「ヒロキと六つの大陸と一つの島」――ヒロキの旅の物語
※告知をさせていただきたく、しばらくの間新しい記事はこの記事の下へ表示されています

このブログのヒロキに関しての記事はこちらへ→★★★★★
a0164204_07143156.jpg
前回の告知において紹介させて頂いた「ヒロキのカレンダー」は大勢の方からご注文を頂いたようで、皆様本当にありがとうございます。
ウォンバットのヒロキへの想いを皆様から寄せて頂けたと感じています。

そして元々のお話を出版社様から頂いていました本、私が書いた“ヒロキの本”が昨日の夜から同じ販売サイトより発売となりました。
「ヒロキと六つの大陸と一つの島」という物語です。
こちら→☆☆☆☆☆をクリックするか、『ヒロキ ジャマル 本』などで検索していただけると上の方に出てきます。(※ジャマルとは販売サイトの名前です)
a0164204_07262634.jpg
今回の本もカレンダーと同じく“金沢動物園”及び“横浜市緑の協会”様にもきちんとした形でお話しをさせて頂き、売上の一部が「金沢動物園 アニマルペアレント」に寄贈されることになっています。
頂いたら寄贈しようと考えていた私への報酬のようなもの全てももちろんその中へ含まれます。

最初に「本を出版しませんか?」とお話を頂いたときにはどんな本にしようかとは考えていなかったのですが、ヒロキの生涯をつづるには中途半端なことしか私では書けず、またブログの転載、もしくは同じような内容でも……と思い、過去に私がネットで作るフォトブックで書き続けた、「ヒロキの旅の物語」を皆様に読んでもらいたいと出版社様のご担当の方に伝え、読んで頂いたところ「この物語を出しましょう」と進めて頂きました。
a0164204_07371653.jpg
普段このブログを見て、そして読んで頂いている方なら結構な長編ですが最後まで読んで頂けると思っております。
もちろんこのブログを今まで見たことが無くてもヒロキのことを好きでいてくれる方ならきっと楽しく読んで頂けるのではないかな、と思います
私は大量に出版出来るほどの作家ではありませんし、ページ数も120ページを超えたので価格が少し高い設定になってしまいましたが、ヒロキの暮らしてきた金沢動物園に皆様と一緒に少しでも援助できればと思っておりますので、興味を持って頂けたのなら嬉しいです。
a0164204_07470483.jpg
ブログ内でも度々「動物園は世界への入り口」と書いてきました。それはヒロキをはじめ多くの動物達、そして動物園から教えてもらった言葉です。
今度はその世界へとヒロキを連れ出したい――と考えていた頃に書き始めた物語です。
動物園の動物達ならではの人との繋がり、ヒロキと人間との繋がりなどを盛り込んだお話になっています。
ブログで時々書くお話の集大成的な物になります。私にとってヒロキだけはやっぱり、どうしても特別なんです。
a0164204_07525958.jpg
ヒロキという素晴らしいウォンバットが暮らしていたということをいつまでも心の中に
そして、もう一度ウォンバットを横浜に――
その途方も無い願いを諦めないようにしていきたいと思います。
a0164204_08091403.jpg
ぜひ、このブログの写真やTwitterなどで優しく紹介されているヒロキを眺めながら物語を読んでください
動物園は世界への入り口
これだけは本当のことだと感じて頂けると思います。そして願っております。


カレンダーも4月始まりが選べるようになっています。
そちらも合わせてよろしくお願いいたします。




   

by bon_soir | 2016-03-11 08:00 | 金沢動物園 | Comments(15)
Commented at 2016-03-04 23:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こまち at 2016-03-05 00:21 x
しむらさん お疲れ様でした。
とうとう本が出来たのですね。 おめでとうございます。
ヒロキの冒険、楽しみです。懐かしいみんなにも会えるのでしょうか、ヒロキは何処に行くのでしょう。
本の到着が待ち遠しいです。

カレンダーも3枚目の写真になりました。壁では土を掘ってます。 卓上はこちらを見てくれてます。
毎日、行ってきます。ただいま。疲れたよーとか話しかけてます。 かわいいです。
Commented by パイン at 2016-03-05 00:42 x
しむらさん、こんばんは^^



しむらさんこんばんは
ついに、待ちに待ったヒロキの本の出版、感激です。
先程まで、ヒロキの昔からの写真をずっと見ていました。
初めてこちらのブログにたどり着いたとき、会えなかった悲しさと、ヒロキのことがすごく伝わってくる写真とあたたかくやさしい文で、いろんな感情が入りまじり、泣いてしまった事を思い出しました。。。ヒロキのおかげでいろんな動物たちに巡り合えたことを幸せにおもいます。
ヒロキの冒険楽しみです!

