夏のスミレ
茶臼山動物園で暮らすウォンバット、スミレ
a0164204_06595075.jpg
木陰涼しい山の上
朝日は枝葉をすり抜けて、眩しく庭を照らしてる
a0164204_06595029.jpg
山の動物園にウォンバットが二人
a0164204_06595081.jpg
スミレとモモコ

女の子のウォンバットが二人
二人はそっと待っている

a0164204_07032832.jpg
スミレ
a0164204_07032781.jpg
モモコ

そっと会いに来てくれる人、そっと二人は待っている
山の上の動物園、街とは違う風、そんな二人の所にそっと吹く
a0164204_07105311.jpg
a0164204_07114868.jpg
a0164204_07105378.jpg
なんだか賑やか夏の朝
a0164204_07131743.jpg
a0164204_07131725.jpg
a0164204_07131682.jpg

スミレが朝見た風景は、飼育係さんと知らない人がモモコを囲む、その風景
a0164204_07131643.jpg
a0164204_07163496.jpg
※取材でした

a0164204_07163357.jpg
そんな時、スミレがいつも思うこと
────モモコは自分に出来ないことをやっている、モモコにしか出来ないことをやっている
a0164204_07163486.jpg
a0164204_07203497.jpg
モモコ
きっとそんなこと

「ごめんねモモコちゃん。私はのんびりしか出来ない、普通のウォンバット」
a0164204_07214339.jpg
a0164204_07225607.jpg
「こうして毛づくろいしたりお散歩したり、私はのんびり過ごしている普通のウォンバット」
a0164204_07225707.jpg
a0164204_07225716.jpg
a0164204_07241688.jpg
「頑張るモモコちゃん、かわいいモモコちゃんの顔を眺めていつも思う────照れくさいから言葉にしたことはない」
a0164204_07241725.jpg
a0164204_07265320.jpg
モモコ
「ありがとう」
a0164204_07282006.jpg
「そう、私がこうしてのんびり気ままに過ごしていられるのはモモコちゃんのおかげ」
a0164204_07241762.jpg
「たいへんなこと全部やってくれる────そんなモモコちゃんのおかげなんだ」
a0164204_07305777.jpg
a0164204_07322341.jpg
a0164204_07322220.jpg
「お庭にちょこんと立っている何かを見つけた」
a0164204_07331345.jpg
「ここにあるっていうことは、きっと食べ物」
a0164204_07331399.jpg
a0164204_07345389.jpg
「どこを食べればいいんだろう……」
a0164204_07345436.jpg
a0164204_07345364.jpg
「緑の香り、少し混じった甘い香り」
a0164204_07372400.jpg
a0164204_07372452.jpg
「私は甘いものが好き。バナナとかね」
a0164204_07372327.jpg
少し齧って、少し剥いてみて
a0164204_07390596.jpg
a0164204_07390666.jpg
a0164204_07390531.jpg
それ以上、その先が出来ないスミレ
a0164204_07402471.jpg
a0164204_07402483.jpg
a0164204_07402307.jpg
いつもの場所でいつものように毛づくろい
a0164204_07412424.jpg
a0164204_07412403.jpg
a0164204_07423438.jpg
そんなスミレ
a0164204_07423424.jpg
a0164204_07423408.jpg
ただ見つめているだけのトウモロコシ
a0164204_07433699.jpg
a0164204_07433716.jpg
中まで齧ればほんのり甘い
今はただ、少し勇気が出ないだけ
a0164204_07433789.jpg
a0164204_07433722.jpg
暑い夏に身体が少しゆっくりしようと思わせる
それだけ
ただそれだけ
a0164204_07454470.jpg
a0164204_07454538.jpg
a0164204_07454468.jpg
雲はむくむく
陽射しをすっと、すっとさえぎる
a0164204_07500468.jpg
隣で頑張るモモコに力をもらう
a0164204_07500303.jpg
a0164204_07500389.jpg
モモコ
a0164204_07520823.jpg
トウモロコシをもう一度
a0164204_07520765.jpg
a0164204_07534015.jpg
a0164204_07520742.jpg
少し考え、少しやる気
a0164204_07533917.jpg
a0164204_07533946.jpg
それでも少しわからない
a0164204_07551406.jpg
a0164204_07551472.jpg
a0164204_07551536.jpg
きっと美味しいはずなのに────
a0164204_07562444.jpg
a0164204_07562478.jpg
スミレ、夏に出会う
夏の草、夏の花、夏の風に夏の日差し
a0164204_08001480.jpg
今日出会ったのはカブトムシ
a0164204_07591431.jpg
小さいけれど一生懸命
自然に生きる、一人
一人のカブトムシ
a0164204_07591451.jpg
a0164204_07591311.jpg
a0164204_08471114.jpg
a0164204_08021476.jpg
部屋で眠り、ぐっすり眠る
夢の中で何をしてるか、時々むにゃむにゃ
a0164204_08021513.jpg
モモコもすやすや
a0164204_08021439.jpg
疲れてすやすや
セミの声は色々で、夢の中でも大合唱
それでもすやすや
a0164204_08021480.jpg
騒々しい声、風で塞いで、風に隠して
すやすやすやすや
二人はすやすや
すやすやすやすや
a0164204_08092301.jpg
モモコ
a0164204_08092319.jpg
モモコが部屋で眠る頃
夕方、閉園近づいてくる頃
a0164204_08112103.jpg
スミレ一人、夕暮れお庭
a0164204_08112082.jpg
a0164204_08112071.jpg
硬めの葉っぱ“ソルゴー”少し食べてみる
a0164204_08125405.jpg
見上げた先にはまた見知らぬ何か
黄色いつぶつぶ、少し光る
a0164204_08125433.jpg
a0164204_08125509.jpg
a0164204_08125380.jpg
「さっきのなのかな────」
a0164204_08164423.jpg
色々考えている間、昼とは違う声のセミ
a0164204_08164579.jpg
a0164204_08164455.jpg
さっき見た夢、齧る夢
a0164204_08182458.jpg
a0164204_08182557.jpg
静かに齧ってモモコと笑った
そんな夢
a0164204_08182432.jpg
a0164204_08205112.jpg
a0164204_08205138.jpg
a0164204_08205142.jpg
近づくことは簡単で、見つめることも簡単で
何かできると思ってた
でもなぜか、なぜかできないあと少し
a0164204_08225488.jpg
a0164204_08225409.jpg
触れることは難しい
話しかけることも少しだけ難しい
あなたは誰なの、君は何なの
a0164204_08225586.jpg
それでも何かを伝えたい
それでも何かを感じたい
早くしないと季節は過ぎて、早くしなければとただ気持ちがはやる
a0164204_08341148.jpg
a0164204_08341048.jpg
誰か一緒に誰かに話しかけようよ
誰か一緒にどこかへお散歩出かけよう
a0164204_08360425.jpg
a0164204_08360575.jpg
夏は進んで秋へとすすすと近づいて
雲は軽く高く青い空、手を伸ばしても何も掴めない
そのままそのまま冬が来る
a0164204_08360461.jpg
モモコと二人、スミレの暮し
山の上の動物園で二人は暮し
a0164204_08384566.jpg
a0164204_08384539.jpg
モモコ
a0164204_08384666.jpg
夏は暑くて辛いけど、夏にしか見られないことたくさんあるから楽しみで
夏の草、夏の花、夏の風に夏の日差し
色とりどりの夏の色
a0164204_08471114.jpg
a0164204_08471284.jpg
いつのまにか陽は沈む
軌道大きく、空に高く、沈む速度は徐々に速く
空を太陽進んで消える山の向こう
まだまだ今でも遠回り
a0164204_08471184.jpg
a0164204_08471121.jpg
夜はだんだん長くなる
夏から秋、秋から冬、空はどんどん高くなるのに夜はだんだん長くなる
a0164204_08524467.jpg
a0164204_08524414.jpg
昨日は昨日の朝日が昇り、今日は今日の雲が浮かぶ
明日は明日の月が出て、夏には夏の星空、繋がる星座

