg
ツヨシの横浜での暮し、それはそんな話で始まった
一年と少し前、たくさんの花が咲きだしてきた春の始まりのことだ
a0164204_14074320.jpg
ツヨシのこと、まだ名前しか知らない去年の春のこと
あれからどうだ、僕はツヨシのことをもっとたくさん知ることが出来たのか
a0164204_14193611.jpg
a0164204_14193729.jpg
全部知ってるなんてことは絶対ない
半分、半分の半分か
まだまだほんとちょっぴりなのか
a0164204_14275093.jpg
───そうだ、僕は今ツヨシのこと、どれだけ知っているんだろう
a0164204_14292074.jpg
追いかける
ツヨシは僕から離れていこうとする
a0164204_14262391.jpg
a0164204_14262343.jpg
a0164204_14262344.jpg
何故なんだ
a0164204_14335781.jpg
ツヨシが僕を見つめている
なのに他のことに僕は夢中だ
a0164204_14335719.jpg
a0164204_14335892.jpg
すれ違う
届かない
見えない
感じない
a0164204_14425143.jpg
a0164204_14372152.jpg
きっとツヨシのことを僕がまだ何も知らないからだ
a0164204_14372001.jpg
二人一緒の春は短い
短い春の中、もっともっと短い時間
a0164204_14372109.jpg
a0164204_14425165.jpg
そっと追いかけ、そっと待ち続け
すれ違う僕達の春はそっと過ぎていく
a0164204_14455935.jpg
a0164204_14455857.jpg
チロちゃん、バリーバさん───そしてツヨシ
みんな違う、誰もみんな違ってる
a0164204_14512008.jpg
二人一緒に過ごすこと
それは簡単なことじゃない
a0164204_14512193.jpg
a0164204_14512166.jpg
a0164204_14512055.jpg
ツヨシが僕にそっと微笑む
微笑みながら僕を見ている
a0164204_14535036.jpg
a0164204_14535154.jpg
春の風、草の匂い
強い陽射しと青い空
a0164204_14561534.jpg
a0164204_14561567.jpg
僕はふと思う
いつだってそんな春が好きだった、待ち遠しかった
誰かと一緒の時間、それはとても幸せな時間なんだ
a0164204_14561478.jpg
チロちゃんのことは悲しかったけれどね
あれは春の終わり、夏の始まりの日のこと、か
a0164204_15073462.jpg
守りきれなかったあの日
今でも思い出すよ
a0164204_15073477.jpg
そう、どうすることも出来ない時がある
なんとかなる時もある
明日のことはわからない、一時間先、一分先のことだって本当はわからない
a0164204_15230132.jpg
確かなのは気持ちだけ
今出来るのはその気持で触れるだけ
a0164204_15230181.jpg
ツヨシの身体に、ツヨシの気持ち、ツヨシの心にそっと触れること
ただそれだけだ
a0164204_15230139.jpg
もしそれが出来たならもっと知ること出来るだろう
かわいいツヨシのこと、もっとたくさん知ること出来るだろう
a0164204_15274604.jpg
僕は知らなくちゃ駄目だ
もっとたくさんのツヨシのこと、感じていないと駄目なんだ
a0164204_15274638.jpg
a0164204_15304753.jpg
今よりもっと、もっと大きな幸せのために、ね
a0164204_15304783.jpg
a0164204_15344691.jpg
───僕は今まで何度も何度も夢に見た


