タイチ、気ままな一人暮らし

多摩動物公園で暮らすコアラ、タイチ
a0164204_12505756.jpg
a0164204_11343394.jpg
タイチは今日も一人暮らし
もう少し、まだまだ続くか大きな部屋で一人暮らし
a0164204_11343332.jpg
a0164204_11383771.jpg
今日ものんきに、一人のんびり
慣れてしまうと悪くない
そんな気ままな一人暮らし
a0164204_11343269.jpg
a0164204_11383851.jpg
「今日の天気はどんなかな」
a0164204_11395434.jpg
a0164204_11395413.jpg
「夢から醒めたら見上げてみるんだ。部屋の天井、向こう側。広がる空を想像しながら見上げてみるんだ」
a0164204_11395472.jpg
a0164204_11395328.jpg
「晴れちゃいない、雨でもない。雲が光る、そんな明るい曇り空だね」
a0164204_11435312.jpg
a0164204_11435402.jpg
「夏がやって来ると窓越しの光、そして伝わる温度が違ってくる。外は今日も暑そうだ」
a0164204_11435302.jpg
「ミライさんが引っ越して、ミリーさんが旅立って、最初は寂しい一人暮らしだったはずなんだ。けど僕は慣れた。一人暮らしにね」
a0164204_11475345.jpg
a0164204_11475499.jpg
「今ではもうのんきなもんだよ。ミライさんはそのうち帰って来てくれるんだろうし、ミリーさんはどこか傍にいてくれているような気がするし、ね」
a0164204_11475350.jpg
「そう、愛情さえ感じることができていれば、一人暮らしも悪くない。そう、僕は大丈夫」
a0164204_11515030.jpg
a0164204_11515050.jpg
a0164204_11514865.jpg
「いつでも誰かの優しさ感じてる。そう、毎日毎日僕は感じているんだ」
a0164204_11532120.jpg
a0164204_11532248.jpg
a0164204_11532187.jpg
「寂しくない一人暮らし。それはそれは気ままにのんきに好き勝手。今の僕さ」
a0164204_11562467.jpg
a0164204_11562497.jpg
a0164204_11562370.jpg
「寂しいなと思ったら、ここを登っていけばいい」
a0164204_11580580.jpg
「コアラの僕だけれど、明るい方へ────コアラな僕だけれどあの光の方へ」
a0164204_11580571.jpg
「ここを登っていけばいい」
a0164204_11580512.jpg
a0164204_12005241.jpg
a0164204_12005238.jpg
「てっぺんっていうのは気分がいい────」