Commented by bon_soir at 2016-03-05 07:15
鍵コメさま。コメントありがとうございます。
何事も全て大丈夫です。ありがとうございます。
Commented by bon_soir at 2016-03-05 07:22
こまちさん、コメントありがとうございます。
昔からこちらのブログを読んでくださっているこまちさんになら、きっと楽しく読んで貰えそうです。でもヒロキのことを愛する気持ちがあれば皆さん誰も想像しなかったヒロキに会えると思います。
進んでいくカレンダーに愛らしさと寂しさを感じてしまいますね。
私も過去の写真を見ていると、あの場所の音が聞こえてきます。
あの暑い夏の日差しを思い出してしまいます。

夏がくればこれからもっと寂しくなるんでしょうね。
Commented by bon_soir at 2016-03-05 07:25
パインさん、コメントありがとうございます。
きっとパインさんが考えても見なかったそんなヒロキのお話になっていると思います。
このブログで時々お話のような物を書いていますが、集大成的な感じになっております。
ブログを読んで泣くことは書いてる本人にもあるんです。お恥ずかしながら。
色々思い出してしまうんですよね。

楽しみに待っていてください。
ありがとうございます。
Commented at 2016-03-07 20:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bon_soir at 2016-03-09 02:26
鍵コメ様、コメントありがとうございます。
出版社の方に色々頑張って頂いて完成しました。きっと見たことのないヒロキに会って頂けるものと思っています。
ヒロキから教わったこと、ヒロキから感じたこと、色々なことを書けたような気がしています。
そして現実では起こりえないけど素敵なこと、一番素敵な本当のことがあるということを感じてもらえたら嬉しく思います。
大切なことは動物と人との繋がりだと思いますし、楽しいのは動物と動物との繋がりなんだと思います。
ヒロキを眺めてきていつも考えていたことは、いつまでも感じていたそんなことです。
ご注文頂いて本当にありがとうございます。是非感想をお聞かせくださいね。
Commented by Sen at 2016-03-12 19:48 x
注文して待ちに待っていたヒロキくんの本がお昼過ぎに届きました。
まさか飼育係のお姉さんをも巻き込んだ大冒険だったとは!
まだ読んでいらっしゃらない方もいると思いますので詳しく書いたらあれですが、最後のヒロキくんとウォンバットたちは圧巻でした。
体調を崩していた数日間もご飯を美味しそうに食べていたと書いてありましたので、あまり苦しまずに逝けたのかな?と思っております。
驚いたり笑ったりハラハラしたり涙したりとヒロキくんの大冒険をとても楽しめました。
金沢動物園のお部屋のドアをノックしてミモザのお花を見に帰ってきてくれてるかな?なんて。
ヒロキくん、ありがとう。
いつまでも忘れません。
Commented by Sen at 2016-03-13 05:34 x
追伸
飼育係のお姉さんとヒロキくんの絆がとても感じるられて、こんなにヒロキくんに思われているお姉さんが読んでいて羨ましくなっちゃいました。

しむらさん、ステキなステキな物語をありがとうございました。
本にしませんか?とおっしゃってくださった編集者の方にも感謝ですよね。

ヒロキくんの本、ずっと大切にしたいと思います。
Commented by パイン at 2016-03-13 10:44 x
しむらさん、こんにちは^^
今朝ヒロキちゃんの本が到着しました~\(^o^)/うれしいです!
表紙からして、心ワクワクしました。
それから、bonsoirさんは、男のかただったのですね。
やさしい文章でいつもつづられてらっしゃるし、
さりげない美的感覚が素敵で、勝手に女のかたかなと思いこんでました。。失礼いたしました。。
さっそく、読み始めたんですが!
数行読みはじめると、もう景色とかヒロキちゃんの表情とか、風景とかいろんな想像が広がりすぎて^^ 
これは、子供の頃のワクワク感に近い感覚です。
楽しみに読み進めていきますね! 