夢の時間は夢への時間
a0164204_15341114.jpg
二人の気持ちはすれ違い、繰り返す
春の風、二人の気持ち、いつか交わりそっと触れ
夢へと続く夢になる
a0164204_15341001.jpg
ジャンブイ、何度も見てきた青い夢───
忘れることない、あの青い空と青い水
大きな白い身体に青く澄んだあの気持ち
a0164204_15453761.jpg
ジャンブイとツヨシ
二人の春、二人一緒の青い春
a0164204_15453781.jpg
ツヨシのこと、もっと知りたいと思っていた
ずっとね
a0164204_15163861.jpg
でもあの日、あの時僕達は手を伸ばし触れ合った
僕はツヨシのことをもっと知り、ツヨシは僕のことをきっと少しわかってくれたはずなんだ───
a0164204_07134104.jpg
a0164204_07134121.jpg
a0164204_07134157.jpg
優しく、激しく
二人の気持ちは弾けながら交差して
a0164204_07144885.jpg
a0164204_07144828.jpg
a0164204_07144783.jpg
きらきらきらきら波しぶき
a0164204_07162006.jpg
a0164204_07162018.jpg
a0164204_07162053.jpg
ジャンブイ、ツヨシ
身体の距離と心の距離、短い春に縮まって
a0164204_07190860.jpg
a0164204_07190905.jpg
a0164204_07190872.jpg
気持ちと気持ち
巡り合わせの二人の気持ち
a0164204_07214277.jpg
a0164204_07214226.jpg
a0164204_07214197.jpg
きらきらきらきら波が立ち
きらきらきらきら水しぶき
a0164204_07241293.jpg
a0164204_07241268.jpg
a0164204_07241213.jpg
ジャンブイ、ちゃんと優しいか
ツヨシは本当にかわいいか
a0164204_12365375.jpg
a0164204_12365480.jpg
a0164204_12365319.jpg
そっと近づきそっと距離をおいていた
二人は近づき触れ合った
ジャンブイ、大人の恋
ホッキョクグマ、春の恋
a0164204_12395230.jpg
a0164204_12395283.jpg
a0164204_12395233.jpg
短い春、二人の気持ちが交差して
青い夢を見る日々、もっと素敵な夢のため
a0164204_12443464.jpg

a0164204_12443589.jpg
短い春から長い夏、巡る季節
その刹那
春が終われば静かな夏がやって来る
a0164204_12492881.jpg
夏より熱いホッキョクグマ達の春
そっと傍へやって来てそっと向こうへ離れてく
a0164204_12492874.jpg
a0164204_12492852.jpg
尊い尊い優しい気持ち
傍に誰かがいてくれる
a0164204_13024940.jpg
a0164204_13025004.jpg
a0164204_13025019.jpg
ジャンブイ
ツヨシ
出会い、お互い知っていたのは名前だけ
二人は今思う───特別な気持ちで二人を知る
a0164204_13084914.jpg
a0164204_13084933.jpg
a0164204_13084824.jpg
ジャンブイはツヨシのことをもっと知り、ツヨシはジャンブイのことを少しわかった春の日々
少しづつ少しづつ傍の気持ちにそっと触れ、大きな夢へと少しづつ少しづつ
a0164204_13115373.jpg
a0164204_13115359.jpg
a0164204_13115234.jpg
たどり着くのは簡単なことじゃないけれど、いつだって少しずつ少しずつ
二人のホッキョクグマ、触れ合いながら少しずつ
a0164204_13172611.jpg
a0164204_13172678.jpg
a0164204_13172593.jpg
簡単じゃないこと奇跡的なこと
たどり着くかはわからない
だから二人は少しずつ、優しい気持ちで少しずつ
a0164204_13202756.jpg
a0164204_13202793.jpg
a0164204_13202761.jpg
長く感じる夢だけど、見ている時間は実は一瞬
夢というのは一瞬のこと
一瞬の夢を積み重ね、少しずつ少しずつ積み重ね
描いた夢まで届くかはまだ誰も、誰もまだわからない
a0164204_13262385.jpg
a0164204_13262355.jpg
a0164204_13262247.jpg
今はただ優しい二人に会えるなら、会うことが出来たならそれで十分
普段会えない顔に会えただけ
それだけで十分なこと
a0164204_13331947.jpg
ジャンブイが、ツヨシが見た一瞬の青い夢
二人と一緒に見ただけ、感じただけ

a0164204_13331981.jpg
ただそれだけで十分なこと───
a0164204_13391612.jpg
かわいいツヨシ、横浜に来てくれてありがとう
僕は見た、確かに見たんだ
a0164204_13391638.jpg
a0164204_13391720.jpg
あの青い夢を、ね
a0164204_13434190.jpg
ツヨシ、君の傍に僕はいる
だから心配いらないよ
a0164204_13503049.jpg
a0164204_13503081.jpg
チロちゃん、そしてバリーバさんが教えてくれたんだ
優しいことってどんなこと、ってことをね
a0164204_13503130.jpg
ツヨシ、君が横浜にいる間、僕の傍にいてくれる間
僕は君を守るよ
a0164204_13560943.jpg
a0164204_13560901.jpg
a0164204_13561080.jpg
今度は運命からも守る
今度こそどんなことからも守る
チロちゃんも応援してくれているんだ
a0164204_13594141.jpg
a0164204_13594061.jpg
a0164204_13594012.jpg
だから離れないで、僕の傍にいて
ツヨシ、いつまでも傍にいて
a0164204_14015087.jpg
a0164204_14015113.jpg
a0164204_14015089.jpg
二人で夢を見よう
夢を見ながら夢に近づいていこう
少しずつ少しずつ近づいていこう

