マレーグマ、モモコ
上野動物園で暮らすマレーグマ、キョウコ
a0164204_01041510.jpg
フジが引っ越してほぼ1年
モモコが上野動物園のモノレールでフジを追いかけたあの日から、もう1年
a0164204_01052578.jpg
あの日から何も言わず、普段どおり暮らし続けたモモコをキョウコさんはいつも、そっと見ていました
a0164204_01101608.jpg
a0164204_01110409.jpg
その間のキョウコさんもちろん何も言いません
ただ静かに優しく見守ってきました

しかたのないこととはいえ、子どもが引っ越してしまうのはとても寂しく、辛いことだから
a0164204_01143393.jpg
今すぐにでも、何度でも別れた子供達に会いに行きたい気持ちを、そんな気持ちを今はこらえるそんなモモコのことがわかるから
a0164204_01144846.jpg

何も言わず、涙をこらえ日々を暮らす
そんなモモコの気持ちがよくわかるから
a0164204_01163691.jpg
ただそっと見守って来ました
a0164204_01191793.jpg
ある日、キョウコさんはモモコに言いました
「そろそろ会いに行ってあげたらどうですか?ウメキチもフジもきっとモモコさんに会いたいと思っていますよ」
a0164204_01221024.jpg
「ありがとう、キョウコさん。でも今はまだ会いに行くことが出来ません」
a0164204_01235965.jpg
「勝手だけど決めたんです。何かあの二人に特別に嬉しいことがない限り、特別な幸せなことがない限り、私はモノレールには乗りません」
a0164204_01272394.jpg
「夏の前にはウメキチのことを思い出す。そして秋が来ればフジのことを思い出す」
a0164204_01292679.jpg
「確か、フジと二人でウメキチに会いに行ったのも秋、こんな秋の日のこと」
a0164204_01344512.jpg
「夏の前には、秋が来ればあのときのことを思い出す――って考えてはいたけれど、実際は違いました」
a0164204_01365623.jpg
「思い出そうとしなくても、ただ毎日、いつでも二人のことを考えずにはいられなかった」
a0164204_01391521.jpg
「1年前の秋が悲しく終わり、冬、春、そして夏が過ぎ、また秋になりました」
a0164204_01404734.jpg
「モノレールに乗ればすぐ二人には会いに行けます。だからまだ会いに行っては行けない気がします」
a0164204_01431050.jpg
「あの二人は男の子、男のマレーグマ」
a0164204_01435824.jpg
「それぞれ悩みはあるんだろうと思います。でも色々なことを乗り越えて欲しいんです」
a0164204_01451073.jpg
「だからまだ二人に会いには行きません、まだモノレールには乗りません」
a0164204_01491351.jpg
「嬉しいこと、幸せなことを聞きにみんなで行けるその日まで、私はモノレールには乗りません」
a0164204_01510386.jpg
「そう、その日が来たらお父さんと、そしてキョウコさんも一緒に会いに行きましょう」
a0164204_01521483.jpg
「みんなで一緒に上野動物園のモノレールに乗りましょう。ウメキチとフジの所へ、そして色々な景色を眺めにモノレールに乗りましょう」
a0164204_01425726.jpg
a0164204_01531089.jpg
「あの運転手さんは今どうしてますかね」
a0164204_01533398.jpg
「今夜も誰か、楽しそうに笑う動物達を乗せて、あの静かなモノレールを走らせているのでしょうか」
a0164204_01561427.jpg
「ええ、きっと。きっと大好きなモノレールを走らせているでしょう。どこかに向かって静かに小さな声で何かをつぶやいて、自分も旅を楽しんで、走らせているでしょう」
a0164204_01593131.jpg
a0164204_02105355.jpg



「上野動物園にはモノレールがあります。毎日毎日大勢のお客さんを乗せてモノレールは走ります。東園と西園を何度も何度も往復してモノレールは走ります」
a0164204_01581015.jpg
「モノレールに乗ったお客さんはみんな楽しそうに笑っています。きっとそれはこれからもずっと、ずっと変わりません」
a0164204_02030214.jpg
「ただ一つ、お客さんが知らないことがあります。そのことは飼育係さんも知らない内緒のこと」
a0164204_02034760.jpg
「上野動物園のモノレールは動物達を乗せて走る日があります」
a0164204_02042768.jpg
「一日と一日の間、動物達だけの特別な一日、動物達の素敵な旅の日」
a0164204_02053149.jpg
「上野動物園のモノレールは動物達を乗せ、どこまでも走っていきます」
a0164204_02054505.jpg
「運転手は猿。凄くて不思議な力を持った、名前もわからない優しい猿です」


      

by bon_soir | 2015-11-18 02:11 | 上野動物園 | Comments(10)
Commented by Natsuko at 2015-11-18 12:54 x
素敵なお話をありがとうございます♪モノレールのお話、また続きが読みたいです♪
フジ君、脚のケガもすっかり良くなって元気にしてるそうですね。
今月25日はユキオさんがレイコさんのところに旅立ってちょうど1年。モノレールに乗って2人で戻ってきてくれないかなあ、と思ったりしてます。。。
Commented by パイン at 2015-11-18 22:47 x
しむらさん こんばんは
上野動物園のモノレール 動物達を乗せて走る日! なんという、、、
あ~っ 想像しただけで、うるうるきます。。
優しい動物たちが、笑いながら、手を振って^^
しむらさんがシャッターをきる。 
いつも優しい写真をありがとうございます。
上野動物園のかわいいこたちに会いに行きたいです。行かなきゃですね! 
Commented by bon_soir at 2015-11-19 01:03
Natsukoさん、コメントありがとうございます。
ユキオが旅立ってから行ってなかった上野へと、約一年ぶりに行きました。
なかなか足が向かない、そんな不思議な場所へとなっていましたね。
ウメキチもフジもなかなかただ穏やかに、とはいきませんが今後は静かに幸せなことだけを上手く考えて
楽しく暮らして欲しいと思います。
ユキオとレイコは本当に素敵なカップルでしたね。きっと何かあればモノレールか何かでそっと帰って来るのかもしれません。
デアとイコロとでこれからは幸せなところをみせてくれる、と思います。