a0164204_12063346.jpg
a0164204_12005294.jpg
「広いお部屋だ。僕は今、独り占め」
a0164204_12005144.jpg
a0164204_12063321.jpg
a0164204_12063343.jpg
a0164204_12075772.jpg
タイチの耳の毛ふさふさふさふさ
コアラの耳の毛ふさふさふさふさ
a0164204_12075817.jpg
a0164204_12075787.jpg
てっぺん風が吹き付けて、タイチの耳の毛そよそよたなびく
a0164204_12075667.jpg
お部屋の中に風吹いて、タイチの側を吹き抜ける
a0164204_12103124.jpg
a0164204_12103176.jpg
a0164204_12103147.jpg
涼しい風、気持ちがいい風
────そして優しい風
a0164204_12121008.jpg
a0164204_12121059.jpg
今まで暮してきたコアラ達がそっと吹かせる、愛情抱えた優しい風
a0164204_12121001.jpg
a0164204_12163067.jpg
タイチの側を吹き抜けて、タイチの心を包み込む
a0164204_12163090.jpg
a0164204_12162948.jpg
少し勝手なことだけど、誰かの愛情感じる一人暮らしは悪くない
のんきに気ままに、自分だって優しくなれる
a0164204_12175330.jpg
a0164204_12175464.jpg
a0164204_12175474.jpg
「あそこから風は吹くんだ。丸いところからね」
a0164204_12210797.jpg
a0164204_12210718.jpg
「ミライさん、早く帰ってこないかな」
a0164204_12210725.jpg
a0164204_12210840.jpg
「今の僕ならもっと上手く話せる、もっと上手く、優しくね」
a0164204_12225428.jpg
a0164204_12225304.jpg
「誰かが傍に来てくれたのなら、僕は前より優しくできるはず────上手く話すことが出来るはず」
a0164204_12225491.jpg
a0164204_12255342.jpg
「もっと上手く気持ちを伝えることが出来るはず」
a0164204_12255329.jpg
a0164204_12255313.jpg
「僕の愛情、もっとたくさん伝えることが出来るはず」
a0164204_12270475.jpg
a0164204_12291476.jpg
a0164204_12291439.jpg
「一人で暮らして気がついた、一人で暮らして考えた」
a0164204_12301954.jpg
a0164204_12302029.jpg
a0164204_12302009.jpg
「どんなときでも愛情感じるということを、どんなときでも愛情伝えることが出来るっていうことを」
a0164204_12301961.jpg
「一人で暮らして気がついた」
a0164204_12325605.jpg
a0164204_12325653.jpg
a0164204_12325670.jpg
「静かなお部屋で一人、僕は誰かの声を聞くことが出来たからね」
a0164204_12325508.jpg
a0164204_12342572.jpg
a0164204_12342625.jpg
「コアラ達の声ばかりじゃない。忙しそうにしている飼育係さんの声だって、温かく優しく聞こえているからね」
a0164204_12342569.jpg
a0164204_12390454.jpg
a0164204_12390559.jpg
「わかるかい?結構素敵な毎日なんだ」
a0164204_12390467.jpg
a0164204_12424065.jpg
「なんだか少し眠いや」
a0164204_12424040.jpg
a0164204_12424160.jpg
「僕はコアラだから、ね」
a0164204_12444488.jpg
a0164204_12434699.jpg
a0164204_12434695.jpg
「誰かユーカリを僕と食べないかい?」
a0164204_12434515.jpg
a0164204_12463520.jpg
「美味しく、楽しく、そんな気分でそんな感じでさ」
a0164204_12463664.jpg
「僕と一緒にユーカリを食べないか?」
a0164204_12463570.jpg
「食べ終わったらてっぺんまで登るんだ」
a0164204_12492739.jpg
a0164204_12492730.jpg
「そうさ、あの風を感じて、そしてみんなの声を聞くためにね」
a0164204_12492746.jpg
a0164204_12505774.jpg
a0164204_12531522.jpg



     

by bon_soir | 2017-07-04 12:54 | 多摩動物公園 | Comments(4)
Commented by パイン at 2017-07-04 17:19 x
しむらさん、こんばんは

てっぺんに上るタイチくん、耳を澄ませていろんな声や音を聞いてそうですね。
タイチくんの事が大好きなお客さんの見えるところへ、みんなの楽しそうな笑い声が笑顔タイチくんにとどいているでしょうね。

ひとりでがんばるタイチくん、がんばれ!
でも誰かきてくれないのかなぁ、、と。やっぱり広いですよね。
Commented by bon_soir at 2017-07-05 13:01
パインさん、コメントありがとうございます。
どうやら前からここの所がお気に入りのようで、眠ったり食べていたりする時間以外はここに登っていることが多かったです。
よく見ていると風が身体に当たっていたので気持ちがいい場所なのかもしれませんね。
広いお部屋にただ一人ということは続きますが、なんだか伸び伸びと過ごしていたので普段は意外と悪くないのかもしれませんね。
埼玉へ子作りに行っているミライちゃんが早く帰ってきてくれること、まずはそれを期待して、その後のコアラ館がまた賑やかに、頑張ってくれているタイチが幸せになってくれることを祈っています。
Commented at 2017-07-07 16:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bon_soir at 2017-07-08 14:09
鍵コメ様、コメントありがとうございます。
動物達とは話をすることが出来ません。本当の幸せというものが何なのか、本当のところ人にはわかりません。
でも見ている限り今のタイチが不幸せには見えません。多摩のコアラ舎も悪くなく、動物園のコアラとして幸せに暮らし、今をのんびりと過ごしていてくれているように感じます。
他園に行くこと、それは本当に幸せなのでしょうか?
何かの巡り合わせ、もしくは事情が会って多摩で暮らしているタイチ。今の暮らしに幸せを増やしていくこと、それが一番なのではと思います。
<< まだ小さな赤ちゃん モアラと動物達の夏の始まり >>