a0164204_14040675.jpg
a0164204_14040521.jpg
a0164204_14080895.jpg
春は暑い
もうこんなに暑いんだ
a0164204_14080716.jpg
a0164204_14080753.jpg
名前しか知らなかった君のこと
僕は今どれくらいわかったかな、話して感じて今どれくらい知ること出来たかな───
a0164204_14112896.jpg
a0164204_14112871.jpg
a0164204_14112830.jpg
“レ”禿のあるホッキョクグマ、こんな僕のことどれだけわかってもらえたのかな
a0164204_14152883.jpg
a0164204_14152934.jpg
a0164204_14152817.jpg
横浜の夏は北海道の夏よりずっと暑いんだろ?
夏の太陽ギラギラしてきたら、僕ら二人ゆっくりしよう

a0164204_14173048.jpg
a0164204_14173095.jpg
a0164204_14172979.jpg
日陰でゆっくり眠ってさ、プールをゆっくりと泳いでさ
暑い夏を二人そっと越えていこう
a0164204_14211375.jpg
a0164204_14211454.jpg
a0164204_14211351.jpg
セミの声が聞こえてこなくなればすぐ秋だ
秋はすぐに過ぎていく、そうすればもう冬だよ
a0164204_14235108.jpg
a0164204_14235260.jpg
a0164204_14235247.jpg
そうだツヨシ、アラースの谷にお花を眺めに行かないか?
夜空に輝く星、北極星を眺めに行かないか?
a0164204_14260396.jpg
a0164204_14260478.jpg
a0164204_14260416.jpg
ツヨシ、不思議だね
この場所で、僕達二人が出会ったこと
こうして二人で春を過ごすこと───不思議な事だね
a0164204_14300014.jpg
a0164204_14300034.jpg
───なんだか不思議で嬉しくて、とっても素敵なこと
a0164204_14352704.jpg
a0164204_14352888.jpg
僕の傍に今───ツヨシ、君がいる
a0164204_14295914.jpg
a0164204_14343406.jpg

a0164204_14432238.jpg
バリーバさん、今どうしていますか
a0164204_15162553.jpg
僕は今ツヨシという女の子と一緒に春を、ホッキョクグマの春を過ごしています

a0164204_15182154.jpg
a0164204_13365107.jpg
a0164204_13365199.jpg
あの時と同じように春の風が木を揺らし、緑の香りが庭を包む
大切な気持ちをバリーバさんと過ごした日、あの日と同じように今を感じています
a0164204_15162525.jpg
a0164204_15162403.jpg
お客さん達で賑やかな何日かの間───
過ぎればもう夏の陽射しです
a0164204_14504960.jpg
a0164204_14504862.jpg
身体に気をつけてゆっくりと過ごしましょう
a0164204_14504837.jpg
春に比べて夏は長いからね
a0164204_14521537.jpg
a0164204_14521602.jpg
そう、すぐに夏が来る
僕はきっとあの青い夢を何度も見て、夏を越えていく
a0164204_15004730.jpg
a0164204_14521585.jpg
ツヨシと一緒にね
a0164204_15001470.jpg



   

by bon_soir | 2017-04-29 15:22 | ズーラシア | Comments(2)
Commented by パイン at 2017-05-01 21:20 x
しむらさん、こんばんは^^

ジャンブイとツヨシに芽生えた、あたたかな時間ですね。
なんだかいい雰囲気ですよね。
一緒にいる姿をみていると、しあわせな気持ちになりますね。 やっぱりジャンブイは大きく男らしい白クマさんですね。ツヨシは、かわいい。
そっと、見守りたいですね。
Commented by bon_soir at 2017-05-02 12:31
パインさん、コメントありがとうございます。
気持ちの小さなすれ違いもよくあるのですが、色々といい感じの報告も目にしているので期待しすぎずにそっと見守りたいですね。
この時期だけの同居というのは普段見ることない表情や動きを見ることが出来るのでやっぱり興味深いです。
かわいいジャンブイ、かわいいツヨシ。
まずは二人の穏やかな暮しを願いたいと思います。
<< ニルとたくさんの小さな花 春のキィァンガ >>