見上げて見えた
a0164204_08524481.jpg
a0164204_08574526.jpg
a0164204_08574465.jpg
暑くて辛い夏だけど、過ぎていく時少し寂しい
変わらないこと少し寂しいことだけど、変わっていく時少し悲しい
a0164204_08574519.jpg
雲が晴れれば星が見える
そんな夜
雲が残れば思い出見える
そんな夏
a0164204_09032700.jpg
a0164204_09032629.jpg
「モモコちゃん、今日ね、トンボを見たよ────」
a0164204_09054651.jpg
「モモコちゃん、今日ね、少し穴を掘ったんだ────」
a0164204_09054680.jpg
a0164204_09114389.jpg
a0164204_09114395.jpg
モモコ

「────モモコちゃんのトンネルみたいに大っきく掘れるようになれるかな」
a0164204_09054758.jpg
a0164204_09162640.jpg



    

by bon_soir | 2017-08-06 09:16 | 茶臼山動物園 | Comments(4)
Commented by パイン at 2017-08-07 18:00 x
しむらさん、こんにちは^^

スミレちゃんとモモコちゃん ふたりはげんきに過ごしてくれているんですね^^
がんばるモモコちゃんは、あんまりこわがりさんでは、ないのですね!
スミレちゃんは、マイペースに^^
とっても かわいい2人ですよね。
ふたりでどんなおしゃべりしてるのかなぁ。きっと、楽しいおしゃべりだろうなぁ。
かわいいとうもろこしのプレゼント!不思議がる仕草も愛らしいですね。
Commented by うさお at 2017-08-07 23:17 x
こんにちは~。
なんて素敵な夏の味覚のプレゼントなんでしょう。
ああ~一緒にトウモロコシ食べたいな~なんて想像してました。
長野の山の風を感じて日陰で一緒にガブガブ…と思ったけどスミレはどう食べたらいいかわからなかったんですかね。
モモコもスミレも元気そうでなによりです!
Commented by bon_soir at 2017-08-08 14:48
パインさん、コメントありがとうございます。
モモコは本当に凄いウォンバットで、害さえなければ飼育係さん以外の人が居ても無視できるような感じです。どんなところでもやりたいことだけやっている感じで、ある意味一番マイペースなんでしょうね。
トウモロコシはモモコは結構食べたのですが、スミレは先を少し齧っただけでした。スミレの今の好物はバナナだそうです。ウォンバットは結構色々なものを食べますね。
Commented by bon_soir at 2017-08-08 14:56
うさおさん、コメントありがとうございます。
飼育係さんが色々と試しているようで、トウモロコシも初めて用意してみたそうです。
モモコは結構食べたんですけどね。やっぱり芯まで齧っていましたが……
スミレはトウモロコシにいた蟻ん子に戸惑ったフシもありました。
やっぱり繊細な所は繊細なスミレですね。
二人がこのままずっと健康でいてくれることを祈ります。
<< フクとガラスに映る自分の瞳 ツッキー、おやつの時間 >>