Commented by bon_soir at 2015-11-19 01:07
パインさん、コメントありがとうございます。
モノレールのお話はちょうど1年位前までマレーグマのフジを題材に書いていたんです。
よろしければこのブログのマレーグマというタグでソートして見てみてください。
色々な思いで書いたお話です。好きな方には読んで頂けるかもしれませんが、苦手な方もまた多くいらっしゃると思います。
長かったらごめんなさいね。
Commented by パイン at 2015-11-19 22:11 x
しむらさん こんばんは
マレーグマさんのお話以前書かれていたのですね!失礼しました。。
ぜひぜひ、読ませていただきますね!ありがとございます。
写真とお話が素敵すぎて、ヒロキのところでかなり時間をかけて熟読閲覧させていただいてます。
こちらにおじゃましてからまだヒロキのページをずっと見ています。
心に響きすぎて、丁寧に丁寧に見たい気がしてます。
たまにどこかしら、きになる題名のところも見てしまいますが。。。ペリカンさんとか^^


Commented by bon_soir at 2015-11-20 09:45
パインさん、コメントありがとうございます。
最初から最後までを読むと結構長いかもしれません。よろしかったら時間のある時に少しずつ読んでみてくださいね。
最初の方は結構昔に書いているので、今読むと書き直したくなってしまったりもしてしまいます。
ヒロキ、ウォンバットももちろん大好きですが、マレーグマも本当に大好きなんです。
振り返ってもしかたがないのはわかっていますが、みんながいた頃は幸せな時間だったんだと昔の記事を読み返すと
しみじみと色々なことを思ってしまいますね。
Commented by パイン at 2015-11-26 00:59 x
しむらさん フジのモノレールお話、読ませていただきました。
もう、涙、涙で。。。 なかなか先に進めませんでした。。
フジの体験、小さな旅の途中でした上野動物園のみんなとの会話、
長い旅の準備の為の、オオワシさんの大切な話。涙。。
ユキオさんのレイコさんの、愛情あふれる大事な大切なお話。
言葉ひとつひとつが、すごく優しさに包まれていて、涙が止まらない。。。
こういう感情は、どこからくるのかな、初めてであった感覚です。涙。。。
運転手のサルさんの仲間を思う一生懸命な姿。
いろんな仲間や人や出会いのすばらしさを感じました。
フジが大人になるために、出会うべき偶然でなく必然な事。
フジのいろんな感じ方や心が感じられ成長していく姿、
またモモコ母さんの子供を思う気持ち、未来に向けての強い気持ち、母の決心。
しむらさん、本当に素晴らしかったです。ありがとうございました。
しむらさんの、動物みんなを思う温かな愛とやさしさが伝わってきます。
たくさんの写真も愛がいっぱいあふれていますね。
色々なことを考えさせてくれる動物さんたちにも感謝の気持ちでいっぱいです。
みんな元気でいてほしいな。



Commented by bon_soir at 2015-11-26 08:11
パインさん、コメントありがとうございます。
最初から読んで頂いたようで嬉しく思います。全部だと結構長いですよね。本当にありがとうございます。
妄想ばかりのお話しですが、そんな中、何か動物達に感じてくれたならいいなと思い書いていました。
動物達の純粋な愛情を伝えることはとても難しいと感じていますが、これからもまた何かこんな話を書く機会がありましたら
また読んでくださいね。
動物園は素敵な場所ですね。
Commented by 長崎 at 2015-12-06 00:32 x
しむらさんこんばんは。お元気ですか?
いつも素敵な写真とお話をありがとうございます。
フジの物語の続きが読めて嬉しいです。
モモコさんの表情が寂しげにも見えるのは、きっと気のせいではないと思います。
しむらさんの写真を見ていて、動物たちは喜怒哀楽や純粋な愛情もちゃんと持っているんだなというのが伝わってきます。

今年はとても悲しいことが多かったです(夏場はショックのあまり持病が悪化して寝込みました)
動物たちが穏やかに、健やかに生きて欲しい。
来年は動物たちにも良い年であるよう祈るばかりです。

寒くなりましたがお体に気をつけてお過ごし下さいませ。
Commented by bon_soir at 2015-12-06 07:44
長崎さん、コメントありがとうございます。
動物達の表情はなんの飾り気もごまかしも嘘もなく、とても純粋な表情ですね。
そんな動物達の表情を見ていると人間は悲しいなと思います。
今年は悲しく辛く、そして憤りを感じるお知らせが多かったですね。
ネガティブな言葉も多くて辛かったです。
動物達はただ儚く健気に生きているだけなのに、ただ応援してあげるだけで良いのにと本当に辛いことが多かったです。
来年はそんなことが無いようにと神様にお願いをしたいですね。

長崎さんもお身体ご自愛くださいね。
東山の赤ちゃんに会える日が来たら長崎さんには元気な身体の楽しい旅で会いに行ってもらいたいな、と願っております。
<< ボウシゲラ リスは何かをやっている >>