Commented by bon_soir at 2016-03-13 14:34
Senさん、コメントありがとうございます。
楽しんで頂けたようで本当に良かったです。このお話はこのブログでたまに書くお話の原点のようなものであり、そして集大成だと思っています。
結構長い時間かけて考え、だんだんと手直ししていった思い出ですね。

ヒロキの最期、飼育係さんに聞いた話ではほんとうに最後までよく食べ、はたから見ていればそろそろまたみんなと会える様になるとも思えたほどだったとのことです。
きっと苦しんだりとかは全く無く、安らかに旅立ったんじゃないのかなと思うんです。
何より、優しいヒロキのことなので、これから始まる長い工事でみんなが心配しないように、と自分で決めたんじゃないのかなと思っています。
不思議なこと、それは必ずあるんですよね。

Commented by bon_soir at 2016-03-13 14:44
パインさん、コメントありがとうございます。
きっと誰も知らないヒロキが本の中にはいると思います。
私に新しい世界を見せてくれたヒロキ。そのヒロキを世界に連れ出したい、そんなお話です。
長いお話になってしまったので少しづつ読み進めてくださいね。
人と動物達が繋がる場所、それについても書き記したつもりです。
動物園は素敵な場所だと思ってくれれば嬉しいですし、ずっとつながっていたヒロキが教えてくれたことでもあるんです。
やっぱりヒロキは大切なお友達だったんだなと、しみじみ思います。

Commented by パイン at 2016-03-14 21:56 x
しむらさん、こんばんは^^たびたび失礼します。
ヒロキちゃんの旅、読み始めるとぐいぐい引き込まれました^^
パーッと、見たことのない世界が広がってきました。
ヒロキ目線で私も、旅に参加してしまいました。
ヒロキと飼育係りのお姉さん、両方のお互いへの思いやりの愛がすごく感じられたし、世界の動物の仲間のやさしさも感じられました。
ハラハラしたり、不安になったり、大切な人へのおもいやり、ヒロキの思いが伝わってきました。
出会った動物の皆からヒロキがもらった大切な言葉と思い出は、本当にヒロキの旅に必要な、宝物ですね。
最後の大陸は、、もう私、ドキドキしました。 
これは、なにかがおこる!   最後は、びっくり!(*´▽`*)涙~~。
ヒロキの笑った顔、頑張っている顔、涙がこぼれている顔、、、たくさんのヒロキのいろんな表情が手に取るようにわかりました。
しむらさんは、ヒロキの大切なお友達だったことも、すごく伝わってきました。
しむらさんは、ヒロキの冒険のお話を聞いた、たった一人の人なんですから。
夢じゃない! ヒロキは旅をしましたよね! 大好きなおねえさんと一緒に!
私も、金沢動物園から世界へ、ヒロキと一緒に旅した気分になりました!楽しかったです。
それと、、、おねえさんが、うらやましかったです~。
 トンネルは、きっとありますよね。 ニコニコ笑いながら歩いてくるヒロキに会えるような気がします。
ヒロキは、いまも、笑いながら楽しい仲間と過ごしてますよね。
ヒロキちゃん、ありがとう! 
それから、ヒロキちゃん(しむらさん)からのプレゼントを頂きました! 
自分でもびっくりでした。あれっつ?
本の表紙を外してみると、、、、、(*´▽`*) そこには!  読まれる方のため、ここは内緒ですよね♪ 
本当に、素敵なヒロキの物語を書いて下さってありがとうございました。 ずっと大切にしますね。
Commented by bon_soir at 2016-03-15 12:11
パインさん、コメントありがとうございます。
本を読んでいただき、本当にありがとうございました。
またとても楽しんで頂けたようでうれしく思います。そう言って頂けるだけで安心します。
ヒロキは本当に大切なお友達でした。いつだってあそこで待っていてくれましたし、優しい笑顔、愛情をもらいました。
これからもヒロキのために何かを続けていきたいと思います。

人と動物は繋がっていますし、動物園は世界の入口だということだけ、それだけでも伝わってくれたなら嬉しく思います。
この度は本当にありがとうございました。
<< インタン バニラが見たオセアニア区 >>